研究者総覧

牧野 伸二 (マキノ シンジ)

  • 眼科学講座 准教授
Last Updated :2021/12/07

研究者情報

学位

  • 博士(医学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 弱視   斜視   Amblyopia   Strabismus   

研究分野

  • ライフサイエンス / 眼科学

学歴

  •         - 1997年   自治医科大学(JMU)   医学研究科   眼科学
  •         - 1997年   自治医科大学   Graduate School, Division of Medicine

研究活動情報

論文

  • Yuka Kasuya, Ichiya Sano, Shinji Makino
    Klinische Monatsblatter fur Augenheilkunde 237 12 1466 - 1467 2020年12月
  • Yuka Kasuya, Ichiya Sano, Shinji Makino, Hidetoshi Kawashima
    Case reports in ophthalmological medicine 2020 4803651 - 4803651 2020年 
    The aim of this study is to report a patient with corneal opacity that developed after the use of topical antiglaucoma medications other than brimonidine tartrate (BT). An 85-year-old woman presented with corneal opacity and neovascularization in both eyes. A diagnosis of glaucoma was made 20 years previously, and antiglaucoma agents were prescribed (latanoprost, tafluprost, timolol maleate, travoprost, bimatoprost, ripasudil hydrochloride hydrate, and brinzolamide/timolol maleate) for both eyes. Ocular examination revealed semicircular fan-shaped corneal sterile infiltration with neovascularization. Anterior-segment optical coherence tomography (OCT) showed marked corneal opacity and thickened corneal stroma. The topical drugs were discontinued and replaced with 0.1% betamethasone eye drops. Two weeks after topical drugs were discontinued and replaced with betamethasone, the corneal sterile infiltration markedly improved, although the corneal opacity remained across the stromal layer. In addition, corneal opacity, intermixed with separate transparent sections, was observed as a striped shape. OCT showed an improvement of the thickened corneal stroma. Six weeks after the initial visit, the remaining corneal opacity could be seen as a mixture of opaque and nonopaque areas in stripes. The corneal stromal thickness decreased almost back to the normal range, while the area of the corneal opacity remained unchanged. In vivo laser confocal microscopy showed hyperreflective materials with needle-like structures in the corneal stroma. The corneal opacity showed several similarities to the previous reports of the cases treated with BT. Therefore, clinicians should be mindful of a possible development of corneal opacity in patients treated with antiglaucoma medications other than BT.
  • Kanako Annoura, Ichiya Sano, Shinji Makino, Hidetoshi Kawashima
    GMS ophthalmology cases 10 Doc45  2020年 
    A 43-year-old woman presented with impaired vision and redness in her left eye of 2 weeks duration. She had a pet cat that scratched her forehead 3 weeks before she presented to us. She had no systemic signs such as lymphadenopathy, fever, or fatigue. The respective right and left corrected visual acuities were 20/16 and 20/2000. The anterior chamber of the left eye exhibited inflammation; a fundus examination of that eye revealed optic disc swelling and a serous macular detachment with hard stellate exudates. Based on the recent cat scratch and the ocular findings, cat scratch disease (CSD) was suspected. The results of serologic testing showed elevated titres of IgM and IgG antibodies to Bartonella henselae. Administration of doxycycline and a steroid was initiated. This report describes the occurrence of multiple ocular manifestations of CSD in both the posterior and the anterior segment.
  • Ayumi Matsumoto, Masako Nagashima, Kazuhiro Iwama, Takeshi Mizuguchi, Shinji Makino, Takahiro Ikeda, Kazuhiro Muramatsu, Naomichi Matsumoto, Takanori Yamagata, Hitoshi Osaka
    Brain & development 41 8 726 - 730 2019年09月 
    INTRODUCTION: Neuronal ceroid lipofuscinoses (NCLs; CLN) are mainly autosomal recessive neurodegenerative disorders characterized by the accumulation of autofluorescent lipopigments in neuronal and other cells. Symptoms include visual disabilities, motor decline, and epilepsy. Causative genes are CLN1, CLN2, CLN3, CLN5, CLN6, CLN7, CLN8, CLN10, CLN11, CLN12, CLN13, and CLN14. We present the fourth Japanese case with a CLN6 mutation. CASE PRESENTATION: At 3 years of age, our patient became clumsy and fell down easily. He developed focal seizures with impaired consciousness and was started on carbamazepine. He showed ataxic walking and dysarthria with increased deep tendon reflexes. Interictal electroencephalogram revealed slow waves in the left temporal and occipital areas. Brain magnetic resonance imaging showed cerebellar atrophy and ventriculomegaly. In optical coherence tomography (OCT), the inner layer of the retina was thick and highly reflective. Exome sequencing revealed a known homozygous mutation, C.794_976del, p. (Ser265del) in CLN6. DISCUSSION: A total of 130 cases of NCL with CLN6 mutations have been reported globally, of which only four were from Japan including the current patient. The deletion of serine at position 265 has been reported in six cases. Ser265 is located in a region of short repeated sequences that is susceptible to mutation. Clinical trials of gene therapy using adeno-associated virus serotype 9 have started for NCL6, making early diagnosis crucial. OCT examination might be helpful in achieving a diagnosis.
  • Masahide Goto, Shinji Makino, Takanori Yamagata
    Pediatric neurology 93 59 - 60 2019年04月
  • Shin-Ichi Sakamoto, Shinji Makino, Hidetoshi Kawashima
    Journal of general and family medicine 18 6 456 - 457 2017年12月
  • Meri Watanabe, Shinji Makino, Hiroto Obata
    Journal of general and family medicine 18 6 464 - 465 2017年12月
  • Satoko Tominaga, Shinji Makino
    QJM : monthly journal of the Association of Physicians 110 9 603 - 604 2017年09月 [査読有り][通常論文]
  • Sakamoto SI, Makino S, Kawashima H
    BMJ (Clinical research ed.) 357 j2781  2017年06月 [査読有り][通常論文]
  • Yusuke Arai, Shinji Makino, Hiroto Obata
    Journal of general and family medicine 18 2 92 - 93 2017年04月
  • Hironori Takahashi, Teppei Matsubara, Shinji Makino, Kenji Horie, Shigeki Matsubara
    The journal of obstetrics and gynaecology research 43 3 592 - 594 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Posterior reversible encephalopathy syndrome (PRES) is associated with several symptoms; of those, visual acuity loss, light oversensitivity (photophobia), and light flashes (photopsia) are known as PRES-related eye symptoms. We report a post-partum woman with PRES associated with hemolysis, elevated liver enzymes, and low platelets syndrome (HELLP), in whom color vision abnormality (achromatopsia) was the sole manifestation. Cesarean section was performed at 28 weeks due to headache, epigastralgia, and severe hypertension. HELLP became evident after delivery. On post-partum day 1, she complained of achromatopsia, stating: "all things look brownish-gray". Ophthalmologic examination was normal, but brain magnetic resonance imaging showed occipital lobe lesions, indicative of PRES, and, interestingly, also color vision center (area V4) lesions, suggesting that the achromatopsia had been caused by brain damage. It may be prudent to question HELLP patients concerning achromatopsia.
  • Aya Sato, Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Journal of pediatric ophthalmology and strabismus 53 6 384 - 384 2016年11月 [査読有り][通常論文]
  • Hiroyuki Morisawa, Shinji Makino, Hironori Takahashi, Mari Sorita, Shigeki Matsubara
    The journal of obstetrics and gynaecology research 41 11 1835 - 8 2015年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Serous retinal detachment is sometimes caused by hypertensive disorders in pregnancy and its associated conditions, in which the predominant eye symptoms are blurred vision, distorted vision, and reduced visual acuity. To our best knowledge, this is the first report of a puerperal woman with hemolysis, elevated liver enzymes, and low platelet count (HELLP) syndrome in whom color vision abnormality was the first and predominant manifestation of serous retinal detachment. At 32 weeks of gestation, the 34-year-old Japanese woman underwent cesarean section due to HELLP syndrome. She complained of color vision abnormality on day 1 post-partum and ophthalmological examination revealed serous retinal detachment of both eyes. The visual acuity was preserved. With supportive therapy, her color vision abnormality gradually ameliorated and retinal detachment completely resolved on day 34 post-partum without any sequelae. Obstetricians should be aware that color vision abnormality can be the first and predominant symptom of HELLP-related serous retinal detachment.
  • Meri Watanabe, Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Case Reports in Ophthalmology 6 1 39 - 43 2015年05月 [査読有り][通常論文]
     
    A 10-year-old Japanese girl presented with multiple, small, flat, dark brown clusters of retinal pigment epithelium in both eyes. She had no other symptoms. The appearance was consistent with congenital grouped pigmentation of the retina or bear track spots. A unique co-existing feature was the presence of small, albinotic spots within the entire retina. Fluorescein angiography demonstrated a persistent hypofluorescence correlating with the grouped pigmentation of the retina and granular hyperfluorescence correlating with the albinotic spots. Her mother also showed irregular pigmentation and albinotic spots in both eyes. We describe an extremely rare case of congenital grouped pigmentation and albinotic spots occurring in the retina of the same individual.
  • Shinji Makino, Kozue Hozawa, Reiko Kondo, Mika Kanai, Haruko Suto, Go Mawatari, Kanako Ito
    Case Reports in Ophthalmology 6 1 1 - 6 2015年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: We report a case of inferior rectus muscle aplasia in a 65-year-old woman. Methods: Images were obtained using ocular motility photography and magnetic resonance imaging (MRI), and operative findings were analyzed. Results: A 65-year-old woman presented with marked right hypertropia. The right eye also had microcornea, iris coloboma, and completely restricted downward movement. MRI showed absence of the inferior rectus muscle in both eyes. During surgery, it was confirmed that the right inferior rectus muscle was absent. The patient underwent a muscle transposition procedure without tenotomy or muscle splitting. A superior rectus muscle tenotomy was also performed. Postoperatively, the right eye showed hypotropia and improved downward movement. Conclusion: Muscle transposition without tenotomy or tendon splitting is a surgical option for the unusual abnormality presented in this paper.
  • 鉛筆による穿孔性眼外傷の4例
    新井 悠介, 小幡 博人, 渡辺 芽里, 反田 茉莉, 伊野田 悟, 牧野 伸二
    日本眼科学会雑誌 119 臨増 291 - 291 (公財)日本眼科学会 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino
    Geriatrics & gerontology international 15 1 125 - 125 2015年01月 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino
    BMJ case reports 2014 2014年07月 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 56 2 293 - 293 2014年04月 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino, Meri Watanabe, Hironobu Tampo
    Clinical Optometry 6 1 - 3 2014年01月 [査読有り][通常論文]
     
    A 21-year-old woman complaining of a sudden visual disturbance in her left eye was referred to our hospital. The best-corrected visual acuity (BCVA) in the left eye was 0.3. Fundus examination revealed tortuous retinal veins, soft exudates, and retinal edema. Optical coherence tomography showed that the macular thickness was increased to 685 μm. We diagnosed the condition as a central retinal vein occlusion. Systemic administration of an antiplatelet agent was initiated. The BCVA improved to 0.6, the retinal edema dramatically resolved, and the macular thickness was reduced to 318 μm 1 week later. Furthermore, the reduced retinal edema had transformed to many spokes in a wheel of exudates, a so-called “stellate figure”, in the macula. On optical coherence tomography, hyper-reflective substances were detected in the Henle fiber layer. One month later, the BCVA improved to 1.0. Changes in microstructural findings and visual acuity were analogous during the recovery of macular edema in our patient.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo, Yusuke Arai, Hiroto Obata
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 8 165 - 8 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    To evaluate correlations between choroidal abnormalities, Lisch nodules, and age in patients with neurofibromatosis type 1 (NF1), we examined ten cases with NF1 using near-infrared reflectance imaging. Patients ranged in age from 4 to 39 years. The angle used for near-infrared reflectance imaging was 55°. We counted the total number of choroidal abnormalities in an area within a 55° angle centered on the fovea and the total number of Lisch nodules on the iris by slit-lamp examination. No positive correlation was found between the number of Lisch nodules and patient age (Spearman's rank correlation coefficient ρ=0.117, P=0.7414). Choroidal abnormalities tended to increase with age (ρ=0.6150), but this difference was not statistically significant (P=0.0650). A positive correlation was found between the number of choroidal abnormalities and Lisch nodules (ρ=0.783, P=0.0267). In conclusion, choroidal abnormalities tend to increase with patient age and are correlated with the number of Lisch nodules.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmology 5 1 11 - 5 2014年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To report a case of acute macular neuroretinopathy (AMN) in a 15-year-old boy. METHODS: Images were obtained with fundus photography and optical coherence tomography (OCT). RESULTS: The patient complained of blurred vision and a small central scotoma in the left eye. Left visual acuity was 0.3. Fundus photographs revealed a small dark area in the fovea of the left eye. OCT showed attenuation of the photoreceptor inner segment (IS)/outer segment (OS) line and the OS/retinal pigment epithelium (RPE) line in the left eye. One week after the initial visit, left visual acuity had improved to 0.6, and there was partial recovery of the IS/OS line with focal thinning of the OS/RPE line. One month later, left visual acuity had improved to 0.8, and OCT showed complete restoration of the IS/OS line and the OS/RPE line. CONCLUSIONS: To our knowledge, this is the youngest patient reported with a diagnosis of AMN. Changes in microstructural findings and visual acuity were analogous during recovery of AMN in our patient.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 8 229 - 33 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    We describe two brothers with Joubert syndrome (JS). JS diagnosis was made on the basis of neurological findings and the presence of the characteristic "molar tooth sign", which was subsequently confirmed by magnetic resonance imaging. Both brothers demonstrated ptosis, hypotropia, exotropia, and horizontal pendular nystagmus. The younger brother had mild chorioretinal discoloration at the peripapillary region in both eyes, and a small coloboma at the inferior region of his right optic disc. The elder brother had coloboma in his right eye and a colobomatous optic disc in his left eye. Optical coherence tomography showed that the foveal architecture was preserved in both patients. We discuss the ocular findings, including those from optical coherence tomography, in JS, which has recently been recognized as ciliopathy.
  • Shinji Makino
    Digital journal of ophthalmology : DJO 20 1 10 - 2 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    Fundus examination of a 40-year-old man presenting with blurred vision in his right eye revealed mild vitreous hemorrhage, a prepapillary vascular loop, and a peripapillary epiretinal membrane. Additionally, a superotemporal branch retinal artery communicated directly with an inferotemporal branch retinal artery in the temporal fovea at 2 locations. Fluorescein angiography confirmed an extremely rare arterioarterial communication. Two weeks later the vitreous hemorrhage and small intraretinal hemorrhage had disappeared, and the visual acuity in the right eye improved.
  • 反保 宏信, 大河原 百合子, 高橋 秀徳, 牧野 伸二, 佐藤 幸裕
    あたらしい眼科 30 10 1461 - 1465 (株)メディカル葵出版 2013年10月 [査読有り][通常論文]
     
    目的:眼底カメラでの糖尿病症例の眼底スクリーニングは、無散瞳と散瞳、1〜7方向撮影などさまざまである。散瞳下の4方向と9方向カラー撮影を比較した。方法:散瞳下に画角50°のデジタル眼底カメラで、4、9方向カラー撮影と9方向蛍光眼底造影(FA)を行った62例102眼を後ろ向きに調査した。4、9方向カラー撮影、FAの順に判定し、単純、前増殖、増殖網膜症に病期分類して比較した。結果:4方向と9方向カラー撮影の病期診断一致率は98%であった。4方向、9方向カラー撮影とFAの病期診断一致率はいずれも85%で差はなかったが、微細な網膜新生血管をカラー撮影で網膜内細小血管異常と判定していたものが各6%あった。結論:4方向と9方向カラー撮影の病期診断はほぼ一致しており、4方向カラー撮影で十分と考えた。ただし、カラー撮影では微細な網膜新生血管の判定に限界があることに留意する必要がある。(著者抄録)
  • Takao Nagashima, Kazuko Matsumoto, Takamasa Murosaki, Mari Okada, Masahiro Iwamoto, Shinji Makino, Seiji Minota
    Rheumatology international 33 7 1915 - 6 2013年07月 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino, Mikiko Takezawa, Yukihiro Sato
    Case reports in ophthalmological medicine 2013 105653 - 105653 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    To our knowledge, incomplete central retinal artery occlusion associated with short posterior ciliary artery occlusion is extremely rare. Herein, we describe a case of a 62-year-old man who was referred to our hospital with of transient blindness in his right eye. At initial examination, the patient's best-corrected visual acuity was 18/20 in the right eye. Fundus examination showed multiple soft exudates around the optic disc and mild macular retinal edema in his right eye; however, a cherry red spot on the macula was not detected. Fluorescein angiography revealed delayed dye inflow into the nasal choroidal hemisphere that is supplied by the short posterior ciliary artery. The following day, the patient's visual acuity improved to 20/20. Soft exudates around the optic disc increased during observation and gradually disappeared. His hemodynamic parameters revealed subclavian steal syndrome as examined by cervical ultrasonography and digital subtraction angiography. We speculate that his transient blindness was due to ophthalmic artery spasms. In this particular case, spasms of the ophthalmic artery and occlusion of the short posterior ciliary artery occurred simultaneously. As the short posterior ciliary artery branches from the ophthalmic artery, the anatomical location of the lesion might be near the branching of both arteries.
  • Shinji Makino, Yoshiaki Tanaka, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmology 4 1 11 - 6 2013年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To evaluate peripapillary acute zonal occult outer retinopathy in a 67-year-old man. METHODS: Images were obtained using fundus photography, fluorescein angiography (FA) and indocyanine green angiography (ICGA), fundus autofluorescence (FAF) imaging, and optical coherence tomography (OCT). Visual field testing and multifocal electroretinogram (mfERG) were also performed to evaluate retinal function. RESULTS: Fundus photographs showed subtle pigmentary changes in the peripapillary region, while FAF imaging showed clearly defined hypofluorescent areas in the peripapillary region. Intense hyperfluorescent lesions were also seen underneath hypofluorescent areas. A transmission defect with a granular hyperfluorescence was visible on FA, and ICGA showed hypofluorescence within the lesion. The outer border of the peripapillary zone appeared to block the underlying choroidal fluorescence. The photoreceptor inner segment/outer segment line was absent on OCT images from this area in both eyes, and hyperreflective punctate drusen-like materials were present at the outer border of the peripapillary zone. Visual field testing by Goldmann perimetry showed blind-spot enlargement, and mfERG showed corresponding amplitude reductions. CONCLUSIONS: We speculate that the intense hyperautofluorescent material at the outer border of the peripapillary zone might be accumulated drusenoid lipofuscin.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmological medicine 2013 292981 - 292981 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    We report a case of neurofibromatosis type 1 (NF1) examined by infrared fundus autofluorescence (IR-FAF) and optical coherence tomography (OCT) to characterize the associated choroidal abnormalities. The conventional ophthalmoscopic findings were unremarkable. However, IR-FAF revealed multiple bright patchy lesions in the choroid of the posterior pole, in both eyes. OCT demonstrated irregular hyperreflectivity at the sites of these lesions. Patients with NF1 may have typical choroidal lesions that are visible on IR-FAF, which can be confirmed through OCT.
  • Shinji Makino, Yuko Ohkubo, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmological medicine 2013 259797 - 259797 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    A 66-year-old woman was referred for evaluation of retinal vessel abnormality. She had no visual symptoms. The anterior segment showed a retrolental opacity in her right eye. Fundus examination showed a bilateral prepapillary vascular loop associated with PHPV in her right eye. Prepapillary vascular loops were present in both eyes, although they were much more prominent in the right eye. To our knowledge, there are no reports of prepapillary vascular loops associated with PHPV.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 52 12 1445 - 6 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino, Katsuhisa Endoh, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmological medicine 2013 604191 - 604191 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    Here, we report a case of retinal microvascular abnormalities in a patient with neurofibromatosis type 1 (NF1) associated with congenital retinal macrovessels. An abnormal retinal macrovessel, crossing the macula horizontally, was detected in the right eye. Additionally, retinal microvascular abnormalities were detected. Eight years after the initial visit, the retinal microvascular abnormalities were noted to have changed substantially. We speculate that retinal microvascular abnormalities in NF1 may change dynamically over the years.
  • Shinji Makino
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 7 1319 - 23 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    A 68-year-old woman with bilateral idiopathic optic neuropathy was examined using blue-on-yellow perimetry. Best-corrected visual acuity was 0.5 and 0.6 in her right and left eyes, respectively. Visual field testing with a Goldmann perimeter showed constriction of the I/2 e isopter in both eyes. With regard to mean deviation, the results (-13.18 dB right, -10.01 dB left) of blue-on-yellow perimetry were worse than those obtained using white-on-white perimetry (-1.26 dB right, -1.83 dB left). Optical coherence tomography revealed decreased retinal nerve fiber layer thickness in both eyes. Blue-on-yellow perimetry is useful for the detection of visual field disturbances in patients with optic neuropathy.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmology 4 2 81 - 6 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To report a case of rare and unusual choroidal abnormalities in a 42-year-old woman with systemic lupus erythematosus (SLE). METHODS: Images were obtained using fundus photography, fluorescein angiography, near-infrared reflectance (NIR) imaging, and optical coherence tomography (OCT). RESULTS: The patient had a history of SLE and central retinal artery occlusion in her right eye. Fundus examination showed no specific retinochoroidal abnormalities, with the exception of optic disc atrophy in her right eye and a peripapillary small hemorrhage in her left eye. However, NIR revealed multiple bright patchy lesions in the choroid of the posterior pole and the mid-periphery of the fundus in both eyes. OCT demonstrated irregular hyperreflectivity at the lesion sites. CONCLUSIONS: The observed choroidal abnormalities are highly specific findings and therefore indicative of neurofibromatosis type 1 (NF1). Since the coexistence of SLE and NF1 is extremely rare, this case provided the chance to examine the relationship between SLE and NF1.
  • Shinji Makino, Hironobu Tampo
    Case reports in ophthalmology 4 3 99 - 104 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To report a case of acute zonal occult outer retinopathy (AZOOR) in a 39-year-old woman. METHODS: Images were obtained with fundus photography and optical coherence tomography (OCT). A multifocal electroretinogram (mfERG) was also obtained to evaluate retinal function. RESULTS: The patient's right visual acuity was 0.8. Fundus photographs showed no specific abnormal findings. OCT showed attenuation of the photoreceptor inner segment/outer segment (IS/OS) line and the cone outer segment tip (COST) line in the right eye. The mfERG showed corresponding amplitude reductions. One month after the initial visit, her right visual acuity improved to 1.2. There was partial recovery of the IS/OS line; however, the COST line was still absent, and there was no apparent improvement in the mfERG responses. CONCLUSIONS: Our findings showed a discrepancy between the microstructural findings and visual function during recovery of AZOOR.
  • Shinji Makino, Yuko Ohkubo, Hironobu Tampo
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 16 2253 - 4 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Makino, Yuko Ohkubo, Hironobu Tampo
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 6 1 1445 - 8 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    We report the first case in the literature of chorioretinal atrophy involving the macula in an 11-year-old girl with Alagille syndrome, as examined by optical coherence tomography, and fundus autofluorescence imaging. Funduscopy revealed diffuse choroidal hypopigmentation with increased visibility of the choroidal vessels and symmetric, well circumscribed macular discoloration. Anomalous oblique configuration of the optic disc and peripapillary tortuous vessels were also detected. Optical coherence tomography demonstrated decreased retinal thickness, especially the outer retinal layer, and the photoreceptor inner segment/outer segment junctions were irregular and discontinued, corresponding to macular discoloration. Fundus autofluorescence imaging clearly defined hypofluorescent areas in the peripapillary regions that extended along the macula and had a sleep mask appearance. We suggest that transient hypovitaminosis due to Alagille syndrome early in life might contribute to the retinal degeneration seen in this case.
  • Shinji Makino, Yukihiro Sato
    Case reports in ophthalmological medicine 2012 167164 - 167164 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    To our knowledge, there are no reports of Aeromonas hydrophila infection after a scleral buckling procedure. Also, migration of a silicone explant element through the rectus muscles is extremely rare. Herein, we describe a case experiencing extrusion of a solid silicone tire migrating through the superior rectus muscle with Aeromonas hydrophila infection following a scleral buckling procedure. A 42-year-old man was referred to our hospital complaining of ocular pain and purulent discharge in his left eye which has persisted for several months. He had a history of bilateral rhegmatogenous retinal detachment which had been treated with scleral buckling. The left eye showed extrusion of the solid silicone buckle which had migrated through the superior rectus muscle and an infection in the upper quadrant of the sclera. The buckle was removed, and the patient was treated with antibiotics. After the removal of the buckle, the symptoms showed rapid amelioration and there was no recurrence of retinal detachment. Aeromonas hydrophila was isolated from the discharge and the removed explant. He used well water in daily life. In this case, the Aeromonas hydrophila infection of the extruded buckle might have originated from contaminated well water.
  • Shinji Makino, Yuriko Ohkawara, Yukihiro Sato
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 6 1 1945 - 7 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    A 77-year-old man presented with an inferior hemivisual field defect in the left eye. Funduscopy revealed well demarcated retinal edema of the superior quadrant resembling hemicentral retinal artery occlusion. Further, the upper and inferior retinal arteries emerged separately from the optic disc. Fluorescein angiography demonstrated a marked filling delay of the upper retinal artery. We repeated fluorescein angiography, which showed that the involved upper retinal artery was a cilioretinal artery having an earlier dye appearance than the lower retinal artery. We suggest that when cases of hemicentral retinal artery occlusion are encountered, vascular architecture at the optic disc should be evaluated carefully.
  • Shigeki Matsubara, Tomoyuki Kuwata, Yuriko Ohkawara, Shinji Makino
    Archives of gynecology and obstetrics 283 6 1423 - 5 2011年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Headache in late pregnancy is warning of the presence of severe and/or lethal disorders. Here, we present a case of Vogt-Koyanagi-Harada disease (VKH), in which headache was the preceding and predominant symptom. At 37 weeks of pregnancy, a Japanese 1-para woman with an uneventful pregnancy complained of severe headache and then blurred vision. Although we initially diagnosed this condition as pregnancy-associated retinal detachment, headache and blurred vision persisted after delivery. Eye anterior segment lesions appeared and VKH disease was diagnosed, with systemic steroid administration completely ameliorating both the headache and visual disturbance. Obstetricians must be aware that headache may be the first sign of VKH disease.
  • Yuaki Yokoyama, Shinji Makino, Nobuhiro Ibaraki
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 112 2 148 - 51 2008年02月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To evaluate the positive value of bacterial cultures which were collected soon after various types of ophthalmic surgery, from eyelids and conjunctiva disinfected by dilute chlorhexidine gluconate or povidone-iodine solution. METHODS: This study evaluated 179 cases (mean age, 65.6 +/- 15.3) (210 eyes) who underwent cataract surgery, vitrectomy and scleral buckling performed by the same surgeon between April 2005 and December 2005. We divided all the cases into two groups: cases whose eyelids and conjunctiva were disinfected with dilute 0.05% solution of chlorhexidine gluconate, and the other cases whose eyelids were disinfected with 10% solution of povidone-iodine, and the conjunctiva was treated with 16 times dilute povidone-iodine solution. Soon after surgery, samples for bacterial culture were scraped from all eyelids and conjunctiva by swabs. RESULTS: From the eyelids, bacteria were detected from 39 of the 107 eyes in the chlorhexidine gluconate group, and 19 of the 103 eyes in the povidone-iodine group (p<0.01). There was no significant difference between the chlorhexidine gluconate and povidone-iodine groups with respect to the number of positive cases from the conjunctiva. However, a higher positive value in bacterial culture collected from eyelids was shown in the chlorhexidine gluconate group. CONCLUSIONS: Therefore, based on this result, we consider that povidone-iodine solution has a superior disinfectant effect compared to chlorhexidine gluconate.
  • Ryuichiro Ono, Akihiro Kakehashi, Yuka Ito, Norito Sugi, Shinji Makino, Eiji Kobayashi, Yoji Hakamada, Yasuhiro Takagi, Yusuke Kitazume, Masanobu Kawakami
    OPHTHALMIC RESEARCH 38 5 270 - 273 2006年 [査読有り][通常論文]
     
