メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 薬理学講座

研究者リスト >> 輿水 崇鏡
 

輿水 崇鏡

 
アバター
研究者氏名輿水 崇鏡
 
コシズミ タカアキ
URLhttp://www.jichi.ac.jp/molpharm/
所属自治医科大学
部署医学部 薬理学講座 分子薬理学部門
職名教授
J-Global ID200901059561027440

研究キーワード

 
創薬科学 ,薬物標的探索 ,受容体 ,Opioid ,Molecular therapeutics ,Receptor

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

受賞

 
2009年11月
臨床薬理研究財団研究大賞
輿水 崇鏡 
 
2009年3月
日本薬理学会優秀発表賞(共同演者)
輿水 崇鏡 
 
2008年1月
バゾプレッシン研究会, バゾプレッシン研究会研究奨励賞
輿水 崇鏡 
 
2004年11月
日本循環薬理学会若手研究者賞
 
2004年
2004 Young investigator award, Japanese cardiovascular pharmacology
 

論文

 
 
Kazune Arai   Aki Kashiwazaki   Yoko Fujiwara   Hiroyoshi Tsuchiya   Nobuya Sakai   Katsushi Shibata   Taka-aki Koshimizu   
EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   749 98-106   2015年2月   [査読有り]
A group of synthetic substance P (SP) antagonists, such as [Arg(6),D-Trp(7,9),N(Me)Phe(8)]-substance P(6-11) and [D-Arg(1),D-Phe(5),D-Trp(7,9),Leu(11)]-substance P, bind to a range of distinct G-protein-coupled receptor (GPCR) family members, incl...
 
Shizue Masuki   Eri Sumiyoshi   Taka-aki Koshimizu   Jinze Qian   Keiichi Higuchi   Gozoh Tsujimoto   Hiroshi Nose   
JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON   591(14) 3651-3665   2013年7月   [査読有り]
We previously reported that cerebral activation suppressed baroreflex control of heart rate (HR) at the onset of voluntary locomotion. In the present study, we examined whether vasopressin V1a receptors in the brain were involved in these response...
 
Yodo Tamaki   Yoshitaka Iwanaga   Shinichiro Niizuma   Tsuneaki Kawashima   Takao Kato   Yasutaka Inuzuka   Takahiro Horie   Hanako Morooka   Toru Takase   Yasumitsu Akahashi   Kazuhiro Kobuke   Koh Ono   Tetsuo Shioi   Soren P. Sheikh   Noona Ambartsumian   Eugene Lukanidin   Taka-aki Koshimizu   Shunichi Miyazaki   Takeshi Kimura   
JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   57 72-81   2013年4月   [査読有り]
Metastasis-associated protein, S100A4 is suggested as a marker for fibrosis in several organs. It also modulates DNA binding of p53 and affects its function. However, the functional role of S100A4 in the myocardium has remained unclear. Therefore,...
 
Kumazaki M   Ando H   Kakei M   Ushijima K   Taniguchi Y   Yoshida M   Yamato S   Washino S   Koshimizu TA   Fujimura A   
European journal of pharmacology   705(1-3) 1-10   2013年4月   [査読有り]
 
Hiroyoshi Tsuchiya   Junji Sato   Hidetoshi Tsuda   Yoko Fujiwara   Toshiyuki Yamada   Akio Fujimura   Taka-aki Koshimizu   
Toxicology   305 79-88   2013年3月   [査読有り]
The tocolytic agent ritodrine acts on the β2-adrenoceptor and is an effective treatment option for preterm labor. However, several adverse effects of ritodrine therapy, including liver damage, have been noted. To elucidate the underlying mechanism...

MISC

 
 
T Koshimizu   G Tsujimoto   A Hirasawa   Y Kitagawa   A Tanoue   
CARDIOVASCULAR RESEARCH   63(4) 662-672   2004年9月   
Background: Increasing evidence from clinical trials indicates that carvedilol, an antagonist of alpha1- and beta-adrenergic receptors (ARs), provides an effective treatment for chronic heart failure, whereas nonselective alpha1-AR blockade has an...
 
T Koshimizu   S Ueno   A Tanoue   N Yanagihara   SS Stojilkovic   G Tsujimoto   
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   277(49) 46891-46899   2002年12月   
P2X purinergic receptors (P2XRs) differ among themselves with respect to their ligand preferences and channel kinetics during activation, desensitization, and recovery. However, the contributions of distinct receptor subdomains to the subtype-spec...

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
薬理学 (自治医科大学)
 
   
 
ゲノム創薬科学演習 (京都大学大学院薬学研究科)
 
   
 
病態生理学 (京都大学大学院薬学研究科)

所属学協会

 
 
   
 
日本神経内分泌学会
 
   
 
日本心臓病学会
 
   
 
日本循環器学会
 
   
 
日本内科学会
 
   
 
日本薬学会

Works(作品等)

 
 
 
 
 
2000年 - 2004年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
アンチエイジングの受容体薬理ゲノミクス解明による創薬研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
輿水崇鏡 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
包括的トランスクリプトーム解析による新たなゲノム医学,創薬研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
辻本豪三 奥野恭史 輿水崇鏡 足達哲也 寺澤和哉 平澤明 木村郁夫 
研究期間: 2007年 - 2011年
 
Gタンパク質共役型受容体ヘテロマーを治療標的としたリガンド探索法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
輿水崇鏡 
研究期間: 2007年 - 2008年
 
脂肪酸受容体を介する脂肪細胞機能調節機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
平澤明 足達哲也 輿水崇鏡 
研究期間: 2006年 - 2007年