メニュー/MENU

自治医科大学医学部保健センター情報センター実験医学センターメディカルシミュレーションセンター先端医療技術開発センター地域臨床教育センターデータサイエンスセンター医学教育センター公共政策学研究室医師・研究者キャリア支援センターオープンイノベーションセンター神経遺伝子治療部門富士フイルムメディカル国際光学医療講座難治性疾患遺伝子細胞治療開発講座地域医療循環器アジアITネットワーク研究拠点講座地域医療学センター分子病態治療研究センター看護師特定行為研修センター看護学部附属病院とちぎ子ども医療センター総合周産期母子医療センター救命救急・総合集中治療センター臨床研究センター附属さいたま医療センター

医学部 生化学講座 病態生化学部門

研究者リスト >> 鴨下 信彦
 

鴨下 信彦

 
アバター
研究者氏名鴨下 信彦
 
カモシタ ノブヒコ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90302603.ja.html
所属自治医科大学
部署医学部生化学講座病態生化学部門
職名講師
J-Global ID201401096367129960

研究キーワード

 
C型肝炎ウイルス ,昆虫ウイルス ,ポリオウイルス ,翻訳 ,IRES ,終止コドンリードスルー ,ナンセンス変異 ,遺伝病 ,非翻訳領域 ,RNA ,tRNA ,RNA複製 ,RNAレプリコン ,プロテアーゼ ,選択的スプライシング ,分泌タンパク質 (FVIII, FIX, ST2/IL1RL1, IL-33, sCD155 ) ,ポリオウイルス受容体 ,尿生化学検査 ,アデノ随伴ウイルスベクター ,キャプシド

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

経歴

 
2010年
 - 
現在
自治医科大学 医学部 講師 
 

論文

 
 
 
Nobuhiko Kamoshita   Akio Nomoto   Uttam L. RajBhandary   
MOLECULAR CELL   35(2) 181-190   2009年7月   [査読有り]
Translation initiation of the second ORF of insect dicistrovirus RNA depends on an internal ribosomal entry site (IRES) in its intergenic region (IGR) and is exceptional in using a codon other than AUG and in not using the canonical initiator meth...

MISC

 
 
鴨下信彦   
Medical Science Digest   46(9) 48(511)-51(591)   2020年7月
 
鴨下信彦   為本浩至   富永眞一   
臨床検査   60(-7) 790-795   2016年7月   [査読有り]
 
鴨下 信彦   野本 明男   
遺伝子医学   2(1) 25-33   1998年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
Kamoshita N   Hiramoto N   Kashiwakura Y   Hayakawa M   Ohmori T   
RNA2023 (Singapore)   2023年5月31日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
Introductory Biochemistry (栃木県立衛生福祉大学校, Tochigi Prefecture)
 
   
 
Practice in Undergraduate Microbiology (Faculty of Medicine, the University of Tokyo)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
血液凝固第VIII因子産生細胞の起源解明による新たな血友病治療への展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
大森 司 早川 盛禎 長尾 恭光 鴨下 信彦 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
C型肝炎ウイルスの新規内部認識翻訳開始機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
鴨下 信彦 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
ポリオウイルスの神経病原性と神経細胞機能の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
大岡 静衣 鴨下 信彦 久下 周佐 
研究期間: 2000年 - 2001年
 
C型肝炎ウイルスRNAの細胞内複製:遺伝子型2b由来ミニ遺伝子の作製と解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
鴨下 信彦 
研究期間: 1999年 - 2000年