詳細検索はこちら

池上 昭彦 イケガミ アキヒコ

所属部署名環境予防医学講座
職名助教ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    予防医学

研究分野

  • 社会医学 / 疫学・予防医学

経歴

  • 2015年03月
    -
    現在
    自治医科大学 医学部(助教)
  • 2013年09月
    -
    2015年02月
    自治医科大学 医学部(客員研究員)

所属学協会

  • 日本歯周病学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本衛生学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本歯周病学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本衛生学会

研究活動

論文

  • External lead contamination of women's nails by surma in Pakistan: Is the biomarker reliable?
    Ikegami A, Takagi M, Fatmi Z, Kobayashi Y, Ohtsu M, Cui X, Mise N, Mizuno A, Sahito A, Khoso A, Kayama F
    Environmental pollution (Barking, Essex : 1987) 2016年08月
  • Exposure assessment of lead from food and airborne dusts and biomonitoring in pregnant mothers, their fetus and siblings in Karachi, Pakistan and Shimotsuke, Japan.
    Kayama F, Fatmi Z, Ikegami A, Mizuno A, Ohtsu M, Mise N, Cui X, Ogawa M, Sakamoto T, Nakagi Y, Yoshida T, Sahito A, Naeem S, Ghias K, Zuberi H, Tariq K, Kobayashi Y, Nohara K
    Reviews on environmental health 31(1) 33-35 2016年03月
  • Heavy metal exposure, in combination with physical activity and aging, is related with oxidative stress in Japanese women from a rural agricultural community.
    Cui X, Ohtsu M, Mise N, Ikegami A, Mizuno A, Sakamoto T, Ogawa M, Machida M, Kayama F
    SpringerPlus 5(1) 885 2016年
  • Biomonitoring of mercury, cadmium, and lead exposure in Japanese children: a cross-sectional study.
    Ilmiawati C, Yoshida T, Itoh T, Nakagi Y, Saijo Y, Sugioka Y, Sakamoto M, Ikegami A, Ogawa M, Kayama F
    Environmental health and preventive medicine 20 18-27 2015年01月
  • Complementation of the fadA mutation in Fusobacterium nucleatum demonstrates that the surface-exposed adhesin promotes cellular invasion and placental colonization.
    Ikegami A, Chung P, Han YW
    Infection and immunity 77 3075-3079 2009年07月
  • Crystal structure of FadA adhesin from Fusobacterium nucleatum reveals a novel oligomerization motif, the leucine chain.
    Nithianantham S, Xu M, Yamada M, Ikegami A, Shoham M, Han YW
    The Journal of biological chemistry 284 3865-3872 2009年02月
  • Sonoporation is an efficient tool for intracellular fluorescent dextran delivery and one-step double-crossover mutant construction in Fusobacterium nucleatum.
    Han YW, Ikegami A, Chung P, Zhang L, Deng CX
    Applied and environmental microbiology 73 3677-3683 2007年06月
  • Transmission of an uncultivated Bergeyella strain from the oral cavity to amniotic fluid in a case of preterm birth.
    Han YW, Ikegami A, Bissada NF, Herbst M, Redline RW, Ashmead GG
    Journal of clinical microbiology 44 1475-1483 2006年04月
  • Construction of Bacillus subtilis strains carrying the transcriptional bgaB fusion with the promoter region of each rrn operon and their differential transcription during spore development.
    Koga K, Ikegami A, Nakasone K, Murayama R, Akanuma G, Natori Y, Nanamiya H, Kawamura F
    The Journal of general and applied microbiology 52 119-124 2006年04月
  • Biofilm formation by the periodontopathic bacteria Treponema denticola and Porphyromonas gingivalis.
    Kuramitsu HK, Chen W, Ikegami A
    Journal of periodontology 76 2047-2051 2005年11月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • External lead contamination of women's nails by surma in Pakistan: Is the biomarker reliable?
    Ikegami A, Takagi M, Fatmi Z, Kobayashi Y, Ohtsu M, Cui X, Mise N, Mizuno A, Sahito A, Khoso A, Kayama F
    Environmental pollution (Barking, Essex : 1987) 2016年08月
  • Exposure assessment of lead from food and airborne dusts and biomonitoring in pregnant mothers, their fetus and siblings in Karachi, Pakistan and Shimotsuke, Japan.
