詳細検索はこちら

村松 一洋 ムラマツ カズヒロ

所属部署名小児科
職名准教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    先天代謝異常, オートファジー

経歴

  • 自治医科大学 小児科(准教授)
  • 2017年04月
    -
    現在
    自治医科大学 とちぎ子ども医療センター小児科(准教授)
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    群馬大学医学部附属病院 小児科(講師)
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    群馬大大学院医学系研究科 小児科(学内講師)
  • 2009年08月
    -
    2016年03月
    群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野(助教)
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    Philipps University Marburg Germany(Neurology Research Fellow)
  • 2008年04月
    -
    2009年07月
    群馬大学医学部付属病院(小児科医員)
  • 2005年04月
    -
    2008年03月
    日本学術振興会(特別研究員)
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    群馬大学大学院医学系研究科(博士課程)
  • 2003年05月
    -
    2004年03月
    群馬大学医学部付属病院小児科(医員)
  • 1998年05月
    -
    2003年04月
    日本赤十字社医療センター小児科新生児科(レジデント)

委員歴

  • 2018年10月
    -
    現在
    Infantile Seizure Society Secretary General 総務担当世話人
  • 2017年11月
    -
    現在
    日本てんかん学会 評議員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 評議員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 医療安全委員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 Brain and Development編集委員
  • 2014年
    -
    現在
    Infantile Seizure Society 世話人
  • 2016年
    -
    現在
    日本小児神経学会 教育委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2018年10月
    -
    現在
    Infantile Seizure Society Secretary General 総務担当世話人
  • 2017年11月
    -
    現在
    日本てんかん学会 評議員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 評議員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 医療安全委員
  • 2013年05月
    -
    現在
    日本小児神経学会 Brain and Development編集委員
  • 2014年
    -
    現在
    Infantile Seizure Society 世話人
  • 2016年
    -
    現在
    日本小児神経学会 教育委員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Demyelinating neuropathy in a 6-year-old girl with autism spectrum disorder
    Kamata A, Muramatsu K, Sawaura N, Makioka N, Ogata T, Kuwashima M, Arakawa H.
    Pediatrics International 59(8) 951-954 2017年
  • Efficacy and tolerability of levetiracetam for pediatric refractory epilepsy.
    Muramatsu K, Sawaura N, Ogata T, Makioka N, Tomita K, Motojima T, Ida K, Hazama K, Arakawa H.
    Brain Dev. 39(3) 231-235 2017年
  • Brainstem infarction associated with HHV-6 infection in an infant
    Wada A, Muramatsu K, Sunaga Y, Mizuno T, Takei M, Ogasawara S, Uchida M, Tsukida K, Tashiro M.
    Brain and Development 2017年
  • Biallelic Mutations in the 3’ Exonuclease TOE1 Cause Pontocerebellar Hypoplasia and Uncover a Role in snRNA Processing.
    Lardelli R.M, Schaffer A.E, Eggens V.R.C, Zaki M.S, Grainger S, Sathe S, Van Nostrand E.L, Schlachetzki Z, Rosti B, Akizu N, Scott E, Silhavy J.L, Heckman L.D, Rosti R.O, Dikoglu E, Gregor A, Guemez-Gamboa A, Musaev D, Mande R, Widjaja A, Shaw T.L, Markmiller S, Marin-Valencia I, Davies J.H, De Meirleir L, Kayserili H, Altunoglu U, Freckmann M.L, Warwick L, Chitayat D, Blaser S, ?a Layan A.O, Bilguvar K, Per H, Fagerberg C, Christesen H.T, Kibaek M, Aldinger K.A, Manchester D, Matsumoto N, Muramatsu K, Saitsu H, Shiina M, Ogata K, Foulds N, Dobyns W.B, Chi N.C, Traver D, Spaccini L, Bova S.M, Gabriel S.B, Gunel M, Valente E.M, Nassogne M.-C, Bennett E.J, Yeo G.W, Baas F, Lykke-Andersen J, Gleeson J.G.
    Nature Genetics. 49(3) 457-464 2017年
  • NDUFAF3 variants that disrupt mitochondrial complex I assembly may associate with cavitating leukoencephalopathy
    Ishiyama A, Muramatsu K, Uchino S, Sakai C, Matsushima Y, Makioka N, Ogata T, Suzuki E, Komaki H, Sasaki M, Mimaki M, Goto Y.-I, Nishino I.
    Clinical Genetics 93(5) 1103-1106 2018年
  • Molecular genetic analysis of 30 families with Joubert syndrome.
