詳細検索はこちら

吉田 匡秀 ヨシダ マサヒデ

所属部署名生理学講座神経脳生理学部門
職名助教ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/usr/pys1/admnpys1/index.html

プロフィール

プロフィール

    平成10年3月 富山県立富山中部高等学校 卒業 平成11年4月 東北大学農学部応用生物化学科 入学 平成15年3月 東北大学農学部応用生物化学科 卒業 平成17年3月 東北大学大学院農学研究科応用生命科学専攻修士課程 卒業 平成17年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC1) 平成20年3月 東北大学大学院農学研究科応用生命科学専攻博士課程 卒業 平成20年4月 自然科学研究機構基礎生物学研究所 統合神経生物学研究部門 博士研究員 平成21年4月 自然科学研究機構基礎生物学研究所 統合神経生物学研究部門 NIBBリサーチフェロー 平成23年4月 自治医科大学医学部生理学講座神経脳生理学部門 ポストドクター 平成23年6月 自治医科大学医学部生理学講座神経脳生理学部門 助教

研究キーワード

    バゾプレシン, プロラクチン放出ペプチド, ストレス, オキシトシン

研究分野

  • 脳神経科学 / 神経科学一般

経歴

  • 2014年
    自治医科大学 医学部(助教)

学歴

  • 2005年04月
    -
    2008年03月
    東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻博士課程
  • 2005年04月
    -
    2008年03月
    日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2003年04月
    -
    2005年03月
    東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻修士課程
  • 1999年04月
    -
    2003年03月
    東北大学 農学部 応用生物化学科

所属学協会

  • 日本神経科学学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本神経科学学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会

