メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 早川 枝李
 

早川 枝李

 
アバター
研究者氏名早川 枝李
 
ハヤカワ エリ
所属自治医科大学
部署医学部感染・免疫学講座 医動物学部門
職名
学位博士(工学)(北海道大学), 工学修士(北海道大学)
J-Global ID201401099853595629

研究キーワード

 
生体膜、細胞膜 ,脂質輸送、脂質代謝 ,熱帯熱マラリア ,蛋白質―脂質相互作用 ,膜の物性 ,イメージング ,寄生生物学、感染症 ,細胞生理 ,生物物理

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 寄生虫学 / 熱帯熱マラリア, 細胞内膜輸送、コレステロール
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 生体膜ダイナミクス、脂質・コレステロール輸送、細胞膜内側方ストレス応答
  • ライフサイエンス / 形態、構造 / 一分子蛍光相関測定、ホロトモグラフィ、電子顕微鏡、
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 蛋白質―脂質相互作用
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 結核菌、糖脂質

経歴

 
2006年
 - 
2010年
東京女子医科大学国際統合インスティトュート IREIIMS 特任助教 
 
2003年
 - 
2006年
米国立衛生研究所(NIH)アレルギー・感染症研究所(NIAID)  Professional Service contractor 
 
2002年1月
 - 
2004年3月
国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略的基礎研究さきがけ 専任研究員 
 
2000年1月
 - 
2001年12月
日本学術振興会 海外特別研究員  特別研究員 
 
1999年
 - 
2001年
米国衛生研究所(NIAAA, NIAID)  Visiting fellow 
 

学歴

 
 
   
 
北海道大学 大学院工学研究科 生体工学専攻 修士課程 修了
 
 
   
 
北海道大学 大学院工学研究科 電子情報工学専攻 博士課程 修了
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
Frontiers in Parasitology Review Editor
 
2021年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 

受賞

 
2019年10月
自治医科大学, 17th JMU symposium outstanding performance award,Real-time Imaging of Cholesterol Sorting in P. falciparum-erythrocytes by Label-free 3D Holotomographic Microscopy
早川枝李 
 
2018年9月
自治医科大学, 第17回自治医科大学(JMU)シンポジウム講演優秀賞,赤内期における熱帯熱マラリア原虫由来タンパク質輸送と脂質分子の解明
早川枝李 
 
2012年
大山健康財団, 大山健康財団学術研究助成
早川枝李 
 
2006年
感染症沖縄フォーラム, 感染症若手研究者沖縄フォーラム ベストプレゼンテーション賞
早川枝李 
 

論文

 
 
Eri Saki   H. Hayakawa   Marina Wayama   Fuyuki Tokumasu   Nobuhiko Ohno   Mami Matsumoto   Jiro Usukura   
Frontiers in Cellular and Infection Microbiology   12 962495-962495   2022年8月   [査読有り]
 
Fuyuki Tokumasu   Eri H. Hayakawa   Junpei Fukumoto   Suzumi M. Tokuoka   Shinya Miyazaki   
Parasitology International   83 102369   2021年8月   [査読有り][招待有り]
 
Eri H. Hayakawa   Hirotomo Kato   Glenn A. Nardone   Jiro Usukura   
Parasitology International   80 102179-102179   2021年2月   [査読有り]
 
Eri H. Hayakawa,   Kentaro Yamaguchi   Masahiro Mori   Glenn Nardone   
Scientific Report   10 1-12   2020年2月   [査読有り]
 
Eri H. Hayakawa   Fuyuki Tokumasu   Jiro Usukura   Hiroyuki Matsuoka   Takafumi Tsuboi   Thomas E.Wellems   
Experimental parasitology   153 174-179   2015年6月   [査読有り]

MISC

 
 
Eri H. Hayakawa   Fuyuki Tokumasu   Jiro Usukura   Hiroyuki Matsuoka   Takafumi Tsuboi   Thomas E. Wellems   
BIOPHYSICAL JOURNAL   108(2) 618A-618A   2015年1月   
 
E. H. Hayakawa   F. Tokumasu   J. Usukura   H. Matsuoka   T. Tsuboi   T. E. Wellems   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   25    2014年12月   
 
松岡 裕之   山本 大介   早川 枝李   諏合 輝子   佐野 元市郎   平井 誠   吉田 栄人   
自治医科大学紀要   34 117-128   2012年3月   [査読有り]
自治医科大学医動物学部門で4年間(2007-2010)に照会を受けた,寄生虫・衛生動物関連症例について検討を行なった。照会総件数は95件で,学内から34件(35.8%),学外から61件(64.2%)であった。うち実際に寄生虫の感染があった症例は27件であった。頻度の高かった疾患は,日本海裂頭条虫症13例,マラリア4例などであった。過去に照会数が多かった回虫症の照会は1例もなかった。いままで日本国内での存在が認識されていなかったアジア条虫症を2例経験した。衛生動物関連症例は9件あった。マダニ...
 
望月衛子   早川枝李   岸田祥子   川上皓史   津田哲哉   桑畑進   桑畑進   
高分子学会予稿集(CD-ROM)   61(1)    2012年
 
Eri H. Hayakawa   Fuyuki Tokumasu   Jiro Usukura   Takafumi Tsuboi   Hiroyuki Matsuoka   Thomas E. Wellems   
BIOPHYSICAL JOURNAL   102(3) 395A-395A   2012年1月   

書籍等出版物

 
 
Eri H. Hayakawa, Yuichi Takakuwa(担当:分担執筆, 範囲:Chapter 33: The Study of a Protein Molecular Motion by Fluorescence Correlation Spectroscopy (FCS))
2007年      [査読有り]
 
2005年      [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
Eri H. Hayakawa   
OIST seminar   2020年12月2日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
米国細胞生物学会
 
   
 
米国生物物理学会
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
日本生物物理学会
 
   
 
日本寄生虫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
脂肪酸の多様性がもたらすコレステロール輸送膜蛋白質への活性調節
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
早川 枝李 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
膜タンパク質機能を直接制御する機能性脂質の探索と作用機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
早川 枝李 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
生活習慣病を伴った血中の高コレステロールがもたらすマラリアの感染と治療への影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
早川 枝李 臼倉 治郎 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
 
ゲルゾリンのリン脂質結合能と細胞増殖における役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
早川 枝李 
研究期間: 1998年 - 1998年

その他

 
 
2022年に公開された論文; “Budding pouches and associated bubbles: 3D visualization of exo-membrane structures in plasmodium falciparum gametocytes”が、Medicine Innovates Series (https://medicineinnovates.com/)に ブレイクスルーとして採択された。
https://medicineinnovates.com/budding-pouches-associated-bubbles-3d-visualization-exo-membrane-structures-plasmodium-falciparum-gametocytes/