研究者総覧

山邉 昭則 (ヤマベ アキノリ)

  • 医学部学生生活支援センター 准教授
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

学位

  • 博士(学術)
  • 修士(比較文化)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 70533933

J-Global ID

プロフィール

  • 学位取得後,総合大学の学士・修士・博士課程において,Interdisciplinary Research,サイエンスコミュニケーション,リベラルアーツ教育等を推進してきました。現在は医師の養成に携わるとともに,ソーシャルデザイン,SDGs(Sustainable Development Goals),メディアと社会等のテーマを幅広く扱っています。大学院で主宰する公共政策学研究室では、医師や弁護士等、関連の専門家を研究員として迎え入れ,SDGs,ELSI(倫理・法・社会),女性医師の持続可能な働き方等についても共同研究を進めています。

研究キーワード

  • Sustainable Development Goals   学術と社会   アートディレクション   文化政策   パブリックコミュニケーション   メディアと社会   表象文化論   科学技術倫理   コミュニティデザイン   EBPM   社会政策   科学史   オープンエデュケーション   科学技術コミュニケーション   SDGs   ソーシャルデザイン   大学と法   科学社会学   科学技術政策   公共政策   Institutional Research   国際比較研究   研究倫理   アクティブラーニング   リベラルアーツ   生涯学習   高等教育研究   大学と社会   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会学 / 文化政策学
  • 人文・社会 / 政治学 / 公共政策学
  • 情報通信 / 学習支援システム
  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史

経歴

  • 2019年04月 - 現在  自治医科大学医師・研究者キャリア支援センター
  • 2017年09月 - 現在  自治医科大学大学院医学研究科 公共政策学研究室
  • 2017年03月 - 現在  自治医科大学医学部医学科 学生生活支援センター/総合教育部門
  • 2015年04月 - 現在  東京大学生産技術研究所
  • 2015年04月 - 2016年03月  東京大学情報学環/大学院教育学研究科
  • 2010年04月 - 2015年03月  東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 附属教養教育高度化機構
  • 2009年04月 - 2010年03月  東京大学大学院総合文化研究科