    Suzuki T, Miyake N, Tsurusaki Y, Okamoto N, Alkindy A, Inaba A, Sato M, Ito S, Muramatsu K, Kimura S, Ieda D, Saitoh S, Hiyane M, Suzumura H, Yagyu K, Shiraishi H, Nakajima M, Fueki N, Habata Y, Ueda Y, Komatsu Y, Yan K, Shimoda K, Shitara Y, Mizuno S, Ichinomiya K, Sameshima K, Tsuyusaki Y, Kurosawa K, Sakai Y, Haginoya K, Kobayashi Y, Yoshizawa C, Hisano M, Nakashima M, Saitsu H, Takeda S, Matsumoto N.
    Clin Genet. 90(6) 526-535 2016年
  • De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause SENDA/BPAN
    Muramatsu K.
    No To Hattatsu 48(3) 177-183 2016年
  • 「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」からの発展と課題.
    日本小児神経学会 医療安全委員会編、是松 聖悟、山内 秀雄、三牧 正和、山中 岳、宮本雄策、村松 一洋、梶本 まどか、宮田 理英、坂本 博昭.
    脳と発達 48(2) 107-110 2016年
  • De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause static encephalopathy of childhood with neurodegeneration in adulthood.
    Saitsu H, Nishimura T, Muramatsu K (These authors contributed equally to this work.), Kodera H, Kumada S, Sugai K, Kasai-Yoshida E, Sawaura N, Nishida H, Hoshino A, Ryujin F, Yoshioka S, Nishiyama K, Kondo Y, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Arakawa H, Kato M, Mizushima N, Matsumoto N
    Nature genetics 45(4) 445-449 2013年04月
  • WDR45遺伝子変異によるオートファジー関連神経変性症SENDA
    村松 一洋
    脳と発達 48(3) 177-183 2016年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Demyelinating neuropathy in a 6-year-old girl with autism spectrum disorder
    Kamata A, Muramatsu K, Sawaura N, Makioka N, Ogata T, Kuwashima M, Arakawa H.
    Pediatrics International 59(8) 951-954 2017年
  • Efficacy and tolerability of levetiracetam for pediatric refractory epilepsy.
    Muramatsu K, Sawaura N, Ogata T, Makioka N, Tomita K, Motojima T, Ida K, Hazama K, Arakawa H.
    Brain Dev. 39(3) 231-235 2017年
  • Brainstem infarction associated with HHV-6 infection in an infant
    Wada A, Muramatsu K, Sunaga Y, Mizuno T, Takei M, Ogasawara S, Uchida M, Tsukida K, Tashiro M.
    Brain and Development 2017年
  • Biallelic Mutations in the 3’ Exonuclease TOE1 Cause Pontocerebellar Hypoplasia and Uncover a Role in snRNA Processing.
    Lardelli R.M, Schaffer A.E, Eggens V.R.C, Zaki M.S, Grainger S, Sathe S, Van Nostrand E.L, Schlachetzki Z, Rosti B, Akizu N, Scott E, Silhavy J.L, Heckman L.D, Rosti R.O, Dikoglu E, Gregor A, Guemez-Gamboa A, Musaev D, Mande R, Widjaja A, Shaw T.L, Markmiller S, Marin-Valencia I, Davies J.H, De Meirleir L, Kayserili H, Altunoglu U, Freckmann M.L, Warwick L, Chitayat D, Blaser S, ?a Layan A.O, Bilguvar K, Per H, Fagerberg C, Christesen H.T, Kibaek M, Aldinger K.A, Manchester D, Matsumoto N, Muramatsu K, Saitsu H, Shiina M, Ogata K, Foulds N, Dobyns W.B, Chi N.C, Traver D, Spaccini L, Bova S.M, Gabriel S.B, Gunel M, Valente E.M, Nassogne M.-C, Bennett E.J, Yeo G.W, Baas F, Lykke-Andersen J, Gleeson J.G.
    Nature Genetics. 49(3) 457-464 2017年
  • NDUFAF3 variants that disrupt mitochondrial complex I assembly may associate with cavitating leukoencephalopathy
    Ishiyama A, Muramatsu K, Uchino S, Sakai C, Matsushima Y, Makioka N, Ogata T, Suzuki E, Komaki H, Sasaki M, Mimaki M, Goto Y.-I, Nishino I.
    Clinical Genetics 93(5) 1103-1106 2018年
  • Molecular genetic analysis of 30 families with Joubert syndrome.
    Suzuki T, Miyake N, Tsurusaki Y, Okamoto N, Alkindy A, Inaba A, Sato M, Ito S, Muramatsu K, Kimura S, Ieda D, Saitoh S, Hiyane M, Suzumura H, Yagyu K, Shiraishi H, Nakajima M, Fueki N, Habata Y, Ueda Y, Komatsu Y, Yan K, Shimoda K, Shitara Y, Mizuno S, Ichinomiya K, Sameshima K, Tsuyusaki Y, Kurosawa K, Sakai Y, Haginoya K, Kobayashi Y, Yoshizawa C, Hisano M, Nakashima M, Saitsu H, Takeda S, Matsumoto N.
    Clin Genet. 90(6) 526-535 2016年
  • De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause SENDA/BPAN
    Muramatsu K.
    No To Hattatsu 48(3) 177-183 2016年
  • 「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」からの発展と課題.
