詳細検索はこちら

村松 慎一 ムラマツ シンイチ

所属部署名東洋医学部門
職名教授ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    神経疾患の遺伝子治療法を開発しています。

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, 脳プロ, 遺伝子治療, パーキンソン病, ドパミン, アデノ随伴ウイルス, カニクイサル, PET, 大脳基底核, アルツハイマー病, レビー小体, ES細胞, Adeno-associated virus, Gene therapy

研究分野

  • 神経科学 / 神経科学一般
  • 内科系臨床医学 / 神経内科学

経歴

  • 2014年
    -
    現在
    東京大学医科学研究所(特任教授)
  • 2008年
    -
    現在
    自治医科大学(教授)
  • 1995年
    -
    1997年
    米国NIH NHLBI(visiting associate)

委員歴

  • -
    現在
    日本東洋医学会 理事
  • -
    現在
    日本遺伝子治療学会 代議員
  • -
    現在
    日本神経学会 代議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • -
    現在
    日本東洋医学会 理事
  • -
    現在
    日本遺伝子治療学会 代議員
  • -
    現在
    日本神経学会 代議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Neurotransmitter release: vacuolar ATPase V0 sector c-subunits in possible gene or cell therapies for Parkinson's, Alzheimer's, and psychiatric diseases.
    Higashida H, Yokoyama S, Tsuji C, Muramatsu SI
    The journal of physiological sciences : JPS 67(1) 11-17 2016年06月
  • Overexpression of Shati/Nat8l, an N-acetyltransferase, in the nucleus accumbens attenuates the response to methamphetamine via activation of group II mGluRs in mice.
    Miyamoto Y, Ishikawa Y, Iegaki N, Sumi K, Fu K, Sato K, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu SI, Nabeshima T, Uno K, Nitta A
    The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 17(8) 1-12 2014年02月
  • Evaluation of 6-11C-Methyl-m-Tyrosine as a PET Probe for Presynaptic Dopaminergic Activity: A Comparison PET Study with β-11C-l-DOPA and 18F-FDOPA in Parkinson Disease Monkeys.
    Kanazawa M, Ohba H, Harada N, Kakiuchi T, Muramatsu S, Tsukada H
    Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine 57(2) 303-308 2016年02月
  • Intrastriatal gene delivery of GDNF persistently attenuates methamphetamine self-administration and relapse in mice.
    Yan Y, Miyamoto Y, Nitta A, Muramatsu S, Ozawa K, Yamada K, Nabeshima T
    The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 16(7) 1559-1567 2013年08月
  • Rescue of amyotrophic lateral sclerosis phenotype in a mouse model by intravenous AAV9-ADAR2 delivery to motor neurons.
    Yamashita T, Chai HL, Teramoto S, Tsuji S, Shimazaki K, Muramatsu S, Kwak S
    EMBO molecular medicine 5(11) 1710-1719 2013年11月
  • A Novel Reporter Rat Strain That Conditionally Expresses the Bright Red Fluorescent Protein tdTomato.
    Igarashi H, Koizumi K, Kaneko R, Ikeda K, Egawa R, Yanagawa Y, Muramatsu S, Onimaru H, Ishizuka T, Yawo H
    PloS one 11(5) e0155687 2016年
  • Regulation of the dopaminergic system in a murine model of aromatic L-amino acid decarboxylase deficiency.
    Lee NC, Shieh YD, Chien YH, Tzen KY, Yu IS, Chen PW, Hu MH, Hu MK, Muramatsu S, Ichinose H, Hwu WL
    Neurobiology of disease 52 177-190 2013年04月
  • Freezing of Gait in Parkinson’s Disease Is Associated with Reduced 6-[18F]Fluoro-L-m-tyrosine Uptake in the Locus Coeruleus
    Ono SA, Sato T, Muramatsu S
    Parkinson's disease 2016 5430920 2016年
  • Induction of neuronal axon outgrowth by Shati/Nat8l by energy metabolism in mice cultured neurons.
    Sumi K, Uno K, Matsumura S, Miyamoto Y, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu S, Nabeshima T, Nitta A
    Neuroreport 26(13) 740-746 2015年09月
  • [IT network establishment for neuropatients].
    Abe K, Uchiyama S, Matsubara E, Muramatsu S, Atsuta N, Kitagawa K, Iguchi Y, Ooboshi H, Kaji R, Terao Y
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 53(11) 1155-1158 2013年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Neurotransmitter release: vacuolar ATPase V0 sector c-subunits in possible gene or cell therapies for Parkinson's, Alzheimer's, and psychiatric diseases.
    Higashida H, Yokoyama S, Tsuji C, Muramatsu SI
    The journal of physiological sciences : JPS 67(1) 11-17 2016年06月
  • Overexpression of Shati/Nat8l, an N-acetyltransferase, in the nucleus accumbens attenuates the response to methamphetamine via activation of group II mGluRs in mice.
    Miyamoto Y, Ishikawa Y, Iegaki N, Sumi K, Fu K, Sato K, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu SI, Nabeshima T, Uno K, Nitta A
    The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 17(8) 1-12 2014年02月
  • Evaluation of 6-11C-Methyl-m-Tyrosine as a PET Probe for Presynaptic Dopaminergic Activity: A Comparison PET Study with β-11C-l-DOPA and 18F-FDOPA in Parkinson Disease Monkeys.