    Background. Retinal leukostasis plays an important role in the pathogenesis of diabetic retinopathy. Objectives: We studied the effects of nipradilol, a topical antiglaucoma alpha beta-blocker and nitric oxide donor, on the retinal vascular leukocyte adhesion of rats with diabetes. Methods: Diabetes was induced in seven Brown-Norway rats by one intravenous injection (65 mg/kg) of streptozotocin and confirmed by blood glucose levels > 350 mg/dl 48 h after the injection. Nipradilol solution was instilled in the right eye and nipradilol-free base solution in the left eye for 3 weeks, after which the retinal microcirculation was evaluated by acridine orange leukocyte digital fluorography using laser scanning ophthalmoscopy. Leukocytes trapped in the retina were counted around the optic disc in a 5-disc-diameter area and compared between the right and the left eye. Results:The mean retinal leukostasis count in the nipradilol-treated eyes (19 +/- 15 cells) was significantly lower than in the untreated eyes (49 +/- 19 cells; p < 0.0008). The diameter of the retinal artery in the eyes treated with nipradilol significantly increased (111 +/- 13.5%) compared with untreated eyes (p < 0.03). Conclusions: Topical nipradilol significantly reduced retinal leukostasis in the retinal microcirculation in diabetic rats and may be a prophylactic agent for early diabetic retinopathy through its nitric oxide donor effects on the microcirculation. Copyright (c) 2006 S. Karger AG, Basel.
  • Y Tamagawa, K Ishikawa, K Ishikawa, T Ishida, K Kitamura, S Makino, T Tsuru, K Ichimura
    LARYNGOSCOPE 112 2 292 - 297 2002年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives/Hypothesis: To characterize the audiovestibular phenotype of DFNA11, an autosomal dominant nonsyndromic hearing impairment caused by a mutation in the myosin VIIA gene (MYO7A), including whether DFNA11-affected subjects have retinal degeneration as is characteristic of Usher syndrome type 113, caused by different MYO7A mutations. Study Design: Retrospective study of audiovestibular and ophthalmological data in a Japanese family linked to DFNA11. Methods. Otoscopic examination and pure-tone audiometry were performed in all participants in the family. Selected subjects underwent additional examinations including speech discrimination scoring, acoustic reflex measurements, Bekesy audiometry, evoked and distortion-product otoacoustic emissions, auditory brainstem responses, and bithermal caloric testing, visual acuity, ocular tonometry, slit-lamp examination, ophthalmoscopy, and electroretinography; and computed tomography of the temporal bone. Results: Most affected individuals had moderate cochlear hearing loss beginning in the second decade and progressing at all frequencies. Variable degrees of asymptomatic vestibular dysfunction were present. Computed tomography showed normal inner and middle ear structures. No evidence suggested retinitis pigmentosa. Conclusions. The phenotype of DFNA11 is postlingual, nonsyndromic sensorineural hearing loss with gradual progression. Showing moderate hearing loss with asymptomatic variable vestibular dysfunction and no retinal degeneration, the DFNA11 phenotype is mildest among phenotypes caused by MYO7A mutations.
  • Yuya Tamagawa, Kazuhiro Ishikawa, Kotaro Ishikawa, Takashi Ishida, Ken Kitamura, Shinji Makino, Tadahiko Tsuru, Keiichi Ichimura
    Advances in oto-rhino-laryngology 61 79 - 84 2002年 [査読有り][通常論文]