    Kayama F, Fatmi Z, Ikegami A, Mizuno A, Ohtsu M, Mise N, Cui X, Ogawa M, Sakamoto T, Nakagi Y, Yoshida T, Sahito A, Naeem S, Ghias K, Zuberi H, Tariq K, Kobayashi Y, Nohara K
    Reviews on environmental health 31(1) 33-35 2016年03月
  • Heavy metal exposure, in combination with physical activity and aging, is related with oxidative stress in Japanese women from a rural agricultural community.
    Cui X, Ohtsu M, Mise N, Ikegami A, Mizuno A, Sakamoto T, Ogawa M, Machida M, Kayama F
    SpringerPlus 5(1) 885 2016年
  • Biomonitoring of mercury, cadmium, and lead exposure in Japanese children: a cross-sectional study.
    Ilmiawati C, Yoshida T, Itoh T, Nakagi Y, Saijo Y, Sugioka Y, Sakamoto M, Ikegami A, Ogawa M, Kayama F
    Environmental health and preventive medicine 20 18-27 2015年01月
  • Complementation of the fadA mutation in Fusobacterium nucleatum demonstrates that the surface-exposed adhesin promotes cellular invasion and placental colonization.
    Ikegami A, Chung P, Han YW
    Infection and immunity 77 3075-3079 2009年07月
  • Crystal structure of FadA adhesin from Fusobacterium nucleatum reveals a novel oligomerization motif, the leucine chain.
    Nithianantham S, Xu M, Yamada M, Ikegami A, Shoham M, Han YW
    The Journal of biological chemistry 284 3865-3872 2009年02月
  • Sonoporation is an efficient tool for intracellular fluorescent dextran delivery and one-step double-crossover mutant construction in Fusobacterium nucleatum.
    Han YW, Ikegami A, Chung P, Zhang L, Deng CX
    Applied and environmental microbiology 73 3677-3683 2007年06月
  • Transmission of an uncultivated Bergeyella strain from the oral cavity to amniotic fluid in a case of preterm birth.
    Han YW, Ikegami A, Bissada NF, Herbst M, Redline RW, Ashmead GG
    Journal of clinical microbiology 44 1475-1483 2006年04月
  • Construction of Bacillus subtilis strains carrying the transcriptional bgaB fusion with the promoter region of each rrn operon and their differential transcription during spore development.
    Koga K, Ikegami A, Nakasone K, Murayama R, Akanuma G, Natori Y, Nanamiya H, Kawamura F
    The Journal of general and applied microbiology 52 119-124 2006年04月
  • Biofilm formation by the periodontopathic bacteria Treponema denticola and Porphyromonas gingivalis.
    Kuramitsu HK, Chen W, Ikegami A
    Journal of periodontology 76 2047-2051 2005年11月
  • Synergistic biofilm formation by Treponema denticola and Porphyromonas gingivalis.
    Yamada M, Ikegami A, Kuramitsu HK
    FEMS microbiology letters 250 271-277 2005年09月
  • Identification and characterization of a novel adhesin unique to oral fusobacteria.
    Han YW, Ikegami A, Rajanna C, Kawsar HI, Zhou Y, Li M, Sojar HT, Genco RJ, Kuramitsu HK, Deng CX
    Journal of bacteriology 187 5330-5340 2005年08月
  • Genetic manipulation of Treponema denticola.
    Kuramitsu HK, Chi B, Ikegami A
    Current protocols in microbiology Chapter 12 Unit 12B.2 2005年07月
  • マリンゲノムの展開―深海微生物のゲノム生物学―深海微生物の遺伝子発現機構
    池上昭彦
    月刊海洋 36(8) 633-637 2004年08月
  • Multiple functions of the leucine-rich repeat protein LrrA of Treponema denticola.
    Ikegami A, Honma K, Sharma A, Kuramitsu HK
    Infection and immunity 72 4619-4627 2004年08月
  • Reconstitution and characterization of NtrC protein in a deep-sea piezophilic bacterium, Shewanella violacea strain DSS12.
    Kawano H, Ikegami A, Nakasone K, Kato C, Usami R, Horikoshi K
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 67 1983-1985 2003年09月
  • Transcriptional regulation under pressure conditions by RNA polymerase sigma54 factor with a two-component regulatory system in Shewanella violacea.
    Nakasone K, Ikegami A, Kawano H, Kato C, Usami R, Horikoshi K
    Extremophiles : life under extreme conditions 6 89-95 2002年04月
