詳細検索はこちら

久米 晃啓 クメ アキヒロ

所属部署名臨床研究支援センター
職名教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    レギュラトリーサイエンス, 遺伝子治療

研究分野

  • 生物科学 / 分子生物学
  • 生物科学 / 細胞生物学
  • 内科系臨床医学 / 血液内科学
  • 内科系臨床医学 / 小児科学

経歴

  • 1992年
    -
    1994年
    インディアナ大学 ポストドクトラルフェロー
  • 1994年
    -
    1996年
    熊本大学 助手
  • 1996年
    -
    2016年
    自治医科大学 講師/助教授/准教授
  • 2014年
    -
    2016年
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部(主任専門員)
  • 2016年
    -
    現在
    自治医科大学(教授)

学歴

  • -
    1990年
    東北大学 医学研究科 小児科学(日本)
  • -
    1984年
    東北大学(日本)

所属学協会

  • 日本小児科学会
  • 日本生化学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本遺伝子治療学会
  • 日本血液学会
  • アメリカ遺伝子治療学会
  • アメリカ血液学会
  • 日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本小児科学会
  • 日本生化学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本遺伝子治療学会
  • 日本血液学会
  • アメリカ遺伝子治療学会
  • アメリカ血液学会
  • 日本癌学会

委員歴

  • 2012年
    -
    現在
    日本遺伝子治療学会 理事
  • 1998年
    日本遺伝子治療学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2012年
    -
    現在
    日本遺伝子治療学会 理事
  • 1998年
    日本遺伝子治療学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • AAV6-Mediated IL-10 Expression in the Lung Ameliorates Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis in Mice.
    Kurosaki F, Uchibori R, Sehara Y, Saga Y, Urabe M, Mizukami H, Hagiwara K, Kume A
    Human gene therapy 29(11) 1242-1251 2018年11月
  • Eradication of cervical cancer in vivo by an AAV vector that encodes shRNA targeting human papillomavirus type 16 E6/E7.
    Sato N, Saga Y, Uchibori R, Tsukahara T, Urabe M, Kume A, Fujiwara H, Suzuki M, Ozawa K, Mizukami H
    International journal of oncology 52(3) 687-696 2018年03月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • AAV6-Mediated IL-10 Expression in the Lung Ameliorates Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis in Mice.
    Kurosaki F, Uchibori R, Sehara Y, Saga Y, Urabe M, Mizukami H, Hagiwara K, Kume A
    Human gene therapy 29(11) 1242-1251 2018年11月
  • Eradication of cervical cancer in vivo by an AAV vector that encodes shRNA targeting human papillomavirus type 16 E6/E7.
    Sato N, Saga Y, Uchibori R, Tsukahara T, Urabe M, Kume A, Fujiwara H, Suzuki M, Ozawa K, Mizukami H
    International journal of oncology 52(3) 687-696 2018年03月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • 【今、着実に実り始めた遺伝子治療-最新研究と今後の展開】 (第7章)遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療関連規制
    久米 晃啓
    遺伝子医学MOOK(30) 282 2016年06月
  • Novel anti-tumor mechanism of galanin receptor type 2 in head and neck squamous cell carcinoma cells.
    Uehara T, Kanazawa T, Mizukami H, Uchibori R, Tsukahara T, Urabe M, Kume A, Misawa K, Carey TE, Suzuki M, Ichimura K, Ozawa K
    Cancer science 105(1) 72-80 2014年01月
  • Suppression of lymph node and lung metastases of endometrial cancer by muscle-mediated expression of soluble vascular endothelial growth factor receptor-3.
    Takahashi K, Mizukami H, Saga Y, Takei Y, Urabe M, Kume A, Machida S, Fujiwara H, Suzuki M, Ozawa K
    Cancer science 104(8) 1107-1111 2013年08月
  • CD19 target-engineered T-cells accumulate at tumor lesions in human B-cell lymphoma xenograft mouse models.
    Tsukahara T, Ohmine K, Yamamoto C, Uchibori R, Ido H, Teruya T, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Nakamura M, Mineno J, Takesako K, Riviere I, Sadelain M, Brentjens R, Ozawa K
    Biochemical and biophysical research communications 438(1) 84-89 2013年08月
  • NF-κB activity regulates mesenchymal stem cell accumulation at tumor sites.
    Uchibori R, Tsukahara T, Mizuguchi H, Saga Y, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Ozawa K
    Cancer research 73(1) 364-372 2013年01月
  • An R132H mutation in isocitrate dehydrogenase 1 enhances p21 expression and inhibits phosphorylation of retinoblastoma protein in glioma cells.
    Miyata S, Urabe M, Gomi A, Nagai M, Yamaguchi T, Tsukahara T, Mizukami H, Kume A, Ozawa K, Watanabe E
    Neurologia medico-chirurgica 53(10) 645-654 2013年
  • Recovery of neurogenic amines in phenylketonuria mice after liver-targeted gene therapy.
    Yagi H, Sanechika S, Ichinose H, Sumi-Ichinose C, Mizukami H, Urabe M, Ozawa K, Kume A
    Neuroreport 23(1) 30-34 2012年01月
  • Development of a mouse model for lymph node metastasis with endometrial cancer.
