メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 薬理学講座

研究者リスト >> 東 森生
 

東 森生

 
アバター
研究者氏名東 森生
 
 
URLhttp://www.jichi.ac.jp/molpharm/
所属自治医科大学
部署医学部薬理学講座分子薬理学部門
職名講師
学位博士(理学)(富山大学)
J-Global ID201401073857755915

研究キーワード

 
メラニン凝集ホルモン ,細胞外マトリックス ,ゼブラフィッシュ ,チョウザメ ,ポリプテルス ,魚類 ,ペプチドホルモン ,視床下部ー下垂体軸 ,下垂体前葉 ,下垂体後葉 ,軸索誘導

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 組織学
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 内分泌薬理学
  • ライフサイエンス / 形態、構造 / 比較内分泌学

経歴

 
2018年6月
 - 
現在
自治医科大学医学部 薬理学講座分子薬理学部門 講師 
 
2013年4月
 - 
2018年5月
自治医科大学医学部 解剖学講座組織学部門 助教 
 
2010年4月
 - 
2013年3月
富山大学  日本学術振興会特別研究員DC1 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
富山大学大学院理工学教育部博士課程地球生命環境科学専攻  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
富山大学大学院理工学教育部修士課程生物学専攻  
 
2004年4月
 - 
2008年3月
富山大学理学部生物学科  
 

委員歴

 
2020年8月
 - 
現在
日本下垂体研究会  監事
 
2019年8月
 - 
現在
日本下垂体研究会  評議員
 
2015年4月
 - 
現在
日本下垂体研究会  日本下垂体研究会誌編集委員
 
2017年4月
 - 
2020年12月
比較内分泌学会  若手交流会小委員会委員
 

受賞

 
2017年10月
第21回日本臨床内分泌学会学術総会最優秀賞受賞
東 森生 
 
2008年8月
第23回日本下垂体研究会優秀発表賞受賞
東 森生 
 

論文

 
 
稲垣 健志   東 森生   山崎 礼二   大岡 汐里   
大和証券ヘルス財団研究業績集   (46) 20-24   2023年3月
 
Nuttawadee Ngamlertwong   Hiroyoshi Tsuchiya   Yuta Mochimaru   Morio Azuma   Takahiro Kuchimaru   Taka-Aki Koshimizu   
Scientific reports   11(1) 15813-15813   2021年8月
During the development of analgesic tolerance to morphine, the V1b vasopressin receptor has been proposed to bind to β-arrestin 2 and the µ-opioid receptor to enable their interaction. However, direct evidence of such a high-order complex is lacki...
 
Takeshi Inagaki   Ken Fujiwara   Yoshiaki Shinohara   Morio Azuma   Reiji Yamazaki   Kiyomi Mashima   Atsushi Sakamoto   Takashi Yashiro   Nobuhiko Ohno   
Histochemistry and cell biology   155(4) 503-512   2021年4月
Hypertension leads to structural remodeling of cerebral blood vessels, which has been implicated in the pathophysiology of cerebrovascular diseases. The remodeling and progression of arteriolosclerosis under hypertension involve fibrosis along wit...
 
田中 保平   山黒 友丘   伊澤 祥光   米川 力   東 森生   輿水 崇鏡   間藤 卓   
日本救急医学会雑誌   31(8) 317-320   2020年8月
症例は患者が飼育中のアマゾン産淡水エイPotamotrygon leopoldiの水替え中に手背を刺されて来院したもので,刺傷後から疼痛が激しく,創部の洗浄と消毒に加え,海産エイ毒の解毒方法に準じて40℃の湯に創部を浸漬したところ,疼痛の軽減を図ることができた。その後,疼痛が数日の間は継続したが,広範な壊死を来すことはなく細菌感染などの併発もなく治癒した。エイ毒は複数の蛋白毒で構成され,疼痛・腫脹・壊死を来すほか,ショック症状・呼吸困難を来し,ときに死に至ることもある。一部の海産タンパク毒...
 
