研究者総覧

渡部 麻衣子 (ワタナベ マイコ)

  • 倫理学 講師
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

学位

  • 博士(University of Warwick)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 60736908

J-Global ID

研究キーワード

  • 医療技術   

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 技術倫理

経歴

  • 2019年12月 - 現在  自治医科大学大学院医学研究科 総合教育学専攻科講師
  • 2019年04月 - 現在  自治医科大学医学部・総合教育部門講師
  • 2018年01月 - 現在  東京大学大学院情報学環客員研究員
  • 2018年11月 - 2019年03月  全国農業協同組合中央会国際企画課職員
  • 2017年07月 - 2019年03月  北里大学医学部客員研究員
  • 2016年01月 - 2017年07月  Harvard University, Graduate School of Arts and Sciences,Department of the History of Science,Visiting Scholar
  • 2015年04月 - 2015年12月  東京大学大学院総合文化研究科博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」特任講師
  • 2014年04月 - 2015年03月  東京大学大学院総合文化研究科博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」教育プロジェクト3「科学技術と共生社会」特任助教
  • 2011年04月 - 2014年02月  日本学術振興会(受け入れ研究室:東京大学情報学環・佐倉統研究室)学振PD
  • 2008年10月 - 2011年03月  東京大学医科学研究所公共政策研究分野PD特任研究員
  • 2006年10月 - 2008年03月  北里大学大学院医療系研究科PD特任研究員
  • 2005年10月 - 2006年10月  NPO法人市民科学研究室JST PD研究員
  • 2006年04月 - 2006年09月  財団法人共用品推進機構調査補助員
  • 2006年01月 - 2006年03月  国立身体障害者リハビリテーションセンター調査補助員

学歴

  • 2002年10月 - 2005年09月   ウォーウィック大学大学院   社会学部
  • 1998年04月 - 2002年03月   国際基督教大学   教養学部   社会科学科

所属学協会

  • 科学技術社会論学会   国際科学技術社会論学会   日本生命倫理学会   

研究活動情報

論文

  • 英国における「医療・医学の女性化」をめぐる議論と対策
    渡部麻衣子
    科学技術社会論研究 19 2021年01月 [査読有り]
  • ジェンダー分析的視座から見るHPVワクチンのもう一つの問題――HPVワクチンの定期接種の対象は「少女たち」だけでよいのか?
    渡部麻衣子
    現代思想 2020年11月 [査読無し][通常論文]
  • サラ・S・リチャードソン著/渡部麻衣子訳『性そのもの―ヒトゲノムの中の男性と女性の探求(Richardson, Sarah S.: Sex Itself: The Search for Male and Female in the Human Genome, University of Chicago Press, 2013))
    渡部麻衣子
    ジェンダー研究 21 2019年 [査読無し][招待有り]
  • 書評 田中祐理子『科学と表象:病原菌の歴史』名古屋大学出版会, 2015, 271pp
    渡部麻衣子
    科学史研究 271 194 - 196 2016年 [査読無し][招待有り]
  • 東京大学駒場博物館特別展『境界を引く⇔越える』によせて
    渡部麻衣子
    美術の窓 127 - 178 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 出生前検査を用いた専門知による人の「生」の支配に抵抗する
    渡部麻衣子
    科学技術社会論研究 11 109 - 122 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 出生前検査の高度化と「家族の<まなざし>
    渡部麻衣子
    家族関係学会 33 5 - 13 2014年 [査読無し][招待有り]
  • Maiko Watanabe, Yusuke Inoue, Chiungfang Chang, Hyunsoo Hong, Izumi Kobayashi, Satoshi Suzuki, Kaori Muto
    JOURNAL OF HUMAN GENETICS 56 5 358 - 363 2011年05月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper introduces methods used to communicate with participants in the 'Biobank Japan Project (BBJP)', which is a disease-focused biobanking project. The methods and their implications are discussed in the context of the ethical conduct of the biobanking project. Informed consent, which ensures the autonomous decisions of participants, is believed to be practically impossible for the biobanking project in general. Consequently, the concept of 'trust', which is 'judgement and action in conditions of less than perfect information', has been suggested to compensate for this limitation. As a means to maintain the trust participants feel for the project, this paper proposes communication with participants after receiving their consent. After describing the limitations of informed consent within the BBJP, based on a survey we conducted, we introduce our attempts to communicate with participants, discussing their implications as a means to compensate for the limitations of informed consent at the biobanking project. Journal of Human Genetics (2011) 56, 358-363; doi: 10.1038/jhg.2011.19; published online 10 March 2011
  • M. Watanabe, T. Ohata, K. Muto, F. Takada
    PUBLIC HEALTH GENOMICS 13 6 327 - 335 2010年 [査読有り][通常論文]
     
