研究者総覧

前川 武雄 (マエカワ タケオ)

  • 皮膚科学講座 准教授
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(自治医科大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20332603

J-Global ID

研究キーワード

  • 創傷治癒   褥瘡   皮膚悪性腫瘍   皮膚外科   下肢静脈瘤   セレクチン   beta7 integrin   悪性黒色腫   細胞接着因子   インテグリン   

研究分野

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

経歴

  • 2015年11月 - 現在  自治医大皮膚科准教授
  • 2010年 - 2015年10月  自治医大皮膚科講師
  • 2006年 - 2010年  三楽病院皮膚科科長
  • 2003年 - 2006年  東京大学医学部附属病院助手
  • 2001年 - 2003年  虎ノ門病院皮膚科専修医
  • 1999年 - 2001年  東京大学 医学部付属病院皮膚科研修医

学歴

  • 1993年 - 1999年   東京慈恵会医科大学   医学部   医学科

所属学協会

  • 日本臨床皮膚科医会   日本美容皮膚科学会   日本静脈学会   日本形成外科学会   日本褥瘡学会   日本皮膚外科学会   日本皮膚悪性腫瘍学会   日本皮膚科学会   

研究活動情報

論文

  • Takeo Maekawa, Mayumi Komine, Satoru Murata, Noriyoshi Fukushima, Mamitaro Ohtsuki
    JOURNAL OF DERMATOLOGY 42 3 318 - 321 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Intravascular large B-cell lymphoma (IVLBCL) is classified as a rare type of non-Hodgkin's B-cell lymphoma by the World Health Organization. It is characterized by the presence of lymphoma cells in the lumens of the small vessels of several organs, most notably the skin. Diagnosis of IVLBCL is difficult because of the lack of lymphadenopathy and because lesions need to be histologically confirmed via a biopsy of the affected organs. Random skin biopsy (RSB) of normal-appearing skin is a useful and apparently safe means of evaluating IVLBCL. However, patients with IVLBCL often exhibit thrombocytopenia, and we describe a case in which a patient with thrombocytopenia experienced hemorrhagic shock and died shortly after RSB. For this reason, we reviewed cases of RSB performed at our hospital and found that the middle adipose tissue contained a higher percentage of atypical lymphoid cells than other layers of the skin. On the basis of our findings, we propose a strategy for the safer performance of RSB in IVLBCL patients with thrombocytopenia and coagulation abnormalities.
  • Takeo Maekawa, Mayumi Komine, Satoru Murata, Mamitaro Ohtsuki
    JOURNAL OF DERMATOLOGY 41 10 944 - 946 2014年10月 [査読有り][通常論文]
  • Yukiko Miyamoto, Mayumi Komine, Yuka Takatsuka, Takeo Maekawa, Satoru Murata, Kazue Nakanaga, Norihisa Ishii, Mamitaro Ohtsuki
    JOURNAL OF DERMATOLOGY 41 8 771 - 772 2014年08月 [査読有り][通常論文]
  • Takeo Maekawa, Mayumi Komine, Satoru Murata, Mamitaro Ohtsuki
    JOURNAL OF DERMATOLOGY 40 12 1058 - 1059 2013年12月 [査読有り][通常論文]
  • Nobuki Maki, Mayumi Komine, Yuka Takatsuka, Takeo Maekawa, Satoru Murata, Mamitaro Ohtsuki
    Journal of Dermatology 40 4 299 - 300 2013年04月 [査読有り][通常論文]
  • Makiko Morita, Mayumi Komine, Yuka Takatsuka, Satomi Hosoda, Hiroshi Onda, Takeo Maekawa, Satoru Murata, Mamitaro Ohtsuki
    JOURNAL OF DERMATOLOGY 40 2 132 - 134 2013年02月 [査読有り][通常論文]
  • Maekawa T, Jinnin M, Ohtsuki M, Ihn H
    The Journal of dermatology 40 2 98 - 101 2 2013年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Systemic sclerosis (SSc) is an autoimmune systemic connective tissue disorder characterized by sclerotic change of the skin and multiple internal organs. Although the pathogenesis of this disorder is still unknown, overproduction of extracellular matrix proteins, including collagens and fibronectin, and aberrant immune activation may be involved in the mechanism. Interleukin (IL)-1 is one of the key regulators of inflammatory response. IL-1 is also involved in regulating connective tissue remodeling and cellular differentiation of epithelial and ectodermal cells. There are three major members of the IL-1 family: IL-1α, IL-1β and IL-1 receptor antagonist. IL-1α was first described as a factor derived from keratinocytes that stimulates thymocyte proliferation. IL-1α plays a crucial role in procollagen production by fibroblasts derived from patients with SSc. The present study was undertaken to investigate the serum levels of IL-1α in patients with SSc. Serum samples were obtained from 66 Japanese patients with SSc and 19 healthy controls. Levels of serum IL-1α were measured with a specific enzyme-linked immunoassay kit. Mean serum levels were significantly higher in SSc patients than in those healthy control subjects. Moreover, contracture of phalanges was found at a significantly lower prevalence in SSc patients with elevated serum IL-1α levels than those with normal levels. These results suggest that IL-1α may play a role in the pathogenesis of SSc.
  • Takeo Maekawa, Masatoshi Jinnin, Hironobu Ihn
    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY 21 4 534 - 538 2011年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Dermatofibroma (DF) and dermatofibrosarcoma protuberans (DFSP) are benign or intermediate malignant fibrotic dermal tumors. The contribution of transforming growth factor beta (TGF-beta) in the progression of sclerosis in fibrotic diseases has been implicated. To clarify the involvement of TGF-beta signaling in the pathogenesis of DF or DFSP, we investigated the expression of thrombospondin-1 (TSP-1), which mediates TGF-beta 1 activation, on those fibrotic tumors. In the present study, we examined the expression of TSP-1 in DF and DFSP using immunohistochemical analysis and immunoblotting. In immunohistochemical staining, the expression of TSP-1 was detected weakly on epidermis and epidermal appendages, and hardly in fibroblasts in normal skin sections. The expression levels of TSP-1 were elevated in DFSP cells in comparison to normal dermal sections or DF cells. On the other hand, there was no significant difference in the protein levels in vitro of TSP-1 among normal fibroblasts, DF cells, and DFSP cells. Although the contribution of TGF-beta signaling to DF or DFSP is still unknown, the expression patterns of TSP-1 in DF cells and DFSP cells may be helpful in differential diagnosis of these tumors.
  • Yuri Masui, Mayumi Komine, Takafumi Kadono, Nobuko Ishiura, Takeo Maekawa, Hironobu Ihn, Kanako Kikuchi, Kunihiko Tamaki
    Journal of cutaneous pathology 35 Suppl 1 55 - 8 2008年10月 [査読有り][通常論文]
     