    Kanazawa M, Ohba H, Harada N, Kakiuchi T, Muramatsu S, Tsukada H
    Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine 57(2) 303-308 2016年02月
  • Intrastriatal gene delivery of GDNF persistently attenuates methamphetamine self-administration and relapse in mice.
    Yan Y, Miyamoto Y, Nitta A, Muramatsu S, Ozawa K, Yamada K, Nabeshima T
    The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 16(7) 1559-1567 2013年08月
  • Rescue of amyotrophic lateral sclerosis phenotype in a mouse model by intravenous AAV9-ADAR2 delivery to motor neurons.
    Yamashita T, Chai HL, Teramoto S, Tsuji S, Shimazaki K, Muramatsu S, Kwak S
    EMBO molecular medicine 5(11) 1710-1719 2013年11月
  • A Novel Reporter Rat Strain That Conditionally Expresses the Bright Red Fluorescent Protein tdTomato.
    Igarashi H, Koizumi K, Kaneko R, Ikeda K, Egawa R, Yanagawa Y, Muramatsu S, Onimaru H, Ishizuka T, Yawo H
    PloS one 11(5) e0155687 2016年
  • Regulation of the dopaminergic system in a murine model of aromatic L-amino acid decarboxylase deficiency.
    Lee NC, Shieh YD, Chien YH, Tzen KY, Yu IS, Chen PW, Hu MH, Hu MK, Muramatsu S, Ichinose H, Hwu WL
    Neurobiology of disease 52 177-190 2013年04月
  • Freezing of Gait in Parkinson’s Disease Is Associated with Reduced 6-[18F]Fluoro-L-m-tyrosine Uptake in the Locus Coeruleus
    Ono SA, Sato T, Muramatsu S
    Parkinson's disease 2016 5430920 2016年
  • Induction of neuronal axon outgrowth by Shati/Nat8l by energy metabolism in mice cultured neurons.
    Sumi K, Uno K, Matsumura S, Miyamoto Y, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu S, Nabeshima T, Nitta A
    Neuroreport 26(13) 740-746 2015年09月
  • [IT network establishment for neuropatients].
    Abe K, Uchiyama S, Matsubara E, Muramatsu S, Atsuta N, Kitagawa K, Iguchi Y, Ooboshi H, Kaji R, Terao Y
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 53(11) 1155-1158 2013年
  • Na, K-ATPase α3 is a death target of Alzheimer patient amyloid-β assembly.
    Ohnishi T, Yanazawa M, Sasahara T, Kitamura Y, Hiroaki H, Fukazawa Y, Kii I, Nishiyama T, Kakita A, Takeda H, Takeuchi A, Arai Y, Ito A, Komura H, Hirao H, Satomura K, Inoue M, Muramatsu S, Matsui K, Tada M, Sato M, Saijo E, Shigemitsu Y, Sakai S, Umetsu Y, Goda N, Takino N, Takahashi H, Hagiwara M, Sawasaki T, Iwasaki G, Nakamura Y, Nabeshima Y, Teplow DB, Hoshi M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 112(32) E4465-74 2015年08月
  • Global brain delivery of neprilysin gene by intravascular administration of AAV vector in mice.
    Iwata N, Sekiguchi M, Hattori Y, Takahashi A, Asai M, Ji B, Higuchi M, Staufenbiel M, Muramatsu S, Saido TC
    Scientific reports 3 1472 2013年
  • [Basic knowledge about Kampo for neurologists].
    Muramatsu S
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 53(11) 934-937 2013年
  • Anterograde C1ql1 signaling is required in order to determine and maintain a single-winner climbing fiber in the mouse cerebellum.
    Kakegawa W, Mitakidis N, Miura E, Abe M, Matsuda K, Takeo YH, Kohda K, Motohashi J, Takahashi A, Nagao S, Muramatsu S, Watanabe M, Sakimura K, Aricescu AR, Yuzaki M
    Neuron 85(2) 316-329 2015年01月
  • Systemic delivery of tyrosine-mutant AAV vectors results in robust transduction of neurons in adult mice.
    Iida A, Takino N, Miyauchi H, Shimazaki K, Muramatsu S
    BioMed research international 2013 974819 2013年
  • HMGB1 facilitates repair of mitochondrial DNA damage and extends the lifespan of mutant ataxin-1 knock-in mice.
    Ito H, Fujita K, Tagawa K, Chen X, Homma H, Sasabe T, Shimizu J, Shimizu S, Tamura T, Muramatsu S, Okazawa H
    EMBO molecular medicine 7(1) 78-101 2014年12月
  • AADC deficiency: occurring in humans, modeled in rodents.
    Hwu WL, Lee NC, Chien YH, Muramatsu S, Ichinose H
    Advances in pharmacology (San Diego, Calif.) 68 273-284 2013年
  • [The role of a molecule associated with drug dependence, shati/nat8l].
    Miyamoto Y, Saika E, Hori E, Iegaki N, Sumi K, Nabeshima T, Muramatsu S, Nishijo H, Uno K, Nitta A
    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 33(4) 167-173 2013年08月
  • Current status of Kampo medicine curricula in all Japanese medical schools.
    Arai M, Katai S, Muramatsu S, Namiki T, Hanawa T, Izumi S
    BMC complementary and alternative medicine 12 207 2012年11月
  • Viral delivery of miR-196a ameliorates the SBMA phenotype via the silencing of CELF2.
