メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 村田 一素
 

村田 一素

 
アバター
研究者氏名村田 一素
 
 
URL
所属自治医科大学
部署感染・免疫学講座ウイルス学部門
職名教授
J-Global ID201801011769435239

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
自治医科大学 感染・免疫学講座ウイルス学部門 教授 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
自治医科大学 医学部 
 

論文

 
 
Kazumoto Murata   Senko Tsukuda   Futoshi Suizu   Akihiro Kimura   Masaya Sugiyama   Koichi Watashi   Masayuki Noguchi   Masashi Mizokami   
Hepatology   71(5) 1533-1545   2020年5月   [査読有り]
BACKGROUND AND AIMS: Current treatment with nucleos(t)ide analogs (NUCs) safely controls the replication of hepatitis B virus (HBV) and improves prognosis in patients with HBV. However, the inability to completely clear HBV is problematic, and nov...
 
Kazumoto Murata   Jong-Hon Kang   Shigeo Nagashima   Takeshi Matsui   Yoshiyasu Karino   Yoshiya Yamamoto   Tomofumi Atarashi   Masatsugu Oohara   Minoru Uebayashi   Hidekatsu Sakata   Keiji Matsubayashi   Kazuaki Takahashi   Masahiro Arai   Shunji Mishiro   Masaya Sugiyama   Masashi Mizokami   Hiroaki Okamoto   
Cytokine   125 154816-154816   2020年1月   [査読有り]
Background and aim: Hepatitis E virus (HEV) is mainly transmitted orally, either waterborne or zoonotic foodbome. Intestinal viruses such as rotavirus are known to induce type III interferon (IFN) in the gastrointestinal (GI) tract where type III ...
 
Kazumoto Murata   Mai Asano   Akihiro Matsumoto   Masaya Sugiyama   Nao Nishida   Eiji Tanaka   Taisuke Inoue   Minoru Sakamoto   Nobuyuki Enomoto   Takayoshi Shirasaki   Masao Honda   Shuichi Kaneko   Hiroyuki Gatanaga   Shinichi Oka   Yuki I Kawamura   Taeko Dohi   Yasutaka Shuno   Hideaki Yano   Masashi Mizokami   
Gut   67(2) 362-371   2018年2月   [査読有り]
<sec><title>Objective</title>The clinical significance of polymorphisms in the interleukin-28B gene encoding interferon (IFN)-λ3, which has antiviral effects, is known in chronic HCV but not in HBV infection. Thus, we measured IFN-λ3 levels in pat...
 
Kazumoto Murata   Masaya Sugiyama   Tatsuji Kimura   Sachiyo Yoshio   Tatsuya Kanto   Ikue Kirikae   Hiroaki Saito   Yoshihiko Aoki   Satoshi Hiramine   Teppei Matsui   Kiyoaki Ito   Masaaki Korenaga   Masatoshi Imamura   Naohiko Masaki   Masashi Mizokami   
Journal of Gastroenterology   49(1) 126-137   2014年1月   [査読有り]
 
ZEISSIG S   
Nat Med   18(7) 1060-1068   2012年7月   [査読有り]

MISC

 
 
須藤大輔   吉田昌   大竹孝明   一石英一郎   佐藤貴一   村田一素   鈴木裕   高後裕   
潰瘍   47    2020年
 
村田一素   前仲勝実   溝上雅史   
Mebio   35(1) 80‐87-87   2018年1月   
●核酸アナログ製剤はB型肝炎ウイルスの逆転写酵素を阻害するが、アデホビル、テノホビルには、インターフェロン(interferon;IFN)-λ3を誘導するという追加効果がある。●誘導されたIFN-λ3は、HBs抗原産生を抑制し、ISG(IFN-stimulated genes;IFN誘導遺伝子)を誘導する。●アデホビル、テノホビルの単独療法によるHBs抗原もしくはdrug-offはまれであるので、さらに強力にIFN-λ3を誘導する薬剤などIFN-λ3を標的とした新規治療法の開発が期待される...
 
Nao Nishida   Masaya Sugiyama   Hiromi Sawai   Sohji Nishina   Aiko Sakai   Keisuke Kakisaka   Keisuke Hino   Ryo Sumazaki   Yasuhiro Takikawa   Kazumoto Murata   Tatsuo Kanda   Osamu Yokosuka   Katsushi Tokunaga   Masashi Mizokami   
HEPATOLOGY   66 796A-797A   2017年10月   
 
Naohiko Masaki   Masaaki Korenaga   Mikio Yanase   Yuichi Nozaki   Shintaro Mikami   Yoshihiko Aoki   Masatoshi Imamura   Kazumoto Murata   Tatsuya Kanto   Masashi Mizokami   
HEPATOLOGY   64 981A-981A   2016年10月   
 
Kazumoto Murata   Akihiro Matsumoto   Masaya Sugiyama   Eiji Tanaka   Taisuke Inoue   Minoru Sakamoto   Nobuyuki Enomoto   Masao Honda   Shuichi Kaneko   Hiroyuki Gatanaga   Shinichi Oka   Masashi Mizokami   
HEPATOLOGY   64 306A-306A   2016年10月   

所属学協会

 
 
   
 
American Association for the Study of Liver Diseases
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本内科学会
 
   
 
日本消化器病学会
 
   
 
日本肝臓学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
免疫賦活およびウイルス宿主免疫抑制機構の抑制によるB型肝炎治療の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
村田 一素 仲屋 友喜 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
健康成人のB型肝炎ワクチンに対する抗体獲得能に関わる宿主因子の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
村田 一素 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
ポスト肝炎ウイルスにおけるミトコンドリア障害と過剰鉄が誘導する肝発癌機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
是永 匡紹 村田 一素 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
感染症に対するインターフェロンラムダ3の応答性とその特異的な機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
溝上 雅史 杉山 真也 村田 一素 鈴木 善幸 伊藤 清顕 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月