    A 46-year-old man had a cystic mass on the right side of his scalp. Histological examination revealed a cystic dermal nodule composed of relatively circumscribed lobules of proliferating squamous epithelium, with atypical mitoses and dyskeratotic cells of invasive structure, which was diagnosed as proliferating tricholemmal cystic carcinoma (PTCC). Most of the cyst was composed of thick layers of highly proliferating, atypical, dedifferentiated epithelium (dedifferentiated part), which was attached to a highly proliferative but mildly differentiated part. A completely differentiated, tricholemmal cyst (TC)-like part was also attached to the main cyst, which supports the idea of PTCC beginning in a pre-existing TC. The dedifferentiated and mildly differentiated parts exhibited a high frequency of proliferating cell nuclear antigen (PCNA)-positive cells both in the basal and the suprabasal layers, while PCNA staining was almost negative in the TC-like part. Expression of cytokeratin (CK)10 and CK16 suggested disturbed epidermal differentiation in dedifferentiated part, while TC-like part showed well-differentiated trichilemmal epithelium and the mildly differentiated part was in the middle of these two.
  • Yoshihide Asano, Hironobu Ihn, Takeo Maekawa, Takafumi Kadono, Kunihiko Tamaki
    Clinical rheumatology 25 3 396 - 8 2006年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We describe a 58-year-old Japanese female who developed polyarteritis nodosa (PN). Her skin disease and systemic symptoms were resistant to dapsone (1.5 mg kg(-1) day(-1)), high-dose oral prednisone (1 mg kg(-1) day(-1)) and azathioprine (2 mg kg(-1) day(-1)), and intravenous cyclophosphamide pulse therapy (10 mg kg(-1) day(-1)). She was ultimately treated with infusion of high-dose intravenous immunoglobulin (IVIG) at a dose of 0.1 g kg(-1) daily for five consecutive days weekly for a period of 12 weeks, resulting in remission of his cutaneous and systemic symptoms and successful tapering of his prednisone and azathioprine dose. However, 12 months later, relapsing fever and polyarthritis recurred, and eventually, 24 months later, indurated erythema and punched-out ulcers appeared on the lower legs. These symptoms were reduced after increasing the dose of oral prednisone (1 mg kg(-1) day(-1)). Our case indicates that the high-dose IVIG infusion therapy may be useful for controlling PN in certain periods since the long-term observation revealed deterioration of symptoms. We review related articles and discuss its effectiveness in PN.
  • A Asahina, T Watanabe, A Kishi, N Hattori, A Shirai, S Kagami, R Watanabe, A Le Pavoux, T Maekawa, K Tamaka, K Ohara
    JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF DERMATOLOGY 54 3 487 - 493 2006年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Treatments of port-wine stains with conventional Pulsed dye laser yield inconsistent results. Objective: We evaluated the efficacy and safety of the longer pulse duration 595-nm dye laser. Methods: Sixty-six adult Japanese patients were enrolled in this prospective Study. The laser treatment with a cooling device was repeated 4 times at 8-week intervals with a consistent setting of 10-ms pulse duration and an energy fluence of 12 J/cm(2) using 7-mm spot size. Results: Improvement of port-wine stains was observed after multiple treatments, and 67% of the patients achieved either good or excellent response after the following treatment. Transient purpura, edema, or both were noted immediately after each treatment (76%-79% and 58%-67%, respectively). Hyperpigmentation (8%-17%) and hypopigmentation (6%-14%) were also mild and their occurrence did not increase by repeating treatments. Limitations: Eighty five percent of the patients were classified as having Fitzpatrick skin type IV. Conclusion: Our study indicated that the 595-nm dye laser with 10-ms pulse duration may be effective and well tolerated in the treatment of port-wine stains in adult Asians.
  • Gojiro Nakagami, Hiromi Sanada, Atsuko Kitagawa, Etsuko Tadaka, Takeo Maekawa, Takashi Nagase, Chizuko Konya
    Dermatology (Basel, Switzerland) 213 4 293 - 9 2006年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Incontinence leads to a reduced skin barrier function, while also increasing the risk of skin breakdown. AIM: To investigate the perianal skin barrier function of elderly patients with or without incontinence. METHODS: We compared the skin barrier function by investigating the skin hydration, the skin pH, the amount of ceramide and by making a dermatological skin inspection of the perianal region in patients with and without incontinence. RESULTS: Twenty-one incontinent patients (70.0%) showed a glossy skin, which indicates impairment of the skin barrier while none of the patients in the continence group did so. In the incontinence group, those who had a glossy skin showed a significantly greater skin pH and total amount of ceramide than those with a normal skin (p = 0.0099, p = 0.0179, respectively). CONCLUSIONS: These results demonstrate that a glossy skin may be a useful indicator of a reduced perianal skin barrier function.