Kiyomi Mashima   Morio Azuma   Ken Fujiwara   Takashi Inagaki   Iekuni Oh   Takashi Ikeda   Kento Umino   Hirofumi Nakano   Kaoru Morita   Kazuya Sato   Daisuke Minakata   Ryoko Yamasaki   Masahiro Ashizawa   Chihiro Yamamoto   Shin-Ichiro Fujiwara   Kaoru Hatano   Ken Ohmine   Kazuo Muroi   Nobuhiko Ohno   Yoshinobu Kanda   
Acta histochemica et cytochemica   53(3) 43-53   2020年6月   [査読有り]
Leukemias are refractory hematopoietic malignancies, for which the development of new therapeutic agents requires in vivo studies using tumor-bearing mouse models. Although several organs are commonly examined in such studies to evaluate the disea...

MISC

 
 
田中 保平   山黒 友丘   伊澤 祥光   米川 力   東 森生   輿水 崇鏡   間藤 卓   
日本救急医学会雑誌   31(8) 317-320   2020年8月
症例は患者が飼育中のアマゾン産淡水エイPotamotrygon leopoldiの水替え中に手背を刺されて来院したもので,刺傷後から疼痛が激しく,創部の洗浄と消毒に加え,海産エイ毒の解毒方法に準じて40℃の湯に創部を浸漬したところ,疼痛の軽減を図ることができた。その後,疼痛が数日の間は継続したが,広範な壊死を来すことはなく細菌感染などの併発もなく治癒した。エイ毒は複数の蛋白毒で構成され,疼痛・腫脹・壊死を来すほか,ショック症状・呼吸困難を来し,ときに死に至ることもある。一部の海産タンパク毒...
 
原口 省吾   東 森生   馬谷 千恵   
比較内分泌学   45(166) 36-36_1   2019年   
 
大野伸彦   大野伸彦   東森生   藤原研   齊藤百合花   志茂聡   
組織細胞化学   2018 33‐46   2018年7月   
 
東森生   矢田部恵   CASMAD Fujianti   藤原研   大野伸彦   菊地元史   菊地元史   屋代隆   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   123rd 160   2018年   
 
東森生   屋代隆   
日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集   33rd 32   2018年   

講演・口頭発表等

 
 
東 森生   輿水崇鏡   
第141回日本薬理学会関東部会   2019年10月12日   
 
東 森生   阿見彌 典子   今野 紀文   輿水 崇鏡   
日本動物学会第90回大阪大会2019   2019年9月14日   
 
Sajjaviriya Chortip   Morio Azuma   Hiroyoshi Tsuchiya   Yoko Fujiwara   Junichi Taniguchi   Taka-aki Koshimizu   
34回日本下垂体研究会学術集会   2019年8月7日   
 
Fujianti Casmad   Morio Azuma   Hiroyoshi Tsuchiya   Yoko Fujiwara   Junichi Taniguchi   Taka-aki Koshimizu   
第34回日本下垂体研究会学術集会   2019年8月7日   
 
東 森生   阿見彌典子   今野紀文   藤原 研   輿水 崇鏡   
第34回日本下垂体研究会学術集会   2019年8月7日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
解剖生理学 (栃木県立衛生福祉大学校)
 
   
 
薬理学 (自治医科大学)
 
   
 
組織学 (自治医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
日本下垂体研究会
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本比較内分泌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
病態モデル動物と剖検脳を用いた脳卒中における脳血管周囲マクロファージの役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
稲垣 健志 鈴木 秀人 山崎 礼二 大野 伸彦 東 森生 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
胃腸管収縮ホルモンとして知られるモチリンの新規生理作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
海谷 啓之 今野 紀文 東 森生 坂田 一郎 竹見 祥大 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
条鰭類の進化モデルを用いた下垂体神経葉への軸索誘導因子の同定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
東 森生 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
麻薬の鎮痛耐性を防げるか? オピオイド受容体高次シグナル複合体研究と治療応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
輿水 崇鏡 土屋 裕義 東 森生 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
下垂体前葉内で産生される生理活性物質はプロラクチン産生腫瘍の形成に関与するか?
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤原 研 屋代 隆 東 森生 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月