研究者総覧

石井 彰 (イシイ アキラ)

  • 総合医学第1講座 講師
メールアドレス: aquraomiya.jichi.ac.jp
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 内科学一般

経歴

  • 2016年04月 - 現在  自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学1学内講師
  • 2019年07月  自治医科大学附属さいたま医療センター総合診療科学内講師
  • 2018年07月 - 2019年06月  深谷赤十字病院総合診療内科副部長
  • 2012年04月 - 2018年06月  自治医科大学附属さいたま医療センター6B病棟病棟医長
  • 2012年04月 - 2016年03月  自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学1助教
  • 2014年04月 - 2014年04月  日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 2013年11月 - 2013年11月  日本プライマリ・ケア連合学会認定医
  • 2012年11月 - 2012年11月  緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修修了
  • 2008年05月 - 2012年03月  自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学1臨床助教
  • 2011年02月 - 2011年02月  埼玉県緩和ケア研修会修了
  • 2010年12月 - 2010年12月  日本内科学会認定総合内科専門医
  • 2007年11月 - 2008年04月  大宮医師会市民病院 派遣
  • 2006年04月 - 2007年10月  自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学1臨床助教
  • 2007年03月 - 2007年03月  日本内科学会認定内科医
  • 2004年04月 - 2006年03月  自治医科大学附属さいたま医療センター 初期臨床研修医
  • 1997年04月 - 2004年03月  福井医科大学(現,福井大学医学部)
  • 1997年03月 - 1997年03月  巣鴨学園・巣鴨高等学校卒業