    Miyazaki Y, Adachi H, Katsuno M, Minamiyama M, Jiang YM, Huang Z, Doi H, Matsumoto S, Kondo N, Iida M, Tohnai G, Tanaka F, Muramatsu SI, Sobue G
    Nature medicine 18(7) 1136-1141 2012年06月
  • Careful clinical observation is essential for diagnosis of Huntington's disease.
    Nakamura K, Ota M, Kawata A, Isozaki E, Muramatsu S, Matsubara S
    Arquivos de neuro-psiquiatria 70 646 2012年08月
  • Gene therapy for aromatic L-amino acid decarboxylase deficiency.
    Hwu WL, Muramatsu S, Tseng SH, Tzen KY, Lee NC, Chien YH, Snyder RO, Byrne BJ, Tai CH, Wu RM
    Science translational medicine 4(134) 134ra61 2012年05月
  • Dopamine release via the vacuolar ATPase V0 sector c-subunit, confirmed in N18 neuroblastoma cells, results in behavioral recovery in hemiparkinsonian mice.
    Jin D, Muramatsu SI, Shimizu N, Yokoyama S, Hirai H, Yamada K, Liu HX, Higashida C, Hashii M, Higashida A, Asano M, Ohkuma S, Higashida H
    Neurochemistry international 61(6) 907-912 2012年01月
  • Careful clinical observation is essential for diagnosis of Huntington's disease | Observação clínica cuidadosa é essencial para o diagnóstico da doença de Huntington
    Nakamura K, Ota M, Kawata A, Isozaki E, Muramatsu S, Matsubara S.
    Arquivos de Neuro-Psiquiatria 70(8) 645-649 2012年
  • Compensatory regulation of dopamine after ablation of the tyrosine hydroxylase gene in the nigrostriatal projection.
    Tokuoka H, Muramatsu S, Sumi-Ichinose C, Sakane H, Kojima M, Aso Y, Nomura T, Metzger D, Ichinose H
    The Journal of biological chemistry 286(50) 43549-43558 2011年12月
  • Gene therapy for Parkinson's disease
    Muramatsu S.-I.
    Clinical Neurology 52(11) 896-898 2012年
  • Subregional 6-[18F]fluoro-ʟ-m-tyrosine uptake in the striatum in Parkinson's disease.
    Asari S, Fujimoto K, Miyauchi A, Sato T, Nakano I, Muramatsu S
    BMC neurology 11 35 2011年03月
  • Hsp40 gene therapy exerts therapeutic effects on polyglutamine disease mice via a non-cell autonomous mechanism.
    Popiel HA, Takeuchi T, Fujita H, Yamamoto K, Ito C, Yamane H, Muramatsu S, Toda T, Wada K, Nagai Y
    PloS one 7(11) e51069 2012年
  • A pregnant woman with clinical and radiological findings compatible with posterior reversible encephalopathy syndrome in early pregnancy without discernable underlying disorders: Atypical type of this syndrom
    Matsubara S, Fujita A, Muramatsu S.-I, Usui R, Chikazawa K, Suzuki M.
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 37(8) 1137-1140 2011年
  • Rhabdomyolysis caused by tocolytic therapy with oral ritodrine hydrochloride in a pregnant woman with placenta previa: Is this a rare case with a latent predisposing condition?
    Matsubara S, Muramatsu S.-I.
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 37(6) 2011年
  • A phase I study of aromatic L-amino acid decarboxylase gene therapy for Parkinson's disease.
    Muramatsu S, Fujimoto K, Kato S, Mizukami H, Asari S, Ikeguchi K, Kawakami T, Urabe M, Kume A, Sato T, Watanabe E, Ozawa K, Nakano I
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 18(9) 1731-1735 2010年09月
  • Retinoid x receptor gamma control of affective behaviors involves dopaminergic signaling in mice.
    Krzyzosiak A, Szyszka-Niagolov M, Wietrzych M, Gobaille S, Muramatsu S, Krezel W
    Neuron 66(6) 908-920 2010年06月
  • Gene therapy in Alzheimer's disease -potential for disease modification.
    Nilsson P, Iwata N, Muramatsu SI, Tjernberg LO, Winblad B, Saido TC
    Journal of cellular and molecular medicine 2010年02月
  • Nurr1 is required for maintenance of maturing and adult midbrain dopamine neurons.
    Kadkhodaei B, Ito T, Joodmardi E, Mattsson B, Rouillard C, Carta M, Muramatsu S, Sumi-Ichinose C, Nomura T, Metzger D, Chambon P, Lindqvist E, Larsson NG, Olson L, Björklund A, Ichinose H, Perlmann T
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29 15923-15932 2009年12月
  • A convenient enzyme-linked immunosorbent assay for rapid screening of anti-adeno-associated virus neutralizing antibodies.
    Ito T, Yamamoto S, Hayashi T, Kodera M, Mizukami H, Ozawa K, Muramatsu S
    Annals of clinical biochemistry 46(6) 508-510 2009年11月
  • [Cell therapy for Parkinson disease]
    Muramatsu S
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 49(11) 890-892 2009年11月
  • Isolation and characterization of patient-derived, toxic, high mass amyloid beta-protein (Abeta) assembly from Alzheimer disease brains.