MISC

  • コーツ病に伴った黄斑円孔の1例
    橋本 悠人, 新井 悠介, 坂本 晋一, 高橋 秀徳, 井上 裕治, 牧野 伸二, 川島 秀俊 眼科臨床紀要 13 (10) 697 -698 2020年10月
  • 牧野 伸二 あたらしい眼科 37 (8) 903 -909 2020年08月
  • マダニによる眼瞼皮膚咬傷の一例
    近藤 由佳, 佐野 久美子[矢野], 坂本 晋一, 牧野 伸二, 川島 秀俊 眼科臨床紀要 13 (6) 440 -440 2020年06月
  • 内斜視の診断と治療
    牧野 伸二 眼科臨床紀要 13 (4) 287 -288 2020年04月
  • 粕谷 友香, 佐野 一矢, 牧野 伸二, 川島 秀俊 臨床眼科 74 (3) 303 -308 2020年03月 
    <文献概要>目的:妊娠高血圧腎症に伴う下垂体炎を報告する。症例:35歳,女性。妊娠高血圧腎症の管理目的に入院した。妊娠30週に緊急帝王切開術が施行された。妊娠25週頃より頭痛,左眼の霧視を自覚していたが分娩1週後,眼科的精査目的に紹介され受診した。視力は右0.05(1.2),左0.02(0.9),前眼部に異常はなかった。眼底は両眼とも高血圧に伴う軟性白斑,網膜出血がみられた。ゴールドマン視野検査では不規則な両耳側半盲がみられた。頭部MRIにて,トルコ鞍から鞍上部にかけてT2強調画像で軽度高信号を呈し,造影により均一に増強される腫瘤性病変が確認された。基礎値で下垂体機能低下症はなかったが,高張食塩水負荷試験+デスモプレシン負荷試験では部分型中枢性尿崩症の所見であった。下垂体後葉炎の疑いとして,ステロイド内服が開始された。内服1ヵ月後の左眼視力は(1.2)に改善し,下垂体病変は経時的に縮小した。発症から1年後,右眼の視野は不変であるが,左眼の視野はほぼ正常に改善した。結論:妊娠中の視力・視野障害の原因に下垂体炎があることを念頭に置く必要がある。
  • ブリモニジン酒石酸塩以外の緑内障点眼薬によってみられた角膜混濁の1例
    粕谷 友香, 佐野 一矢, 牧野 伸二, 川島 秀俊 日本眼科学会雑誌 124 (臨増) 273 -273 2020年03月
  • 網膜光凝固を施行した未熟児網膜症の視力に関する検討
    粕谷 友香, 渡辺 芽里, 新井 悠介, 牧野 伸二, 川島 秀俊 眼科臨床紀要 12 (9) 721 -721 2019年09月
  • 内斜視の診断と治療
    牧野 伸二 眼科臨床紀要 12 (7) 554 -557 2019年07月 
    調節性内斜視、部分調節性内斜視、乳児内斜視の診断、治療、長期経過について概説した。良好な両眼視機能獲得のための眼位未矯正期間の短縮は乳児内斜視に限るものではなく、調節性内斜視や部分調節性内斜視に対しても重要であることを強調したい。(著者抄録)
  • 網膜光凝固を施行した未熟児網膜症の視力に関する検討
    粕谷 友香, 渡辺 芽里, 新井 悠介, 牧野 伸二, 川島 秀俊 日本眼科学会雑誌 123 (臨増) 234 -234 2019年03月
  • 山田 布沙絵, 小幡 博人, 阿部 竜三郎, 小泉 宇弘, 星 太, 河井 信一郎, 牧野 伸二 眼科 60 (2) 181 -188 2018年02月 
    45歳女。右眼の視力低下を自覚し近医を受診したところ、漿液性網膜剥離が認められたため紹介された。視力は右眼が手動弁、左眼が矯正1.2、眼圧は右38mmHg、左35mmHgであり、両眼に充血を認め、右眼の眼底には漿液性網膜剥離に加えてRoth斑様出血を認めた。全身疾患の可能性を考えて内科にコンサルトしたところ高血圧と多血症が判明し、降圧薬の内服が開始された。初診から9日目、漿液性網膜剥離は消失し、右眼の視力は矯正0.03に改善したが、眼底に広範な色素脱を認め、網膜色素上皮裂孔と考えられた。血圧がある程度落ち着いた19日目に右眼の蛍光眼底造影検査を行い、インドシアニングリーン造影で脈絡膜血管の蛇行・拡張を認めた。内科の精査で肺高血圧症の存在が判明し、両眼の充血は肺高血圧による上強膜血管の拡張が原因と推測された。
  • 牧野 伸二 眼科 59 (9) 905 -912 2017年09月 
    プリズム治療は小児では両眼視機能の獲得・維持のために、また、成人では複視や眼精疲労の軽減のために有用である。プリズム治療の適応となる斜視は、原則として手術を必要とする乳幼児の内斜視で、その他に外斜視、上下斜視の一部のものがある。プリズム治療について、その適応、処方に際しての注意点、具体的な症例の経過を踏まえて、斜視の種類別の対応、複視のある症例への対応について概説した。
  • 上下回旋斜視の病態
    牧野 伸二 眼科手術 30 (1) 152 -154 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    上下回旋斜視の病態を考えるうえでは、外眼筋の作用などの解剖学的側面と、融像域などの感覚面の理解が不可欠である。解剖学的側面では、外眼筋の作用と作用低下が生じた際の眼位の理解が必要である。また、手術においては、上下直筋水平移動術では人為的に回旋偏位を生じさせる結果、回旋偏位の矯正が可能であり、上斜筋腱前部前転法(原田-伊藤法)は、上斜筋の前方線維が回旋運動に関与することから、前方線維のみ筋力を強化することで外方回旋偏位の矯正が可能である。感覚面では上下融像域と回旋融像域、運動性融像と感覚性融像、両眼共同回旋と両眼離反回旋、感覚適応などの理解が必要である。本稿ではこれらについて概説した。(著者抄録)
  • 伊藤 可奈子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 馬渡 剛 日本視能訓練士協会誌 45 57 -61 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】自治医科大学弱視斜視外来を受診した高齢者症例を検討した。【対象と方法】2010年から2014年の間に当科弱視斜視外来を受診した60歳以上の高齢者108例の臨床的特徴を検討した。平均年齢は70.9歳(60〜91歳)、男性53例、女性55例であった。【結果】受診動機は複視が72例、整容的改善が33例、眼精疲労2例、その他1例であった。63例で手術が施行され、外斜視が43例、内斜視が9例、上下回旋斜視が11例であった。術後、複視が残存した3例はやや不満足であったが、60例では整容的な満足および自覚症状の改善が得られた。手術を施行していない症例の12例でプリズム眼鏡の処方を行い、10例で症状の軽快が得られた。【結論】高齢者に対する斜視手術は、非観血的治療とともに有用である。(著者抄録)
  • 馬渡 剛, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 伊藤 可奈子 日本視能訓練士協会誌 45 105 -108 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】感覚性斜視の手術成績を検討した。【対象と方法】対象は2000年から2014年までに当科で感覚性斜視に対して手術を行った35例で、男性18例、女性17例、年齢は12〜86歳(平均33.0±17.5歳)であった。これらを対象に、臨床的特徴と手術成績を検討した。【結果】原因は先天性13例、後天性20例、不明2例であった。患眼の視力は0.2〜0.1が7例、0.09〜0.01が13例、指数弁〜光覚ありが8例、光覚なしが7例であった。斜視の内訳は外斜視が32例、内斜視が3例であった。手術は全例患眼に対して行い、初回術式は外斜視では前後転術が21例、後転術が11例、内斜視では前後転術が2例、後転術が1例であった。外斜視では術前斜視角-14〜-85Δ(平均-46.1±16.8Δ)が、術後+12〜-45Δ(平均-14.9±12.1Δ)、内視鏡では術前斜視角+25〜+95Δ(平均+63.3±29.0Δ)が、術後+10〜+45Δ(平均+22.3±16.0Δ)に改善が得られた。最終観察時、すべての症例で整容的満足が得られた。【結論】感覚性斜視に対する斜視手術は、既報と同様に整容的な改善が得られ有用である。(著者抄録)
  • 伊藤 可奈子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 馬渡 剛 日本視能訓練士協会誌 45 341 -341 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 馬渡 剛, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 伊藤 可奈子 日本視能訓練士協会誌 45 342 -342 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸子, 仲摩 恵美, 吉村 成子, 竹内 三晴, 雲井 悠里, 河原 奈麻美, 石川 由紀子, 牧野 伸二, 松村 正巳 地域医学 30 (6) 462 -466 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    自治医科大学の女子卒業生の就業継続に対する意識を明らかにすることを目的に、義務年限を終了した卒後10〜14年の女性医師100名を対象にアンケート調査を行い、60名より回答を得た。その結果、53名(88.3%)が臨床医として勤務を継続しており、専門科については内科が27名(45.0%)で最も多く、以下、産婦人科、小児科の順であった。従事している科の選択理由は「好きだから」が42名(70.0%)で最も多く、次いで、「自分に向いているから」「ワークライフバランスがとりやすいから」などであった。VAS(Visual Analog Scale)による現在の科への満足度は83.3と高かった。「自らのキャリアを選択する際、最も大切な価値観や欲求」である「キャリアアンカー」についての質問では、約半数が「ワークライフバランス(個人的な欲求と家族と仕事とのバランス調整をすること)」を挙げ、以下、「技術的・機能的能力(自分の専門性や技術が高まること)」「奉仕・社会貢献(社会をよくしたり他人に奉仕したりすること)」の順であった。
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 伊藤 可奈子, 馬渡 剛 臨床眼科 70 (3) 399 -403 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:斜視手術の既往がある成人に行った斜視手術の報告。対象と方法:過去10年間に当科で斜視手術を行った22例を対象とした。全例に他施設での斜視手術の既往があった。男性10例,女性12例で,年齢は20〜81歳,平均41歳である。結果:当科受診時には,内斜視術後の外斜視が13例,外斜視術後の残余外斜視が6例,内斜視術後の残余内斜視が2例,外斜視術後の上下斜視が1例にあった。前回の斜視手術は,4〜60年前に行われていた。手術は原則として非手術眼または非手術筋に行い,10例では手術既往筋に行った。この10例中5例では,術前に既往筋ではないと推測し,術中に既往筋であったことが判明した。手術により8眼で正位が得られ,14眼で眼位異常が軽減した。22例すべてで整容的満足が得られた。結論:斜視手術の既往がある22例に行った斜視手術で眼位異常が正常化または軽減した。斜視手術の既往筋は5例では術前に同定できなかった。(著者抄録)
  • 斜視手術後の結膜肉芽腫
    牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 馬渡 剛, 伊藤 可奈子 眼科臨床紀要 9 (3) 288 -288 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二 眼科 58 (3) 239 -244 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬渡 剛, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 伊藤 可奈子 眼科臨床紀要 9 (2) 149 -152 2016年02月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:遠視性不同視弱視において治療開始前の状況から治療経過が推測できるか検討した。対象および方法:遠視性不同視弱視60例を対象に、治療開始前の状況(年齢、視力、屈折値、不同視)と視力1.0が得られた割合およびそれまでの期間との関連を検討した。結果:視力1.0以上は54例(90%)に得られた。視力1.0が得られなかったものは得られたものと比べて、有意に初診時年齢が遅かったが、弱視眼屈折値、不同視、視力には有意差はなかった。視力1.0が得られるまでの期間は3ヵ月〜45ヵ月(平均15.7±10.4ヵ月)で、6ヵ月までが9例(15%)、1年までが21例(35%)、1年6ヵ月以内が37例(61.7%)、2年以内が46例(76.7%)であった。視力1.0までに改善する期間と年齢、弱視眼屈折値、不同視、視力との間に有意な相関関係はなかった。結論:視力獲得の観点からみると遠視性不同視弱視の予後は良好であり、その治療経過を治療開始前の状況から推測することは困難であると思われた。(著者抄録)
  • 反保 宏信, 大河原 百合子, 高橋 秀徳, 牧野 伸二, 佐藤 幸裕 あたらしい眼科 33 (1) 119 -123 2016年01月 
    目的:散瞳下での2方向と4方向カラー眼底撮影を、9方向蛍光眼底造影(FA)を含めて比較し、2方向の病期診断における有用性を検討した。方法:散瞳下に画角50°のデジタルカメラで、1眼につき2、4方向カラー撮影と9方向FAを行った167例287眼を後ろ向きに調査した。2、4方向カラー撮影、FAの順に判定し、網膜症なし、単純、前増殖、増殖網膜症に病期分類して比較した。結果:2方向と4方向カラー撮影の病期診断一致率は97%であった。また、2方向とFAの一致は84%、4方向とFAの一致は87%であり、有意差はなかった。FAでの病期診断との一致率を2方向、4方向で見ると、単純網膜症で95%、97%、前増殖網膜症で87%、88%、増殖網膜症で61%、72%であり、2方向と4方向で差がないものの、病期が進行するに伴い低率となった。結論:2方向と4方向の病期診断はほぼ一致しており、2方向で十分と考えられるが、前増殖網膜症や増殖網膜症の診断には限界があることに留意する必要がある。(著者抄録)
  • 弱視斜視外来を受診した高齢者症例の検討
    伊藤 可奈子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 馬渡 剛 日本視能矯正学会プログラム抄録集 56回 59 -59 2015年10月
  • 感覚性斜視に対する手術成績
    馬渡 剛, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 伊藤 可奈子 日本視能矯正学会プログラム抄録集 56回 60 -60 2015年10月
  • 西田法による水平直筋移動術を施行した下直筋欠損の1例
    牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 金井 美佳, 須藤 治子, 馬渡 剛, 伊藤 可奈子 眼科臨床紀要 8 (7) 513 -514 2015年07月
  • 牧野 伸二 眼科臨床紀要 8 (5) 326 -331 2015年05月 
    5年以上経過観察されている先天上斜筋麻痺53例を対象に、手術を行った48例では上斜筋縫縮術、下斜筋後転術、下斜筋前方移動術、下直筋後転術の術式別の上下偏位の変化を、手術を行っていない5例では経過観察中の上下偏位の変化を検討した。先天上斜筋麻痺に対する術式は、上斜筋縫縮術が減少し、下斜筋後転術、健眼の下直筋後転術に加え、上下偏位の大きい症例に下斜筋前方移動術が行われていた。上下偏位の矯正効果は概ね良好ではあるが、低矯正のもの、経過中に上下偏位が逆転するものもみられた。また、手術を行っていない症例では経過中に上下偏位が増加するものもみられた。症例ごとに長期経過を観察する重要性が確認された。(著者抄録)
  • 病態に基づく斜視の最新治療2015 プリズム・光学的治療
    牧野 伸二 日本眼科学会雑誌 119 (臨増) 43 -43 2015年03月
  • 牧野 伸二 OCULISTA (23) 53 -59 2015年02月 
    弱視治療の目的は弱視眼の視力向上とともに良好な両眼視機能を獲得させることにあり、そのために弱視の原因の除去、弱視眼を積極的に使わせること、両眼視の強化が重要である。斜視治療の目的は眼位の矯正とともに良好な両眼視機能を獲得させることにあり、そのために斜視の原因を精査し、眼位の矯正にあたることが重要である。本稿では日常遭遇することの多い遠視性不同視弱視と調節性内斜視を中心に、さらに部分調節性内斜視、先天内斜視に対する眼鏡矯正について自験例を基に概説した。斜視・弱視疾患に対しては、適切な眼鏡矯正と長期管理が必要不可欠である。(著者抄録)
  • 反保 宏信, 大河原 百合子, 高橋 秀徳, 牧野 伸二, 佐藤 幸裕 あたらしい眼科 32 (2) 274 -278 2015年02月 
    目的:無散瞳デジタル眼底カメラを用いた糖尿病症例の眼底スクリーニングの有用性と限界を検討した。方法:画角45°のカメラで、1眼につき1、2、4方向のカラー撮影を行った糖尿病症例492例894眼を後ろ向きに調査した。1、2、4方向の順に、網膜症なし、単純、前増殖、増殖網膜症に病期診断して比較した。結果:病期診断の一致率は、1と2方向93.1%、2と4方向98.7%、1と4方向91.7%で、2と4方向の一致率が有意に高率であった。不一致例を具体的に検討すると、4方向での単純網膜症を網膜症なし、前増殖網膜症を単純網膜症としたものが、2方向に比較し1方向で有意に高率であった。結論:1方向は2方向に比較して網膜症の見逃しや、より軽症に判定する比率が有意に高く、病期診断には適さないと考えた。一方、2方向は4方向と非常に高い一致率を示し有用だが、非常に低頻度ながら見逃しや、軽症に判定する可能性がある。(著者抄録)
  • 【眼科診療のエッセンスQ&A】弱視・斜視と視機能 弱視・斜視編(Q3) 先天内斜視に対するプリズム治療について教えてください
    牧野 伸二 あたらしい眼科 31 (臨増) 182 -183 2014年12月
  • 牧野 伸二 眼科 56 (7) 799 -803 2014年06月
  • 近藤 玲子, 國松 志保, 保沢 こずえ, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 金井 美佳, 須藤 治子, 牧野 伸二, 川島 秀俊 あたらしい眼科 31 (6) 895 -898 2014年06月 
    目的:後期緑内障患者の運転免許更新状況を聴取し、その視野を検討した。対象および方法:2012年9月から2013年1月までに自治医科大学眼科緑内障外来を受診した後期緑内障患者のうち、5年以内に免許を更新した39例を対象とし、免許更新状況を聴取した。そのうち21例に対しては、免許センターの視野測定器と測定方法が類似しているフェルスター(Foerster)視野計を用いて視野を測定し、さらに水平・垂直のGoldmann視野計の結果と比較検討した。結果:39例中35例(90%)が視力検査のみで運転免許を更新していた。4例(10%)が視野検査の後に更新していたが、当科で行った視野検査では、全例が免許更新基準の150°以上を満たしていなかった。Goldmann視野計とFoerster視野計を比較すると、Goldmann視野計のほうが水平・垂直とも有意に視野が広く検出された。結論:後期緑内障患者のなかには、現行の運転免許基準を満たさないものがあることが推定された。運転免許更新には適切な視野検査が必要であると思われた。(著者抄録)
  • 渡辺 芽里, 牧野 伸二, 佐藤 幸裕 眼科 56 (7) 911 -916 2014年06月 
    症例は38歳女性で、急激な左眼視力低下を主訴に、近医眼科にて網膜性中心静脈閉塞症と診断された。発症4日目の再診時、左眼網膜出血の増悪と網脈静脈の黒線化を認め、発症5日目に当科紹介となった。初診時視力は右眼(1.2)、左眼光覚なしで、眼圧は右眼14mmHg、左眼11mmHgであった。光干渉断層計所見、フルオレセイン蛍光眼底造影所見より、網脈中心動静脈閉塞症と診断した。原因精査を行ったところ、抗リン脂質抗体症候群の診断に至り、発症7週目にワーファリン治療を開始した。左眼の経過は、発症3週目に硝子体出血、発症3ヵ月目に血管新生緑内障を合併し、光覚がないことから、毛様体光凝固を行った。発症10ヵ月の現在、右眼に発症はみられず、左眼は抗緑内障薬の点眼で経過観察中である。
  • 糖尿病患者の眼底スクリーニング 散瞳4方向と9方向カラー撮影の比較
    反保 宏信, 大河原 百合子, 高橋 秀徳, 牧野 伸二, 佐藤 幸裕 日本糖尿病眼学会誌 18 63 -67 2014年03月 
    糖尿病網膜症62例102眼(男39例、女23例、平均59.4歳)の治療方針について検討するため、散瞳下に画角50°のデジタル眼底カメラで行われた4方向および9方向のカラー眼底撮影と、9方向蛍光眼底造影(FA)の画像を比較した。判定された病期は4方向カラーで単純網膜症33眼、前増殖網膜症57眼、増殖網膜症10眼、網膜症なし(NDR)2眼、9方向カラーではそれぞれ35眼、58眼、9眼、0眼、FAでは28眼、60眼、14眼、0眼で、病期の頻度に有意差はなかった。診断一致率は4方向と9方向カラーが98%、4、9方向カラーとFAが85%であった。FAと4、9方向カラーとの不一致例は、網膜内最小血管異常(IRMA)を判定されなかったのが各7眼、微細な網膜新生血管をIRMAと判定が各6眼などであった。4方向で写らない領域に9方向カラーで何らかの所見を認めたのは網膜出血95眼、硬性白斑17眼、白線化血管4眼などで、網膜出血2眼はNDRと判定されていた。
  • 牧野 伸二, 反保 宏信 自治医科大学紀要 36 91 -94 2014年03月 
    56歳男性の右眼孤立性網膜星状膠細胞過誤腫を経験した。光干渉断層計では虫食い状の光学的に空虚な内腔を有する隆起した高反射を伴う網膜腫瘍が確認され、腫瘍の後方は低反射陰影がみられた。腫瘍の表面には後部硝子体膜との接着が明瞭に観察された。網膜星状膠細胞過誤腫は比較的変化の少ない腫瘍で、治療を要することは少ないが、稀に続発性変化として、腫瘍の増大、黄斑浮腫、漿液性網膜剥離や硝子体出血などを来すことがある。光干渉断層計による検査は、腫瘍と硝子体の接着および牽引を正確に評価できるため、これらの変化に起因する合併症の予後予測も可能で有用であると考えられた。(著者抄録)
  • 金井 美佳, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 須藤 治子 日本視能訓練士協会誌 42 77 -81 2013年12月 
    【目的】生後6ヵ月以内発症で、調節性内斜視として経過観察した4症例を報告する。【対象及び方法】1995年1月〜2009年10月までに自治医科大学眼科弱視斜視外来を受診し、3年以上経過観察でき、内斜視の発症が生後6ヵ月以内と確認できた87例のうち、アトロピンによる調節麻痺下屈折検査に基づく完全屈折矯正眼鏡装用下で眼位が正位となった4例(4.8%)を対象に経過を検討した。【結果】内斜視の推定発症時期は生後2ヵ月〜4ヵ月、初診時年齢は1歳5ヵ月〜4歳2ヵ月であった。初回調節麻痺下屈折値は等価球面換算で、平均+3.72D(+2.75D〜+4.63D)であった。2例は調節性内斜視として良好な眼位が維持されたが、1例は片眼の弱視を伴い固視は不安定で、1例は初診から4ヵ月後に交代性上斜位が検出された。全症例で大型弱視鏡での同時視が確認され、弱視を伴った1例を除き融像を認めたが、Titmus Stereo Testで立体視を認めたものは2例であった。【結論】生後6ヵ月以内発症の内斜視の中に稀ではあるが調節性内斜視があり、内斜視の発症時期を確認し、適切な治療を行って眼位を矯正することは良好な両眼視機能獲得につながるものと考えられる。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 山本 裕子 神経眼科 30 (4) 364 -372 2013年12月 
    両眼視を正常に維持するためには、水平方向のみならず、上下方向および回旋方向の融像も重要である。正常者を対象に大型弱視鏡により測定した上下の融像域は0.8°〜2.0°(1.4°±0.4°)、回旋の融像域は7.5°〜18.0°(11.5°±2.6°)であった。この結果は、上下・回旋斜視症例の管理・治療に際して、また、眼性斜頸症例の両眼視を考える上で重要なものと考えられる。上斜筋麻痺では水平、上下および回旋偏位を生じ、回旋複視を自覚する症例もある。その一方で回旋偏位があっても複視を自覚しない症例もある。この背景に回旋融像域が関与しているものと考えられる。本稿では、既報に融像域の概要とともに、上斜筋麻痺における融像域、感覚性融像と運動性融像、感覚適応について概説した。(著者抄録)
  • 近赤外眼底自発蛍光で脈絡膜病変が観察された神経線維腫症の3例
    反保 宏信, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 6 (10) 853 -853 2013年10月
  • 後期緑内障患者に対するドライビングシミュレータ後の運転調査
    須藤 治子, 國松 志保, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 金井 美佳, 牧野 伸二 日本ロービジョン学会誌 13 27 -30 2013年10月 
    目的:自治医科大学眼科では、視野障害が自動車運転に及ぼす影響を調べ、患者に運転の危険性を認知させることを目的に、ドライビングシミュレータ(DS)を行っている。今回、後期緑内障患者に対し、DS後の追跡調査をしたので報告する。対象および方法:2010年10月〜2011年12月までの間にDSを行った後期緑内障患者で、運転状況を聴取できた30例を対象に、DS施行後の運転時間の変化、自動車事故の有無、運転中に気をつけている点、感想を調査した。結果:DS施行後に運転を中止した症例は3例(10%)、運転時間が減少したのは8例(27%)、運転時間に変化のなかったのは17例(56%)であった。自動車事故を起こした症例はなく、運転継続中の25例全例で運転時に注意するようになったとの回答があり、視野の狭さを実感することができたなどの感想を得ることができた。結論:DS後の追跡調査は患者の運転時間と意識の変化を細かく確認することができ、DSの有用性が確認された。(著者抄録)
  • 逆流によるバレット食道と食道癌発生過程での微小環境の解明
    宮下 知治, 松井 大輔, 宗本 将義, 柄田 智也, 中沼 伸二, 岡本 浩一, 酒井 清祥, 牧野 勇, 中村 慶史, 林 泰寛, 尾山 勝信, 井口 雅文, 中川原 寿俊, 田島 秀浩, 高村 博之, 二宮 致, 北川 裕久, 伏田 幸夫, 藤村 隆, 太田 哲生 日本消化器病学会雑誌 110 (臨増大会) A881 -A881 2013年09月
  • 新井 悠介, 牧野 伸二, 大久保 裕子 臨床眼科 67 (9) 1464 -1466 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 須藤 治子, 國松 志保, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 金井 美佳, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 6 (8) 626 -629 2013年08月 
    目的:自治医科大学眼科では、視野障害が自動車運転に及ぼす影響を調べ、患者に運転の危険性を認知させることを目的に、ドライビングシミュレータ(DS)を行っている。今回、後期緑内障患者に対し、DS後の追跡調査をしたので報告する。対象および方法:2010年10月〜2011年12月までの間にDSを行った後期緑内障患者で、運転状況を聴取できた30例を対象に、DS施行後の運転時間の変化、自動車事故の有無、運転中に気をつけている点、感想を調査した。結果:DS施行後に運転を中止した症例は3例(10%)、運転時間が減少したのは8例(27%)、運転時間に変化のなかったのは17例(56%)であった。自動車事故を起こした症例はなく、運転継続中の25例全例で運転時に注意するようになったとの回答があり、視野の狭さを実感することができたなどの感想を得ることができた。結論:DS後の追跡調査は患者の運転時間と意識の変化を細かく確認することができ、DSの有用性が確認された。(著者抄録)
  • 肝移植前の肝性脳症に対する血液ろ過透析(HDF)の効果(第二報)
    牧野 慎市, 吉田 和広, 安馬 雅範, 西岡 敬祐, 荒木 真, 遠藤 修一郎, 宮田 仁美, 松原 雄, 塚本 達雄, 上本 伸二, 柳田 素子 日本透析医学会雑誌 46 (Suppl.1) 525 -525 2013年05月
  • 肝移植を行った慢性維持透析患者の3例
    宮田 仁美, 秦 浩一郎, 大久保 和俊, 西岡 敬祐, 牧野 慎市, 荒木 真, 遠藤 修一郎, 松原 雄, 塚本 達雄, 上本 伸二, 柳田 素子 日本透析医学会雑誌 46 (Suppl.1) 625 -625 2013年05月
  • 光干渉断層計にて黄斑部の脈絡膜に陥凹がみられた1例
    新井 悠介, 牧野 伸二, 大久保 裕子 眼科臨床紀要 6 (3) 251 -251 2013年03月
  • 斜視の非観血的治療と弱視の管理
    牧野 伸二 眼科臨床紀要 6 (3) 251 -251 2013年03月
  • 牧野 伸二, 加藤 健 臨床眼科 67 (2) 184 -186 2013年02月 [査読無し][通常論文]
     
    41歳男。検診にて右眼眼底異常を指摘されていたが放置し、徐々に視力低下を自覚したため受診した。視力は右0.2、左0.5、眼圧は右13mmHg、左14mmHgで、前眼部、中間透光体および左眼眼底は異常なく、右眼黄斑部に房状の血管瘤が集簇していた。血管瘤は中心窩近傍に黄白色調のものがあり、下方は赤色調を呈し、一部にニボーを形成していた。フルオレセイン蛍光眼底造影を行ったところ、典型的な眼底所見で、網膜海綿状血管腫と診断した。頭蓋内に異常はなく、定期的経過観察でも視力に変化はなく、眼底の海綿状血管腫は一部で器質化やニボーの高さが減少する変化を認めた。初診より3年後の頭部MRIにて、脳幹部、大脳深部白質に多発するT2強調画像での低信号域を認めたため、海綿状血管腫の出血後変化と考えられた。これらの血管腫はT1強調画像でも低信号域を示したが、一部の血管腫はT1強調画像で高信号域、T2強調画像で低信号域を呈するものや亜急性期の出血を疑うものもあった。しかし、神経脱落症状などの全身症状はないため、経過観察中である。
  • 生後6ヵ月以内発症の調節性内斜視
    金井 美佳, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 須藤 治子 日本視能矯正学会プログラム抄録集 53回 51 -51 2012年11月
  • 糖尿病患者の眼底スクリーニング 無散瞳眼底カメラでの検討
    佐藤 幸裕, 大河原 百合子, 反保 宏信, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 5 (9) 876 -876 2012年09月
  • 伊藤 華江, 國松 志保, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 平林 里恵, 金井 美佳, 牧野 伸二, 青木 由紀, 川島 秀俊, 小野 浩 眼科臨床紀要 5 (6) 557 -560 2012年06月 
    目的:ロービジョン患者の運転実態調査を施行し、求心性視野狭窄患者に、運転の危険性を認知させる目的でドライビングシミュレータ(DS)を導入したので報告する。対象および方法:2007年10月〜2011年4月までに自治医科大学附属病院ロービジョン外来を受診した119例を対象に、運転歴、事故歴、運転時間、運転の目的について聴取した。DSが導入された2010年10月以降には、運転免許証をもつ視野狭窄患者6例に求心性視野狭窄患者用DSを施行した。結果:119例中54例に運転歴があり、12例(10.1%)は、ロービジョン外来受診時に運転を継続していた。12例中4例が過去5年間に事故を起こしていた。DSを施行した6例では、標識や信号は認識できるものの、側方からの車や子供の飛び出しに、全く気づかず衝突した場面が多かった。結論:DSは患者に自分の運転の危険性を自覚させるのに有用であった。(著者抄録)
  • 牧野 伸二 眼科 54 (4) 359 -370 2012年04月 [査読無し][通常論文]
  • 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳 日本視能訓練士協会誌 40 47 -52 2011年12月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:外斜視における交代性上斜位の頻度と検出年齢を検討した。対象及び方法:1991年から2000年に自治医科大学眼科弱視斜視外来を受診した15歳以下の外斜視401例中、大型弱視鏡による検査で交代性上斜位が検出された86例(21.4%)を対象に検出年齢を検討した。結果:交代性上斜位が検出された86例において、初回検査時から検出されたものは48例(55.8%)で、初回には検出されず、後に検出されたものは38例(44.2%)であった。発症年齢、交代性上斜位検出年齢、初診時斜視角に関して、両群間に有意差はなかった。初診時年齢、大型弱視鏡検査実施年齢においては、後に検出されたもので有意に低年齢であった。また、後に検出された群のうち、間欠性外斜視に合併しているものの方が恒常性外斜視に合併しているものより有意に遅く検出されていた。結論:外斜視における交代性上斜位の検出にあたっては、初回に検出されなくても、後に検出されることもあり、経過観察中に繰り返して検査することが重要である。(著者抄録)
  • 平林 里恵, 国松 志保, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 金井 美佳 眼科臨床紀要 4 (11) 1060 -1063 2011年11月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:緑内障患者の両眼視野と読書能力との関連について検討した。対象および方法:両眼の後期緑内障患者31例(平均年齢64.2歳)を対象とし、Humphrey視野検査結果から両眼視野を作成し、上下半視野の平均閾値と、中心10度内は6つのクラスターに分け、平均閾値を求めた。MNREAD-Jを用いて、最大読書速度と臨界文字サイズを測定し、視力・両眼視野のパラメータとの関連を検討した。またロービジョンケアを必要としたかどうかも調査した。結果:最大読書速度は近見視力と中心視野固視点近傍の下方部位と、臨界文字サイズは遠見視力・近見視力と強い相関がみられた。ロービジョンケアを必要としたのは、31例中15例(48%)であった。結論:読書能力は視力および中心視野固視点近傍の下方部位との関連が強い。後期緑内障患者にはロービジョンケアを必要とする患者が多い。(著者抄録)
  • 富永 経一郎, 青木 由紀, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 4 (6) 557 -560 2011年06月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:鉄欠乏性貧血では、網膜中心静脈閉塞症、網膜中心動脈閉塞症、毛様網膜動脈閉塞症、視神経乳頭浮腫などの眼底所見を呈することがある。今回、これらの所見を併発した鉄欠乏性貧血の1例を経験した。症例:29歳、女性。2010年5月17日午前6時に左眼の急激な視力低下を自覚し、左眼網膜中心静脈閉塞症の疑いで当科を紹介受診した。視力は右=(1.2)、左=(0.08)。左眼眼底は黄斑部に網膜混濁とcherry-red spotがあり、視神経乳頭鼻側の腫脹と網膜静脈の蛇行と拡張、周辺部に網膜出血がみられた。フルオレセイン蛍光眼底造影検査では、腕網膜動脈時間は12秒で、黄斑部への血流は再開していた。また、左眼黄斑部上方の網膜は毛様網膜動脈から、下方の網膜は網膜中心動脈の耳下側への分枝から血流を受け、網膜混濁はこの灌流領域に一致していた。翌日には、左眼視力は(1.2)に改善し、1週間後には、黄斑部の網膜混濁が軽快し、3週間後には乳頭浮腫、網膜静脈の蛇行、拡張も改善した。血液検査では赤血球382万/μL、ヘモグロビン9.0g/dL、ヘマトクリット27.9%、血清鉄19μg/dLと鉄欠乏性貧血が認められた。結論:若年女性の網膜血管閉塞性疾患では鉄欠乏性貧血を考慮する必要がある。(著者抄録)
  • 高齢者の外斜視手術の整容的、機能的効果
    藤池 佳子, 勝田 智子, 水野 嘉信, 山田 昌和, 三木 淳司, 牧野 伸二, 彦谷 明子, 佐藤 美保, 三宅 三平, 矢ヶ崎 悌司 眼科臨床紀要 4 (3) 263 -263 2011年03月
  • 網膜中心静脈閉塞と網膜中心動脈閉塞、毛様網膜動脈閉塞を併発した鉄欠乏性貧血の1例
    富永 経一郎, 青木 由紀, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 4 (3) 293 -294 2011年03月
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳 自治医科大学紀要 33 123 -128 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    下直筋低形成の2症例を経験した。症例1は65歳女性。左眼上斜視の整容的治療を希望して受診した。虹彩コロボーマ、小角膜を伴っていた。眼位は左眼上斜視50プリズムジオプター(PD)以上、左眼の下転制限があった。CTで両眼の下直筋は低形成であったが、術中、通常の部位に下直筋は確認できなかった。そのため、外転神経麻痺に対する西田法を応用して、左眼の内直筋、外直筋に、切腱腱分割をしない筋移動術と上直筋切腱術を施行した。術後、眼位は改善し、整容的な満足が得られた。症例2は17歳男子。左眼上斜視の整容的治療、複視の改善を希望して受診した。眼位は左眼上斜視25PD、左眼の下転制限があった。左眼の上直筋後転術を施行し、術後、正面眼位は2PDに改善し、複視も軽快した。下方視での左眼上斜視に対して追加手術を予定したが、術中、通常の部位に下直筋は確認できなかった。筋移動術を考慮したが、正面眼位が良好であることから追加手術は施行せず経過観察中である。下転制限を伴う上下斜視の中に下直筋欠損があることを念頭におき、手術に際しては、術中所見を参考に患眼の上直筋後転、上直筋切腱、筋移動術が考慮される。(著者抄録)
  • 石崎 こずえ, 竹澤 美貴子, 牧野 伸二, 小幡 博人, 茨木 信博 臨床眼科 65 (1) 12 -15 2011年01月 [査読無し][通常論文]
     
