メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 薬理学講座

研究者リスト >> 丹羽 史尋
 

丹羽 史尋

 
アバター
研究者氏名丹羽 史尋
 
ニワ フミヒロ
URL
所属自治医科大学
部署医学部 薬理学講座 分子薬理学部門
職名助教
学位博士(生命科学)(東京大学)
科研費研究者番号50641974
ORCID ID0000-0002-0206-1902
J-Global ID201901007485494529

研究キーワード

 
神経科学 ,細胞生物学 ,神経薬理学 ,超解像イメージング ,一分子イメージング ,生化学 ,生物物理学 ,ゲノム編集 ,電気穿孔法

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 神経薬理学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 神経細胞生物学
  • ライフサイエンス / 生物物理学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2022年11月
 - 
現在
自治医科大学 医学部 薬理学講座 分子薬理学部門 助教 
 
2022年10月
 - 
現在
独立行政法人日本学術振興会   令和4年度 卓越研究員候補者
 
2017年10月
 - 
2022年10月
INSERM, Institut national de la santé et de la recherche médicale INSERM U1024, IBENS, Institut de Biologie de l'Ecole Normale Superieure postdoc 
 
2016年10月
 - 
2017年9月
フランス政府給費留学生  postdoc 
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東洋紡バイオテクノロジー財団 研究助成  postdoc 
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2012年6月
東京大学 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 理学部 生物学科
 

論文

 
 
Fumihiro Niwa   Angela Patrizio   Antoine Triller   Christian G. Specht   
iScience   22 453-465   2019年12月   [査読有り]
 
Hiroko Bannai   Fumihiro Niwa   Mark W. Sherwood   Amulya Nidhi Shrivastava   Misa Arizono   Akitoshi Miyamoto   Kotomi Sugiura   Sabine Levi   Antoine Triller   Katsuhiko Mikoshiba   
CELL REPORTS   13(12) 2768-2780   2015年12月   [査読有り]
GABAergic synaptic transmission regulates brain function by establishing the appropriate excitation-inhibition (E/I) balance in neural circuits. The structure and function of GABAergic synapses are sensitive to destabilization by impinging neurotr...
 
Fumihiro Niwa   Hiroko Bannai   Misa Arizono   Kazumi Fukatsu   Antoine Triller   Katsuhiko Mikoshiba   
PLOS ONE   7(4) e36148   2012年4月   [査読有り]
The activity-dependent modulation of GABA-A receptor (GABA(A)R) clustering at synapses controls inhibitory synaptic transmission. Several lines of evidence suggest that gephyrin, an inhibitory synaptic scaffold protein, is a critical factor in the...

MISC

 
 
Hiroko Bannai   Fumihiro Niwa   Misa Arizono   Antoine Triller   
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63 S33-S33   2013年   
 
M. Arizono   H. Bannai   K. Nakamura   F. Niwa   M. Enomoto   T. Matsu-ura   A. Miyamoto   M. W. Sherwood   T. Nakamura   K. Mikoshiba   
JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   123 116-116   2012年10月   
 
F. Niwa   H. Bannai   M. Arizono   K. Fukatsu   A. Triller   K. Mikoshiba   
JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   123 59-60   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
 
香港科技大学-パリ高等師範学校 ジョイントワークショップ 抑制性シナプス伝達   2021年12月21日   
 
丹羽史尋   
第43回 日本分子生物学会年会   2020年12月3日   
 
Niwa F   Patrizio A   Triller A   Specht G.C   
Symposium tribute to Maxime DAHAN   2019年10月24日   
 
Fumihiro Niwa   
Life science seminar for student, HKUST   2018年11月20日   [招待有り]
 
Niwa F   Bannai H   Sherwood M. W   Arizono M   Miyamoto A   Sugiura K   Levi S   Triller A   Mikoshiba K   
Jacques Monod Conference - Optical imaging of brain structure and function on multiple special scales   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2022年11月
 - 
現在
薬理学実習 (自治医科大学)
 
   
 
iMaLiS 生命科学修士プログラム(超解像顕微鏡実習) (École normale supérieure, Université PSL)
 
   
 
IMaLiS curricula of the PSL Master in Life Sciences (Super-resolution Microscopy Experiment) (École normale supérieure, Université PSL)

所属学協会

 
2023年1月
 - 
現在
日本薬理学会
2014年4月
 - 
現在
日本神経科学学会
2013年1月
 - 
現在
日本神経化学会
2010年4月
 - 
現在
日本生物物理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Inhibitory neurotransmitter release and receptor dynamics during synaptic transmission: real-time imaging at single molecule level – SynTrack (Project-ANR-17-CE13-0030)
フランス国立研究機構, 香港研究助成委員会: プロジェクト一般公募 生活・健康・福祉
Antoine Triller Hyokeun Park Michael Wong Pingbo Huang Fumihiro Niwa Andrea Dumoulin Philippe Rostaing Sabrina Colasse 
研究期間: 2018年3月 - 2021年9月
 
興奮性シナプス入力による抑制性シナプス可塑性制御機構の解明
キャンパスフランス、フランス政府: 給費留学生
丹羽 史尋 
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月
 
興奮性シナプス活動による抑制性シナプス可塑性制御機構の解明
内藤記念科学振興財団: 内藤記念海外研究留学助成金 (内定後辞退)
丹羽史尋 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
神経興奮による抑制性シナプス可塑性制御機構の解明
公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団: 長期研究助成
丹羽 史尋 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
細胞内Ca2+による神経伝達物質受容体側方拡散制御機構の解明
一般財団法人 守谷育英会: 守谷育英会研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月