研究者総覧

苅尾 七臣 (カリオ カズオミ)

  • 内科学講座(循環器内科学部門) 教授
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 内科学一般   循環器内科   Internal Medicine   Cardiology   

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学
  • ライフサイエンス / 内科学一般

経歴

  • 2009年 - 現在  自治医科大学内科学講座循環器内科学部門教授

学歴

  •         - 1987年   自治医科大学(JMU)   医学部
  •         - 1987年   自治医科大学   Faculty of Medicine

所属学協会

  • American Society of Hypertension   American Heart Association   American College of Physician   American College of Cardiology   日本内科学会   日本自律神経学会   日本高血圧学会   日本心臓病学会   日本循環器学会   日本血栓止血学会   日本老年医学会   

研究活動情報

論文

  • Kotruchin P, Hoshide S, Kanegae H, Pongchaiyakul C, Kario K
    Journal of human hypertension 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • Oba Y, Hoshide S, Kabutoya T, Kario K
    American journal of hypertension 31 10 1106 - 1112 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kawauchi D, Hoshide S, Kario K
    American journal of hypertension 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kario K, Saito K, Sato K, Hamasaki H, Suwa H, Okura A, Hoshide S
    Blood pressure monitoring 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kabutoya T, Hoshide S, Davidson KW, Kario K
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Fukutomi M, Toriumi S, Ogoyama Y, Oba Y, Takahashi M, Funayama H, Kario K
    Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions e27896  2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kario K, Hoshide S, Okawara Y, Tomitani N, Yamauchi K, Ohbayashi H, Itabashi N, Matsumoto Y, Kanegae H
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • Fujiwara T, Yano Y, Hoshide S, Kanegae H, Hashimoto J, Kario K
    American journal of hypertension 31 9 995 - 1001 2018年08月 [査読有り][通常論文]
  • Fujiwara T, Yano Y, Hoshide S, Kanegae H, Kario K
    JAMA cardiology 3 7 583 - 590 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • Taki M, Ishiyama Y, Mizuno H, Komori T, Kono K, Hoshide S, Kario K
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 82 8 2096 - 2102 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • Taki M, Hoshide S, Kono K, Kario K
    Pulse (Basel, Switzerland) 6 1-2 1 - 8 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • Hoshide S, Komori T, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
    Pulse (Basel, Switzerland) 6 1-2 98 - 102 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • David E Kandzari, Michael Böhm, Felix Mahfoud, Raymond R Townsend, Michael A Weber, Stuart Pocock, Konstantinos Tsioufis, Dimitrios Tousoulis, James W Choi, Cara East, Sandeep Brar, Sidney A Cohen, Martin Fahy, Garrett Pilcher, Kazuomi Kario, Jiro Aoki, Bryan Batson, Michael Böhm, James W. Choi, Debbie L. Cohen, George Dangas, Shukri David, Justin Davies, Chandan M. Devireddy, David Kandzari, Kazuomi Kario, David P. Lee, Philipp C. Lurz, Vasilios Papademetriou, Manesh Patel, Kiritkumar Patel, Roland E. Schmieder, Andrew S.P. Sharp, Jasvindar Singh, Konstantinos Tsioufis, Antony Walton, Thomas Weber, Joachim Weil, Thomas Zeller, Khaled Ziada, Kengo Tanabe, Robert Wilkins, Felix Mahfoud, Cara East, Robert Wilensky, Johanna Contreras, Susan Steigerwalt, Neil Chapman, Janice P. Lea, Denise Reedus, Satoshi Hoshide, Adrian Ma, Karl Fengler, Ping Li, Laura Svetkey, Anjani Rao, Axel Schmid, Anthony F Watkinson, Angela Brown, Dimitrios Tousoulis, Ingrid Hopper, Markus Suppan, Tolga Agdirlioglu, Elias Noory, Craig Chasen, SPYRAL HTN-ON MED Trial Investigators
    The Lancet 391 10137 2346 - 2355 2018年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Previous catheter-based renal denervation studies have reported variable efficacy results. We aimed to evaluate safety and blood pressure response after renal denervation or sham control in patients with uncontrolled hypertension on antihypertensive medications with drug adherence testing. Methods: In this international, randomised, single-blind, sham-control, proof-of-concept trial, patients with uncontrolled hypertension (aged 20–80 years) were enrolled at 25 centres in the USA, Germany, Japan, UK, Australia, Austria, and Greece. Eligible patients had an office systolic blood pressure of between 150 mm Hg and 180 mm Hg and a diastolic blood pressure of 90 mm Hg or higher a 24 h ambulatory systolic blood pressure of between 140 mm Hg and 170 mm Hg at second screening and were on one to three antihypertensive drugs with stable doses for at least 6 weeks. Patients underwent renal angiography and were randomly assigned to undergo renal denervation or sham control. Patients, caregivers, and those assessing blood pressure were masked to randomisation assignments. The primary efficacy endpoint was blood pressure change from baseline (measured at screening visit two), based on ambulatory blood pressure measurements assessed at 6 months, as compared between treatment groups. Drug surveillance was used to assess medication adherence. The primary analysis was done in the intention-to-treat population. Safety events were assessed through 6 months as per major adverse events. This trial is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT02439775, and follow-up is ongoing. Findings: Between July 22, 2015, and June 14, 2017, 467 patients were screened and enrolled. This analysis presents results for the first 80 patients randomly assigned to renal denervation (n=38) and sham control (n=42). Office and 24 h ambulatory blood pressure decreased significantly from baseline to 6 months in the renal denervation group (mean baseline-adjusted treatment differences in 24 h systolic blood pressure −7·0 mm Hg, 95% CI −12·0 to −2·1 p=0·0059, 24 h diastolic blood pressure −4·3 mm Hg, −7·8 to −0·8 p=0.0174, office systolic blood pressure −6·6 mm Hg, −12·4 to −0·9 p=0·0250, and office diastolic blood pressure −4·2 mm Hg, −7·7 to −0·7 p=0·0190). The change in blood pressure was significantly greater at 6 months in the renal denervation group than the sham-control group for office systolic blood pressure (difference −6·8 mm Hg, 95% CI −12·5 to −1·1 p=0·0205), 24 h systolic blood pressure (difference −7·4 mm Hg, −12·5 to −2·3 p=0·0051), office diastolic blood pressure (difference −3·5 mm Hg, −7·0 to −0·0 p=0·0478), and 24 h diastolic blood pressure (difference −4·1 mm Hg, −7·8 to −0·4 p=0·0292). Evaluation of hourly changes in 24 h systolic blood pressure and diastolic blood pressure showed blood pressure reduction throughout 24 h for the renal denervation group. 3 month blood pressure reductions were not significantly different between groups. Medication adherence was about 60% and varied for individual patients throughout the study. No major adverse events were recorded in either group. Interpretation: Renal denervation in the main renal arteries and branches significantly reduced blood pressure compared with sham control with no major safety events. Incomplete medication adherence was common. Funding: Medtronic.
  • Kario K
    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979) 71 6 997 - 1009 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Kazuomi Kario
    Journal of Clinical Hypertension 20 6 1073 - 1077 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Mitsuo Kuwabara, Naoko Tomitani, Toshikazu Shiga, Kazuomi Kario
    Journal of Clinical Hypertension 20 6 1039 - 1048 2018年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Obstructive sleep apnea causes blood pressure (BP) surges during sleep, which may lead to increased sleep-onset cardiovascular events. The authors recently developed an oxygen-triggered nocturnal BP monitoring system that initiates BP measurements when oxygen desaturation (SpO2) falls below a variable threshold. The association between nocturnal BP parameters obtained by nocturnal BP monitoring and simultaneously examined polysomnography-derived sleep parameters in 116 patients with obstructive sleep apnea (mean age 57.9 years, 85.3% men) was studied. In multivariable analysis with independent factors of age, body mass index, sex, and polysomnography-derived measures (apnea-hypopnea index, apnea index, arousal index, lowest SpO2, and SpO2 <  90%), apnea-hypopnea index (β =.26, P =.02) and lowest SpO2 (β = −.34, P < .001) were independent determinants of hypoxia-peak systolic BP (SBP), defined as the maximum SBP value measured by nocturnal BP monitoring. Similarly, apnea-hypopnea index (β =.21, P =.04) and lowest SpO2 (β = −.49, P < .001) were independent determinants of nocturnal SBP surge, defined as the difference between the hypoxia-peak SBP and the average of the SBP values within 30 minutes before and after the hypoxia-peak SBP, measured by the fixed-interval function in the manner of conventional ambulatory BP monitoring. In conclusion, in polysomnography-derived parameters, lowest SpO2, defined as the minimum SpO2 value during sleep, is the strongest independent determinant of hypoxia-peak SBP and nocturnal SBP surge measured by nocturnal BP monitoring. Our findings suggest that the severity of the decrease in SpO2 and the frequency of such decreases would be important indicators to identify high-risk patients who are likely to develop cardiovascular events specifically during sleep.
  • Hoshide S, Yano Y, Kanegae H, Kario K
    Journal of the American College of Cardiology 71 24 2858 - 2859 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Kanegae H, Oikawa T, Suzuki K, Okawara Y, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 20 5 880 - 890 2018年05月 [査読有り][通常論文]
  • Tomoyuki Kabutoya, Satoshi Hoshide, Kazuomi Kario
    Journal of the American Society of Hypertension 12 5 340 - 345.e2 2018年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The integrated flow-mediated vasodilation (FMD) response has been associated with cardiovascular (CV) risk factors, but the association between the integrated FMD response and subsequent CV events has been unclear. We enrolled 555 patients who had at least one CV risk factor (hypertension, dyslipidemia, diabetes, or smoking). We measured the peak percentage change in diameter (ΔFMD), and integrated FMD response calculated as the area under the dilation curve over a 120-second dilation period (FMD-AUC120). Elderly patients (age ≥ 65 years, N = 270) in the lowest tertile of FMD-AUC120 (FMD-AUC120 < 5.6) had a higher rate of CV events compared with those in the two higher tertiles (FMD-AUC120 ≥ 5.6) (log rank 4.15, P =.041). The association remained significant after adjusting for covariates (hazard ratio 3.84, P =.007). In the 285 middle-aged patients (age < 65 years), the CV event rates were similar between patients in the lowest tertile and those in the two higher tertiles of FMD-AUC120 (log rank 0.39, P =.53). The CV event rates were similar between patients in the lowest tertile and those in the two higher tertiles of ΔFMD in elderly and middle-aged patient groups. In conclusion, integrated flow-mediated vasodilation response, but not ΔFMD, predicted CV events in elderly patients with CV risk factors.
  • Satoshi Niijima, Tsukasa Ohmori, Kazuomi Kario
    Thrombosis Journal 16 1 5  2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Although prasugrel exerts stronger antiplatelet effects compared with clopidogrel, the factors affecting platelet reactivity under prasugrel have not been fully determined. This study aimed to find the novel mechanistic differences between two thienopyridines and identify the factor that influence platelet reactivity to each drug. Methods: Forty patients with stable angina who underwent elective percutaneous coronary intervention were randomly assigned to receive either prasugrel (20 mg) or clopidogrel (300 mg) as a loading dose. Platelet function (light transmission, laser light scattering, and vasodilator-stimulated phosphoprotein phosphorylation) and plasma active metabolite levels were measured after the loading dose. Results: Prasugrel consistently inhibited adenosine diphosphate receptor P2Y12 signalling to abolish amplification of platelet aggregation. Prasugrel abolished even small platelet aggregates composed of less than 100 platelets. On the other hand, clopidogrel inhibited large aggregates but increased small and medium platelet aggregates. Diabetes was the only independent variable for determining antiplatelet effects and active metabolite concentration of prasugrel, but not clopidogrel. Sleep-disordered breathing was significantly correlated with platelet reactivity in patients who had clopidogrel. Conclusions: Prasugrel efficiently abolishes residual P2Y12 signalling that causes small platelet aggregates, but these small aggregates are not inhibited by clopidogrel. Considering the differential effect of diabetes on antiplatelet effects between these two drugs, the pharmacokinetics of prasugrel, other than cytochrome P450 metabolism, might be affected by diabetes.
  • Praew Kotruchin, Satoshi Hoshide, Kazuomi Kario
    Journal of Clinical Hypertension 20 3 450 - 455 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The impact of a nondipping blood pressure (BP) pattern, defined as (awake systolic BP – sleep systolic BP)/awake systolic BP <  0.1, on cardiovascular events in populations with different degrees of carotid atherosclerosis is uncertain. The authors hypothesized that a nondipping BP pattern would show differential predictive power for cardiovascular events, including total cardiovascular death, sudden death, nonfatal cardiovascular events, and nonfatal stroke, between populations with and without carotid atherosclerosis. To test this hypothesis, the authors analyzed 493 patients (mean age 67.9 years, 47.5% men) from the J-HOP (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure) study for whom ambulatory BP monitoring and carotid intima-media thickness data were available. Twenty-nine cardiovascular events occurred during follow-up (1867 person-years). A nondipping BP pattern was independently associated with cardiovascular events in the population without carotid atherosclerosis, defined as carotid intima-media thickness <  1.1 mm after adjustment for other cardiovascular risk factors including age, sex, diabetes mellitus, chronic kidney disease, and 24-hour systolic BP (hazard ratio, 8.15 95% confidence interval, 1.76–37.78 [P < .01]). This association was not found in the population with carotid intima-media thickness ≥ 1.1 mm. Therefore, in the hypertensive population without carotid atherosclerosis, physicians should consider ambulatory BP monitoring to determine the nocturnal BP pattern as an alternative approach to assessing cardiovascular events.
  • Natsuki Cho, Satoshi Hoshide, Masafumi Nishizawa, Takeshi Fujiwara, Kazuomi Kario
    American Journal of Hypertension 31 3 293 - 298 2018年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Although higher blood pressure (BP) levels and BP variability have been associated with cognitive impairment, data are sparse regarding the relationship between BP variability and cognitive function in elderly patients with well BP control. Methods: We analyzed 232 ambulatory patients with one or more cardiovascular risk factors. All patients underwent ambulatory BP monitoring and the Japanese version of the Montreal Cognitive Assessment (MoCA-J). Results: The mean age was 77.7 ± 8.3 years 33.6% were male, and 85.3% were taking antihypertensive drugs. The average 24-hour BP level was 118.7 ± 10.0/68.3 ± 6.4 mm Hg. When we divided the weighted SD of systolic BP (SBP) as a measure of BP variability into quartiles, the top quartile group (≥19.6 mm Hg) had a significantly lower total MoCA-J score (15.4 [95% confidence interval 14.2-16.7] vs. 17.9 [17.2-18.6], P = 0.001) and lower scores on several domains, visuoexecutive (2.2 [1.9-2.6] vs. 2.8 [2.6-2.9], P = 0.012), abstraction (1.0 [0.7-1.2] vs. 1.3 [1.1-1.4], P = 0.015), attention (2.8 [2.4-3.1] vs. 3.6 [3.4-3.8], P = 0.001), and naming (2.1 [1.9-2.3] vs. 2.5 [2.4-2.6], P = 0.001) than quartiles 1 through 3 combined, after adjustment for age and 24-hour SBP. These associations were not found in the quartiles of 24-hour SBP. Conclusions: In elderly patients with well ambulatory BP control, higher BP variability but not average ambulatory BP level was associated with cognitive impairment.
  • Kazuomi Kario, the HOPE Asia (Hypertension Cardiovascular Outcome Prevention and Evidence in Asia) Network
    Journal of Clinical Hypertension 20 2 212 - 214 2018年02月 [査読有り][通常論文]
  • Ikuo Saito, Kazuomi Kario, Toshio Kushiro, Satoshi Teramukai, Mai Yaginuma, Natsuko Zenimura, Yoshihiro Mori, Yasuyuki Okuda, Kazuyuki Shimada
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 40 5 407 - 413 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    The appropriate target blood pressure (BP) in elderly patients with hypertension remains uncertain. We investigated the relationship between morning home systolic blood pressure (MHSBP) during follow-up and cardiovascular (CV) risk in outpatients receiving olmesartan-based treatment aged <75 years (n = 16799) and ≥75 years (n = 4792) in the HONEST study. In the follow-up period (mean 2.02 years), the risk for major CV events was significantly higher in patients with MHSBP ≥155 mmHg compared with <125 mmHg in both age groups in Cox proportional hazards model adjusted for other risk factors and there was no significant difference in trend between the two groups (interaction P = 0.9917 for MHSBP). Hazard ratios for CV events for 1-mmHg increase in MHSBP were similar in patients aged <75 years and in patients aged ≥75 years. The incidence of adverse drug reactions related to excessive BP lowering was lower in patients <75 years than in patients ≥75 years (0.73 vs 1.02%, P = 0.0461). In conclusion, the study suggests even in patients ≥75 years antihypertensive treatment targeting the same MHSBP levels in patients <75 years may be beneficial in reducing CV risk when treatment is tolerated.
  • Kazuomi Kario
    Current Hypertension Reviews 14 1 2 - 5 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Takeshi Fujiwara, Naoko Tomitani, Keiko Sato, Ayako Okura, Noriyuki Suzuki, Kazuomi Kario
    JOURNAL OF CLINICAL HYPERTENSION 19 11 1108 - 1114 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    The authors sought to determine the association between the blunted morning blood pressure (BP) surge and nocturnal BP dipping of the riser pattern in 501 patients with hypertension enrolled in the ACHIEVE-ONE (Ambulatory Blood Pressure Control and Home Blood Pressure [Morning and Evening] Lowering by the N-Channel Blocker Cilnidipine) trial. The patients' sleep-trough morning BP surge and prewaking surge were calculated and then classified according to their nocturnal systolic BP reduction pattern as extreme dippers, dippers, nondippers, and risers. The prevalence of the riser pattern was significantly higher in both the lowest sleep-trough morning BP surge decile and the prewaking surge decile (blunted surge group) compared with the remaining deciles (56.0% vs 10.4% [P<.0001] and 59.2% vs 10.2% [P<.0001], respectively). The riser pattern was a significant determinant of both blunted sleep-trough morning BP surge (odds ratio, 73.3; P<.0001) and blunted prewaking surge (odds ratio, 14.8; P<.0001). The high prevalence of the riser pattern in patients with blunted morning BP surges may account for the cardiovascular risk previously reported in such patients.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Satoshi Hoshide, Kazuomi Kario
    JOURNAL OF CLINICAL HYPERTENSION 19 11 1143 - 1147 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    The authors evaluated a new algorithm for detecting atrial fibrillation (AF) using a home blood pressure monitor. Three serial blood pressure values were measured by the monitor in 16 patients with AF and 20 patients with sinus rhythm. The authors defined monitor AF in irregular pulse peak (IPP) 25 as follows: (1) IPP: |interval of pulse peak-the average of the interval of the pulse peak| the average of the interval of the pulse peak x25%; (2) irregular heart beat: beats of IPP total pulse x20%; and (3) monitor AF: two or more irregular heart beats of the three blood pressure measurements. Cutoff IPP values were set at 20% (IPP20) and 15% (IPP15). The monitor's AF specificity was 1.0 in IPP25, IPP20, and IPP15, and its sensitivity was 0.88 in IPP25, 0.94 in IPP20, and 1.0 in IPP15. The new algorithm had high diagnostic accuracy for detecting AF and a low false-positive rate.
  • Kazuomi Kario, Naoko Tomitani, Hiroshi Kanegae, Hajime Ishii, Kazuaki Uchiyama, Kayo Yamagiwa, Toshihiko Shiraiwa, Tomohiro Katsuya, Tetsuro Yoshida, Kiyomi Kanda, Shinji Hasegawa, Satoshi Hoshide
    CIRCULATION JOURNAL 81 7 948 - 957 2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Nocturnal blood pressure (BP) is an independent risk factor of cardiovascular events. The NOCTURNE study, a multicenter, randomized controlled trial (RCT) using our recently developed information and communication technology (ICT) nocturnal home BP monitoring (HBPM) device, was performed to compare the nocturnal HBP-lowering effects of differential ARBbased combination therapies in 411 Japanese patients with nocturnal hypertension (HT). Methods and Results: Patients with nocturnal BP = 120/70 mmHg at baseline even under ARB therapy (100 mg irbesartan daily) were enrolled. The ARB/CCB combination therapy (irbesartan 100 mg+amlodipine 5 mg) achieved a significantly greater reduction in nocturnal home systolic BP (primary endpoint) than the ARB/diuretic combination (daily irbesartan 100 mg+trichlormethiazide 1 mg) (-14.4 vs. -10.5 mmHg, P<0.0001), independently of urinary sodium excretion and/or nocturnal BP dipping status. However, the change in nocturnal home systolic BP was comparable among the post-hoc subgroups with higher salt sensitivity (diabetes, chronic kidney disease, and elderly patients). Conclusions: This is the first RCT demonstrating the feasibility of clinical assessment of nocturnal BP by ICT-nocturnal HBPM. The ARB/CCB combination was shown to be superior to ARB/diuretic in patients with uncontrolled nocturnal HT independently of sodium intake, despite the similar impact of the 2 combinations in patients with higher salt sensitivity.
  • Takeshi Fujiwara, Satoshi Hoshide, Masafumi Nishizawa, Takefumi Matsuo, Kazuomi Kario
    JOURNAL OF CLINICAL HYPERTENSION 19 7 731 - 739 2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The authors evaluated the differences between evening home blood pressure (HBP) readings taken before dinner and those taken at bedtime, which were documented in a European and a Japanese guideline, respectively. Forty-eight patients (mean age, 76.4years) measured their evening HBP twice each day (two measurements both before dinner and at bedtime) for 14days. The authors defined the at-bedtime (B) minus the before-dinner (D) systolic HBP as the B-D difference. The mean B-D difference was -8.7mm Hg (P<.001). The depressor effect of bathing was significantly prolonged for 120minutes. The B-D difference with alcohol consumption was significantly greater than that without alcohol. In the linear mixed model analysis, time after bathing 120minutes and alcohol consumption were significantly associated with the B-D difference after adjustment with covariates. There was a marked difference between evening HBP values. When patients' evening HBP is measured according to the guidelines, their daily activities should be considered.
  • Yukako Ogoyama, Nobuhiko Ogata, Shinichi Toriumi, Kazuomi Kario
    Journal of Cardiology Cases 15 6 201 - 205 2017年06月 [査読有り][通常論文]
     