学位

  • 農学博士

研究活動

論文

  • The medial amygdala - medullary PrRP-synthesizing neuron pathway mediates neuroendocrine responses to contextual conditioned fear in male rodents.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Endocrinology 155 2996-3004 2014年08月
  • Involvement of prolactin-releasing peptide in the activation of oxytocin neurones in response to food intake.
    Yamashita M, Takayanagi Y, Yoshida M, Nishimori K, Kusama M, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 25 455-465 2013年05月
  • Endothelin-3 expression in the subfornical organ enhances the sensitivity of Na(x), the brain sodium-level sensor, to suppress salt intake.
    Hiyama TY, Yoshida M, Matsumoto M, Suzuki R, Matsuda T, Watanabe E, Noda M
    Cell metabolism 17 507-519 2013年04月
  • Roles of oxytocin neurones in the control of stress, energy metabolism, and social behaviour.
    Onaka T, Takayanagi Y, Yoshida M
    Journal of neuroendocrinology 24 587-598 2012年04月
  • Distribution and identity of neurons expressing the oxytocin receptor in the mouse spinal cord.
    Wrobel L, Schorscher-Petcu A, Dupré A, Yoshida M, Nishimori K, Tribollet E
    Neuroscience letters 495 49-54 2011年05月
  • Oxytocin signaling in mouse taste buds.
    Sinclair MS, Perea-Martinez I, Dvoryanchikov G, Yoshida M, Nishimori K, Roper SD, Chaudhari N
    PloS one 5 e11980 2010年08月
  • Evidence that oxytocin exerts anxiolytic effects via oxytocin receptor expressed in serotonergic neurons in mice.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Inoue K, Kimura T, Young LJ, Onaka T, Nishimori K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29 2259-2271 2009年02月
  • Infusion of oxytocin induces successful delivery in prostanoid FP-receptor-deficient mice.
    Kawamata M, Yoshida M, Sugimoto Y, Kimura T, Tonomura Y, Takayanagi Y, Yanagisawa T, Nishimori K
    Molecular and cellular endocrinology 283 32-37 2008年02月
  • New aspects of oxytocin receptor function revealed by knockout mice: sociosexual behaviour and control of energy balance.
    Nishimori K, Takayanagi Y, Yoshida M, Kasahara Y, Young LJ, Kawamata M
    Progress in brain research 170 79-90 2008年
  • Pervasive social deficits, but normal parturition, in oxytocin receptor-deficient mice.
    Takayanagi Y, Yoshida M, Bielsky IF, Ross HE, Kawamata M, Onaka T, Yanagisawa T, Kimura T, Matzuk MM, Young LJ, Nishimori K
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102 16096-16101 2005年11月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • The medial amygdala - medullary PrRP-synthesizing neuron pathway mediates neuroendocrine responses to contextual conditioned fear in male rodents.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Endocrinology 155 2996-3004 2014年08月
  • Involvement of prolactin-releasing peptide in the activation of oxytocin neurones in response to food intake.
    Yamashita M, Takayanagi Y, Yoshida M, Nishimori K, Kusama M, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 25 455-465 2013年05月
  • Endothelin-3 expression in the subfornical organ enhances the sensitivity of Na(x), the brain sodium-level sensor, to suppress salt intake.
    Hiyama TY, Yoshida M, Matsumoto M, Suzuki R, Matsuda T, Watanabe E, Noda M
    Cell metabolism 17 507-519 2013年04月
  • Roles of oxytocin neurones in the control of stress, energy metabolism, and social behaviour.
    Onaka T, Takayanagi Y, Yoshida M
    Journal of neuroendocrinology 24 587-598 2012年04月
  • Distribution and identity of neurons expressing the oxytocin receptor in the mouse spinal cord.
    Wrobel L, Schorscher-Petcu A, Dupré A, Yoshida M, Nishimori K, Tribollet E
    Neuroscience letters 495 49-54 2011年05月
  • Oxytocin signaling in mouse taste buds.
    Sinclair MS, Perea-Martinez I, Dvoryanchikov G, Yoshida M, Nishimori K, Roper SD, Chaudhari N
    PloS one 5 e11980 2010年08月
  • Evidence that oxytocin exerts anxiolytic effects via oxytocin receptor expressed in serotonergic neurons in mice.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Inoue K, Kimura T, Young LJ, Onaka T, Nishimori K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29 2259-2271 2009年02月
  • Infusion of oxytocin induces successful delivery in prostanoid FP-receptor-deficient mice.
    Kawamata M, Yoshida M, Sugimoto Y, Kimura T, Tonomura Y, Takayanagi Y, Yanagisawa T, Nishimori K
    Molecular and cellular endocrinology 283 32-37 2008年02月
  • New aspects of oxytocin receptor function revealed by knockout mice: sociosexual behaviour and control of energy balance.
    Nishimori K, Takayanagi Y, Yoshida M, Kasahara Y, Young LJ, Kawamata M
    Progress in brain research 170 79-90 2008年
  • Pervasive social deficits, but normal parturition, in oxytocin receptor-deficient mice.
    Takayanagi Y, Yoshida M, Bielsky IF, Ross HE, Kawamata M, Onaka T, Yanagisawa T, Kimura T, Matzuk MM, Young LJ, Nishimori K
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102 16096-16101 2005年11月
  • Activation of supraoptic oxytocin neurons by secretin facilitates social recognition.
    Takayanagi Y, Yoshida M, Takashima A, Takanami K, Yoshida S, Nishimori K, Nishijima I, Sakamoto H, Yamagata T, Onaka T
    Biological Psychiatry 81(3) 243-251 2017年02月
  • Activation of hypothalamic oxytocin neurons following tactile stimuli in rats.
    Okabe S, Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Neurosci Lett. 600 22-27 2015年05月
  • Noxious or Non-Noxious Inputs to Oxytocin Neurons: Possible Roles in the Control of Behaviors.
    Onaka T, Okabe S, Takayanagi Y, Yoshida M
    Interdisciplinary Information Sciences 21(3) 189-195 2015年
  • Oxytocin Receptor -expressing Neurons and Nuclei in the Regulation of Social Behaviors
    Nishimori K, Sato K, Hidema S, Yoshida M, Mizukami H
    Interdisciplinary Information Sciences 21(3) 283-288 2015年

