メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 総合医学第1講座

研究者リスト >> 宮谷 博幸
 

宮谷 博幸

 
アバター
研究者氏名宮谷 博幸
 
ミヤタニ ヒロユキ
URL
所属自治医科大学
部署附属さいたま医療センター 消化器科 / 総合医学第1講座
職名教授
学位博士(医学)(自治医科大学(JMU))
J-Global ID200901044787615533

研究キーワード

 
乳頭機能不全症 ,胆道疾患 ,超音波内視鏡

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 
  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 

経歴

 
2013年
 - 
現在
自治医科大学准教授   
 
2004年
 - 
2013年
自治医科大学講師   
 
2001年
 - 
2004年
埼玉医科大学講師   
 
1996年
 - 
2001年
自治医科大学助手   
 
1996年
 - 
2001年
Jichi Medical School, Research Assistant   
 

学歴

 
 
 - 
1987年
自治医科大学(JMU) 医学部 医学
 
 
 - 
1987年
自治医科大学  
 

論文

 
 
Yukihisa Sawada   Masakazu Kamihira   Satoshi Asano   Yoshiyuki Nakashima   Masanori Kihara   Kaori Ochiai   Takafumi Hyodo   Hiroyuki Miyatani   Toshifumi Fujiwara   Ryuichi Hirakawa   Ikuo Nakamura   Michio Imawari   
Japanese Journal of Gastroenterology   101(2) 188-190   2004年2月   [査読有り]
 
Yoshida Y   Miyatani H   Tokuyama T   Hirakawa R   
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   60 Suppl 2 583-586   2002年2月   [査読有り]

MISC

 
 
Satohiro Matsumoto   Hiroyuki Miyatani   Yukio Yoshida   
DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   58(5) 1306-1312   2013年5月   
We examined the pathologies, treatment characteristics, and clinical course of elderly ulcerative colitis (UC) patients.
Among 222 UC patients (127 men, 95 women; average age, 34 +/- A 16 years), we selected 109 with UC diagnosed between 20 and 39...
 
山中 健一   宮谷 博幸   吉田 行雄   
月刊地域医学   26(11) 1054-1057   2012年11月   
 
高松 徹   大竹 はるか   上原 健志   新藤 雄司   池谷 敬   東海 浩一   池田 正俊   牛丸 信也   浅野 岳春   松本 吏弘   岩城 孝明   福西 昌徳   鷺原 規喜   浅部 伸一   宮谷 博幸   吉田 行雄   
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society   27(5) 695-700   2012年10月   
症例は50歳の女性.繰り返す膵炎と心窩部痛の精査目的に当院紹介.造影CT,USで腫瘍や膵管・胆管拡張は認めなかったが,胆道シンチグラフィにて十二指腸への胆汁排泄遅延を認めた.入院時血液検査所見(無症状時)では肝胆道系,膵酵素,IgG4値の異常は認めなかった.ERCP所見は胆管挿管困難にてprecut施行後に胆管造影・IDUS実施したが器質的閉塞は認めなかった.主乳頭からは膵管像得られず,副乳頭からの膵管造影で背側膵管のみ造影された.膵炎の原因は膵管癒合不全と診断し,副膵管口切開術を施行した...
 
新藤 雄司   宮谷 博幸   上原 健志   池谷 敬   山中 健一   池田 正俊   東海 浩一   牛丸 信也   松本 吏弘   浅野 岳晴   高松 徹   福西 昌徳   岩城 孝明   鷺原 規喜   浅部 伸一   吉田 行雄   
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   109(7) 1243-1249   2012年7月   
症例は78歳男性.多発肝細胞癌の治療を6年間行っていた.腹痛があり,CT検査にて,肝S3より突出する肝細胞癌の穿破による胆汁瘻が疑われた.内視鏡的逆行性膵胆管造影にて肝内胆管,主膵管の途絶と造影剤の腹腔内への漏出を認め,肝細胞癌局所治療後の胆汁瘻に合併した大網脂肪織炎および膵液瘻と診断した.内視鏡的胆管および膵管ドレナージが病態の改善に極めて有効であった.
 
TAKAMATSU Toru   OOTAKE Haruka   UEHARA Takeshi   SHINDOU Yuji   IKEYA Takashi   TOUKAI Kouichi   IKEDA Masatoshi   USHIMARU Shinya   ASANO Takeharu   MATSUMOTO Satohiro   IWAKI Takaaki   FUKUNISHI Masanori   SAGIHARA Noriyoshi   ASABE Shinichi   MIYATANI Hiroyuki   YOSHIDA Yukio   
自治医科大学紀要   34 87-95   2012年3月   
食道・胃静脈瘤の治療指針はほぼ確立されているが,異所性静脈瘤の治療法については一定の見解が得られていない。我々は,十二指腸静脈瘤破裂に対して,透視下に行った内視鏡的硬化療法が有用であった1例を経験した。症例は73歳,肝硬変の女性で十二指腸静脈瘤破裂にて当院へ紹介となった。内視鏡検査にて,十二指腸下行脚に出血点と思われるびらんを伴うF3の静脈瘤を認めた。腹部CTでは膵十二指腸静脈を供血路としRetzius静脈に排血路を伴う十二指腸静脈瘤を認めた。n-butyl-2-cyanoacrylate...

書籍等出版物

 
 
辻 忠男, 宮谷 博幸
メジカルビュー社   2007年3月6日   (ISBN:4758303312)   

所属学協会

 
 
   
 
日本門脈圧亢進症学会
 
   
 
日本超音波医学会
 
   
 
日本膵臓学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本胆道学会