    Takahashi K, Saga Y, Mizukami H, Takei Y, Urabe M, Kume A, Suzuki M, Ozawa K
    Cancer science 102(12) 2272-2277 2011年12月
  • Complete restoration of phenylalanine oxidation in phenylketonuria mouse by a self-complementary adeno-associated virus vector.
    Yagi H, Ogura T, Mizukami H, Urabe M, Hamada H, Yoshikawa H, Ozawa K, Kume A
    The journal of gene medicine 13(2) 114-122 2011年02月
  • A phase I study of aromatic L-amino acid decarboxylase gene therapy for Parkinson's disease.
    Muramatsu S, Fujimoto K, Kato S, Mizukami H, Asari S, Ikeguchi K, Kawakami T, Urabe M, Kume A, Sato T, Watanabe E, Ozawa K, Nakano I
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 18(9) 1731-1735 2010年09月
  • Kinetics and effect of integrin expression on human CD34(+) cells during murine leukemia virus-derived retroviral transduction with recombinant fibronectin for stem cell gene therapy.
    Horiuchi Y, Onodera M, Miyagawa Y, Sato B, Onda K, Katagiri YU, Okita H, Okada M, Otsu M, Kume A, Okuyama T, Fujimoto J, Kuratsuji T, Kiyokawa N
    Human gene therapy 20(7) 777-783 2009年07月
  • Retroviral vector-producing mesenchymal stem cells for targeted suicide cancer gene therapy.
    Uchibori R, Okada T, Ito T, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Ozawa K
    The journal of gene medicine 11(5) 373-381 2009年05月
  • Genomic organization of regions that regulate chicken glycine decarboxylase gene transcription: physiological and pathological implications.
    Kawaguchi H, Okamoto S, Sikdar D, Kume A, Li F, Mohafez OM, Shehata MH, Hiraga K
    Gene 432(1-2) 7-18 2009年03月
  • Cell and gene therapy using mesenchymal stem cells (MSCs).
    Ozawa K, Sato K, Oh I, Ozaki K, Uchibori R, Obara Y, Kikuchi Y, Ito T, Okada T, Urabe M, Mizukami H, Kume A
    Journal of autoimmunity 30(3) 121-127 2008年05月
  • Adeno-associated virus vector-mediated systemic interleukin-10 expression ameliorates hypertensive organ damage in Dahl salt-sensitive rats.
    Nonaka-Sarukawa M, Okada T, Ito T, Yamamoto K, Yoshioka T, Nomoto T, Hojo Y, Shimpo M, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Ikeda U, Shimada K, Ozawa K
    The journal of gene medicine 10(4) 368-374 2008年04月
  • Protection against aminoglycoside-induced ototoxicity by regulated AAV vector-mediated GDNF gene transfer into the cochlea.
    Liu Y, Okada T, Shimazaki K, Sheykholeslami K, Nomoto T, Muramatsu S, Mizukami H, Kume A, Xiao S, Ichimura K, Ozawa K
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 16(3) 474-480 2008年03月
  • Protection Against Aminoglycoside-induced Ototoxicity by Regulated AAV Vector-mediated GDNF Gene Transfer Into the Cochlea.
    Liu Y, Okada T, Shimazaki K, Sheykholeslami K, Nomoto T, Muramatsu SI, Mizukami H, Kume A, Xiao S, Ichimura K, Ozawa K
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 16(3) 474-480 2008年03月
  • Adenoassociated virus-mediated prostacyclin synthase expression prevents pulmonary arterial hypertension in rats.
    Ito T, Okada T, Mimuro J, Miyashita H, Uchibori R, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Takahashi M, Ikeda U, Sakata Y, Shimada K, Ozawa K
    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979) 50(3) 531-536 2007年09月
  • Interleukin-10 expression mediated by an adeno-associated virus vector prevents monocrotaline-induced pulmonary arterial hypertension in rats.
    Ito T, Okada T, Miyashita H, Nomoto T, Nonaka-Sarukawa M, Uchibori R, Maeda Y, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Takahashi M, Ikeda U, Shimada K, Ozawa K
    Circulation research 101(7) 734-741 2007年09月

外部的資金

  • 造血幹細胞の増殖および分化
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1994年 - 2003年
  • 遺伝子治療ベクターの開発
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1996年 - 2013年
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 造血幹細胞の増殖および分化
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1994年 - 2003年
  • 遺伝子治療ベクターの開発
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1996年 - 2013年

Works

  • 造血幹細胞を用いる遺伝子治療技術の開発:遺伝子導入細胞の選択*増幅法に関する研究
    発表年 : 1999年-2000年
Worksを全て表示する
  • 造血幹細胞を用いる遺伝子治療技術の開発:遺伝子導入細胞の選択*増幅法に関する研究
    発表年 : 1999年-2000年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.