研究者総覧

半澤 節子  (ハンザワ セツコ)

  • 精神看護学 教授
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

学位

  • 修士(社会福祉学)
  • 博士(学術 福祉)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 精神科リハビリテーション   社会精神医学   精神保健   精神看護学   social psychiatry   psychiatric mental health nursing   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 精神保健福祉学
  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学 / 精神看護学

経歴

  • 2007年10月 - 現在  自治医科大学看護学部教授
  • 2006年04月 - 2007年09月  自治医科大学看護学部准教授
  • 2000年04月 - 2006年03月  長崎大学医学部 保健学科講師
  • 1989年04月 - 2000年03月  東京都衛生局地域保健課保健師
  • 1985年04月 - 1988年03月  船橋市立医療センター看護師

学歴

  • 2003年04月 - 2006年03月   長崎純心大学大学院   人間文化研究科   博士後期課程
  • 1998年04月 - 2000年03月   大正大学大学院   文学研究科   社会福祉学専攻
  • 1981年04月 - 1985年03月   千葉大学   看護学部   看護学科

所属学協会

  • 日本精神保健福祉学会   多文化間精神医学会   日本看護科学学会   日本精神衛生学会   日本精神保健看護学会   日本社会精神医学会   日本精神障害者リハビリテーション学会   Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing   Japanese Association of Psychiatric Rehabilitation   Japanese Association for Social Psychiatry   

研究活動情報

論文

  • 佐々木 彩加, 小原 泉, 鹿野 浩子, 江角 伸吾, 永井 優子, 半澤 節子, 成田 伸, 中村 美鈴, 春山 早苗
    自治医科大学看護学ジャーナル 17 3 - 8 自治医科大学看護学部 2020年03月 [査読有り][通常論文]
     
    目的:看護学生の生活行動と生活体験の特徴を明らかにし,看護教育の示唆を得る。方法:看護学部3年生を対象に独自に作成した調査票を配布し,得られた回答を解析した。結果:有効回答数は58名で,親元を離れている学生が55.2%であった。生活行動では,食事の支度や自室の掃除,洗濯をするのは親元を離れている学生で有意に多かった。換気,手洗い,テーブル拭き,入浴の際の湯温確認を行わない学生は3割以上いた。生活体験では,入学前に高齢者と同居経験がある学生は44.8%で,高齢者の世話の経験が有意に多かった。病人の世話の経験がある学生は41.4%だった。結論:学生の生活体験は一概に乏しいとは言えないが,高齢者や病人と入学前に関わった経験は多くなく,望ましい生活行動に関する既習知識は学生自身の日常生活で実践できていない。学生の生活行動や生活体験を理解することは,看護の対象の理解や実践方法を教授する上で有用である。(著者抄録)
  • 小原 泉, 中村 美鈴, 成田 伸, 半澤 節子, 北田 志郎, 江角 伸吾, 永井 優子, 春山 早苗, 宮林 幸江, 青木 さぎ里, 佐々木 彩加, Chencho Dorjee, Neyzang Wangro
    自治医科大学看護学ジャーナル 15 38 - 38 自治医科大学看護学部 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子
    看護研究 48 7 676 - 682 (株)医学書院 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 特集 看護学からみた社会精神医学の可能性、特集にあたって
    半澤 節子
    日本社会精神医学会雑誌 24 2 135 - 138 2015年05月 [査読無し][招待有り]
  • Setsuko Hanzawa, Jeong-Kyu Bae, Yong Jun Bae, Moon-Hyeon Chae, Hideki Tanaka, Hideyuki Nakane, Yasuyuki Ohta, Xianghua Zhao, Hideki Iizuka, Yoshibumi Nakane
    Asian journal of psychiatry 6 1 46 - 51 2013年02月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: A combination of factors such as substance abuse problems, medication noncompliance, and insufficient insight are generally known to increase the risk of violent behavior. However, little is known regarding the psychological impact on caregivers who are traumatized by the violent behavior of a family member with schizophrenia. Therefore, we carried out an investigation to measure this impact. METHOD: A questionnaire was given to 116 caregivers of individuals with schizophrenia in family support groups in Seoul and Daegu, Korea. Their responses were then evaluated using the 22-item version of the Impact of Event Scale-Revised (IES-R), the 8-item short version of the Zarit Caregiver Burden Interview (ZBI-8), and the 15-item version of the Mental Illness and Disorder Understanding Scale (MIDUS). RESULTS: The mean (SD) IES-R score was 26.69 (17.83) (range, 1-84). Multiple regression analysis showed that the psychological impact of traumatic experiences was significantly associated with the following factors: medical non-adherence (P<0.01), living without the patient (P<0.01), and caregiver burden (P<0.05). CONCLUSION: Our results from the present study suggest that even when family caregivers live apart from the patient, they still experience the harmful psychological impact of trauma from the patient's violent behavior. The psychological impact continued as a result of the huge caregiver burden and the medication non-adherence of the family member with schizophrenia in spite of receiving long-term treatment and multiple hospitalizations. The present findings suggest the need for improved community-based service for preventive long-term care, including medication adherence, for outpatients with schizophrenia instead of multiple hospitalizations.
  • 学会設立20周年を迎えて経緯と期待:学会誌通巻1号から32号に掲載された特集と投稿論文などの動向から
    半澤 節子
    精神障害とリハビリテーション 17 1 14 - 18 2013年 [査読無し][招待有り]
  • 海外の精神障害リハビリテーション研究の紹介,
    半澤 節子
    精神障害とリハビリテーション 17 2 210 - 211 2013年 [査読無し][招待有り]
  • 谷田部 佳代弥, 半澤 節子, 永井 優子, 吉田 恵子, 駒橋 徹
    精神障害とリハビリテーション 16 2 178 - 187 日本精神障害者リハビリテーション学会 2012年11月 [査読無し][通常論文]
     