    Noguchi A, Matsumura S, Dezawa M, Tada M, Yanazawa M, Ito A, Akioka M, Kikuchi S, Sato M, Ideno S, Noda M, Fukunari A, Muramatsu S, Itokazu Y, Sato K, Takahashi H, Teplow DB, Nabeshima Y, Kakita A, Imahori K, Hoshi M
    The Journal of biological chemistry 284(47) 32895-32905 2009年11月
  • The cardiac pacemaker-specific channel Hcn4 is a direct transcriptional target of MEF2.
    Kuratomi S, Ohmori Y, Ito M, Shimazaki K, Muramatsu S, Mizukami H, Uosaki H, Yamashita JK, Arai Y, Kuwahara K, Takano M
    Cardiovascular research 83 682-687 2009年09月
  • Multitracer assessment of dopamine function after transplantation of embryonic stem cell-derived neural stem cells in a primate model of Parkinson's disease.
    Muramatsu S, Okuno T, Suzuki Y, Nakayama T, Kakiuchi T, Takino N, Iida A, Ono F, Terao K, Inoue N, Nakano I, Kondo Y, Tsukada H
    Synapse (New York, N.Y.) 63 541-548 2009年07月
  • Self-contained induction of neurons from human embryonic stem cells.
    Okuno T, Nakayama T, Konishi N, Michibata H, Wakimoto K, Suzuki Y, Nito S, Inaba T, Nakano I, Muramatsu S, Takano M, Kondo Y, Inoue N
    PloS one 4 e6318 2009年07月
  • Ablation of NMDA receptors enhances the excitability of hippocampal CA3 neurons.
    Fukushima F, Nakao K, Shinoe T, Fukaya M, Muramatsu S, Sakimura K, Kataoka H, Mori H, Watanabe M, Manabe T, Mishina M
    PloS one 4 e3993 2009年
  • ERas is expressed in primate embryonic stem cells but not related to tumorigenesis.
    Tanaka Y, Ikeda T, Kishi Y, Masuda S, Shibata H, Takeuchi K, Komura M, Iwanaka T, Muramatsu S, Kondo Y, Takahashi K, Yamanaka S, Hanazono Y
    Cell transplantation 18 381-389 2009年
  • Selective loss of nigral dopamine neurons induced by overexpression of truncated human alpha-synuclein in mice.
    Wakamatsu M, Ishii A, Iwata S, Sakagami J, Ukai Y, Ono M, Kanbe D, Muramatsu S, Kobayashi K, Iwatsubo T, Yoshimoto M
    Neurobiology of aging 29 574-585 2008年04月
  • Protection against aminoglycoside-induced ototoxicity by regulated AAV vector-mediated GDNF gene transfer into the cochlea.
    Liu Y, Okada T, Shimazaki K, Sheykholeslami K, Nomoto T, Muramatsu S, Mizukami H, Kume A, Xiao S, Ichimura K, Ozawa K
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 16 474-480 2008年03月
  • Variation in the incidence of teratomas after the transplantation of nonhuman primate ES cells into immunodeficient mice.
    Kishi Y, Tanaka Y, Shibata H, Nakamura S, Takeuchi K, Masuda S, Ikeda T, Muramatsu S, Hanazono Y
    Cell transplantation 17 1095-1102 2008年
  • Activated microglia affect the nigro-striatal dopamine neurons differently in neonatal and aged mice treated with 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine.
    Sawada H, Hishida R, Hirata Y, Ono K, Suzuki H, Muramatsu S, Nakano I, Nagatsu T, Sawada M
    Journal of neuroscience research 85 1752-1761 2007年06月
  • [Gene therapy for Parkinson's disease]
    Muramatsu S
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 59 425-430 2007年04月
  • Acupuncture and knee osteoarthritis.
    Muramatsu S
    Annals of internal medicine 146 147; author reply 148-9 2007年01月
  • Improved safety of hematopoietic transplantation with monkey embryonic stem cells in the allogeneic setting.
    Shibata H, Ageyama N, Tanaka Y, Kishi Y, Sasaki K, Nakamura S, Muramatsu S, Hayashi S, Kitano Y, Terao K, Hanazono Y
    Stem cells (Dayton, Ohio) 24(6) 1450-1457 2006年06月
  • Viral-mediated temporally controlled dopamine production in a rat model of Parkinson disease.
    Li XG, Okada T, Kodera M, Nara Y, Takino N, Muramatsu C, Ikeguchi K, Urano F, Ichinose H, Metzger D, Chambon P, Nakano I, Ozawa K, Muramatsu S
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 13 160-166 2006年01月
  • [Gene therapy for Parkinson's disease]
    Muramatsu S
    Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 63 Suppl 12 622-625 2005年12月
  • [Gene therapy and cell transplantation for Parkinson's disease]
    Muramatsu S
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 45 902-904 2005年11月
  • Specific and efficient transduction of Cochlear inner hair cells with recombinant adeno-associated virus type 3 vector.
    Liu Y, Okada T, Sheykholeslami K, Shimazaki K, Nomoto T, Muramatsu S, Kanazawa T, Takeuchi K, Ajalli R, Mizukami H, Kume A, Ichimura K, Ozawa K
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 12 725-733 2005年10月
  • Cerebrospinal fluid neprilysin is reduced in prodromal Alzheimer's disease.
    Maruyama M, Higuchi M, Takaki Y, Matsuba Y, Tanji H, Nemoto M, Tomita N, Matsui T, Iwata N, Mizukami H, Muramatsu S, Ozawa K, Saido TC, Arai H, Sasaki H
    Annals of neurology 57 832-842 2005年06月
  • Gene therapy for Parkinson's disease using recombinant adeno-associated viral vectors.
