メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 総合医学第1講座

研究者リスト >> 宮谷 博幸
 

宮谷 博幸

 
アバター
研究者氏名宮谷 博幸
 
ミヤタニ ヒロユキ
URL
所属自治医科大学
部署附属さいたま医療センター 消化器科 / 総合医学第1講座
職名教授
学位博士(医学)(自治医科大学(JMU))
J-Global ID200901044787615533

研究キーワード

 
乳頭機能不全症 ,胆道疾患 ,超音波内視鏡

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 
  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 

経歴

 
2013年
 - 
現在
自治医科大学准教授   
 
2004年
 - 
2013年
自治医科大学講師   
 
2001年
 - 
2004年
埼玉医科大学講師   
 
1996年
 - 
2001年
自治医科大学助手   
 
1996年
 - 
2001年
Jichi Medical School, Research Assistant   
 

学歴

 
 
 - 
1987年
自治医科大学(JMU) 医学部 医学
 
 
 - 
1987年
自治医科大学  
 

論文

 
 
Kenichi Yamanaka   Hiroyuki Miyatani   Yukio Yoshida   Shinichi Asabe   Toru Yoshida   Misaki Nakano   Shin Obara   Hidehiko Endo   
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   19(42) 7426-7432   2013年11月   [査読有り]
AIM: To elucidate the characteristics of hemorrhagic gastric/duodenal ulcers in a post-earthquake period within one medical district.
METHODS: Hemorrhagic gastric/duodenal ulcers in the Iwate Prefectural Kamaishi Hospital during the 6-mo period af...
 
Satohiro Matsumoto   Hiroyuki Miyatani   Yukio Yoshida   
DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   58(5) 1306-1312   2013年5月   [査読有り]
We examined the pathologies, treatment characteristics, and clinical course of elderly ulcerative colitis (UC) patients.
Among 222 UC patients (127 men, 95 women; average age, 34 +/- A 16 years), we selected 109 with UC diagnosed between 20 and 39...
 
Yuji Shindo   Hiroyuki Miyatani   Takeshi Uehara   Takashi Ikeya   Kenichi Yamanaka   Masatoshi Ikeda   Kouichi Tokai   Shinya Ushimaru   Satohiro Matsumoto   Takeharu Asano   Toru Takamatsu   Masanori Fukunishi   Takaaki Iwaki   Yoshinori Sagihara   Shinichi Asabe   Yukio Yoshida   
Journal of Japanese Society of Gastroenterology   109(7) 1243-1249   2012年7月   [査読有り]
A 78-year-old man with hepatocellular carcinoma treated by chemoembolization and percutaneous ethanol injection was admitted to our hospital because of acute abdomen. The CT scan showed biliary fistula caused by hepatocellular carcinoma protruding...
 
Koichi Tokai   Hiroyuki Miyatani   Yukio Yoshida   Shigeki Yamada   
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   18(28) 3770-3774   2012年7月   [査読有り]
A 75-year old man had been diagnosed at 42 years of age as having polycythemia vera and had been monitored at another hospital. Progression of anemia had been recognized at about age 70, and the patient was thus referred to our center in 2008 wher...
 
Takaaki Iwaki   Hiroyuki Miyatani   Yukio Yoshida   Katsuhiko Matsuura   Yoshihisa Suminaga   
Clinical Journal of Gastroenterology   5(2) 101-107   2012年4月   [査読有り]
An intrahepatic arterioportal fistula is a rare cause of portal hypertension and variceal bleeding. We report on a patient with an intrahepatic arterioportal fistula following liver biopsy who was successfully treated by hepatectomy after unsucces...

MISC

 
 
高松 徹   大竹 はるか   上原 健志   新藤 雄司   池谷 敬   東海 浩一   池田 正俊   牛丸 信也   浅野 岳春   松本 吏弘   岩城 孝明   福西 昌徳   鷺原 規喜   浅部 伸一   宮谷 博幸   吉田 行雄   
自治医科大学紀要   34 87-95   2012年3月   
食道・胃静脈瘤の治療指針はほぼ確立されているが,異所性静脈瘤の治療法については一定の見解が得られていない。我々は,十二指腸静脈瘤破裂に対して,透視下に行った内視鏡的硬化療法が有用であった1例を経験した。症例は73歳,肝硬変の女性で十二指腸静脈瘤破裂にて当院へ紹介となった。内視鏡検査にて,十二指腸下行脚に出血点と思われるびらんを伴うF3の静脈瘤を認めた。腹部CTでは膵十二指腸静脈を供血路としRetzius静脈に排血路を伴う十二指腸静脈瘤を認めた。n-butyl-2-cyanoacrylate...
 
浅野 岳晴   中村 郁夫   岡島 真里   山中 健一   浅部 伸一   宮谷 博幸   松浦 克彦   吉田 行雄   井廻 道夫   
肝臓   53(1) 55-63   2012年1月   
症例は73歳,男性.C型慢性肝炎にて当院通院中であった.1999年,肝細胞癌(S5単発,径3 cm)が認められ肝右葉前区域切除術を施行した.術後は4-6カ月ごとに腹部USおよびCT検査にて経過観察していた.2009年3月の腹部CT検査にて,肝右葉の手術断端に,内部が不均一で一部造影効果を示す病変が認められた.同病変は同年5月のCTにて増大傾向を認め,仮性動脈瘤と診断された.腹部血管造影では,右肝動脈の前区域枝起始部に3 cm大の仮性動脈瘤を認めた.破裂予防のため,瘤のコイル塞栓術を施行した...
 
Hiromu Inoue   Hiroyuki Miyatani   Yoshiyuki Nakashima   Noriyoshi Sagihara   Yukio Yoshida   
DIGESTIVE ENDOSCOPY   23(4) 325-325   2011年10月   
 
Takuhiro Ugajin   Hiroyuki Miyatani   Satohiro Matsumoto   Tohru Takamatsu   Masanori Fukunishi   Yukio Yoshida   Yoh Dobashi   
DIGESTIVE ENDOSCOPY   23(4) 328-328   2011年10月   
 
高松 徹   東海 浩一   牛丸 信也   松本 吏弘   岩城 孝明   福西 昌徳   鷺原 規喜   宮谷 博幸   吉田 行雄   山田 茂樹   
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   53(9) 3023-3027   2011年9月   
食道粘膜下腫瘍(SMT)は良性腫瘍が大部分を占め,悪性は稀とされている.しかし,画像所見のみでは良悪性の鑑別が困難な場合もあり,組織型により治療方針も異なるため組織診断を得ることが必要である.今回,われわれは30mmの食道SMTに対して超音波内視鏡下穿刺吸引生検術(EUS-FNAB)を試みたが,組織量が不十分で確定診断に至らず,粘膜切開後直視下生検にて確定診断が得られた症例を経験した.EUS-FNABはSMTに対する組織診断法の第一選択であるが,EUS-FNABにより十分な組織が得られない...

書籍等出版物

 
 
辻 忠男, 宮谷 博幸
メジカルビュー社   2007年3月6日   (ISBN:4758303312)   

所属学協会

 
 
   
 
日本門脈圧亢進症学会
 
   
 
日本超音波医学会
 
   
 
日本膵臓学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本胆道学会