    看護職の退院および地域生活支援における職務上の経験と精神障害者の地域生活に対する認識を評価し、その関連を検討した。看護師と准看護師(看護職)108例を対象とした。退院および地域生活支援に関する経験で、回答者の半数以上が「経験あり」と回答した項目は、「入院患者の退院支援ケースカンファレンスの参加」(72.2%)、「地域生活支援に関わる施設から提供された患者サマリーを読んだ」(67.6%)、「地域生活支援に関わる職員から話を聞いた」(63.9%)、「入院患者の地域生活訓練のための外出同行」(52.8%)、「精神科デイケア・ナイトケアの見学」(50.0%)であった。退院支援ケースカンファレンスへの参加など退院および地域生活支援の経験は、慢性統合失調症事例の地域生活の困難に対する看護職の認識に有意な関与を示した。
  • Setsuko Hanzawa
    International Journal of Mental Health 41 2 82 - 96 2012年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Japan has the highest admission rate of patients with schizophrenia in the world, thus emphasizing the need for building relationships between psychiatric hospitals and resources for community living. Confucian ideas and the tradition of providing care to family members are central to cultures and these socio-cultural beliefs regarding family care in East Asian countries may seriously influence the experiences of family caregivers. This article reviews and draws conclusions from three Japanese and Korean studies that found that patients with schizophrenia are likely to isolate themselves from society, thus avoiding contact with nonfamily members and that these behaviors are correlated to a greater caregiver role and an increased caregiver burden. Japanese families of patients with schizophrenia are likely to perceive a stigma from others and are also likely to think that schizophrenia should be hidden from others in the community. Japanese families tend to adopt resignation as a strategy for coping with the strong stigma attached to schizophrenia. Additionally, Japanese families are more resistant to allowing others to care for family members with schizophrenia. Hence, there is a close tie between schizophrenia patients and their families. These findings suggest that Japanese mental health strategies should favor providing effective support for reducing caregiver burden and eliminating reliance on inappropriate coping strategies (i.e., resignation and unwillingness to accept support from outside the family) for family members of schizophrenia patients. © 2012 M.E. Sharpe, Inc. All rights reserved.
  • Setsuko Hanzawa, Akiko Nosaki, Kayomi Yatabe, Yuko Nagai, Goro Tanaka, Hideyuki Nakane, Yoshibumi Nakane
    Psychiatry and clinical neurosciences 66 2 113 - 20 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM:  'Internalized stigma' is a construct that reflects the degree to which a person accepts beliefs endorsed by society about mental illness. Among people with schizophrenia spectrum disorders, internalized stigma has been found to moderate the associations between insight and social function, hope, and self-esteem. Among families of patients with schizophrenia, internalized stigma may not only hinder help-seeking but also result in the families attempting to provide care themselves, without assistance from mental health services. Little is known about internalized stigma among service providers, especially psychiatric nurses in Japan. Therefore, we investigated the correlation between internalized stigma and 'beliefs about the most appropriate form of hospitalization' among psychiatric nurses. METHODS: The subjects were 215 psychiatric nurses employed in psychiatric hospitals who completed the personal stigma scale, perceived stigma scales, and Difficulty of Community Living Scale (DCLS) with respect to a chronic schizophrenia case vignette. RESULTS: Internalized stigma was positively correlated with greater 'beliefs about the most appropriate form of hospitalization' among psychiatric nurses. We also showed that stronger 'beliefs about the social disadvantages of schizophrenia patients in the community' was positively correlated with stronger 'beliefs about the most appropriate form of hospitalization'. CONCLUSION: The present findings suggest that the psychiatric nurses employed at Japanese psychiatric hospitals have a pessimistic view of the community living of people with schizophrenia and their families. And these psychiatric nurses' beliefs were related to their understanding of the deeply dependent relationship between patients and families, and was related to the Confucian ideal.
  • 東日本大震災の復興の中でわれわれはどう動いたのか: 特集にあたって
    半澤 節子
    精神障害とリハビリテーション 16 1 4 - 5 2012年 [査読無し][招待有り]
  • 精神科看護職の内在化されたスティグマに関する調査研究
    半澤 節子
    厚生労働科学研究費補助金 障害保健福祉総合研究事業(身体・知的等障害分野)「精神障害者への対応への国際比較に関する研究」(研究代表者 中根允文)、平成23年度 総括・分担研究報告書 65 - 68 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 保護者制度のある日韓両国における家族の介護経験に関する調査研究
    半澤 節子
    、厚生労働科学研究費補助金 障害保健福祉総合研究事業(身体・知的等障害分野)「精神障害者への対応への国際比較に関する研究」(研究代表者 中根允文)、平成23年度 総括・分担研究報告書 61 - 64 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子
    精神科看護 38 4 005 - 012 (株)精神看護出版 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 海外の精神障害リハビリテーション研究の紹介
    半澤 節子
    精神障害とリハビリテーション 15 2 220  2011年 [査読無し][招待有り]
  • 半澤 節子, 佐藤 勢津子, 谷田部 佳代弥, 永井 優子, 田中 悟郎, 中根 允文
    日本社会精神医学会雑誌 19 2-3 187 - 198 (一社)日本社会精神医学会 2010年11月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究は、精神科看護師による慢性統合失調症仮想事例に対する地域生活困難度の評価を試み、個人的スティグマとの関連を検討した。精神科単科医療機関に従事する精神科看護師174人を対象に自記式質問紙法により評価した。因子分析により地域生活困難度は、「入院指向」「地域生活のための人的資源」「地域生活上の社会的不利益」という3因子を示唆した。また、暴力のリスクに関する個人的スティグマ認知と地域生活困難度の『入院指向因子』及び『地域生活上の社会的不利益因子』との間に有意な関連を認め、回避的態度に関する個人的スティグマ認知と『地域生活のための人的資源因子』との間に有意な関連を認めた。これらのことから、日本の精神科看護師を対象とした現任教育プログラムとして、統合失調症患者の暴力のリスクに関連づけられた入院指向の認識を改善し、多職種によるケアマネジメントの技術を修得するプログラムの必要性が示唆された。(著者抄録)
  • Setsuko Hanzawa, Jeong-Kyu Bae, Hideki Tanaka, Yong Jun Bae, Goro Tanaka, Hiroyuki Inadomi, Yoshibumi Nakane, Yasuyuki Ohta
    Psychiatry and clinical neurosciences 64 4 377 - 86 2010年08月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: With the current shift to community-centered mental health services, considerable research on the family burden of caring for patients with schizophrenia has been conducted in developed countries. However, there has been no investigation of families with Japanese or Korean sociocultural backgrounds. Therefore, the present study compared the caregiver burden and coping strategies of families of patients with schizophrenia in Japan and Korea in order to elucidate similarities and differences in the sociocultural factors that affect the care experience of families in Northeast Asia. METHODS: A total of 99 Japanese (Nagasaki) and 92 Korean (Seoul, Daegu) family members of patients with schizophrenia were surveyed in regards to caregiver burden, coping strategies, and nursing awareness of the caregiver role regarding the patient with schizophrenia. RESULTS: Analysis revealed the following: (i) although no difference in caregiver burden and coping strategy was observed between the countries, the nursing awareness of families' caregiver role was significantly higher in Japan than in Korea; (ii) caregiver burden was significantly associated with the patient's social functioning and care needs in both countries; and (iii) caregiver burden was significantly associated with reduction of social interests, coercion, avoidance, resignation, and nursing awareness of caregiver role in both countries. CONCLUSION: Although the nursing awareness of families' roles in caring for patients with schizophrenia differed between Japan and Korea, similar trends were observed for the causes of caregiver burden. These findings suggest that in order to provide effective support for reducing caregiver burden, the necessity of such support must be emphasized in both countries.
  • 【家族との共同治療と家族支援】精神障害者家族の介護負担と家族支援
    半澤 節子
    最新精神医学 15 3 245 - 250 (株)世論時報社 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • Personal stigma and coping strategies in families of patients with schizophrenia: Comparison between Japan and Korea.
    半澤 節子
    Asia-Pacific Psychiatry 2 1 - 10 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Setsuko Hanzawa, Jeong-Kyu Bae, Hideki Tanaka, Goro Tanaka, Yong Jun Bae, Masahiro Goto, Hiroyuki Inadomi, Yasuyuki Ohta, Hideyuki Nakane, Yoshibumi Nakane
    ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 1 3 120 - 129 2009年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction: In the present study, we compared the care burden and stigma experienced by families of patients with schizophrenia in Japan (Niigata) and Korea (Seoul and Daegu) to elucidate similarities and differences in the sociocultural factors that affect the care experience of families in East Asia. Methods: Factors such as care burden (evaluated using the eight-item short version of the Zarit Caregiver Burden Interview [ZBI-8]), stigma, and social distance were evaluated in members of support groups for families of mentally ill individuals in Japan (n = 47) and Korea (n = 92) using an interview questionnaire. Interviewees reported their personal attitudes (personal stigma and social distance) and perceptions of the attitudes of others in the community (perceived stigma) with respect to a case vignette. These vignettes described a person with chronic schizophrenia. Results: The data analysis revealed the following: (i) feelings of care burden (according to ZBI-8), perceived stigma, and social distance were significantly stronger in Japan compared to Korea, and (ii) feelings of personal stigma were significantly stronger in Korea than in Japan. Discussion: The care burden and stigma experienced by families of patients with schizophrenia differed between Japan and Korea. The present findings suggest that to provide effective support for reducing family stigma and care burden, the necessity of such support must be emphasized in both countries.
  • 半澤 節子, 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之
    精神医学 51 6 541 - 552 (株)医学書院 2009年06月 [査読無し][通常論文]
     
    わが国の精神科医療機関は多くの長期入院患者を抱え,その支援を担ってきた。こうしたキャリア形成過程は,地域社会で精神障害者を隣人,友人,家族として受容する態度(社会的距離)に影響を及ぼすと推察された。本研究は,統合失調症仮想事例を用いて,精神科医,精神科看護師,一般科看護師を対象にスティグマと社会的距離を評価した。その結果,事例のような人について「彼のような問題は個人的な弱さのあらわれだ」「彼のような人は何をしでかすかわからない」などの個人的スティグマ,社会的距離は,精神科医に比べて精神科看護師が有意に大きかった。精神科看護師は患者の日常生活の世話にかかわる中で,家族の介護上の困難を想起しやすい立場にあることが影響している可能性が推察された。(著者抄録)
  • 半澤 節子
    日本社会精神医学会雑誌 17 3 287 - 295 (一社)日本社会精神医学会 2009年02月 [査読無し][通常論文]
     
    本稿は、国内外の統合失調症患者家族に関する研究の変遷を概観し、わが国の統合失調症患者家族の支援の方向性と研究課題を明らかにすることを目的とした。その結果、1940年代から1960年代の米国における家族病因論を仮説とした研究(第一期)、1970年代から1980年代の英国における家族の感情表出と再発に関する研究(第二期)、1990年代のEU諸国における家族の介護経験評価と関連要因の研究(第三期)という変遷がみられた。中でも、1990年代以降の研究では、患者の症状特性、家族の対処技能、多職種協働チームによる専門職の支援やソーシャルサポートなどによる介護負担感への影響が示唆され、精神保健施策の課題が提言されてきた。今後、儒教思想や家族扶養の伝統などの東洋的な背景要因の介護負担感への関与についても検討する必要がある。(著者抄録)
  • 半澤 節子, 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之
    日本社会精神医学会雑誌 17 2 177 - 187 (一社)日本社会精神医学会 2008年11月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究は、一般人の精神障害者に対する個人的スティグマ(事例のような人に対して個人的にどのような態度をとるか)と知覚的スティグマ(周囲の人はどのような態度をとると思うか)の差(「私はそうは思わないが周囲の人はそう思うだろう」といったギャップ)に着目し、(1)スティグマの差は疾患によって異なるのか、(2)スティグマの差の大きさは、社会的距離(親密なつきあいをすることを許容する態度)にいかなる影響を及ぼすのかを検討した。解析の結果、統合失調症事例およびうつ病事例について「避けるのが最も良い」「他人に対して危険だ」「何をしでかすかわからない」というスティグマは、「私はそうは思わないが周囲の人はそう思うだろう」といったギャップが大きく、こうしたギャップが大きいほど社会的距離は小さかった。周囲に配慮しながら個人的な意志を決定しやすい日本人の特徴(Radford、1991)が影響する可能性を示唆した。(著者抄録)
  • 精神障害者に対するスティグマと社会的距離に関する研究 統合失調症事例とうつ病事例の比較
    半澤 節子, 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之
    精神障害とリハビリテーション 12 2 46 - 54 日本精神障害者リハビリテーション学会 2008年11月 [査読無し][通常論文]
     
