メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 山本 大介
 

山本 大介

 
アバター
研究者氏名山本 大介
 
ヤマモト ダイスケ
通称等の別名YAMAMOTO,Daisuke S.
URL
所属自治医科大学
部署感染・免疫学講座 医動物学部門
職名准教授
学位博士(理学)(神戸大学)
科研費研究者番号90597189
J-Global ID201401084315530862

プロフィール

昆虫を実験材料に、発生、生殖、病原体感染などの生命現象の研究を行っています。 現在は主に、マラリア媒介昆虫であるハマダラカを実験材料に、ゲノム編集や遺伝子組換えを利用した有用系統の作製、個体レベルでの遺伝子機能解析を行っています。これらの成果を蚊の防除やマラリア制御の技術開発につなげることを目指しています。

研究キーワード

 
発生生物学 ,応用昆虫学 ,昆虫 ,ゲノム編集 ,遺伝子組換え昆虫 ,害虫防除 ,吸血昆虫 ,ハマダラカ ,マラリア ,生殖細胞 ,性決定 ,減数分裂

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 発生遺伝
  • 環境・農学 / 昆虫科学 / 昆虫分子生物学
  • ライフサイエンス / 寄生虫学 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 生殖細胞

経歴

 
2021年8月
 - 
現在
自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門 准教授   
 
2017年4月
 - 
2021年7月
自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門 講師   
 
2010年9月
 - 
2017年3月
自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門 助教 
 
2008年4月
 - 
2010年8月
自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門 ポストドクター 
 
2005年7月
 - 
2008年3月
独立行政法人 農業生物資源研究所  特別研究員 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 生命科学専攻(博士後期課程)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 生物学専攻(博士前期課程)
 
1996年4月
 - 
2000年3月
神戸大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本節足動物発生学会  学会広報ワーキンググループ グループ員
 
2012年6月
 - 
現在
日本節足動物発生学会  編集委員
 
2016年12月
 - 
2022年11月
全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会  Gene Drive ワーキンググループ グループ員
 
2012年6月
 - 
2018年5月
日本節足動物発生学会  庶務幹事
 

受賞

 
2017年
平成29年度自治医科大学優秀論文賞
山本 大介 
 
2013年
平成25年度自治医科大学優秀論文賞
山本大介 
 

論文

 
 
Sakura Ohkubo   Tohki Shintaku   Shotaro Mine   Daisuke S. Yamamoto   Toru Togawa   
Insects   14(12) 941-941   2023年12月   [査読有り]
Resilin is an elastic protein that is vital to insects’ vigorous movement. Canonical resilin proteins possess the R&R Consensus, a chitin-binding domain conserved in a family of cuticular proteins, and highly repetitive sequences conferring el...
 
Ahmed Tabbabi   Daiki Mizushima   Daisuke S Yamamoto   Hirotomo Kato   
Parasites & vectors   16(1) 310-310   2023年8月   [査読有り]
BACKGROUND: Blood-sucking phlebotomine sand flies are vectors of the protozoan parasites Leishmania spp. Although the intestinal microbiota is involved in a wide range of biological and physiological processes and has the potential to alter vector...
 
Daiki Mizushima   Daisuke S Yamamoto   Ahmed Tabbabi   Meiji Arai   Hirotomo Kato   
Frontiers in cellular and infection microbiology   13 1162918-1162918   2023年   [査読有り]
A rare sugar, allose, was reported to inhibit the development of Plasmodium parasites in Anopheles mosquitoes; however, the mechanism remains unknown. The present study addressed the inhibitory mechanism of allose on the development of the Plasmod...
 
Satoru Kawahori   Chisato Seki   Daiki Mizushima   Ahmed Tabbabi   Daisuke S Yamamoto   Hirotomo Kato   
Acta tropica   234 106602-106602   2022年7月   [査読有り]
Transcriptome analysis of the salivary gland cDNA library from a phlebotomine sand fly, Lutzomyia ayacuchensis, identified a transcript coding for the PpSP15/SL1 family protein as the second most abundant salivary component. In the present study, ...
 