    A 72-year-old Japanese man was admitted to our hospital for effort chest pain and bilateral claudication. He was diagnosed as having severe ischemic heart disease and chronic bilateral aorto-iliac occlusions (Leriche syndrome) by a diagnostic angiography. Manifest collaterals via bilateral internal thoracic arteries (ITA) supplied sufficient blood flow for his lower limbs. We planned a two-stage operation for both the severe coronary artery disease and peripheral artery occlusive disease. He first underwent endovascular therapy (EVT) for bilateral aorto-iliac occlusion. One month later he underwent coronary artery bypass grafting (CABG) that was carried out for three coronary arteries with bilateral ITAs, also known as the internal thoracic artery, and the gastroepiploic artery. His chest symptoms and claudication were completely relieved and he was discharged uneventfully. We hereby suggest that EVT can be a safe, effective, and minimally invasive treatment to enable the patient to undergo CABG with all arterial grafts. < Learning objective: Patients with polyvascular disease are at a high risk for major vascular events. The priority among the revascularizations should be considered based on the less-invasiveness and better long-term patency. Hybrid treatment of EVT and CABG could be one of the choices among such patients.>
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1-2 8  日本疫学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220 - + (一社)日本循環器学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: The cardiovascular prognosis of heart failure with preserved ejection fraction (HFpEF) has been shown to be similar to that of heart failure with reduced ejection fraction (HFrEF). It is unknown which factors predict cardiovascular outcome in HFpEF. We tested the hypothesis that the abnormal pattern of circadian blood pressure (BP) rhythm known as the riser BP pattern is associated with adverse outcomes in HFpEF. Methods and Results: We performed a prospective, observational cohort study of hospitalized HF patients who underwent ambulatory BP monitoring (ABPM). Five hundred and sixteen hospitalized HF patients (age, 69 +/- 13 years; male, n=321 [62%]; female, n=195 [38%]) were followed up for a median 20.9 months. The composite outcome consisting of all-cause mortality and cardiovascular events was observed in 220 patients. On Kaplan-Meier analysis, the riser BP pattern subgroup had a significantly higher incidence of the composite outcome than the other subgroups of HFpEF patients (HR, 3.01; 95% CI: 1.54-6.08, P<0.01), but not the HFrEF patients. Conclusions: The riser BP pattern was found to be a novel predictor of cardiovascular outcome in HFpEF patients.
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220 - + (一社)日本循環器学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: The cardiovascular prognosis of heart failure with preserved ejection fraction (HFpEF) has been shown to be similar to that of heart failure with reduced ejection fraction (HFrEF). It is unknown which factors predict cardiovascular outcome in HFpEF. We tested the hypothesis that the abnormal pattern of circadian blood pressure (BP) rhythm known as the riser BP pattern is associated with adverse outcomes in HFpEF. Methods and Results: We performed a prospective, observational cohort study of hospitalized HF patients who underwent ambulatory BP monitoring (ABPM). Five hundred and sixteen hospitalized HF patients (age, 69 +/- 13 years; male, n=321 [62%]; female, n=195 [38%]) were followed up for a median 20.9 months. The composite outcome consisting of all-cause mortality and cardiovascular events was observed in 220 patients. On Kaplan-Meier analysis, the riser BP pattern subgroup had a significantly higher incidence of the composite outcome than the other subgroups of HFpEF patients (HR, 3.01; 95% CI: 1.54-6.08, P<0.01), but not the HFrEF patients. Conclusions: The riser BP pattern was found to be a novel predictor of cardiovascular outcome in HFpEF patients.
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220 - + (一社)日本循環器学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: The cardiovascular prognosis of heart failure with preserved ejection fraction (HFpEF) has been shown to be similar to that of heart failure with reduced ejection fraction (HFrEF). It is unknown which factors predict cardiovascular outcome in HFpEF. We tested the hypothesis that the abnormal pattern of circadian blood pressure (BP) rhythm known as the riser BP pattern is associated with adverse outcomes in HFpEF. Methods and Results: We performed a prospective, observational cohort study of hospitalized HF patients who underwent ambulatory BP monitoring (ABPM). Five hundred and sixteen hospitalized HF patients (age, 69 +/- 13 years; male, n=321 [62%]; female, n=195 [38%]) were followed up for a median 20.9 months. The composite outcome consisting of all-cause mortality and cardiovascular events was observed in 220 patients. On Kaplan-Meier analysis, the riser BP pattern subgroup had a significantly higher incidence of the composite outcome than the other subgroups of HFpEF patients (HR, 3.01; 95% CI: 1.54-6.08, P<0.01), but not the HFrEF patients. Conclusions: The riser BP pattern was found to be a novel predictor of cardiovascular outcome in HFpEF patients.
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1-2 8  日本疫学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220 - + (一社)日本循環器学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: The cardiovascular prognosis of heart failure with preserved ejection fraction (HFpEF) has been shown to be similar to that of heart failure with reduced ejection fraction (HFrEF). It is unknown which factors predict cardiovascular outcome in HFpEF. We tested the hypothesis that the abnormal pattern of circadian blood pressure (BP) rhythm known as the riser BP pattern is associated with adverse outcomes in HFpEF. Methods and Results: We performed a prospective, observational cohort study of hospitalized HF patients who underwent ambulatory BP monitoring (ABPM). Five hundred and sixteen hospitalized HF patients (age, 69 +/- 13 years; male, n=321 [62%]; female, n=195 [38%]) were followed up for a median 20.9 months. The composite outcome consisting of all-cause mortality and cardiovascular events was observed in 220 patients. On Kaplan-Meier analysis, the riser BP pattern subgroup had a significantly higher incidence of the composite outcome than the other subgroups of HFpEF patients (HR, 3.01; 95% CI: 1.54-6.08, P<0.01), but not the HFrEF patients. Conclusions: The riser BP pattern was found to be a novel predictor of cardiovascular outcome in HFpEF patients.
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1-2 8  日本疫学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Progression from prehypertension to hypertension and risk of cardiovascular disease(和訳中)
    Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1-2 8  日本疫学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Brugada症候群における飲酒と心室性不整脈の関連性
    渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • 日常診療において食塩感受性高血圧は検出できるか The Real BP study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • "気温感受性高血圧"の臨床的特徴 The Real BP Study
    今泉 悠希, 江口 和男, 貝原 俊樹, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 106 Suppl. 204  (一社)日本内科学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Progression from prehypertension to hypertension and risk of cardiovascular disease(和訳中)
    Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1-2 8  日本疫学会 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • Brugada症候群における飲酒と心室性不整脈の関連性
    渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49 2 103  (公財)日本心臓財団 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例を比較検討した。ICD植込み前を含め心室性不整脈のみられた11例においてイベント発生時の血清カリウム値の関連について検討した。結果:適切作動と習慣性飲酒の関連性について検討した結果、適切作動群において有意に習慣性飲酒を多く認めた(適切作動群89%vs非作動群35%、p=0.002)。適切作動イベントに関す
  • 【いま臨床医が知っておくべき高血圧のすべて】 診断 さまざまな血圧パラメータ(血圧変動も含む) どの値が臨床的に有用か
    藤原 健史, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 5 353  医歯薬出版(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    高血圧は日本人の心血管イベントに対する最大のリスク因子であり、24時間にわたる厳格な血圧コントロールが重要である。「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では診察室外血圧測定が重視され、家庭血圧測定や24時間自由行動下血圧測定の普及とともに、白衣高血圧や仮面高血圧という概念が広く認識されるようになった。仮面高血圧の病態のなかでも早朝高血圧と夜間高血圧は臓器障害や心血管イベント発症と密接に関連しており、積極的な治療介入が必要である。血圧変動性の増大は臓器予後と関連するが、その背後には全身血行動態アテローム血栓症候群(SHATS)の病態があり、SHATSを構成する血管障害と血行動態ストレスの2つの要素は相乗的に悪循環を加速させ、心血管イベントのトリガーとなる。SHATSの病態のなかでも、まずは早朝高血圧を治療ターゲットにすることがSHATSの悪循環を断ち切るうえで重要である。そして
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1 8 - 13 日本疫学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Subjects with prehypertension (pre-HT; 120/80 to 139/89 mm Hg) have an increased risk of cardiovascular disease (CVD); however, whether the risk of pre-HT can be seen at the pre-HT status or only after progression to a hypertensive (HT; >= 140/90 mm Hg) state during the follow-up period is unknown. Methods: The Jichi Medical Cohort study enrolled 12,490 subjects recruited from a Japanese general population. Of those, 2227 subjects whose BP data at baseline and at the middle of follow-up and tracking of CVD events were available (median follow-up period: 11.8 years). We evaluated the risk of HT in those with normal BP or pre-HT at baseline whose BP progressed to HT at the middle of follow-up compared with those whose BP remained at normal or pre-HT levels. Results: Among the 707 normotensive patients at baseline, 34.1% and 6.6% of subjects progressed to preHT and HT, respectively, by the middle of follow-up. Among 702 subjects with pre-HT at baseline, 26.1% progressed to HT. During the follow-up period, there were 11 CVD events in normotensive patients and 16 CVD events in pre-HT patients at baseline. The subjects who progressed from pre-HT to HT had 2.95 times higher risk of CVD than those who remained at normal BP or pre-HT in a multivariable-adjusted Cox hazard model. Conclusion: This relatively long-term prospective cohort study indicated that the CVD risk with pre-HT might increase after progression to HT; however, the number of CVD events was small. Therefore, the results need to be confirmed in a larger cohort. (C) 2016 The Authors. Publishing services by Elsevier B.V. on behalf of The Japan Epidemiological Association.
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220  (一社)日本循環器学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1 8 - 13 日本疫学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Subjects with prehypertension (pre-HT; 120/80 to 139/89 mm Hg) have an increased risk of cardiovascular disease (CVD); however, whether the risk of pre-HT can be seen at the pre-HT status or only after progression to a hypertensive (HT; >= 140/90 mm Hg) state during the follow-up period is unknown. Methods: The Jichi Medical Cohort study enrolled 12,490 subjects recruited from a Japanese general population. Of those, 2227 subjects whose BP data at baseline and at the middle of follow-up and tracking of CVD events were available (median follow-up period: 11.8 years). We evaluated the risk of HT in those with normal BP or pre-HT at baseline whose BP progressed to HT at the middle of follow-up compared with those whose BP remained at normal or pre-HT levels. Results: Among the 707 normotensive patients at baseline, 34.1% and 6.6% of subjects progressed to preHT and HT, respectively, by the middle of follow-up. Among 702 subjects with pre-HT at baseline, 26.1% progressed to HT. During the follow-up period, there were 11 CVD events in normotensive patients and 16 CVD events in pre-HT patients at baseline. The subjects who progressed from pre-HT to HT had 2.95 times higher risk of CVD than those who remained at normal BP or pre-HT in a multivariable-adjusted Cox hazard model. Conclusion: This relatively long-term prospective cohort study indicated that the CVD risk with pre-HT might increase after progression to HT; however, the number of CVD events was small. Therefore, the results need to be confirmed in a larger cohort. (C) 2016 The Authors. Publishing services by Elsevier B.V. on behalf of The Japan Epidemiological Association.
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1 8 - 13 日本疫学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Subjects with prehypertension (pre-HT; 120/80 to 139/89 mm Hg) have an increased risk of cardiovascular disease (CVD); however, whether the risk of pre-HT can be seen at the pre-HT status or only after progression to a hypertensive (HT; >= 140/90 mm Hg) state during the follow-up period is unknown. Methods: The Jichi Medical Cohort study enrolled 12,490 subjects recruited from a Japanese general population. Of those, 2227 subjects whose BP data at baseline and at the middle of follow-up and tracking of CVD events were available (median follow-up period: 11.8 years). We evaluated the risk of HT in those with normal BP or pre-HT at baseline whose BP progressed to HT at the middle of follow-up compared with those whose BP remained at normal or pre-HT levels. Results: Among the 707 normotensive patients at baseline, 34.1% and 6.6% of subjects progressed to preHT and HT, respectively, by the middle of follow-up. Among 702 subjects with pre-HT at baseline, 26.1% progressed to HT. During the follow-up period, there were 11 CVD events in normotensive patients and 16 CVD events in pre-HT patients at baseline. The subjects who progressed from pre-HT to HT had 2.95 times higher risk of CVD than those who remained at normal BP or pre-HT in a multivariable-adjusted Cox hazard model. Conclusion: This relatively long-term prospective cohort study indicated that the CVD risk with pre-HT might increase after progression to HT; however, the number of CVD events was small. Therefore, the results need to be confirmed in a larger cohort. (C) 2016 The Authors. Publishing services by Elsevier B.V. on behalf of The Japan Epidemiological Association.
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Ishikawa Yukiko, Ishikawa Joji, Ishikawa Shizukiyo, Kario Kazuomi, Kajii Eiji, the Jichi Medical School Cohort, Investigators Group
    Journal of Epidemiology 27 1 8 - 13 日本疫学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Subjects with prehypertension (pre-HT; 120/80 to 139/89 mm Hg) have an increased risk of cardiovascular disease (CVD); however, whether the risk of pre-HT can be seen at the pre-HT status or only after progression to a hypertensive (HT; >= 140/90 mm Hg) state during the follow-up period is unknown. Methods: The Jichi Medical Cohort study enrolled 12,490 subjects recruited from a Japanese general population. Of those, 2227 subjects whose BP data at baseline and at the middle of follow-up and tracking of CVD events were available (median follow-up period: 11.8 years). We evaluated the risk of HT in those with normal BP or pre-HT at baseline whose BP progressed to HT at the middle of follow-up compared with those whose BP remained at normal or pre-HT levels. Results: Among the 707 normotensive patients at baseline, 34.1% and 6.6% of subjects progressed to preHT and HT, respectively, by the middle of follow-up. Among 702 subjects with pre-HT at baseline, 26.1% progressed to HT. During the follow-up period, there were 11 CVD events in normotensive patients and 16 CVD events in pre-HT patients at baseline. The subjects who progressed from pre-HT to HT had 2.95 times higher risk of CVD than those who remained at normal BP or pre-HT in a multivariable-adjusted Cox hazard model. Conclusion: This relatively long-term prospective cohort study indicated that the CVD risk with pre-HT might increase after progression to HT; however, the number of CVD events was small. Therefore, the results need to be confirmed in a larger cohort. (C) 2016 The Authors. Publishing services by Elsevier B.V. on behalf of The Japan Epidemiological Association.
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220  (一社)日本循環器学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220  (一社)日本循環器学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Riser Pattern Is a Novel Predictor of Adverse Events in Heart Failure Patients With Preserved Ejection Fraction(和訳中)
    Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220  (一社)日本循環器学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人正常血圧集団における高血圧新規発症率(年齢、収縮期血圧、拡張期血圧の影響)
    鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人の降圧目標を考える SPRINT試験から得られた知見
    仲里 淳, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 260 3 242  医歯薬出版(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Riser Pattern Is a Novel Predictor of Adverse Events in Heart Failure Patients With Preserved Ejection Fraction(和訳中)
    Komori Takahiro, Eguchi Kazuo, Saito Toshinobu, Hoshide Satoshi, Kario Kazuomi
    Circulation Journal 81 2 220  (一社)日本循環器学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【ガイドラインに沿った高血圧診療】 血圧測定と臨床評価
    水野 裕之, 苅尾 七臣
    臨牀と研究 94 1 6  大道学館出版部 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 不眠症と循環器疾患
    苅尾 七臣
    クリニシアン 64 1 34  エーザイ(株) 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人正常血圧集団における高血圧新規発症率(年齢、収縮期血圧、拡張期血圧の影響)
    鐘江 宏, 及川 孝光, 苅尾 七臣
    総合健診 44 1 309  (一社)日本総合健診医学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 期待される新薬 アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)
    河野 健, 苅尾 七臣
    医学のあゆみ 259 14 1499  医歯薬出版(株) 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    慢性心不全においてはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)が過剰亢進していることが明らかになり、RAAS抑制薬は心不全治療においては欠かせない薬剤になった。1987年CONSENSUS試験による予後改善効果が明らかにされて以来、RAAS系阻害薬はβ遮断薬、抗アルドステロン拮抗薬とともに心不全治療薬の主役を担ってきたが、すでに同試験が発表されてからおよそ30年が経過しようとしている。よりよい予後改善効果を求め、懸命に薬剤の開発が行われてきたが、期待された効果が伴わず、また、望ましくない副作用によりいくつもの薬剤が開発断念となった。今回、RAAS阻害薬とネプリライシン阻害薬の組合せが、心不全治療の主役であるアンジオテンシン阻害薬の予後効果を凌駕する結果を示した。待ち望んでいたエビデンスを有する薬剤に対しヨーロッパ心臓病学会もガイドラインを改定し、その立ち位置を明確にした。(著者
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46 5 159  日本臨床生理学会 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3%酸素飽和度低下指数(ODI)を測定した。【結果】BRSは3%ODIに逆相関していた(r=-0.20、p=0.005)。しかし、平均SpO2はBRSとは関連しなかった(r=0.10、p=0.19)。女性は男性よりBRSは低く(10.4±5.1 vs.12.9±11.0ms/mmHg、p=0.045)、糖尿
  • SASのリスクを検出する夜間血圧モニタリングシステムの開発
    桑原 光巨, 苅尾 七臣
    細胞 48 14 694  (株)ニュー・サイエンス社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
     