    全国5地域から一般住民男女2000名を抽出し、統合失調症事例とうつ病事例を提示して「精神保健の知識と理解に関する調査票」による面接調査を行い、社会的距離に影響を及ぼすスティグマ(ST)について検討した。両事例とも社会的距離に関連を示した項目は「地域の人に差別されるようになる」、親密さに関する2項目、個人的STの8項目、知覚的STの5項目で、統合失調症事例のみで社会的距離に関連を示したのは「回復の見込み」、知覚的STの「望めば抜け出すことができる」「問題が自分にあるとしたら誰にも言わない」で、うつ病事例のみで関連を示したのは知覚的STの「問題は個人的な弱さのあらわれだ」のみであった。社会的距離を従属変数とした重回帰分析では、両事例とも有意であったのは「地域の人に差別される」「家族や友人に問題を持つ人がいる」、個人的STの「彼のような問題のある人を雇わない」であった。統合失調症事例のみで関連を認めた項目は、個人的STの「危険だ」「避けるのがよい」、知覚的STの「さっと抜け出すことができる」「何をしでかすかわからない」であった。うつ病事例のみで関連を認めた項目はなかった。
  • Setsuko Hanzawa, Goro Tanaka, Hiroyuki Inadomi, Minoru Urata, Yasuyuki Ohta
    Psychiatry and clinical neurosciences 62 3 256 - 63 2008年06月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: The present study was conducted to identify factors contributing to burden of care in 57 mothers caring for patients with schizophrenia. METHODS: Members of the Federation of Families of People with Mental Illness in Nagasaki Prefecture were evaluated using well-validated scales to evaluate burden of care (eight-item short version of the Japanese version of the Zarit Caregiver Burden Interview), general health status (General Health Questionnaire 12-item version), difficulty in life, coping strategies, emotional support, and understanding of mental illness and disorders. RESULTS: Burden of care was significantly associated with general health status and difficulty in life. CONCLUSION: On multiple regression it was found that 'social interests' and 'resignation', both of which are the subscales of coping strategies, exerted significant and independent effects with respect to burden of care.
  • 半澤 節子, 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之
    日本社会精神医学会雑誌 16 2 113 - 124 (一社)日本社会精神医学会 2007年11月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:日本では2006年に障害者自立支援法が公布されたことにより、精神障害者の社会参加が促進されつつあるといわれるものの、それを難しくする要因として地域社会における様々なスティグマがある。本論では、一般人を対象に実施した統合失調症患者へのスティグマと社会的距離に関する地域調査の結果を報告して考察する。方法:国内各地25地点の一般住民1,000人に、統合失調症患者の事例ヴィネットを含む、信頼性・妥当性の確立した評価尺度を用いて面接し、彼らへの親密さ、スティグマ、社会的距離を評価した。結果:統合失調症において慢性期事例であることは、彼らに対するスティグマと社会的距離を大きくした。家族や友人に似た問題を持つ人がいるとか、自らが似た問題を持った経験があるといった「親密さ」は、スティグマと社会的距離を改善させる効果をもたらした。結論:調査結果から、慢性期統合失調症患者に対するスティグマ軽減の必要性が明らかとなった。また、親密さの高い人との交流は、相互理解を促し、統合失調症患者に対する社会的距離を縮める可能性が推察された。(著者抄録)
  • 半澤 節子, 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之
    日本社会精神医学会雑誌 16 2 125 - 136 (一社)日本社会精神医学会 2007年11月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:近年のうつ病患者を取り巻く状況は、職場適応上の問題や家庭崩壊などから、更に自殺防止とも関わって大きな社会的問題となっている。そうした中、一般人を対象にしたうつ病(者)へのスティグマ研究は、未だ多くの課題を残している。本論では、一般人を対象に行ったうつ病患者に対するスティグマと社会的距離に関する調査の結果を若干の解析を行ったので報告する。方法:日本国内各地25地点の一般住民1,000人に、うつ病のヴィネット事例を呈示しながら所定の評価尺度を用いて、うつ病(者)に対する親密さ、スティグマ、社会的距離などを評価した。結果:希死念慮のあるうつ病事例は、それのない場合より、個人的スティグマが大きかった。家族や友人に関連の問題を持つ人がいるとか、彼らと似た問題を持ったことがあるといった「親密さ」は、スティグマと社会的距離に良好な影響を及ぼした。結論:希死念慮のあるうつ病事例に対するスティグマは軽減される必要がある。また、親密さの大きい人との交流は、相互理解を促し、彼らへの社会的距離を縮める可能性が推察され、うつ病にあっても「接触仮説」の重要性が示唆された。(著者抄録)
  • 森下 路子, 川崎 涼子, 中尾 理恵子, 半澤 節子
    保健学研究 19 2 31 - 41 長崎大学医学部保健学科 2007年03月 [査読無し][通常論文]
     
    介護認定を受けている75歳以上の独居女性の生活の実態を把握し、生活や健康状態、居住歴と高齢者のQOL、社会活動との関連を検討した。住民票より要介護の認定を受けている75歳以上の独居女性32例を対象とし、インタビューによる聞き取り調査を行った。平均居住年数39年、ひとり暮らし年数16.5年であった。いきいき社会活動チェック表による社会活動は全般に低く、その中で個人的活動はわずかに高かった。同年齢の女性と比較して、経済的ゆとり満足感、健康満足感が低かった。QOLを高める要因としては、個人活動食事を自分でつくる、毎日風呂に入る、低くする要因としては、一人暮らし年数、年齢、外出制限、不眠であることが示唆された。

書籍

  • 太田, 保之, 藤田, 長太郎, 半澤, 節子 ()
    医歯薬出版 2016年12月 ISBN: 9784263236857 xiii, 167p
  • 新体系 看護学全書 精神看護学2 精神障害をもつ人の看護 第4版
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:第7章 精神障害をもつ人の地域における生活への支援、地域精神保健福祉と社会参加)
    メヂカルフレンド社 2016年01月
  • Rapp, Charles A., Goscha, Richard J, 伊勢田, 尭, 田中, 英樹, 上野, 容子, 浦野, 由佳, 呉, 恩恵(精神保健福祉学), 神山, 裕美, 栄, セツコ, 坂本, 明子, 助川, 征雄, 平, 直子, 半澤, 節子, 久永, 文恵, 藤井, 達也, 森田, 久美子 ()
    金剛出版 2014年 ISBN: 9784772413466 xiv, 427p
  • Schizophrenia research: Recent advances, Edited by Sumiyoshi T
    半澤 節子 (範囲:4. Hanzawa S, et al.: Psychiatric nurses’ beliefs about the treatability of schizophrenia in Japan.)
    Nova Science Publishers, ISMN 978-1-61942-459-3. USA, 2012年07月
  • Schizophrenia in the 21st Century, Edited by Burne THJ
    半澤 節子 (担当:共著範囲:Family Caregivers of people with schizophrenia in East Asian countries.)
    InTech, ISMN 978-953-51-0315-8. Croatia, 2012年03月
  • 新・精神保健福祉士養成講座 4.精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ(初版、第2版)(編集幹事 田中英樹)
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:第5章 医療機関における精神科リハビリテーション 第4節 医療機関のアウトリーチ)
    中央法規出版 2012年02月
  • 図説臨床看護医学 デジタル版 15 精神医学
    半澤 節子 (範囲:1章 診療上の基礎と患者管理、③看護上の要点 精神障害者の日常生活に対する援助)
    エディターシップ株式会社 2011年05月
  • 精神看護学 こころ・からだ・かかわりのプラクティス (萱間真美、野田文隆 編集)
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:第3章 第2節 治療、ケア、支援の方法、C 社会的側面からアプローチする治療、ケア、支援、(2)地域での自立、統合への支援)
    南江堂 2010年02月
  • 実践地域看護学 改訂版(中西睦子監修)
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:精神障害者と家族の地域生活支援の実際.)
    建帛社 2010年
  • 新・精神保健福祉士養成講座 (日本精神保健福祉士養成校協会 編集)
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:, 精神科退院時指導、退院前訪問、訪問看護・指導:精神科リハビリテーション学)
    中央法規出版 2009年
  • Rapp, Charles A., Goscha, Richard J, 田中, 英樹, 伊勢田, 尭, 呉, 恩恵(精神保健福祉学), 神山, 裕美, 栄, セツコ, 坂本, 明子, 助川, 征雄, 平, 直子, 半澤, 節子, 久木, 美智子, 藤井, 達也, 裵, 瑢俊, 森田, 久美子 ()
    金剛出版 2008年12月 ISBN: 9784772410588 355p
  • 三訂 精神保健福祉士の基礎知識(下)岡上和雄他編
    半澤 節子 (担当:分担執筆範囲:精神保健福祉援助演習 集団援助技術-家族会)
    中央法規出版 2006年
  • 市町村時代の精神保健福祉業務必携(相談および訪問活動の方法・技法)石川到覚,田中英樹,天野宗和,伊東秀幸 半澤節子 編集
    (担当:分担執筆)
    中央法規出版 2002年
  • 半澤, 節子 ()
    やどかり出版 2001年12月 ISBN: 4946498516 277p
  • 精神保健福祉ボランティア-精神保健と福祉の新たな波-
    (担当:分担執筆)
    中央法規出版 2001年

