詳細検索はこちら

丹波 嘉一郎 タンバ カイチロウ

所属部署名緩和ケア部
職名教授ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    1984年自治医科大学卒。千葉県での義務年限後,1993年自治医科大学腎臓内科入局。1997年アラバマ大学バーミングハム校腎臓内科留学。2000年総合診療部講師。同大附属病院緩和ケア委員となる。2005年アルバータ大学地域緩和ケアプログラムにて3ヶ月緩和ケア研修医。2006年緩和ケア部助教授。2009年~附属病院緩和ケア部教授。2010年~2013年緩和医療講座(寄付講座)教授。

研究キーワード

    緩和ケア, 予後予測, 詩歌療法, 医学教育

研究分野

  • 境界医学 / 医療社会学
  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学) / 緩和ケア
  • 内科系臨床医学 / 腎臓内科学

経歴

  • 自治医科大学(JMU)(教授)
  • 2013年04月
    -
    現在
    自治医科大学附属病院 緩和ケア部(教授)
  • 2010年04月
    -
    2013年03月
    緩和医療講座(教授)
  • 2009年
    -
    2010年03月
    緩和ケア部(教授)
  • 2006年
    -
    2009年
    緩和ケア部(准教授)

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本緩和医療学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本緩和医療学会

学位

  • 医学博士

研究活動

MISC

  • 血清シスタチンCによる前向きの腎臓機能評価-各種腎機能パラメーターとの比較-
    日本腎臓学会誌 Vol43. P646-P650 2001年
  • Epithelial Sodium Channels Expressed in Xenopus Oocytes Are Activated by cyclic-AMP.
    Clinical and Experimental Nephrology 6 195-201 2002年
  • The use of personalized poems in palliative care: one Japanese professional's experience
    International Journal of Palliative Nursing Vol. 10, p534-536 2004年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 血清シスタチンCによる前向きの腎臓機能評価-各種腎機能パラメーターとの比較-
    日本腎臓学会誌 Vol43. P646-P650 2001年
  • Epithelial Sodium Channels Expressed in Xenopus Oocytes Are Activated by cyclic-AMP.
    Clinical and Experimental Nephrology 6 195-201 2002年
  • The use of personalized poems in palliative care: one Japanese professional's experience
    International Journal of Palliative Nursing Vol. 10, p534-536 2004年

書籍等出版物

  • 治癒を望めない造血器腫瘍患者への医療と看護
    室井 一男,丹波 嘉一郎 他(担当:共編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2012年09月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 治癒を望めない造血器腫瘍患者への医療と看護
    室井 一男,丹波 嘉一郎 他(担当:共編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2012年 09月

外部的資金

  • シスタチンCの腎機能評価における位置づけ
  • 院内独自の緩和ケアマニュアルの作成とその効果
  • 緩和ケアと詩歌療法
  • 一般医と腎専門医の慢性腎不全への対応の相違
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • シスタチンCの腎機能評価における位置づけ
  • 院内独自の緩和ケアマニュアルの作成とその効果
  • 緩和ケアと詩歌療法
  • 一般医と腎専門医の慢性腎不全への対応の相違


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.