書籍

  • 皮膚疾患ベスト治療 臨床決断の戦略・エビデンス
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:下腿潰瘍)
    秀潤社 2016年02月
  • ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方
    前川武雄 (担当:編者(編著者)範囲:総論、編集)
    秀潤社 2015年09月
  • WOC Nursing 2014年12月号 傷あとがキレイに治る! ドレッシング材
    前川武雄 (担当:監修)
    医学出版 2014年12月
  • Visual Dermatology 2014年5月号 ドレッシング材の種類と使い方
    前川武雄 (担当:監修)
    2014年05月
  • 創傷と痛み
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:放射線皮膚障害の痛みに対処する)
    金原出版 2013年
  • 内科で役立つ一発診断から迫る皮膚疾患の鑑別診断
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:下肢の有痛性紅斑、硬結)
    羊土社 2013年
  • 皮膚科臨床アセット12 新しい創傷治療のすべて
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:創傷一般)
    中山書店 2013年
  • 創傷・熱傷ガイドライン
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:創傷一般)
    金原出版 2012年
  • 最新学校保健安全ハンドブック
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:児童・生徒のアレルギー)
    教育開発研究所 2009年
  • 性感染症アトラス
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:扁平コンジローマ)
    秀潤社 2008年
  • すぐに役立つ日常皮膚診療における私の工夫
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:稗粒腫)
    全日本病院出版会 2007年
  • 手術に役立つリンパ流アトラス
    前川武雄 (担当:分担執筆範囲:各論3(胸腹部))
    秀潤社 2006年