  • Purification and characterization of RNA polymerase from deep-sea piezophilic Shewanella violacea
    Kawano Hiroaki, Nakasone Kaoru, Ikegami Akihiko
    海洋科学技術センタ-試験研究報告(45) 1-6 2002年03月
  • 大腸菌のn‐Hexane耐性に寄与するostA/imp遺伝子プロモーター領域
    角田伸人, 池上昭彦, 加藤千明, 青野力三
    日本農芸化学会誌 75 104 2001年03月
  • Isolation of the rpoD gene encoding the principal sigma factor of the deep-sea piezophilic bacterium Shewanella violacea strain DSS12 and its overexpression in Escherichia coli.
    Nakasone K, Ikegami A, Kato C, Horikoshi K
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 65 190-193 2001年01月
  • Isolation and piezoresponse of the rpoA gene encoding the RNA polymerase alpha subunit from the deep-sea piezophilic bacterium Shewanella violacea.
    Nakasone K, Ikegami A, Fujii S, Kato C, Horikoshi K
    FEMS microbiology letters 193 261-268 2000年12月
  • Glutamine synthetase gene expression at elevated hydrostatic pressure in a deep-sea piezophilic Shewanella violacea.
    Ikegami A, Nakasone K, Kato C, Nakamura Y, Yoshikawa I, Usami R, Horikoshi K
    FEMS microbiology letters 192 91-95 2000年11月
  • Cloning and characterization of the gene encoding RNA polymerase sigma factor sigma(54) of deep-sea piezophilic Shewanella violacea.
    Ikegami A, Nakasone K, Fujita M, Fujii S, Kato C, Usami R, Horikoshi K
    Biochimica et biophysica acta 1491 315-320 2000年04月
  • Structural analysis of the ntrBC genes of deep-sea piezophilic Shewanella violacea.
    Ikegami A, Nakasone K, Kato C, Usami R, Horikoshi K
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 64 915-918 2000年04月
  • 深海由来好圧性細菌shewanella violacea DSS12株のシグマ因子σ54のクローニング、塩基配列決定とその発現
    池上 昭彦, 仲宗根 薫, 藤田 昌也
    海洋科学技術センタ-試験研究報告(40) 25-30 2000年02月
  • 深海由来好圧・好冷性細菌Shewanella violacea strain DSS12のNtrB及びNtrC遺伝子(ntrBC)の構造解析
    池上昭彦, 仲宗根薫, 宇佐美論, 加藤千明, 堀越弘毅
    JAMSTEC深海研究 1 生物学編(15) 53-57 1999年11月
  • Analysis of cis-elements upstream of the pressure-regulated operon in the deep-sea barophilic bacterium Shewanella violacea strain DSS12
    Nakasone K, Ikegami A, Kato C, Usami R, Horikoshi K.
    FEMS microbiology letters 176 351-356 1999年07月
  • Mechanisms of gene expression controlled by pressure in deep-sea microorganisms.
    Nakasone K, Ikegami A, Kato C, Usami R, Horikoshi K
    Extremophiles : life under extreme conditions 2 149-154 1998年08月
  • Structure of genes in a pressure-regulated operon and adjacent regions from a barotolerant bacterium strain DSS12
    KATO Chiaki, IKEGAMI Akihiko, SMORAWINSKA Maria, USAMI Ron, HORIKOSHI Koki
    Journal of marine biotechnology 5(4) 210-218 1997年12月
  • 日本海溝北部陸側斜面1995年「しんかい6500」潜航調査報告(第272~277潜航) 三陸海底崖の地形・地質・生物
    小川勇二郎, 藤倉克則, 岩淵洋, 能木裕一, 小寺透, 長井茂, 岡野肇, 池上昭彦, 桑野健
    JAMSTEC深海研究(12) 1-22 1996年12月
  • Open reading frame 3 of the barotolerant bacterium strain DSS12 is complementary with cydD in Escherichia coli: cydD functions are required for cell stability at high pressure.
    Kato C, Tamegai H, Ikegami A, Usami R, Horikoshi K
    Journal of biochemistry 120 301-305 1996年08月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • Lead Exposure Assessment among Pregnant Women, Newborns, and Children: Case Study from Karachi, Pakistan.
    Fatmi Z, Sahito A, Ikegami A, Mizuno A, Cui X, Mise N, Takagi M, Kobayashi Y, Kayama F
    International journal of environmental research and public health 14(4) 2017年04月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓;中木 良彦;三瀬 名丹;池上 昭彦;崔 笑怡;水野 敦子;小林 弥生;Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 305 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦;高木 麻衣;Zafar Fatmi;小林 弥生;大津 真弓;崔 笑怡;三瀬 名丹;水野 敦子;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S231 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月