Naoaki Shinzawa   Chisako Kashima   Hiroka Aonuma   Kei Takahashi   Masayuki Shimojima   Shinya Fukumoto   Erisha Saiki   Daisuke S. Yamamoto   Shigeto Yoshida   Hiroyuki Matsuoka   Yoshihiro Kawaoka   Hirotaka Kanuka   
Frontiers in Tropical Diseases   3    2022年5月   [査読有り]
Live microbe vaccines are designed to elicit strong cellular and antibody responses without developing the symptoms of the disease, and these are effective in preventing infectious diseases. A flying vaccinator (also known as a flying syringe) is ...

MISC

 
 
山本大介   
昆虫DNA研究会ニュースレター   (36) 23-28   2022年3月   [招待有り]
 
山本大介   
昆虫と自然   54(5) 24‐27,1(2)   2019年4月   [招待有り]
 
笠嶋(炭谷)めぐみ   瀬筒秀樹   山本大介   笠嶋克己   加藤大智   
農研機構生物機能利用研究部門成果情報(Web)   2019    2019年
 
山本 大介   
衛生動物   70(3) 145-146   2019年   [招待有り]
 
山本大介   
蚕糸・昆虫バイオテック   86(2) 105‐114-114   2017年8月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
山本大介(担当:分担執筆, 範囲:第5章 昆虫 4. 遺伝子ドライブ技術の開発と害虫集団制御への応用)
エヌ・ティー・エス   2021年2月   (ISBN:9784860437169)
 
山本大介(担当:分担執筆, 範囲:第5章 昆虫 2. 感染症媒介蚊におけるゲノム編集の利用)
エヌ・ティー・エス   2021年2月   (ISBN:9784860437169)

講演・口頭発表等

 
 
大久保 さくら   山本 大介   Judith   H Willis   外川 徹   
第94回日本動物学会大会   2023年9月9日   
 
山本大介   Ahmed Tabbabi   水島大貴   加藤大智   
第59 回日本節足動物発生学会大会   2023年7月1日   
 
Sakura Ohkubo   Daisuke Yamamoto   Judith H Willis   Toru Togawa   
The 6th International Insect Hormone Workshop   2023年   
 
山本大介   水島大貴   加藤大智   
第75回日本衛生動物学会大会   2023年4月16日   
 
川堀 悟   関 千里   水島大貴   Ahmed Tabbabi   山本大介   加藤大智   
第75回日本衛生動物学会大会   2023年4月16日   

所属学協会

 
2009年
 - 
現在
日本応用動物昆虫学会
2002年
 - 
現在
日本節足動物発生学会
2001年
 - 
現在
日本動物学会
 
   
 
日本寄生虫学会
 
   
 
日本衛生動物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
流行地で実施できる皮膚リーシュマニア症の高感度迅速診断法・感染リスク評価系の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
加藤 大智 内海 大介 水島 大貴 伊藤 誠 高木 秀和 山本 大介 
研究期間: 2022年10月 - 2026年3月
 
吸血昆虫の囲食膜の機能解明とバリア機能強化による病原体伝播阻止法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
加藤 大智 山本 大介 水島 大貴 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
吸血昆虫における雌特異的な吸血を誘導する分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山本 大介 加藤 大智 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
吸血昆虫による病原体媒介の分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
加藤 大智 新井 明治 水島 大貴 山本 大介 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
細胞死誘導システムを用いた病害虫・有用昆虫の不妊化系統の作出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
笠嶋 めぐみ 山本 大介 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
人体機能学 (自治医科大学大学院)
 
   
 
生命科学概論 I・II (東京大学大学院)
 
   
 
医動物学実習 (自治医科大学)
 
   
 
医動物学講義 (自治医科大学)

メディア報道

 
 
下野新聞   2018年7月   [新聞・雑誌]
 
ニッポン放送   2016年8月   [テレビ・ラジオ番組]
 
日本経済新聞   2016年7月   [新聞・雑誌]
 
読売新聞   2016年5月   [新聞・雑誌]
 
サイエンス・メディア・センター   2015年2月