    国内罹患者数が数百万人とされる睡眠時無呼吸症候群は、一晩に数百回にも及ぶ無呼吸発作時に急峻で甚大な血圧サージ(スリープサージ)を起こし、夜間高血圧や治療抵抗性高血圧を形成する重大な心血管危険因子である。心血管イベントは夜間から朝方の時間帯に多発することが知られているが、この著明なスリープサージがそのトリガーとなることが想定され、より正確なリスク評価のためにはスリープサージの計測が極めて重要であると考えられる。我々は最近、無呼吸発作時の経皮的動脈血酸素飽和度の低下をトリガーにしてスリープサージを検出する夜間低酸素トリガー血圧計を開発し、臨床応用に向けた取り組みを開始した。さらに、より正確なスリープサージの検出を実現するために、トノメトリ法を用いて手首位置だけで一拍毎の血圧を計測する技術開発を進めている。(著者抄録)
  • 腎動脈デナベーションの今後の展開
    小古山 由佳子, 苅尾 七臣
    循環器内科 80 6 506  (有)科学評論社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Intra-Plaque Hematoma and Minor Intimal Disruption Detected by Optical Frequency Domain Imaging in a Case of Acute Coronary Syndrome(和訳中)
    Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 【循環器疾患治療薬:薬の使い方、どこまで理解していますか?】 循環器薬を識る カルシウム拮抗薬
    石山 裕介, 苅尾 七臣
    Heart View 20 12 6  (株)メジカルビュー社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】 糖尿病における睡眠障害 糖尿病合併症と睡眠障害との関係 高血圧
    永井 道明, 土手 慶五, 苅尾 七臣
    月刊糖尿病 8 11 46  (株)医学出版 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • Intra-Plaque Hematoma and Minor Intimal Disruption Detected by Optical Frequency Domain Imaging in a Case of Acute Coronary Syndrome(和訳中)
    Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760  (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【今日の旅行医学】 高血圧 旅行者におけるパーフェクト24時間血圧コントロールの達成
    今泉 悠希, 高橋 伸佳, 河野 健, 星出 聡, 中根 永依子, 諏訪 裕美, 濱嵜 春菜, 苅尾 七臣
    成人病と生活習慣病 46 11 1461  (株)東京医学社 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    海外渡航を伴う睡眠不足、時差、疲労によってサーカディアンリズムが障害され、交感神経活動性の亢進と食塩感受性が増大しやすい。旅行中の食生活の変化により食塩摂取量が増大する。気温の変化、機内の低酸素も血圧上昇のリスクになり得る。旅行に伴う周囲環境の変化や、それに伴う心血管イベントの上昇はSHATSの概念で説明することができる。海外渡航前は家庭血圧測定を徹底し、ハイリスク患者では自由行動下血圧測定(ambulatory blood pressure monitoring;ABPM)による評価が望ましい。旅行中の心血管イベントを予防するためには、十分な睡眠、減塩、適度な運動量の確保、室温管理に努め、家庭血圧測定を含めた通常通りの健康管理を可能な限り継続することが重要である。旅行中の健康管理を徹底するためには、旅行者本人、旅行業界、医療従事者が健康管理に関する共通認識のもとに連携することが不可欠であ
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35  日本循環制御医学会 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - + 一般社団法人 日本循環器学会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27  日本内科学会-関東地方会 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S47  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S34  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田 香菜, 上野 修市, 杉村 宏一郎, 建部 俊介, 苅尾 七臣
    呼吸と循環 64 5 S24  (株)医学書院 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ABPMで評価した夜間血圧・脈拍と睡眠呼吸障害の関係
    新島 聡, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 163  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血圧変動性 イベントゼロを目指した高血圧個別療法へ イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 142  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • ここまでできる臓器障害の評価 実地診療と最新情報 だれにどこまで行うか? 血管エコー(多血管病評価)
    新保 昌久, 池本 智一, 上野 ひろみ, 高橋 貞子, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 127  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 減塩と家庭血圧
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 122  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • グローバル臨床試験の最新データと新規臨床試験の現状
    苅尾 七臣
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 5回 112  (NPO)日本高血圧学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 足元の冷えに要注意!気温感受性高血圧とは? 温度と血圧、循環器病の関係
    苅尾 七臣
    Therapeutic Research 37 5 421  ライフサイエンス出版(株) 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺クリーゼにより死亡した重症肺動脈性肺高血圧症の1例
    内山 歩, 久保田 香菜, 永井 道明, 今井 靖, 新保 昌久, 苅尾 七臣, 上野 修市, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜
    日本内科学会関東地方会 622回 39  日本内科学会-関東地方会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治療戦略】 高血圧に関する最近のトピックス 血圧変動性Up-To-Date 全身血行動態アテローム血栓症候群
    苅尾 七臣
    診断と治療 104 3 342  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    1 血圧には1心拍ごとの短期的変動から、日内変動、日間変動、季節変動、経年変化など様々な時相の変動性・サージがみられる。最近、われわれはこれらの様々な血圧サージの時相が一致したときに共振し、最も大きなダイナミックサージが引き起こされ、心血管イベントのトリガーとなるという"血圧サージの相乗的共振仮説"を提唱した。2 さらに、この血行動態の変動性ストレスが、血管障害と悪循環を形成し、臓器障害の増悪と心血管イベントの発症リスクを増大させる病態を"全身血行動態アテローム血栓症候群"(systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome:SHATS)と命名した。3 SHATSの臨床的表現型は、脳卒中、冠動脈疾患、末梢動脈疾患などの大血管疾患から、ラクナ梗塞やアルブミン尿など小血管疾患、ならびに微小循環に関連する血管認知症、心不全、慢性腎臓病などの加齢疾患にまで
  • 中島 雄介, 伊香賀 俊治, 苅尾 七臣, 安藤 真太朗, 桑原 光巨, 中村 正吾, 大橋 知佳, 本多 英里
    日本建築学会関東支部研究報告集 86 0 169 - 172 一般社団法人日本建築学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    International Heart Journal 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1–mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3–proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    International Heart Journal 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1–mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3–proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    INTERNATIONAL HEART JOURNAL 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1 mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3 proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760 - 762 (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    A 39-year-old man exhibiting unstable angina was admitted to our hospital, and urgent coronary angiography revealed stenosis of the proximal left anterior descending coronary artery (LAD). A drug eluting stent was implanted at this site, and the patient was discharged uneventfully on the 3rd hospital day. Optical frequency-domain imaging (OFDI) was successful in detecting an intra-plaque hematoma, minor intimal disruption, and thrombus at the culprit lesion in this patient. These observations suggest that this hematoma might be the result of subsequent blood filling into the ruptured plaque through this minor intimal disruption.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    INTERNATIONAL HEART JOURNAL 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1 mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3 proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    INTERNATIONAL HEART JOURNAL 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1 mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3 proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760 - 762 (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    A 39-year-old man exhibiting unstable angina was admitted to our hospital, and urgent coronary angiography revealed stenosis of the proximal left anterior descending coronary artery (LAD). A drug eluting stent was implanted at this site, and the patient was discharged uneventfully on the 3rd hospital day. Optical frequency-domain imaging (OFDI) was successful in detecting an intra-plaque hematoma, minor intimal disruption, and thrombus at the culprit lesion in this patient. These observations suggest that this hematoma might be the result of subsequent blood filling into the ruptured plaque through this minor intimal disruption.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    INTERNATIONAL HEART JOURNAL 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1 mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3 proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Tomoyuki Kabutoya, Yasushi Imai, Hiroaki Watanabe, Tomonori Watanabe, Takahiro Komori, Kazuomi Kario
    INTERNATIONAL HEART JOURNAL 57 1 118 - 120 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar pacing (distal 1 mid 2, with 21-mm distance) and proximal pacing (mid 3 proximal 4, distance 21mm), short-spaced bipolar pacing (mid 2-3, distance 1.3 mm) did not induce PNS until 9V pacing. Shared bipolar pacing from each left ventricular electrode (distal 1 to proximal 4) as cathode and a right ventricular (RV) coil as anode resulted in PNS by 3.0V at 0.4 ms. Although quadripolar pacing could avoid PNS by switching the pacing site (ie, from distal bipolar to proximal bipolar), it might not avoid PNS in cases where the phrenic nerve and CS branch are parallel and in close proximity. We found that even though the phrenic nerve and CS branch were parallel and close, short-spaced bipolar pacing could avoid PNS. In conclusion, short-spaced bipolar pacing selected by quadripolar pacing might be beneficial to avoid PNS when the implantable branch is limited.
  • Fukutomi Motoki, Ogata Nobuhiko, Nakano Masataka, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 6 760 - 762 (一社)インターナショナルハートジャーナル刊行会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    A 39-year-old man exhibiting unstable angina was admitted to our hospital, and urgent coronary angiography revealed stenosis of the proximal left anterior descending coronary artery (LAD). A drug eluting stent was implanted at this site, and the patient was discharged uneventfully on the 3rd hospital day. Optical frequency-domain imaging (OFDI) was successful in detecting an intra-plaque hematoma, minor intimal disruption, and thrombus at the culprit lesion in this patient. These observations suggest that this hematoma might be the result of subsequent blood filling into the ruptured plaque through this minor intimal disruption.
  • Kabutoya Tomoyuki, Imai Yasushi, Watanabe Hiroaki, Watanabe Tomonori, Komori Takahiro, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 1 118 - 120 International Heart Journal Association 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar paci
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - 1412 一般社団法人 日本循環器学会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • Kabutoya Tomoyuki, Imai Yasushi, Watanabe Hiroaki, Watanabe Tomonori, Komori Takahiro, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 57 1 118 - 120 International Heart Journal Association 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    A 48-year-old woman underwent cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation. Coronary sinus (CS) venography showed only one adequate anterior branch for a left ventricular lead. We were able to introduce a quadripolar left ventricular lead (Medtronic 4398-88 cm) to the distal portion of the anterior branch. Although phrenic nerve stimulation (PNS) occurred due to distal bipolar paci
  • Kario Kazuomi, Bhatt Deepak L, Kandzari David E, Brar Sandeep, Flack John M, Gilbert Colleen, Oparil Suzanne, Robbins Mark, Townsend Raymond R, Bakris George
    Circulation Journal 80 6 1404 - 1412 一般社団法人 日本循環器学会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    Background:Obstructive sleep apnea (OSA) is associated with activation of the sympathetic nervous system, and patients with this condition often experience elevated blood pressure (BP), increased BP variability, and nocturnal BP surges.Methods and Results:The SYMPLICITY HTN-3 trial was a large prospective, randomized, blinded, sham-controlled trial of renal denervation for treatment of uncontrolle
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    心臓 47 4 415 - 419 公益財団法人 日本心臓財団 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 江口 和男, 渡邉 裕昭, 今泉 悠希, 廣江 道昭, 苅尾 七臣
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35 1 69 - 2-69-2 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は 53 歳女性。完全房室ブロックで発症し、心臓の形態異常や 収縮障害を認めず、FDG-PET で心室中隔、左室自由壁に FDG の 集積を認めた症例である。諸検査より、心サルコイドーシスと診 断し、房室ブロックの改善目的でステロイドパルス療法(メチルプ レドニゾロン 1g/日×3 日間)を施行したところ、2日目より洞調律 に回復し、パルス療法に続いて、経口プレドニゾロンを 30mg か ら徐々に漸減、7.5mg で維持していた。その後、外来フォロー中、 洞調律は維持されていたが、心電図上 PR 間隔が 138→166ms、 QRS 幅が 94→116ms と徐々に延⻑を認めていた。発症から 2 年 後に施行した FDG-PET で心筋での活動性の再燃を認め、MTX 6mg 投与を開始したところ、PR 間隔が 142ms、QRS 幅が 103ms へ減少した。本症例は、完全房室ブロック
  • 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会雑誌 104 2 275 - 281 一般社団法人 日本内科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    腎交感神経焼灼術(renal denervation:RDN)と経皮的腎血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty:PTRA)は高血圧治療のデバイスを使った治療である.RDNについては,ヨーロッパを中心に盛んに行われているが,薬物治療と比較した試験で有用性が示されなかったため,現在,本邦での導入は進んでいない.PTRAも同様に,薬物治療と比較し有用性が示された試験はないが,現在,臨床現場では行われている治療である.重要なのは,両者とも適応をしっかり見極めることであり,究極の個別療法である.
  • Oba Yusuke, Watanabe Hiroaki, Nishimura Yoshioki, Ueno Shuichi, Nagashima Takao, Imai Yasushi, Shimpo Masahisa, Kario Kazuomi
    International Heart Journal 0 0 International Heart Journal Association 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    A 45-year-old hypertensive Japanese woman presented with epigastric pain on inspiration, fever, complete atrioventricular block and polyarthritis. Her antistreptolysin O levels were markedly elevated. A diagnosis of rheumatic fever was made according to the modified Jones criteria. She was prescribed loxoprofen sodium, which was partially effective for her extracardiac clinical symptoms. However,
  • Kario Kazuomi, Ogawa Hisao, Okumura Ken, Okura Takafumi, Saito Shigeru, Ueno Takafumi, Haskin Russel, Negoita Manuela, Shimada Kazuyuki, on behalf of, the SYMPLICITY, HTN-Japan Investigators
    Circulation Journal 0 0 The Japanese Circulation Society 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    <b><i>Background:</i></b>SYMPLICITY HTN-Japan is a prospective, randomized, controlled trial comparing renal artery denervation (RDN) with standard pharmacotherapy for treatment of resistant hypertension (systolic blood pressure [SBP] ≥160 mmHg on ≥3 anti-hypertensive drugs including a diuretic for ≥6 weeks). When SYMPLICITY HTN-3 failed to meet the primary efficacy endpoint, the HTN-Japan enrollm