    57歳女。低HDLコレステロール血症の精査目的で内分泌代謝科を受診し、精査の結果、レシチンコレステロールアシルトランスファーゼ(LCAT)遺伝子変異を伴うLCAT欠損症と診断された。生来目が青いといわれており、角膜混濁精査のため当科を受診した。前眼部は両眼とも角膜実質全体に灰白色の混濁があり、周辺部でより高度であった。細隙灯顕微鏡で角膜全層に認める小顆粒状の沈着物は表層で高度な強い反射を呈し、眼底は撮影可能な赤外光で異常は認めず、共焦点顕微鏡では角膜実質全体にびまん性に高輝度な反射と多数の線状の低輝度の陰影を認めた。遺伝子解析よりエキソン5の活性中心近傍の179番目のアミノ酸であるグリシンがアルギニン置換する変異(Gly179→Arg)を確認した。
  • 外斜視における交代性上斜位の頻度と検出年齢
    保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳 日本視能矯正学会プログラム抄録集 51回 62 -62 2010年11月
  • 外斜視に対するプリズム療法
    牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳 日本視能矯正学会プログラム抄録集 51回 76 -76 2010年11月
  • 加齢黄斑変性に対するRanibizumab投与後の短期成績
    竹澤 美貴子, 杉 紀人, 牧野 伸二, 茨木 信博 眼科臨床紀要 3 (10) 1040 -1041 2010年10月
  • 熊谷 知子, 國松 志保, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 3 (9) 859 -861 2010年09月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:高齢者の転倒の危険因子として視覚障害が報告されているが、ロービジョン患者の転倒の頻度や危険因子についての報告はない。今回我々は、ロービジョン外来受診者の転倒の頻度、程度について検討した。対象および方法:2007年1月〜2009年1月に自治医科大学附属病院眼科ロービジョン外来を受診した患者86例のうち、転倒について聴取できた56例を対象とした。男性24例、女性32例、年齢は24〜89歳(59.5±16.7歳)であった。転倒歴については最近12ヵ月で転倒したことがあったか、また、あった場合にはその程度を聴取し、眼疾患以外の転倒の原因となりうる全身疾患についても確認した。結果:56例中15例に転倒歴があり、脳梗塞、Parkinson病など転倒の原因となりうる全身疾患を有する7例を除くと、視覚障害が原因と思われる転倒の頻度は49例中11例(22.4%)であった。転倒歴のある11例の原因疾患は、緑内障3例、黄斑変性・網膜剥離・糖尿病網膜症が各2例、網膜色素変性症・ぶどう膜炎が各1例であった。身体障害者手帳の等級は1級2例、2級2例、3級1例、4級5例、5級1例であった。転倒の頻度は12ヵ月間で1回が4例、2〜3回が4例、1ヵ月に1回は転倒するというものが3例であった。転倒の程度は、多くが擦過傷、打撲などの軽症であった。結論:ロービジョン外来受診者において、視覚障害が原因と考えられる転倒率は比較的低いが、ロービジョンケアを行う際には十分な注意喚起は必要と思われた。(著者抄録)
  • 徳田 雄治, 今泉 猛, 徳丸 直郎, 柿木 寛明, 中尾 孝子, 金子 新, 佐藤 勇司, 中島 啓二, 西村 和重, 藤山 千里, 平川 浩一, 高木 紀人, 佐藤 伸二, 陣内 謙一, 南里 正之, 塚原 常宏, 木下 徳雄, 安増 哲生, 牧野 順一, 工藤 祥, 魚住 二郎 泌尿器外科 23 (8) 1139 -1141 2010年08月 
    前立腺がんの根治治療としての放射線外照射はIMRTもしくは3D-CRTが推奨されている。今回、当院の3D-CRTによる外照射療法の治療成績を後ろ向きに検討した。High risk群では2年以上のホルモン療法を併用するとPSA非再発率が有意に改善したことから、3D-CRTとホルモン療法の併用は前立腺がんの治療に有用であることが再確認された。有害事象の発生頻度は諸家の報告と同程度で許容範囲であった。(著者抄録)
  • 牧野 伸二 眼科 52 (7) 863 -869 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 国松 志保, 熊谷 知子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 金井 美佳, 牧野 伸二, 茨木 信博 臨床眼科 64 (4) 449 -453 2010年04月 
    目的:ロービジョンケア(低視力者への対応)での眼科医の役割を2症例について検討した報告。症例:1例は62歳女性。網膜色素変性でロービジョン外来を受診した。視力は右手動弁,左光覚弁であった。核白内障が進行し,1年後に白内障手術を行った。矯正視力は右0.07,左0.01になり,日常生活が改善した。他の1例は71歳女性で,21年前から当科に通院していた。強度近視で網脈絡膜萎縮があり,矯正視力は左右とも0.3であった。コンタクトレンズを装用で,右0.7,左0.5に改善した。7年前に白内障手術を行い,視力は右0.2,左1.0になった。本人の希望でロービジョン外来を受診した。矯正視力は左右とも0.3で,眼圧は24mmHg以上と高値であった。視野と眼底の乳頭所見とから緑内障の診断が確定し,治療により眼圧が正常化した。結論:ロービジョン外来では,ケアと並行して,治療の可能性を眼科医が再検討することが望ましい。(著者抄録)
  • 多施設共同研究による成人斜視手術の効用分析
    山田 昌和, 藤池 佳子, 勝田 智子, 水野 嘉信, 三木 淳司, 牧野 伸二, 彦谷 明子, 佐藤 美保, 三宅 三平, 矢ヶ崎 悌司 眼科臨床紀要 3 (3) 281 -281 2010年03月
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 自治医科大学紀要 32 97 -102 2010年03月 [査読無し][通常論文]
     
    外転神経麻痺による麻痺性内斜視に対して切腱、筋分割を行なわない上下直筋移動術を施行した。症例1は10歳男児。脳腫瘍術後の両眼外転神経麻痺で、眼位は近見で右眼内斜65プリズムジオプター(PD)、遠見で右眼内斜70PDであった。両眼の外転制限があり、右眼は正中を越える外転は不能であった。手術は全身麻酔下で、上下直筋を露出し、それぞれの付着部から8mmの位置で筋幅の1/3に5-0非吸収糸を通糸し、上直筋に通糸した糸は耳上側、下直筋に通糸した糸は耳下側の角膜輪部から10mmの強膜に縫着した。内直筋後転も併せて施行した。術後、近見で右眼内斜5PDと改善し、正中を越える外転も可能になった。症例2は44歳女性。急性水頭症後の左眼外転神経麻痺で、眼位は近見で左眼内斜80PD、遠見で左眼内斜85PDであった。左眼の外転制限があり、正中を越える外転は不能であった。手術は局所麻酔下で症例1と同様の方法で上下直筋移動術を行なった。術後、近見で左眼内斜45PD、遠見で左眼内斜40PDと改善し、正中を越える外転も可能になった。本術式は従来の筋移動術に比べ、より低侵襲で外転神経麻痺による麻痺性内斜視に対する手術として有用であった。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 自治医科大学紀要 32 129 -134 2010年03月 [査読無し][通常論文]
     
    自治医科大学眼科弱視斜視外来を受診した斜視症例に対して行なった外来斜視手術の現状を報告する。2000年から2007年までに外来にて局所麻酔下に斜視手術を行なった286例320眼を対象に斜視の分類、術式を検討した。男性113例125眼、女性173例195眼、年齢は11歳〜83歳、平均33.7±19.3歳であった。初回手術時の斜視の分類は内斜視73例、外斜視169例、上下斜視25例、麻痺性斜視11例、回旋斜視6例、その他2例であった。追加手術の割合は回旋斜視を除き10%未満であった。局所麻酔下での手術にあたっては低侵襲の手術操作に配慮し、術中の疼痛の軽減と緊張を和らげることが大切である。(著者抄録)
  • 加藤 健, 牧野 伸二, 金上 千佳, 茨木 信博 臨床眼科 63 (13) 1851 -1853 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • Bevacizumab硝子体注射後の血圧変化
    杉 紀人, 牧野 伸二, 茨木 信博 眼科臨床紀要 2 (11) 1083 -1083 2009年11月
  • ロービジョン外来受診患者の読書能力と読み書きの不自由さ
    川崎 知子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳, 国松 志保 日本ロービジョン学会誌 9 190 -190 2009年11月
  • 牧野 伸二 眼科 51 (12) 1609 -1616 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二 日本視能訓練士協会誌 38 115 -121 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤 華江, 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 平林 里恵, 関口 美佳 日本視能訓練士協会誌 38 191 -196 2009年11月 [査読無し][通常論文]
     
    屈折異常以外に眼疾患のない正常者20例を対象にプリズム非装用群(非装用群)と8△眼鏡内組み込みプリズムレンズ装用群(組み込み群)、8△フレネル膜トライアルレンズ装用群(膜プリズム群)に分け、視力、コントラスト感度、高次収差を比較検討した。その結果、矯正視力は非装用群の-0.08±0.0に比較し、組み込み群では-0.07±0.02と有意差がなかったが、膜プリズム群では0.04±0.10と有意な低下が認められた。コントラスト感度は非装用群と組み込み群では全てのコントラストで有意差がみられなかったが、膜プリズム群では非装用群との間、組み込み群との間に有意差があり、有意なコントラスト感度の低下が認められた。また、高次収差は非装用群と比べ組み込み群ではS3、全高次収差が有意に大きく、膜プリズム群ではS3、S4、全高次収差の全てが有意に大きかった。以上より、眼鏡内組み込みプリズムレンズは同じ度数の膜プリズムに比べて、視機能への影響が少ないことが示唆された。
  • 切腱、筋分割を行なわない上下直筋移動術を施行した外転神経麻痺の2例
    牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床紀要 2 (10) 984 -984 2009年10月
  • 熊谷 知子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳, 國松 志保 眼科臨床紀要 2 (10) 920 -923 2009年10月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:ロービジョン患者の読書能力と読み書きの不自由さとの関連を検討した。対象および方法:ロービジョン外来受診患者39例(17〜84歳、平均61.6歳)を対象に読書チャートMNREAD-Jの白背景に黒文字のJ1、黒背景に白文字のJ2を用いて、読書視力、臨界文字サイズ、最大読書速度を測定した。読み書きの不自由さはSumiらの問診票を用い、単語と文章の読み書き8項目(0、1、2点の3段階で点数が大きいほど不自由さが強い)と読書能力の関連を検討した。疾患の内訳は糖尿病網膜症14例、緑内障9例、網膜色素変性8例、加齢黄斑変性8例、視力は0.77±0.4(logMAR)であった。結果:読書視力(logMAR)はJ1:0.76±0.3、J2:0.72±0.3、臨界文字サイズ(logMAR)はJ1:0.93±0.3、J2:1.0±0.2、最大読書速度(文字数/分)はJ1:86.6±70.6、J2:106.9±73.5であった。問診票の単語の読み書き5項目では平均1.4±0.5点、文章の読み書き3項目では平均1.6±0.5点、8項目の平均は1.5±0.5点であった。読み書きの不自由さは、加齢黄斑変性1.9±0.1点、糖尿病網膜症1.7±0.3点、緑内障1.4±0.5点、網膜色素変性0.9±0.4点であった。8項目の平均点数を従属変数、年齢、視力、読書能力の各パラメータを独立変数として変数減少法による重回帰分析を行うと、最大読書速度(J2)が変数として採用され、合計平均点数=2.080-0.006×最大読書速度(J2)で回帰された。結論:今回の検討ではロービジョン患者の読み書きの不自由さは最大読書速度と関連が強かった。(著者抄録)
  • 【これでいいのだ斜視診療】One Point Advice プリズムによる斜視角測定のコツ
    牧野 伸二 眼科プラクティス 29 94 -96 2009年09月
  • 中村 道郎, 丸井 祐二, 田中 希穂, 海堀 いず美, 牧野 茂義, 冨川 伸二 移植 44 (総会臨時) 283 -283 2009年09月
  • 大河原 百合子, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 2 (7) 616 -619 2009年07月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:妊娠37週に発症したVogt-小柳-原田病に対し、分娩遂行後にステロイド全身投与を行った症例を経験したので報告する。症例:妊娠37週3日の33歳女性。両眼の急激な視力低下と頭痛を主訴に受診した。眼底は両眼に前房炎症を伴わない多発性の漿液性網膜剥離を認めた。経過観察としたが、症状が増悪したため、妊娠38週3日帝王切開術が施行された。帝王切開後も症状は改善しなかった。分娩4日後、前房・前部硝子体内に著明な炎症所見、漿液性網膜剥離の増悪、視神経乳頭の境界不鮮明な発赤、腫脹が認められ、Vogt-小柳-原田病と診断した。妊娠は終了しておりステロイドの胎児への影響を考慮する必要がなかったため、ステロイドパルス療法を施行した。投与後、頭痛、視力、漿液性網膜剥離は改善した。結論:妊娠35週以降ではそれ以前と比較して胎児の分娩遂行に伴う危険性は低くなる。したがって、妊娠後期発症のVogt-小柳-原田病で、眼症状・眼外症状が重症の場合には、分娩遂行後のステロイド全身投与を治療の選択肢として考慮してもよいと考えられた。(著者抄録)
  • 当院におけるbevacizumab(アバスチン)の使用経験
    杉 紀人, 牧野 伸二, 茨木 信博 眼科臨床紀要 2 (4) 380 -380 2009年04月
  • 急性特発性盲点拡大と考えられた1例
    木下 望, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 2 (4) 380 -381 2009年04月
  • 妊娠と視力障害 原田病
    橋本 祐子, 桑田 知之, 種市 明代, 高橋 詳史, 小林 真美, 薄井 里英, 大口 昭英, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明, 大河原 百合子, 牧野 伸二 栃木県産婦人科医報 35 18 -19 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    33歳の1経産婦。妊娠経過中に産科的、眼科的な異常を認めなかった。妊娠末期に、頭痛と視力障害が突然出現した。妊娠高血圧症候群の症状は認められず、一過性の網膜浮腫と眼科的に診断された。分娩後、視力の自然回復を期待して経過観察されていたが、改善の兆候がなく再度精査された。前眼部の炎症が認められ、Vogt-小柳-原田病と診断された。ステロイドの大量投与により、視力障害と頭痛は完治した。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳, 國松 志保 あたらしい眼科 26 (1) 127 -131 2009年01月 [査読無し][通常論文]
     
    ロービジョン患者の読書能力を検討することを目的に、ロービジョン外来を受診した48例(年齢17〜84歳、平均59.4歳)を対象に読書チャートMNREAD-Jの白背景に黒文字のJ1(通常チャート)と黒背景に白文字のJ2(反転チャート)を用いて、読書視力、臨界文字サイズ、最大読書速度を測定した。視力良好眼の視力(logMAR)は平均0.85、読書視力(logMAR)は通常チャートで0.75±0.3、反転チャートで0.71±0.3、臨界文字サイズ(logMAR)は通常チャートで1.0±0.2、反転チャートで1.0±0.2、最大読書速度(文字数/分)は通常チャートで86.6±72.7、反転チャートで105.6±77.4であった。通常チャートと反転チャートの結果を比較すると、読書視力、臨界文字サイズは同等であったが、最大読書速度は反転チャートのほうが大きかった。文字サイズを大きくしてもそれ以上読書速度が速くならないプラトーのあるものが28例、プラトーのないものが20例あり、視力良好眼の視力、読書視力、臨界文字サイズ、最大読書速度はいずれもプラトーなしのもので有意に低下していた。(著者抄録)
  • 乳児内斜視をもっと知ろう! 乳児内斜視に対するプリズム治療
    牧野 伸二 日本視能矯正学会プログラム抄録集 49回 42 -43 2008年11月
  • 組み込みプリズムと膜プリズムの視機能の比較
    伊藤 華江, 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 熊谷 知子, 平林 里恵, 関口 美佳 日本視能矯正学会プログラム抄録集 49回 88 -88 2008年11月
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床紀要 1 (11) 1079 -1083 2008年11月 [査読無し][通常論文]
     
    自治医科大学眼科弱視斜視外来では乳児内斜視に対して手術までの間、完全屈折矯正を行った上で、眼位を中和するプリズム眼鏡を受診後早期から積極的に装用させ、両眼視機能獲得の機会を与えてから手術を行い、術後の残余斜視角に対しても眼位を中和するプリズム眼鏡を装用させている。1974〜2000年に受診した初診時年齢3歳以下で少なくとも6歳まで経過観察されている乳児内斜視163例を対象に最終受診時の視力を検討した。プリズムは原則として眼鏡内に10Δまで組み込み、残りを膜プリズムとし、視力、固視の状況で両眼に分けている。最終受診時の視力は両眼とも1.2以上のものが137例(84%)、1.0以上のものは151例(92.6%)であった。1.0未満は12例(7.4%)で、屈折異常、交代性上斜位・潜伏眼振、固視交代が極めて困難、偏心固視がその原因と考えられた。プリズム装用が視力不良の原因になっている症例はなく、プリズム治療が乳児内斜視患者本来の視力を低下させることはないことが明らかになった。(著者抄録)
  • 大河原 百合子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床紀要 1 (10) 971 -975 2008年10月 [査読無し][通常論文]
     
    網膜剥離に対する強膜バックリング術後に複視がみられた33歳女性の症例に対して、MRI撮影を行った。眼位はわずかに右眼上斜視で、複視の自覚は正面では少ないものの、左方視、特に左下方視で増悪した。右眼の上転がわずかに制限されていた。術式の詳細が不明であったため、MRI撮影を行ったところ、上直筋耳側と内直筋鼻側にあるバックル材料の両端は共に強膜より逸脱していることが観察された。輪状締結は行われていなかった。内直筋周囲の脂肪織はT1,T2ともに低信号を呈し、炎症後の瘢痕性変化が疑われた。左方視させながら撮影したMRIでは、バックル材料が内直筋に接触しており、これらが複視、眼球運動障害の原因であると推測された。強膜バックリング術後の複視、眼球運動障害の評価にMRI撮影は有用である。(著者抄録)
  • 自治医科大学附属病院におけるロービジョンケア
    川崎 知子, 国松 志保, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 日本ロービジョン学会誌 8 173 -176 2008年08月 
    目的:自治医科大学附属病院(当院)では2006年4月にロービジョン外来を開設した。初年度の取り組みについて報告する。方法:対象は2006年4月〜2007年5月までの14ヵ月間に受診した41例(男性20例、女性21例)である。ロービジョン外来受診にあたっては、視力検査・視野検査・読み速度の測定を行い視機能を評価した。また、問診を行い、各患者の要望に応じて各種視覚的補助具を選定した。結果:受診者の平均年齢は59.4±17.5歳であり、70歳以上が17例(41%)と高齢者が多かった。原因疾患は糖尿病網膜症13例(31%)、加齢黄斑変性6例(15%)、緑内障4例(10%)、網膜色素変性4例(10%)の順に多かった。視覚障害による身体障害者手帳の取得者は35例で、1・2級が17例(41%)であった。患者の要望に応じて30例に視覚的補助具を選定した。購入希望のあった視覚的補助具は、遮光眼鏡16例、拡大鏡15例、拡大読書器14例などであった。問診の結果、運転歴が確認できた22例中、「見えづらさ」が原因で運転をやめた症例は20例あった。結論:ロービジョン外来受診者41例に対してロービジョンケアを行い、補助具を選定した。当院の特徴として、交通手段が車に限定される地域特性のため、運転ができなくなることで不自由を訴える患者が多かった。(著者抄録)
  • 杉 紀人, 小幡 博人, 牧野 伸二, 石崎 こずえ, 茨木 信博 臨床眼科 62 (8) 1327 -1332 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:年齢と性別の眼球の形態の報告。対象と方法:手術の既往がない成人333例333眼を対象とした。男性161例,女性172例で,平均年齢は男性52.8±19.7歳,女性54.7±18.4歳である。IOLマスターで眼軸長,角膜の横径と曲率半径,前房深度を測定した。結果:眼軸長は男性23.80±1.44mm,女性23.43±1.50mm,角膜横径は男性12.17±0.45mm,女性11.95±0.41mm,角膜曲率半径は男性7.77±0.28mm,女性7.64±0.27mm,前房深度は男性3.35±0.48mm,女性3.20±0.44mmで,いずれについても男性が有意に大きかった(p<0.005)。いずれの項目についても,年齢との間に負の相関があった(p<0.005)。結論:眼軸長,角膜横径,角膜曲率半径,前房深度は,いずれも男性で大きく,男女ともに高齢者ほど小さい。(著者抄録)
  • 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 川崎 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床紀要 1 (8) 747 -751 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     
    調節性内斜視の経過中に外斜視に移行した25例(外斜視群)を、正位のまま経過観察されている159例(正位群)を比較対象として屈折値に注目して検討した。外斜視群の初診時年齢は6ヵ月〜6歳(2.6±1.4歳)、初回調節麻痺下屈折値は+2.0〜+10.5D(+6.1±2.3D)、外斜視に移行した時期は眼鏡装用開始から0.75〜8.7年(3.7±2.0年)、3.6〜13.2歳(7.1±2.3歳)で、それまでの屈折値の年平均減少率は-0.5〜0.8D/年(0.11±0.31D/年)であった。一方、正位群では初診時年齢は6ヵ月〜10歳(4.0±2.0歳)、初回調節麻痺下屈折値は+1.0〜+10.0D(+5.3±2.4D)で、装用開始から4年までの屈折値の年平均減少率は-0.62〜1.12D/年(0.08±0.31D/年)であった。外斜視に移行した調節性内斜視では、正位群と比較して初診時年齢が有意に低かった。また、屈折値の年平均減少率と外斜視への移行時期には負の相関があり、減少率の大きい症例では移行時期が早かった。(著者抄録)
  • 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 日本弱視斜視学会雑誌 35 88 -94 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二, 反保 宏信, 金上 千佳 あたらしい眼科 25 (5) 737 -740 2008年05月 [査読無し][通常論文]
     
    57歳、女性がくも膜下出血に対するコイル塞栓術施行後、左眼の視力低下を主訴に受診した。矯正視力は右眼=1.2、左眼=0.07で、眼底は右眼にしみ状の網膜出血があり、左眼は後極部を中心に網膜前出血、一部黄褐色調の網膜下出血、中心窩耳下側にドーム状の内境界膜下出血、硝子体出血が認められた。両眼とも眼底出血は徐々に消退し、5ヵ月後には左眼は網膜色素上皮の変性に伴う色調変化が認められた。フルオレセイン蛍光眼底造影検査では、乳頭黄斑間の網膜色素上皮の変性に伴う過蛍光と中心窩鼻側の一部に蛍光漏出が認められたが脈絡膜新生血管はなかった。Terson症候群ではさまざまな形態の網膜硝子体出血を呈することがある。(著者抄録)
  • 強膜バックリング術後の複視に対してMRIが有用であった1例
    大河原 百合子, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 1 (4) 398 -398 2008年04月
  • 杉 紀人, 牧野 伸二, 小幡 博人, 石崎 こずえ, 茨木 信博, 猪木 多永子 眼科臨床紀要 1 (4) 338 -343 2008年04月 [査読無し][通常論文]
     