    日本小児神経学会 医療安全委員会編、是松 聖悟、山内 秀雄、三牧 正和、山中 岳、宮本雄策、村松 一洋、梶本 まどか、宮田 理英、坂本 博昭.
    脳と発達 48(2) 107-110 2016年
  • De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause static encephalopathy of childhood with neurodegeneration in adulthood.
    Saitsu H, Nishimura T, Muramatsu K (These authors contributed equally to this work.), Kodera H, Kumada S, Sugai K, Kasai-Yoshida E, Sawaura N, Nishida H, Hoshino A, Ryujin F, Yoshioka S, Nishiyama K, Kondo Y, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Arakawa H, Kato M, Mizushima N, Matsumoto N
    Nature genetics 45(4) 445-449 2013年04月
  • WDR45遺伝子変異によるオートファジー関連神経変性症SENDA
    村松 一洋
    脳と発達 48(3) 177-183 2016年
  • Uncovering genes required for neuronal morphology by morphology-based gene trap screening with a revertible retrovirus vector.
    Hashimoto Y, Muramatsu K,( These authors contributed equally to this work.) Kunii M, Yoshimura SI, Yamada M, Sato T, Ishida Y, Harada R, Harada A
    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 26(11) 4662-4674 2012年08月
  • Relation between psychological development and respiratory management in patients with congenital central hypoventilation syndrome in Japan
    Irahara K, Ogata T, Ozawa H, Otaki U, Yamamoto K, Ishizuka T, Arimoto K, Kimiya S, Arakawa K, Muramatsu K.
    No To Hattatsu 47(5) 343-347 2015年
  • Late delirious behavior with 2009 H1N1 influenza: mild autoimmune-mediated encephalitis?
    Takanashi J, Takahashi Y, Imamura A, Kodama K, Watanabe A, Tominaga K, Muramatsu K, Barkovich AJ
    Pediatrics 129(4) e1068-71 2012年04月
  • 気管憩室と気管軟化症を合併したCrouzon症候群の1例
    清水 真理子、長谷川 久弥、肥沼 淳一、山田 諭、杉立 玲、安藤 桂衣、柴 梓、萩原 里実、溝口 史剛、松井 敦、村松 一洋、村松 礼子
    日小呼誌 26 190-196 2015年
  • Differential regulation of eotaxin expression by dexamethasone in normal human lung fibroblasts.
    Suzuki T, Arakawa H, Mizuno T, Muramatsu K, Tadaki H, Takizawa T, Mochizuki H, Tokuyama K, Matsukura S, Morikawa A
    American journal of respiratory cell and molecular biology 38(6) 707-714 2008年06月
  • 本邦における先天性中枢性低換気症候群の精神発達予後と呼吸管理.
    苛原香、緒方朋実、小沢浩、大瀧潮、山本敬一、石塚丈広、有本潔、木実谷哲史、荒川浩一、村松一洋
    脳と発達 47 343-347 2015年
  • Neuron-specific and inducible recombination by Cre recombinase in the mouse.
    Hashimoto Y, Muramatsu K, Uemura T, Harada R, Sato T, Okamoto K, Harada A
    Neuroreport 19(6) 621-624 2008年04月
  • Neuron-specific recombination by Cre recombinase inserted into the murine tau locus.
    Muramatsu K, Hashimoto Y, Uemura T, Kunii M, Harada R, Sato T, Morikawa A, Harada A
    Biochemical and Biophysical Research Communications 370(3) 419-423 2008年
  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群の小児慢性特定疾患登録データによる疫学的動態の検討
    村松一洋, 村松礼子, 澤浦法子, 緒方朋実, 八木久子, 中嶋直樹, 萩原里実, 小山晴美, 荒川浩一
    日本小児呼吸器疾患学会雑誌 23(1) 8-14 2012年06月
  • Glucocorticoids inhibit MUC5AC production induced by transforming growth factor-α in human respiratory cells
    Takami S, Mizuno T, Oyanagi T, Tadaki H, Suzuki T, Muramatsu K, Takizawa T, Arakawa H.
    Allergology International 61(3) 451-459 2012年
  • Low natural killer activity and central nervous system disease as a high-risk prognostic indicator in young patients with hemophagocytic lymphohistiocytosis.
    Imashuku S, Hyakuna N, Funabiki T, Ikuta K, Sako M, Iwai A, Fukushima T, Kataoka S, Yabe M, Muramatsu K, Kohdera U, Nakadate H, Kitazawa K, Toyoda Y, Ishii E
    Cancer 94(11) 3023-3031 2002年06月
  • 肺小動脈低形成による著明な肺高血圧を呈した左心低形成症候群
    村松一洋, 与田仁志, 川上義, 土屋恵司, 前田克英, 八巻重雄 
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(1) 135-139 2007年
  • 第16回川崎病全国調査成績よりみた川崎病容疑例および4主要症状以下例の冠動脈拡大性病変出現頻度
    薗部友良, 村松一洋, 土屋恵司, 今田義夫, 麻生誠二郎, 清沢伸幸, 屋代真弓, 中村好一, 柳川洋
    小児科診療 67(5) 837-842 2004年05月
  • ECMO設備を有さない施設における,ECMO適応基準到達例に対するNO吸入療法—その限界と有効性について—
    遠藤大一, 中島やよひ, 与田仁志, 山本和歌子, 増本健一, 春原大介, 村松一洋, 川上義
    日本未熟児新生児学会雑誌 16(1) 73-77 2004年02月

