メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

附属病院 とちぎ子ども医療センター 小児泌尿器科

研究者リスト >> 日向 泰樹
 

日向 泰樹

 
アバター
研究者氏名日向 泰樹
 
ヒュウガ タイジュ
URL
所属自治医科大学
部署附属病院 とちぎ子ども医療センター小児泌尿器科
職名講師
J-Global ID201401074991439600

研究キーワード

 
小児泌尿器科学 ,ライブイメージング

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 泌尿器科学 / 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
島根医科大学医学部医学科  
 

論文

 
 
Taiju Hyuga   Kota Fujimoto   Daiki Hashimoto   Kazuya Tanabe   Taro Kubo   Shigeru Nakamura   Yuko Ueda   Eriko Fujita-Jimbo   Kazuhiro Muramatsu   Kentaro Suzuki   Hitoshi Osaka   Shinichi Asamura   Kimihiko Moriya   Hideo Nakai   Gen Yamada   
Scientific Reports   13(1)    2023年6月
Abstract

The post-surgical fluid leakage from the tubular tissues is a critical symptom after gastrointestinal or urinary tract surgeries. Elucidating the mechanism for such abnormalities is vital in surgical and medical science. The exposure of ...
 
Daiki Hashimoto   Jose Gabriel R Colet   Aki Murashima   Kota Fujimoto   Yuko Ueda   Kentaro Suzuki   Taiju Hyuga   Hiroaki Hemmi   Tsuneyasu Kaisho   Satoru Takahashi   Yousuke Takahama   Gen Yamada   
Scientific reports   11(1) 10439-10439   2021年5月
The thymus facilitates mature T cell production by providing a suitable stromal microenvironment. This microenvironment is impaired by radiation and aging which lead to immune system disturbances known as thymic involution. Young adult thymus show...
 
Daiki Hashimoto   Tsuyoshi Hirashima   Hisao Yamamura   Tomoya Kataoka   Kota Fujimoto   Taiju Hyuga   Atsushi Yoshiki   Kazunori Kimura   Shunsuke Kuroki   Makoto Tachibana   Kentaro Suzuki   Nobuhiko Yamamoto   Shin Morioka   Takehiko Sasaki   Gen Yamada   
Biology of reproduction   104(4) 875-886   2021年4月
Male penis is required to become erect during copulation. In the upper (dorsal) part of penis, the erectile tissue termed corpus cavernosum (CC) plays fundamental roles for erection by regulating the inner blood flow. When blood flows into the CC,...
 
Daiki Hashimoto   Mizuki Kajimoto   Yuko Ueda   Taiju Hyuga   Kota Fujimoto   Saaya Inoue   Kentaro Suzuki   Tomoya Kataoka   Kazunori Kimura   Gen Yamada   
Reproductive medicine and biology   20(2) 199-207   2021年4月
Purpose: Erectile dysfunction (ED) is one of the increasing diseases with aging society. The basis of ED derived from local penile abnormality is poorly understood because of the complex three-dimensional (3D) distribution of sinusoids in corpus c...
 
Taiju Hyuga   Daiki Hashimoto   Daisuke Matsumaru   Shinji Kumegawa   Shinichi Asamura   Kentaro Suzuki   Kei-Ichi Katayama   Shigeru Nakamura   Hideo Nakai   Gen Yamada   
Scientific reports   10(1) 18251-18251   2020年10月
Visualization of the surgically operated tissues is vital to improve surgical model animals including mouse. Urological surgeries for urethra include series of fine manipulations to treat the increasing number of birth defects such as hypospadias....

MISC

 
 
中村 繁   田辺 和也   久保 太郎   日向 泰樹   中井 秀郎   
泌尿器科   13(6) 640-649   2021年6月
 
中村 繁   井口 智生   田辺 和也   日向 泰樹   久保 太郎   川合 志奈   中井 秀郎   
泌尿器科   12(2) 197-201   2020年8月
 
中村 繁   田辺 和也   井口 智生   日向 泰樹   川合 志奈   中井 秀郎   
Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   25(4) 568-572   2020年8月
 
田辺 和也   中村 繁   日向 泰樹   井口 智生   川合 志奈   中井 秀郎   
日本小児泌尿器科学会雑誌   28(1) 15-20   2019年6月
【目的】腹壁導尿路造設術の術後合併症を含めた中長期成績について検討した。【対象と方法】2008年から2017年の間に腹壁導尿路造設術を施行され、12ヵ月以上経過観察可能であった連続した17症例を対象とした。原疾患は二分脊椎9例、両側尿管異所開口2例、総排泄腔外反2例、偽性尿管瘤、低形成膀胱、仙骨部奇形腫、膀胱腫瘍(alveolar soft part sarcoma:ASPS)がそれぞれ1例であった。導尿路は虫垂利用を標準術式としたが、虫垂が利用できない場合はYang-Monti法あるいは...
 
根本 みずき   Ipulan Lerrie Ann   松丸 大輔   橋本 大輝   日向 泰樹   鈴木 堅太郎   山田 源   
和歌山医学   70(2) 54-60   2019年6月
マウスの外生殖器には、ヒトと類似の組織と考えられる陰茎海綿体、尿道海綿体に加え、マウスに特有な構造として亀頭海綿体が存在する。今回、マウス胎生期および新生仔期の亀頭海綿体について組織発生学的観点から解析するとともに、性差が生じる過程を明らかにするため、アンドロゲン受容体(AR)の時空間的な発現パターン解析を行い、以下の示唆を得た。1)新生仔雄の亀頭海綿体では、細胞外基質の産生に続き、シヌソイド(洞様毛細血管)様構造が形成される。2)新生仔雌の亀頭海綿体では、細胞外基質は産生されるが、シヌソ...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月