    IOLマスターを用いて、日本人成人247例(男性115例、女性132例、平均年齢:男性49±20歳、女性51±18歳)を対象に角膜横径、眼軸長、角膜曲率半径、前房深度を測定し、左右差を検討した。角膜横径は男性:右12.18±0.43mm、左12.17±0.46mm、女性:11.96±0.41mm、左11.96±0.45mm、眼軸長は男性:右24.49±1.45mm、左24.43±1.44mm、女性:右23.96±1.44mm、左23.95±1.37mm、平均角膜曲率半径は男性:右7.76±0.27mm、左7.78±0.26mm、女性:右7.66±0.25mm、左7.67±0.25mmと左右間に統計学的有意差はなかった。前房深度については男性:右3.40±0.49mm、左3.43±0.49mm、女性:右3.27±0.42mm、左3.30±0.41mmで、その理由は不明であるが、左右間に統計学的有意差があり、左眼のほうが大きかった。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 関口 美佳, 高橋 雄二 眼科臨床紀要 1 (4) 360 -364 2008年04月 [査読無し][通常論文]
     
    6歳女児で視力低下と内斜視を伴う瞳孔膜遺残の症例を経験した。視力は右0.6(1.0)、左0.09(0.2)、眼位は左眼22Δの内斜視であった。両眼とも多数の脚部をもつ瞳孔膜遺残を認め、右眼は視軸は保たれていたが、左眼は視軸を覆っていた。白内障はなく、散瞳により脚部はよく伸展したが、膜状部は水晶体前面に付着していた。全身麻酔下で左眼の瞳孔膜切除を行った。手術は散瞳下で10時と2時のサイドポートから粘弾性物質を前房内および瞳孔膜と水晶体前嚢間に注入し、瞳孔膜の剥離を行い、強角膜切開創から瞳孔膜の脚部をバナス剪刀で1本ずつ切断し、鑷子で水晶体前嚢に接触しないように眼外に摘出した。創部は10-0ナイロン糸で縫合し、術中合併症はなかった。術後1週の視力は左(0.3)で、右眼2時間の遮閉を指示し、術後3週では左(0.6)と改善傾向で、内斜視に対して右眼にフレネル膜プリズムを装用し、経過観察中である。(著者抄録)
  • 乳児内斜視に対するプリズム治療後の視力
    牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 日本眼科学会雑誌 112 (臨増) 240 -240 2008年03月
  • 竹澤 美貴子, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 臨床眼科 62 (3) 357 -360 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:硝子体出血と乳頭周囲の網膜下出血を伴った網膜動脈分枝閉塞症の症例の報告。症例:78歳男性が2日前に突発した左眼下鼻側の視野欠損で受診した。左眼矯正視力は0.6で,軽度の硝子体出血と上耳側の網膜動脈の閉塞があった。乳頭は浮腫状で,その周囲に網膜前出血があった。2週後に乳頭上方に花冠状の網膜下出血が生じ,視力は0.3になった。蛍光眼底造影で上耳側動脈枝の充盈遅延と乳頭周囲毛細血管の拡張があった。4ヵ月後に乳頭浮腫は軽快し,出血は消失し,0.9の最終視力を得た。結論:本症例での乳頭周囲の出血は,網膜中心静脈閉塞症に伴う前部虚血性視神経症による乳頭浮腫により,乳頭周囲毛細血管が破綻して生じた可能性がある。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 加藤 健, 茨木 信博 臨床眼科 62 (3) 367 -371 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:網膜有髄神経線維に併発した網膜剥離の症例の報告。症例:37歳男性が右眼の飛蚊症で受診した。矯正視力は右0.07,左1.2であり,右眼に-8D,左眼に-12Dの近視があった。右眼には硝子体混濁と後部硝子体剥離があり,眼底には上方の血管アーケードに沿う網膜有髄神経線維の上方に3乳頭径(DD)大の網膜欠損と思われる部位と,その周辺側に2DD大の限局性網膜剥離があった。後部硝子体剥離が完成していると判断し,網膜剥離を囲むようにレーザー光凝固を行った。10日後,網膜剥離が周辺側に進展し胞状網膜剥離になったため硝子体手術を行った。術中所見として網膜欠損と思われる部位の周辺側に網膜硝子体癒着があった。網膜は復位し0.6の最終視力が得られた。結論:本症例での網膜剥離は,以前から網膜欠損と思われる部位があり,網膜硝子体癒着による牽引が有髄神経線維のある部位に加わって発症した可能性がある。(著者抄録)
  • 加藤 健, 牧野 伸二 眼科臨床紀要 1 (3) 221 -224 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    15歳男子でロケット花火により眼球破裂をきたした症例を経験した。水平に放置してあったロケット花火に引火し、至近距離から右眼を受傷した。視力は光覚弁で、V字型に角膜裂傷があり、虹彩脱出、硝子体脱出を伴っていた。前房出血は軽度で、水晶体の混濁はみられたが前嚢破裂の有無は確認困難であった。超音波断層検査では硝子体出血、網膜剥離、網膜下出血などの所見はなかった。同日全身麻酔下に角膜縫合術を行った。術後2日目に前房出血がみられたが、安静にて軽快した。水晶体混濁はみられたが、視力は(0.7)で、眼底に異常は認められなかった。ロケット花火による眼外傷は眼底に重篤な所見がみられることが多いが、本症例では角膜裂傷を伴ったことで眼底に重篤な所見が生じなかったものと考えられる。(著者抄録)
  • 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床紀要 1 (3) 253 -259 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    5年以上経過観察できた調節性内斜視159例の長期屈折値変化を検討した。眼鏡装用開始年齢は4.6±2.0歳で、初回調節麻痺下の屈折値は+5.30±2.37D、5年後は+4.93±1.75D、10年後は+4.38±1.65D、屈折値の年平均減少率は、0.1D/年であった。初回屈折値と装用開始年齢の間には有意な相関関係はなかった。屈折値の年平均減少率は装用開始年齢と有意な相関はなく、初回屈折値の大きなもので有意に大きかった。(著者抄録)
  • 横山 由晶, 牧野 伸二, 茨木 信博 日本眼科学会雑誌 112 (2) 148 -151 2008年02月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:グルコン酸クロールヘキシジンとポビドンヨードの2つの消毒薬を用いた手術直後の眼瞼皮膚,結膜のうからの細菌検出率を比較検討した.対象と方法:2005年4月から12月の間に同一術者によって行われた白内障手術,硝子体手術,強膜内陥術の症例179例210眼[年齢65.6±15.3(平均値±標準偏差)歳]を対象とした.方法は,グルコン酸クロールヘキシジン0.05%水溶液を眼瞼皮膚,結膜のうともに使用した群とポビドンヨードを用い眼瞼皮膚には10%原液を,眼瞼結膜には16倍希釈液を使用した群とに分け,手術直後に眼瞼皮膚と結膜のうをスワーブで擦過し,細菌培養を行った.結果:眼瞼皮膚ではグルコン酸クロールヘキシジン群の107眼中39眼(36.4%),ポビドンヨード群の103眼中19眼(18.4%)で細菌が検出され,有意差があった(p<0.01).結膜のうでは検出率が低く両群間の有意差はなかった.結論:手術直後の眼瞼皮膚においてはグルコン酸クロールヘキシジン群よりポビドンヨード群の方が細菌検出率が低く,消毒効果はポビドンヨード群が優れると考えられた.(著者抄録)
  • 加藤 健, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 眼科臨床紀要 1 (1) 25 -28 2008年01月 [査読無し][通常論文]
     
    中等度近視で鉄欠乏性貧血の既往のある24歳女性にみられた乳頭周囲出血の1例を経験した。左眼眼底は乳頭浮腫と乳頭周囲に網膜前出血、網膜下出血があり、網膜静脈の蛇行、拡張もみられた。初診から3日後には出血が減少し、フルオレセイン蛍光眼底造影で、乳頭周囲の毛細血管拡張と造影後期の乳頭の組織染による過蛍光、静脈壁の過蛍光がみられたが、無血管領域、新生血管はなかった。無治療で2週間後に出血はほぼ消失し、乳頭浮腫、網膜静脈の蛇行、拡張も改善した。鉄欠乏性貧血や乳頭血管炎を鑑別に考えたが、前者では経過中に貧血の状態が不変で、相対的血小板増加症もみられないこと、後者では出血の軽快までの経過が早いことから、確定診断は困難であったが近視性乳頭出血を疑った。(著者抄録)
  • 竹澤 美貴子, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 眼科臨床紀要 1 (1) 29 -32 2008年01月 [査読無し][通常論文]
     
    網膜色素変性の48歳男性にみられた網膜新生血管の1例を経験した。眼底は両眼ともに骨小体様色素沈着を伴った典型的な網膜色素変性所見があり、右眼眼底は硝子体出血と黄斑部上方を中心に厚い網膜前出血がみられた。フルオレセイン蛍光眼底造影検査では視神経乳頭周囲に網膜新生血管がみられ、造影早期から蛍光漏出が旺盛で、網膜新生血管は一部動脈瘤状、ループ状となった特殊な形態を呈していた。初診から4ヵ月後、網膜前出血、硝子体出血は無治療で消退した。左眼にも静脈-静脈吻合がみられた。網膜新生血管などの網膜血管症は網膜色素変性に伴う重要な所見であり、それに伴う網膜前出血、硝子体出血は自然軽快することもある。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 自治医科大学紀要 30 59 -65 2007年12月 [査読無し][通常論文]
     
    弱視斜視外来診療録から、網膜剥離に対する強膜バックリング術後の複視を主訴に受診した12例を対象に眼位ずれ、眼球運動障害を検討した。眼位ずれの多くは上下偏位で、上下複視を自覚していた。眼球運動障害の方向とバックルの位置との間に一定の関連はなかった。斜視手術は5例、バックル除去を1例、プリズム眼鏡装用を2例行なった。最終的に自覚的な改善が9例、不変1例、変動しているものが2例であった。術後複視の予防のために、外眼筋とテノン嚢などの眼周囲組織に対する操作は最小限にし、癒着を防止することが重要である。(著者抄録)
  • 水晶体 水晶体真性落屑
    遠藤 勝久, 牧野 伸二 眼科プラクティス 18 406 -406 2007年11月
  • 外斜視に移行した調節性内斜視の検討
    保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 川崎 知子, 伊藤 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 日本視能矯正学会プログラム抄録集 48回 55 -55 2007年11月
  • 若年女性にみられた乳頭周囲出血の1例
    加藤 健, 牧野 伸二 眼科臨床医報 101 (10) 1051 -1051 2007年10月
  • 調節性内斜視における長期の屈折変化
    保沢 こずえ, 牧野 伸二, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 関口 美佳 眼科臨床医報 101 (10) 1052 -1052 2007年10月
  • 加藤 健, 青木 真祐, 橋本 加奈, 牧野 伸二, 茨木 信博 臨床眼科 61 (5) 769 -772 2007年05月 
    症例は61歳男性で、14年前(46歳時)、左眼の網膜色素上皮裂孔を伴う胞状網膜剥離を伴うブドウ膜炎で発症した。視力は右0.5(1.2)、左0.07(0.3)であった。フルオレセイン蛍光眼底造影では色素上皮裂孔に一致する過蛍光を認めた。色素上皮裂孔とその周囲に光凝固を行ったが、剥離は改善しなかった。14年後、右眼に、以前と同様の、網膜色素上皮裂孔を伴う胞状網膜剥離が発症した。視力は右0.15(0.4)、左光覚弁なしであった。網膜色素上皮裂孔とその周囲に対する光凝固、ステロイドパルス療法を行った。眼底所見は沈静化し、右眼は夕焼け状眼底を呈した。治療から約1年を経て、視力は右(0.1)で、プレドニゾロン8mgの内服継続中である。14年間の受診中断中も炎症は遷延化していた可能性が高いと考えられた。
  • 自治医科大学眼科弱視斜視外来における斜視手術の適応
    牧野 伸二 眼科臨床医報 101 (5) 639 -639 2007年05月
  • 竹澤 美貴子, 牧野 伸二 眼科臨床医報 101 (5) 582 -584 2007年05月 [査読無し][通常論文]
     
    72歳男性。患者は右眼視力低下を主訴とした。初診時、視力は右が20cm指数弁、左が0.3(1.0)で、フルオレセイン蛍光眼底造影検査(FA)にて短後毛様動脈閉塞が疑われたが、翌日には自覚症状が消失し、右眼視力は0.1(1.2)と改善した。以後、その2日経過でFAは視神経乳頭周囲の脈絡膜背景蛍光の充盈遅延が解消し、インドシニングリーン蛍光眼底造影検査でも異常所見はみられなかった。目下、再発もなく、視力は右0.1(1.2)、左0.3(1.2)を維持している。
  • 青木 由紀, 國松 志保, 橋本 尚子, 牧野 伸二 臨床眼科 61 (4) 621 -624 2007年04月 
    75歳男。右眼視力低下を主訴とした。左眼は左内頸動脈閉塞に伴う血管新生緑内障のため失明した。経過観察中に右眼が血管新生緑内障を来し、点眼薬と内服により眼圧のコントロールは良好であった。また、頸動脈超音波検査にて右内頸動脈の90%狭窄を認めたため、眼血流傷害改善目的で右頸動脈ステント留置術を行った。術後、眼圧が急上昇したため、右眼の線維柱帯切除術を行った結果、眼圧、視力は改善した。日本において今までに内頸動脈閉塞性疾患の血管新生緑内障併発例の報告は111例115眼で、その内、脳外科的治療例は24例25眼であった。急激な眼圧上昇の報告は4例あったが、頸動脈ステント留置術後の眼圧上昇例の報告は、本症例が最初である。
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵 眼科 48 (13) 1959 -1964 2006年12月 [査読無し][通常論文]
     
    15歳男。13歳から家族が左眼の外斜に気づき、重症筋無力症と診断された。内服治療を受けるも改善せず、セカンドオピニオン目的で受診した。眼球運動は両眼ともに正中位までなんとか可能であるものの、内転、内上転、内下転はいずれも不能であった。全身麻酔下に左眼に対する手術を行った。なんとか正中位までの眼球運動が可能であったため、術式は前後転術を選択した。眼位の戻りがみられた。全身麻酔下に右眼に対する手術を行った。初回手術の前後転術で戻りがみられたため、上斜筋移動術と外直筋後転13mmを施行した。眼位は術後1週でほぼ正位となり、複視は解消し、頭位の改善もみられた。
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 自治医科大学紀要 29 73 -78 2006年12月 [査読無し][通常論文]
     
    乳児内斜視163例を対象に、プリズム眼鏡の装用状況を調査し、当科の基本的治療方針である処方から最低1年間の眼鏡装用が困難であった症例と指示通り眼鏡装用ができた症例の特徴、治療効果を比較した。指示通りの装着が困難で、眼鏡処方から1年以内に観血的手術を施行した症例は18例(11.0%)であった。装用困難症例の初心時斜視角58.6±18.1Δと装用良好症例の48.1±12.6Δと比較して、有意に大きかったが(p<0.05)、最終眼位、両眼視機能については差はなかった。初心時斜視角が60Δを超える症例で、プリズム眼鏡装用が困難であれば、手術を先行することも選択肢の一つと考えられた。(著者抄録)
  • 脈絡膜腫瘍様に発症し、夕焼け状眼底を呈した原田病と考えられる1例
    橋本 尚子, 牧野 伸二 眼科臨床医報 100 (10) 836 -836 2006年10月
  • 横山 由晶, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 眼科臨床医報 100 (10) 761 -765 2006年10月 [査読無し][通常論文]
     
    33歳男。右眼視力低下を自覚し、網膜中心静脈閉塞症(CRVO)を指摘された。ステロイド、抗凝固療法を受けたが改善傾向を認めなかった。右眼眼底に切迫型CRVOと黄斑浮腫がみられた。細静脈の蛇行、乳頭周囲の細静脈の拡張がみられ、造影後期には著明な黄斑浮腫が認められた。さらに、網膜血管(網膜静脈)直上に細静脈が毛細血管瘤状に拡張した所見が多発した。血管炎、血液凝固系の検査を行ったがいずれも基準値内で、総ホモシステイン値は異常高値であった。切迫型CRVOであったため、アスピリンと、ビタミンB12が低下していたため高ホモシステイン血症による動脈硬化予防のためにメコバラミンを投与した。出血はほぼ消退したが黄斑浮腫は残存した。その後、黄斑浮腫の軽快に伴い視力は改善した。現在、黄斑浮腫は残存しているが、視力は右=1.2(n.c.)を維持している。
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 100 (9) 659 -663 2006年09月 [査読無し][通常論文]
     
    double elevator palsyに対してKnapp法(水平直筋全筋上方移動術)を行った4例を対象に、上下偏位の矯正効果と術前画像所見との関連について検討した。術前の画像検査で上直筋に萎縮を認めた群は認めなかった群に比べて矯正効果が小さい傾向にあった。
  • 橋本 加奈, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 臨床眼科 60 (9) 1562 -1564 2006年09月 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木 誠, 牧野 伸二 あたらしい眼科 23 (9) 1231 -1233 2006年09月 [査読無し][通常論文]
     
    41歳、女性が右眼視力低下を主訴に受診した。矯正視力は右眼=0.09、左眼=1.2であった。右眼の視神経乳頭下鼻側に黒色細胞腫と上耳側領域の網膜中心動脈分枝閉塞症が認められた。光干渉断層計にて、視神経乳頭の著しい隆起が観察された。腫瘍の突出による循環障害が網膜中心動脈分枝閉塞の発症に影響を及ぼしたものと考えられた。(著者抄録)
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 35 87 -92 2006年08月 
    乳児内斜視に対するプリズム治療による斜視角の変化に及ぼす要因について検討した。プリズム眼鏡を装用させた乳児内斜視症例中、初診時月齢が24ヵ月以下で、少なくとも6歳まで経過観察されている97例を対象とした。プリズム装用のみで手術を施行していない症例が43例、プリズム装用後に手術を施行した症例が54例であった。手術を行った症例の術前斜視角は、術前に斜視角の減少がみられた。斜視角の減少は、初診時の斜視角が40Δ以上の例と40Δ未満の例で有意差を認めた。さらに、初診時斜視角と斜視角減少の間には有意な正の相関があった。屈折値、交代性上斜位の有無、プリズム装用開始月齢との関連はなかった。
  • 加藤 健, 牧野 伸二 眼科臨床医報 100 (7) 519 -521 2006年07月 [査読無し][通常論文]
     
    33歳女.眼球運動障害,複視を主訴とした.眼球運動は,両眼とも内転,外転は不能であった.MRIは,橋正中背側部にT2強調画像で三角形の高信号,T1強調画像で低信号の病変部位を描出した.その他の検査に異常はなかった.両側one-and-a-half症候群,橋正中背側部微小血管領域の脳梗塞と診断した.臨床症状は,内転障害の改善が外転制限の改善に先行して確認され,発症からほぼ2ヵ月で自然治癒した
  • 横山 由晶, 牧野 伸二, 橋本 尚子, 水流 忠彦 臨床眼科 60 (7) 1301 -1307 2006年07月 [査読無し][通常論文]
     
    19歳女.頭痛,嘔気嘔吐が出現した.血圧は250/160mmHgで,左眼の視力低下もあった.矯正視力は右1.0,左0.05,両眼の眼底には網膜深層の多発性の白色斑を伴った漿液性網膜剥離がみられた.フルオレセイン蛍光眼底造影検査では,造影早期の点状過蛍光と網膜下への色素漏出を認めた.高血圧性脈絡膜症と診断した.又,若年性高血圧の全身検索で血漿レニン活性とアルドステロンの異常高値を認め,線維筋性異型性による腎血管性高血圧症と診断した.降圧治療と共に経過観察としたところ,視力,網膜剥離,血圧は改善傾向にあったが,軟性白斑と点状出血を生じた.発症から6週間後,経皮経管的腎動脈形成術を行った.血圧は無投薬で130/80mmHgとなった.血圧の改善と共に眼底所見,視力も改善し,術後約3ヵ月後の矯正視力は左右とも1.2となった.加速型高血圧を背景にした脈絡膜循環障害が,高血圧性脈絡膜症の原因であると推定された
  • 石崎 こずえ, 小幡 博人, 牧野 伸二, 茨木 信博 臨床眼科 60 (6) 967 -969 2006年06月 [査読無し][通常論文]
     
    穿孔性眼外傷37症例37眼を対象に,受傷機転,受傷部位別に分類し,視力予後について後方視的に検討した.1)受傷機転は眼球破裂14眼,強角膜裂傷18眼,眼内異物5眼であった.2)前眼部のみの外傷や強角膜裂傷の視力予後は比較的良好で,眼球破裂や後眼部までの強角膜裂傷では予後不良となることが多かった.3)眼内異物では視力予後良好例と不良例に二分され,視力予後不良の2眼は黄斑部に損傷がみられた.4)裂傷が直筋付着部を越えると視力予後不良となることが多かった.原因は裂傷が直筋付着部を越えるものでは網膜剥離や脈絡膜出血の頻度が高くなり,黄斑部へ障害が及ぶことが多いためと考えられた
  • MRIにて病変部位が確認できた両側one-and-a-half症候群の1例
    加藤 健, 牧野 伸二 眼科臨床医報 100 (5) 368 -368 2006年05月
  • 木野内 理恵子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 100 (2) 124 -128 2006年02月 [査読無し][通常論文]
     
    4歳11ヵ月女児.生後3ヵ月時に斜頸と斜視に家人が気付き,受診した.第一眼位で18°の左眼上斜がみられ,右下方視で上下偏位が27°と最大で,左眼上斜筋麻痺と診断した.眼窩MRIを施行した.T1強調画像で左眼上斜筋の筋腹の著明な萎縮を認めた.右の軽度痙性片麻痺と,脳波で左前頭から頭頂部に棘波を認めた.画像所見より,非対称性多小脳回症と診断した.全身麻酔下に左眼の下斜筋前方移動術を行った.5方向すべてにおいて,左眼上斜視の改善を認めた.残存する上下斜視に対する追加手術も考慮に入れて,経過観察中である
  • 竹澤 美貴子, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 臨床眼科 60 (2) 154 -156 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二 眼科臨床医報 100 (1) 26 -34 2006年01月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤 勝久, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 臨床眼科 59 (13) 1948 -1949 2005年12月
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵 自治医科大学医学部紀要 28 89 -93 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    外傷性滑車神経麻痺に対して下直筋後転鼻側水平移動術を施行した.症例は交通外傷によるくも膜下出血の既往のある76歳の女性.回旋偏位は第一眼位で外方回旋12°と大きく,それによる回旋複視を訴えていた.非患眼である右眼の下直筋後転術と鼻側に一筋幅水平移動を行った.術後,回旋偏位は消失し,自覚症状も改善した.本術式は手技も比較的容易で,回旋斜視に対する第一選択術式として有用であった(著者抄録)
  • 遠藤 勝久, 佐々木 誠, 牧野 伸二, 水流 忠彦 眼科臨床医報 99 (11) 887 -890 2005年11月 [査読無し][通常論文]
     