講演・口頭発表等

  • Recognition of the community life of patients with chronic schizophrenia: Study of psychiatric nurses employed in psychiatric hospitals in Japan.  [通常講演]
    HANZAWA Setsuko
    6th International Meeting of WPA Anti-stigma Section, Tokyo, Japan, 2013.2.13-14 2013年02月
  • Caregiver experiences of people with schizophrenia comparison Korea and Japan.  [通常講演]
    HANZAWA Setsuko
    15th Pacific Rim Congress of Psychiatry, Seoul, Korea 2012年10月
  • Psychiatric nurses’ beliefs about treatability of mental illness and resources for community life in Japan.  [通常講演]
    13th International Federation of Psychiatric Epidemiology Kaoshun, Taiwan. 2011年
  • Needs for crisis intervention among family caregivers with schizophrenia patients in Japan; Comparison between inpatients and outpatients.  [通常講演]
    13th International Federation of Psychiatric Epidemiology Kaoshun, Taiwan. 2011年
  • Toward understanding the internalized stigma of schizophrenia:A study of psychiatric nurses in Japan.  [通常講演]
    14th Pacific Rim Congress of Psychiatrry Brisbane, Australia 2010年
  • Burden on Families of Patients with Schizophrenia:  [通常講演]
    1th Asian Workshop of Schizophrenia Resaerch, Osaka,Japan, 2009年
  • Family stigma and Care burden of Patients with Schizophrenia:  [通常講演]
    XIV International Federation of Psychiatric Epidemiology, Vienna, Austria 2009年
  • STIGMA AND SOCIAL DISTANCE TOWARDS PERSONS WITH MENTAL DISORDERS: SURVEY RESULTS REGARDING PEOPLE WITH SCHIZOPHRENIA  [通常講演]
    19th WORLD CONGRESS OF WORLD ASSOCIATION FOR SOCIAL PSYCHIATRY(PRAGUE,CZECH REPUBLIC) 2007年 ポスター発表
  • FACTORS RELATING TO THE BURDEN FOR MOTHERS OF SCHIZOPHRENIA PATIENTS:COMPARISON OF PATIENTS BY GENDER  [通常講演]
    19th WORLD CONGRESS OF WORLD ASSOCIATION FOR SOCIAL PSYCHIATRY(PRAGUE,CZECH REPUBLIC) 2007年 ポスター発表

MISC

  • 映像と音声で伝える「認知症の当事者と家族の語り」を活用した へき地医療に従事する看護職者への高齢者認知症看護教育プログラムの評価
    佐藤幹代, 半澤節子, 成田伸, 春山早苗 第14回日本ルーラルナーシング学会学会集 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 石井 慎一郎, 半澤 節子, 酒井 克子, 永井 優子, 路川 達阿起, 宮城 純子, 谷田部 佳代弥, 小池 純子, 板橋 直人, 中根 秀之 日本社会精神医学会雑誌 28 (3) 311 -311 2019年08月 [査読無し][通常論文]
  • 隔離に対する臨床判断と人的環境要因との関連
    石井 慎一郎, 半澤 節子, 永井 優子, 酒井 克子, 路川 達阿起 日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 29回 119 -119 2019年05月 [査読無し][通常論文]
  • 小原 泉, 中村 美鈴, 永井 優子, 佐々木 彩加, 江角 伸吾, 鹿野 浩子, 半澤 節子, 成田 伸, 春山 早苗 自治医科大学看護学ジャーナル 16 3 -8 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:本研究の目的は,看護学生の生活行動,生活体験および学習態度を明らかにすることである。方法;A大学看護学部3年生を対象に独自に作成した質問紙と既存の大学生調査票を用いた自記式調査を実施し,記述統計を行った。結果:26名の生活行動は,食事前の手洗いありが50%,入浴あるいはシャワーの際の湯温確認は61.5%に認められた。自動水洗トイレの住宅への居住経験ありは57.7%,湯の保温機能つきの風呂の住宅への居住経験ありが76.9%であった。学習行動の第1位は図書館の利用であったが,高校と大学での勉強や学習の仕方の違いに戸惑った,授業についていけなかった,という回答も上位10位以内に含まれていた。結論:一概に学生の生活体験が乏しいとはいえないが,利便性の高い生活環境で育った背景やグループ学習やインターネット利用といったこの世代の学生が好む学習スタイルを理解し,効果的な教授方法を開発することが求められる。(著者抄録)
  • 小原 泉, 中村 美鈴, 永井 優子, 成田 伸, 春山 早苗, 半澤 節子, 江角 伸吾, 佐々木 彩加, Dorjee Chencho, Wangro Neyzang 自治医科大学看護学ジャーナル 16 20 -20 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 精神看護学実習の地域における展開方法 看護基礎教育における教育実践から
    永井 優子, 半澤 節子, 石井 慎一郎, 路川 達阿起, 千葉 理恵, 板橋 直人, 宮城 純子 日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 27回 86 -86 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 退院および地域生活支援に関連する社会資源についての精神科看護職の経験
    酒井 克子, 谷田部 佳代弥, 半澤 節子 日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 27回 128 -128 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小池 治, 小池 純子, 稲本 淳子, 池田 朋広, 常岡 俊昭, 加藤 邦彦, 黒田 治, 半澤 節子, 中谷 陽二 日本社会精神医学会雑誌 25 (3) 257 -257 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 保健師によるソーシャル・キャピタルの醸成過程
    松本 珠実, 岡島 さおり, 朽木 悦子, 黒橋 真奈美, 小西 美香子, 西嶌 知子, 吉田 知可, 佐伯 和子, 半澤 節子, 横山 美江 日本公衆衛生学会総会抄録集 74回 408 -408 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • ソーシャル・キャピタルの醸成に結びつく公衆衛生看護活動
    吉田 知可, 松本 珠実, 岡島 さおり, 朽木 悦子, 黒橋 真奈美, 小西 美香子, 西嶌 知子, 横山 美江, 佐伯 和子, 半澤 節子 日本公衆衛生学会総会抄録集 74回 408 -408 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • Setsuko Hanzawa, Kayomi Yatabe, Akiko Nosaki, Yuko Nagai, Goro Tanaka, Hideyuki Nakane, Yoshibumi Nakane EARLY INTERVENTION IN PSYCHIATRY 8 126 -126 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 保健師がソーシャルキャピタルの醸成を図るために必要な条件や要件について(第1報)
    松本 珠実, 黒橋 真奈美, 朽木 悦子, 小西 美香子, 西嶌 知子, 馬場 順子, 半澤 節子, 福原 円, 横山 美江 日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 481 -481 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • ソーシャルキャピタルの醸成にかかる公衆衛生看護活動について(第2報)
    馬場 順子, 黒橋 真奈美, 朽木 悦子, 小西 美香子, 西嶌 知子, 半澤 節子, 福原 円, 松本 珠実, 横山 美江 日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 481 -481 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • ソーシャルキャピタルの醸成にかかるスキルについて(第3報)
    小西 美香子, 黒橋 真奈美, 朽木 悦子, 西嶌 知子, 馬場 順子, 半澤 節子, 福原 円, 松本 珠実, 横山 美江 日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 481 -481 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • ソーシャルキャピタルの醸成を目指した市町村の保健活動のあり方について(第4報)
    西嶌 知子, 黒橋 真奈美, 朽木 悦子, 小西 美香子, 馬場 順子, 半澤 節子, 福原 円, 松本 珠実, 横山 美江 日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 482 -482 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小池 純子, 宮城 純子, 池田 朋広, 半澤 節子, 黒田 治, 中谷 陽二 臨床精神医学 43 (9) 1345 -1351 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宮城 純子, 板橋 直人, 清水 みどり, 半澤 節子, 岡 由弘 自治医科大学看護学ジャーナル 11 87 -87 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 板橋 直人, 宮城 純子, 小池 純子, 半澤 節子, 永井 優子, 海発 規夫 自治医科大学看護学ジャーナル 11 93 -93 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 板橋 直人, 野崎 章子, 小池 純子, 半澤 節子, 永井 優子, 小川 錦次 自治医科大学看護学ジャーナル 10 109 -109 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • Akiko Nosaki, Koicihiro Otsuka, Setsuko Hanzawa, Yayoi Iwasaki ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 4 111 -111 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • YongJun Bae, Hideki Tanaka, JuHong Park, Setsuko Hanzawa, ZhaoXiang Hua, JeongKyu Bae ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 4 153 -154 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • Setsuko Hanzawa, Jeong Kyu Bae, Hideki Tanaka, Yong Jun Bae, Xiang Hua Zhao, Yoshibumi Nakane ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 4 104 -104 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • Nari Kim, Hideki Tanaka, Setsuko Hanzawa ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 4 113 -113 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 野崎 章子, 半澤 節子, 大塚 公一郎, 簗瀬 順子, 石川 アンナ, 本多 エリザ 自治医科大学看護学ジャーナル 9 48 -49 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 板橋 直人, 半澤 節子, 永井 優子, 野崎 章子, 宮田 真理子, 谷田部 佳代弥, 小川 錦次 自治医科大学看護学ジャーナル 9 53 -53 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 板橋 直人, 野崎 章子, 小池 純子, 永井 優子, 半澤 節子 自治医科大学看護学ジャーナル 9 65 -65 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 谷田部 佳代弥, 半澤 節子, 永井 優子, 吉田 恵子, 駒橋 徹 日本社会精神医学会雑誌 20 (3) 233 -234 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 永井 優子, 半澤 節子, 野崎 章子, 濱田 恭子, 宮田 真理子, 板橋 直人, 海発 規夫, 新井 忠孝 自治医科大学看護学ジャーナル 8 183 -183 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • Akiko Nosaki, Setsuko Hanzawa ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 2 (3) A4 -A5 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • Setsuko Hanzawa, Jeong Kyu Bae, Hideki Tanaka, Goro Tanaka, Yong Jun Bae, Masahiro Goto, Hiroyuki Inadomi, Yasuyuki Ohta, Hideyuki Nakane, Yoshibumi Nakane Asia-Pacific Psychiatry 2 62 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 野崎 章子, 半澤 節子, 岩崎 弥生 自治医科大学看護学ジャーナル 7 49 -62 2010年03月 [査読無し][通常論文]
     
