メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 宮永 一彦
 

宮永 一彦

 
アバター
研究者氏名宮永 一彦
 
ミヤナガ カズヒコ
URL
所属自治医科大学
部署医学部 感染・免疫学講座 細菌学部門
職名准教授
学位博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号40323810
J-Global ID200901022892347397

研究キーワード

 
バクテリオファージ ,Biochemical Engineering ,生物化学工学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2022年1月
 - 
現在
自治医科大学 医学部 准教授 
 
2007年4月
 - 
2021年12月
東京工業大学 生命理工学院 助教 
 
2000年4月
 - 
2007年3月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生物プロセス専攻 助手 
 
1997年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員   
 

学歴

 
 
 - 
2000年
東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 
 
 
 - 
1995年
東京大学 工学部 化学生命工学科
 

論文

 
 
Tomoya Suda   Tomoko Hanawa   Mayuko Tanaka   Yasunori Tanji   Kazuhiko Miyanaga   Sanae Hasegawa-Ishii   Ken Shirato   Takako Kizaki   Takeaki Matsuda   
Scientific reports   12(1) 15656-15656   2022年9月
There is an urgent need to develop phage therapies for multidrug-resistant bacterial infections. However, although bacteria have been shown to be susceptible to phage therapy, phage therapy is not sufficient in some cases. PhiMR003 is a methicilli...
 
Shuichi Yamamura   Kazuki Kitaoka   Yuki Yamasaki   Kazuki Fudeshima   Kazuhiko Miyanaga   Yasunori Tanji   Satoshi Tuneda   
Japanese Journal of Infectious Diseases      2022年7月
 
Vannak Ann   Porsry Ung   Chanthol Peng   Manabu Fujii   Yasunori Tanji   Kazuhiko Miyanaga   
Water and Life in Tonle Sap Lake   275-283   2022年6月
 
花輪 智子   Le Nhat Minh   須田 智也   田中 真由子   丹治 保典   宮永 一彦   松田 剛明   
日本細菌学雑誌   77(1) 113-113   2022年2月
 
須田 智也   花輪 智子   田中 真由子   宮永 一彦   丹治 保典   松田 剛明   
日本細菌学雑誌   76(1) 62-62   2021年2月

MISC

 
 
須田智也   花輪智子   田中真由子   宮永一彦   丹治保典   松田剛明   松田剛明   
日本細菌学雑誌(Web)   76(1)    2021年
 
松田剛明   松田剛明   花輪智子   須田智也   田中真由子   田中真由子   丹治保典   丹治保典   宮永一彦   
日本ブドウ球菌研究会プログラム・講演要旨集   65th (Web)    2020年
 
宮永 一彦   小林 七海   丹治 保典   
用水と廃水   56(12) 887-892   2014年12月
 
Ying Kuang   Haoyu Jia   Kazuhiko Miyanaga   Yasunori Tanji   
APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY   84(1) 135-142   2009年8月   
The susceptibility of mastitis-causing Escherichia coli and Staphylococcus aureus to two commonly used antibiotics, tetracycline and penicillin G, was tested in raw milk and in Muller-Hinton (MH) broth by introducing a pH indicator, bromocresol pu...
 
Ying Kuang   Haoyu Jia   Kazuhiko Miyanaga   Yasunori Tanji   
APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY   84(1) 135-142   2009年8月   
The susceptibility of mastitis-causing Escherichia coli and Staphylococcus aureus to two commonly used antibiotics, tetracycline and penicillin G, was tested in raw milk and in Muller-Hinton (MH) broth by introducing a pH indicator, bromocresol pu...

所属学協会

 
 
   
 
The Iron and Steel Institute of Japan
 
   
 
Japan Society of Corrosion Engineering
 
   
 
日本鉄鋼協会
 
   
 
腐食防食協会
 
   
 
日本水環境学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
細胞膜の局所ナノスーツ膜化による細胞内外ナノ観察のためのMEMS液体セル
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
石田 忠 林 智広 宮永 一彦 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
微生物腐食のダイナミクスと影響因子を実証解明し診断基準と対策原理を構築する
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
宮野 泰征 尾花 望 若井 暁 宮永 一彦 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
岩石内微生物の探索とその生存戦略および環境中における役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
宮永 一彦 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
進化工学的手法により分子構築した宿主可変ファージによる感染症の制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
丹治 保典 宮永 一彦 岩野 英知 
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月
 
ハエ腸管細菌叢の解析と薬剤耐性菌の共生機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
丹治 保典 宮永 一彦 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月