詳細検索はこちら

松原 大祐 マツバラ ダイスケ

所属部署名病理学講座統合病理学部門
職名准教授ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/80415554.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    肺腺癌, 肺癌, MET, KRAS, CK7, BRG1, MUC1, EGFR, EMT, TTF-1, EMT, BRM, Lung adenocarcinoma, クロマチンリモデリング, MET inhibitor, 細胞接着分子, 非小細胞肺癌, CADM1, 浸潤, 糖鎖修飾, miRNA, 転移, がんの個性診断, 小細胞肺癌, 分子標的薬, 分子標的

研究分野

  • 基礎医学 / 人体病理学
  • 腫瘍学 / 腫瘍診断学

経歴

  • 2012年04月
    -
    2015年05月
    東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野(講師)
  • 2006年10月
    -
    2012年03月
    自治医科大学 病理学講座 統合病理学部門(助教)
  • 2004年04月
    -
    2006年09月
    国立国際医療センター 病理部(技官)
  • 2016年06月
    -
    現在
    東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野(客員准教授)
  • 2015年06月
    -
    現在
    自治医科大学 病理学講座(准教授)

学歴

  • 2000年04月
    -
    2004年03月
    東京大学医学系研究科 人体病理学教室
  • 1996年04月
    -
    2000年03月
    東京大学 医学部 医学科
  • 1994年04月
    -
    1996年03月
    東京大学 理科III類

所属学協会

  • 日本癌学会
  • 日本病理学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本臨床細胞学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本癌学会
  • 日本病理学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本臨床細胞学会