    Muramatsu S, Tsukada H, Nakano I, Ozawa K
    Expert opinion on biological therapy 5 663-671 2005年05月
  • Unrestricted hepatocyte transduction with adeno-associated virus serotype 8 vectors in mice.
    Nakai H, Fuess S, Storm TA, Muramatsu S, Nara Y, Kay MA
    Journal of virology 79(1) 214-224 2005年01月
  • [ES cell therapy for Parkinson's disease]
    Nara Y, Muramatsu S, Nakano I
    Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 62 1643-1647 2004年09月
  • Presynaptic localization of neprilysin contributes to efficient clearance of amyloid-beta peptide in mouse brain.
    Iwata N, Mizukami H, Shirotani K, Takaki Y, Muramatsu S, Lu B, Gerard NP, Gerard C, Ozawa K, Saido TC
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 24 991-998 2004年01月
  • Efficient gene transfer of a simian immuno-deficiency viral vector into cardiomyocytes derived from primate embryonic stem cells.
    Nagata M, Takahashi M, Muramatsu S, Ueda Y, Hanazono Y, Takeuchi K, Okada K, Suzuki Y, Kondo Y, Suemori M, Ikeda U, Nakano I, Kobayashi E, Hasegawa M, Ozawa K, Nakatsuji N, Shimada K
    The journal of gene medicine 5 921-928 2003年11月
  • Intramuscular injection of AAV-GDNF results in sustained expression of transgenic GDNF, and its delivery to spinal motoneurons by retrograde transport.
    Lu YY, Wang LJ, Muramatsu S, Ikeguchi K, Fujimoto K, Okada T, Mizukami H, Matsushita T, Hanazono Y, Kume A, Nagatsu T, Ozawa K, Nakano I
    Neuroscience research 45(1) 33-40 2003年01月
  • Adeno-associated viral vectors for Parkinson's disease.
    Muramatsu S, Wang L, Ikeguchi K, Fujimoto K, Nakano I, Okada T, Mizukami H, Hanazono Y, Kume A, Nakano I, Ozawa K
    International review of neurobiology 55 205-222 2003年
  • Adeno-associated virus vectors for gene transfer to the brain.
    Okada T, Nomoto T, Shimazaki K, Lijun W, Lu Y, Matsushita T, Mizukami H, Urabe M, Hanazono Y, Kume A, Muramatsu S, Nakano I, Ozawa K
    Methods (San Diego, Calif.) 28 237-247 2002年10月
  • Recombinant adeno-associated viral vectors bring gene therapy for Parkinson's disease closer to reality.
    Muramatsu S, Wang L, Ikeguchi K, Fujimoto K, Nakano I, Ozawa K
    Journal of neurology 249 Suppl 2 II36-40 2002年09月
  • Highly efficient gene transfer into primate embryonic stem cells with a simian lentivirus vector.
    Asano T, Hanazono Y, Ueda Y, Muramatsu S, Kume A, Suemori H, Suzuki Y, Kondo Y, Harii K, Hasegawa M, Nakatsuji N, Ozawa K
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 6 162-168 2002年08月
  • Neuroprotective effects of glial cell line-derived neurotrophic factor mediated by an adeno-associated virus vector in a transgenic animal model of amyotrophic lateral sclerosis.
    Wang LJ, Lu YY, Muramatsu S, Ikeguchi K, Fujimoto K, Okada T, Mizukami H, Matsushita T, Hanazono Y, Kume A, Nagatsu T, Ozawa K, Nakano I
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 22 6920-6928 2002年08月
  • [A case of Crow-Fukase syndrome with respiratory failure due to bilateral diaphragmatic paralysis]
    Namekawa M, Muramatsu S, Hashimoto R, Kawakami T, Fujimoto K, Nakano I
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 42 635-638 2002年07月
  • Behavioral recovery in a primate model of Parkinson's disease by triple transduction of striatal cells with adeno-associated viral vectors expressing dopamine-synthesizing enzymes.
    Muramatsu S, Fujimoto K, Ikeguchi K, Shizuma N, Kawasaki K, Ono F, Shen Y, Wang L, Mizukami H, Kume A, Matsumura M, Nagatsu I, Urano F, Ichinose H, Nagatsu T, Terao K, Nakano I, Ozawa K
    Human gene therapy 13 345-354 2002年02月
  • Gene therapy for mitochondrial disease by delivering restriction endonuclease SmaI into mitochondria.
    Tanaka M, Borgeld HJ, Zhang J, Muramatsu S, Gong JS, Yoneda M, Maruyama W, Naoi M, Ibi T, Sahashi K, Shamoto M, Fuku N, Kurata M, Yamada Y, Nishizawa K, Akao Y, Ohishi N, Miyabayashi S, Umemoto H, Muramatsu T, Furukawa K, Kikuchi A, Nakano I, Ozawa K, Yagi K
    Journal of biomedical science 9 534-541 2002年
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • Gene therapy for a mouse model of glucose transporter-1 deficiency syndrome.
    Nakamura S, Osaka H, Muramatsu SI, Takino N, Ito M, Aoki S, Jimbo EF, Shimazaki K, Onaka T, Ohtsuki S, Terasaki T, Yamagata T
    Molecular genetics and metabolism reports 10 67-74 2017年03月
  • Persistent Expression of Dopamine-Synthesizing Enzymes 15 Years after Gene Transfer in a Primate Model of Parkinson's Disease.