所属学協会

  • 日本緩和医療学会   日本プライマリ・ケア連合学会   日本内科学会   

研究活動情報

論文

  • Nozomu Yoshino, Ai Kawamura, Akira Ishii, Katsuyuki Yoshida, Tamami Watanabe, Takeshi Yamashita, Takahiko Fukuchi, Fumihiko Toyoda, Akihiko Kakehashi, Hitoshi Sugawara
    Internal Medicine 57 11 1661 - 1665 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    We herein report a case of a 31-year-old Japanese man who simultaneously had a positive influenza A virus antigen test result and Vogt-Koyanagi-Harada disease (VKHD), demonstrated by both diffuse multiple early hyperfluorescent points on fluorescein fundus photography and serous retinal detachments on optical coherence tomography. He had meningitis. It was difficult to determine whether the main cause of meningitis was influenza A or VKHD. After initial treatment with peramivir for influenza A and then methylprednisolone pulse with subsequent corticosteroid therapy for VKHD, his symptoms improved gradually. These findings suggest that influenza A virus infection contributes to the onset or exacerbation of VKHD.
  • Akira Ishii, Hitoshi Sugawara, Mitsuhiro Nokubi, Tomohiro Nakamura, Tomohisa Okochi, Yousuke Taniguchi, Michiko Matsuzawa, Tamami Watanabe, Masafumi Kakei, Wilfred Y. Fujimoto, Shin-ichi Momomura
    INTERNAL MEDICINE 55 7 755 - 764 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    An autopsy of a 70-year-old man with multiple bone metastases from a malignancy of unknown origin (MUO) and renovascular hypertension revealed an aortic intimal sarcoma (AIS) in the right renal artery accompanied by atherosclerotic changes. AIS appeared as aggregated mutton fat-like translucent particles arising from the intima of the branching portion of the right renal artery and was composed of undifferentiated, fine spindle cells with thicket-like proliferation. AIS was confirmed by immunohistopathology, showing the loss of the lumen lined by CD31-positive endothelium and the expression of CD31, keratin, and vimentin in the viable part of the tumor. In patients with MUO presenting with both bone metastases and an acute or sub-acute onset of renovascular hypertension, AIS in the renal artery may be responsible.
  • Reina Suzuki, Hitoshi Kuroda, Hiroshi Matsubayashi, Akira Ishii, Fumihiko Toyoda, Alan Kawarai Lefor, Hitoshi Sugawara
    INTERNAL MEDICINE 54 20 2693 - 2698 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    A 51-year-old Japanese woman developed candidemia as an outpatient secondary to a Candida albicans upper urinary tract infection complicated by previously undiagnosed type 2 diabetes mellitus with poor glycemic control and ureterolithiasis. The patient did not have any risk factors typically associated with candidemia, such as an indwelling vascular catheter, parenteral nutrition or broad-spectrum antibiotic use. During the clinical course, her condition was complicated by unilateral candida endophthalmitis, which progressed despite the administration of systemic antifungal agents and ultimately required vitreous surgery. The etiology of candidemia in this patient and the reason she developed progressive ocular symptoms after starting antifungal treatment are reviewed.
  • 一過性の上方水平半盲と中枢性色覚異常および街並失認を来した両側後頭葉と右小脳虫部の脳塞栓症の1例
    平松 綾子, 眞山 英徳, 坪井 基浩, 小林 瑠美子, 津久井 卓伯, 石井 彰, 渡辺 珠美, 菅原 斉, 崎山 快夫, 大塚 美恵子
    日本内科学会関東地方会 590回 43 - 43 日本内科学会-関東地方会 2012年09月 [査読有り][通常論文]
  • Tamami Watanabe, Hitoshi Sugawara, Hiroyuki Tamura, Akira Ishii, Hiroshi Matsubayashi, Masafumi Kakei, Shin-ichi Momomura
    INTERNAL MEDICINE 51 18 2639 - 2643 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    Acute pharyngitis is commonly encountered, but a definite etiological diagnosis is difficult. Although coinfection with Group A Streptococci (GAS) and Epstein-Barr virus (EBV) is uncommon, general physicians should consider the possibility of EBV co-infection in patients with GAS pharyngitis who fail to show prompt remission of symptoms following appropriate antibiotic treatment. In this article, we present a rare case of a 16-year-old girl who had co-infection with GAS and EBV. She developed acute glomerulonephritis and left ventricular dysfunction in an overlapping manner. We were able to follow her until she healed, and herein describe the pathogenesis of her systemic and pulmonary edema.
  • Hiroki Yabe, Akira Ishii, Naoko Niikawa, Hiroshi Matsubayashi, Masafumi Kakei, Masanobu Kawakami, Hitoshi Sugawara
    INTERNAL MEDICINE 51 11 1429 - 1432 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    Spontaneous spinal epidural hematoma (SSEH) is an uncommon but clinically important disease, and delayed diagnosis of this condition can have severe consequences. General physicians should consider the possibility of SSEH when they encounter a patient with a sudden onset of unexplained cervical or back pain or subsequent radicular symptoms during anticoagulant therapy. Immediate magnetic resonance imaging is essential for early diagnosis. In this article, we present a rare case of an 80-year-old man who developed cervical SSEH during warfarin therapy.
  • 糖尿病発症を契機に急性リチウム中毒に至った双極性障害の一例
    石井 彰
    自治医科大学紀要 33 141 - 146 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 臓器別専門外来でのReview of systems聴取の重要性が示唆されたAmelanotic melanomaの1剖検例
    石井 彰
    自治医科大学紀要 34 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 災害補償 がんになっても働きたい
    石井 彰 (担当:共著範囲:ミニ診療室)
    地方公務員災害補償基金 2017年01月
  • 解熱鎮痛薬の使い分け
    石井 彰 (担当:共著範囲:p1085-1090,)
    羊土社 2016年07月
  • 診断と治療7月号
    石井 彰 (範囲:(p845, pp970-973)10日間の経過で下腿浮腫と体重増加が進行した32歳男性)
    2015年07月
  • 臨床検査ガイド2015~2016
    石井 彰 (担当:共著範囲:血漿HCO3濃度 多項目アレルゲン特異的IgE)
    文光堂 2015年
  • レジデントノート 生化学データの考え方③ 重要疾患の入り口
    石井 彰 (担当:共著範囲:生化学データの考え方③ 重要疾患の入り口)
    羊土社 2014年07月
  • 災害補償 刺されていないのにひどい虫刺され
    石井 彰 (担当:共著範囲:刺されていないのにひどい虫刺されp71-72)
    地方公務員災害補償基金 2014年07月
  • 総合診療力を磨く
    石井 彰 (担当:共著範囲:発熱(症候編) p164)
    2014年04月
  • 災害補償 検診結果の先が見えない
    石井 彰 (担当:共著範囲:検診結果の先が見えない 検診を受けて異常値があっても受診しない その理由とは?)
    地方公務員災害補償基金 2012年04月
  • 総合医の歩み 第2巻 遥かなる高みを目指して
    石井 彰 (担当:共著範囲:遥かなる高みを目指して p41)
    自治医科大学附属さいたま医療センター 2012年
  • ベッドサイドでの一言!
    石井 彰 (担当:共著範囲:「こんな時間にそんな話されたって不安で眠れなくなるだけじゃないか!」患者さんとのコミュニケーションをはかるp160-p161)
    日本医事新報編 2007年