委員歴

  • -
    現在
    日本癌学会 評議員
  • -
    現在
    日本病理学会 評議員
  • -
    現在
    日本病理学会 「ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱ガイドライン審議会」委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • -
    現在
    日本癌学会 評議員
  • -
    現在
    日本病理学会 評議員
  • -
    現在
    日本病理学会 「ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱ガイドライン審議会」委員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Loss of TSLC1 expression in lung adenocarcinoma: relationships with histological subtypes, sex and prognostic significance.
    Goto A, Niki T, Chi-Pin L, Matsubara D, Murakami Y, Funata N, Fukayama M
    Cancer science 96 480-486 2005年08月
  • Differential expression of S100A2 and S100A4 in lung adenocarcinomas: clinicopathological significance, relationship to p53 and identification of their target genes.
    Matsubara D, Niki T, Ishikawa S, Goto A, Ohara E, Yokomizo T, Heizmann CW, Aburatani H, Moriyama S, Moriyama H, Nishimura Y, Funata N, Fukayama M
    Cancer science 96 844-857 2005年12月
  • Decrease in Epstein-Barr virus-positive AIDS-related lymphoma in the era of highly active antiretroviral therapy.
    Hishima T, Oyaizu N, Fujii T, Tachikawa N, Ajisawa A, Negishi M, Nakamura T, Iwamoto A, Hayashi Y, Matsubara D, Sasao Y, Kimura S, Kikuchi Y, Teruya K, Yasuoka A, Oka S, Saito K, Mori S, Funata N, Sata T, Katano H
    Microbes and infection / Institut Pasteur 8 1301-1307 2006年04月
  • Distinct expression of Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus-encoded proteins in Kaposi's sarcoma and multicentric Castleman's disease.
    Abe Y, Matsubara D, Gatanaga H, Oka S, Kimura S, Sasao Y, Saitoh K, Fujii T, Sato Y, Sata T, Katano H
    Pathology international 56 617-624 2006年10月
  • Pulmonary lymphoma developed during long-term methotrexate therapy for psoriasis.
    Suzuki M, Hirano S, Ito H, Matsubara D, Kubota K, Takeda Y, Sugiyama H, Kobayashi N, Kudo K
    Respirology (Carlton, Vic.) 12 774-776 2007年09月
  • Constitutive activation of c-Met is correlated with c-Met overexpression and dependent on cell-matrix adhesion in lung adenocarcinoma cell lines.
    Nakamura Y, Matsubara D, Goto A, Ota S, Sachiko O, Ishikawa S, Aburatani H, Miyazawa K, Fukayama M, Niki T
    Cancer science 99 14-22 2008年01月
  • Subepithelial myofibroblast in lung adenocarcinoma: a histological indicator of excellent prognosis.
    Matsubara D, Morikawa T, Goto A, Nakajima J, Fukayama M, Niki T
    Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc 22 776-785 2009年06月
  • Heterogeneous expression of nestin in myofibroblasts of various human tissues.
    Kishaba Y, Matsubara D, Niki T
    Pathology international 60 378-385 2010年05月
  • Molecular predictors of sensitivity to the MET inhibitor PHA665752 in lung carcinoma cells.
    Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer 5 1317-1324 2010年09月
  • Co-activation of epidermal growth factor receptor and c-MET defines a distinct subset of lung adenocarcinomas.
    Matsubara D, Ishikawa S, Sachiko O, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    The American journal of pathology 177 2191-2204 2010年11月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Loss of TSLC1 expression in lung adenocarcinoma: relationships with histological subtypes, sex and prognostic significance.
    Goto A, Niki T, Chi-Pin L, Matsubara D, Murakami Y, Funata N, Fukayama M
    Cancer science 96 480-486 2005年08月
  • Differential expression of S100A2 and S100A4 in lung adenocarcinomas: clinicopathological significance, relationship to p53 and identification of their target genes.
    Matsubara D, Niki T, Ishikawa S, Goto A, Ohara E, Yokomizo T, Heizmann CW, Aburatani H, Moriyama S, Moriyama H, Nishimura Y, Funata N, Fukayama M
    Cancer science 96 844-857 2005年12月
  • Decrease in Epstein-Barr virus-positive AIDS-related lymphoma in the era of highly active antiretroviral therapy.
    Hishima T, Oyaizu N, Fujii T, Tachikawa N, Ajisawa A, Negishi M, Nakamura T, Iwamoto A, Hayashi Y, Matsubara D, Sasao Y, Kimura S, Kikuchi Y, Teruya K, Yasuoka A, Oka S, Saito K, Mori S, Funata N, Sata T, Katano H
    Microbes and infection / Institut Pasteur 8 1301-1307 2006年04月
  • Distinct expression of Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus-encoded proteins in Kaposi's sarcoma and multicentric Castleman's disease.
    Abe Y, Matsubara D, Gatanaga H, Oka S, Kimura S, Sasao Y, Saitoh K, Fujii T, Sato Y, Sata T, Katano H
    Pathology international 56 617-624 2006年10月
  • Pulmonary lymphoma developed during long-term methotrexate therapy for psoriasis.
    Suzuki M, Hirano S, Ito H, Matsubara D, Kubota K, Takeda Y, Sugiyama H, Kobayashi N, Kudo K
    Respirology (Carlton, Vic.) 12 774-776 2007年09月
  • Constitutive activation of c-Met is correlated with c-Met overexpression and dependent on cell-matrix adhesion in lung adenocarcinoma cell lines.
    Nakamura Y, Matsubara D, Goto A, Ota S, Sachiko O, Ishikawa S, Aburatani H, Miyazawa K, Fukayama M, Niki T
    Cancer science 99 14-22 2008年01月
  • Subepithelial myofibroblast in lung adenocarcinoma: a histological indicator of excellent prognosis.
    Matsubara D, Morikawa T, Goto A, Nakajima J, Fukayama M, Niki T
    Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc 22 776-785 2009年06月
  • Heterogeneous expression of nestin in myofibroblasts of various human tissues.
    Kishaba Y, Matsubara D, Niki T
    Pathology international 60 378-385 2010年05月
  • Molecular predictors of sensitivity to the MET inhibitor PHA665752 in lung carcinoma cells.
    Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer 5 1317-1324 2010年09月
  • Co-activation of epidermal growth factor receptor and c-MET defines a distinct subset of lung adenocarcinomas.
    Matsubara D, Ishikawa S, Sachiko O, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    The American journal of pathology 177 2191-2204 2010年11月
  • Six-year-old girl with primary cutaneous aggressive epidermotropic CD8+ T-cell lymphoma.
    Kikuchi Y, Kashii Y, Gunji Y, Morimoto A, Masuzawa A, Takatsuka Y, Fujita E, Komine M, Ohtsuki M, Matsubara D, Kobayashi C, Sakurai A, Yanase K, Kato K, Koike K, Tsuchida M, Momoi MY
