メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 放射線医学講座

研究者リスト >> 森 墾
 

森 墾

 
アバター
研究者氏名森 墾
 
モリ ハルシ
URL
所属自治医科大学
部署医学部 放射線医学講座
職名教授
学位博士(医学)(東京大学)
J-Global ID200901045348273070

研究キーワード

 
放射線科学 ,Radiology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 

経歴

 
2021年
 - 
現在
自治医科大学  病院長補佐 
 
2020年
 - 
現在
自治医科大学  教授 
 
2017年
 - 
2020年
東京大学  准教授 
 
2009年
 - 
2017年
東京大学  講師 
 
2000年
 - 
2009年
東京大学  助手/助教 
 

委員歴

 
2024年
   
 
日本医学放射線学会  監事
 
2024年
   
 
日本ヒト脳機能マッピング学会  役員
 
2023年
   
 
CATO  医学生共用試験調整会議 不正・逸脱行為調査委員会 委員長
 
2023年
   
 
CATO  医学生CBT実施管理委員会(旧CBT実施小委員会) 副委員長
 
2023年
   
 
CATO  医学生CBT推進会議 委員
 

論文

 
 
Tomohiro Kikuchi   Takahiro Nakao   Yuta Nakamura   Shouhei Hanaoka   Harushi Mori   Takeharu Yoshikawa   
American Journal of Neuroradiology   ajnr.A8332-ajnr.A8332   2024年5月
 
Hiroyuki Fujii   Mitsuru Matsuki   Takefumi Hamakawa   Yumiko Toda   Nana Fujii   Sota Masuoka   Akihiro Nakamata   Emiko Chiba   Kazunari Ishii   Harushi Mori   
Radiology Case Reports   19(5) 1666-1670   2024年5月
 
Akihiro Nakamata   Mitsuru Matsuki   Yuko Otake   Yuki Himoto   Yo Kaneko   Moto Nakaya   Naohiro Sudo   Tomohiro Kikuchi   Yuriko Watanabe   Ryoma Kobayashi   Sota Masuoka   Naoki Kunitomo   Hiroyuki Fujii   Kohei Hamamoto   Harushi Mori   
Abdominal radiology (New York)      2024年4月
PURPOSE: Complete androgen insensitivity syndrome (CAIS) and Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser syndrome (MRKHS) share common clinical features such as female phenotype, vaginal hypoplasia, and primary amenorrhea. Magnetic resonance imaging (MRI) is p...
 
Yuko Otake   Atsushi Ugajin   Hironori Takahashi   Yuya Tanaka   Hiroyuki Fujii   Mitsuru Matsuki   Harushi Mori   
Japanese journal of radiology      2024年2月
PURPOSE: This study aimed to clarify associations between subacute hematoma on placental magnetic resonance imaging (MRI), antenatal bleeding, and preterm deliveries in patients with placenta previa (PP) without placenta accreta spectrum (PAS). MA...
 
Tomohiro Kikuchi   Shouhei Hanaoka   Takahiro Nakao   Tomomi Takenaga   Yukihiro Nomura   Harushi Mori   Takeharu Yoshikawa   
Journal of imaging informatics in medicine      2024年2月
To generate synthetic medical data incorporating image-tabular hybrid data by merging an image encoding/decoding model with a table-compatible generative model and assess their utility. We used 1342 cases from the Stony Brook University Covid-19-p...

MISC

 
 
濱本 耕平   真鍋 徳子   大石 茉耶   山本 彩季   渡辺 友里子   小島 綜一郎   森 墾   
映像情報Medical   55(7) 9-15   2023年6月
 
柏倉 裕志   遠藤 和洋   宇賀神 敦   菊地 智博   菱川 修司   中村 仁康   片貝 祐子   Nemekhbayar Baatartsogt   平本 貴史   早川 盛禎   鴨下 信彦   山崎 晶司   久米 晃啓   森 墾   佐田 尚宏   坂田 洋一   村松 慎一   大森 司   
日本血栓止血学会誌   34(2) 240-240   2023年5月
 
濱本 耕平   大石 茉弥   湯澤 寛尚   澤田 明宏   千葉 英美子   宇賀神 敦史   木島 茂喜   國友 直樹   小林 遼真   山本 彩季   小島 綜一郎   渡辺 友里子   森 墾   
日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   38(Suppl.) 261-261   2023年4月
 
國友 直樹   濱本 耕平   渡辺 友里子   遠藤 瑠星   小島 綜一郎   山本 彩季   小林 遼真   菊地 智博   宇賀神 敦   藤井 裕之   木島 茂喜   松木 充   森 墾   
日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   38(Suppl.) 275-275   2023年4月
 
三浦 久美子   小出 玲爾   亀田 知明   薄井 美由   鈴木 理沙   渡邊 輝   小澤 美里   鈴木 雅之   阿南 悠平   小澤 忠嗣   松薗 構佑   益子 貴史   田中 亮太   森 墾   藤本 茂   
臨床神経学   62(Suppl.) S238-S238   2022年10月

書籍等出版物

 
 
髙梨潤一,小坂仁,森墾,吉田誠克(責任編集):厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業遺伝性白質疾患・知的障害をきたす疾患の診断・治療, 研究システム構築班(編集)(担当:編集)
診断と治療社   2021年6月   
 
森, 墾, 小倉, 明夫(担当:編集)
メジカルビュー社   2020年3月   (ISBN:9784758320207)
 
森墾(編集, 土屋一洋(担当:分担執筆, 範囲:Chapter? 全身疾患の頭蓋病変.)
メジカルビュー社   2019年      
 
森墾(編集, 山田惠(担当:分担執筆, 範囲:Chapter 3 MRI所見からのアプローチ.A. 基本中の基本, 6 所見のでない疾患だって存在する)
羊土社   2018年      
 
森墾(編集, 安藤孝志, 山中克郎(担当:分担執筆, 範囲:第4章 検査のミニマムエッセンス, 1.見落としが少ない頭部MRI検査の読み方)
羊土社   2017年      

講演・口頭発表等

 
 
森墾   
第49回小児神経学セミナー   2019年   
 
森墾   
第37回日本神経治療学会学術集会   2019年   
 
森墾   
第15回前期臨床研修医のための画像診断セミナー   2019年   
 
 

所属学協会

 
 
   
 
日本アイソトープ協会
 
   
 
北米放射線学会
 
   
 
日本脳神経血管内治療学会
 
   
 
日本神経放射線学会
 
   
 
日本核磁気共鳴学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2002年 - 2003年