講演・口頭発表等

  • 不明熱診療の実際  [通常講演]
    石井 彰
    第35回蓮田地区病診連携懇話会特別講演 2018年11月
  • 結核感染症が原因での球後視神経炎の治療について  [通常講演]
    石井 彰
    日本プライマリ・ケア連合学会総会 2018年06月
  • プライマリ・ケアに関わるクリニカルパールを作ろう  [通常講演]
    石井 彰
    日本プライマリ・ケア学会関東甲信越ブロック地方会 ワークショップ 2017年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 教育病院におけるシニアレジデントの教育法  [通常講演]
    石井 彰
    プライマリ・ケア連合学会総会 2017年05月
  • 痛みの評価  [通常講演]
    石井 彰
    院内 勉強会 2016年07月
  • オピオイドを始めるにあたって コミュニケーション  [通常講演]
    石井 彰
    緩和ケア講習会 2016年07月
  • 肺炎について  [通常講演]
    石井 彰
    共有床のための看護師講習 2015年07月 口頭発表(一般)
  • 総合診療科と食道症状  [通常講演]
    石井 彰
    地域連携クリニカルパス講演会 主催大宮医師会 第一三共 アストラゼネカ 2015年03月 口頭発表(一般)
  • がんの疼痛アセスメント  [通常講演]
    石井 彰
    緩和ケア研修会 2015年02月
  • 第1回 がん性疼痛のアセスメント  [通常講演]
    石井 彰
    緩和ケアチーム主催院内講義 2014年07月
  • 抗凝固および抗血小板療法中に生じた十二指腸血腫  [通常講演]
    石井 彰
    第604回日本内科学会関東地方会 東京 2014年03月
  • 緩和ケアについて省察した血管内肉腫の1剖検例  [通常講演]
    石井 彰
    第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,札幌 2011年07月
  • 末梢性T細胞性リンパ腫による血球貪食性リンパ組織球症(HLH)の1剖検例  [通常講演]
    石井 彰
    第568回日本内科学会関東地方会,東京 2009年12月
  • Amelanostic melanomaの1剖検例  [通常講演]
    石井 彰
    第562回日本内科学会関東地方会,東京, 2009年05月
  • 低栄養と口腔内潰瘍を呈した高齢女性の1例  [通常講演]
    石井 彰
    第7回在宅栄養研究会,さいたま, 2008年10月
  • 上腹部痛と腹水増加を伴ったネフローゼ症候群の1例  [通常講演]
    石井 彰
    第553回日本内科学会関東地方会,東京 2008年05月
  • 救急外来を受診した低血糖発作の検討  [通常講演]
    石井 彰
    第35回日本救急医学会総会・学術集会,大阪 2007年10月
  • PTCD後の肝動脈瘤により膵頭十二指腸切除術後胆道出血を認めた1例  [通常講演]
    石井 彰
    関東若手外科集団会 2006年06月

MISC

  • Eri Watanabe, Hitoshi Sugawara, Takeshi Yamashita, Akira Ishii, Aya Oda, Chihiro Terai Case Reports in Medicine 2016 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    We report the case of a 71-year-old Japanese woman with adult-onset Still's disease (AOSD) in whom macrophage activation syndrome (MAS) developed despite therapy with oral high-dose prednisolone and intravenous methylprednisolone pulse therapy twice. She was successfully treated with tocilizumab (TCZ). Soon afterward, her fever ceased and high levels of both ferritin and C-reactive protein levels decreased. Her course was complicated by disseminated intravascular coagulation, cytomegalovirus infection, and Pneumocystis jirovecii pneumonia. After these were resolved, AOSD-associated MAS was well controlled. She was discharged on hospital day 87. Although biologics such as TCZ are becoming established for the treatment of AOSD, there is no recommended therapy for AOSD-associated MAS. Several biologics have been tried for this complication, but their efficacy and safety remain controversial. We reviewed reported cases of AOSD-associated MAS successfully treated with various biologics. TCZ initiation after adequate nonselective immunosuppressive therapy, such as methylprednisolone pulse therapy or a prednisolone-based combination of immunosuppressants, can be an effective treatment for AOSD-associated MAS. On the other hand, biologics given after insufficient immunosuppressive therapy may cause MAS. A strategy combining adequate immunosuppression and a biologic could be safe if special attention is given to adverse events such as opportunistic infections or biologic-associated MAS.
  • Hitoshi Kuroda, Hitoshi Sugawara, Akira Ishii, Shunsuke Funazaki INTERNAL MEDICINE 55 (18) 2743 -2744 2016年 [査読無し][通常論文]
  • Michiko Matsuzawa, Akira Ishii, Toshio Demitsu, Hitoshi Sugawara INTERNAL MEDICINE 53 (6) 643 -644 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 松沢迪子, 松永渉, 山下武志, 松林洋志, 渡辺珠美, 黒田仁, 石井彰, 菅原斉, 崎山快夫, 大塚美恵子 日本内科学会関東支部関東地方会 594th 49 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 木村真智子, 矢部寛樹, 坂根英夫, 石井彰, 渡辺珠美, 岩本健一, 崎山快夫, 大塚美恵子, 菅原斉 日本内科学会関東支部関東地方会 587th 42 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 松林洋志, 岩井悠希, 石井彰, 新藤雄二, 柏浦正広, 渡辺珠美, 三輪千尋, 菅原斉, 松浦克彦, 川上正舒 日本内科学会関東支部関東地方会 567th 27 -27 2009年11月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2011年09月 自治医科大学附属さいたま医療センター センター長賞受賞
     
    受賞者: 石井 彰

委員歴

  • 2017年04月 - 現在   自治医科大学附属さいたま医療センター   保険診療委員会
  • 2015年06月 - 現在   自治医科大学附属さいたま医療センター   リハビリテーション委員会
  • 2015年04月 - 現在   自治医科大学附属さいたま医療センター   病院機能評価第二領域部会
  • 2014年08月 - 現在   埼玉プライマリ・ケア連合研究会   世話人
  • 2012年04月 - 現在   自治医科大学附属さいたま医療センター   外来運営委員会

その他

  • 2015年07月 - 2015年07月  埼玉県立大学臨地実習講師 
    IPWにおける多職種連携のグループワーク指導および評価
  • 2009年06月 - 2009年06月  臨床研修指導医講習会修了 
    臨床研修指導医講習会修了


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.