作品等

  • Jichi Medical School Cohort Study : Research of cardiovascular risk factors in Japan
    1992年 -1997年
  • Hanshin-Awaji earthquake and cardiovascular disease
    1995年

MISC

  • Kazuomi Kario Hypertension Research 36 (6) 478 -484 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    In Asian populations, a high prevalence of stroke, high salt intake and high salt sensitivity, the effects of which are partly augmented by epidemic obesity, are associated with hypertension. These factors are closely associated with resistant hypertension, especially with the disrupted circadian rhythm of blood pressure (BP), that is, non-dipper and riser patterns. An ambulatory BP profile-based strategy combined with medication and devices (renal denervation and baroreceptor activation therapy) would help to achieve 'perfect 24-h BP control', consisting of strict reduction of the 24-h BP level, restoring disrupted circadian BP rhythms and reducing excess BP variability. Such BP control would protect high-risk patients with resistant hypertension against systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome (which involves systemic atherothrombotic vascular diseases and target-organ damage, advanced by the composite risks of pulsatile hemodynamic stress from central pressure and blood flow and by thrombometabolic risk factors). Information technology-based home sleep BP pressure monitoring may be useful for assessing the risk during sleep in high-risk patients with resistant hypertension and sleep apnea syndrome. © 2013 The Japanese Society of Hypertension.
  • Joji Ishikawa, Satoshi Hoshide, Kazuo Eguchi, Shizukiyo Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario HYPERTENSION 60 (4) 921 -+ 2012年10月 [査読有り][通常論文]
     