研究活動情報

書籍

講演・口頭発表等

  • The SDGs and gender equality at medical universities in Japan : student support system based on institutional research
    Yamabe, A, Asada, Y, Kawagoe, S
    2021 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (on-demand, Australia) 2021年07月
  • Effectivity of distance education using media materials to achieve research integrity
    Yamabe, A, Kawagoe, S, Oshima, M
    American Association for the Advancement of Science 2021 Annual Meeting (on-demand, the U.S.) 2021年02月
  • STEAM education based on visual teaching materials in collaboration with industry
    Kawagoe, S, Yamabe, A, Oshima, M
    American Association for the Advancement of Science 2021 Annual Meeting (on-demand, the U.S.) 2021年02月
  • STEAM education based on workshops through industry-university collaboration
    Kawagoe, S, Yamabe, A, Oshima, M
    American Association for the Advancement of Science 2020 Annual Meeting (Seattle, the U.S.) 2020年02月
  • Enrollment management system for medical students based on institutional research  [通常講演]
    Yamabe, A, Asada, Y, Atsumi, K
    2019 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (Melbourne, Australia) 2019年07月 ポスター発表
  • The education of responsible conduct of research for the students in both general and medical universities  [通常講演]
    Yamabe, A
    6th World Conference on Research Integrity (Hong Kong, China) 2019年06月 ポスター発表
  • Development of visual teaching materials for STEAM education  [通常講演]
    Kawagoe, S, Yamabe, A, Oshima, M
    American Association for the Advancement of Science 2019 Annual Meeting (Washington D.C., the U.S.) 2019年02月 ポスター発表 Washington, D.C.
  • Teaching and learning of SDGs in higher education: for promoting “Think globally, act locally” of the medical students  [通常講演]
    Yamabe, A
    The 18th Science Council of Asia Conference "Role of Science for Society: Strategies towards SDGs in Asia" (Tokyo, Japan) 2018年12月 口頭発表(一般) Tokyo, Japan
  • Teaching and learning of research ethics: the cases of a general and a medical university in Japan  [通常講演]
    Yamabe, A
    UNESCO 13th World Conference on Bioethics, Medical Ethics & Health Law (Jerusalem, Israel) 2018年11月 ポスター発表
  • An educational approach for the development of students’ competency to promote the public policies for solving complex social issues  [通常講演]
    Yamabe, A
    2018 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (Auckland, New Zealand) 2018年07月
  • Development of visual materials for STEM education based on workshops by cooperating with industry  [通常講演]
    Kawagoe, S, Yamabe, A, Oshima, M, Ishii, K
    American Association for the Advancement of Science 2018 Annual Meeting (Austin, the U.S.) 2018年02月 ポスター発表
  • A case study of enrollment management through the development of students' academic skills: an institutional research of higher education  [通常講演]
    Yamabe, A
    2017 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (Adelaide, Australia) 2017年07月 ポスター発表 Adelaide: Australia
  • A research of higher education according to students’ learning transition in the universities  [通常講演]
    Yamabe, A
    The 17th Science Council of Asia International Symposium (Manila, Philippines) 2017年06月 口頭発表(一般)
  • A higher education that values and fosters interdisciplinary collaboration as a future faculty development  [通常講演]
    Yamabe, A
    2016 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (Perth, Australia) 2016年06月 ポスター発表 Perth: Australia
  • Science communication: an example of Japanese university education concerning interdisciplinary social problems  [通常講演]
    Yamabe, A
    The 16th Science Council of Asia International Symposium (Colombo, Sri Lanka) 2016年06月 口頭発表(一般)
  • STEM education based on outreach programs by cooperating with industry  [通常講演]
    Kawagoe, S, Yamabe, A, Oshima, M, Ishii, K
    American Association for the Advancement of Science 2016 Annual Meeting (Washington D.C., the U.S.) 2016年02月 ポスター発表 Washington D.C.: USA
  • A career development in higher education that fosters communication with society: focusing on a program for graduate students concerning the issues of science and technology  [通常講演]
    Yamabe, A
    2015 Conference of International Association for Educational and Vocational Guidance (Tsukuba, Japan) 2015年09月 口頭発表(一般) Tsukuba: Japan
  • Developing an interdisciplinary program in higher education  [通常講演]
    Yamabe, A
    2015 International Conference of STARS; Students, Transitions, Achievement, Retention and Success (Melbourne, Australia) 2015年07月 ポスター発表 Melbourne: Australia
  • For the development of students’ social responsibility: a seminar focusing on the great east Japan earthquake at the University of Tokyo  [通常講演]
    Yamabe, A
    The 34th Annual Conference on The First-Year Experience (Dallas, the U.S.) 2015年02月 ポスター発表 Dallas: USA
  • A case study of first-year seminars for the development of students' social responsibility  [通常講演]
    Yamabe, A
    17th International Conference of First Year in Higher Education (Darwin, Australia) 2014年07月 ポスター発表 Darwin: Australia
  • A study of higher education in Japan that values and fosters interdisciplinary collaboration  [通常講演]
    Yamabe, A
    2014 International Conference of The Future Education (Florence, Italy) 2014年06月 ポスター発表 Florence: Italy
  • A consideration of how Japanese university education can respond to interdisciplinary social problems  [通常講演]
    Yamabe, A
    XV World Council of Comparative Education Societies (Buenos Aires, Argentina) 2013年06月 口頭発表(一般) Buenos Aires: Argentina
  • Development of science communication education in Asia: an example of Japanese university education concerning interdisciplinary social problems of science and technology  [通常講演]
    Yamabe, A
    The 13th Science Council of Asia International Symposium (Bangkok, Thailand) 2013年05月 口頭発表(一般) Bangkok: Thailand
  • How the inter-professional education concept might apply to a new model of science education  [通常講演]
    Yamabe, A
    International Conference of All Together Better Health VI (Kobe, Japan) 2012年10月 ポスター発表 Kobe: Japan
  • A study of interaction of society and science in Japan’s postwar recovery  [通常講演]
    Yamabe, A
    History of Science Society Annual Meeting (Cleveland, the U.S.) 2011年11月 口頭発表(一般) Cleveland: USA
  • How a university-level science communication curriculum contributes to the public understanding of healthcare  [通常講演]
    Yamabe, A
    Society for Social Studies of Science Annual Meeting (Cleveland, the U.S.) 2011年11月 口頭発表(一般) Cleveland: USA
  • Science education in Japan that values and fosters inter-professional collaboration  [通常講演]
    Yamabe, A
    Society for Social Studies of Science Annual Meeting (Tokyo, Japan) 2010年08月 口頭発表(一般) Tokyo: Japan

