詳細検索はこちら

早川 盛禎 ハヤカワ モリサダ

所属部署名生化学講座病態生化学部門
職名講師ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/medicine/about/department/basic/biochemistry/pathophysiology/index.html

プロフィール

研究キーワード

    アレルギー, 遺伝子発現, 喘息, サイトカイン

研究分野

  • 生物科学 / 分子生物学
  • 基礎医学 / 病態医化学
  • 基礎医学 / 免疫学

経歴

  • 2000年04月
    -
    2005年09月
    自治医科大学 医学部(助手)
  • 2005年10月
    -
    2006年10月
    自治医科大学 医学部(講師)
  • 2006年11月
    -
    2009年01月
    自治医科大学 医学部・医学研究科(講師)
  • 2009年02月
    -
    2011年01月
    ハーバード大学 マサチューセッツ総合病院・皮膚科学研究所(研究員)
  • 2011年01月
    -
    現在
    自治医科大学 医学部・医学研究科(講師)

学歴

  • -
    2000年
    自治医科大学 医学研究科 生体分子医学専攻(日本)
  • -
    1995年
    北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 機能科学専攻
  • -
    1993年
    日本大学 農獣医学部 応用生物科学科(日本)

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会
  • アメリカ生化学・分子生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会
  • アメリカ生化学・分子生物学会