    時代の移り変わりや生活様式の激変に伴い、わが国においても児童の心の問題への取り組みを含む精神保健サービスの拡充が昨今の急務となっている。そこで、わが国の児童精神科看護に関する既存研究文献を概観し、さらに児童精神科看護の看護実践内容とその特性を明らかにし、今後の課題を見出すことにより、より質の高い児童精神科看護実践への支援について示唆を得ることを目的とした。既存研究文献59件について、分析を行った結果、児童精神科看護は主に病棟において、摂食障害や強迫性障害等をもった患児および家族を対象に実践されていた。看護実践上の課題および目標として、患児および家族への直接ケアの他に、看護者自身のアイデンティティの探求、メンタルヘルスなどが明らかとなった。児童精神科看護実践向上のために、卒前の看護教育の拡充、施設内での役割の明確化や臨床現場での教育、そしてコンサルテーション導入などの必要性が示唆された。(著者抄録)
  • 本田 芳香, 半澤 節子, 井上 映子, 小竹 久美子, 朝野 春美, 篠原 和子, 鯨 美千子, 軽部 真粧美, 田中 康代, 吉澤 利恵 自治医科大学看護学ジャーナル 7 115 -116 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 本田 芳香, 半澤 節子, 井上 映子, 軽部 真粧美, 田中 康代, 吉澤 利恵 日本看護科学学会学術集会講演集 29回 474 -474 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 佐藤 勢津子, 谷田部 佳代弥, 永井 優子, 田中 悟郎, 中根 允文 日本社会精神医学会雑誌 18 (1) 138 -138 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中根 允文, 吉岡 久美子, 中根 秀之, 半澤 節子 こころの健康 24 (1) 75 -75 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 統合失調症患者と同居している家族の介護負担感と対処行動の1年間追跡研究
    田中 悟郎, 半澤 節子, 稲富 宏之, 太田 保之 日本作業療法学会抄録集 43回 D3 -6 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 田中 悟郎, 稲富 宏之, 太田 保之 精神障害とリハビリテーション 13 (1) 79 -87 2009年06月 [査読無し][通常論文]
     
    統合失調症患者の性別による母親の介護負担感とその関連要因について検討した。精神障害者家族会単会の会員162例に自記式質問紙調査を行った。患者の診断名が「統合失調症」であり、回答者が母親であることを条件としたところ、解析の対象は93例であった。息子が統合失調症である母親では、娘がそうであるよりコミュニケーションが乏しかった。他人に世話をされることに息子が抵抗感を持つと思う母親ほど、もしくは息子を威圧し息子との関係が悪い母親ほど、母親自身の介護負担感は深刻であった。また、母親の介護負担感に独立した影響を及ぼした要因は、息子では母親による威圧、娘では母親によるあきらめであった。患者の性別を考慮した母親支援プログラムを検討する必要性が示唆された。
  • 半澤 節子, 青木 桂子 保健師ジャーナル 65 (4) 282 -284 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 青木 桂子, 半澤 節子 保健師ジャーナル 65 (4) 285 -287 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 精神科における長期入院患者の退院を促進する看護に関する研究 精神科看護師の現状認識、使命感、悲観的な予後予測の関連について
    佐藤 勢津子, 半澤 節子, 谷田部 佳代弥, 永井 優子 自治医科大学看護学ジャーナル 6 151 -151 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 永井 優子, 佐藤 勢津子, 田中 京子 自治医科大学看護学ジャーナル 5 47 -49 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    統合失調症患者の母親を対象に、介護負担感、および、同居していない家族や友人といったソーシャルサポートとの関連を明らかにすることを目的にアンケート調査を行った。その結果、統合失調症患者の母親は、家族内外から実際的な支援が得られておらず、家族により介護する意識が強いため患者の症状が悪化して入院している状況は、最も介護負担感の深刻さを決定づける要因となっていることが分かった。
  • 半澤 節子, 田中 悟郎, 後藤 雅博, 永井 優子, 関井 愛紀子, 田上 美千佳, 新村 順子, 稲富 宏之, 太田 保之 日本社会精神医学会雑誌 16 (3) 263 -274 2008年02月 [査読無し][通常論文]
     
    統合失調症患者の家族の介護負担感は、患者の症状特性、家族の対処技能、ソーシャルサポート、精神的な健康状態、精神疾患・障害の理解度との関連が報告されている。本研究は、統合失調症患者と同居する母親で、調査協力の同意の得られた53人を対象に、介護負担感(J-ZBI_8)、家族内外の支援状況(SNQ)、家族機能(GF-FAD)などを評価した。解析の結果、「患者が現在入院していること」「日常生活上のケアの必要度」家族内外の支援状況の下位尺度の「社会的接触」「実際的な支援」「心理的な支援」、家族機能、「母親の介護意識」が母親の介護負担感に関連した。重回帰分析の結果、「患者が現在入院していること」「日常生活上のケアの必要度」「実際的な支援」は、他の要因と独立して介護負担感に関与を認めた。これらのことから、統合失調症患者の母親に対する家族内外の支援を確保する必要性を示唆した。(著者抄録)
  • 半澤 節子, 田中 悟郎, 後藤 雅博, 永井 優子, 関井 愛紀子, 稲富 宏之, 太田 保之 日本社会精神医学会雑誌 16 (1) 80 -80 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • ベイ・ヨンジュン, 半澤 節子, 久木 美智子, 丸山 裕子, 中野 清子, 中尾 類子, 小倉 伸, 坂本 明子, 杉原 綾乃, 山下 由美, 田中 英樹 精神障害とリハビリテーション 10 (2) 168 -180 2006年11月 [査読無し][通常論文]
  • 高校生の喫煙に関する実態調査と禁煙教育(第1報)
    近藤 早百合, 大橋 優, 中尾 理恵子, 半澤 節子, 森下 路子 日本公衆衛生学会総会抄録集 65回 321 -321 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高校生の喫煙に関する実態調査と禁煙教育(第2報)
    大橋 優, 近藤 早百合, 中尾 理恵子, 半澤 節子, 森下 路子 日本公衆衛生学会総会抄録集 65回 321 -321 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢の独居女性の生活調査
    森下 路子, 半澤 節子, 中尾 理恵子, 川崎 涼子 日本公衆衛生学会総会抄録集 65回 529 -529 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 田中 悟郎, 稲富 宏之, 太田 保之, 中根 允文 日本社会精神医学会雑誌 15 (1) 118 -119 2006年08月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子 精神障害とリハビリテーション 9 (1) 25 -32 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 【新人に何を教えるか,どう教えるか】臨床現場における新人教育 何をいかに教えるか 保健師の現任教育と市町村に対する保健所の後方支援の課題
    半澤 節子, 羽田 久美子 精神科臨床サービス 5 (1) 75 -80 2005年01月 [査読無し][通常論文]
     
