メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 薬理学講座

研究者リスト >> 今井 靖
 

今井 靖

 
アバター
研究者氏名今井 靖
 
イマイ ヤスシ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20359631.ja.html
所属自治医科大学
部署医学部薬理学講座臨床薬理学部門
職名教授
学位医学博士(東京大学)
その他の所属医学部内科学講座循環器内科学部門
J-Global ID201401001007364738

研究キーワード

 
遺伝子診断・遺伝性疾患 ,カテーテルアブレーション ,植え込み型電子デバイス ,臨床薬理学 ,成人先天性心疾患 ,マルファン症候群

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 循環器内科学 / 

経歴

 
2023年9月
 - 
現在
医学部内科学講座循環器内科学部門  教授(兼) 
 
2023年9月
 - 
現在
自治医科大学(JMU) 医学部薬理学講座臨床薬理学部門 教授 
 
2017年
 - 
現在
自治医科大学 臨床薬理学部門・循環器内科学部門 教授 
 
2013年11月
 - 
2017年3月
自治医科大学 循環器内科学部門 准教授 
 
2012年3月
 - 
2013年10月
東京大学 医学部附属病院循環器内科 特任講師 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京大学大学院 医学系研究科医学博士課程 循環器内科学専攻
 
1988年4月
 - 
1994年3月
東京大学 医学部 医学科
 

論文

 
 
Shota Tomida   Tamaki Ishima   Daigo Sawaki   Yasushi Imai   Ryozo Nagai   Kenichi Aizawa   
International journal of molecular sciences   24(20)    2023年10月
Several genetic defects, including a mutation in myosin heavy chain 11 (Myh11), are reported to cause familial thoracic aortic aneurysm and dissection (FTAAD). We recently showed that mice lacking K1256 of Myh11 developed aortic dissection when st...
 
清末 有宏   水野 由子   都島 健介   明石 直之   藤田 英雄   甲谷 友幸   今井 靖   苅尾 七臣   後岡 広太郎   中山 雅晴   興梠 貴英   宮本 恵宏   石井 正将   辻田 賢一   的場 哲哉   永井 良三   
日本心臓病学会学術集会抄録   71回 O-6   2023年9月
 
So Ikebe   Masanobu Ishii   Yasuhiro Otsuka   Taishi Nakamura   Kenichi Tsujita   Tetsuya Matoba   Takahide Kohro   Yusuke Oba   Tomoyuki Kabutoya   Yasushi Imai   Kazuomi Kario   Arihiro Kiyosue   Yoshiko Mizuno   Kotaro Nochioka   Masaharu Nakayama   Takamasa Iwai   Yoshihiro Miyamoto   Hisahiko Sato   Naoyuki Akashi   Hideo Fujita   Ryozo Nagai   
International Journal of Cardiology Cardiovascular Risk and Prevention   18 200193-200193   2023年9月
BACKGROUND: Heart failure (HF) is associated with a high bleeding risk after percutaneous coronary intervention (PCI). Additionally, major bleeding events increase the risk of subsequent major adverse cardiac events (MACE). However, whether brain ...
 
Masashi Kamioka   Hisaki Makimoto   Tomonori Watanabe   Hiroaki Watanabe   Takafumi Okuyama   Takashi Kaneshiro   Naoko Hijioka   Ayako Yokota   Takahiro Komori   Tomoyuki Kabutoya   Yasushi Imai   Kazuomi Kario   
Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology   25(9)    2023年8月
AIMS: The relationship between local unipolar voltage (UV) in the pulmonary vein (PV)-ostia and left atrial wall thickness (LAWT) and the utility of these parameters as indices of outcome after atrial fibrillation (AF) ablation remain unclear. MET...
 
Ayako Yokota   Tomoyuki Kabutoya   Tadayuki Mitama   Takafumi Okuyama   Hiroaki Watanabe   Masashi Kamioka   Tomonori Watanabe   Takahiro Komori   Yasushi Imai   Kazuomi Kario   
Journal of arrhythmia   39(4) 574-579   2023年8月
BACKGROUND: While most VVI pacemakers in bradycardic patients are set to a low limit of 60/min, the optimal lower limit rate for VVI pacemakers in atrial fibrillation has not been established. Although an increase in heart rate within the normal r...

MISC

 
 
今井 靖   
内科   132(5) 856-861   2023年11月
<文献概要>・不整脈とは心拍数50~100回/分の洞調律以外のものを指すが,放置してよいものと治療対象となるものがある.ほかの心疾患,心機能,全身状態を総合的に評価して介入を行う.・徐脈性不整脈は洞不全症候群,房室ブロックが代表であり,さまざまな機序・病態を呈し,ペースメーカ植込みの適応を考慮する.・頻脈性不整脈には心房性(上室性)のものと心室性のものがあり,異常自動能,トリガードアクティビティ,リエントリーが機序となる.・生活習慣因子,環境因子,自律神経活動異常,トリガー不整が心臓突然死...
 
今井 靖   
医学のあゆみ   285(13) 1140-1141   2023年6月
 
今井 靖   
日本血栓止血学会誌   34(2) 168-168   2023年5月
 
芳野 真子   今井 靖   根岸 経太   大木 伸一   川人 宏次   苅尾 七臣   
心臓   55(4) 454-462   2023年4月
症例は49歳女性.44歳,48歳時に急性大動脈解離を発症し,保存的加療を受けていた.X年末より肺炎,心不全を呈し,当院での管理を希望され紹介受診となった.高身長,漏斗胸,側彎といった身体的特徴,大動脈解離,大動脈基部拡大があり,典型的なマルファン症候群と診断した.重度大動脈弁閉鎖不全症(AR)とそれによる心不全を呈していた.心不全の急性期管理を行ったのち,Bentall手術,上行大動脈弓部置換を施行,心機能は正常レベルまで回復し現在まで問題なく経過している.遺伝子診断ではFBN1変異を認め...
 
今井 靖   
Therapeutic Research   42(9) 605-610   2021年9月

書籍等出版物

 
 
伊豆津, 宏二, 今井, 靖, 桑名, 正隆, 寺田, 智祐, 舘田, 一博
南江堂   2024年1月   (ISBN:9784524207688)
 
今井, 靖
羊土社   2023年12月   (ISBN:9784758127080)
 
保科, 克行, 今井, 靖, 加藤, 雅明
Gakken   2023年4月   (ISBN:9784780904444)
 
川合, 眞一, 舘田, 一博, 伊豆津, 宏二, 今井, 靖, 桑名, 正隆, 北村, 正樹, 寺田, 智祐
南江堂   2023年1月   (ISBN:9784524203345)
 
島田, 和幸, 舘田, 一博, 川合, 眞一, 伊豆津, 宏二, 今井, 靖
南江堂   2022年1月   (ISBN:9784524232116)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
遺伝子発現の日内変動クラスターを利用して高齢者の薬物脳内移行を予測する
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
藤村 昭夫 今井 靖 牛島 健太郎 土屋 裕義 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
心房細動における家庭血圧計を用いた血圧管理指標の確立と心房細動検出に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
渡部 智紀 甲谷 友幸 今井 靖 苅尾 七臣 小森 孝洋 星出 聡 
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
 
冠動脈プラーク形成における拍動と局所血行動態の影響および降圧薬の効果に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
高橋 政夫 今井 靖 大島 まり 
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
 
臨床ビッグデータとトランスオミックス解析を統合した新しい心臓病学パラダイム構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
永井 良三 相澤 健一 苅尾 七臣 今井 靖 
研究期間: 2020年7月 - 2023年3月