委員歴

  • 2012年04月
    -
    現在
    日本生化学会 関東支部 幹事(栃木県)
  • 2012年10月
    -
    2013年09月
    日本生化学会 代議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2012年04月
    -
    現在
    日本生化学会 関東支部 幹事(栃木県)
  • 2012年10月
    -
    2013年09月
    日本生化学会 代議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Interleukin-4-induced β-catenin regulates the conversion of macrophages to multinucleated giant cells.
    Binder F, Hayakawa M, Choo MK, Sano Y, Park JM
    Molecular immunology 54 157-163 2013年06月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430 969-974 2013年01月
  • YM-175 induces apoptosis of human native monocyte-lineage cells via inhibition of prenylation.
    Miwa A, Takezako N, Hayakawa H, Hayakawa M, Tominaga S, Yanagisawa K
    American journal of hematology 87 1084-1088 2012年12月
  • Cell type-specific targeting dissociates the therapeutic from the adverse effects of protein kinase inhibition in allergic skin disease.
    Ritprajak P, Hayakawa M, Sano Y, Otsu K, Park JM
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109 9089-9094 2012年06月
  • Characterization of ST2 transgenic mice with resistance to IL-33.
    Ohto-Ozaki H, Kuroiwa K, Mato N, Matsuyama Y, Hayakawa M, Tamemoto H, Tominaga S
    European journal of immunology 40 2632-2642 2010年09月
  • ST2 gene expression is proliferation-dependent and its ligand, IL-33, induces inflammatory reaction in endothelial cells.
    Aoki S, Hayakawa M, Ozaki H, Takezako N, Obata H, Ibaraki N, Tsuru T, Tominaga S, Yanagisawa K
    Molecular and cellular biochemistry 335 75-81 2010年02月
  • Increased levels of interleukin 33 in sera and synovial fluid from patients with active rheumatoid arthritis.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Tamemoto H, Kimura H, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Hayakawa M, Iwamoto M, Yoshio T, Tominaga S, Minota S
    The Journal of rheumatology 37 18-25 2010年01月
  • Mature interleukin-33 is produced by calpain-mediated cleavage in vivo.
    Hayakawa M, Hayakawa H, Matsuyama Y, Tamemoto H, Okazaki H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 387 218-222 2009年09月
  • Interleukin-1 receptor-related protein ST2 suppresses the initial stage of bleomycin-induced lung injury.
    Mato N, Fujii M, Hakamata Y, Kobayashi E, Sato A, Hayakawa M, Ohto-Ozaki H, Bando M, Ohno S, Tominaga S, Sugiyama Y
    The European respiratory journal 33 1415-1428 2009年06月
  • TRAF6 is a critical signal transducer in IL-33 signaling pathway.
    Funakoshi-Tago M, Tago K, Hayakawa M, Tominaga S, Ohshio T, Sonoda Y, Kasahara T
    Cellular signalling 20 1679-1686 2008年09月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Interleukin-4-induced β-catenin regulates the conversion of macrophages to multinucleated giant cells.
    Binder F, Hayakawa M, Choo MK, Sano Y, Park JM
    Molecular immunology 54 157-163 2013年06月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430 969-974 2013年01月
  • YM-175 induces apoptosis of human native monocyte-lineage cells via inhibition of prenylation.
    Miwa A, Takezako N, Hayakawa H, Hayakawa M, Tominaga S, Yanagisawa K
    American journal of hematology 87 1084-1088 2012年12月
  • Cell type-specific targeting dissociates the therapeutic from the adverse effects of protein kinase inhibition in allergic skin disease.
    Ritprajak P, Hayakawa M, Sano Y, Otsu K, Park JM
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109 9089-9094 2012年06月
  • Characterization of ST2 transgenic mice with resistance to IL-33.
    Ohto-Ozaki H, Kuroiwa K, Mato N, Matsuyama Y, Hayakawa M, Tamemoto H, Tominaga S
    European journal of immunology 40 2632-2642 2010年09月
  • ST2 gene expression is proliferation-dependent and its ligand, IL-33, induces inflammatory reaction in endothelial cells.
    Aoki S, Hayakawa M, Ozaki H, Takezako N, Obata H, Ibaraki N, Tsuru T, Tominaga S, Yanagisawa K
    Molecular and cellular biochemistry 335 75-81 2010年02月
  • Increased levels of interleukin 33 in sera and synovial fluid from patients with active rheumatoid arthritis.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Tamemoto H, Kimura H, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Hayakawa M, Iwamoto M, Yoshio T, Tominaga S, Minota S
    The Journal of rheumatology 37 18-25 2010年01月