    小規模過疎町村を卓えるN県の市町村保健師による精神保健活動と保健所による後方支援を紹介し,現任教育に求められることをまとめた.身内や近隣の支援を期待しつつも社会的逸脱行為には周囲の暗黙の圧迫が与えられ,結果として医療依存傾向を定着させてきた農村型閉鎖社会では,再発に伴う危機介入に市町村保健師は多くの困難を感じている.こうした介入には保健所が積極的に後方支援を行うことが求められるが,一方で,急性期症状が改善し退院した後に再定住の場と支援者確保につながるよう,日頃から精神障害者と地域住民との接点をつくり,精神障害者の地域社会への統合化に向けた活動方法・技術の習得も求められる.どちらも長期的なパートナーシップと実践的課題解決型の現任教育が求められている(著者抄録)
  • 【地域で実践できる危機予防と危機介入】危機行動への予防と介入 他害行為の予防と危機介入システム 保健師の立場から
    半澤 節子 精神科臨床サービス 4 (4) 445 -449 2004年10月 [査読無し][通常論文]
     
    本稿では,暴力のリスクの高い幻覚妄想状態にある統合失調症患者と家族の支援について,他害行為の被害者となった保健師の事例から現状と背景要因を分析した.暴力のリスクを予測する情報の活用,精神科医療機関と行政保健機関の連携,危機介入のために警察と精神科看護職が連携する「危機介入チーム」の整備を課題として明らかにした(著者抄録)
  • 半澤 節子 精神科看護 31 (1) 48 -55 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 田代 隆良, 浦田 秀子, 岩永 喜久子, 辻 慶子, 半澤 節子, 鷹居 樹八子, 宮原 春美, 宮下 弘子, 石原 和子 長崎大学医学部保健学科紀要 16 (1) 51 -55 2003年06月 [査読無し][通常論文]
     
    平成2年度から平成13年度に長崎大学医療技術短期大学部看護学科に入学した932名で,新入生健康診断時に採血してHBs抗原・抗体を検査した.平成12年度入学生に対しては,平成14年度の3年次健康診断時にもHBs抗原・抗体を検査した.平成10年度からは,HBs抗原及びHBs抗体共に陰性の希望者に対しHBワクチンを接種した.HBs抗原陽性率は0.54%,HBs抗体陽性率は1.82%であった.B型肝炎ワクチン接種は315名に行い,3回のワクチン接種による抗体獲得率は97.8%であった.抗体を獲得しなかった6名に追加接種を行い,4名がHBs抗体陽性となったが,抗体価は低かった.ワクチン接種後の経過を追跡した76名では,3年次に8名がHBs抗体陰性となった
  • 宮下 弘子, 宮原 春美, 半澤 節子, 鷹居 樹八子, 浦田 秀子, 大石 和代, 岩永 喜久子, 岩木 宏子, 辻 慶子, 中尾 優子, 中尾 理恵子, 荒木 美幸, 佐々木 規子, 野村 亜由美, 岡田 純也, 志水 友加, 石原 和子, 寺崎 明美 長崎大学医学部保健学科紀要 16 (1) 71 -77 2003年06月 [査読無し][通常論文]
  • 【精神療法とセルフヘルプ・グループ】セルフヘルプ・グループと専門職の関係 地域生活支援システムに期待される精神科医療を求めて
    半澤 節子 精神療法 28 (6) 705 -711 2002年12月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 桶谷 肇, 山口 弘美, 福井 典子, 野崎 典昭, 橋本 勝之 精神障害とリハビリテーション 6 (2) 97 -103 2002年11月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 塚原 洋子 保健婦雑誌 58 (7) 588 -594 2002年07月 [査読無し][通常論文]
  • 自分が選んだ医療専門職と他医療専門職のイメージの変化 医学生と看護学生の合同演習を通して
    辻 慶子, 鷹居 樹八子, 半澤 節子, 石原 和子 日本看護学教育学会誌 12 (学術集会講演集) 268 -268 2002年07月 [査読無し][通常論文]
  • 辻 慶子, 鷹居 樹八子, 半澤 節子, 石原 和子 長崎大学医学部保健学科紀要 15 (1) 69 -74 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 石原 和子, 永田 耕司, 黒岩 かをる 長崎大学医学部保健学科紀要 15 (1) 75 -80 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子, 二之宮 実知子, 小川 るみ, 江口 昭, 西村 大輔, 濱元 覚, 中尾 理恵子, 志水 友加, 溝口 静子, 三根 妙子, 保利 恵, 久松 三枝子, 渕本 規子, 山下 美保子, 中野 弘恵, 鍵下 佳子, 桑原 香織 長崎大学医学部保健学科紀要 15 (1) 97 -104 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子 長崎大学医学部保健学科紀要 14 (2) 49 -56 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 石原 和子, 鷹居 樹八子, 半澤 節子, 永田 耕司, 黒岩 かおる 長崎大学医学部保健学科紀要 14 (2) 85 -92 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 半澤 節子 精神障害とリハビリテーション 5 (2) 152 -155 2001年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【これだけは知っておきたい 治療計画の立て方】職種別にみた治療計画の立て方 包括的支援システムと保健婦の活動計画 行政の保健婦に期待される視点と展開方法
    半澤 節子 精神科臨床サービス 1 (3) 473 -478 2001年07月 [査読無し][通常論文]
     
    保健婦の立場から精神保健の活動計画の現状と課題を明らかにし,個別支援計画,地域支援計画,包括的支援システムの相互関連性を指摘した.看護職である保健婦は,責任ある継続的かつ計画的な個別支援が求められ,家庭訪問を行い,精神障害者と家族の社会生活状況と健康状態をアセスメントし個別支援計画を立てる.その際,医療機関職員との連携は不可欠である.又,地域の包括的な支援システムを踏まえた地域支援計画との関連づけが重要である.一例としてカナダのバンクーバーの施策と実践を紹介し,保健婦の地域支援計画には,サービス提供や調整役を担う中で発見した課題と解決策を,行政内部から施策化に反映させる役割が含まれることを強調した
  • 精神障害者のグループホームの現状から専門職が学ぶこと
    半澤 節子, 堀川 新二, 新島 寿美子, 松尾 香織, 山口 綾子, 松本 麻里, 山口 弘美 精神保健 (46) 114 -114 2001年05月 [査読無し][通常論文]
  • 【これだけは知っておきたい アセスメント】職種別にみたアセスメント 保健婦のアセスメント ストレングス・モデルを取り入れ個人と環境をアセスメントするために
    半澤 節子 精神科臨床サービス 1 (2) 294 -297 2001年04月 [査読無し][通常論文]
     
    今日精神障害リハビリテーション領域では,「自己決定が尊重される環境こそ実はストレスを弱め,症状の悪化を予防する」と考える『ストレングス・モデル』が注目されている.このモデルは,個人や社会環境において成長や発展を促す要因をアセスメントする点に特徴がある.保健婦には,このモデルの枠組みを取り入れ,精神障害者の自己決定が尊重される社会環境へのアプローチが期待されている
  • 半澤 節子, 寺崎 明美 ナーシングカレッジ 4 (11) 64 -70 2000年10月 [査読無し][通常論文]
  • 市町村保健婦・士活動領域の変化と活動内容に関する考察
    半澤 節子, 川又 協子, 阿部 弥栄子 東京都衛生局学会誌 (103) 358 -359 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • 母子保健事業移管に伴う市町村への自治法上の派遣(その1) 一人的支援の枠組みと今後の展望
    阿部 弥栄子, 川又 協子, 半澤 節子, 菊池 新三, 室星 健 東京都衛生局学会誌 (103) 360 -361 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • 母子保健移管に伴う市町村への自治法上の派遣(その2) 保健婦の保健活動をとおした支援
    大沢 幸代, 鳥谷 ツグヨ, 笹井 美由紀, 中板 育美, 阿部 弥栄子, 川又 協子, 半澤 節子 東京都衛生局学会誌 (103) 346 -347 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • 東京都保健婦(士)活動の変遷(第1報) 家庭訪問と関係機関連絡の推移
    半澤 節子, 川又 協子, 阿部 弥栄子 東京都衛生局学会誌 (102) 46 -47 1999年05月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2016年06月 公益社団法人 日本精神神経学会 2015 Psychiatry and Clinical Neurosciences Reviewer Award
     