    Sehara Y, Fujimoto KI, Ikeguchi K, Katakai Y, Ono F, Takino N, Ito M, Ozawa K, Muramatsu SI
    Human gene therapy. Clinical development 2017年03月
  • RpA1 ameliorates symptoms of mutant ataxin-1 knock-in mice and enhances DNA damage repair.
    Taniguchi JB, Kondo K, Fujita K, Chen X, Homma H, Sudo T, Mao Y, Watase K, Tanaka T, Tagawa K, Tamura T, Muramatsu SI, Okazawa H
    Human molecular genetics 25(20) 4432-4447 2016年10月
  • An miRNA-mediated therapy for SCA6 blocks IRES-driven translation of the CACNA1A second cistron.
    Miyazaki Y, Du X, Muramatsu S, Gomez CM
    Science translational medicine 8(347) 347ra94 2016年07月
  • Benefits of Neuronal Preferential Systemic Gene Therapy for Neurotransmitter Deficiency.
    Lee NC, Muramatsu SI, Chien YH, Liu WS, Wang WH, Cheng CH, Hu MK, Chen PW, Tzen KY, Byrne BJ, Hwu WL
    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy 23(10) 1572-1581 2015年10月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「Yes」の立場から
    村松 慎一
    Frontiers in Parkinson Disease 9(4) 176 2016年11月
  • 【パーキンソン病-基礎・臨床の最新情報-】 パーキンソン病の遺伝子治療
    村松 慎一
    日本臨床 75(1) 146 2017年01月
  • ALS ALSの遺伝子治療
    村松 慎一
    神経治療学 33(5) S90 2016年10月
  • パーキンソン病にウイルスベクターを用いた遺伝子治療は可能か YES
    村松 慎一
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 10回 56 2016年10月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「Yes」の立場から
    村松 慎一
    Frontiers in Parkinson Disease 9(4) 176 2016年11月
  • 【パーキンソン病-基礎・臨床の最新情報-】 パーキンソン病の遺伝子治療
    村松 慎一
    日本臨床 75(1) 146 2017年01月
  • ALS ALSの遺伝子治療
    村松 慎一
    神経治療学 33(5) S90 2016年10月
  • パーキンソン病にウイルスベクターを用いた遺伝子治療は可能か YES
    村松 慎一
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 10回 56 2016年10月
  • 【こんな時は漢方でしょう!】 漢方診療の達人は語る 総合診療と漢方
    村松 慎一
    総合診療 26(3) 202 2016年03月
  • パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「Yes」の立場から
    村松 慎一
    Frontiers in Parkinson Disease 9(4) 176 2016年11月
  • 【パーキンソン病-基礎・臨床の最新情報-】 パーキンソン病の遺伝子治療
    村松 慎一
    日本臨床 75(1) 146 2017年01月
  • ALS ALSの遺伝子治療
    村松 慎一
    神経治療学 33(5) S90 2016年10月
  • パーキンソン病にウイルスベクターを用いた遺伝子治療は可能か YES
    村松 慎一
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 10回 56 2016年10月

MISC

  • パーキンソン病の再生医学 (第50回日本神経学会総会(2009年)) -- (シンポジウム パーキンソン病の病因・診断・治療研究の進歩)
    村松慎一
    臨床神経学 49(11) 890-892 2009年11月
  • 頭痛 (総合医に必要な漢方の知識--common diseaseに対する漢方治療) -- (症状・症候に対する漢方治療)
    村松慎一
    診断と治療 97(8) 1533-1535 2009年08月
  • 遺伝子治療 AADC(aromatic L-amino acid decarboxylase) gene (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (治療)
    村松慎一
    日本臨床 67 444-447 2009年06月
  • 遺伝子治療 GAD(glutamic acid decarboxylase) gene (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (治療)
    村松慎一
    日本臨床 67 448-451 2009年06月
  • 特集によせて (特集 頭痛と漢方)
    村松慎一
    漢方と最新治療 18(2) 87-89 2009年05月
  • 漢方宝談
    細野八郎, 村松慎一, 並木隆雄
    漢方の臨床 55(12) 1799-1827 2008年12月
  • コロンボ症候群
    村松慎一
    漢方の臨床 55(11) 1617-1619 2008年11月
  • 神経疾患の漢方治療
    柴原直利, 三谷和男, 若山育郎, 村松慎一
    漢方の臨床 55(8) 1151-1174 2008年08月
  • 漢方初心者のために インタビュー 村松慎一先生に聞く! 私の漢方修行--漢方を学ばれる方々へ
    村松慎一
    漢方療法 12(5) 422-427 2008年08月
  • 漢方初心者のために 基本の漢方処方(8)神経内科編
    村松慎一