MISC

  • 胎児期から肝脾腫を認めていたNiemann‐Pick病C型の1例
    内田亨, 内田亨, 緒方朋実, 五十嵐淑子, 牧岡西紀, 村松一洋, 村松一洋, 石毛崇, 澤浦法子, 浦野博央, 高橋勉, 衛藤義勝, 荒川浩一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 54(3) 943‐947 2018年09月
  • 自己免疫性溶血性貧血を契機に診断されたCTLA‐4異常症
    岩脇史郎, 大和玄季, 柴徳生, 村松一洋, 川島淳, 小板橋実希子, 奥野はるな, 中舘尚也, 西村奈穂, 星野顕宏, 今井耕輔, 桑島信, 金兼弘和, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 122(1) 55‐61 2018年01月
  • てんかんの発病防止に関する社会基盤の整備―遺伝情報に依拠した治療導入のための体制整備―
    兼子直, 岩城弘隆, 廣瀬伸一, 石井敦士, 山本達也, 矢野珠巨, 村松一洋, 池田昭夫, 人見健文, 曽良一郎, 渡辺雅子, 原広一郎, 猿渡淳二, 山田順子, 吉田秀一, 小島俊男, 金井数明
    てんかん治療研究振興財団研究年報 28 105‐112 2017年09月
  • 小児神経難病の緊急課題[第3報)鎮静薬の安全使用に向けて
    池田尚広, 村松一洋
    月刊難病と在宅ケア 23(5) 47‐51 2017年08月
  • 中枢神経系に多発結核腫を認めた粟粒結核の小児
    橋本真理, 橋本真理, 村松一洋, 神尾綾乃, 五十嵐恒雄, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 121(8) 1376‐1381 2017年08月
  • カルニチン欠乏症合併重症心身障害児(者)へのL‐カルニチン投与のコホート研究
    緒方朋実, 村松一洋, 田中宏子, 金子広司, 小和瀬貴律, 澤浦法子, 羽鳥麗子, 倉田加奈子, 大津義晃, 森川昭廣, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 120(8) 1214‐1219 2016年08月
  • P3-3-7 一医院における喘息児と非喘息児における新型インフルエンザ罹患時の検討(P3-3インフルエンザ1,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    村松 礼子, 嵯峨 六雄, 村松 一洋, 八木 久子, 萩原 里実, 小山 晴美, 荒川 浩一
    アレルギー 59(3) 2010年04月
  • 18.神経細胞及び時期特異的遺伝子欠損マウスの解析におけるtau-Cre,tau-CrePRマウスの有用性(一般演題,第55回北関東医学会総会抄録)
    村松 一洋, 荒川 浩一, 橋本 由紀子, 佐藤 隆史, 原田 彰宏
    The KITAKANTO medical journal 58(3) 360-361 2008年08月
  • 4. 神経の極性を失ったマウスの作製とその分子細胞生物学的解析(第10回群馬遺伝子導入研究会)
    村松 一洋, 森川 昭廣, 佐藤 隆史, 原田 彰宏
    The KITAKANTO medical journal 55(4) 2005年11月
  • 診療と研究 第16回川崎病全国調査成績よりみた川崎病容疑例および4主要症状以下例の冠動脈拡大性病変出現頻度
    薗部 友良, 村松 一洋, 土屋 恵司
    小児科診療 67(5) 837-842 2004年05月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 胎児期から肝脾腫を認めていたNiemann‐Pick病C型の1例
    内田亨, 内田亨, 緒方朋実, 五十嵐淑子, 牧岡西紀, 村松一洋, 村松一洋, 石毛崇, 澤浦法子, 浦野博央, 高橋勉, 衛藤義勝, 荒川浩一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 54(3) 943‐947 2018年09月
  • 自己免疫性溶血性貧血を契機に診断されたCTLA‐4異常症