  • Mature interleukin-33 is produced by calpain-mediated cleavage in vivo.
    Hayakawa M, Hayakawa H, Matsuyama Y, Tamemoto H, Okazaki H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 387 218-222 2009年09月
  • Interleukin-1 receptor-related protein ST2 suppresses the initial stage of bleomycin-induced lung injury.
    Mato N, Fujii M, Hakamata Y, Kobayashi E, Sato A, Hayakawa M, Ohto-Ozaki H, Bando M, Ohno S, Tominaga S, Sugiyama Y
    The European respiratory journal 33 1415-1428 2009年06月
  • TRAF6 is a critical signal transducer in IL-33 signaling pathway.
    Funakoshi-Tago M, Tago K, Hayakawa M, Tominaga S, Ohshio T, Sonoda Y, Kasahara T
    Cellular signalling 20 1679-1686 2008年09月
  • Soluble ST2 blocks interleukin-33 signaling in allergic airway inflammation.
    Hayakawa H, Hayakawa M, Kume A, Tominaga S
    The Journal of biological chemistry 282 26369-26380 2007年09月
  • SNIP1 is a candidate modifier of the transcriptional activity of c-Myc on E box-dependent target genes.
    Fujii M, Lyakh LA, Bracken CP, Fukuoka J, Hayakawa M, Tsukiyama T, Soll SJ, Harris M, Rocha S, Roche KC, Tominaga S, Jen J, Perkins ND, Lechleider RJ, Roberts AB
    Molecular cell 24 771-783 2006年12月
  • ST2 suppresses IL-6 production via the inhibition of IkappaB degradation induced by the LPS signal in THP-1 cells.
    Takezako N, Hayakawa M, Hayakawa H, Aoki S, Yanagisawa K, Endo H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 341 425-432 2006年03月
  • T-helper type 2 cell-specific expression of the ST2 gene is regulated by transcription factor GATA-3.
    Hayakawa M, Yanagisawa K, Aoki S, Hayakawa H, Takezako N, Tominaga S
    Biochimica et biophysica acta 1728 53-64 2005年04月
  • Molecular cloning of the chicken ST2 gene and a novel variant form of the ST2 gene product, ST2LV.
    Iwahana H, Hayakawa M, Kuroiwa K, Tago K, Yanagisawa K, Noji S, Tominaga S
    Biochimica et biophysica acta 1681 1-14 2004年11月
  • A novel splice variant of mouse interleukin-1-receptor-associated kinase-1 (IRAK-1) activates nuclear factor-kappaB (NF-kappaB) and c-Jun N-terminal kinase (JNK).
    Yanagisawa K, Tago K, Hayakawa M, Ohki M, Iwahana H, Tominaga S
    The Biochemical journal 370 159-166 2003年02月
  • Muscle-specific exonic splicing silencer for exon exclusion in human ATP synthase gamma-subunit pre-mRNA.
    Hayakawa M, Sakashita E, Ueno E, Tominaga S, Hamamoto T, Kagawa Y, Endo H
    The Journal of biological chemistry 277 6974-6984 2002年03月
  • Presence of a genistein-responsive inhibitory mechanism on interleukin-1alpha-induced NF-kappaB activation.
    Tago K, Funakoshi M, Mano H, Yanagisawa K, Hayakawa M, Kuroiwa K, Iwahana H, Kasahara T, Tominaga S
    European journal of biochemistry / FEBS 268 6526-6533 2001年12月
  • Tissue distribution and subcellular localization of a variant form of the human ST2 gene product, ST2V.
    Tago K, Noda T, Hayakawa M, Iwahana H, Yanagisawa K, Yashiro T, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 285 1377-1383 2001年08月
  • Differential regulation of exonic regulatory elements for muscle-specific alternative splicing during myogenesis and cardiogenesis.
    Ichida M, Hakamata Y, Hayakawa M, Ueno E, Ikeda U, Shimada K, Hamamoto T, Kagawa Y, Endo H
    The Journal of biological chemistry 275 15992-16001 2000年05月
  • Acidic stimulation induces a negative regulatory factor that affects alternative exon selection in vitro in human ATP synthase gamma-subunit pre-mRNA.
    Hayakawa M, Endo H, Hamamoto T, Kagawa Y
    Biochemical and biophysical research communications 251 603-608 1998年10月
  • Genes of human ATP synthase: their roles in physiology and aging.
    Kagawa Y, Hamamoto T, Endo H, Ichida M, Shibui H, Hayakawa M
    Bioscience reports 17 115-146 1997年04月
  • Loss of Functionally Redundant p38 Isoforms in T Cells Enhances Regulatory T Cell Induction.
    Hayakawa M, Hayakawa H, Petrova T, Ritprajak P, Sutavani RV, Jiménez-Andrade GY, Sano Y, Choo MK, Seavitt J, Venigalla RK, Otsu K, Georgopoulos K, Arthur JS, Park JM
    The Journal of biological chemistry 292(5) 1762-1772 2017年02月
  • Soluble ST2 suppresses the effect of interleukin-33 on lung type 2 innate lymphoid cells.
    23) Hayakawa H, Hayakawa M, Tominaga S
    Biochem Biophys Rep 5 401-407 2016年03月