    In ambulatory blood pressure (BP) monitoring, nighttime BP has a superior ability to predict hypertensive target organ damage than awake BP. We evaluated whether nighttime BP, assessed by a home BP monitor, was associated with hypertensive target organ damage. We measured clinic BP, out-of-clinic BP including nighttime home BP, and the urinary albumin: creatinine ratio (UACR) in 854 patients who had cardiovascular risk factors. Nighttime home BP was measured at 2: 00, 3: 00, and 4: 00 am, in addition to clinic, awake ambulatory, nighttime ambulatory, and awake home BP. Nighttime home systolic BP (SBP) was slightly higher than nighttime ambulatory SBP (difference, 2.6 mm Hg; P<0.001). Clinic (r=0.186), awake ambulatory (r=0.173), nighttime ambulatory (r=0.194), awake home (r=0.298), and nighttime home (r=0.311) SBPs were all associated with log-transformed UACR (all P<0.001). The correlation coefficient for the relationship between nighttime home SBP and log-transformed UACR was significantly greater than that for the relationship between nighttime ambulatory SBP and log-transformed UACR (P<0.001). The goodness of fit of the association between SBP and UACR was improved by adding nighttime home SBP to the other SBPs (P<0.001). Nighttime home diastolic BP also improved the goodness-of-fit of the association between diastolic BP and UACR (P=0.001). Similar findings were observed for the left ventricular mass index in the subgroup (N=594). In conclusion, nighttime home BP is slightly different from (but comparable to) nighttime ambulatory BP. The addition of nighttime home BP to other BP measures improves the association of BP with hypertensive target organ damage. (Hypertension. 2012; 60: 921-928.) center dot Online Data Supplement
  • Michiaki Nagai, Satoshi Hoshide, Joji Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario JOURNAL OF HYPERTENSION 30 (8) 1556 -1563 2012年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: Recently, visit-to-visit blood pressure (BP) variability has been shown to be associated with silent cerebral injury and stroke. However, the relationships between visit-to-visit BP variation and cognitive function are not clear. Methods: The cognitive function was evaluated using a mini-mental state examination (MMSE) and global deterioration scale (GDS) in 201 elderly patients at high risk of cardiovascular disease (CVD) (79.9 +/- 6.4 years old; women 75%). Based on 12 visits (once a month), visit-to-visit BP variability (expressed as the SD and coefficient of variation), maximum BP, minimum BP, and delta (maximum - minimum) BP were measured. Results: The MMSE score had significant negative correlations with coefficient of variation and delta in SBP, and delta DBP. The GDS score had significant positive correlations with coefficient of variation and delta in SBP, and delta DBP. Low MMSE score (<24) had significant positive correlations with coefficient of variation and delta in SBP, and delta DBP. High GDS score (>3) had significant positive correlations with coefficient of variation and delta in SBP, and delta DBP. In a multiple linear regression analysis adjusted for confounders, coefficient of variation (P < 0.001) and delta (P < 0.001) in SBP had significant negative associations with the MMSE score. The delta SBP (P < 0.05) had significant positive association with the GDS score. The coefficient of variation and delta in SBP had significant positive associations with low MMSE score (P < 0.01, P < 0.01, respectively) and high GDS score (P < 0.05, P < 0.001, respectively). Conclusions: In the high-risk elderly, exaggerated visit-to-visit BP fluctuations were significant indicators for cognitive impairment.
  • Yoshio Matsui, Michael F. O'Rourke, Satoshi Hoshide, Joji Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario HYPERTENSION 59 (6) 1132 -U136 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Day-by-day home blood pressure (BP) variability (BPV) was reported to be associated with increased cardiovascular risk. We aimed to test the hypothesis that the angiotensin II receptor blocker/calcium-channel blocker combination decreases day-by-day BPV more than the angiotensin II receptor blocker/diuretic combination does and investigated the mechanism underlying the former reduction. We enrolled 207 hypertensive subjects treated with olmesartan monotherapy for 12 weeks. The subjects were randomly assigned to treatment with hydrochlorothiazide (n=104) or azelnidipine (n=103) for 24 weeks. Home BP was taken in triplicate with a memory-equipped device in the morning and evening, respectively, for 5 consecutive days before each visit. Visits occurred at 4-week intervals. Home BPV was defined as within-individual SD of the 5-day home BP. Arterial stiffness was assessed by aortic pulse wave velocity at baseline and 24 weeks later. The reductions in home systolic BP were similar between the 2 groups, whereas the SD of home systolic BP decreased more in the azelnidipine group than in the hydrochlorothiazide group during the follow-up period (follow-up mean: 6.3 versus 7.1 mm Hg; P=0.007). In the azelnidipine group, the change in aortic pulse wave velocity was independently associated with the change in SD of home systolic BP (regression coefficient+/-SE=0.79+/-0.37; P=0.036). This study demonstrated that the angiotensin II receptor blocker/calcium-channel blocker combination improved home BPV in addition to home BP reduction and that the reduction in home BPV was partly attributable to the arterial stiffness reduction by this combination. (Hypertension. 2012;59:11321138.). Online Data Supplement
  • Satoshi Hoshide, Gianfranco Parati, Yoshio Matsui, Seiichi Shibazaki, Kazuo Eguchi, Kazuomi Kario HYPERTENSION RESEARCH 35 (1) 100 -106 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    To determine the role of home blood pressure (BP) monitoring for a reproducible assessment of orthostatic hypertension (OHT) and the effectiveness of hypertension control by doxazosin. In this study, 605 medicated hypertensive outpatients were enrolled. Home BP in the sitting and standing positions was monitored in all patients in the morning and evening for 6 months. According to an open-label multicenter trial design, the patients were randomly allocated to either an intervention group that took doxazosin (1-4 mg) at bedtime or to a control group that did not receive any add-on medication. The patients were divided into deciles of orthostatic BP change as evaluated by home BP monitoring at baseline. Those in the top decile, in the lowest decile and in deciles two through eight were then assigned to the OHT group, the orthostatic hypotension group and the orthostatic normotension group, respectively. Orthostatic BP in the OHYPO group did not change, whereas that of the OHT group was markedly reduced by doxazosin (P<0.01). In the control group, classification into orthostatic BP categories using home BP monitoring was more reproducible (kappa coefficient: 0.42-0.50) than when using clinical BP (kappa coefficient: 0.13-0.24). In all groups, a reduction in the urinary albumin/creatinine ratio was significantly associated with a reduction in orthostatic BP doxazosin (P<0.001). The identification of OHT based on home BP monitoring was highly reproducible. The administration of doxazosin might control OHT and consequently prevent target organ damage. Hypertension Research (2012) 35, 100-106; doi:10.1038/hr.2011.156; published online 15 September 2011
  • Osamu Shirasaki, Mitsuo Kuwabara, Minako Saito, Kayoko Tagami, Sumio Washiya, Kazuomi Kario HYPERTENSION RESEARCH 34 (8) 922 -928 2011年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Obstructive sleep apnea (OSA) places an enormous pressure load on the cardiovascular system by inducing a temporary blood pressure (BP) surge (sleep BP surge (SLBPS)), often resulting in target organ damage and cardiovascular events, such as left ventricular hypertrophy, sudden death, myocardial infarction and stroke. Accurate measurement of SLBPS would be valuable for the risk stratification of OSA patients. We developed a new oxygen-triggered BP monitoring system based on a variable SpO(2) threshold (VT algorithm) to selectively detect severe SLBPS, which are associated with morbidity, and evaluated its performance in comparison with a previous technique based on a fixed SpO(2) threshold (FT algorithm). In 23 OSA patients, the correlation between individual minimum SpO(2) values and SLBPS was not significant when the FT algorithm was used alone (r=0.400, P=0.058) but became significant (r=0.725, P<0.0001) when the VT algorithm was additionally used. In another 13 OSA patients, when the FT algorithm was eliminated from the FT+VT algorithm, the number of BP readings was drastically reduced (36 +/- 22.7 vs. 61 +/- 55.0 times, P=0.004) with a similar correlation between minimum SpO(2) and SLBPS. The correlation between the apnea hypopnea index and SLBPS was significant when measured with the present method, but not when assessed with ambulatory BP monitors (ABPM) simulation (r=0.519, P=0.001 vs. r=0.149, P=0.385). In conclusion, oxygen-triggered BP monitoring with a variable threshold is able to detect severe OSA-related BP surges more specifically and reduce the number of BP readings required during sleep compared with detection using a fixed threshold or the conventional ABPM method. Hypertension Research (2011) 34, 922-928; doi:10.1038/hr.2011.52; published online 26 May 2011
  • Yoshio Matsui, Joji Ishikawa, Kazuo Eguchi, Seiichi Shibasaki, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario HYPERTENSION 57 (6) 1087 -U120 2011年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The maximum office systolic blood pressure (SBP) has been shown to be a strong predictor of cardiovascular events, independently of the mean SBP level. However, the clinical implications of maximum home SBP have never been reported. We investigated the association between the maximum home SBP and target organ damage (TOD). We assessed the left ventricular mass index (LVMI) and carotid intima-media thickness (IMT) using ultrasonography and the urinary albumin/creatinine ratio (UACR) as measures of TOD in 356 never-treated hypertensive subjects. Home BP was taken in triplicate in the morning and evening, respectively, for 14 consecutive days with a memory-equipped device. The maximum home SBP was defined as the maximum mean triplicate BP reading in the 14-day period for each individual and was significantly correlated with LVMI (r = 0.51, P < 0.001), carotid IMT (r = 0.40, P < 0.001), and UACR (r = 0.29, P < 0.001). The correlation coefficients with LVMI and carotid IMT were significantly larger for the maximum home SBP than the mean home SBP. In multivariate regression analyses, the maximum home SBP was independently associated with LVMI and carotid IMT, regardless of the mean home BP level. In the prediction of left ventricular hypertrophy and carotid atherosclerosis, the goodness-of-fit of the model was significantly improved when the maximum home SBP was added to the sum of the mean office and home BPs (P = 0.002 and P < 0.001, respectively). These findings indicate that assessment of the maximum home SBP, in addition to the mean home SBP, might increase the predictive value of hypertensive TOD in the heart and artery. (Hypertension. 2011;57:1087-1093.). Online Data Supplement
