メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 崔 龍洙
 

崔 龍洙

 
アバター
研究者氏名崔 龍洙
 
サイ リュウシュ
URLhttp://www.jichi.ac.jp/bacteriology/
所属自治医科大学
部署医学部感染・免疫学講座 細菌学部門
職名教授
学位(BLANK)
科研費研究者番号50306932
ORCID ID0000-0002-8909-3885
J-Global ID200901096624649406

研究キーワード

 
バクテリオファージ ,細菌学 ,感染症 ,微生物 ,Virology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 
  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
自治医科大学医学部細菌学部門 教授   
 
2012年2月
 - 
2015年3月
北里大学 北里生命科学研究所 副センター長(室長補佐、部長補佐)   
 
2007年4月
 - 
2012年1月
順天堂大学医学部 准教授   
 
2002年4月
 - 
2007年3月
順天堂大学医学部 講師   
 
1998年4月
 - 
2002年3月
順天堂大学医学部 助手   
 

学歴

 
 
 - 
1994年
第四医科大学 大学院 修士・博士(医学)  
 
 
 - 
1985年
第四医科大学 医学部卒業 学士  
 

委員歴

 
2022年1月
 - 
現在
Frontiers in Microbiology: Associate Editor
 
2021年7月
 - 
現在
Pathogens;  Editorial Board Member
 
2018年5月
 - 
現在
Scientific Reports; Editorial board member
 
2013年
 - 
現在
日本感染症学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本化学療法学会  評議員
 

受賞

 
2014年6月
北里柴三郎記念賞
崔 龍洙 
 
2010年6月
日本化学療法学会学術奨励賞
 
 
http://www.jj.em-net.ne.jp/~longzhu/data/awards.htm
 
 
その他: http://www.med.interp.assoc.or.jp/longzhu/
崔 龍洙 
 

論文

 
 
Azumi Tamura   Aa Haeruman Azam   Tomohiro Nakamura   Kenichi Lee   Sunao Iyoda   Kohei Kondo   Shinjiro Ojima   Kotaro Chihara   Wakana Yamashita   Longzhu Cui   Yukihiro Akeda   Koichi Watashi   Yoshimasa Takahashi   Hiroshi Yotsuyanagi   Kotaro Kiga   
Communications Biology   7(1)    2024年5月
Abstract

Escherichia coli O157 can cause foodborne outbreaks, with infection leading to severe disease such as hemolytic-uremic syndrome. Although phage-based detection methods for E. coli O157 are being explored, research on their specificity wi...
 
Wakana Yamashita   Shinjiro Ojima   Azumi Tamura   Aa Haeruman Azam   Kohei Kondo   Zhang Yuancheng   Longzhu Cui   Masaki Shintani   Masato Suzuki   Yoshimasa Takahashi   Koichi Watashi   Satoshi Tsuneda   Kotaro Kiga   
BioDesign Research      2024年1月
 
Huong Minh Nguyen   Shinya Watanabe   Sultana Sharmin   Tomofumi Kawaguchi   Xin-Ee Tan   Dhammika Leshan Wannigama   Longzhu Cui   
International Journal of Molecular Sciences   24(23) 17029-17029   2023年12月
RNA and single-stranded DNA (ssDNA) phages make up an understudied subset of bacteriophages that have been rapidly expanding in the last decade thanks to advancements in metaviromics. Since their discovery, applications of genetic engineering to s...
 
Aye Mya Sithu Shein   Dhammika Leshan Wannigama   Cameron Hurst   Peter N. Monk   Mohan Amarasiri   Vishnu Nayak Badavath   Phatthranit Phattharapornjaroen   William Graham Fox Ditcham   Puey Ounjai   Thammakorn Saethang   Naphat Chantaravisoot   Wanwara Thuptimdang   Sirirat Luk-in   Sumanee Nilgate   Ubolrat Rirerm   Chanikan Tanasatitchai   Naris Kueakulpattana   Matchima Laowansiri   Tingting Liao   Rosalyn Kupwiwat   Rojrit Rojanathanes   Natharin Ngamwongsatit   Arsa Thammahong   Hitoshi Ishikawa   Daniel Pletzer   Asada Leelahavanichkul   Naveen Kumar Devanga Ragupathi   Pattama Wapeesittipan   S.M. Ali Hosseini Rad   Talerngsak Kanjanabuch   Robin James Storer   Kazuhiko Miyanaga   Longzhu Cui   Hiroshi Hamamoto   Paul G. Higgins   Anthony Kicic   Tanittha Chatsuwan   Parichart Hongsing   Shuichi Abe   
Biomedicine & Pharmacotherapy   168 115793-115793   2023年12月
 
