メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

最終更新日時:

寺谷 工

 
アバター
研究者氏名寺谷 工
 
テラタニ タクミ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70373404.ja.html
所属自治医科大学
部署附属病院 臨床研究センターTR研究推進部
職名講師
J-Global ID201401091750737971

研究キーワード

 
機能性食品 ,細胞移植 ,糖尿病 ,再生医療 ,間葉系幹細胞 ,Annexin II ,S100蛋白 ,腎癌 ,脳型脂肪酸結合蛋白 ,TdRPase ,エネルギー産生 ,S100A10 ,腎がん ,バイオマーカー ,B-FABP ,脳型遊離脂肪酸結合蛋白 ,FABP7 ,低酸素バイオロジー ,腫瘍学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • ライフサイエンス / 環境、天然医薬資源学 / 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学 / 
  • ライフサイエンス / 泌尿器科学 / 

経歴

 
2011年
 - 
現在
自治医科大学 医学部 講師 
 
2009年
 - 
2011年
自治医科大学 医学部 助教 
 
2003年
 - 
2009年
国立研究開発法人国立がん研究センター  研究員 
 
2002年
 - 
2003年
国立研究開発法人国立がん研究センター  リサーチレジデント 
 

受賞

 
2015年3月
第17回日本異種移植研究会優秀演題賞
 
2013年3月
第40回日本膵・膵島移植研究会学会賞
 

論文

 
 
Atsushi Miki   Yasunaru Sakuma   Jun Watanabe   Kazuhiro Endo   Hideki Sasanuma   Takumi Teratani   Alan Kawarai Lefor   Atsushi Shimizu   Joji Kitayama   Yoshikazu Yasuda   Naohiro Sata   
Scientific Reports   13(1)    2023年9月
Abstract

It is important to assess the prognosis and intervene before and after surgery in patients with hepatocellular carcinoma. This study aims to elucidate the association of outcomes and residual liver function after hepatectomy. A total of ...
 
Atsushi Miki   Yasunaru Sakuma   Jun Watanabe   Kazuhiro Endo   Hideki Sasanuma   Takumi Teratani   Alan Kawarai Lefor   Joji Kitayama   Naohiro Sata   
Current Oncology   30(2) 1860-1868   2023年2月   [査読有り]
Background: The prognostic importance of osteopenia in patients with intrahepatic cholangiocarcinoma (ICC) undergoing hepatectomy is unclear. The aim of this study was to evaluate the impact of osteopenia on survival in patients with ICC. Methods:...
 
Takumi Watanabe   Kyoko Hayashi   Tsuyoshi Takara   Takumi Teratani   Joji Kitayama   Toshio Kawahara   
International Journal of Environmental Research and Public Health   19(15) 8936-8936   2022年7月   [査読有り]
Mouse studies have reported anti-stress effects of Lactiplantibacillus plantarum SNK12 (SNK). Specifically, oral SNK administration increased mRNA levels of hippocampal neurotrophic factor and gamma-aminobutyric acid receptor in mice with sub-chro...
 
Jun Watanabe   Atsushi Miki   Yasunaru Sakuma   Kentaro Shimodaira   Yuichi Aoki   Yoshiyuki Meguro   Kazue Morishima   Kazuhiro Endo   Hideki Sasanuma   Alan Kawarai Lefor   Takumi Teratani   Noriyoshi Fukushima   Joji Kitayama   Naohiro Sata   
Cancers   14(9) 2213-2222   2022年4月   [査読有り]
BACKGROUND: Osteopenia is defined as low bone mineral density (BMD) and has been shown to be associated with outcomes of patients with various cancers. The association between osteopenia and perihilar cholangiocarcinoma is unknown. The aim of this...
 
Taro Kubo   Tatsuya Takayama   Akira Fujisaki   Shigeru Nakamura   Takumi Teratani   Naohiro Sata   Joji Kitayama   Hideo Nakai   Daiki Iwami   Tetsuya Fujimura   
PLOS ONE   17(2) e0263179-e0263179   2022年2月   [査読有り]
Surgical training using live animals such as pigs is one of the best ways of achieving skilled techniques and fostering confidence in preclinical medical students and surgeon trainees. However, due to animal welfare ethics, laboratory animals’ usa...

MISC

 
 
浦橋 泰然   重田 孝信   寺谷 工   笠原 尚哉   石堂 博敬   高田 武蔵   立岡 哲平   野呂 拓史   吉富 秀幸   大矢 雅敏   
日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 SF-8   2021年4月
 
岡田 憲樹   寺谷 工   眞田 幸弘   大西 康晴   菱川 修司   佐久間 康成   佐田 尚宏   
Organ Biology   26(3) 93-93   2019年10月
 
佐久間 康成   寺谷 工   笠原 尚哉   三木 厚   春田 英律   細谷 好則   北山 丈二   佐田 尚宏   
肥満研究   25(Suppl.) 302-302   2019年10月
 
浦橋 泰然   寺谷 工   重田 孝信   笠原 尚哉   岡崎 英人   菊地 健太   長谷川 真理子   五十嵐 昭宏   大竹 紗弥香   畑中 政博   藤野 順子   岸 陽子   池田 均   
移植   54(総会臨時) 143-143   2019年9月
 
高山 達也   鈴木 基文   藤崎 明   寺谷 工   黒川 真輔   山崎 正博   亀田 智弘   竹嶋 咲   亀井 潤   杉原 亨   安東 聡   藤村 哲也   
日本泌尿器科学会総会   107回 PP1-114   2019年4月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
体組成変化と大腸癌肝転移の転移機構の解明と新規治療戦略の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
三木 厚 佐久間 康成 北山 丈二 佐田 尚宏 寺谷 工 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
腹腔内MicroRNAを標的とした新規腹膜播種治療法の開発と免疫学的機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
北山 丈二 山口 博紀 大澤 英之 齋藤 心 宮戸 秀世 金丸 理人 寺谷 工 水上 浩明 綿野 亮太 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
上部小腸エネルギー感知システムの生理学的意義の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
林 久由 石塚 典子 笠原 尚哉 寺谷 工 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
体液サンプルを材料とした革新的イオン化質量分析法による新規がん診断システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
佐田 尚宏 北山 丈二 佐久間 康成 原尾 美智子 西野 宏 藤村 哲也 相澤 健一 寺谷 工 木村 有希 
研究期間: 2023年6月 - 2025年3月
 
脱細胞化臓器を担体とした生体外臓器再生技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
浦橋 泰然 重田 孝信 寺谷 工 笠原 尚哉 吉富 秀幸 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月

産業財産権

 
 
 
 
渡邉 卓巳   坂野 綾子   寺谷 工   藤本 康弘   土井 淳司   
 
 
小林 英司   和田 圭樹   藤田 泰毅   吉永 至宏   土居 雅子   藤本 康弘   寺谷 工