  • Kazuomi Kario, Yuichirou Yano, Takefumi Matsuo, Satoshi Hoshide, Kazuo Eguchi, Kazuyuki Shimada EUROPEAN HEART JOURNAL 32 (5) 574 -580 2011年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Aims Stroke events occur most frequently in the morning hours. Impaired haemostatic activity and morning blood pressure (BP) surge, defined as the morning BP increase from sleep, have individually been associated with stroke risk in general or hypertensive populations. However, their combined impact on the risk of a stroke remains unknown. Methods and results A total of 514 hypertensive patients aged > 50 years (mean 72.3 years; 37% men) underwent 24 h BP monitoring, measurement of haemostatic risk factors [plasma fibrinogen, plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1), and prothrombin fragment 1+2(F1+2)], and brain MRI at baseline. The incidence of stroke was prospectively ascertained. During an average of 41 months (1751 person-years), there were 43 stroke events (ischaemic, 30; haemorrhagic, 5; undefined, 8). On multivariable analysis adjusted for confounding factors, the hazard ratio [HR (95% confidence interval (CI)] for stroke in the highest vs. lower quartiles of PAI-1 was 2.5 (1.3-4.6), that for F1+2 was 2.6 (1.4-5.0), and that for the morning BP surge was 1.2 (1.1-1.4; all P < 0.01). In particular, the ratio was substantially higher in cases with the highest quartile of both PAI-1 and F1+2 levels compared with those with the lower quartiles of both parameters (HR: 8.2; 95% CI: 3.7-18.2; P < 0.001). Among the patients with the highest quartile of the morning BP surge (n = 128), the multivariable HR (95% CI) for the highest vs. lower quartiles of PAI-1 was 3.4 (1.3-9.1) and that for F1+2 was 3.3 (1.3-8.7) (both P < 0.05). Conclusion High levels of plasma PAI-1 and F1+2, as well as an excessive morning BP surge, are independently and additively associated with an increased risk of stroke in older hypertensive patients.
  • Kazuomi Kario HYPERTENSION 56 (5) 765 -773 2010年11月 [査読有り][通常論文]
  • Yoshio Matsui, Kazuo Eguchi, Seiichi Shibasaki, Joji Ishikawa, Satoshi Hoshide, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario JOURNAL OF HYPERTENSION 28 (8) 1752 -1760 2010年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives There has been no report investigating the impact of the arterial stiffness reduction induced by antihypertensive medications on the improvement of target organ damage in hypertension. The aim of this study was to assess the association of the change in pulse wave velocity (PWV) with that in urinary albumin excretion as a measure of renal damage. Methods We studied 404 treated hypertensive patients (mean age, 70.5 +/- 9.5 years), who were allocated to either an active treatment group (doxazosin and atenolol when needed) or a control group. Blood pressure, urinary albumin-to-creatinine ratio (UACR), and brachial-ankle PWV (baPWV) were measured at baseline and after 6 months of treatment. Results In the total population, home/office SBP, UACR, and baPWV decreased significantly from the baseline. In multivariate regression analyses, Delta baPWV was significantly associated with Delta UACR, independent of Delta home SBP (beta=0.21, P<0.001). When the patients were divided into a group with Delta baPWV of at least 0 cm/s (positive Delta PWV) and a group with Delta baPWV of less than 0 cm/s (negative Delta PWV), the reduction of UACR was greater in the latter group, even after adjustment for the covariates including the change in home SBP. These results were essentially the same when office SBP was entered in place of home SBP, and similar both in the active treatment group and the control group. Conclusion These findings suggest that the arterial stiffness reduction induced by antihypertensive medications is associated with the improvement of renal damage, independent of home/office SBP reduction. J Hypertens 28: 1752-1760 (c) 2010 Wolters Kluwer Health vertical bar Lippincott Williams & Wilkins.
  • Kazuomi Kario, Satoshi Hoshide, Motohiro Shimizu, Yuichiro Yano, Kazuo Eguchi, Joji Ishikawa, Shizukiyo Ishikawa, Kazuyuki Shimada JOURNAL OF HYPERTENSION 28 (7) 1574 -1583 2010年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives To study the impact of the dosing time of an angiotensin II receptor blocker (ARB) titrated by self-measured home blood pressure (HBP) on cardiorenal damage in hypertensives. Methods We conducted an open-label multicenter trial, the J-TOP study, that enrolled 450 hypertensives with self-measured systolic HBP more than 135 mm Hg. The study patients were stratified into three groups according to the difference between their morning and evening SBPs difference: a morning hypertension group (morning and evening difference at least 15 mm Hg; n=170), a morning and evening hypertension group (0 mm Hg <= morning and evening difference <15 mm Hg; n=198), and an evening hypertension group (morning and evening difference <0 mm Hg; n=82). Individuals were then randomly allocated to receive bedtime dosing or awakening dosing of candesartan (+/-diuretic as needed) titrated to achieve a target systolic HBP less than 135 mm Hg. The 6-month change in the urinary albumin/creatinine ratio (UACR) was assessed. Results In total patients, the UACR was more markedly reduced in the bedtime-dosing group than in the awakening-dosing group (-45.7 vs. -34.5%, P=0.02), whereas there were no differences in the reduction of any of the HBPs including the sleep blood pressures (BPs) between the two groups. Among the three subgroups stratified by the morning and evening difference, the difference in the UACR reduction between the bedtime-dosing and awakening-dosing groups was only significant in the morning hypertension group (-50.6 vs. -31.3%, P=0.02). Conclusion In HBP-guided antihypertensive treatment in hypertensives, bedtime dosing of an ARB may be superior to awakening dosing for reducing microalbuminuria. J Hypertens 28: 1574-1583 (C) 2010 Wolters Kluwer Health | Lippincott Williams & Wilkins.
  • Kazuomi Kario JOURNAL OF HYPERTENSION 25 (8) 1573 -1575 2007年08月 [査読無し][通常論文]
  • Kenichi Sakakura, Joji Ishikawa, Masataka Okuno, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION 20 (7) 720 -727 2007年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: It is reported that blood pressure (BP) variability increases with aging, and cognitive dysfunction may be related to BP variability; however, there are no data showing that exaggerated BP variability is associated with cognitive dysfunction or quality of life (QOL) in the older elderly. We investigated the relationships and the differences between ambulatory BP variability and cognitive function or QOL in younger elderly and very elderly. Methods: We recruited both 101 very elderly (aged >= 80 years) and 101 younger elderly (aged 61 to 79 years). Twenty-four-hour ambulatory blood pressure monitoring, mini-mental state examinations (MMSE), and Medical Outcome Study Short-Form 36 Items Health Survey (SF-36) were performed for all subjects. Results: The mean standard deviation (SD) of daytime systolic BP in young elderly was 17.2 +/- 4.6 mm Hg (mean SD SD of mean SD), and that in very elderly was 21.2 +/- 4.3 mm Hg. The MMSE score significantly decreased with the tertile of SD of daytime systolic BP in very elderly (P = .004) and young elderly (P = .03). In very elderly, there was no significant association between the SD of daytime systolic BP and each of eight SF-36 categories. On the other hand, in younger elderly, two of eight SF-36 categories decreased with the tertile of SID of daytime systolic BP (P = .001 for Vitality and P = .003 for Role emotion). Conclusions: Very elderly had larger BP variability than younger elderly. Exaggerated ambulatory BP variability was related to cognitive dysfunction in the elderly, especially in the very elderly, and was related to lower QOL in the younger elderly. Am J Hypertens 2007;20: 720-727 (c) 2007 American Journal of Hypertension, Ltd.
  • Yoshio Matsui, Kazuo Eguchi, Joji Ishikawa, Satoshi Hoshide, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION 20 (4) 385 -391 2007年04月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Masked hypertension (MHT: normal office blood pressure [BP] + elevated BP out of the office) is a significant predictor of target organ damage and cardiovascular disease. The purpose of this study was to investigate the subclinical arterial damage in unmedicated subjects with MHT detected by home BP measurement. Methods: We recruited 282 subjects not taking antihypertensive medication, who had at least one of the following five cardiovascular risk factors: high BP, hyperlipidemia, diabetes mellitus, current smoking, and chronic kidney disease. Furthermore, we classified them into four groups (normotension [NT], white-coat hypertension [WCHT], MHT, and sustained hypertension [SHT]) by office BP (140/90 mm Hg) and home BP (135/85 mm Hg) measurements. Arterial damage was evaluated by measuring carotid intima-media thickness (IMT) and brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV). Results: Subjects with MHT had a higher prevalence of habitual alcohol drinkers than the other groups, and higher pulse rates at home than those with NT and WCHT. After adjustment for covariates, carotid IMT was the highest in MHT among the four groups (mean: 1.01 v 0.83 mm for NT, 0.86 mm for WCHT, and 0.91 mm for SHT, all P<.01). The baPWV was also significantly higher in MHT than NT and WCHT (mean: 1940 v 1663 and 1733 cm/sec, all P<.01), whereas the difference between MHT and SHT (2023 cm/sec) was not significant. Conclusions: This study shows that masked hypertensives detected by home BP are at higher risk for increased arterial damage than normotensives or white-coat hypertensives, and potentially than sustained hypertensives.
  • Joji Ishikawa, Yurie Tamura, Satoshi Hoshide, Kazuo Eguchi, Shizukiyo Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario STROKE 38 (3) 911 -917 2007年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Background and Purpose - High-sensitivity C-reactive protein (hsCRP), a marker of inflammation, is associated with atherosclerosis, hypertensive target organ damage, and cardiovascular events. In the general Japanese population, the level of hsCRP is reported to be lower than that in Western countries, and the relationships among hsCRP, silent cerebral infarcts (SCIs), and clinical stroke events in older Japanese hypertensives remain unclear. Methods - We conducted brain MRI and measured hsCRP at baseline in 514 older Japanese hypertensives ( clinic blood pressure >= 140/90 mm Hg, age >= 50 years old) who were enrolled in the Jichi Medical School ABPM Study, wave 1. They were followed up for an average of 41 months ( range: 1 to 68 months, 1751 person-years) and the incidence of subsequent clinical stroke events was evaluated. Results - The subjects with SCIs at baseline (n = 257) had a higher hsCRP level than those without SCIs ( geometric mean hsCRP [SD range];0.19 [0.18 to 0.21] versus 0.14 [0.13 to 0.16] mg/L, P = 0.007) after adjustment for confounding factors, and the OR for the presence of SCIs was increased with the quartile of hsCRP levels. In Cox regression analysis, the patients with above median hsCRP level (>= 0.21 mg/L) (hazard ratio [HR]: 2.50, 95% CI: 1.24 to 5.00, P = 0.01) and those with SCIs ( HR: 4.60, 95% CI: 1.91 to 11.03, P = 0.001) at baseline had independently higher risks for clinical stroke events after adjustment for age, smoking status, antihypertensive medication use, and 24-hour systolic blood pressure level. Compared with the patients with below median hsCRP level without SCIs, those with above median hsCRP level and SCIs at baseline had a higher risk for clinical stroke events ( HR: 7.32, 95% CI: 2.17 to 24.76, P = 0.001), although those with below median hsCRP level and SCIs ( HR: 2.46, 95% CI: 0.64 to 9.47, P = 0.19) and those with above median hsCRP level without SCIs ( HR: 1.11, 95% CI: 0.22 to 5.55, P = 0.90) did not have significant risks. Conclusion - High-sensitivity C-reactive protein is a risk factor for clinical stroke events in addition to silent cerebral infarcts in Japanese older hypertensives, indicating that the risk for clinical stroke events increases with preexisting hypertensive target organ damage in the brain and additionally with ongoing low-grade inflammation.
  • HOSHIDE Satoshi, ISHIKAWA Joji, EGUCHI Kazuo, OJIMA Toshiyuki, SHIMADA Kazuyuki, KARIO Kazuomi Hypertens Res 30 (2) 143 -149 2007年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario HYPERTENSION 47 (2) 139 -140 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • SHIRASAKI Osamu, SHIRASAKI Osamu, YAMASHITA Shingo, KAWARA Shin‐ichi, TAGAMI Kayoko, ISHIKAWA Joji, SHIMADA Kazuyuki, KARIO Kazuomi Hypertens Res 29 (9) 695 -702 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Hypertens Res 29 (8) 581 -587 2006年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, J Ishikawa, S Hoshide, Y Matsui, M Morinari, K Eguchi, S Ishikawa, K Shimada HYPERTENSION 45 (5) 887 -893 2005年05月 [査読無し][通常論文]
     
