メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

地域臨床教育センター

研究者リスト >> 佐藤 健夫
 

佐藤 健夫

 
アバター
研究者氏名佐藤 健夫
 
サトウ タケオ
所属自治医科大学
部署地域臨床教育センター
職名教授
J-Global ID201401036593505130

プロフィール

大学院修了後は研究ではなく、臨床医として医療に貢献しようと思い東京都内で勤務してきましたが、北海道の地域で3年半の間診療する機会がありました。全く知らない土地でゼロからの診療開始となり、自分の専門のアレルギーリウマチ性疾患以外にも広く診療する必要に迫られ、大変な重圧の中勤務してきましたが、いい経験であったと考えています。それと同時になぜ地域医療が崩壊していくのか、自分自身の経験としても理解することができ、人間の身勝手さを痛感しています。今は縁あって自治医科大学に勤務していますが、現在も北海道の医師不足の地への支援を継続しています。今後は医師として患者様への診療により貢献するだけではなく、微力ながらアレルギーリウマチ領域での臨床研究に寄与していきたいと考えています。

経歴

 
2000年
   
 
東京大学 医学部附属病院 助手 
 

論文

 
 
Takeo Sato   Satoko Unno   Kiyofumi Hagiwara   Hiroaki Matsuno   Katsuhiko Takeda   Osamu Akiyama   
INTERNAL MEDICINE   45(2) 121-121   2006年   [査読有り]
 
Takeo Sato   Tsunehisa Tsuru   Kiyofumi Hagiwara   Kazuhisa Miyashita   Hiroaki Matsuno   Atsuo Goto   Masaru Oritsu   Teruhiko Hamanaka   Osamu Akiyama   
INTERNAL MEDICINE   45(6) 363-368   2006年   [査読有り]
A 45-year-old woman had bleary eyes and recurrent episodes of fever and arthritis in the knees and ankles. The patient had anterior uveitis, negative findings of the tuberculin test, and an increased serum lysozyme level, but bilateral hilar lymph...
 
Takeo Sato   Shin-Ya Oominami   Takamitsu Souma   Kiyofumi Hagiwara   Shouko Kobayashi   Osamu Akiyama   
Japanese Journal of Allergology   55(7) 827-831   2006年   [査読有り]
A 75-year-old woman was admitted to our hospital because of abnormal lung shadow and necrosis of the left feet She had a history of Raynaud's phenomenon from her twenties. On admission, she was diagnosed as having diffuse systemic sclerosis (SSc) ...
 
Sato T   Hagiwara K   Matsuno H   Akiyama O   
Arerugi = [Allergy]   54(10) 1208-1212   2005年10月   [査読有り]
症例は気管支喘息とアレルギー性鼻炎の既往がある92歳男性.経過中にメチシリン耐性ブドウ球菌・多剤耐性腸球菌による敗血症を繰り返したため抗生剤を投与した.抗生剤投与中に皮疹・肝障害・末梢血液中好酸球数増加が出現し, その経過に一致して心不全による呼吸困難感および胸水貯留, 心電図異常, び漫性心筋収縮能低下が出現した.抗生剤中止とステロイド剤投与により, 皮疹・肝障害・末梢血液中好酸球増多は改善, それに伴い心不全も軽快した.治療経過より好酸球増多は塩酸バンコマイシンもしくはテイコプラニンに...
 
Takeo Sato   Shigeko Inokuma   Reika Maezawa   Hisanori Nakayama   Ken Hamasaki   Yusuke Miwa   Yuko Okazaki   Masahiro Yamashita   Yoshiaki Tanaka   Hajime Kono   
Modern Rheumatology   15(3) 191-197   2005年6月   [査読有り]
The characteristics of Pneumocystis carinii pneumonia (PCP) in patients with connective tissue diseases (CTDs) were examined retrospectively. Nine patients were enrolled in this study. Their mean age was 57.1 years. All the patients received a hig...

MISC

 
 
Takamasa Murosaki   Takeo Sato   Yoichiro Akiyama   Katsuya Nagatani   Seiji Minota   
ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY   69    2017年10月   
 
Takamasa Murosaki   Takeo Sato   Katsuya Nagatani   Yoichiro Akiyama   Seiji Minota   
RHEUMATOLOGY   56 157-158   2017年3月   
 
牛島 健太郎   室崎 貴勝   佐藤 健夫   永谷 勝也   秋山 陽一郎   簑田 清次   藤村 昭夫   
臨床薬理の進歩   (37) 73-81   2016年6月   
関節リウマチ患者25例(男8、女17、平均67.7歳)を対象に、赤血球中のメトトレキサート(MTX)-ポリグルタメート(PG)濃度を用いてMTXに対する治療反応性を予測することが可能か検討した。服用開始前から24週目まで経時的に採血し、赤血球中MTX-PG濃度をHPLCにて測定した。MTX治療反応性はDAS28-CRPスコアの改善度で評価した。投与24週目のDAS28-CRPスコアの変化量が1.2より大きい群をMTX反応群、1.2以下をMTX不応群として比較した。赤血球中MTX-PG濃度は...
 
Yoichiro Akiyama   Takeo Sato   Takamasa Murosaki   Katsuya Nagatani   Masahiro Iwamoto   Seiji Minota   
ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY   67    2015年10月   
 
Koichi Takeda   Takeo Sato   Masataro Norizuki   Yasuyuki Kamata   Katsuya Nagatani   Alan Kawarai Lefor   Seiji Minota   
RHEUMATOLOGY   54(8) 1531-1532   2015年8月   

書籍等出版物

 
 
簔田 清次, 簔田 清次, 佐藤 健夫(担当:共訳)
丸善出版   2014年4月19日   (ISBN:4621088203)   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
リウマチ性疾患におけるヘルパーT細胞分化を制御する転写因子の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
佐藤 健夫 
研究期間: 2000年 - 2000年