    漢方療法 12(5) 414-420 2008年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • パーキンソン病の再生医学 (第50回日本神経学会総会(2009年)) -- (シンポジウム パーキンソン病の病因・診断・治療研究の進歩)
    村松慎一
    臨床神経学 49(11) 890-892 2009年11月
  • 頭痛 (総合医に必要な漢方の知識--common diseaseに対する漢方治療) -- (症状・症候に対する漢方治療)
    村松慎一
    診断と治療 97(8) 1533-1535 2009年08月
  • 遺伝子治療 AADC(aromatic L-amino acid decarboxylase) gene (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (治療)
    村松慎一
    日本臨床 67 444-447 2009年06月
  • 遺伝子治療 GAD(glutamic acid decarboxylase) gene (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (治療)
    村松慎一
    日本臨床 67 448-451 2009年06月
  • 特集によせて (特集 頭痛と漢方)
    村松慎一
    漢方と最新治療 18(2) 87-89 2009年05月
  • 漢方宝談
    細野八郎, 村松慎一, 並木隆雄
    漢方の臨床 55(12) 1799-1827 2008年12月
  • コロンボ症候群
    村松慎一
    漢方の臨床 55(11) 1617-1619 2008年11月
  • 神経疾患の漢方治療
    柴原直利, 三谷和男, 若山育郎, 村松慎一
    漢方の臨床 55(8) 1151-1174 2008年08月
  • 漢方初心者のために インタビュー 村松慎一先生に聞く! 私の漢方修行--漢方を学ばれる方々へ
    村松慎一
    漢方療法 12(5) 422-427 2008年08月
  • 漢方初心者のために 基本の漢方処方(8)神経内科編
    村松慎一
    漢方療法 12(5) 414-420 2008年08月
  • パーキンソン病に対する遺伝子治療の臨床応用 (特集 日常よく遭遇するパーキンソン病--パーキンソン病はここまでわかった)
    村松慎一
    成人病と生活習慣病 38(8) 971-974 2008年08月
  • 090 しびれに対する桂枝加朮附湯(湯液)の使用経験(神経・筋疾患1,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会)
    太田英孝, 上野眞二, 清水いはね, 村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 59 2008年05月
  • 153 慢性硬膜下血腫に対する五苓散の使用経験(漢方処方・湯液7,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会)
    上野眞二, 太田英孝, 清水いはね, 村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 59 2008年05月
  • 細胞移植によるパーキンソン病の治療 (第1土曜特集 ここまでわかったパーキンソン病研究) -- (臨床および新しい治療戦略)
    村松慎一
    医学のあゆみ 225(5) 415-418 2008年05月
  • 鼻科漢方治療の基礎知識
    村松慎一
    日本鼻科学会会誌 47(1) 80-82 2008年04月
  • P2-16 新生時由来ミクログリアの活性化がパーキンソン病モデルマウスの黒質ドーパミンニューロンに対して神経保護的にはたらく可能性(脳神経,一般演題,第48回日本組織細胞化学会総会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー) 第39回日本臨床分子形態学会総会 合同学術集会)
    澤田浩秀, 菱田良平, 平田洋子, 小野健治, 鈴木弘美, 村松慎一, 中野今治, 永津俊治, 澤田誠
    日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集(48) 2007年09月
  • 237 鼻過敏症に対する滋陰降火湯の使用経験(耳鼻咽喉科疾患2, 第58回日本東洋医学会学術総会)
    清水いはね, 清水廣三, 村松慎一, 市村恵一
    日本東洋醫學雜誌 58 2007年05月
  • パーキンソン病の遺伝子治療 (特集 最近注目される脳神経疾患治療の研究)
    村松慎一
    Brain and nerve 59(4) 425-430 2007年04月
  • アデノ随伴ウイルスベクターを応用したパーキンソン病の遺伝子治療
    村松慎一
    Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 45(2) 148-152 2006年12月
  • パーキンソン病の遺伝子治療(<特集>パーキンソン病)
    村松慎一
    脳神経外科ジャーナル 15(11) 756-760 2006年11月
  • パーキンソン病の遺伝子治療
    村松慎一
    Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 45(1) 2-3 2006年06月
  • 250 機能性頭痛における川〓茶調散証について(神経・筋疾患,一般演題,第57回日本東洋医学会学術総会)
    村松慎一, 竹田俊明, 清水いはね
    日本東洋醫學雜誌 57 2006年05月
  • 脳・神経 ES細胞によるParkinson病の移植治療--臨床応用への課題 (第5土曜特集 再生医学--臨床と研究の最前線) -- (臨床編)
    村松慎一
    医学のあゆみ 217(5) 371-375 2006年04月
  • 4.遺伝子治療の可能性(PS-9 パーキンソン病:ドーパ副作用の克服を目指して,プレナリーセッション,第26回 日本脳神経外科コングレス総会)
    村松慎一
    脳神経外科ジャーナル 15(4) 2006年04月
  • パーキンソン病の遺伝子治療と細胞移植
    村松慎一
    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 45(11) 902-904 2005年11月
  • 臨床応用への課題--パーキンソン病の細胞移植を例に (特集 幹細胞研究の新たな展開)
    村松慎一
    バイオインダストリー 22(2) 75-77 2005年02月
  • 3.先端医学と食養(痴呆症に対する予防と治療をめぐって)(第55回日本東洋医学会学術総会)
    村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 55(6) 793-798 2004年11月