MISC

  • 【傷あとがキレイに治る!ドレッシング材 注目の創傷被覆材を用いた難治性皮膚潰瘍・褥瘡の治療】 ドレッシング材による創傷治療のまとめ
    前川武雄 WOC Nursing 2 (12) 86 -92 2014年12月 [査読無し][招待有り]
  • 皮膚科医が行うべき難治性皮膚潰瘍の対処法とは? 創傷・熱傷ガイドラインの改訂版の変更点についても言及 下肢静脈瘤が原因となる下腿潰瘍の予防と治療 血管内レーザーと弾性ストッキングを中心に
    中村 泰大, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 高原 正和, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩 日本皮膚科学会雑誌 124 (13) 2912 -2915 2014年12月 [査読無し][招待有り]
  • レパヴー・アンドレ, 井上 雄二, 長谷川 稔, 前川 武雄, 新谷 洋一, 藤田 英樹, 辻田 淳 日本皮膚科学会雑誌 124 (13) 2896 -2899 2014年12月 [査読無し][招待有り]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄, レパヴー・アンドレ, 村田 哲, 大槻 マミ太郎 Skin Cancer 29 (2) 181 -188 2014年11月 [査読有り][通常論文]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 添野 文雄 Skin Cancer 29 (2) 176 -180 2014年11月 [査読有り][通常論文]
  • (Part2.)ドレッシング材の色々とその基本的な使い方(case 19) ソフトシリコンドレッシング
    藤田有理香, 前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 554 -555 2014年05月 [査読無し][招待有り]
  • (Part2.)ドレッシング材の色々とその基本的な使い方(case 17) ハイドロジェル
    岸晶子, 小川洋子, 前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 550 -551 2014年05月 [査読無し][招待有り]
  • (Part2.)ドレッシング材の色々とその基本的な使い方(case 14) ハイドロファイバー
    足立晃正, 前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 542 -543 2014年05月 [査読無し][招待有り]
  • (Part1.)病態別の使い方(case 07) 段差の大きな創傷
    藤田英樹, 前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 520 -521 2014年05月 [査読無し][招待有り]
  • (Part1.)病態別の使い方(case 02) 滲出液の多い創傷
    前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 508 -509 2014年05月 [査読無し][招待有り]
  • ドレッシング材によるwound bed preparationとmoist wound healing
    前川武雄 Visual Dermatology 13 (5) 502 -504 2014年04月 [査読無し][招待有り]
  • 前川 武雄, アンドレ レパヴー, 長谷川 稔 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology 123 (13) 2878 -2881 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄, 塚原 理恵子 臨床皮膚科 67 (2) 159 -162 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄, 藤田 有理香, 森田 真紀子, 塚原 理恵子, 若旅 功二, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 河田 浩敏, 山口 岳彦 Skin Cancer 27 (3) 355 -360 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    87歳,男性。1ヵ月前に気付いた腹部の結節が増大してきたため,2009年11月に初診した。心窩部に母指頭大の皮下腫瘤を触知し,単純CTでは腹部脂肪織内に22mm大の筋肉と等吸収を示す腫瘤をみとめた。2ヵ月後に行ったMRIで34mm大に増大し,筋層への浸潤も疑われ,診断目的に生検を行った。病理組織はspindle cell sarcomaの像を呈し,免疫染色ではCD34,SMA,S100蛋白,AE1/AE3は陰性であった。滑膜肉腫を疑い,18番染色体のSS18遺伝子を標的とするbreak-apart probeを用いたFISH解析を行ったところ,分離像が確認され,滑膜肉腫と診断した。2010年3月全身麻酔下に局所切除を行った。局所再発はみられなかったが,術後1年9ヵ月に腰椎,腸骨への多発骨転移が出現した。
  • 井上 雄二, 長谷川 稔, 前川 武雄 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology 122 (13) 3620 -3623 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄, レパヴー アンドレ 皮膚科の臨床 54 (9) 1263 -1265 2012年09月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄, 塚原 理恵子 皮膚科の臨床 54 (8) 1087 -1091 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 有理香, 前川 武雄 臨床皮膚科 66 (4) 329 -332 2012年04月 [査読無し][通常論文]
  • 吉野 雄一郎, 大塚 幹夫, 川口 雅一, 境 恵祐, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 小川 文秀, 門野 岳史, 川上 民裕, 久木野 竜一, 幸野 健, 小寺 雅也, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 長谷川 稔, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 山崎 修, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信 日本皮膚科学会雑誌 121 (14) 3279 -3306 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 稔, 前川 武雄, レパブー アンドレ, 井上 雄二 日本皮膚科学会雑誌 121 (13) 2872 -2874 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄 日本皮膚科学会雑誌 121 (13) 3188 -3191 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄 日本皮膚科学会雑誌 121 (13) 3188 -3191 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 稔, 前川 武雄, アンドレ レパブー 日本皮膚科学会雑誌 121 (13) 2872 -2874 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 藤本 学, 浅野 善英, 石井 貴之, 小川 文秀, 川上 民裕, 小寺 雅也, 安部 正敏, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 門野 岳史, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信 日本皮膚科学会雑誌 121 (11) 2187 -2223 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 爲政 大幾, 安部 正敏, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅野 善英, 石井 貴之, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信 日本皮膚科学会雑誌 121 (10) 1997 -2035 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 立花 隆夫, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 藤原 浩, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 尹 浩信 日本皮膚科学会雑誌 121 (9) 1791 -1839 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 雄二, 長谷川 稔, 前川 武雄 日本皮膚科学会雑誌 121 (8) 1539 -1559 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 柳下 有理香, 前川 武雄 Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 25 (3) 367 -371 2011年02月 [査読無し][通常論文]
     
