メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 感染・免疫学講座

研究者リスト >> 水島 大貴
 

水島 大貴

 
アバター
研究者氏名水島 大貴
 
 
URL
所属自治医科大学
部署医学部 感染・免疫学講座 医動物学部門
職名助教
学位生物資源科学(日本大学)
ORCID ID0000-0002-2825-1018
J-Global ID201601002806606347

研究キーワード

 
ハマダラカ ,マラリア ,マイクロバイオーム ,医動物学 ,寄生虫学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
自治医科大学 医学部 感染・免疫学講座 医動物学部門 助教 
 
2017年4月
 - 
2019年3月
帯広畜産大学 原虫病研究センター 特任研究員 
 
2016年4月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 農研機構特別研究員 
 

論文

 
 
Ahmed Tabbabi   Daiki Mizushima   Daisuke S Yamamoto   Hirotomo Kato   
Parasites & vectors   16(1) 310-310   2023年8月   [査読有り]
BACKGROUND: Blood-sucking phlebotomine sand flies are vectors of the protozoan parasites Leishmania spp. Although the intestinal microbiota is involved in a wide range of biological and physiological processes and has the potential to alter vector...
 
Daiki Mizushima   Daisuke S Yamamoto   Ahmed Tabbabi   Meiji Arai   Hirotomo Kato   
Frontiers in cellular and infection microbiology   13 1162918-1162918   2023年   [査読有り]
A rare sugar, allose, was reported to inhibit the development of Plasmodium parasites in Anopheles mosquitoes; however, the mechanism remains unknown. The present study addressed the inhibitory mechanism of allose on the development of the Plasmod...
 
Satoru Kawahori   Chisato Seki   Daiki Mizushima   Ahmed Tabbabi   Daisuke S Yamamoto   Hirotomo Kato   
Acta tropica   234 106602-106602   2022年7月   [査読有り]
Transcriptome analysis of the salivary gland cDNA library from a phlebotomine sand fly, Lutzomyia ayacuchensis, identified a transcript coding for the PpSP15/SL1 family protein as the second most abundant salivary component. In the present study, ...
 
Ahmed Tabbabi   Daiki Mizushima   Daisuke S. Yamamoto   Hirotomo Kato   
Parasitologia   2(2) 71-87   2022年4月   [査読有り]
Sand flies are a significant public health concern in many parts of the world where they are known to transmit agents of several zoonotic diseases to humans, such as leishmaniasis. Vector control remains a key component of many anti-leishmaniasis ...
 
Keisuke Suganuma   Mitsunori Kayano   Katsuya Kida   Yrjö T. Gröhn   Ryotaro Miura   Yuma Ohari   Daiki Mizushima   Noboru Inoue   
Parasitology International   86 102476-102476   2022年2月   [査読有り]

MISC

 
 
Tabbabi Ahmed   Watanabe Shinya   Mizushima Daiki   Caceres Abraham   Gomez Eduardo   Yamamoto Daisuke   Cui Longzhu   Hashiguchi Yoshihisa   Kato Hirotomo   
日本渡航医学会誌   16(Suppl.) 155-155   2022年9月
 
Tabbabi A.   水島 大貴   Caceres A.G.   Gomez E.A.   山本 大介   橋口 義久   加藤 大智   
衛生動物   73(2) 86-86   2022年6月
 
山本 大介   水島 大貴   加藤 大智   
衛生動物   73(2) 86-86   2022年6月
 
水島 大貴   Ahmed Tabbabi   山本 大介   新井 明治   加藤 大智   
日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回 71-71   2021年4月
 
加藤 大智   水島 大貴   Tabbabi Ahmed   山本 大介   角田 隆   Le Trung Kien   
衛生動物   71(Suppl.) 50-50   2020年3月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
流行地で実施できる皮膚リーシュマニア症の高感度迅速診断法・感染リスク評価系の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
加藤 大智 内海 大介 水島 大貴 伊藤 誠 高木 秀和 山本 大介 
研究期間: 2022年10月 - 2026年3月
 
吸血昆虫の囲食膜の機能解明とバリア機能強化による病原体伝播阻止法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
加藤 大智 山本 大介 水島 大貴 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
吸血昆虫による病原体媒介の分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
加藤 大智 新井 明治 水島 大貴 山本 大介 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
糖類を用いた吸血昆虫の病原体媒介に関与する中腸要因の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
水島 大貴 
研究期間: 2019年8月 - 2021年3月