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53 393-396 2011年06月
  • Epidermal growth factor receptor mutation and chemosensitivity.
    Matsubara D, Niki T
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer 7 771-2; author reply 772 2012年04月
  • Is there a link between diabetic glomerular injury and crescent formation? A case report and literature review.
    Otani N, Akimoto T, Yumura W, Matsubara D, Iwazu Y, Numata A, Miki T, Takemoto F, Fukushima N, Muto S, Kusano E
    Diagnostic pathology 7 46 2012年04月
  • A clinicopathological and immunohistochemical study of gastric cancer with squamous cell carcinoma components: a clinically aggressive tumor.
    Saito S, Hosoya Y, Morishima K, Ui T, Haruta H, Kurashina K, Meguro Y, Zuiki T, Sata N, Fujii H, Matsubara D, Niki T, Lefor AT, Yasuda Y
    Journal of digestive diseases 13 407-413 2012年08月
  • Identification of CCDC6-RET fusion in the human lung adenocarcinoma cell line, LC-2/ad.
    Matsubara D, Kanai Y, Ishikawa S, Ohara S, Yoshimoto T, Sakatani T, Oguni S, Tamura T, Kataoka H, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer 7 1872-1876 2012年12月
  • Lung cancer with loss of BRG1/BRM, shows epithelial mesenchymal transition phenotype and distinct histologic and genetic features.
    Matsubara D, Kishaba Y, Ishikawa S, Sakatani T, Oguni S, Tamura T, Hoshino H, Sugiyama Y, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M, Niki T
    Cancer science 104 266-273 2013年02月
  • Expression of PRMT5 in lung adenocarcinoma and its significance in epithelial-mesenchymal transition.
    Ibrahim R, Matsubara D, Osman W, Morikawa T, Goto A, Morita S, Ishikawa S, Aburatani H, Takai D, Nakajima J, Fukayama M, Niki T, Murakami Y
    Human pathology 45 1397-1405 2014年07月
  • Stromal fibroblasts are predictors of disease-related mortality in esophageal squamous cell carcinoma.
    Saito S, Morishima K, Ui T, Matsubara D, Tamura T, Oguni S, Hosoya Y, Sata N, Lefor AT, Yasuda Y, Niki T
    Oncology reports 32 348-354 2014年07月
  • Immunohistochemical analysis of the expression of E-cadherin and ZEB1 in non-small cell lung cancer.
    Matsubara D, Kishaba Y, Yoshimoto T, Sakuma Y, Sakatani T, Tamura T, Endo S, Sugiyama Y, Murakami Y, Niki T
    Pathology international 64 560-568 2014年11月
  • Loss of YAP1 Defines Neuroendocrine Differentiation of Lung Tumors.
    Ito T, Matsubara D, Tanaka I, Makiya K, Tanei ZI, Kumagai Y, Shiu SJ, Nakaoka HJ, Ishikawa S, Isagawa T, Morikawa T, Shinozaki-Ushiku A, Goto Y, Nakano T, Tsuchiya T, Tsubochi H, Komura D, Aburatani H, Dobashi Y, Nakajima J, Endo S, Fukayama M, Sekido Y, Niki T, Murakami Y.
    Cancer Science 2016年07月
  • p53 Is a Host Cell Regulator during Herpes Simplex Encephalitis.
    Maruzuru Y, Koyanagi N, Takemura N, Uematsu S, Matsubara D, Suzuki Y, Arii J, Kato A, Kawaguchi Y.
    J Virol 2016年07月
  • A novel mouse model of intrahepatic cholangiocarcinoma induced by liver-specific Kras activation and Pten deletion.
    Ikenoue T, Terakado Y, Nakagawa H, Hikiba Y, Fujii T, Matsubara D, Noguchi R, Zhu C, Yamamoto K, Kudo Y, Asaoka Y, Yamaguchi K, Ijichi H, Tateishi K, Fukushima N, Maeda S, Koike K, Furukawa Y.
    Sci Rep 6(23899) 1-9 2016年04月
  • Addiction to the IGF2-ID1-IGF2 circuit for maintenance of the breast cancer stem-like cells.
    Tominaga K, Shimamura T, Kimura N, Murayama T, Matsubara D, Kanauchi H, Niida A, Shimizu S, Nishioka K, Tsuji EI, Yano M, Sugano S, Shimono Y, Ishii H, Saya H, Mori M, Akashi K, Tada KI, Ogawa T, Tojo A, Miyano S, Gotoh N.
    Oncogene 2016年08月
  • Pancreatic neuroendocrine tumor with metastasis to the spleen: a case report.
    Sakuma Y, Yasuda Y, Sata N, Hosoya Y, Shimizu A, Fujii H, Matsubara D, Fukushima N, Miki A, Maeno M, Lefor AK.
    BMC Cancer 17(1) 2017年01月
  • Identification of cell-type-specific mutations in nodal T-cell lymphomas
    Tran B. Nguyen, Mamiko Sakata-Yanagimoto, Yukitsugu Asabe, Daisuke Matsubara, Junko Kano, Kenichi Yoshida, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Koji Izutsu, Naoya Nakamura, Kengo Takeuchi, Hiroaki Miyoshi, Koichi Ohshima, Takashi Minowa, Seishi Ogawa, Masayuki Noguchi and Shigeru Chiba.
    Blood Cancer Journal 2017年01月
  • Frequent loss of the expression of multiple subunits of the SWI/SNF complex in large cell carcinoma and pleomorphic carcinoma of the lung.
    Yoshimoto T, Matsubara D, Nakano T, Tamura T, Endo S, Sugiyama Y, Niki T.
    Pathol Int 2015年11月
  • The role of HGF/MET and FGF/FGFR in fibroblast-derived growth stimulation and lapatinib-resistance of esophageal squamous cell carcinoma.
    Saito S, Morishima K, Ui T, Hoshino H, Matsubara D, Ishikawa S, Aburatani H, Fukayama M, Hosoya Y, Sata N, Lefor AK, Yasuda Y, Niki T.
    BMC cancer 2015年02月
  • Crohn's disease presenting as a ceco-urachal fistula.
    Hidenori Tsukui, Koinuma K, Morimoto M, Horie H, Lefor AK, Kagaya Y, Takahashi H, Yano T, Matsubara D, Yamamoto H, Sata N.
    Clinical Journal of Gastroenterology 2016年10月
  • Cytoplasmic localization of p63 is associated with poor patient survival in lung adenocarcinoma.
    Narahashi T, Niki T, Wang T, Goto A, Matsubara D, Funata N, Fukayama M.
    Histopathology 49(4) 349-357 2006年10月
  • Establishment of Highly Metastatic KRAS Mutant Lung Cancer Cell Sublines by Long-term Three-dimensional Low Attachment Culture.
    Tomoyuki Nakano, Yoshihiko Kanai, Tomoko Tamura, Sachiko Oguni, Yusuke Amano, Taichiro Yoshimoto, Daisuke Matsubara, Takeshi Ito, Yoshinori Murakami, Masashi Fukayama, Takashi Murakami, Shunsuke Endo, and Toshiro Niki.
    PLoS One 2017年
  • Inactivating mutations and hypermethylation of the NKX2-1/TTF-1 gene in non-TRU-type lung adenocarcinomas.
    Daisuke Matsubara, Manabu Soda, Taichiro Yoshimoto, Yusuke Amano, Yuji Sakuma, Azusa Yamato, Toshihide Ueno, Shinya Kojima, Tomoki Shibano, Yasuyuki Hosono4, Masahito Kawazu, Yoshihiro Yamashita, Shunsuke Endo, Koichi Hagiwara, Masashi Fukayama, Takashi Takahashi, Hiroyuki Mano, Toshiro Niki.
    Cancer Science 2017年