    30歳女.小児期より右眼視力低下を認めた.神経線維腫症の眼科的精査目的で紹介受診した.前眼部には虹彩結節を認めた.右眼眼底は視神経乳頭部から黄斑部,中心窩直上を横走する網膜静脈(異常血管)がみられた.フルオレセイン蛍光眼底造影検査では,中心窩無血管領域に異常血管とその分枝がみられた.造影後期に異常血管からの蛍光漏出はなかった.また,異常血管の分枝の一部にcorkscrew状の血管があり,造影早期(動脈相)に異常血管への流入がみられ,下耳側の網膜動脈の第一分枝との間に吻合を疑わせる所見がみられた.光干渉断層検査では正常の中心窩陥凹がみられず,水平方向に連続性を持つ高輝度の部位が確認できた.これは中心窩直上の血管走行に一致すると考えられた
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 日本視能矯正学会プログラム抄録集 46回 47 -47 2005年11月 [査読無し][通常論文]
  • 腎血管性高血圧症に合併した高血圧性脈絡膜症の1例
    横山 由晶, 橋本 尚子, 牧野 伸二, 水流 忠彦 眼科臨床医報 99 (10) 834 -834 2005年10月
  • 脈絡膜骨腫の2例
    牧野 伸二 眼科臨床医報 99 (10) 834 -834 2005年10月
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子 眼科手術 18 (4) 589 -595 2005年10月 [査読無し][通常論文]
     
    先天性上斜筋麻痺の症例に下斜筋前方移動術(ATIO)を施行し,その矯正効果について大型弱視鏡を用いて検討を行った.3例を対象にした結果,術前の第一眼位の上下偏位は15.3±3.1°,術後は7.0±4.8°で平均矯正効果は8.3±2.0°であった.他の眼位での平均矯正効果は内上転位で12.7±5.1°,外上転位で8.2±2.8°,内下転位11.3±3.2°,外下転位7.0±4.5°であった.最終的には低矯正であったと思われるが,上下偏位が大きく,下斜筋後転術と上直筋後転術,あるいは上斜筋縫縮術との併用が考慮される先天性上斜筋麻痺に対して,ATIOは通常の下斜筋後転術より上下偏位の矯正効果が期待でき,手術回数を減らす可能性があるものと考えられた
  • 牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 34 133 -137 2005年09月 
    症例1(6歳男児).右眼の上転制限を主訴とした.軸位断では滑車から上斜筋の付着方向と前後方向のなす角度は,左眼50度に対し,右眼60度と広角度で左右差があり,冠状断では右眼滑車部は左眼と比較して辺縁が不整であった.症例2(10歳男児).右眼の上転制限を主訴とした.軸位断では滑車から上斜筋の付着方向と前後方向のなす角度は,左眼37度に対し,右眼54度と広角度で左右差があり,冠状断では右眼滑車部は左眼と比較して辺縁が不整であった.両症例とも眼窩前縁から滑車までの距離に明らかな左右差はなかった.以上,画像所見で上斜筋の走行や滑車部の左右差に注目することは,先天性Brown症候群診断,後天性Brown症候群との鑑別に有用である可能性が示唆された
  • 高橋 寛子, 落合 万理, 唐津 裕子, 鎌田 あすか, 佐藤 久美, 北野 優子, 田中 育美, 中野 佳希, 落合 憲一, 猪木 多永子, 木野内 理恵子, 橋本 尚子, 牧野 伸二 日本視能訓練士協会誌 34 151 -156 2005年09月 
    9歳男児(二卵性双胎).患者は右眼眼球打撲を主訴とした.右眼のみ6回にわたって鈍的外傷を繰返したが,経過中一貫して視力低下はなかった.2回目の受傷直後は飛蚊症の訴えのみであったが,外傷による網膜剥離の危険性について説明した後に視野障害を訴えるようになった.眼底所見は軽度の網膜振盪症と網膜出血を認め,視野検査では求心性視野狭窄,水平半盲様視野,らせん状視野,花環状視野等を認めた.頭部CT,蛍光眼底検査に異常はなく,明らかな器質疾患は認められなかった.初診から6ヵ月後,劇的な改善を認め,最終的に心因性視覚障害と診断した.その後も4回目の打撲後,眼底所見と一致しない求心性視野狭窄を認めたため心因性視覚障害を強く疑ったが,検索した限り我が国では心因性視覚障害による水平半盲様視野変化の報告はなく,診断に苦慮した
  • 遠藤 勝久, 佐々木 誠, 牧野 伸二 眼科臨床医報 99 (6) 457 -459 2005年06月 [査読無し][通常論文]
     
    57歳男.左眼の霧視を自覚し,近医で中心性漿液性脈絡網膜症を指摘された.初診時,左眼眼底は後極部に約1乳頭径大の網膜色素上皮剥離と,約4乳頭径大の漿液性網膜剥離が認められた.フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)では網膜色素上皮剥離辺縁部1時方向より点状の色素漏出があり,その部位から漿液性網膜剥離下への蛍光色素の漏出がみられた.インドシアニングリーン蛍光眼底造影(IA)では拡張した脈絡血管はあるが,脈絡膜新生血管はなかった.光干渉断層計所見では網膜色素上皮層がドーム状に挙上し,その上に感覚網膜の隆起が確認できた.視力が良好であったため経過観察し,3ヵ月後の眼底写真では網膜色素上皮剥離は残存するが漿液性網膜剥離は軽快し,FAでは1時方向の漏出はほぼ消退し,新たに12時方向からの漏出が確認された.IAでは漿液性網膜剥離の著明な改善がみられ,FAでの点状漏出点(microrip)に一致すると思われる部位で網膜色素上皮の連続性の中断が確認できた
  • 光干渉断層検査を行ったmicroripの1例
    遠藤 勝久, 佐々木 誠, 牧野 伸二 眼科臨床医報 99 (5) 422 -422 2005年05月
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 99 (5) 406 -409 2005年05月 [査読無し][通常論文]
     
    初診時2歳3ヵ月男児.1歳4ヵ月頃から出現した左への斜頸と右眼上斜視にて,2歳時に近医を受診し,精査目的で紹介された.当初は右眼上斜筋麻痺あるいは左眼上直筋麻痺を疑って就学前の手術を計画した.しかし,術前に牽引試験を行なったところ,異常筋により下転が制限されていることが判明し,精査にて上斜筋付着部異常であることが判明した.術後のプリズム眼鏡装用にて改善がみられている
  • 横山 由晶, 牧野 伸二 あたらしい眼科 22 (4) 551 -553 2005年04月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は61歳,女性.両眼視力低下を自覚し当科を受診した.矯正視力は右眼=(0.9),左眼=(1.0).視神経乳頭は傾斜乳頭で下方コーヌス,下方ぶどう腫を伴っていた.光干渉断層計(OCT)にて,正常眼でみられる視神経乳頭のなめらかなスロープはみられず,緑内障眼でみられる乳頭陥凹の下掘れに類似した乳頭の上縁と下縁の段差が明瞭に観察された.また,右眼黄斑部には漿液性網膜剥離の存在が確認できた.OCTは傾斜乳頭症候群の視神経乳頭および下方ぶどう腫境界の網脈絡膜病変の精査に有用である(著者抄録)
  • 杉 紀人, 梯 彰弘, 斉藤 由香, 大野 隆一郎, 木下 望, 牧野 伸二, 安 隆則, 黒木 昌寿, 加園 恵三, 川上 正舒 Therapeutic Research 26 (3) 364 -365 2005年03月 
    網膜症発症,進行のメカニズムに沿った薬剤の開発のために,ATP-K+チャネル開口とNO供与により心血管保護作用を示し,心筋梗塞後の虚血再灌流障害の治療に用いられているニコランジルに注目した.このニコランジルの血管保護作用が糖尿病初期の網膜微小循環に改善効果を示すか,STZ誘発糖尿病モデルラットを用いてretinal leukostasisに対するニコランジルの作用を検討した.ニコランジル治療群では,未治療群に比べ網膜微小循環で有意にretinal leukostasisが抑制された.ニコランジルは初期糖尿病網膜症の治療に有効である可能性が示唆された
  • 牧野 伸二, 竹澤 美貴子, 久保田 みゆき, 近藤 千佳, 金上 貞夫 臨床眼科 59 (3) 277 -281 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    62歳女.両眼とも生来視力不良である.今回,右眼の視力障害を主訴に近医を受診,右眼の硝子体出血を指摘され紹介来院した.初診時,矯正視力は右眼0.01・左眼0.3で,前眼部・中間透光体に軽度の白内障と後部硝子体剥離がみられ,右眼眼底は硝子体出血があり乳頭周囲に網膜下出血がぼんやりと確認され,左眼に傾斜乳頭が認められた.フルオレセイン蛍光眼底造影で右眼に網膜下出血による蛍光遮断と乳頭の過傾向が造影後期にみられ,インドシアニングリーン蛍光眼底造影では脈絡膜新生血管は認めず,硝子体出血消退後に右眼にも傾斜乳頭が発見された.乳頭周囲の網膜下出血の発症機序は傾斜乳頭内部の循環障害と加齢に伴う血管の脆弱化を背景に乳頭の表在性網膜状血管と放射状乳頭前血管,篩状板前部から脈絡膜に灌流する血管からの出血,後部硝子体剥離による破綻性出血の可能性が推定された.以上より,本症例はintrapapillary hemorrhage with adjacent peripapillary subretinal hemorrhageと考えられた
  • 森 加奈, 牧野 伸二, 橋本 尚子, 森 樹郎, 水流 忠彦 日本眼科紀要 56 (2) 113 -117 2005年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:進行性網膜下線維増殖を伴う多発性脈絡膜炎の1例を経験した.症例報告:症例は31歳のタイ人男性.両眼の視力低下を主訴に自治医科大学に来院した.眼底には小円形,灰白色の網脈絡膜病巣が多発していた.左眼黄斑部には黄色の浸潤病巣と網膜下出血がみられた.フルオレセイン蛍光眼底造影では周辺部の網脈絡膜病巣は網膜色素上皮のwindow defectによる過蛍光を示し,左眼黄斑部には脈絡膜新生血管がみられた.また,眼底全体にごま塩状の過蛍光が認められた.インドシアニングリーン赤外蛍光造影では網脈絡膜病巣は造影後期まで低蛍光を呈し,黄斑部には脈絡膜新生血管がみられた.血液検査で梅毒血清反応が陽性であった.経過中,左眼黄斑部の浸潤病巣,網膜下出血は改善したが,網膜下に線維性変化が出現した.結論:進行性網膜下線維増殖を伴う多発性脈絡膜炎に梅毒が修飾を加えた1例と考えられた(著者抄録)
  • 神原 千浦, 牧野 伸二, 田邊 和子, 清水 由花, 伊野田 繁 眼科手術 18 (1) 113 -116 2005年01月 [査読無し][通常論文]
     
    1993年4月からの5年間に特発性黄斑円孔に対し初回硝子体手術を行った症例のうち,初回閉鎖が得られ5年以上円孔の再開なく観察できた33例35眼を対象に,長期視力経過を検討した.男11例,女24例,平均62.9歳,術前平均視力は0.18,術後平均観察期間は86.8ヵ月であった.術後全例で視力回復が得られ,術後最高視力の平均は0.97で,1.0以上は26眼(74%)であった.術後最高視力に達するまでの平均期間は34.5ヵ月,中央値は25.7ヵ月で,5年以上を要したものも8眼(23%)存在した.術後5年以上を経過して最高視力に達した8眼中5眼で最高視力1.0以上であった.白内障の進行による視力低下が6眼存在したが,それを除くと2段階以上視力が低下したのは3眼(9%)であった.3眼中1眼には後発白内障の進行が認められたが,他の2眼には明らかな原因が認められなかった.最終視力まで1.0以上を維持したものは20眼(57%)であった.長期視力予後は良好であった
  • 高取 聡, 北川 陽子, 田中 之雄, 和泉 俊一郎, 牧野 恒久, 中澤 裕之, 堀 伸二郎 環境ホルモン学会研究発表会要旨集 7回 137 -137 2004年12月
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 自治医科大学医学部紀要 27 71 -77 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    1990〜1999年までに下斜筋後転術を行った小児29例(平均年齢5歳10ヵ月)を対象に,大型弱視鏡を用いて下斜筋後転術の手術成績を検討した.1)術前の下斜筋の最大作用方向での上下偏位量は平均12.4°,正面位での上下偏位量は平均9.3°であった.2)術後の上下偏位量は術後1ヵ月で安定した値を維持しており,最大作用方向での手術効果は平均9.1°,正面位での手術効果は平均4.8°であった.3)術前の上下偏位量と手術効果との間には有意な正の相関を認めた(r=0.734)
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 佐々木 誠, 青木 由紀, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 自治医科大学医学部紀要 27 115 -119 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    症例1(28歳男性).生来眼振があり,就職後に頭位異常で相手に誤解を与えることがあり受診となった.頭位はface turnを左にとって右方視していた.衝動性眼振があり,左方視で増強され,右方視で減弱し,静止位は顔の向きから右方約30°であった.右眼外直筋後転6mm,左眼内直筋後転6mmのAnderson法による手術を行ったところ,術後のface turnの程度は右方約5°となり頭位の改善が得られた.症例2(4歳4ヵ月男児).生来眼振があり,1歳児健診で指摘され紹介受診となった.頭位は遠見ではface turnを左にとって右方視していたが,近見では頭位をとる場合ととらない場合があった.衝動性眼振があり,左方視で増強され,右方視で減弱し,静止位は顔の向きから右方30°であった.症例1と同様の手術を行った結果,術後のface turnの程度は右方約5°となり遠見での頭位の改善が得られた
  • Anderson法による先天眼振の手術成績
    佐々木 誠, 牧野 伸二, 青木 由紀, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 98 (11) 1059 -1059 2004年11月
  • 特発性黄斑円孔の手術成績 内境界膜剥離導入前後の比較
    神原 千浦, 牧野 伸二, 田邊 和子, 清水 由花, 伊野田 繁 眼科臨床医報 98 (11) 987 -991 2004年11月 
    特発性黄斑円孔の手術成績を検討した.対象は過去9年間で特発性黄斑円孔に対し初回硝子体手術を行った146例155眼で,内境界膜(ILM)剥離導入以前の95眼(A群)とILM剥離導入以後の60眼(B群)に分けて比較した.その結果,円孔の初回閉鎖率,最終閉鎖率はそれぞれA群72眼(75.8%),72眼(75.8%),B群55眼(91.7%),56眼(93.3%)とB群で有意に高かった.術後最終視力は,初回閉鎖で再開のない円孔閉鎖群がそれ以外の非閉鎖群に比し有意に良好であった.円孔閉鎖群はA群67眼,B群54眼,術後最高視力,最終視力(平均)はそれぞれA群0.87,0.76,B群0.78,0.67,最高視力より2段階以上低下した例はA群12眼(17.9%),B群13眼(24.1%)であった
  • 牧野 伸二, 佐々木 誠 あたらしい眼科 21 (11) 1579 -1582 2004年11月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は52歳,男性.2年前にクリスタリン網膜症と診断されていた.両眼視力低下を自覚し当科を受診した.矯正視力は右眼=(0.7),左眼=(0.2).眼底は後極部から広汎に網膜色素上皮(RPE)の萎縮病巣が広がり,後極部を中心に閃輝性の黄白色小斑が散在していた.この症例に対して走査レーザー検眼鏡(SLO)のアルゴン(Ar),ヘリウムネオン(He-Ne),ダイオード(IR)の3種類のレーザー光を使用して眼底を観察した.閃輝性黄白色小斑はすべてのレーザー光で観察されたが,特にArとHe-Neが明瞭であった.He-NeではRPE萎縮病巣を通して,脈絡膜血管が高輝度に観察された.SLOでは多くの光量を必要とせず,患者の羞明も少なく,クリスタリン網膜症のような眼底疾患に対して低侵襲で短時間に検査が可能である(著者抄録)
  • 先天性Brown症候群のMRI所見
    牧野 伸二, 木野内 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 日本視能矯正学会プログラム抄録集 45回 72 -72 2004年10月
  • 外傷後に片眼性水平半盲様視野障害をきたした心因性視覚障害の1症例
    高橋 寛子, 落合 万理, 唐津 裕子, 鎌田 あすか, 佐藤 久美, 北野 優子, 田中 育美, 中野 佳希, 落合 憲一, 猪木 多永子, 木野内 理恵子, 橋本 尚子, 牧野 伸二 日本視能矯正学会プログラム抄録集 45回 75 -75 2004年10月
  • 高橋 康子, 牧野 伸二, 小幡 博人, 神原 千浦, 水流 忠彦 臨床眼科 58 (6) 1033 -1037 2004年06月 [査読無し][通常論文]
     
    73歳女.白内障のため経過観察中,左眼の眼底異常を指摘され精査のため紹介受診となった.矯正視力は左右とも0.7であり,左眼眼底後極部の網目状の色調変化と,上方に黄白色の小結節が散在していた.硝子体混濁はなかった.蛍光眼底造影では後極部から中間周辺部にかけて網目状の低蛍光と過蛍光が混在していた.11ヵ月後の再診時に,左眼眼底の下耳側の網膜下に腫瘤が発見され,両眼に硝子体混濁があった.両眼の硝子体生検の結果は陰性であったが,悪性リンパ腫を疑い放射線照射を行った.左眼の腫瘤は消失し網脈絡膜萎縮巣になった.右眼の硝子体混濁に対し硝子体切除術を行い,病理組織学的所見と,硝子体内のIL-10/IL-6比が高いことから,B細胞性眼内悪性リンパ腫と診断した.初診から約2年4ヵ月経過し,眼内に再発は認めず,中枢神経への浸潤や他臓器への転位は認めていない.網膜の黄白色小結節が眼内悪性リンパ腫の初発病変であった可能性が考えられた
  • 光覚弁消失に至った原因不明の両眼性網膜血管炎の1例
    堀 秀行, 久保田 俊介, 久保田 みゆき, 牧野 伸二, 水流 忠彦 眼科臨床医報 98 (5) 436 -436 2004年05月
  • 先天内斜視,乳児内斜視における交代性上斜位の検出年齢
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 98 (4) 323 -327 2004年04月 
    初診時年齢3歳以下の先天内斜視,乳児内斜視170例を対象に,大型弱視鏡を用いて交代性上斜位(DVD)の合併頻度と検出年齢について検討した.その結果,DVDは128例(75.3%)にみられ,検出年齢は6ヵ月〜10歳5ヵ月(平均3歳2ヵ月)であった.初診時年齢とDVDの検出頻度では,初診時年齢が低いものほどDVDの合併する頻度が高いことが判明した.大型弱視鏡によるDVD検出時期と初回検査可能年齢には平均13.6ヵ月の差がみられた
  • STZ誘発糖尿病ラットの初期糖尿病網膜症におけるニコランジルの影響
    杉 紀人, 梯 彰弘, 斉藤 由香, 大野 隆一郎, 木下 望, 牧野 伸二, 安 隆則, 黒木 昌寿, 加園 恵三, 川上 正舒 糖尿病 47 (Suppl.1) S173 -S173 2004年04月
  • STZ誘発糖尿病ラットの初期糖尿病網膜症におけるニプラジロール点眼薬の効果
    大野 隆一郎, 梯 彰弘, 伊藤 由香, 杉 紀人, 牧野 伸二, 小林 英司, 袴田 陽二, 高城 康弘, 黒木 昌寿, 川上 正舒 糖尿病 47 (Suppl.1) S196 -S196 2004年04月
  • STZ誘発のラット糖尿病モデルにおけるretinal leukostasisに対するニコランジルの作用
    杉 紀人, 斉藤 由香, 大野 隆一郎, 梯 彰弘, 牧野 伸二 日本眼科学会雑誌 108 (臨増) 258 -258 2004年03月
  • 大島 春香, 牧野 伸二, 近藤 千佳, 金上 貞夫, 水流 忠彦 臨床眼科 58 (3) 309 -313 2004年03月 [査読無し][通常論文]
     
    72歳女.主訴は右眼視力低下.眼底は網膜静脈のソーセージ状拡張・蛇行が著明で,網膜出血,硝子体出血,微小血管瘤,黄斑浮腫が認められた.フルオレセイン蛍光眼底造影検査で静注後30秒にても網膜主幹静脈への層流が出現せず,血流の緩徐化があり,網膜静脈のソーセージ状拡張・蛇行,微小血管瘤が認められた.血液過粘稠度症候群を疑い全身検査を行った.免疫電気泳動ではM蛋白,単クローン性の増加はみられず,多クローン性高γグロブリン血症を呈していた.検査所見より,過粘稠度症候群を呈する代表疾患である多発性骨髄腫,原発性マクログロブリン血症は否定され,多クローン性高γグロブリン血症に伴う血液過粘稠度症候群に伴う網膜症と診断した.抗凝固療法を行い,無血管野に対して光凝固を行った.初診から3ヵ月後,網膜静脈のソーセージ状拡張・蛇行は改善し,微小血管瘤の減少,網膜出血,硝子体出血,軟性白斑の消失がみられた.視力は右眼0.6(n.c.),左眼0.5(n.c.),血液粘稠度は9.16cpと改善がみられている
  • 強度近視に伴う固定内斜視の手術前後の画像所見
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子, 水流 忠彦 眼科臨床医報 98 (2) 123 -127 2004年02月 
    55歳男性.患者は左眼が内側に寄って動かなくなったため,著者らの施設へ受診となった.視力は左0.06,眼鏡度数は-2.0D cyl-2.0D Axis90°で,眼底所見にて強度近視による著明な後部ぶどう腫と網脈絡膜萎縮を認めた.眼位は左眼が内下転位のままで上転,外転ともに不能であった.外眼筋,眼窩MRIで左眼は内下転位で,上直筋が内上方,外直筋が外下方に偏位し,強度近視により眼球が外上方に偏位していることが判明した.さらに,極度に内転した左眼球後壁は眼窩外側壁に接触し,その間に外直筋の走行がみられた.以上より,強度近視に伴う固定内斜視と診断し,内直筋最大後転,上直筋と外直筋の全筋腹締結を行った.術後,正中を越えて外転が可能となり,眼位の改善が得られた
  • 樹氷状網膜血管炎の2症例
    柿沼 有里, 猪木 多永子, 加藤 正夫, 酒井 理恵子, 牧野 伸二, 水流 忠彦 眼科臨床医報 98 (2) 140 -140 2004年02月
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子, 水流 忠彦 自治医科大学医学部紀要 26 79 -83 2003年12月 [査読無し][通常論文]
     