    Diabetes and hypertension are potent risk factors for cerebrovascular disease. We studied the effects of an angiotensin II type 1 receptor blockade (ARB) on brain damage in hypertensives in relation to diabetes. We studied cerebral metabolism ( by proton magnetic resonance spectroscopy) and hemodynamics (by phase-contrast magnetic resonance angiography) before and 3 to 4 months after candesartan therapy in 20 diabetic hypertensives (DHTs) and 20 matched nondiabetic hypertensives (HTs). Silent multiple cerebral infarcts detected by brain MRI were more common in DHTs than in HTs (50% versus 25%). Cerebral N-acetyl aspartate (NAA; an indicator of functional neuronal mass) was lower in DHTs than in HTs (8.35 versus 9.58 mmol/kg; P=0.007). Baseline quantitative volume flow in the internal carotid arteries (ICAs) and the middle cerebral arteries (MCAs) was comparable between the 2 groups, whereas cerebrovascular reserve (CVR) assessed using acetazolamide ( a cerebral arteriolar dilator) in ICAs (25% versus 35%; P=0.03) and MCAs (20% versus 31%; P=0.01) was lower in DHTs than in HTs. These baseline CVR and NAA values of DHT group were lower than those of 12 matched normotensives (CVR: 44% for ICA; 41% for MCA; NAA: 10.5 mmol/kg; all P<0.005). After candesartan therapy, CVR in ICAs and MCAs was significantly increased (P=0.001) independently of the reduction of the 24-hour blood pressure level, whereas the cerebral NAA level did not change. In conclusion, brain damage is advanced in DHTs. ARB partly improved the impaired cerebral microvascular function in DHTs.
  • P Verdecchia, GP Reboldi, F Angeli, G Schillaci, JE Schwartz, TG Pickering, Y Imai, T Ohkubo, K Kario HYPERTENSION 45 (2) 203 -208 2005年02月 [査読無し][通常論文]
     
    White-coat hypertension (WCH) has been associated with a low risk for stroke, but long-term data are scanty. We analyzed individual data from 4 prospective cohort studies from the United States, Italy, and Japan that used comparable methodology for 24-hour noninvasive ambulatory blood pressure monitoring (ABPM). Overall, 4406 subjects with essential hypertension and 1549 healthy normotensive controls who were untreated at the time of initial ABPM were followed for a median of 5.4 years up to censoring or occurrence of a first stroke. At entry, mean age of subjects was 56 years ( range 18 to 97). Prevalence of WCH was 9%. During follow-up, there were 213 new cases of stroke. Stroke rate ( x 100 person years) was 0.35 in the normotensive group, 0.59 in the WCH group, and 0.65 in the group with ambulatory hypertension. In a multivariate analysis, the adjusted hazard ratio for stroke was 1.15 (95% confidence interval [CI], 0.61 to 2.16) in the WCH group ( P = 0.66) and 2.01 ( 95% CI, 1.31 to 3.08) in the ambulatory hypertension group ( P = 0.001) compared with the normotensive group. After the sixth year of follow-up, the incidence of stroke tended to increase in the WCH group, and the corresponding hazard curve crossed that of the ambulatory hypertension group by the ninth year of follow-up. In conclusion, WCH was not associated with a definitely increased risk of stroke during the total follow-up period. However, WCH might not be a benign condition for stroke in the long term.
  • Management of cardiovascular risk in disaster: Jichi Medical School (JMS) Proposal 2004.
    Japan Medical Association Journal 48 363 -376 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Clinician's manual on early morning risk management in hypertension.
    Science Press, London 1 -68 2004年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, TG Pickering, T Matsuo, S Hoshide, JE Schwartz, K Shimada HYPERTENSION 38 (4) 852 -857 2001年10月 [査読無し][通常論文]
     
    It remains uncertain whether abnormal dipping patterns of nocturnal blood pressure influence the prognosis for stroke. We studied stroke events in 575 older Japanese patients with sustained hypertension determined by ambulatory blood pressure monitoring (without medication). They were subclassified by their nocturnal systolic blood pressure fall (97 extreme-dippers, with greater than or equal to 20% nocturnal systolic blood pressure fall; 230 dippers, with greater than or equal to 10% but <20% fall; 185 nondippers, with <greater than or equal to>0% but <10% fall, and 63 reverse-dippers, with <0% fall) and were followed prospectively for an average duration of 41 months. Baseline brain magnetic resonance imaging (MRI) disclosed that the percentages with multiple silent cerebral infarct were 53% in extreme-dippers, 29% in dippers, 41% in nondippers, and 49% in reverse-dippers. There was a J-shaped relationship between dipping status and stroke incidence (extreme-dippers, 12%; dippers, 6.1%; nondippers, 7.6%, and reverse-dippers, 22%), and this remained significant in a Cox regression analysis after controlling for age, gender, body mass index, 24-hour systolic blood pressure, and antihypertensive medication. Intracranial hemorrhage was more common in reverse-dippers (29% of strokes) than in other subgroups (7.7% of strokes, P=0.04). In the extreme-dipper group, 27% of strokes were ischemic strokes that Occurred during sleep (versus 8.6% of strokes in the other 3 subgroups, P=0.11). In conclusion, in older Japanese hypertensive patients, extreme dipping of nocturnal blood pressure may be related to silent and clinical cerebral ischemia through hypoperfusion during sleep or an exaggerated morning rise of blood pressure, whereas reverse dipping may pose a risk for intracranial hemorrhage.
  • K Kario, K Shimada, JE Schwartz, T Matsuo, S Hoshide, TC Pickering JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY 38 (1) 238 -245 2001年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Objectives We investigated whether white-coat hypertension is a risk factor for stroke in relation to silent cerebral infarct (SCI) in an older Japanese population. Background It remains uncertain whether white-coat hypertension in older subjects is a benign condition or is associated with an increased risk of stroke. Methods We studied the prognosis for stroke in 958 older Japanese subjects (147 normotensives [NT], 236 white-coat hypertensives [WCHT] and 575 sustained hypertensives [SHT]) in whom ambulatory blood pressure monitoring was performed in the absence of antihypertensive treatment. In 585 subjects (61%), we also assessed SCI using brain magnetic resonance imaging. Results Silent cerebral infarcts were found in 36% of NT (n = 70), 42% of WCHT (n = 154), and 53% of SHT (n = 361); multiple SCIs (the presence of greater than or equal to2 SCIs) were found in 24% of NT, 25% of WCHT and 39% of SHT. During a mean 42-month follow-up period, clinically overt strokes occurred in 62 subjects (NT: three [2.0%]; WCHT: five [2.1%]; SHT: 54 [9.4%]), with 14 fatal cases (NT: one [0.7%]; WCHT: 0 [0%]; SHT: 13 [2.3%]). A Cox regression analysis showed that age (p = 0.0001) and SHT (relative risk, [RR] [95% confidence interval, CI]: 4.3 [1.3-14.2], p = 0.018) were independent stroke predictors, whereas WCHT was not significant. When we added presence/absence of SCI at baseline into this model, the RR (95% CI) for SCI was 4.6 (2.0-10.5) (p = 0.003) and that of SI-IT was 5.5 (1.8-18.9) versus WCHT (p = 0.004) and 3.8 (0.88-16.7) versus NT (p = 0.07). Conclusions In older subjects the incidence of stroke in WCHT is similar to that of NT and one-fourth the risk in SHT. Although SCI is a strong predictor of stroke, the difference in stroke prognosis between ST-IT and WCHT was independent of SCI. It is clinically important to distinguish WCHT from SHT even after assessment of target organ damage in the elderly. (J Am Coll Cardiol 2001;38:238-45) (C) 2001 by the American College of Cardiology.
  • K Kario, T Matsuo, H Kobayashi, S Hoshide, K Shimada JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY 37 (3) 871 -877 2001年03月 [査読無し][通常論文]
     
    OBJECTIVES We sought to study the association of the silent cerebral infarct (SCI), a predisposing condition of stroke, with hyperinsulinemia and hemostatic abnormalities in older hypertensive subjects. BACKGROUND Hypertension is a powerful risk factor for stroke. However, the role of other risk factors for stroke in hypertensive subjects remains incompletely understood. METHODS We performed brain magnetic resonance imaging and measured cardiovascular risk factors, by administering the 75-g oral glucose tolerance test and measuring plasma insulin and hemostatic variables, in 123 asymptomatic hypertensive subjects (mean age 69 years). RESULTS At least one SCI was detected in 80 subjects (65%), and multiple SCIs were found in 48 subjects (39%). The presence of SCIs was associated with older age, higher levels of 24-h systolic blood pressure, 2-h insulin, thrombin-generation markers (prothrombin fragment 1+2 and thrombin-antithrombin complexes), plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1), D-dimer and von Willebrand factor (vWF), but not with plasmin-alpha(2)-plasmin complex (PIC) levels. The 2-h insulin area under the curve (AUC) was positively correlated with PAI-1 and VWF levels (p < 0.01), and the PAI-1 level was negatively correlated with the PIC level (p < 0.02). Multiple logistic regression analysis revealed that age and the 2-h insulin AUC were significantly associated with SCIs, particularly those located in the subcortical white matter, and hemostatic abnormalities were significantly associated with the presence of multiple SCIs, particularly those located in the basal ganglia. CONCLUSIONS In older asymptomatic hypertensive subjects, hyperinsulinemia appears to be associated with lacunar-type SCIs, particularly those located in the subcortical white matter, and hemostatic abnormalities show an association with the presence of multiple SCIs, particularly those located in the basal ganglia. a Am Coil Cardiol 2001;37:871-7) (C) 2001 by the American College of Cardiology.
  • K Kario, TG Pickering LANCET 355 (9215) 1645 -1646 2000年05月 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, JE Schwartz, TG Pickering HYPERTENSION 35 (3) 787 -794 2000年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Abnormal nocturnal blood pressure (BP) dipping status may be partly determined by nocturnal sympathetic activity. We studied the effect of nighttime dosing of an alpha(1)-adrenergic blocker, doxazosin, on the BP dipping status of 118 hypertensives, all of whom underwent 24-hour ambulatory BP monitoring before and after treatment. The mean nighttime/daytime ratio of systolic BP was increased (0.91 after therapy versus 0.89 at baseline, P<0.05). The patients were initially divided into 4 groups on the basis of their dipping status at the baseline assessment: 18 (15%) were extreme dippers, with a nighttime systolic BP fall of at least 20% of daytime BP; 46 (39%) were dippers (fall between 10% and 20%); 48 (41%) were nondippers (fall between 0% and 10%); and 6 (5%) were risers (nocturnal increase of systolic BP). A shift in dipping status toward less nocturnal BP dipping was observed after doxazosin therapy (P<0.05). Dipping status was determined by nighttime more than by daytime BP, and this was not explained by differences in the number of daytime and nighttime readings. The effects of doxazosin on the mean nocturnal systolic BP changes were an increase of 4.3 mm Hg in extreme dippers and decreases of 0.7 mm Hg in dippers, 12 mm Hg in nondippers, and 18 mm Hg in risers; the reduction was only significant in the latter 2 groups (both P<0.01). To estimate the effects of regression to the mean on the changes in dipping status, we also defined dipping status with the average of the BPs before and after doxazosin and found no difference in the degree of nighttime BP reduction among each group. The reduction of daytime BP was now significantly greater in the subgroups with less dipping: 6.4 mm Hg for extreme dippers and 16 mm Hg for risers (P<0.05). In conclusion nighttime dosing with doxazosin markedly affects the nocturnal BP dipping status of hypertensives, but the apparently greater reduction in nighttime pressure in nondippers and risers may be, at least partly, due to the effect of regression to the mean. The most important determinants of the effect of doxazosin were the absolute BP levels, both day and night, rather than dipping status per se.
  • White-coat hypertension or white-coat hypertension syndrome, which is accompanied by target organ damage? (共著)
    Arch Intern Med 160 3497 -3498 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Blood pressure levels and risk of stroke in elderly patients.(共著)
    JAMA 284 959 -960 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Blood pressure variability in elderly patients.(共著)
    Lancet 355 1645 -1646 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Predicting cardiovascular risk using ambulatory blood pressure monitoring
    JAMA 283 475 -476 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Blood pressure variability in elderly patients.
    Lancet 355 1645 -1646 2000年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, JE Schwartz, TG Pickering HYPERTENSION 34 (4) 685 -691 1999年10月 [査読無し][通常論文]
     