MISC

  • オキシトシンとストレス緩和作用
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    Clinical Neuroscience 30(2) 212-215 2012年
  • オキシトシンと情動 (特集 神経ペプチド)
    西森 克彦, 吉田 匡秀, 笠原 好之
    分子精神医学 8(3) 221-229 2008年07月
  • オキシトシン受容体遺伝子の生理機能 : 本能行動制御から体恒常性維持
    西森 克彦, 高柳 友紀, 吉田 匡秀, 笠原 好之
    化学と生物 45(12) 826-833 2007年12月
  • レジリエンスの分子機構:プロラクチン放出ホルモンの働き
    吉田匡秀
    ストレス科学研究 29 114-115 2014年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • オキシトシンとストレス緩和作用
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    Clinical Neuroscience 30(2) 212-215 2012年
  • オキシトシンと情動 (特集 神経ペプチド)
    西森 克彦, 吉田 匡秀, 笠原 好之
    分子精神医学 8(3) 221-229 2008年07月
  • オキシトシン受容体遺伝子の生理機能 : 本能行動制御から体恒常性維持
    西森 克彦, 高柳 友紀, 吉田 匡秀, 笠原 好之
    化学と生物 45(12) 826-833 2007年12月
  • レジリエンスの分子機構:プロラクチン放出ホルモンの働き
    吉田匡秀
    ストレス科学研究 29 114-115 2014年10月

講演・口頭発表

  • The medial amygdala-medullary prolactin-releasing peptide neuron pathway mediates neuroendocrine responses to conditioned fear stimuli
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    The 10th World Congress on Neuro- hypophysial Hormones (WCNH 2013) 2013年07月05日
  • PrRP-オキシトシン系とリズム
    尾仲達史、高柳友紀、山下雅子、吉田匡秀
    文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2013 2013年06月28日
  • Importance of the medial amygdala-medullary PrRP synthesizing neurons pathway in neuroendocrine responses to conditioned fear stimuli
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Neuro2013 2013年06月20日
  • 摂食とストレスと社会記憶におけるオキシトシンの働き.
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 2012年03月26日
  • Stress, energy metabolism and social behaviour: Roles of Neurohypophysial Hormones.
    Onaka, T., Takayanagi, Y., Yoshida, M
    The 9th World Congress on Neurohypophysial Hormones (WCNH 2011) 2011年07月27日
  • ストレス、摂食、そして社会行動:オキシトシン、バゾプレシンの働き
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    第15回日本行動神経内分泌研究会、第15回鋤鼻研究会合同集会 2011年06月30日
  • 雌雄マウスでの子育て行動誘導とオキシトシン受容体発現の調節
    佐藤佳亮,山下晃人,吉田匡秀,西森克彦
    第87回日本生理学大会, 2010年
  • 分娩・母性行動に伴う視床下部視索上核OXT ニューロンでのOXTRの誘導的発現の解析.
    林遼太郎,山下晃人, 佐藤佳亮,長田大知,吉田匡秀,西森克彦
    第86回日本神経科学大会, 2009年
  • oxytocin受容体Venus-ノックインマ ウスを用いたoxytocin 受容体発現ニューロンの可視化
    小野擁子,吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, 西森克彦
    2008年度日本農芸化学会大会, 2008年
  • 社会行動樹立・制御における性差とオキシトシン受容体系.
    西森克彦,吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, Larry Young
    第85回日本生理学会大会, 2008年
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • The medial amygdala-medullary prolactin-releasing peptide neuron pathway mediates neuroendocrine responses to conditioned fear stimuli
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    The 10th World Congress on Neuro- hypophysial Hormones (WCNH 2013) 2013年07月05日
  • PrRP-オキシトシン系とリズム
    尾仲達史、高柳友紀、山下雅子、吉田匡秀
    文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2013 2013年06月28日
  • Importance of the medial amygdala-medullary PrRP synthesizing neurons pathway in neuroendocrine responses to conditioned fear stimuli
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Neuro2013 2013年06月20日
  • 摂食とストレスと社会記憶におけるオキシトシンの働き.
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 2012年03月26日
  • Stress, energy metabolism and social behaviour: Roles of Neurohypophysial Hormones.
    Onaka, T., Takayanagi, Y., Yoshida, M