Dhammika Leshan Wannigama   Mohan Amarasiri   Phatthranit Phattharapornjaroen   Cameron Hurst   Charin Modchang   Sudarat Chadsuthi   Suparinthon Anupong   Kazuhiko Miyanaga   Longzhu Cui   Stefan Fernandez   Angkana T Huang   Puey Ounjai   Ratana Tacharoenmuang   Naveen Kumar Devanga Ragupathi   Daisuke Sano   Takashi Furukawa   Kazunari Sei   Asada Leelahavanichkul   Talerngsak Kanjanabuch   Paul G Higgins   Asuka Nanbo   Anthony Kicic   Andrew C Singer   Tanittha Chatsuwan   Sam Trowsdale   Aisha Khatib   Kenji Shibuya   Shuichi Abe   Hitoshi Ishikawa   Parichart Hongsing   
The Lancet. Infectious diseases      2023年10月

MISC

 
 
川口 智史   渡邊 真弥   劉 怡   崔 龍洙   
BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   36 33-34   2023年5月
 
Azam Aa Haeruman   Kondo Kohei   Nakamura Tomohiro   Ojima Shinjiro   Tamura Azumi   Yamashita Wakana   Watashi Koichi   Takahashi Yoshimasa   Cui Longzhu   Kiga Kotaro   
日本細菌学雑誌   78(1) 19-19   2023年2月
 
ヴィーラナラヤナン・スリワニ   Thitiananpakorn Kanate   菅野 貴史   渡邊 真弥   Azam Aa Haeruman   氣駕 恒太朗   Cui Longzhu   
日本細菌学雑誌   78(1) 44-44   2023年2月
 
ヴィーラナラヤナン・スリワニ   Thitiananpakorn Kanate   菅野 貴史   渡邊 真弥   Azam Aa Haeruman   氣駕 恒太朗   Cui Longzhu   
日本細菌学雑誌   78(1) 85-85   2023年2月
 
川口 智史   渡邊 真弥   劉 怡   Tan Xin-Ee   崔 龍洙   
日本細菌学雑誌   78(1) 11-11   2023年2月

書籍等出版物

 
 

所属学協会

 
 
   
 
公益財団法人日中医学協会
 
   
 
日本臨床微生物学会
 
   
 
日本環境感染学会
 
   
 
ASM (American Society for Microbiology)
 
   
 
日本感染症学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
腸内細菌叢から狙った細菌を選択的に除去する医薬品の開発に向けた新規殺菌技術の開発
日本医療研究開発機構 (AMED): 医薬品研究開発
崔龍洙 渡邊真弥 宮永一彦 相羽由詞 氣駕恒太朗 Xin-Ee Tan 島守祐月 
研究期間: 2021年 - 2026年
 
細菌感染症創薬に向けた新規抗菌カプシドの技術基盤の創出
日本医療研究開発機構 (AMED): AMED-CREST
崔龍洙, 氣駕恒太朗, 渡邊真弥, Srivani Veeranarayanan, 相羽由詞, 岩野英知, 柿澤 茂行 
研究期間: 2021年 - 2026年
 
細胞内寄生細菌を殺菌する抗菌カプシドの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
渡邊 真弥 崔 龍洙 
研究期間: 2022年6月 - 2024年3月
 
コリバクチン産生菌除去による大腸がん予防技術の開発―非ヒト霊長類を用いて―
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
氣駕 恒太朗 佐藤 祐介 崔 龍洙 小野 久弥 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
自然資本主義社会を基盤とする次世代型食料供給産業の創出
内閣府 (CAO): ムーンショット型研究開発制度
研究期間: 2020年 - 2024年

産業財産権

 
 
特開2000-060597