講演・口頭発表

  • Lead and arsenic exposures assessment among pregnant mother and infants in Pakistan and Japan
    Fujio Kayama, Zafar Fatmi, Ambreen Sahito, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Mayumi Ohtsu, Nathan Mise, Xiaoyi Cui, Masanori Ogawa, Takako Sakamoto, Yoshiko Nakagi, Takahiko Yoshida, Mai Takagi, Yayoi Kobayashi, Keiko Nohara
    5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity 2016年11月13日
  • External Lead Contamination of Women's Nails by Surma in Pakistan: Is the Biomarker Reliable?
    Akihiko Ikegami, Mai Takagi, Zafar Fatmi, Yayoi Kobayashi, Mayumi Ohtsu, Xiaoyi Cui, Nathan Mise, Atsuko Mizuno, Ambreen Sahito, Aneeta Khoso, Fujio Kayama
    5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity 2016年11月13日
  • The developmental effects by children’s dietary intake of lead and arsenic in Japan and Pakistan -PbAs study-
    Mayumi Ohtsu, Yoshihiko Nakagi, Xiaoyi Cui, Nathan Mise, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Yayoi Kobayashi, Fatami Zafer, Takahiko Yoshida, Fujio Kayama
    48th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference 2016年09月16日
  • EVALUATION OF BIOACCESSIBILITY OF PCBS, PBDES AND HBCDS IN INDOOR DUST
    T. Isobe, M. Takagi, G. Suzuki, A. Ikegami, F. Kayama, M. Tsuji, A. Senju, S. Morokuma, M. Sanefuji, M. Oda, H. Mitsubuchi, T. Katoh, S. Nakayama F
    36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2016年08月28日
  • Lead and arsenic from food and Health Effects among Vulnerable Populations in Pakistan and Japan
    Fujio Kayama, Zafar Fatmi, Ambreen Sahito, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Mayumi Ohtsu, Nathern Mise, Xiaoyi Cui, Masanori Ogawa, Takako Sakamoto, Yoshiko Nakagi, Yayoi Kobayashi, and Keiko Nohara
    Conference of International Society for Environmental Epidemiology and Internationa Society of Exposure Science - Asia Chapter 2016 2016年06月26日
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓, 中木 良彦, 三瀬 名丹, 池上 昭彦, 崔 笑怡, 水野 敦子, 小林 弥生, Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦, 高木 麻衣, Zafar Fatmi, 小林 弥生, 大津 真弓, 崔 笑怡, 三瀬 名丹, 水野 敦子, 香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄, 池上 昭彦, 高木 麻衣, 水野 敦子, 三瀬 名丹, 崔 笑怡, 小川 真規, 吉田 貴彦, 小林 弥生, Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 2016年05月
  • 栃木と旭川でのBayleyIIIによる小児発達調査結果報告 ぴーばす調査より
    大津 真弓, 三瀬 名丹, 池上 昭彦, 崔 笑怡, 水野 敦子, 香山 不二雄
    環境ホルモン学会研究発表会要旨集 2015年12月
  • 深海由来好冷好圧性細菌Shewanella violaceaの組み換え体RNAポリメラーゼの再構成