    The 9th World Congress on Neurohypophysial Hormones (WCNH 2011) 2011年07月27日
  • ストレス、摂食、そして社会行動:オキシトシン、バゾプレシンの働き
    尾仲達史、高柳友紀、吉田匡秀
    第15回日本行動神経内分泌研究会、第15回鋤鼻研究会合同集会 2011年06月30日
  • 雌雄マウスでの子育て行動誘導とオキシトシン受容体発現の調節
    佐藤佳亮,山下晃人,吉田匡秀,西森克彦
    第87回日本生理学大会, 2010年
  • 分娩・母性行動に伴う視床下部視索上核OXT ニューロンでのOXTRの誘導的発現の解析.
    林遼太郎,山下晃人, 佐藤佳亮,長田大知,吉田匡秀,西森克彦
    第86回日本神経科学大会, 2009年
  • oxytocin受容体Venus-ノックインマ ウスを用いたoxytocin 受容体発現ニューロンの可視化
    小野擁子,吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, 西森克彦
    2008年度日本農芸化学会大会, 2008年
  • 社会行動樹立・制御における性差とオキシトシン受容体系.
    西森克彦,吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, Larry Young
    第85回日本生理学会大会, 2008年
  • 体温制御システムと社会行動制御に働くoxytocin/ oxytocin 受容体系.
    西森克彦,笠原好之, 吉田匡秀,高柳友紀, 井樋慶一,吉川和明,尾仲達史
    第85回日本生理学会大会, 2008年
  • Oxytocin receptor-Venus knock in mice enable direct visualization of oxytocin receptor expressing neurons.
    Yoshida, M., Takayanagi, Y., Onaka, T., Nishimori, K.
    WCNH2007 2007年
  • オキシトシン受容体一Venus knock-in マウスによるオキシトシン受容体発現ニューロンの可視化
    吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, 西森克彦
    Neuro2007 2007年
  • 分娩におけるオキシトシンとプロスタグランジンの機能解析
    市野梓,吉田匡秀,高柳友紀, 佐藤佳,杉本幸彦, 木村正,西森克彦
    日本農芸化学会2007年度大会 2007年
  • 分娩におけるオキシトシンとプロスタグランジンの機能解析.
    吉田匡秀,高柳友紀, 佐藤佳,杉本幸彦,木村正, 西森克彦
    第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年
  • オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスは攻撃性が上昇する.
    吉田匡秀, 高柳友紀, 尾仲達史, Larry Young,西森克彦
    日本農芸化学会2005年度大会 2005年
  • Roles of oxytocin receptor in reproductive functions and aggressive behavior of male mice.
    Yoshida, M., Takayanagi, Y., Bielsky, I., Onaka, T., Young, L., and Nishimori, K
    WCNH2005 2005年
  • オキシトシン受容体による母性行動制御
    高柳友紀, 吉田匡秀,尾仲達史, Larry Young,西森克彦
    日本農芸化学大会2005年度大会, 2005年
  • Roles of oxytocin receptor in reproductive and nurturing function of mice
    Takayanagi, Y., Kawamata, M., Bielsky, I., Yoshida, M., Kimura, T., Young. L, Nishimori, K.
    WCNH2005 2005年
  • サプトラクション法を用いた生殖制御関連遺伝子の探索
    澤田欣也, 市野梓,吉田匡秀,山本融,西森克彦
    第28回日本分子生物学会, 2005年
  • オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスは攻撃性が上昇する
    吉田匡秀,高柳友紀, 尾仲達史, Isadora Bielsky, Larry Young, 西森克彦
    第27回日本分子生物学会年会 2004年
  • オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスは攻撃性が上昇する
    吉田匡秀,高柳友紀, Isadora Bielsky, Larry Young,西森克彦
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年
  • オキシトシン・オキシトシン受容体とプロスタグランジンF2a受容体の生殖における機能相関解析
    高柳友紀, 吉田匡秀,木村正,西森克彦
    第76回日本内分泌学会学術総会, 2003年
  • オキシトシン,オキシトシ ン受容体,プロスタグランジンF2a 受容体各遺伝子欠損マウスを用いた分娩システムの解明
    高柳友紀, 武田一彦,川又理樹,吉田匡秀,杉本幸彦,西森克彦
    第25回日本分子生物学会年会, 2002年

外部的資金

  • レジリエンスの分子機構:プロラクチン放出ペプチドによるニューロン新生仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 吉田 匡秀
  • 肥満により誘発される不安とうつ症状の脳内機構:PrRPニューロンの働き
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 吉田 匡秀
  • 脳内ナトリウムセンサー分子と体液恒常性調節ホルモンの機能連関
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 吉田 匡秀
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • レジリエンスの分子機構:プロラクチン放出ペプチドによるニューロン新生仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 吉田 匡秀
  • 肥満により誘発される不安とうつ症状の脳内機構:PrRPニューロンの働き
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 吉田 匡秀
  • 脳内ナトリウムセンサー分子と体液恒常性調節ホルモンの機能連関
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 吉田 匡秀


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.