    55歳男.右眼は白内障手術後の眼球癆のため義眼を使用していたが,左眼が内側に寄って固定するようになり受診した.左眼は強度の近視で,内下転位で固定しており,眼球運動は全方向に不能であった.強度近視に伴う固定内斜視と診断し,眼窩,外眼筋MRIを施行した.左眼は内下転位で,外眼筋の配置では上直筋が内上方,外直筋が外下方に偏位し,強度近視により前後径の拡大した眼球が外上方に偏位し,筋円錐から脱出していた.局所麻酔下に左眼の内直筋を最大後転し,上直筋と外直筋の筋腹をできるだけ近づけて胸膜上に締結した.術後,正中を越えて外転が可能となり,眼位の改善が得られた
  • 牧野 伸二, 山本 裕子, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵 自治医科大学医学部紀要 26 135 -141 2003年12月 [査読無し][通常論文]
     
    自治医科大学眼科に弱視斜視専門外来が開設された1974年から2000年までの27年間の初診患者数,疾患別患者数などの変遷を,診療録をもとに調査した.初診患者総数は6677人で,年平均245人であった.初診時年齢は10歳未満が4929人と全体の73.8%を占めた.疾患別では眼位異常が75.5%,弱視のみが8.4%,輻湊開散の異常が1.1%,眼振が2.2%,器質的眼疾患に伴うものが3.0%,心因性視力障害が0.5%,屈折異常のみが9.4%であった.開設当初は屈折異常のみの症例が多かったが,その後,斜視,弱視の割合が増加し,本来の専門外来としての機能を果たすようになったことが明らかになった
  • 進行性網膜下線維増殖を伴った多発性脈絡膜炎の1例
    森 加奈, 牧野 伸二, 橋本 尚子, 森 樹郎, 水流 忠彦 眼科臨床医報 97 (11) 1030 -1030 2003年11月
  • ニプラジロール点眼薬が初期糖尿病網膜症の網膜微少循環に及ぼす影響
    大野 隆一郎, 梯 彰弘, 伊藤 由香, 牧野 伸二, 小林 英司, 袴田 陽二, 高城 康弘, 黒木 昌寿, 川上 正舒 糖尿病合併症 17 (Suppl.1) 45 -45 2003年09月
  • 大島 春香, 伊藤 由香, 牧野 伸二, 伊野田 繁, 水流 忠彦 臨床眼科 57 (9) 1465 -1470 2003年09月 [査読無し][通常論文]
     
    51歳男.両眼の変視症を主訴に受診した.眼底検査で乳頭から黄斑部に及ぶ境界鮮明な漿液性網膜剥離を両眼に認めた.蛍光眼底造影で造影早期に点状の過蛍光,後期に色素貯留が網膜剥離下に認められたことから原田病を疑って全身検索を行ったが結果は否定的であり,血小板減少,溶血性貧血,精神神経症状,腎障害等の所見から血栓性血小板減少性紫斑病と診断された.眼科的所見として網膜出血と綿花様白板も認められた
  • 先天性上斜筋腱欠損の1例
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 97 (7) 595 -595 2003年07月
  • 坂庭 敦子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 32 103 -108 2003年07月 
    不同視2.0D以上,乱視度1.0D以下の初診時10歳未満の遠視性不同視弱視115例の治療成績を検討した.治療方法として,完全屈折矯正眼鏡を処方し,年齢と視力差に応じ健眼時間遮蔽を行い,遮蔽と同時に10〜15分程度の細字訓練等の近業訓練を指導した.視力が1.0以上に改善したものは108例で,要した期間は2ヵ月〜3年6ヵ月(平均1.1年)であった.治療開始年齢と視力改善に要した期間の間に有意な相関関係はなかった.弱視眼屈折度,不同視が大きいほど視力改善に要した期間は長く,有意な正の相関があった.弱視眼視力が低いほど視力改善に要した期間は長く,有意な負の相関があった.治療後視力1.0未満は7症例で,治療開始年齢は6歳2ヵ月〜9歳11ヵ月と有意に遅かった.治療開始から1年半程度の期間に1.0.以上の視力が得られる目安として,弱視眼屈折度では+7.0D,不同視では5.0D,弱視眼視力では0.3〜0.4が大まかな境界になるものと考えられた
  • 先天性上斜筋腱欠損の1例
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 杉山 華江, 平林 里恵, 山本 裕子 眼科臨床医報 97 (5) 350 -354 2003年05月 
    症例は2歳11ヵ月男児で,左への斜頸を主訴に,近医で眼性斜頸,右上斜筋麻痺を指摘され,著者ら施設へ紹介となった.視力は5m絵視標で右0.5,左0.5であった.頭位は首を左側に傾け,顔を左側に回し,眼位は頭位をとって近見,遠見とも正位であった.眼球運動は右内下転の制限を認めた.右上斜筋麻痺と診断し,経過観察を行ったところ,4歳4ヵ月の大型弱視鏡で第1眼位で14°と10°以上の上下偏位を認めた.4歳9ヵ月時に手術を行った結果,上斜筋腱欠損が判明し,患眼の上直筋後転,下斜筋後転を行った.術後CT検査では,水平断にて両眼とも上斜筋筋腹は存在し,左眼は滑車から先の走行が確認できたが,右眼には認められなかった.同様に,冠状断では左眼の滑車,上斜筋は確認できたが,右眼にはみられなかった.術後3ヵ月の頭位写真で頭位異常は軽快し,頭位を正すと術前の顕著な右眼上斜が術後は右眼下斜に逆転した.術後6ヵ月現在,視力は右1.0,左1.0で,術後3ヵ月と変化はなく,経過観察中である
  • 間歇性外斜視における上下偏位
    保沢 こずえ, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 深津 広美, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 山本 裕子 眼科臨床医報 97 (5) 364 -367 2003年05月 
    15歳以下の間歇性外斜視585例を対象に,大型弱視鏡を用いて上下偏位について検討した.その結果,2°以上の上下偏位は111例(19.0%)にみられ,その種類は交代性上斜位が48例(43.3%)と最も多く,次いで上下偏位の方向差が一定したもの(方向差検出群)36例(32.4%),方向差の一定しないもの(変動群)27例(24.3%)であった.方向差検出群では水平偏位量と上下偏位との間に有意な相関関係が示され,水平偏位量が大きいもので上下偏位が大きかった.一方,変動群では,上下偏位量と水平偏位量の間に有意な相関関係が認められなかった.以上より,間歇性外斜視に合併する上下偏位には,交代性上斜位とは別に上下直筋の不全と似た方向差を示すものがあることが明らかとなり,間歇性外斜視の背景,原因の一つとして考慮すべきと考えられた
  • 先天白内障術後の斜視
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 深津 広美, 近藤 玲子, 川崎 知子, 坂庭 敦子, 山本 裕子 眼科臨床医報 97 (5) 383 -388 2003年05月 
    眼内レンズ挿入術を行った先天性白内障48例を対象に,術後の斜視について検討した.その結果,両眼無水晶体眼(両眼Aphakia)の17例中11例(65%),片眼無水晶体眼(片眼Aphakia)の14例中13例(93%),両眼偽水晶体眼(両眼IOL)の8例中3例(38%),片眼偽水晶体眼(片眼IOL)の9例中9例(100%)で術後の斜視がみられた.両眼性と片眼性の比較では,術後の斜視頻度はそれぞれ56%,96%と,片眼性で有意に頻度が高く,術後視力も片眼性で0.3未満が多かった.斜視の内訳は,両眼Aphakiaでは1歳までは外斜視と内斜視の頻度が同程度で,5歳以降は外斜視の頻度が高い傾向があった.片眼Aphakiaでは正位の症例が多く,2歳以降は外斜視の頻度が高い傾向にあった.両眼IOLでは正位の症例が多く,片眼IOLでは術前から外斜視を伴っている症例が多く,術後も外斜視の頻度が多かった.両眼視機能については,両眼Aphakiaの69%,片眼Aphakiaの83%,両眼IOLの88%,片眼IOLの67%に大型弱視鏡による同時視が得られた
  • 加藤 正夫, 牧野 伸二, 槙島 豊, 金上 貞夫, 水流 忠彦 臨床眼科 57 (3) 232 -234 2003年03月 [査読無し][通常論文]
  • 眼内レンズ挿入術を施行した小児白内障の屈折変化
    牧野 伸二, 清水 由花, 山上 聡, 伊野田 繁 眼科臨床医報 97 (1) 32 -36 2003年01月 
    小児白内障に対し眼内レンズ挿入術を施行した11例15眼を,片眼手術症例7例(A群)と両眼手術症例4例(B群)に分け,術後経時的屈折変化を検討した.術後矯正視力はA群では0.04〜0.9,B群では0.6〜1.2であった.経過観察中の屈折変化をA群についてみると,屈折値は-1.1D〜-6.8Dの変化がみられ,年変化率は-0.2D/年〜-1.1D/年で,僚眼と比較し近視化の程度が有意に大きかった.7眼中4眼は術眼のみに近視化が進行し,2眼は僚眼,術眼ともに同様の近視化を示し,残りの1眼は僚眼の近視化の方が大きい傾向がみられた.B群についてみると,屈折値は-2.0D〜-5.6Dの変化がみられ,年変化率は,-0.5D/年〜-1.4D/年で,4例全例で両眼ともほぼ同様の屈折変化を呈していた.以上より,小児白内障術後には近視化がみられることが多く,眼内レンズの術後予想屈折度数は遠視側に設定する必要があると考えられた
  • 高橋 康子, 牧野 伸二, 原 岳, 森 加奈, 水流 忠彦 日本眼科紀要 54 (1) 51 -55 2003年01月 [査読無し][通常論文]
     
    16歳女.視神経症を合併した眼窩筋炎で,ステロイドパルス療法を行ったが,視神経萎縮に至った症例について報告した.右眼瞼腫脹を主訴とし,既往症として精神発達遅滞がある.急激な右目突出,眼球運動制限を認め,さらに経口摂取不能のため脱水,傾眠状態となり入院となった.眼位右眼内転位で,右眼全方向に眼球運動制限を認め,外転障害が顕著であった.右眼に相対的入力瞳孔反射異常(RAPD)が陽性であった.脂肪抑制T2強調画像では腫大した右眼内直筋により視神経が圧迫され,視神経鞘周囲の髄液のうっ滞によるリング状の高信号を呈していた.視神経症を合併した眼窩筋炎と診断し,ステロイドパルス療法を開始した.治療8ヵ月目後に外眼筋腫大の改善がみられたが,右眼の外転障害と視神経萎縮を呈するに至った.初診時と比べ右眼の視力改善が見られ,眼窩筋炎の再発は認めていない
  • 潰瘍性大腸炎に網膜中心静脈閉塞症を合併した1例
    加藤 正夫, 槙島 豊, 牧野 伸二, 水流 忠彦 眼科臨床医報 96 (11) 1177 -1177 2002年11月
  • 鎌状赤血球網膜症と思われた1例
    大島 春香, 牧野 伸二, 金上 千佳, 金上 貞夫 眼科臨床医報 96 (10) 1035 -1037 2002年10月 
    48歳女(ペルー人).右眼の飛蚊症を自覚し,網膜出血を指摘された.眼底所見と蛍光眼底造影所見から,鎌状赤血球網膜症を疑い,血液検査を行ったところ,末梢血には赤芽球,標的赤血球,Howell Jolly小体がみられ,溶血性貧血の存在とそれに伴う赤血球系の産生能の亢進が判明した.その後,ヘモグロビン分画等の精査と光凝固治療を予定し,母国語で再診依頼を要請したが転帰は不明となった
  • 川崎 知子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 近藤 玲子, 坂庭 敦子, 金上 千佳, 金上 貞夫, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 31 225 -229 2002年08月 [査読無し][通常論文]
     
    デジタルカメラと電子画像対応眼底カメラに付帯した画像ファイリングシステムを用いて眼位撮影を行った.この方法では従来のフィルムカメラよりも短時間で撮影が可能であり,現像処理が不要でその場で撮影結果が判定できる.又,モニター上での9方向眼位の編集が可能で記録メディアの省スペース化が可能でデータの経年的劣化がなく,データベースソフトの利用により資料の検索や管理が容易であった
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 近藤 玲子, 川崎 知子, 野中 智子, 高橋 身奈, 山本 裕子 日本弱視斜視学会雑誌 29 45 -49 2002年07月 [査読無し][通常論文]
  • 開散麻痺を初発したArnold-Chiari奇形I型の1例
    牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 近藤 玲子, 川崎 知子, 野中 智子, 高橋 身奈, 山本 裕子 眼科臨床医報 96 (4) 430 -434 2002年04月 
    15歳男.野球でフライのボールが二つに見えるようになった.次第に近くのものまで二つに見えるようになり,受診した.眼位は近見より遠見で角度の大きい内斜視で,複視の自覚も遠見時で大きい同側性複視であった.開散麻痺と診断し,原因検索を行ったところ,頭部MRIで,小脳扁桃が脊椎管内に突出し,Arnold-Chiari奇形のI型であることが判明した.後頭下減圧術及び第1頸椎椎弓切除術を施行した.脳神経外科手術後も自覚症状,斜視角に改善がみられなかったため,左眼の外直筋短縮術8mmを施行し,複視の改善がみられた.初回斜視手術術後1ヵ月の眼位,自覚症状は術直後と変化はなく,追加手術として,右眼の外直筋短縮術5mmを施行した.追加斜視手術後1ヵ月の眼位は,近見正位,遠見12△の内斜視で,自覚症状の改善が得られ,両眼に6△ずつ基底外方のくみこみプリズム眼鏡を処方し経過観察中である
  • 牧野 伸二, 水流 忠彦 臨床眼科 56 (3) 335 -340 2002年03月 [査読無し][通常論文]
     
    9歳女児.主訴は右眼視力低下.矯正視力は右0.3,左1.2であった.右眼底に視神経乳頭から黄斑部に至る4乳頭径大の黄白色の僅かな隆起があり,辺縁は不整であった.腫瘤部の網脈絡膜に萎縮と網膜下出血があった.以前から存在した脈絡膜骨腫に新生血管が合併し,網膜下出血の為に視力が低下したものと判断された.右眼に視神経乳頭陥凹の拡大があり,脈絡膜骨腫の影響があると推定した.左眼は正常であった.1歳時に左片麻痺があり,もやもや病と診断されていた.もやもや病と脈絡膜骨腫とは偶然に発症した可能性が高いと考えた
  • デジタルカメラを用いた9方向眼位撮影
    川崎 知子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 近藤 玲子, 坂庭 敦子, 金上 千佳, 金上 貞夫, 山本 裕子 日本視能矯正学会プログラム抄録集 42回 90 -90 2001年11月
  • 牧野 伸二, 清水 由花, 伊野田 繁, 大野 研一 臨床眼科 55 (12) 1831 -1834 2001年11月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二 地域医学 15 (9) 662 -666 2001年09月 [査読無し][通常論文]
  • 花岡 玲子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 西村 佳代子, 川崎 知子, 山本 裕子 日本弱視斜視学会雑誌 28 43 -45 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • Double elevator palsyの2症例
    酒井 理恵子, 牧野 伸二, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 花岡 玲子, 川崎 知子, 野中 智子, 水流 忠彦 眼科臨床医報 95 (5) 553 -554 2001年05月
  • 網膜下手術を施行した3例
    大野 隆一郎, 齋藤 信一郎, 堤 雅弘, 神原 千浦, 牧野 伸二, 清水 由花, 伊野田 繁 眼科臨床医報 95 (5) 553 -553 2001年05月
  • 自治医科大学弱視斜視外来を受診した双生児症例の検討
    花岡 玲子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 西村 佳代子, 川崎 知子, 山本 裕子 眼科臨床医報 95 (4) 415 -417 2001年04月 
    弱視斜視外来を両者とも受診した斜視を有する双生児21組42例の斜視の種類を検討した.斜視の種類の一致率は,一卵性双生児で88%,二卵性双生児で40%,卵生不明双生児で100%であった.又,双生児以外の同胞では一致率は43%であった
  • 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 花岡 玲子, 西村 佳代子, 川崎 知子, 山本 裕子 眼科臨床医報 95 (4) 428 -431 2001年04月 [査読無し][通常論文]
     
    弱視斜視外来を眼位異常を主訴に受診した1,525例を対象に,妊娠分娩歴と家系内における斜視の家族歴を検討した.その結果,乳児内斜視では妊娠分娩歴に異常があるものが,他の種類の内斜視,外斜視と比べ有意に多く,特に交代性上斜位を伴うものは,伴わないものに比べ,妊娠分娩歴の異常と家族歴のあるものが有意に多かった.間歇性外斜視では家族歴のあるものが,内斜視,恒常性外斜視と比べ有意に多かった
  • 強膜開窓術が著効したuveal effusion syndromeの兄妹例
    大野 隆一郎, 田邊 和子, 堤 雅弘, 牧野 伸二, 伊野田 繁 眼科臨床医報 95 (3) 315 -316 2001年03月
  • 当科における外斜視の検討
    川崎 知子, 西村 佳代子, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 黒澤 広美, 花岡 玲子, 山本 裕子 眼科臨床医報 94 (11) 1377 -1377 2000年11月
  • 強膜開窓術が著効したuveal effusion syndromeの兄妹例
    大野 隆一郎, 田邊 和子, 堤 雅弘, 牧野 伸二, 伊野田 繁 眼科臨床医報 94 (11) 1378 -1378 2000年11月
  • 牧野 伸二, 大石 延正 臨床眼科 54 (5) 982 -984 2000年05月
  • 乳頭浮腫,網膜下出血,漿液性網膜剥離を伴ったCrow-Fukase症候群の1例
    槙島 豊, 牧野 伸二 眼科臨床医報 94 (5) 680 -680 2000年05月
  • 牧野 伸二, 細井 昌樹, 畑中 孝輔, 山下 波留美 あたらしい眼科 16 (11) 1591 -1594 1999年11月 [査読無し][通常論文]
  • Capsular block syndromeの2症例
    斎藤 信一郎, 杉 恵子, 酒井 理恵子, 橋本 尚子, 牧野 伸二 眼科臨床医報 93 (10) 1520 -1522 1999年10月 
    2症例(76歳女,64歳男)ともPEA及びIOL移植術後に,IOLの前方移動,浅前房化,後嚢の後方偏位,IOLと後嚢との間に広いスペースを認めた.そのうちの1症例は高度の浅前房化のために急性緑内障発作を発症した.2症例とも,YAGレーザー後嚢切開術が有効であった
  • 真性多血症を合併した霰粒腫の術後に止血困難を呈した1症例
    堤 雅弘, 落合 憲一, 田邊 和子, 牧野 伸二, 伊野田 繁 眼科臨床医報 93 (10) 1495 -1497 1999年10月
  • 糖尿病における血管新生のメカニズム 免疫組織化学的検討
    梯 彰弘, 伊野田 繁, 加来 昌子, 清水 由花, 牧野 伸二, 黒木 昌寿, 川上 正舒, 金澤 康徳, 永井 竜児, 堀内 正公 眼科臨床医報 93 (9) 1400 -1400 1999年09月
  • 経強膜的網膜剥離手術後の毛様体浮腫に対するステロイド内服効果
    釜田 恵子, 伊野田 繁, 神原 千浦, 牧野 伸二, 清水 昊幸 眼科臨床医報 93 (9) 1400 -1400 1999年09月
  • 黒澤 広美, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 保沢 こずえ, 西村 佳代子, 花岡 玲子, 川崎 知子, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 27 123 -128 1999年07月 [査読無し][通常論文]
     
    初診時平均年齢は1.4歳で,手術時平均年齢は3.3歳,術前の平均斜視角は53.4△,交代性上斜位は74例中57例に認められた.術後平均観察期間は10.5年である.術後評価を術後1ヵ月,6ヵ月,4年,最終観察時点に以下の基準で行った.A群:正位,B群:10△以下の残余内斜視,C群:11〜20△の残余内斜視,D群:21△以上の残余内斜視,E群:外斜視への逆転の5群である.尚,残余斜視に対してB群はレンズ内くみこみ眼鏡を,C群,D群はフレネル膜プリズムを併用して,追加手術は16例に行った.最終眼位はA群が31例,B群が9例であった.術後1ヵ月で正位のもののうち,4年後には79.5%が,最終的には61.6%が正位を保っていたが,4年後には2.5%,最終的には20.6%が外斜視に移行した.長期にわたる斜視角の変化から,術後早期には適矯正よりはやや低矯正にし,プリズム眼鏡を併用する方が良好であることが明らかになった
  • 保沢 こずえ, 牧野 伸二, 酒井 理恵子, 黒澤 広美, 西村 佳代子, 花岡 玲子, 川崎 知子, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 27 271 -276 1999年07月 [査読無し][通常論文]
     
    4年以上経過観察している乳児内斜視74例の術後両眼視機能を検討した.初診時平均年齢は1.4歳,手術時平均年齢は3.3歳,術前平均斜視角は53.4△,術後平均観察期間は10.5年である.手術迄は完全屈折矯正眼鏡とプリズム眼鏡を装用させた.プリズム眼鏡は65例に使用し,開始年齢は1.6歳であった.最終眼位は正位のものが42例,10△以下の内斜視が11例,20△以下は2例,21△以上は6例,外斜視は13例であった.術後の残余斜視角に対しても,プリズム中和眼鏡を装用させた.大型弱視鏡で正常対応の同時視が得られたものは66例で,Bagolini線条レンズ検査で両眼視が確認できたものは検査可能であった58例中54例,Worth4灯器検査では46例中44例であった.立体視はTitmus stereo testで検査可能であった23例中9例に140"〜3000"が得られた
  • 角膜輪部に発症した乳頭腫の1例
    槙島 豊, 牧野 伸二, 田邊 和子, 堤 雅弘, 釣巻 穣 眼科臨床医報 93 (5) 801 -801 1999年05月
  • 抗好中球細胞質抗体関連血管炎に合併した網腰静脈分枝閉塞症の1例.
    あたらしい眼科 16 1591 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Branch retiual vein occlusion in case of anti-neutrophil cytoplasmic antibody(ANCA)asscociated vasculitis.
    Journal of the Eye 16 1591 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 釜田 恵子, 伊野田 繁, 神原 千浦, 牧野 伸二, 清水 昊幸 日本眼科紀要 49 (12) 1030 -1034 1998年12月 [査読無し][通常論文]
     
