メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 外科学講座 消化器一般移植外科学部門

研究者リスト >> 笠原 尚哉
 

笠原 尚哉

 
アバター
研究者氏名笠原 尚哉
 
カサハラ ナオヤ
URL
所属自治医科大学
部署医学部外科学講座 消化器一般移植外科学部門
職名助教
学位医学博士(自治医科大学)
J-Global ID202201020200507500

研究キーワード

 
再生医療 ,短腸症 ,ポリアミン ,間葉系幹細胞

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 

受賞

 
2023年3月
第35回日本腸管リハビリテーション・小腸移植研究会, 研究奨励賞
 
2011年3月
第23回 日本小腸移植研究会, 研究奨励賞
 

論文

 
 
Takumi Teratani   Naoya Kasahara   Yasuhiro Fujimoto   Yasunaru Sakuma   Atsushi Miki   Masafumi Goto   Naohiro Sata   Joji Kitayama   
Islets   14(1) 69-81   2022年12月
The success of islet transplantation in both basic research and clinical settings has proven that cell therapy has the potential to cure diabetes. Islets intended for transplantation are inevitably subjected to damage from a number of sources, inc...
 
Takumi Teratani   Naoya Kasahara   Tetsuo Ijichi   Yasuhiro Fujimoto   Yasunaru Sakuma   Naohiro Sata   Joji Kitayama   
Amino acids   53(11) 1695-1703   2021年11月
Polyamines are important to the survival and activation of organs and tissues via a homeostatic cell-metabolic process, and the polyamine content in cytoplasm decreases with aging. Decreases in cellular polyamine have been known to augment mutagen...
 
Yuki Okutomi   Takaharu Kato   Hidetoshi Aizawa   Yuhei Endo   Naoya Kasahara   Fumiaki Watanabe   Hiroshi Noda   Toishiki Rikiyama   
Case reports in surgery   2021 8861308-8861308   2021年
We report a rare case of a large Brunner's gland hyperplasia (BGH) with severe anemia. A 33-year-old woman was transferred to our hospital with anemia and a duodenal mass. She had a 2-week history of melena and mild shortness of breath. Her hemogl...
 
田口 昌延   佐久間 康成   小泉 大   笹沼 英紀   下平 健太郎   齋藤 晶   木村 有希   青木 裕一   目黒 由行   笠原 尚哉   森嶋 計   兼田 裕司   三木 厚   宮戸 英世   遠藤 和洋   吉田 淳   清水 敦   山口 博紀   北山 丈二   佐田 尚宏   
膵臓   35(3) A337-A337   2020年7月
 
Naoya Kasahara   Hiroshi Noda   Nao Kakizawa   Takaharu Kato   Fumiaki Watanabe   Kosuke Ichida   Yuhei Endo   Hidetoshi Aizawa   Toshiki Rikiyama   
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   19(5) 686-694   2019年7月
BACKGROUND: /Objectives: The objectives of this study were to identify the factors affecting patients' survival and the characteristics of five-year survivors of pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC) after pancreatectomy as well as to clarify th...

MISC

 
 
松宮 美沙希   小泉 大   笠原 尚哉   遠藤 和洋   笹沼 英紀   佐久間 康成   堀江 久永   細谷 好則   北山 丈二   佐田 尚宏   
日本消化器外科学会雑誌   54(8) 538-547   2021年8月
症例は48歳の男性で,約1ヵ月前に左手外傷に対して鼠径部より採皮,植皮術を施行され,退院後より腹部違和感を自覚していた.腹部症状が増悪し意識障害も出現したため前医を受診し,造影CTで広範な門脈血栓症を認め,入院となった.翌日,下部消化管出血を認め,当院転院となった.転院時造影CTで上腸間膜静脈血栓症と診断された.小腸壊死は明らかでなく,抗凝固療法を開始し,約40日の経過で血栓はほぼ消失した.経口摂取開始後に嘔吐が出現したため,小腸造影および小腸3D-CTを撮影したところ上部空腸の器質的狭窄...
 
浦橋 泰然   重田 孝信   寺谷 工   笠原 尚哉   石堂 博敬   高田 武蔵   立岡 哲平   野呂 拓史   吉富 秀幸   大矢 雅敏   
日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 SF-8   2021年4月
 
渡部 文昭   野田 弘志   相澤 栄俊   遠藤 裕平   笠原 尚哉   加藤 高晴   齊藤 正昭   辻仲 眞康   宮倉 安幸   力山 敏樹   
日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 DP-4   2020年8月
 
相澤 栄俊   野田 弘志   遠藤 裕平   渡部 文昭   笠原 尚哉   加藤 高晴   力山 敏樹   
日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 DP-8   2020年8月
 
加藤 高晴   野田 弘志   笠原 尚哉   渡部 文昭   遠藤 裕平   相澤 栄俊   辻仲 眞康   宮倉 安幸   清崎 浩一   力山 敏樹   
日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 DP-8   2020年8月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
上部小腸エネルギー感知システムの生理学的意義の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
林 久由 石塚 典子 笠原 尚哉 寺谷 工 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
脱細胞化臓器を担体とした生体外臓器再生技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
浦橋 泰然 重田 孝信 寺谷 工 笠原 尚哉 吉富 秀幸 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
短腸症におけるポリアミンの有効性機序解明 IgA産生促進機構と腸内細菌叢変化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
笠原 尚哉 横田 真一郎 岩本 禎彦 佐久間 康成 佐田 尚宏 寺谷 工 望月 和樹 浦橋 泰然 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
ブタ脱細胞化肝をbioscaffoldとした細胞充填補助肝グラフトの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
浦橋 泰然 笠原 尚哉 寺谷 工 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
ヒト由来褐色脂肪を用いた新規非アルコール性脂肪肝炎治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
佐久間 康成 三木 厚 安田 是和 上本 伸二 笠原 尚哉 寺谷 工 藤本 康弘 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月