    岩脇史郎, 大和玄季, 柴徳生, 村松一洋, 川島淳, 小板橋実希子, 奥野はるな, 中舘尚也, 西村奈穂, 星野顕宏, 今井耕輔, 桑島信, 金兼弘和, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 122(1) 55‐61 2018年01月
  • てんかんの発病防止に関する社会基盤の整備―遺伝情報に依拠した治療導入のための体制整備―
    兼子直, 岩城弘隆, 廣瀬伸一, 石井敦士, 山本達也, 矢野珠巨, 村松一洋, 池田昭夫, 人見健文, 曽良一郎, 渡辺雅子, 原広一郎, 猿渡淳二, 山田順子, 吉田秀一, 小島俊男, 金井数明
    てんかん治療研究振興財団研究年報 28 105‐112 2017年09月
  • 小児神経難病の緊急課題[第3報)鎮静薬の安全使用に向けて
    池田尚広, 村松一洋
    月刊難病と在宅ケア 23(5) 47‐51 2017年08月
  • 中枢神経系に多発結核腫を認めた粟粒結核の小児
    橋本真理, 橋本真理, 村松一洋, 神尾綾乃, 五十嵐恒雄, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 121(8) 1376‐1381 2017年08月
  • カルニチン欠乏症合併重症心身障害児(者)へのL‐カルニチン投与のコホート研究
    緒方朋実, 村松一洋, 田中宏子, 金子広司, 小和瀬貴律, 澤浦法子, 羽鳥麗子, 倉田加奈子, 大津義晃, 森川昭廣, 荒川浩一
    日本小児科学会雑誌 120(8) 1214‐1219 2016年08月
  • P3-3-7 一医院における喘息児と非喘息児における新型インフルエンザ罹患時の検討(P3-3インフルエンザ1,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    村松 礼子, 嵯峨 六雄, 村松 一洋, 八木 久子, 萩原 里実, 小山 晴美, 荒川 浩一
    アレルギー 59(3) 2010年04月
  • 18.神経細胞及び時期特異的遺伝子欠損マウスの解析におけるtau-Cre,tau-CrePRマウスの有用性(一般演題,第55回北関東医学会総会抄録)
    村松 一洋, 荒川 浩一, 橋本 由紀子, 佐藤 隆史, 原田 彰宏
    The KITAKANTO medical journal 58(3) 360-361 2008年08月
  • 4. 神経の極性を失ったマウスの作製とその分子細胞生物学的解析(第10回群馬遺伝子導入研究会)
    村松 一洋, 森川 昭廣, 佐藤 隆史, 原田 彰宏
    The KITAKANTO medical journal 55(4) 2005年11月
  • 診療と研究 第16回川崎病全国調査成績よりみた川崎病容疑例および4主要症状以下例の冠動脈拡大性病変出現頻度
    薗部 友良, 村松 一洋, 土屋 恵司
    小児科診療 67(5) 837-842 2004年05月
  • ECMO設備を有さない施設における, ECMO適応基準到達例に対するNO吸入療法 : その限界と有効性について
    遠藤 大一, 中島 やよひ, 与田 仁志, 山本 和歌子, 増本 健一, 春原 大介, 村松 一洋, 川上 義
    日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine 16(1) 73-77 2004年02月
  • 右肺無形成(高度低形成)における画像診断 剖検例と生存例から
    村松 一洋, 与田 仁志, 中島 やよひ, 山本 和歌子, 遠藤 大一, 川上 義, 土屋 恵司
    日本小児放射線学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Pediatric Radiology 18(0) 2002年04月
  • 55)成人PSにおけるPTPV後8年のfollow up
    村松 一洋, 小田 弥生, 福島 和之, 竹内 弘明, 田中 政
    Japanese circulation journal 63(3) 1999年10月