    受賞者: 半澤 節子
  • 2014年10月 日本精神障害者リハビリテーション学会 野中賞(研究表彰)
     統合失調症患者の母親の介護負担感に関連する要因: 患者の性別による比較.精神障害とリハビリテーション,2009; 13: 79-87. 
    受賞者: 半澤節子;田中悟郎;稲富宏之;太田保之
  • 2012年10月 15th Pacific Rim Congress of Psychiatry, Seoul, Korea 2012.10.25-27, The PRCP Award in research based oral presentation(第15回環太平洋精神科医会議 学会賞)
     Caregiver experiences of people with schizophrenia comparison Korea and Japan(統合失調症を持つ人の家族の介護経験に関する日韓比較研究) 
    受賞者: 半澤 節子
  • 2004年10月 18th World Congress of World Association for Social Psychiatry(第18回世界社会精神医学会)学会賞 受賞英文タイトル:Causes for the burden of care felt by the mothers of patients with schizophrenia(統合失調症患者の母親の介護負担感に関連する要因)
  • 2004年 The JSSP/WASP AWARD(18th World Congress of World Association for Social Psychiatry

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 精神科病棟における身体拘束の最小化および最短化に向けた基礎的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 半澤 節子, 石井 慎一郎, 永井 優子, 宮城 純子
     
    本研究は、精神科看護師(准看護師を含む)を対象として、統合失調症の仮想事例に対する身体的拘束に対する臨床判断について評価し、臨床現場に形成されたモラル、職場環境などとの関連を検討し、我が国の精神科看護師に認知行動様式に影響を及ぼす要因の解明を試み、精神科医療施設内外の新たな支援モデルを見出すことである。 研究期間の初年度である本年度は、研究計画の第一段階として、精神科看護師を対象に実施した先行研究(隔離に対する臨床判断と精神科臨床現場のモラル)の調査結果の報告として、調査対象機関に訪問し、看護管理者および専門看護師に結果の詳細な報告を行った。併せて、身体的拘束に関する調査研究に関する協力の依頼、内諾を得、調査票に使用する事例を実践現場によくある内容にするためのブラッシュアップについて協力をいただくことを確認した。 関連学会への研究発表については、先行研究(隔離に対する臨床判断と精神科臨床現場のモラル)の結果の一部について、第38回日本社会精神医学会(2019.2.28-3.1)において研究分担者の石井がポスター発表を行った。主な内容は、統合失調症仮想事例(初回入院、20代男性、暴言がみられる)に対し必要な隔離期間として、3日間(10.0%)、7日間(12.3%)、1か月間(28.8%)、3か月間(27.1%)という結果が得られ、倫理的問題として、「病状が安定して日常生活に支障がない患者が入院し続けても何もできない」という「事実がある」と回答した人は回答者全体のおよそ8割で、「人員配置が不足しているため不適切なケアになる」という「事実がある」と回答した人は66%であった。こうした結果から、隔離解除の提案における看護職の主体性の乏しさ、精神科特例による看護配置の乏しさが背景にある可能性が推察された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2019年03月 
    代表者 : 宮城 純子, 小池 純子, 相澤 和美, 半澤 節子, 寺田 美紀
     
    本研究の目的は、地域で生活する触法精神障害者とその家族、また地域で支援する医療者を対象に、対象者が地域生活を送る上でどのような支援が必要であるのか、また対象者の家族が抱える困難やニーズを抽出し、さらに、触法精神障害者を地域で支援する医療者の触法精神障害者に対する認知を明らかにすることで、触法精神障害者の地域生活における効果的な支援体制の制度化に向けた基礎資料を得ることである。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 半澤 節子, 小池 純子, 永井 優子, 千葉 理恵, 宮城 純子, 石井 慎一郎, 中根 秀之, 板橋 直人, 谷田部 佳代弥, 酒井 克子, 路川 達阿起
     
    本研究は、精神科看護師(准看護師を含む)を対象とし、統合失調症の仮想事例に対する行動制限、とりわけ隔離に対する臨床判断について評価し、臨床現場に形成されらモラルとの関連を検討し、わが国の精神科看護師の認知行動様式に影響を及ぼすマクロな社会構造的な側面について解明を試み、統合失調症者に対する精神科医療施設内外の新たな支援モデルを見出すことを目的とし調査研究を行った。平成29年度は関東地方の5か所の単科精神科病院に調査協力を得て、精神科看護師(准看護師を含む)を対象に自記式質問紙調査を実施し、得られたデータ170名の結果を解析した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2017年03月 
    代表者 : 小池 純子, 中谷 陽二, 針間 博彦, 黒田 治, 常岡 俊昭, 池田 朋広, 小池 治, 加藤 邦彦, 吉岡 眞吾, 稲本 淳子, 針間 博彦, 半澤 節子, 宮城 純子
     
    本研究は、本研究の目的は、他害行為を行った精神障害者の家族を対象に、効果的な支援体制の制度化に向けた基礎資料を得ることであった。これに従い調査を行ったところ、家族は(1)患者が他害行為を行った際の迅速かつ直接的な介入、(2)患者に対する日常的な支援の強化、(3)家族に対する心理的等支援の必要性を感じていることが明らかになった。したがって、触法精神障害者家族に対しては、家族に対する直接的な支援とともに、日常的に継続医療を提供する体制の整備を前提としながらも、不測の事態に対応可能な精神科救急医療体制の強化が必要になると考えられた。
  • 地域における精神障害者に対する国民の理解の深化及び家族支援の方策に関する研究
    厚生労働省:障害者総合福祉推進事業
    研究期間 : 2016年04月 -2017年03月 
    代表者 : 田中英樹
  • ソーシャル・キャピタルの醸成にかかる保健師の能力形成に関する研究
    厚生労働省:地域保健総合推進事業
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 松本珠実
  • 地域保健対策におけるソーシャルキャピタルの活用のあり方に関する研究
    厚生労働省:健康安全・危機管理対策総合研究事業
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 藤内修二
  • ソーシャルキャピタルの醸成や活用にかかる保健活動のあり方に関する研究
    厚生労働省:地域保健総合推進事業
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 松本珠実
  • 精神障害者への対応の国際比較に関する研究
    厚生労働省:障害者対策総合研究事業
    研究期間 : 2011年04月 -2012年03月 
    代表者 : 中根允文
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 半澤 節子, 田中 英樹, 趙 香花, 田中 悟郎, 中根 允文, 太田 保之
     
    本研究では、統合失調症家族の介護に関連する心理的なストレス、とりわけ患者の暴言・暴力による心的ストレスについて韓国での評価を試みた。我々の研究成果により、調査時点で、患者と別居している場合でも、介護家族は患者によるかつて行われた暴力的な言動によって心的トラウマ体験がみられることが示唆された。 また、 こうした介護家族の心的トラウマ体験は、患者が長期的に治療を受けているにもかかわらず、患者の服薬アドヒアランスの問題、介護家族の深刻な介護負担感の継続といったこととの間に有意な関連がみられた。 本研究の結果から、統合失調症を持つ人とその家族の長期的なケアについて、入院治療を経験した患者に対する地域を基盤としたサービスとして、服薬アドヒアランスの改善に向けた支援が必要であると考えられた。
  • 精神障害者の自立した地域生活を推進し家族が安心して生活できるための効果的な家族新に関する調査研究
    厚生労働省:障害者保健福祉推進事業
    研究期間 : 2009年04月 -2010年03月 
    代表者 : 白石弘巳
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 半澤 節子, 田中 悟郎, 田中 英樹, ベイ ヨンジュン, 後藤 雅博, 太田 保之, 稲富 宏之, 永井 優子, 関井 愛紀子, 田上 美千佳, 新村 順子, 後藤 雅博, 永井 優子, 太田 保之, 稲富 宏之
     
