研究者総覧

丹波 美織 (タンバ ミオ)

  • 病理診断部 助教
メールアドレス: r1332tmjichi.ac.jp
Last Updated :2021/12/04

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 消化管   人体病理   

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学

経歴

  • 2013年04月 - 現在  自治医科大学附属病院病理診断部臨床助教

学歴

  • 2007年04月 - 2013年03月   東京女子医科大学   医学部

所属学協会

  • 日本臨床細胞学会   日本病理学会   

研究活動情報

論文

  • Tsunoda M, Miura Y, Osawa H, Khurelbaatar T, Sakaguchi M, Fukuda H, Lefor AK, Yamamoto H
    Clinical endoscopy 52 5 497 - 501 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • Mio Tamba-Sakaguchi, Hisashi Oshiro, Daisuke Minakata, Miki Yanagita, Toshikatsu Kohri, Takaaki Nikaido, Midori Kikuchi, Tomoko Suzuki, Taichiro Yoshimoto, Noriyoshi Fukushima
    Diagnostic cytopathology 46 12 1077 - 1080 2018年12月 [査読有り][通常論文]
  • Chihiro Iwashita, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Yuji Ino, Hiroyuki Osawa, Mio Tamba, Kohei Morita, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies 27 3 171 - 176 2018年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: A submucosal cushion of sodium hyaluronate facilitates gastric and colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD). However, few studies have evaluated the utility of sodium hyaluronate for ESD of esophageal lesions. The aim of this study is to evaluate the utility and safety of sodium hyaluronate for ESD of superficial esophageal squamous cell neoplasms (ESCN). Material and methods: We retrospectively reviewed 111 ESCN in 86 patients treated by ESD between September 2007 and April 2013. There were four double cancers, with 107 ESD procedures analyzed. Results: The en bloc resection rate was 99% (106/107). The R0 resection rate was 93% (99/107). Of 106 specimens resected en bloc, four specimens had a positive horizontal margin, two specimens had non-assessable horizontal margins and one specimen had non-assessable horizontal and vertical margins. One patient with a non-assessable horizontal margin developed local recurrence seven months later, treated by repeat ESD. Delayed bleeding occurred in two procedures (2%), and intra-procedural perforation occurred in four (4%). None required operative repair. Endoscopy trainees performed 33 of 107 (31%) ESD procedures. Post-ESD stenosis requiring dilation occurred following five procedures (5%). Conclusions: Sodium hyaluronate for ESD of ESCN achieves a high R0 resection rate with a low rate of adverse events.

MISC

  • 坂口 美織, 大城 久, 笹島 ゆう子, 吉本 多一郎, 小柳 貴裕, 竹井 裕二, 藤原 寛行, 松原 大祐, 仁木 利郎, 福嶋 敬宜 日本臨床細胞学会雑誌 58 (Suppl.1) 277 -277 2019年05月 [査読無し][通常論文]
  • ヘリコバクターピロリ除菌後発見胃癌の臨床病理学的特徴
    坂口 美織, 三浦 義正, 池田 恵理子, 大澤 博之, 福嶋 敬宜 日本病理学会会誌 108 (1) 370 -371 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【EUSによる消化管疾患の診断-現状と最新の話題】小腸腫瘍・十二指腸腫瘍のEUS診断
    三浦 義正, 矢野 智則, 坂口 美織, 井野 裕治, 角田 真人, Khurelbaatar Tsevelnorov, 小林 泰俊, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 福嶋 敬宜, 山本 博徳 胃と腸 53 (13) 1747 -1755 2018年12月 [査読無し][通常論文]
     
    <文献概要>小腸腫瘍の治療前評価における超音波内視鏡(EUS)の役割は,質的診断と腫瘍深度診断であり,内視鏡治療に直結するため重要である.しかし,小腸腫瘍は上皮性腫瘍,非上皮性腫瘍共に発見時に内視鏡治療になる可能性は低いため,臨床でのEUSの使用は限られる.一方,Helicobacter pylori陰性者が増加する中で,十二指腸腫瘍を発見・治療する機会が増えている.特に表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍(SNADET)の治療においては,腫瘍のサイズ,形態,リスク・ベネフィットを考慮して治療法を選択するが,EUSは手技の安全性を確保する上で重要である.本稿では,小腸腫瘍に対する診断・治療について,実臨床で比較的遭遇する疾患を中心に解説する.
  • 胸水中への脊索腫細胞の出現を証明しえた1例
    丹波 美織, 大城 久, 柳田 美樹, 郡 俊勝, 鈴木 智子, 芳賀 美子, 織田 智博, 二階堂 貴章, 仁木 利郎, 福嶋 敬宜 日本臨床細胞学会雑誌 57 (Suppl.1) 248 -248 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 不正子宮出血を契機に再発が確認された急性骨髄性白血病の一例
    丹波 美織, 大城 久, 柳田 美樹, 郡 俊勝, 鈴木 智子, 芳賀 美子, 蘆澤 健太郎, 田畑 憲一, 伊藤 淳史, 松原 大祐, 吉本 多一郎, 木原 淳, 天野 雄介, 仁木 利郎, 福嶋 敬宜 日本臨床細胞学会雑誌 56 (Suppl.2) 715 -715 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 悪性の診断にFISH法が有用であった乳管内癌を伴う乳腺腺筋上皮腫の一例
    丹波 美織, 天野 雄介, 増田 しのぶ, 森田 剛平, 仁木 利郎, 福嶋 敬宜 日本病理学会会誌 106 (1) 490 -490 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • Salivary duct carcinomaの一例
    丹波 美織, 森山 彩加, 増田 昭博, 山本 智子, 澤田 達男, 柴田 亮行 日本病理学会会誌 102 (1) 496 -496 2013年04月 [査読無し][通常論文]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.