受賞

  • 2016年05月 日本小児神経学会 第58回日本小児神経学会Young Investigator Award
  • 2014年09月 群馬大学小児科同窓会 研究奨励賞 基礎研究部門
  • 2014年06月 Infantile Seizure Society (ISS) 16th Annual Meeting of the Infantile Seizure Society (ISS) Nihon-Koden Award
  • 2014年05月 日本小児神経学会 第56回日本小児神経学会 最優秀演題賞
  • 2013年10月 小児呼吸器学会 第46回小児呼吸器学会 会長賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2016年05月 日本小児神経学会 第58回日本小児神経学会Young Investigator Award
  • 2014年09月 群馬大学小児科同窓会 研究奨励賞 基礎研究部門
  • 2014年06月 Infantile Seizure Society (ISS) 16th Annual Meeting of the Infantile Seizure Society (ISS) Nihon-Koden Award
  • 2014年05月 日本小児神経学会 第56回日本小児神経学会 最優秀演題賞
  • 2013年10月 小児呼吸器学会 第46回小児呼吸器学会 会長賞

特許

  • レトロウイルス産生用ベクター
    原田 彰宏, 佐藤 隆史, 村松 一洋, 橋本 由紀子, 植村 武文
    特願2007-0753772007年03月22日
  • Crerecombinaseを神経細胞特異的に発現するマウス
    原田 彰宏, 村松 一洋
    特願2006-2420262006年09月06日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.