メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 薬理学講座

研究者リスト >> 桂田 健一
 

桂田 健一

 
アバター
研究者氏名桂田 健一
 
カツラダ ケンイチ
URL
所属自治医科大学
部署医学部 薬理学講座臨床薬理学部門
職名講師
学位医学博士(自治医科大学)
その他の所属医学部 内科学講座循環器内科学部門
科研費研究者番号70598630
ORCID ID0000-0002-0567-1458
J-Global ID202001005844700723

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 循環器内科学 / 

経歴

 
2021年9月
 - 
現在
自治医科大学薬理学講座臨床薬理学部門講師   
 
2020年6月
 - 
2021年8月
自治医科大学薬理学講座臨床薬理学部門助教   
 
2020年4月
 - 
2020年5月
自治医科大学内科学講座循環器内科学部門病院助教   
 
2017年4月
 - 
2020年3月
ネブラスカ大学医療センター統合生理学講座ポスドク   
 
2015年4月
 - 
2017年3月
上都賀総合病院循環器内科医長   
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
自治医科大学大学院医学研究科博士課程  
 
1999年4月
 - 
2005年3月
秋田大学医学部医学科  
 

委員歴

 
2023年6月
 - 
現在
日本高血圧学会  腎デナベーションワーキンググループ
 
2023年1月
 - 
現在
日本高血圧学会  基礎研究推進部会
 
2023年1月
 - 
現在
日本高血圧学会  Under45委員会
 
2020年10月
 - 
現在
日本高血圧学会  国際交流委員会
 

受賞

 
2019年10月
Second Prize for Poster Presentation in the Postdoctoral Fellow Category at the Midlands Society of Physiological Sciences 2019,Role of the renal nerves in regulating GLP-1 mediated diuresis and natriuresis in rats with heart failure
Kenichi Katsurada 
 
2018年9月
New Investigator Award for Japanese Fellowship at Joint Hypertension Scientific Sessions 2018,Selective renal afferent denervation enhances diuretic and natriuretic response to Glucagon-like peptide-1 in rats with heart failure
Kenichi Katsurada 
 
2016年3月
第29回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成金,視床下部-脳幹-腎神経連関による循環調節機構の解明と高血圧・心不全治療への応用
桂田健一 
 
2015年7月
Best Poster Presentation at Incretin 2015 Conference,GLP-1 neurons in the nucleus tractus solitarius project to paraventricular nucleus and suppress feeding
Kenichi Katsurada 
 
2014年4月
自治医科大学大学院医学研究科研究奨励賞,糖尿病治療薬GLP-1受容体アゴニストの中枢神経を介した心血管作用
桂田健一 
 

論文

 
 
Masaki Mogi   Atsushi Tanaka   Koichi Node   Naoko Tomitani   Satoshi Hoshide   Keisuke Narita   Yoichi Nozato   Kenichi Katsurada   Tatsuya Maruhashi   Yukihito Higashi   Chisa Matsumoto   Kanako Bokuda   Yuichi Yoshida   Hirotaka Shibata   Ayumi Toba   Takahiro Masuda   Daisuke Nagata   Michiaki Nagai   Keisuke Shinohara   Kento Kitada   Masanari Kuwabara   Takahide Kodama   Kazuomi Kario   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension      2023年9月
Total 276 manuscripts were published in Hypertension Research in 2022. Here our editorial members picked up the excellent papers, summarized the current topics from the published papers and discussed future perspectives in the sixteen fields. We h...
 
Kenichi Katsurada   Kazuomi Kario   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   46(6) 1462-1470   2023年6月
Inappropriate sympathetic activation is closely associated with the development and progression of hypertension. Renal denervation (RDN) is a neuromodulation therapy performed using an intraarterial catheter in patients with hypertension. Recent r...
 
