メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医師・研究者キャリア支援センター

研究者リスト >> 小宮根 真弓
 

小宮根 真弓

 
アバター
研究者氏名小宮根 真弓
 
コミネ マユミ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00282632.ja.html
所属自治医科大学
部署医学部 皮膚科学講座 /医師・研究者キャリア支援センター
職名教授
学位医学博士(東京大学)
その他の所属東京大学医学部
J-Global ID201401086537031824

研究キーワード

 
ケモカイン ,表皮細胞 ,樹状細胞 ,ケラチノサイト ,TARC ,転写因子 ,表皮角化細胞 ,炎症性皮膚疾患 ,尋常性乾癬 ,シグナル伝達 ,CTACK ,機械的刺激 ,発現制御機構 ,MAPキナーゼ ,NFκB ,デコイ型核酸 ,VEGF ,Groα ,マクロライド ,乾癬 ,STAT1 ,GM-CSF ,IL-33 ,ランゲルハンス細胞 ,サイトカイン ,活性化 ,メラニン代謝物質 ,アレルギー疾患 ,尋常性白斑 ,メラニン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 皮膚科学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 

経歴

 
2018年8月
 - 
現在
自治医科大学 皮膚科学 教授 
 
2007年6月
 - 
2018年7月
自治医科大学 医学部 准教授 
 

論文

 
 
Yayoi Tada   Mayumi Komine   Yukari Okubo   Katsuyoshi Habiro   Katsuki Tsuritani   Akimichi Morita   
The Journal of dermatology      2023年11月
Plaque psoriasis (PsO) is a chronic immune-mediated inflammatory disease with skin lesions accompanied by an inflammation-related comorbidity risk. The development of various oral drugs and biologics for PsO has provided increasing systemic treatm...
 
Hidehisa Saeki   Tomotaka Mabuchi   Akihiko Asahina   Masatoshi Abe   Atsuyuki Igarashi   Shinichi Imafuku   Yukari Okubo   Mayumi Komine   Kenzo Takahashi   Hideshi Torii   Akimichi Morita   Hiroshi Yotsuyanagi   Akira Watanabe   Mamitaro Ohtsuki   
The Journal of dermatology   50(5) e138-e150   2023年5月
This is the English version of Japanese guidance for the use of oral Janus kinase (JAK) inhibitors (JAK1 and tyrosine kinase 2 [TYK2] inhibitors) in the treatments of psoriasis. Several cytokines, such as interleukin (IL)-6, IL-7, IL-12, IL-21, IL...
 
Megumi Kishimoto   Mayumi Komine   Koji Kamiya   Junichi Sugai   Aya Kuwahara   Mamitaro Ohtsuki   
The Journal of dermatology      2023年3月
This real-world study at a single academic center retrospectively examined the drug survival of apremilast for patients with psoriasis. Retrospective information was extracted from the medical records of patients with psoriasis treated with apremi...
 
Suphagan Boonpethkaew   Jitlada Meephansan   Sasin Charoensuksira   Onjira Jumlongpim   Pattarin Tangtanatakul   Jongkonnee Wongpiyabovorn   Mayumi Komine   Morita Akimichi   
Scientific reports   13(1) 4384-4384   2023年3月
Narrow band-ultraviolet B (NB-UVB) is an effective treatment for psoriasis. We aim to generate a potential mechanism of NB-UVB through comparing the transcriptomic profile before and after NB-UVB treatment between the peripheral edge of lesional s...
 
Mayumi Komine   Hyunchung Kim   Jingbo Yi   Yichen Zhong   Yoko Sakai   Bruce Crawford   Katsuyoshi Habiro   Yusuke Hikichi   Steven R Feldman   
The Journal of dermatology      2023年2月
Long-term psoriasis (PsO) management remains challenging. With growing variation in treatment efficacy, cost, and modes of administration, patient preferences for different treatment characteristics are not well understood. A discrete choice exper...

MISC

 
 
大槻 マミ太郎   佐伯 秀久   照井 正   森田 明理   佐野 栄紀   今福 信一   朝比奈 昭彦   小宮根 真弓   江藤 隆史   鳥居 秀嗣   安部 正敏   五十嵐 敦之   中川 秀己   渡辺 彰   四柳 宏   日本皮膚科学会乾癬生物学的製剤検討委員会   
日本皮膚科学会雑誌   129(9) 1845-1864   2019年8月   
 
大槻 マミ太郎   佐伯 秀久   照井 正   森田 明理   佐野 栄紀   今福 信一   朝比奈 昭彦   小宮根 真弓   江藤 隆史   鳥居 秀嗣   安部 正敏   中川 秀己   渡辺 彰   四柳 宏   日本皮膚科学会乾癬生物学的製剤検討委員会   
日本皮膚科学会雑誌   129(9) 1845-1907   2019年8月   
 
Fujita H   Terui T   Hayama K   Akiyama M   Ikeda S   Mabuchi T   Ozawa A   Kanekura T   Kurosawa M   Komine M   Nakajima K   Sano S   Nemoto O   Muto M   Imai Y   Yamanishi K   Aoyama Y   Iwatsuki K   
J Dermatol   45(11) 1235-1270   2018年11月   [査読有り]
 
加藤 めぐみ   北島 麻耶子   小宮根 真弓   村田 哲   大槻 マミ太郎   
皮膚病診療   40(2) 161-164   2018年2月   
<症例のポイント>Muir-Torre症候群(MTS)は、DNAミスマッチ修復遺伝子変異が原因の、主に大腸癌をはじめとする遺伝性多発癌疾患であるLynch症候群のうち、脂腺腫瘍やケラトアカントーマを合併する一亜型である。胸部脂腺腫の切除治療を契機に、過去切除された皮膚腫瘍と大腸癌、家族歴、既往歴などの再検討から、MTSと診断した1例を報告した。大腸癌組織を用いたマイクロサテライト不安定性検査が陽性であること、脂腺腫の免疫染色でDNAミスマッチ修復遺伝子の1つであるMLH1蛋白の発現がみられ...
 
小宮根 真弓   大槻 マミ太郎   
日本臨床   76(1) 86-90   2018年1月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
糖鎖分子屈曲と競合分子に着目したヘパラナーゼ阻害分子の創出と炎症性皮膚疾患の抑制
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
東 伸昭 小宮根 真弓 福澤 薫 眞鍋 史乃 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
IL-33阻害による褥瘡発症予防に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
小宮根 真弓 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
硫酸化糖鎖とその断片化による二面性炎症調節作用の解明とアレルギー性皮膚炎症の制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
東 伸昭 小宮根 真弓 東 恭平 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
皮膚バリア機能異常におけるIL-33の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
小宮根 真弓 金 美娟 津田 英利 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
接触過敏反応におけるインターロイキン33とその受容体の関与についての検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
小宮根 真弓 
研究期間: 2011年 - 2013年