    There are reports that indicate that diurnal blood pressure (BP) variation, in addition to high BP per se, is related to target organ damage and the incidence of cardiovascular events. However, the determinants of diurnal BP variation are not adequately understood. We used actigraphy and ambulatory BP monitoring td study the diurnal variation of BP and physical activity in 160 adults. Within individuals, activity was more strongly related to pulse rate than to BP. The correlation between BP and activity was stronger during sleep than when awake, but the correlation between activity and pulse rate was higher during the awake period than during sleep. Between individuals, the sleep/awake ratio of systolic BP (SBP) was correlated with mean sleep activity (r=.17, P<0.05), mean awake activity (r= -0.16, P<0.05), and, especially, the ratio of sleep/awake activity (r=.24, P<0.01). Awake BP variability (SD of awake SEP) was positively: correlated with awake activity (r=.16, P<0.05), In regard to the effect of position, the standing-supine SBP difference was negatively correlated with the sleep/awake SBP ratio:(r= -0.39, P<0.01) and positively correlated with awake SBP variability (r=.33, P<0.01). When we divided the subjects into 3 groups, 19 extreme dippers (with a sleep SBP decrease of greater than or equal to 20% of awake SBP), 102 dippers (with decreases of greater than or equal to 10% to <20%), and 39 nondippers (with decreases of <10%), no significant differences existed in awake activity. among the groups. However, the nondippers exhibited greater sleep activity than extreme dippers (P<0.05) and an increased sleep/awake activity ratio compared with extreme dippers and dippers (P<0.01). Extreme dipping may also be associated with increased BP variability (P=0.08). Individual SBP responses to activity (the within-persen slope of awake SBP regressed on activity) did not differ significantly among the 3 subgroups. In conclusion, physical activity is one of the determinants of ambulatory BP and its diurnal variation. We hypothesize that the association of sleep activity to sleep BP and dipping reflects differences in sleep quality.
  • Increased coronary heart disease mortality after the Hanshin-Awaji Earthquake among the aged community on the Awaji Island
    J Am Geriat Soc 45 610 -613 1997年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, N Kanai, K Saito, N Nago, T Matsuo, K Shimada CIRCULATION 93 (9) 1630 -1633 1996年05月 [査読無し][通常論文]
     
    Background The ACE insertion/deletion (I/D) polymorphism is reported to be associated with myocardial infarction in both whites and Japanese. However, there have been no reports on the association of this polymorphism with stroke in each race. Furthermore, there are some racial differences in the demographics of cardiovascular diseases. In Japanese, stroke (especially that which occurs in preexisting hypertension) is more common and coronary artery disease much less common than in whites. We propose that the ACE I/D polymorphism might be associated with hypertensive cerebrovascular disease in Japanese. Methods and Results To study the association between the ACE IID polymorphism and hypertensive cerebrovascular disease, we identified the ACE I/D genotype in 228 hypertensive and 104 normotensive Japanese subjects. Compared with its detected by magnetic resonance imaging, the ACE*D allele frequency was significantly higher (0.47; P<.001) in the 138 hypertensives with silent or clinically overt ischemic stroke, whereas there was no significant difference between its frequency in hypertensives without lacunae and in 104 normotensive control subjects (0.34). The positive association between the ACE I/D genotype and ischemic stroke in hypertensive patients was independent of other risk factors. Conclusions We found a positive association between the ACE*D allele and ischemic stroke in Japanese hypertensives in our study. The ACE*D allele may be an independent risk factor for the development of cerebrovascular disease in hypertensive patients.
  • K Kario, T Matsuo, K Shimada LANCET 347 (9001) 626 -627 1996年03月 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, T Matsuo, K Shimada LANCET 347 (9001) 626 -627 1996年03月 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, N Nago, K Kayaba, T Saegusa, H Matsuo, T Goto, A Tsutsumi, S Ishikawa, T Kuroda, T Miyamoto, T Matsuo, K Shimada ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 16 (2) 269 -274 1996年02月 [査読無し][通常論文]
     
    We investigated the relationships between hyperinsulinemia (a major indicator of the insulin resistance syndrome), blood pressure, dyslipidemia, and coagulation factors in 2606 community-dwelling Japanese individuals as part of the Jichi Medical School Cohort Study. An age-related decrease of the fasting insulin level was found in men but not in women. Body mass index, systolic and diastolic blood pressure, triglyceride and fasting glucose levels, and factor VII activity all increased in both sexes as the insulin level became higher, while the HDL cholesterol level decreased. In addition, total cholesterol and LDL cholesterol levels increased as the insulin level became higher and lipoprotein(a) levels decreased in the men. Fibrinogen levels were not related to the insulin level in either sex. Multiple logistic regression analysis revealed that fasting insulin levels were positively correlated with body mass index and fasting glucose and factor VII activity levels, whereas they were negatively correlated with HDL cholesterol in both sexes. In addition, fasting insulin levels were positively correlated with LDL cholesterol levels in men and with triglyceride levels in women. Our results indicate that hyperinsulinemia is associated with high factor VII activity in a general Japanese population as well as with high blood pressure and dyslipidemia. The accumulation of these cardiovascular risk factors in hyperinsulinemic subjects appears to contribute to cardiovascular events in the Japanese as well as in westerners.
  • Silent cerebral in farction is associated with hypercoagulability, endothelial cell damage, and high lipoprotein (a) levels in elderly Japanese
    Arterioscler Thromb Vasc Biol 16 734 -741 1996年 [査読無し][通常論文]
  • K Kario, T Matsuo, H Kobayashi, M Imiya, M Matsuo, K Shimada HYPERTENSION 27 (1) 130 -135 1996年01月 [査読無し][通常論文]
     
    To study the relation between diurnal blood pressure variations and silent cerebrovascular damage, we performed both 24-hour ambulatory blood pressure monitoring and brain magnetic resonance imaging in 131 elderly asymptomatic hypertensive patients. Silent cerebrovascular damage was identified by the magnetic resonance imaging findings of lacunae (low intensity in T-1-weighted images and high intensity in T-2-weighted images) and advanced periventricular hyperintense lesions (on T-2-weighted images). The frequency of silent cerebrovascular damage in the 100 patients with sustained hypertension was greater than that in the 31 patients with white coat hypertension. We further classified the former group into nondippers (nocturnal reduction of systolic pressure by <10% of awake systolic pressure; n=46), dippers (reduction by greater than or equal to 10% to <20%; n=38), and extreme dippers (reduction by greater than or equal to 20%; n=16). The extent of silent cerebrovascular damage was least severe in the dipper group (P<.05). This J-shaped relation was not found either with the cardiac hypertrophy detected by electrocardiography or with the renal damage assessed by urinary albumin excretion. More than half of the extreme dippers were patients with isolated systolic hypertension, and this prevalence was significantly greater than that in dippers or in nondippers (21% and 30%, respectively). Extreme dippers also had greater variability of pressure (standard deviation of awake systolic pressure) than dippers. Our results indicate that in addition to nondipping, extreme dipping (marked nocturnal fall of blood pressure should be considered a type of abnormal diurnal blood pressure variation in elderly patients with hypertension who are likely to have advanced silent cerebrovascular damage.
  • K KARIO, T MATSUO, T ISHIDA, K SHIMADA Lancet 345 (8961) 1365 -1365 1995年05月 [査読無し][通常論文]
  • K KARIO, T MATSUO, T ISHIDA, K SHIMADA LANCET 345 (8961) 1365 -1365 1995年05月 [査読無し][通常論文]
  • K KARIO, T MIYATA, T SAKATA, T MATSUO, H KATO ARTERIOSCLEROSIS AND THROMBOSIS 14 (2) 265 -274 1994年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Factor VII (FVII) plays an important role in initiation of the tissue factor-induced coagulation pathway. An increase in FVII coagulant activity (FVIIc) has been proposed as an independent risk factor for coronary artery disease. However, it remains uncertain whether high FVIIc levels are due to an increase in the activation of FVII or an increase in the concentration of FVII mass. We developed a new fluorogenic assay for plasma activated FVII (FVIIa) that used soluble tissue factor. The sensitivity of this assay ranged from 0.2 to 1000 ng FVIIa per milliliter of plasma. Plasma FVIIa levels were measured in 110 healthy subjects and 93 patients with hypertension, diabetes mellitus, and/or cardiovascular disease. The mean plasma FVIIa level in healthy Japanese individuals was 2.5 ng/mL, which was lower than that in Western subjects. Gel filtration analysis showed that most of the circulating FVIIa was in a free form, and binding of FVIIa to tissue factor in plasma was not detected. Aging increased both the FVIIa level and FVII mass, whereas menopause increased mainly the FVII mass. Elderly patients with arterial cardiovascular diseases showed increases in plasma FVIIa levels and FVIIa to FVII antigen (FVII:Ag) ratios. Among the elderly, arterial cardiovascular disease was more common in a high-FVIIa than a low-FVIIa group. Plasma FVIIa levels were not correlated with serum levels of total cholesterol or triglycerides. The FVIIa level and the FVIIa-to-FVII:Ag ratio were positively correlated with fibrinogen level and negatively correlated with body mass index and serum albumin level in the elderly. In conclusion, aging, cardiovascular disease, and malnutrition increased plasma FVIIa levels. FVIIa levels were not correlated with lipid levels or hepatic synthesis, suggesting that FVIIa may be an independent risk factor for cardiovascular disease.
  • Change in diurnal blood pressure ryhythm due to small lacunar infarct
    Lancet 344 200 1994年 [査読無し][通常論文]
  • Factor VII hyperactivity and ischaemic heart disease
    Lancet 343 233 1994年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2008年 自治医科大学優秀論文賞
     
    受賞者: 苅尾 七臣
  • 2007年 井村臨床研究奨励賞
     JPN
  • 2005年 American Society of Hypertension, Hypertension issues in the Japanese population, Symposium Award
  • 2004年 日本心臓病学会・臨床研究最優秀論文賞
     JPN
  • 2003年 日本内科学会・研究奨励賞
     JPN
  • 2001年 日本高血圧学会・研究奨励賞
     JPN
  • 2001年 日本心臓病学会・研究奨励賞
     JPN
  • 1999年 Eastern Society of Hypertension,Young Investigator Award
  • 1998年 平成10年度日本止血血拾学会研究奨励賞
     JPN
  • 1997年 自治医科大学研究奨励賞
     JPN
  • 1996年 第6回地域保健医療研究奨励賞
     JPN
  • 1995年 平成7年度学術論文 最優秀賞
     JPN

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ITマルチトリガー夜間家庭血圧モニタリングシステムの開発と臨床応用
    科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2014年04月 -2019年03月 
    代表者 : 苅尾 七臣
  • 夜間睡眠時トリガ-血圧測定計の開発と臨床応用へ向けた国際多施設研究への展開
    日本人における家庭血圧の予後推定能に関する研究
  • 急性期脳卒中への内科複合治療の確立に関する研究
  • 日本人における大脳白質病変の老年症候群に及ぼす作用と危険因子の解明に関する
  • Blood pressure management using cellular phone
  • Development of a new blood pressure monitoring device
  • Ischemic Heart Disease and Hypercoagulability
  • Hypertension in the Elderly

委員歴

  • 1997年   日本血栓止血学会   評議員   日本血栓止血学会
  • 1996年   日本老年医学会   評議員   日本老年医学会
  • American Society of Hypertension   Faculty   American Society of Hypertension
  • American Heart Association   Fellow   American Heart Association
  • American College of Physician   Fellow   American College of Physician
  • American College of Cardiology   Fellow   American College of Cardiology
  • 日本内科学会   専門医、指導医   日本内科学会
  • 日本自律神経学会   評議員   日本自律神経学会
  • 日本高血圧学会   評議員、Fellow   日本高血圧学会
  • 日本心臓病学会   評議員、Fellow   日本心臓病学会
  • 日本循環器学会   専門医   日本循環器学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.