  • パーキンソン病モデルサルへのES細胞由来神経幹細胞の移植 (特集 再生医療実用化への道--中枢神経・膵島) -- (中枢神経の機能再生--臨床応用へのbreakthrough)
    村松慎一
    再生医療 3(4) 39-44,5 2004年11月
  • 先端医学と食養(シンポジウム5 : 「痴呆症に対する予防と治療をめぐって」)
    村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 55 2004年05月
  • 165 新しい漢方処方支援システム : 漢方の発展と普及のために(34 教育・普及)
    竹田俊明, 村松慎一, 玉田太朗
    日本東洋醫學雜誌 55 2004年05月
  • 神経変性疾患の遺伝子治療 (特集 神経変性疾患研究の最前線)
    村松慎一
    バイオインダストリー 21(4) 36-42 2004年04月
  • 遺伝子治療の現状と展望
    村松慎一
    日本内科学会雑誌 92(8) 1461-1466 2003年08月
  • パーキンソン病に対する遺伝子治療 (特集 遺伝子治療--新たな戦略)
    村松慎一
    ゲノム医学 3(4) 403-408 2003年08月
  • アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターによるパーキンソン病モデル動物の遺伝子治療
    村松慎一, 王立軍, 池口邦彦, 藤本健一, 永田三保子, 中野今治, 小澤敬也
    炎症・再生 : 日本炎症・再生医学会雑誌 = Inflammation and regeneration 23(4) 218-222 2003年07月
  • 077神経疾患における漢方治療とEBM(19神経・筋・麻酔科(1))
    粕田晴之, 斉藤仁, 石川鎮清, 藤原真治, 福士元春, 村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 54 2003年04月
  • ドパミン合成促進を目指したパーキンソン病の遺伝子治療 (特集 第37回脳のシンポジウム) -- (新しい遺伝子・細胞治療の確立--パーキンソン病の治療を目指して)
    村松慎一
    神経研究の進歩 46(6) 775-781 2002年12月
  • 両側横隔膜麻痺による呼吸不全を呈したCrow-Fukase症候群の1例
    滑川道人, 松村慎一, 橋本律夫, 川上忠孝, 藤本健一, 中野今治
    臨床神経学 42(7) 635-638 2002年07月
  • ウイルスベクターによる神経幹細胞・ES細胞への遺伝子導入 (特集 神経幹細胞と再生移植治療)
    永田三保子, 村松慎一
    神経研究の進歩 46(2) 256-264 2002年04月
  • 神経疾患の遺伝子治療の適応と将来性 (特集 21世紀の新しい治療医学) -- (脳神経領域)
    村松慎一
    現代医療 34(1) 255-260 2002年
  • パーキンソン病に対する遺伝子治療
    村松慎一
    臨床神経学 41(12) 1157-1159 2001年12月
  • 178 三叉神経痛・半側顔面痙攣に対して紫胡加竜骨牡蠣湯が有効であった5症例
    村松慎一, 中野今治, 粕田晴之
    日本東洋醫學雜誌 51(6) 2001年05月
  • パーキンソン病の運動障害に対する川〓茶調散の効果
    静間奈美, 村松慎一, 池口邦彦, 中野今治
    日本東洋醫學雜誌 51(5) 1087-1091 2001年03月
  • 疾患モデル動物を用いたパーキンソン病の遺伝子治療 (特集 神経系の遺伝子治療--その現状と展望)
    村松慎一
    神経研究の進歩 45(1) 92-103 2001年02月
  • 086 漢方薬処方支援に対するニューラルネットワークの応用
    竹田俊明, 村松慎一, 玉田太朗
    日本東洋醫學雜誌 50(6) 2000年05月
  • パーキンソン病症状の重症度判定における動画像差分処理の応用
    川崎勝義, 池口邦彦, 村松慎一, 静間奈美, 山海直, 寺尾恵治, 小山高正, 吉川泰弘
    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 19(6) 1999年12月
  • 専門医から一般医へのメッセージ(31)神経内科pitfalls
    村松慎一
    月刊地域医学 13(12) 30-33 1999年12月
  • P-1 酒粕中の酵母類似菌による消臭効果
    五十嵐昭, 宮下喜好, 柳沢羊平, 村松慎一
    和漢医薬学会大会要旨集 15 1998年08月
  • P-38 川〓茶調散によるラット線条体ドーパミンの増加作用
    村松慎一, 池口邦彦
    和漢医薬学会大会要旨集 15 1998年08月
  • アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターの開発と血友病B遺伝子治療への応用
    村松慎一
    日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 9(1) 13-20 1998年02月
  • 群馬県山間地域住民のアポリポ蛋白E遺伝子頻度およびアポリポ蛋白E受容体結合蛋白の検討
    村松慎一, 大塚美恵子, 植木彰
    日本老年医学会雑誌 34(3) 196-201 1997年03月
  • 漢字文化圏の MEDLINE 収録雑誌リスト
    津谷喜一郎, 並木隆雄, 村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 45(3) 643-653 1995年01月
  • JMEDICINEに収録される東洋医学関係雑誌の収録開始年と収録件数
    津谷喜一郎, 並木隆雄, 村松慎一
    日本東洋醫學雜誌 45(1) 159-164 1994年07月
  • 半夏瀉心湯投与後,吃逆が消失した延髄外側症候群の1例
    村松慎一
    日本東洋医学雑誌 44(1) 37-41 1993年07月
  • JMEDICINEに収録される東洋医学関係雑誌リスト
    津谷喜一郎, 並木隆雄, 村松慎一
    日本東洋医学雑誌 43(4) p571-575 1993年04月
  • 歯痕舌の臨床
    村松睦, 村松慎一
    日本東洋医学雑誌 42(1) 31-35 1991年07月

受賞

  • 2011年07月 タカラバイオ賞
  • 2009年06月 米国遺伝子治療学会 Top Abstract
  • 2000年06月 日本遺伝子治療学会賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2011年07月 タカラバイオ賞
  • 2009年06月 米国遺伝子治療学会 Top Abstract
  • 2000年06月 日本遺伝子治療学会賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.