    As one of the countries that have invested greatly in the field of bioscience, Japan is facing difficulties introducing human genetic research to the market. A key issue is how to regulate the quality of genetic testing. Since genetic testing is a part of clinical laboratory tests, the regulatory framework for these tests should cover the regulation of genetic testing. Nevertheless, the quality of clinical laboratory tests has been regulated largely by the authority of medical professionals. The fact that genetic testing can be provided without supervision of medical professionals reveals the necessity for the regulation of quality of genetic testing. While medical geneticists have publicly criticized direct-to-consumer (DTC) genetic testing, a group of industries related to DTC genetic testing have established self-regulatory guidelines on the quality control of genetic analysis, based on the OECD guidelines. This article describes the regulatory framework for clinical laboratory tests including genetic tests, and the gaps in regulation, which are particularly highlighted by the appearance of DTC genetic testing. Furthermore the current initiatives taken by different organizations, especially the self-regulatory initiatives by related industries, will be discussed. To conclude the article, recommendations to improve the situation will be made. Copyright (C) 2009 S. Karger AG, Basel
  • 人の必要を充足する科学技術:福祉工学における開発現場の分析
    渡部麻衣子, 上田昌文
    科学技術社会論研究 6 138 - 151 2008年10月 [査読有り][通常論文]
  • 【書評】Coburn, J. Street Science: Community Knowledge and Environmental Health Justice, The MIT Press, 2005/8/1/, pp271
    渡部麻衣子
    科学技術社会論研究 5 172 - 180 2008年06月 [査読無し][招待有り]
  • 消費者に直接販売される遺伝子検査の規制をめぐって-イギリスの事例-
    渡部麻衣子, 大畑尚子, 高田史男
    生命倫理 17 1 216 - 222 2007年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 性そのもの – ヒトゲノム研究における男性と女性の探索
    Sarah S. Richardson (担当:単訳)
    法政大学出版局 2018年
  • 科学の最前線を歩く
    松田良一 (担当:分担執筆範囲:近代科学と人のいのち)
    2017年
  • 人と「機械」をつなぐデザイン
    佐倉統 編 (担当:共著範囲:四章 身体との調和に向かう義足の行方、六章 座談会を振り返って:人と技術の「あいだ」に立つ」)
    東京大学出版会 2015年
  • 出生前診断と私たち−「新型出生前検査(NIPT)」が問いかけるもの
    玉井真理子, 渡部麻衣子編 (担当:共編者(共編著者)範囲:医学の『まなざし』・家族の『まなざし』:出生前検査の投げかける問い)
    生活書院 2014年 p42-95
  • 中村, 征樹 (範囲:【キーワード】科学技術への市民参加について)
    ナカニシヤ出版 2013年02月 ISBN: 9784779507229 xv, 290p
  • 遺伝子と医療
    玉井真理子, 松田純 編 (担当:分担執筆範囲:DNA鑑定・遺伝子ビジネス―消費者に直接販売される遺伝学的検査の諸問題)
    丸善出版 2013年 204-26
  • ダウン症 家族のまなざし Shifting Perspectives
    公益財団法人日本ダウン症協会 (担当:単著範囲:ダウン症 家族のまなざし展』によせて)
    2013年 35
  • エンハンスメント論争—身体・精神の増強と先端科学技術
    上田昌文, 渡部麻衣子 (担当:共編者(共編著者))
    社会評論社 2008年
  • 遺伝医療と倫理・法・社会
    福島義光, 玉井真理子 (担当:分担執筆範囲:イギリスにおける遺伝医療に関する社会的議論の啓発活動-ELSI関連活動団体の動向を中心に)
    メディカルドゥ 2007年 165-76
  • 選んで産む社会
    渡部麻衣子 ()
    市民科学研究室 2005年

講演・口頭発表等

  • Nuchal Translucencyを捉える視覚の生成-科学知と技術と社会の交点  [通常講演]
    渡部麻衣子
    第18回科学技術社会論学会年次大会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • Nuchal Translucency: Emergence of Quantified Vision in the Late Twentieth Century Obstetrics  [通常講演]
    Maiko Watanabe
    American Association of the History of Medicine 2017年05月 口頭発表(一般)
  • Imaging Technologies in Aging Society  [招待講演]
    Maiko Watanabe
    Frontiers of Science Forum 2016年11月
  • History of Down’s syndrome  [招待講演]
    Maiko Watanabe
    FDD-MB World Wide Researchers’ Conference 2012年11月

受賞

  • 2011年 科学技術社会論学会 柿内賢信記念賞実践賞
     ダウン症に関する社会的認識の形成:「親の視点」を表現する活動としての「Shifting Perspective」(英国)の分析と実践の援助」 
    受賞者: 渡部麻衣子

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人と超音波診断装置の「合成志向性」生成過程を、NTの事例において明らかにする研究
    日本学術振興会:研究活動スタート支援
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 渡部麻衣子
  • プロジェクト企画調査『「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査』
    科学技術振興機構社会技術研究開発センター:科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム
    研究期間 : 2020年09月 -2021年03月
  • 科学知・科学技術の生産過程に社会的マイノリティーが参加するための方法の検討
    日本学術振興会:特別研究員(PD)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 渡部麻衣子

担当経験のある科目

  • 倫理学概論自治医科大学医学部
  • 人の多様性と医学自治医科大学医学部
  • 生命倫理法政大学 現代福祉学部
  • サイエンス・リテラシー東京大学大学院
  • 社会学国際基督教大学
  • 生命倫理北里大学

メディア報道



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.