Satoshi Hoshide   Koichi Yamamoto   Kenichi Katsurada   Yuichiro Yano   Akira Nishiyama   Ji-Guang Wang   S N Narasingan   Narsingh Verma   Erwinanto Erwinanto   Yuda Turana   Sang Hyun Ihm   Sungha Park   Nik Sherina Hanafi   Yook-Chin Chia   Tsolmon Unurjargal   Saulat Siddique   Deborah Ignacia D Ona   Narayanaswamy Venketasubramanian   Boon Wee Teo   Godwin Constantine   Hsien-Li Kao   Chi-Sheng Hung   Apichard Sukonthasarn   Sirisawat Kunanon   Huynh Van Minh   Kazuomi Kario   Koichi Node   Hiroshi Itoh   Hiromi Rakugi   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   46(1) 3-8   2023年1月
 
Shota Ikeda   Keisuke Shinohara   Soichiro Kashihara   Sho Matsumoto   Daisuke Yoshida   Ryosuke Nakashima   Yoshiyasu Ono   Masaaki Nishihara   Kenichi Katsurada   Hiroyuki Tsutsui   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   46(1) 268-279   2023年1月
The activation of sympathetic nervous system plays a critical role in the development of hypertension. The input from afferent renal nerves may affect central sympathetic outflow; however, its contribution to the development of hypertension remain...
 
Kenichi Katsurada   Kazuomi Kario   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension      2022年11月

MISC

 
 
田中 裕郷   澤城 大悟   桂田 健一   原田 顕治   関島 良樹   松浦 徹   苅尾 七臣   
日本内科学会関東地方会   688回 26-26   2023年7月
 
桂田 健一   苅尾 七臣   
医学のあゆみ   285(6) 557-564   2023年5月
遠心性腎交感神経の活性化は,レニン分泌促進,Na再吸収促進,腎血流低下による抗利尿作用の亢進に加え,さまざまなストレス・ホルモン・薬剤に対する利尿反応の変化やNa・水再吸収に関わる腎チャネル・トランスポーター発現の変化に関与している.他方で,求心性腎神経のシグナルは視床下部室傍核(PVN)へ入力し,全身への交感神経の出力を調整している.遠心性および求心性腎神経の不適切な活性化は血圧上昇や体液貯留をもたらし,交感神経活性化を背景とした高血圧や心不全病態を助長している.これらの神経性調節はノル...
 
桂田 健一   今井 靖   
細胞   55(4) 231-234   2023年4月
SGLT2阻害薬は心不全診療に欠かせない治療薬として汎用されているが,心不全改善の作用機序については不明な点も多い。心不全では慢性的な腎交感神経活性化によりノルエピネフリンを介したSGLT2の膜輸送が促進され,SGLT2の発現が亢進し,ナトリウム再吸収による体液貯留病態が助長される。SGLT2阻害薬はSGLT2の発現レベルを是正し,容量負荷時の利尿反応を正常化することが示されており,その作用機序として腎交感神経活性の抑制が示唆される。心不全では求心性腎神経の活性化が中枢を介した遠心性腎交感...
 
Kenichi Katsurada   
JOURNAL OF HYPERTENSION   41 E163-E164   2023年1月
 
Kenichi Katsurada   Shyam S. Nandi   Kaushik P. Patel   Kazuomi Kario   
JOURNAL OF HYPERTENSION   41 E112-E113   2023年1月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
交感神経-SGLT2連関の解明と心不全治療への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
桂田 健一 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
視床下部-腎神経連関を標的とした肥満糖尿病における高血圧治療戦略
公益財団法人 日本糖尿病財団: 2022 年度日本糖尿病財団・サノフィ研究助成
桂田健一 
研究期間: 2023年4月 - 2024年3月
 
交感神経ーSGLT2機能連関の解明と生活習慣病治療への応用
公益財団法人 MSD生命科学財団: 研究助成2020 生活習慣病領域 若手研究者
桂田健一 
研究期間: 2021年1月 - 2022年12月