メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

附属病院 臨床検査部

研究者リスト >> 紺野 啓
 

紺野 啓

 
アバター
研究者氏名紺野 啓
 
コンノ ケイ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00323139.ja.html
所属自治医科大学
部署附属病院 臨床検査部
職名教授
J-Global ID201401000053374849

研究キーワード

 
超音波 ,せん断波 ,エラストグラフィ ,組織性状診断 ,造影 ,造影剤 ,細胞制御 ,メカニカルストレス ,細胞培養

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • ライフサイエンス / 医用システム / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
自治医科大学 医学部 教授 
 

論文

 
 
Harumi Koibuchi   Mai Ishikawa   Sayaka Yamamoto   Kei Konno   Hirofumi Okada   Yusuke Amano   Toshiyuki Yamada   Nobuyuki Taniguchi   
Journal of ultrasound   26(4) 905-907   2023年12月
This report presents a case of malignant melanoma in a 40-year-old male who underwent resection of the tumor in his right ankle. Eleven months after the resection, a subcutaneous mass was observed on his right femur. Ultrasound examination reveale...
 
Kei Konno   Harumi Koibuchi   Sayaka Yamamoto   Yamato Tada   Toru Kameda   Nobuyuki Taniguchi   
Journal of medical ultrasonics (2001)   50(1) 115-115   2023年1月
 
Kei Konno   Harumi Koibuchi   Sayaka Yamamoto   Yamato Tada   Toru Kameda   Nobuyuki Taniguchi   
Journal of medical ultrasonics (2001)   49(3) 471-480   2022年7月
PURPOSE: Fine-needle aspiration cytology (FNAC) under ultrasound guidance is clinically useful, but there is a risk of spreading infection by generating droplets of contaminated fluids during the procedure. Risk assessment to better control infect...
 
Toru Kameda   Harumi Koibuchi   Kei Konno   Nobuyuki Taniguchi   
Journal of medical ultrasonics (2001)   49(3) 415-423   2022年7月
PURPOSE: This study aimed to assess the feasibility and efficiency of self-learning with or without self-training (subjects performed scans on themselves) and telepresence instruction in focused cardiac ultrasound (FOCUS) education for medical stu...
 
Toru Kameda   Nobuyuki Taniguchi   Kei Konno   Harumi Koibuchi   Kiyoka Omoto   Kouichi Itoh   
Journal of medical ultrasonics (2001)   49(2) 217-230   2022年4月
The concept of point-of-care ultrasound has been widely accepted owing to the development of portable ultrasound systems and growing body of evidence concerning its extensive utility. Thus, it is reasonable to suggest that training to use this mod...

MISC

 
 
鯉渕 晴美   藤井 康友   紺野 啓   山本 さやか   谷口 信行   山田 俊幸   
臨床病理   67(補冊) 225-225   2019年10月   
 
岩津 好隆   黒尾 誠   小谷 和彦   長田 太助   山本 さやか   鯉渕 晴美   紺野 啓   谷口 信行   山田 俊幸   
臨床病理   67(補冊) 272-272   2019年10月   
 
紺野 啓   鯉渕 晴美   山本 さやか   谷口 信行   
超音波医学   46(Suppl.) S178-S178   2019年4月   
 
 
紺野 啓   鯉渕 晴美   山本 さやか   谷口 信行   
超音波医学   46(Suppl.) S317-S317   2019年4月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
せん断波の可視化による超音波エラストグラフィーの臨床応用と新手法への展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
紺野 啓 山越 芳樹 谷口 信行 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
せん断波伝搬の実時間映像化による高精度の組織弾性評価とその展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
紺野 啓 山越 芳樹 谷口 信行 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
超音波を用いた細胞へのメカニカルストレス負荷システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
紺野 啓 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
損傷組織に対する超音波の修復効果に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
紺野 啓 大高 道郎 
研究期間: 2001年 - 2003年