MISC

  • Soluble ST2 controls allergic inflammation in a murine model of asthma
    早川裕子,早川盛禎
    FASEB JOURNAL 27 835.4 2013年04月
  • IL-33(Interleukin-33)
    早川盛禎
    日本生化学会会誌 83 253 2011年
  • 新規サイトカインIL‐31,IL‐32,IL‐33―基礎と臨床―IL‐33の基礎とアレルギー性炎症の誘導
    早川盛禎, 富永眞一
    炎症と免疫 18(6) 579-584 2010年10月
  • インターロイキン-33
    早川盛禎, 富永眞一
    分子細胞治療 7 376-377 2008年
  • Soluble ST2 suppresses ST2L-based IL-33 signaling pathway
    早川盛禎
    CYTOKINE 39 14-15 2007年07月
  • Incadronate can induce apoptosis in monocytic cells
    三輪哲義,竹迫直樹,早川盛禎
    HAEMATOLOGICA-THE HEMATOLOGY JOURNAL 92 135 2007年06月
  • ヘルパーT細胞(Th2)におけるST2遺伝子の発現制御機構の研究
    早川盛禎
    自治医科大学医学部紀要 25 114 2002年12月
  • ATP合成酵素γサブユニット遺伝子の筋特異的スプライシングのin vitro解析
    早川盛禎
    自治医科大学紀要 22 311 1999年12月
  • ATP synthase gamma subunits: Splicing in transgenic mice
    香川靖雄,早川盛禎,Cha SH
    FASEB JOURNAL 13 7 1999年04月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Soluble ST2 controls allergic inflammation in a murine model of asthma
    早川裕子,早川盛禎
    FASEB JOURNAL 27 835.4 2013年04月
  • IL-33(Interleukin-33)
    早川盛禎
    日本生化学会会誌 83 253 2011年
  • 新規サイトカインIL‐31,IL‐32,IL‐33―基礎と臨床―IL‐33の基礎とアレルギー性炎症の誘導
    早川盛禎, 富永眞一
    炎症と免疫 18(6) 579-584 2010年10月
  • インターロイキン-33
    早川盛禎, 富永眞一
    分子細胞治療 7 376-377 2008年
  • Soluble ST2 suppresses ST2L-based IL-33 signaling pathway
    早川盛禎
    CYTOKINE 39 14-15 2007年07月
  • Incadronate can induce apoptosis in monocytic cells
    三輪哲義,竹迫直樹,早川盛禎
    HAEMATOLOGICA-THE HEMATOLOGY JOURNAL 92 135 2007年06月
  • ヘルパーT細胞(Th2)におけるST2遺伝子の発現制御機構の研究
    早川盛禎
    自治医科大学医学部紀要 25 114 2002年12月
  • ATP合成酵素γサブユニット遺伝子の筋特異的スプライシングのin vitro解析
    早川盛禎
    自治医科大学紀要 22 311 1999年12月
  • ATP synthase gamma subunits: Splicing in transgenic mice
    香川靖雄,早川盛禎,Cha SH
    FASEB JOURNAL 13 7 1999年04月

受賞

  • 2011年 武田科学振興財団 医学系研究奨励受賞
  • 2008年 自治医科大学 自治医科大学優秀論文賞
  • 1998年 自治医科大学 自治医科大学大学院研究奨励賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2011年 武田科学振興財団 医学系研究奨励受賞
  • 2008年 自治医科大学 自治医科大学優秀論文賞
  • 1998年 自治医科大学 自治医科大学大学院研究奨励賞

外部的資金

  • IL-33デコイ受容体による皮膚炎症の制御
    コスメトロジー研究振興財団:研究助成
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 早川盛禎
  • 気管支喘息におけるアレルギー抑制因子の役割の解明
    武田科学振興財団:医学系研究奨励
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 早川盛禎
  • ST2遺伝子多型による構造変化と病気との関連
    :科学研究費補助金
    研究期間 :2010年 - 2013年 代表者 : 富永眞一
  • 気管支喘息の発症と病態における新規マーカー分子の役割
    :科学研究費補助金
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 早川盛禎
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • IL-33デコイ受容体による皮膚炎症の制御
    コスメトロジー研究振興財団:研究助成
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 早川盛禎
  • 気管支喘息におけるアレルギー抑制因子の役割の解明
    武田科学振興財団:医学系研究奨励
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 早川盛禎
  • ST2遺伝子多型による構造変化と病気との関連
    :科学研究費補助金
    研究期間 :2010年 - 2013年 代表者 : 富永眞一
  • 気管支喘息の発症と病態における新規マーカー分子の役割
    :科学研究費補助金
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 早川盛禎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.