    河野広朗, 仲宗根薫, 池上昭彦, 加藤千明, 宇佐美論, 堀越弘毅
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2002年03月05日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Lead and arsenic exposures assessment among pregnant mother and infants in Pakistan and Japan
    Fujio Kayama, Zafar Fatmi, Ambreen Sahito, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Mayumi Ohtsu, Nathan Mise, Xiaoyi Cui, Masanori Ogawa, Takako Sakamoto, Yoshiko Nakagi, Takahiko Yoshida, Mai Takagi, Yayoi Kobayashi, Keiko Nohara
    5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity 2016年11月13日
  • External Lead Contamination of Women's Nails by Surma in Pakistan: Is the Biomarker Reliable?
    Akihiko Ikegami, Mai Takagi, Zafar Fatmi, Yayoi Kobayashi, Mayumi Ohtsu, Xiaoyi Cui, Nathan Mise, Atsuko Mizuno, Ambreen Sahito, Aneeta Khoso, Fujio Kayama
    5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity 2016年11月13日
  • The developmental effects by children’s dietary intake of lead and arsenic in Japan and Pakistan -PbAs study-
    Mayumi Ohtsu, Yoshihiko Nakagi, Xiaoyi Cui, Nathan Mise, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Yayoi Kobayashi, Fatami Zafer, Takahiko Yoshida, Fujio Kayama
    48th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference 2016年09月16日
  • EVALUATION OF BIOACCESSIBILITY OF PCBS, PBDES AND HBCDS IN INDOOR DUST
    T. Isobe, M. Takagi, G. Suzuki, A. Ikegami, F. Kayama, M. Tsuji, A. Senju, S. Morokuma, M. Sanefuji, M. Oda, H. Mitsubuchi, T. Katoh, S. Nakayama F
    36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2016年08月28日
  • Lead and arsenic from food and Health Effects among Vulnerable Populations in Pakistan and Japan
    Fujio Kayama, Zafar Fatmi, Ambreen Sahito, Akihiko Ikegami, Atsuko Mizuno, Mayumi Ohtsu, Nathern Mise, Xiaoyi Cui, Masanori Ogawa, Takako Sakamoto, Yoshiko Nakagi, Yayoi Kobayashi, and Keiko Nohara
    Conference of International Society for Environmental Epidemiology and Internationa Society of Exposure Science - Asia Chapter 2016 2016年06月26日
  • 日本とパキスタンにおけるBayleyIIIを用いた小児発達調査結果から見られる環境要因が発達に与える影響 ぴーばす調査より
    大津 真弓, 中木 良彦, 三瀬 名丹, 池上 昭彦, 崔 笑怡, 水野 敦子, 小林 弥生, Fatami Zafer
    産業衛生学雑誌 2016年05月
  • パキスタンにおける妊婦爪の鉛汚染に対するスルマの重要性
    池上 昭彦, 高木 麻衣, Zafar Fatmi, 小林 弥生, 大津 真弓, 崔 笑怡, 三瀬 名丹, 水野 敦子, 香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄, 池上 昭彦, 高木 麻衣, 水野 敦子, 三瀬 名丹, 崔 笑怡, 小川 真規, 吉田 貴彦, 小林 弥生, Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 2016年05月
