メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 総合医学第1講座

研究者リスト >> 菅原 斉
 

菅原 斉

 
アバター
研究者氏名菅原 斉
 
スガワラ ヒトシ
URLhttps://www.jichi.ac.jp/center/sinryoka/n_sougou/index.html
所属自治医科大学
部署医学部総合医学第1講座
職名教授
学位医学博士(旭川医科大学), FACP(American College of Physicians)
その他の所属自治医科大学附属さいたま医療センター 総合診療科
ORCID ID0000-0002-5060-9020
J-Global ID200901030187469907

研究キーワード

 
老年医学、老年病 ,総合診療 ,臨床検査極端値 ,症例報告 ,内科学

研究分野

 
  • その他 / その他 / 病態検査学
  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
自治医科大学附屬さいたま医療センター 総合医学1 総合診療科 科長、教授 
 
2008年4月
 - 
2016年9月
自治医科大学附属さいたま医療センター 総合診療科 科長、准教授 
 
2004年4月
 - 
2008年3月
自治医科大学附属大宮医療センター 総合診療科 講師 
 
2003年1月
 - 
2004年3月
自治医科大学附属大宮医療センター 総合診療科 助手 
 
2001年9月
 - 
2002年12月
大宮医師会市民病院 内科 科長 
 

学歴

 
1994年6月
 - 
1996年3月
Yale University School of Medicine Section of Immunology, BCMM
 
1979年4月
 - 
1985年3月
自治医科大学(JMU) 医学部 医学科
 

受賞

 
2023年3月
自治医科大学附属さいたま医療センター, 優秀指導医賞
 
2019年4月
日本内科学会, 「日本内科学会ことはじめ2019名古屋」指導教官賞
斉藤 開、菅原 斉 
 
2017年4月
日本内科学会, 「日本内科学会ことはじめ2017東京」指導教官賞
湊さおり 菅原 斉 
 
2015年4月
日本内科学会, 「日本内科学会ことはじめ2015京都」指導教官賞
飯嶋健太、菅原 斉 
 
1995年
第3回僻地医療の体験に基づく学術論文最優秀賞
 

論文

 
 
 
Ibuki Kurihara   Hitoshi Sugawara   
PLOS ONE   19(2) e0290937-e0290937   2024年2月   [査読有り]
Background

The coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic has put a strain on the healthcare system, and sudden changes in disease status during home treatment have become a serious issue. Therefore, prediction of disease severity and allocatio...
 
Tamami Watanabe   Hitoshi Sugawara   Takahiko Fukuchi   Kiyoka Omoto   
Medicine   101(43) e31300-e31300   2022年10月   [査読有り]
 
Hiroshi Hori   Takahiko Fukuchi   Masamitsu Sanui   Takashi Moriya   Hitoshi Sugawara   
PLOS ONE   16(10) e0257513-e0257513   2021年10月   [査読有り]
<sec id="sec001">
<title>Background</title>
Coronavirus disease (COVID-19) is associated with a high mortality rate in older adults; therefore, it is important for medical institutions to take measures to prevent severe acute respiratory syndrome ...
 
Kai Saito   Hitoshi Sugawara   Kiyoshi Ichihara   Tamami Watanabe   Akira Ishii   Takahiko Fukuchi   
PLOS ONE   16(2) e0246259-e0246259   2021年2月   [査読有り]
The risk factors associated with mortality in patients with extremely high serum C-reactive protein (CRP) levels are controversial. In this retrospective single-center cross-sectional study, the clinical and laboratory data of patients with CRP le...

MISC

 
 
中村 香代子   菅原 斉   
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 246-246   2018年2月
 
渡辺 珠美   菅原 斉   上羽 洋人   尾本 きよか   
臨床病理   65(補冊) 172-172   2017年10月

講演・口頭発表等

 
 
菅原 斉   斉藤 開   渡辺 珠美   中村 香代子   石井 彰   福地 貴彦   
埼玉県医学会雑誌   2021年1月   埼玉県医学会   
 
菅原 斉   大河原 晋   桑田 知之   市橋 光   讃井 将満   遠山 信幸   力山 敏樹   小山 信一郎   百村 伸一   
埼玉県医学会雑誌   2018年11月   埼玉県医学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本感染症学会
 
   
 
日本プライマリ・ケア連合学会
 
   
 
日本老年医学会
 
   
 
American College of Physicians
 
   
 
日本循環器学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Dダイマー高値例の死亡予測モデル構築と臨床応用:統計・機械学習分析比較による検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
菅原 斉 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
 
臨床検査での超極端値と短期的予後との関連性-横断的縦断的解析とその臨床的意義-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
菅原 斉 
研究期間: 2014年4月 - 2020年3月
 
Helicobacter pylori およびChlamydia pnemoniae感染の地域性と感染経路の検討
公益法人地域社会振興財団: へき地住民の健康増進に関する研究
大澤博之 
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月
 
遺伝子ターゲッティングを用いたBリンパ球の細胞内情報伝達機構の解析
公益財団法人長寿科学振興財団: 海外派遣研究員研究費助成
黒崎知博 
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月