    50歳以上の裂孔原性網膜剥離眼27眼を対象とし,超音波生体顕微鏡を用いて術後の毛様体浮腫を定量的に測定した.対象はステロイドを内服していない症例16眼,術後に強度の毛様体浮腫が発症した為,浮腫を軽減する目的で術後3日目からステロイドを内服した症例6眼,及び予防的治療の意味で手術の前日からステロイドの内服を開始した症例5眼である.術後の毛様体浮腫は全症例に術翌日からみられた.ステロイドの内服を行っていない症例では術3日目に毛様体浮腫が最大となり,徐々に消退した.著明な毛様体浮腫の為に術後にステロイドの内服を行った症例ではステロイドの内服により急速に浮腫が消退した.ステロイドを術前から投与すると毛様体浮腫が全経過で軽度に抑えられた.このことから強膜内陥術後の毛様体浮腫に対するステロイドの内服は十分に有効な治療であることが確認された
  • 杉 紀人, 伊野田 繁, 澁井 洋文, 牧野 伸二, 清水 由花 あたらしい眼科 15 (12) 1767 -1770 1998年12月 [査読無し][通常論文]
  • 細隙灯硝子体ビデオグラフィ
    梯 彰弘, 伊野田 繁, 清水 由花, 牧野 伸二, 清水 昊幸 眼科臨床医報 92 (11) 1623 -1623 1998年11月
  • 裂孔原性硝子体出血をきたした肉芽腫性ぶどう膜炎の1例
    堀 秀行, 釜田 恵子, 酒井 理恵子, 牧野 伸二, 川島 秀俊, 清水 昊幸, 大久保 彰 眼科臨床医報 92 (11) 1642 -1642 1998年11月
  • 特発性黄斑円孔に対し円孔縮小術を併用した硝子体手術成績
    伊野田 繁, 牧野 伸二, 清水 由花, 清水 昊幸, 梯 彰弘 眼科臨床医報 92 (11) 1627 -1627 1998年11月
  • 経皮膜的網膜剥離手術前後にみられる毛様体変化
    釜田 恵子, 伊野田 繁, 神原 千浦, 牧野 伸二, 清水 昊幸 眼科臨床医報 92 (11) 1631 -1631 1998年11月
  • 黒澤 広美, 牧野 伸二, 山本 裕子 日本視能訓練士協会誌 26 215 -219 1998年07月 [査読無し][通常論文]
     
    大型弱視鏡で両眼視訓練をした147例について検討した.訓練方法は週1〜2回の通院訓練であり,訓練時間以外はプリズム眼鏡等で眼位を矯正し,両眼開放している.訓練の内訳は,同時視獲得訓練(SP)99例,対応異常に対する正常対応獲得訓練(ARC)48例である.訓練効果が得られたものは,SP訓練で92例,ARC訓練で36例であった.訓練開始年齢が年少なほど,訓練効果が高い傾向はあるが,11歳以下の年齢であれば,75%以上に有効であった.訓練効果が得られ,正常対応の同時視が可能となった症例のうち,Bagolini線条レンズとWorth4灯器の両方で日常両眼視が認められたものは,SP訓練後で44/78例,ARC訓練後で14/32例であった.良好な両眼視機能を得るために,訓練は有用と考えられる
  • 加来 昌子, 牧野 伸二, 川島 秀俊 あたらしい眼科 15 (5) 733 -736 1998年05月 [査読無し][通常論文]
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 日本眼科紀要 49 (4) 295 -298 1998年04月 [査読無し][通常論文]
     
    硝子体手術を行った特発性黄斑円孔100眼を対象に検討した.核白内障の進行は水晶体を温存した10眼中7眼に,YAGレーザー後嚢切開術が必要であった後発白内障は,最終的に眼内レンズ挿入眼の94眼中27眼に,術後30mmHg以上の眼圧上昇は9眼に,フィブリン析出は5眼にみられた.術中の周辺部での網膜裂孔は19眼,術後の網膜剥離が1眼,術前に格子状変性があったものは13眼,それが裂孔になったものは5眼,それ以外は沿血管裂孔であった.網膜剥離の1眼は増殖硝子体網膜症に進行し,最終視力は術前より低下した.最終的に術前より視力が低下したものは網膜剥離の1眼のみであった
  • 釜田 恵子, 伊野田 繁, 神原 千浦, 牧野 伸二, 清水 昊幸 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica 49 (2) 145 -149 1998年02月 [査読無し][通常論文]
  • 大川 多永子, 川島 秀俊, 伊野田 繁, 清水 由花, 牧野 伸二, 釜田 恵子, 清水 昊幸 あたらしい眼科 = Journal of the eye 15 (2) 285 -288 1998年02月 [査読無し][通常論文]
  • 走査レーザー検眼鏡による眼底検査
    日本医事新報 3867 115 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Intra and postoperative complications of vitreous surqery for idiopathic macular holes.
    Folia Ophthalmol Jpn. 49 295 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 中山 正, 杉江 千秋, 牧野 伸二 日本眼科紀要 48 (9) 1050 -1053 1997年09月 [査読無し][通常論文]
     
    増殖糖尿病網膜症34眼に対し,粘弾性増殖膜分層術を用いた硝子体手術を施行した.方法は1%のヒアルロン酸ナトリウムを後部硝子体膜,増殖膜を網膜から分離するために後部硝子体膜下に注入した.解剖学的網膜復位は29眼(85%),医原性裂孔は7眼(21%)であった.術後に視力0.1以上を得たのは22眼(65%)であった.術前と術後に蛍光眼底検査が可能であった15眼全例において,網膜血管からの蛍光漏出が減少していた.時々,硝子体手術を行う術者にとって,粘弾性増殖膜分層術は増殖糖尿病網膜症の硝子体手術において安全性の高い効果的な手段である
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 眼科手術 10 (3) 392 -396 1997年07月 [査読無し][通常論文]
     
    円孔径が0.4乳頭径以上,術前視力が0.1未満,円孔に陳旧所見を有するもののいずれかを満たす特発性黄斑円孔13眼(A群)に対し,円孔閉鎖率を向上する目的で円孔底の網膜色素上皮(RPE)除去を併用した硝子体手術を行い,同じ条件,同じ手術方法でRPEを除去しなかった17眼(B群)と円孔閉鎖率,術後視力,走査レーザー検眼鏡(SLO)による微小視野計測を検討した.円孔閉鎖は,A群の76.9%,B群の29.4%に得られ,RPE除去により円孔閉鎖率が向上した.しかし,円孔閉鎖例の術後平均視力は,B群の0.73に対し,A群では0.36と低かった.更に,A群の円孔底の網膜感度は2.3±5.1dBで,B群の17.8±8.8dBに比べ有意に低く,A群の閉鎖例10眼中8眼で除去部は絶対暗点であった.このような条件の症例において,円孔閉鎖率の向上のためにRPEを除去するか,良好な術後視力を期待するためRPEを除去しないかはむずかしい選択である
  • 橋本 尚子, 川島 秀俊, 牧野 伸二 日本眼科紀要 48 (7) 894 -898 1997年07月 [査読無し][通常論文]
     
    47歳男.右眼の飛蚊症を主訴に受診した.初診当初はフルオレセイン蛍光眼底造影(FAG)にて早期の低蛍光と後期の過蛍光を認めたことにより急性後部多発性小板状網膜色素上皮症(APMPPE)と診断した.しかし,経過観察中,病巣周辺のみがフリル状の過蛍光となる地図状脈絡膜炎に特徴的な様相となってきた.インドシアニングリーン蛍光眼底造影では,病巣は経過中一貫して低蛍光であり,FAGにて認められるより広範囲の網脈絡膜の異常が検出された.この症例は両疾患の典型像を呈したと思われ,APMPPEの一部重症例が病期の進展に伴い地図状脈絡膜炎となった,即ち両疾患が同一範疇の疾患であるという仮説を裏付けたものと考えた
  • 牧野 伸二, 川島 秀俊, 橋本 尚子 臨床眼科 51 (3) 317 -320 1997年03月 [査読無し][通常論文]
     
    47歳男の地図状脈絡膜炎例に,走査レーザー検眼鏡(SLO)の微小視野計測を行った.SLO微小視野計測は眼底をモニターしながら網膜感度の測定が可能であり,その結果をフルオレセイン蛍光造影(FA),及びインドシアニングリーン蛍光造影(IA)の写真上にプロットして検討した.網脈絡膜萎縮巣の中でも,絶対暗点を呈した部位はFA,IAで造影後期まで低蛍光が持続した部位であり,又,IAで造影後期になって過蛍光がみられた部位は相対暗点となっていた
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 日本眼科紀要 48 (2) 221 -226 1997年02月 [査読無し][通常論文]
     
    外傷性黄斑円孔18例18眼の視力予後を検討した.1眼に硝子体手術を施行し7眼に走査レーザー検眼鏡(SLO)の微小視野計測を行った.初診時視力は0.02〜0.3で,手術例も含め円孔の閉鎖消失を5眼,縮小を3眼に認めた.最終視力は0.03〜1.2で,2段階以上の視力改善が13眼,0.7%以上が8眼に得られ,黄斑上膜の1眼は視力が低下した.自然経過を観察した17眼で,最高視力を得るまでの期間は受傷から1〜12ヵ月(平均4.5ヵ月)であった.SLOの微小視野計測を行った7眼では,円孔及び網脈絡膜萎縮巣に一致した絶対暗点,網膜振盪の改善に伴う網膜感度の改善が認められた.外傷性黄斑円孔では視力の面から予後良好なものが多いことが判明した
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 日本眼科紀要 48 (2) 215 -220 1997年02月 [査読無し][通常論文]
     
    硝子体手術後に円孔が閉鎖した特発性全層黄斑円孔21眼を対象に,走査レーザー検眼鏡を用いた微小視野計測を行った.術前には全例で円孔に一致した絶対暗点とfluid cuffに一致した相対暗点がみられた.術後,絶対暗点は消失したが円孔周囲の網膜感度は様々であった.円孔周囲の網膜上膜を完全に剥離し網膜下液の吸引を円孔から行った例(A群)では,行わなかった例(B群)と比べ網膜感度は低く,円孔であった部位でA群8.4±6.5dB,B群17.8±7.2dB,また,fluid cuffであった部位でA群15.5±8.5dB,B群22.9±6.2dBと有意差がみられた.術後の良好な視機能を得るためには円孔周囲への手術侵襲を可能な限り避けることが重要である
  • Jpn J Clin Ophthalmol 51 (3) 317 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Results of vitreous surgery and microperinmetry after retinal pigment epithelium removal for idiopathic macular holes.
    Japanese Journal of Ophthalmic Surgery. 10 (3) 392 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Results of Microperimetry, Using a Scanning laser Ophthamoscope to close full-thickness macular holes.
    Folia Ophthalmol Jpn. 48 215 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 伊野田 繁, 牧野 伸二 眼科手術 9 (3) 429 -434 1996年07月 [査読無し][通常論文]
     
    対象は50例50眼で,硝子体切除後に後部硝子体剥離を行い,SF6ガスタンポナーデを行ったが,円孔部及び網膜色素上皮への操作は行わなかった.55歳以上では水晶体超音波乳化吸引術と眼内レンズ挿入を併用した.術後視力は円孔径,術前視力,fluid cuff径,網膜中心感度に相関したが,推定罹病期間と年齢には相関しなかった.stepwize法による重相関分析の結果,術後視力は円孔径と術前視力の2因子の線形回帰式によって最もよく表現できた.他眼視力が良好の場合,良好な両眼視には0.8以上の,日常両眼視には0.5以上の術後視力が必要である
  • 大川 多永子, 川島 秀俊, 牧野 伸二 あたらしい眼科 13 (7) 1137 -1140 1996年07月 [査読無し][通常論文]
  • 伊野田 繁, 清水 由花, 牧野 伸二 日本眼科紀要 47 (4) 460 -464 1996年04月 [査読無し][通常論文]
     
    なるべく水晶体を保存して輪状締結術を行った1993年1〜12月迄の1年間に行った前期44眼と手術術式を変更した1994年の1年間に手術を行った後期60眼とを比較した.治癒率では前期77.3%,後期93.3%で術後の再出血も早期出血と晩期出血をあわせて前期では54.5%,後期では30.0%であった.眼内レンズ挿入の同時手術は前期4眼,後期19眼,合計23眼に行い全例治癒し,その合併症としては瞳孔閉鎖2眼,フィブリン反応8眼,後発白内障3眼,晩期再出血2眼であった.水晶体の除去を行ってもより徹底的な周辺部硝子体切除を行うことにより,手術成績の向上が得られた
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 日本眼科紀要 47 (3) 273 -277 1996年03月 [査読無し][通常論文]
     
    走査レーザー検眼鏡Scanning Laser Ophthalmoscope(SLO)の微小視野計測(microperimetry)を用いて,特発性全層黄斑円孔30眼の術前,術後の固視点の変化を検討した.術前の固視点は,右眼では14眼中11眼が耳上側に,左眼では,16眼全例で鼻上側にあった.術後,円孔が閉鎖した症例は21眼70%で,0.5以上の視力は18眼60%,0.7以上は12眼40%にみられた.円孔の閉鎖が得られた症例では,術後の固視点は中心固視へ近づき,特に術前の円孔径が1/5乳頭径以下の症例ではほぼ中心小窩固視となった.SLO microperimetryは黄斑円孔の固視点の検討に有用であった
  • 特発性黄斑円孔の大きさと硝子体手術成績
    伊野田 繁, 牧野 伸二, 清水 由花 眼科臨床医報 89 (7) 989 -992 1995年07月 
    Stage 3, 4の特発性黄斑円孔15例15眼に対し硝子体手術を行い術後視力,術前の黄斑円孔径との関係を検討した.円孔の閉鎖は12眼に得られ,術後視力は14例に2段階以上の視力改善が,10例に0.5以上,5例に1.0以上の術後視力が得られた.術後視力が良好な原因として黄斑周囲網膜への侵襲が少ない術式によることが考えられた.術後視力は円孔の大きさが小さいほど良好な視力が得られ,円孔径1/3PD以上では円孔閉鎖が得られたものはなく,0.5以上の視力を得たものもなかった.1/3PD以下では92%に円孔の閉鎖が,77%に0.5以上の術後視力が得られた
  • 牧野 伸二, 伊野田 繁, 清水 由花 日本眼科学会雑誌 99 (7) 829 -833 1995年07月 [査読無し][通常論文]
     
    特発性全層黄斑円孔16例16眼を対象に,硝子体手術後,円孔が閉鎖した症例は12眼で,2段階以上の視力改善は14眼,0.5以上の視力は9眼,0.8以上は6眼にみられた.円孔の大きさと術後視力の間には-0.767の相関があり,円孔閉鎖例は全例1/3DD(disc diameter)以下であった.Fluid cuffの大きさと術後視力の間にも-0.665の相関があり,円孔閉鎖例は全例2/3DD以下であった.手術までの期間と術後視力の間には-0.313の相関があり,0.5以上の視力を得た9眼中8眼は6ヵ月以内に手術が施行されたものであった.網膜感度と術後視力との間には0.696の相関があり,年齢別の正常値からの沈下度と術後視力との間には0.710の相関があった.網膜感度と円孔の大きさ等の因子を組み合わせることで術後視力の予測が可能である
  • 未熟児網膜症の発症状況と治療成績
    深沢 美穂子, 中山 正, 牧野 伸二 岡山赤十字病院医学雑誌 5 46 -51 1994年11月 
    1986年1月から1993年12月までに当院周産期医療センター新生児室に入院した低出生体重児544例について未熟児網膜症の発症状況と治療について検討した。未熟児網膜症は29例に発症し,6例にレーザー光凝固術を行った。治療例は全例瘢痕期分類1度で,経過は良好であった
  • 超音波白内障手術トレーニング 核分割法
    深沢 美穂子, 中山 正, 牧野 伸二 岡山赤十字病院医学雑誌 4 41 -45 1993年11月
  • 黄斑部網膜感度の研究
    中山 正, 深沢 美穂子, 牧野 伸二 岡山赤十字病院医学雑誌 4 26 -33 1993年11月 
    ハンフリー自動視野計のプログラムMaculaにより中心5°以内の感度を測定した。1)感度は40歳前後まで加齢との間に有意な相関はなくほぼ一定の値であった。40歳前後から感度は年齢との間に有意な負の相関があり加齢に伴いほぼ一定の割合で低下した。加齢による感度低下は青視標で他の色視標より有意に現れた。2)感度は蛍光眼底所見とよく相関していた。3)中心性漿液性脈絡網膜症では黄斑浮腫に一致した感度低下があり,この傾向は白視標より青視標でより有意であった。黄斑浮腫が消失した時期で感度は白視標でほぼ正常に回復したが,青視標では正常に回復しなかった。4)特発性黄斑上膜では病期の進行とともに感度は低下した。3期においては白視標より青視標で有意に感度低下が見られた。5)網膜振盪症では受傷7日までは感度は有意に低く,3週後に正常まで回復した
  • 牧野 伸二, 深沢 美穂子, 中山 正 臨床眼科 47 (12) 1794 -1795 1993年11月
  • 中山 正, 深沢 美穂子, 牧野 伸二 臨床眼科 47 (10) 1688 -1689 1993年10月
  • 深沢 美穂子, 牧野 伸二, 中山 正 臨床眼科 47 (4) 778 -779 1993年04月
  • 経毛様体扁平部水晶体切除術の臨床
    中山 正, 小橋 理栄, 牧野 伸二 岡山赤十字病院医学雑誌 3 11 -16 1992年11月 
    先天性白内障6眼,水晶体亜脱臼2眼,後円錐水晶体4眼,アトピー性白内障3眼および先天性緑内障術後の併発白内障1眼に対してマイクロビットシステムにて経毛様体扁平部水晶体切除術と前部硝子体切除術を施行した.全例に初回手術で瞳孔領の完全な透明性が得られた.手術による合併症としては水晶体皮質の硝子体落下が後円錐水晶体の1眼に,瞳孔領の虹彩損傷が水晶体亜脱臼の1眼に,術後網膜剥離がアトピー性白内障の2眼に見られた
  • 濃厚な硝子体混濁と播種性の網脈絡膜変性巣を呈した眼内悪性リンパ腫の1例
    牧野 伸二, 小橋 理栄, 深沢 美穂子 岡山赤十字病院医学雑誌 3 49 -54 1992年11月
  • 牧野 伸二, 大滝 千秋, 中山 正 日本眼科学会雑誌 96 (10) 1317 -1324 1992年10月 
    ハンフリー自動視野計の閾値測定プログラムMaculaで,正常259眼を対象に,白,赤,青,緑の色視標を用いて加齢による黄斑部網膜感度変化を検討した.感度は40歳前後まで年齢との間に有意な相関はなく,ほぼ一定の値であった.40歳前後から感度は年齢との間に有意な負の相関があり,加齢に伴いほぼ一定の割合で低下した.加齢による感度低下は,青視標による測定で他の色視標より有意に顕著に現れた.感度分布では,白,赤,緑視標では感度は中心窩から離れるにつれて低下したが,青視標では中心窩から1°〜2°離れた部位で中心窩感度と同等かやや高い傾向があった.上側視野と下側視野,耳側視野と鼻側視野の感度総和に有意差はみられなかった.感度は白視標による測定で最も高く,赤,青,緑視標を用いて測定した順に低下した
  • 牧野 伸二, 小橋 理栄, 中山 正 臨床眼科 46 (3) 306 -307 1992年03月
  • 硝子体網膜界面症候群に対する硝子体手術
    中山 正, 小橋 理栄, 牧野 伸二 岡山赤十字病院医学雑誌 2 12 -17 1991年11月 
    特発性黄斑上膜の3例,黄斑円孔前段階と思われる硝子体牽引黄斑症の1例,硝子体牽引を伴う黄斑円孔による網膜剥離の1例に対し,硝子体切除術と膜剥離術を施行した.5例中4例に有意な視力改善がみられ,1例は中心暗点の縮小がみられた
  • 家庭血圧計の所有・使用状況等について
    原田 和博, 牧野 伸二, 河田 裕二郎 地域医学 5 (6) 15 -19 1991年06月 
    大原町国保病院,西粟倉村診療所の高血圧患者で,家庭血圧計の所有,使用状況等を調査した.所有率は,44.5%,使用状況は,「ほとんど使用していない」26.5%で,70歳以上では,32.9%に及んだ.また,家庭血圧計非所有者の37.2%は,医療機関受診時以外に,役場に設置している自動血圧計等で,日常,血圧測定をする機会がある.「家庭血圧計で測定した血圧値と外来受診時血圧との差がどれ位あるか」の問いに対し,家庭血圧の方が10 mmHg以上低い,と答えた人が約3割あり,より若年者(70歳未満)及び女性で,家庭血圧計での値の低い人が多い
  • 加齢による黄斑部網膜感度変化 色視標を用いた検討
    牧野 伸二 日本眼科紀要 42 (6) 1468 -1468 1991年06月
  • 眼窩腫瘍とMRI
    牧野 伸二 眼科臨床医報 84 (4) 919 -919 1990年04月
  • 眼窩腫瘍2例のMRI
    牧野 伸二, 中山 正, 大滝 千秋 あたらしい眼科 7 (4) 623 -625 1990年04月
  • 牧野 伸二, 中山 正, 大滝 千秋 臨床眼科 43 (13) 1949 -1953 1989年12月
  • 鈍的眼外傷の網膜感度変化
    大滝 千秋, 中山 正, 牧野 伸二 あたらしい眼科 6 (6) 943 -946 1989年06月
  • 自動視野計による黄斑部網膜感度に関する研究 正常者網膜感度
    牧野 伸二 眼科臨床医報 83 (4) 924 -924 1989年04月
  • 若年性関節リウマチにみられた後部ぶどう膜炎
    中山 正, 大滝 千秋, 牧野 伸二 眼科臨床医報 83 (2) 284 -287 1989年02月
  • 一過性に高TSH血症を認めた乳児肝原発血管内皮細胞腫の1例
    牧野 伸二 日本小児科学会雑誌 92 (6) 1450 -1450 1988年06月

受賞

  • 2016年06月 日本眼科医会 会長表彰
     
    受賞者: 牧野 伸二
  • 2007年06月 日本弱視斜視学会 弓削賞
     
    受賞者: 牧野 伸二
  • 2007年01月 自治医科大学 教育に関する最優秀教員賞
     
    受賞者: 牧野 伸二

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Amblyopia and Strabismus.
  • Vitreo-retinal surgery.

社会貢献活動

  • 日本神経眼科学会評議員
    役割 : その他
  • 関東信越厚生局
    役割 : その他
  • 厚生労働省視能訓練士国家試験委員
    役割 : その他


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.