    76歳女性。2年前に外陰部の紅斑を自覚,半年前から急速に増大した。初診時,中央部に結節を伴う紅色局面が左大陰唇から肛門にかけて存在し,両側鼠径リンパ節を触知した。生検にてPaget細胞が真皮全層に浸潤していることを確認した。CT上,両側鼠径から大動脈周囲リンパ節までのリンパ節転移がみられ,stage IV(T4N2M1)と診断した。特殊染色にてHER2強陽性であったため,原発巣切除後,weekly docetaxel,trastuzumabによる化学療法を行った。7クール終了時点から8週後の評価でCRと判定した。経過中みられた副作用はいずれもgrade1の軽度のものであり,QOLを保ちながら,非常に奏効した。Trastuzumabとdocetaxelの併用療法は,HER2陽性乳房外Paget病において,少ない副作用と高い治療効果を併せ持った,非常に有用な治療法になり得ると考え報告する。
  • 前川 武雄 インテンシヴィスト 3 (3) 549 -551 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 稔, 井上 雄二, 前川 武雄, レパブー アンドレ 日本皮膚科学会雑誌 120 (13) 2873 -2875 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 有理香, Le Pavoux, Andres J, 前川 武雄 臨床皮膚科 63 (4) 297 -300 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 永尾 麻由子, 門野 岳史, 小宮根 真弓, 菊池 かな子, 玉置 邦彦, 前川 武雄, 鹿田 純一郎, 尹 浩信 日本皮膚科学会雑誌 118 (6) 1079 -1083 2008年05月 [査読無し][通常論文]
  • 増井 友里, 前川 武雄, 山根 謙一, 門野 岳史, 尹 浩信, 朝比奈 昭彦, 菊池 かな子, 玉置 邦彦 皮膚科の臨床 48 (11) 1595 -1600 2006年10月 [査読無し][通常論文]
     
    71歳男。患者は2〜3年前から陰茎亀頭部にそう痒を伴う紅斑を自覚した。皮疹は徐々に拡大、糜爛化し、疼痛を伴うようになった。その後、皮膚生検で有棘細胞癌と診断され、手術目的で入院となった。病理組織学的所見では表皮は一部欠損し、好酸性の腫瘍塊が真皮内へ索状に進展していた。一部では腫瘍塊は真皮深層から陰茎海綿体直上まで島状に浸潤していた。個々の細胞は大小不同で異型性が強く、個細胞角化や分裂像も散見できた。以上より有棘細胞癌、T1N0MO、stage Iと診断し、尿道口近傍であったため、陰茎部分切除術を施行した。化学療法等は追加しなかったが、術後2年経過現在、再発および転移は認めず、排尿障害も認められていない。
  • 増井 友里, 前川 武雄, 山根 謙一 皮膚科の臨床 48 (11) 1601 -1604 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 嶋津 苗胤, 前川 武雄, 門野 岳史 皮膚科の臨床 48 (5) 679 -682 2006年05月 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄, 大原 國章 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY 114 (7) 1283 -1286 2004年06月 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄, 神人 正寿, 尹 浩信, 玉置 邦彦 Connective tissue 36 (2) 103 -103 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 前川 武雄, 湧川 基史, 菅谷 誠, 林 伸和, 朝比奈 昭彦, 大河内 仁志, 伊豆津 宏二, 平井 久丸, 竹内 賢吾, 玉置 邦彦 日本皮膚科学会雑誌 112 (6) 829 -836 2002年05月 [査読無し][通常論文]

委員歴

  • - 現在   日本褥瘡学会   栃木支部長
  • - 現在   日本褥瘡学会   評議員
  • - 現在   日本皮膚外科学会   評議員
  • - 現在   日本皮膚悪性腫瘍学会   評議員
  • - 現在   日本皮膚科学会   創傷・熱傷ガイドライン 策定委員

担当経験のある科目

  • 皮膚科東京大学、虎の門病院、三楽病院、自治医科大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.