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • SDGs推進を契機とした地域社会の持続的発展のための教育開発研究
    公益財団法人 三菱財団:
    研究期間 : 2020年10月 -2023年03月 
    代表者 : 山邉 昭則(研究代表者)
  • 市民性と専門性の往還能力を鍛える高度教養教育の国際比較研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 山邉 昭則(研究代表者), 川越 至桜, 三島 千明, 大塚 理央
  • 医学教育分野別評価の観点に準じた教学IR指標の検討:LRSによる学習履歴の統合
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2022年03月 
    代表者 : 淺田 義和, 山邉 昭則
     
    研究初年度の実績として、以下を実施した:(1)LRS(Learning Locker)の導入(2)LRSとMoodleとの接続検証およびデータ通信に関する動作確認(3)これまでに行われた医学教育分野別評価の受審結果の整理 (1)(2)ではオープンソースのシステムとしてLearning Lockerを導入し、同じくオープンソースであるMoodleとのデータ連携を行った。Moodleのプラグインとして公開されているLogstore xAPI のプラグインを利用することで、容易にデータ連携を行うことが可能であった。 一方、(2)において、現時点でMoodleからLRSへデータを送るための機能が限定的であり、一部の学習履歴(具体的には、小テストの個別の解答傾向など)を集約することが困難であることが明らかになった。本研究の当初の範囲としては、こうした個別の情報に踏み込むことはあまり想定していなかった。しかし、教学IRや分野別評価の観点から考えた場合、試験問題の妥当性評価などを行うにあたってはこのような個別の情報も必要となることが見込まれる。このため、LRSへのデータ集約と合わせ、Moodle本体のデータをバックアップする際に複製したデータを用いて解析等を行い、最終的にどちらが有用であるかを比較検討する形で進めている。 (3)においては、日本医学教育評価機構によって公開されている評価報告書を元に、受審結果の傾向と合わせ、特にICTを活用したデータの集積、教学IRに関連する内容などの評価コメントを集約整理する作業に着手した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 山邉 昭則(研究代表者)
     
    21世紀に相応しい学術と社会の在り方の示唆を得るため、欧・米・豪・日の国際比較調査を実施し、その成果を、研究論文、国際学会発表、学術書等を通して発表した。本研究を通じて、異分野協働、多職種連携、市民性、社会的責任感等の概念が、21世紀の学術と社会を創造するうえで重要な要素となる可能性が示された。 具体的な研究成果としては、研究期間中に、査読付論文3報(和文2報、英文1報)、査読付国際学会発表6報、書籍5冊(筆頭編著1冊、分担執筆2冊、翻訳2冊)を上梓し、積極的に研究を推進した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 廣野 喜幸, 石井 則久, 市野川 容孝, 金森 修, 森 修一, 山邉 昭則, 渡邊 日日, 関谷 翔, 高野 弘之, 花岡 龍毅
     
    国際比較の観点から、公衆衛生・医学研究に関する日本の医療政策の形成過程の特徴を明らかにするため、医学専門雑誌、審議会の議事録や裁判記録等の資料分析を中心に調査し、その成果を論文・口頭で発表した。また各年度、医学・医療行政の専門家に対してインタビュー形式の調査を実施した。調査を通じて積極的な意見交換を行いながら、日本の医療行政の仕組みやワクチン・インフルエンザ等の政策の歴史の把握、最新情報の収集に努めた。

担当経験のある科目

  • ソーシャルデザイン論自治医科大学
  • 高等教育セミナー自治医科大学
  • 法学セミナー自治医科大学
  • 表象文化セミナー自治医科大学
  • 科学社会学自治医科大学
  • 公共政策セミナー自治医科大学
  • 公共政策学自治医科大学
  • 研究倫理入門自治医科大学
  • 国際社会論自治医科大学
  • 国際関係セミナー―SDGsを考える自治医科大学
  • メディアと社会自治医科大学
  • 科学と社会自治医科大学
  • 思考のプロセス自治医科大学
  • 医学概論自治医科大学
  • 科学コミュニケーション―新しい時代の新しい教養東京大学
  • アクティブラーニングを通して研究倫理と出会う東京大学
  • 基礎演習東京大学
  • 新しい時代のリベラルアーツを考える東京大学
  • 災害科学のリベラルアーツ東京大学
  • Problem / Project Based Learning を通じた学びの実践東京大学
  • 科学技術コミュニケーション基礎論東京大学
  • 科学技術表現実験実習東京大学
  • 科学技術表現実習東京大学
  • 科学技術表現論東京大学
  • 科学技術リテラシー論東京大学
  • 現代科学技術概論東京大学
  • 情報社会論自治医科大学
  • メディアデザイン論自治医科大学
  • メディア・コミュニケーション セミナー自治医科大学
  • SDGs セミナー自治医科大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.