    日本(新潟市)と韓国(ソウル市、テグ市)の精神障害者地域家族会の協力のもと、調査協力の同意の得られた各100人の家族会会員を対象に、介護負担感(J-ZBI_8)、対処技能(FCQ-23)、介護意識(7items)、スティグマ(18items)、社会的距離(5items)などの尺度を用いて質問紙調査を実施した。解析の結果、1)統合失調症患者を抱える家族の介護負担感、知覚的スティグマ認知、社会的距離は韓国に比べて日本で有意に大きく、2)個人的スティグマ認知は日本に比べて韓国で有意に大きかった。これらのことから、東アジアの日韓両国では、統合失調症者の家族の介護負担感やスティグマ認知に相違がみられる可能性が示唆され、各国における介護負担感の軽減、家族自身のスティグマの緩和を効果的に進めるための支援システムの構築が課題であると推察された。
  • 障害者自立支援法施行後の地域精神保健福祉活動の現状と保健師の課題
    厚生労働省 障害者保健福祉推進事業:
    研究期間 : 2007年04月 -2008年03月 
    代表者 : 宮崎紀枝
  • 精神保健分野における地域サポート等に関する日豪共同研究
    厚生労働省:こころの健康科学研究事業
    研究期間 : 2006年04月 -2007年03月 
    代表者 : 中根允文
  • 精神障害者の地域思想と支援システムに関する研究
    文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2003年04月 -2006年03月 
    代表者 : 熊澤利和
  • 九州地域における精神障害者支援施策の形成と発展に関する総合調査研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 田中 英樹, 中野 伸彦, 内山 憲介, 半澤 節子, 村上 清, 張 昌鎬
     
    九州地域における精神障害者支援の地域特性及び施策形成の歴史的推移を見ていく時、病床が九州に集中した特異な現象を至らしめた要因は複雑であり、かつ戦前と戦後の間には連続性と非連続の両側面が見られた。連続性の側面では、特に天皇制を中心とした近代国家成立の途上、西南戦争や士族反乱の鎮圧、地方行幸、中央直轄型地域政治体制の維持などの精神風土、及び南国の温暖な気候など自然風土を中心に1990年代に至る精神医療の展開の基本的性格(「治安」と「救貧」を中心とした収容主義)が決定づけられる。 非連続の側面では、戦後の社会保障制度の整備、国策としての民間精神病院への依存と育成策を基盤に、九州地域における様々な社会変動(都市への人口流出、農村崩壊、家族システムの弱体化、石炭産業の衰退など産業構造の変化)の影響で、経済的後進地域からの脱却に新たな産業基盤の模索および社会的対応として精神科病床の増床を促す下地が、他の地域に比べて比較的整っていたことを現地ヒアリング調査及びサンプリング・アンケート調査、文献調査等を通じて、いくつかの仮説とともに分析することができた。 今後の九州地域における精神障害者支援施策の発展の方向性として、精神病床数の多少に影響しない診療報酬体制の確立、精神障害者社会復帰施設など地域資源の質量の充足とACTに代表される地域生活支援チームの立ち上げ、医療スタッフの地域再配置の促進と研修支援が必要である。また家族支援の充実と市民団体や精神障害当事者会の育成の取り組みを充実することも重要である。
  • 統合失調症患者の家族成員における介護負担感の変容プロセスと精神保健専門職者の課題
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 半澤 節子, 太田 保之, 田中 悟郎, 稲富 宏之
     
    精神障害者の家族成員における介護負担感に影響を及ぼす要因について、計量疫学的に解析した結果以下のような結果が得られた。 第一に、家族成員間で比較した結果、介護負担感に関連する要因は家族成員間較差がみられた。たとえば、介護負担感の深刻さを決定づける要因は、父親と母親では全く異なっていた。たとえば、母親の介護負担感の深刻さに最も影響を及ぼす要因は、母親自身の社会的関心の乏しさ、精神障害者に対する威圧、介護状況へのあきらめであった。一方、父親の介護負担感の深刻さに最も影響を及ぼしていたのは、精神障害者の年齢が若いことであり、父親自身が精神障害であっても社会で普通に生活できるという認識の乏しいことが、介護負担感に最も影響を及ぼしていた。また、母親に比べて父親は、精神障害であっても地域社会で普通に生活できることへの理解が乏しかった。 従って、父親と母親の精神疾患・障害の理解における質的な違いに応じて、家族心理教育の内容を工夫し、とりわけ父親には、地域社会で普通に生活している精神障害者の理解を促すことが示唆された。 第二に、大都市、地方都市と農村部という地域間で比較した結果、(1)母親のあきらめは、精神障害者を威圧し回避するといった不適切な対処技能を引き起こすことは、いずれの地域にも共通していたが、いくつかの点で地域間較差がみられた。たとえば、(2)長崎県市部では、介護意識の乏しい母親ほど、精神疾患・障害の理解が乏しく、介護負担感が深刻で、社会的関心を失い、あきらめており、(3)長崎県(市部及び町村部)では、母親の介護負担感が深刻なほど、精神障害者に対して威圧や回避という対処がみられた。 従って、性別役割分業意識や家族扶養意識を背景とする社会的生活規範(介護意識)の地域特性を考慮し、家族成員に応じた支援が必要であると結論付けられた。
  • 精神障害者に対するスティグマ低減プログラムの包括的な評価研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 田中 悟郎, 太田 保之, 稲富 宏之, 半澤 節子
     
    精神に障害を持つ人々を地域で支えていく上での大きな阻害要因として、精神疾患・障害へのスティグマによる社会参加の制約がある。このスティグマは、社会参加を困難にするばかりでなく、発病後の精神科受診を遅らせ症状を悪化させる原因となっているとも考えられる。従って、スティグマを低減することができれば、受診行動も容易になり、その結果医療による治療効果もさらにあがることが期待できる。このような現状を考えると住民の精神障害者観に関連する要因を探り、スティグマ低減の方略を模索する必要性は極めて高い。 そこで本研究は、1)精神疾患・障害に対するスティグマの形成化及びスティグマの低減に関連する要因を明確にする、2)精神疾患・障害に対する正しい知識の普及及びスティグマ軽減を目的にした啓発活動の評価指標となるような尺度を当事者のニーズ調査に基づき開発する、3)開発した尺度を用いて啓発活動のうち最も頻繁に実施されている精神保健福祉に関する講演会の効果を測定する、などを目的に実施した。 その結果、1)精神障害者に対するスティグマの軽減や社会的な受け入れ体制を整備していくためには、正しい知識をあらゆる機会を通じて広めていくことや精神障害者との質の良いふれあい体験を積むことなどが重要であること、2)啓発活動の評価指標となるよう新規に開発した精神疾患・障害の理解尺度の信頼性・妥当性は良好で有用性が認められること、3)約1.5時間の講演会(教育的プログラム)により理解度及び消極的態度、さらに精神科受診行動においても改善する可能性があること、などが示唆された。
  • 専門職及び関連職種の養成研修のあり方に関する研究
    厚生労働省:科学研究費補助事業
    研究期間 : 1998年04月 -1999年03月 
    代表者 : 柴田貞雄

委員歴

  • 2013年04月 - 現在   日本看護科学学会   和文誌専任査読委員
  • 2013年04月 - 現在   Asian Journal of Psychiatry,   Reviewer
  • 2013年04月 - 現在   Psychiatry Research,   Reviewer
  • 2012年04月 - 現在   日本精神保健福祉学会   理事、学会誌編集委員(2020年6月から編集委員長)
  • 2012年04月 - 現在   International Journal of Culture and Mental Health,   Reviewer
  • 2011年04月 - 現在   日本ルーラルナーシング学会   学会誌査読委員
  • 2011年04月 - 現在   日本精神保健看護学会   学会誌査読委員
  • 2010年04月 - 現在   日本社会精神医学会   編集委員
  • 2009年04月 - 現在   日本精神神経学会   英文誌 Psychiatry and Clinical Neurosciences Reviewer
  • 2002年04月 - 現在   日本精神障害者リハビリテーション学会   常任理事、学会誌編集委員(2015年から編集委員長)   日本精神障害者リハビリテーション学会
  • 2017年04月 - 2019年03月   厚生労働省   精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築支援事業 広域アドバイザー
  • 2017年04月 - 2018年03月   公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)   効果的な家族支援などのあり方に関する全国調査 調査委員
  • 2008年04月 - 2017年12月   日本社会精神医学会   理事
  • 2012年04月 - 2014年12月   日本精神衛生学会   理事、学会誌査読委員
  • 2009年04月 - 2010年03月   特定非営利活動法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)   家族支援に関する調査研究プロジェクト検討委員

担当経験のある科目

  • へき地の生活と看護自治医科大学看護学部
  • 看護基礎セミナー自治医科大学看護学部
  • 総合実習自治医科大学看護学部
  • 看護総合セミナー自治医科大学看護学部
  • 精神保健看護実習自治医科大学看護学部
  • 広域実践看護学特別研究自治医科大学大学院看護学研究科 博士後期課程
  • 広域実践看護学演習自治医科大学大学院看護学研究科 博士後期課程
  • 広域実践看護学特論Ⅲ自治医科大学大学院看護学研究科 博士後期課程
  • 精神看護学講義ⅠⅡ、演習ⅠⅡⅢⅣⅤ、実習ⅠⅡⅢ、課題研究、特別研究自治医科大学大学院看護学研究科 博士前期課程
  • 看護実践研究論自治医科大学大学院看護学研究科 博士前期課程
  • 地域精神看護方法自治医科大学看護学部
  • 精神看護方法自治医科大学看護学部


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.