  • 栃木と旭川でのBayleyIIIによる小児発達調査結果報告 ぴーばす調査より
    大津 真弓, 三瀬 名丹, 池上 昭彦, 崔 笑怡, 水野 敦子, 香山 不二雄
    環境ホルモン学会研究発表会要旨集 2015年12月
  • 深海由来好冷好圧性細菌Shewanella violaceaの組み換え体RNAポリメラーゼの再構成
    河野広朗, 仲宗根薫, 池上昭彦, 加藤千明, 宇佐美論, 堀越弘毅
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2002年03月05日
  • 深海由来好圧性細菌Shewanella violacea DSS12株のRNAポリメラーゼαサブユニット(rpoA遺伝子)の圧力応答転写の解析
    坂井祐介, 仲宗根薫, 池上昭彦, 藤井真介, 加藤千明, 宇佐美論, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2000年11月25日
  • 深海由来好圧性細菌Shewanella violacea DSS12株の圧力応答する転写の調節に関わる因子の解析
    池上昭彦, 仲宗根薫, 加藤千明, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2000年11月25日
  • 枯草菌rRNAオペロンの時期特異的な転写制御
    古賀恵子, 七宮英晃, 仲宗根薫, 池上昭彦, 河村富士夫
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2000年11月25日
  • 深海由来好圧好冷細菌Shewanella violacea strain DSS12の圧力応答オペロンに作用する因子の解析
    池上昭彦, 仲宗根薫, 藤井真介, 藤田昌也, 加藤千明, 宇佐美論, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月22日
  • 深海由来好冷・中度好圧性細菌Shewanella violacea strain DSS12のRNAポリメラーゼコアサブユニット遺伝子の単離と構造解析
    仲宗根 薫, 池上 昭彦, 山田 光則, 宇佐美 論, 加藤 千明, 堀越 弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年12月01日
  • 深海由来好冷・中度好圧性細菌Shewanella violacea strain Dss12の圧力応答オペロンの解析
    池上 昭彦, 仲宗 根薫, 加藤 千明, 宇佐美 諭, 堀越 弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年12月01日
  • 深海由来好冷・中度好圧性細菌Shewanella violacea strain DSS12の圧力応答オペロンの解析
    池上昭彦, 仲宗根薫, 加藤千明, 宇佐美論, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年11月
  • 深海由来好冷・中度好圧性細菌Shewanella violacea strain DSS12のRNAポリメラーゼコアサブユニット遺伝子の単離と構造解析
    仲宗根薫, 池上昭彦, 山田光則, 宇佐美論, 加藤千明, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年11月
  • 深海由来好圧性細菌Shewanella violacea DSS12の圧力応答オペロン上流域シス配列の解析
    仲宗根薫, 池上昭彦, 加藤千明, 宇佐美論, 掘越弘毅
    マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 1998年05月
  • 微生物の高圧下における生育と呼吸鎖電子伝達系 : 微生物
    為我井 秀行, 池上 昭彦, 宇佐美 論, 加藤 千明, 掘越 弘毅
    日本農藝化學會誌 1996年03月05日
  • 深海微生物実験システム採泥器による日本海溝での採泥
    井上明, 平清, 菊間敏雄, 能木裕一, 稲田哲哉, 堀越弘毅, 小川勇二郎, 池上昭彦, 長井茂
    しんかいシンポジウム予稿集 1995年12月
  • 「しんかい6500」によって明らかにされた三陸海底崖の実体
    小川勇二郎, 藤倉克則, 岩淵洋, 長井茂, 小寺透, 岡野肇, 池上昭彦, 李仁泰, 桑野健
    しんかいシンポジウム予稿集 1995年12月
  • 深海耐圧性微生物DSS12株の圧力応答遺伝子オペロンとその周辺の構造
    加藤千明, 池上昭彦, SMORAWINSKA M, 宇佐美論, 掘越弘毅
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1995年11月
  • 深海より分離された耐圧性微生物の遺伝子の解析 : 微生物
    池上 昭彦, 加藤 千明, 宇佐美 論, 堀越 弘毅
    日本農藝化學會誌 1995年07月05日

特許

  • METHOD FOR DETECTING A BACTERIAL PATHOGEN
    Yiping W. Han, Akihiko Ikegami
    特願12/056,633
  • 機能性ワックス
    池上 昭彦


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.