MISC

  • 肺腺癌におけるS100A2, S100A4の発現とp53の関連性, 標的遺伝子についての検討(1 Translational research, 癌遺伝子・癌抑制遺伝子1, 第46回 日本肺癌学会総会)
    松原 大祐, 仁木 利郎, 後藤 明輝, 船田 信顕, 石川 俊平, 深山 正久
    肺癌 45(5) 2005年11月
  • O-93 肺腺癌における上皮下型筋線維芽細胞の意義(一般演題(口演)16 病理,第48回日本肺癌学会総会号)
    松原 大祐, 深山 正久, 中島 淳, 仁木 利郎
    肺癌 47(5) 2007年10月
  • P-454 分化マーカーの遺伝子発現プロファイルからみた肺腺癌株の分類とその分子細胞生物学的特性(一般演題(ポスター)48 病理,第48回日本肺癌学会総会)
    松原 大祐, 石川 俊平, 深山 正久, 仁木 利郎
    肺癌 47(5) 2007年10月
  • WS3-2 分化マーカーの発現による肺腺癌細胞株の分類 : EGFR変異とMET増幅との関連(分子標的治療1(基礎),第49回日本肺癌学会総会号)
    松原 大祐, 石川 俊平, 深山 正久, 仁木 利郎
    肺癌 48(5) 2008年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 肺腺癌におけるS100A2, S100A4の発現とp53の関連性, 標的遺伝子についての検討(1 Translational research, 癌遺伝子・癌抑制遺伝子1, 第46回 日本肺癌学会総会)
    松原 大祐, 仁木 利郎, 後藤 明輝, 船田 信顕, 石川 俊平, 深山 正久
    肺癌 45(5) 2005年11月
  • O-93 肺腺癌における上皮下型筋線維芽細胞の意義(一般演題(口演)16 病理,第48回日本肺癌学会総会号)
    松原 大祐, 深山 正久, 中島 淳, 仁木 利郎
    肺癌 47(5) 2007年10月
  • P-454 分化マーカーの遺伝子発現プロファイルからみた肺腺癌株の分類とその分子細胞生物学的特性(一般演題(ポスター)48 病理,第48回日本肺癌学会総会)
    松原 大祐, 石川 俊平, 深山 正久, 仁木 利郎
    肺癌 47(5) 2007年10月
  • WS3-2 分化マーカーの発現による肺腺癌細胞株の分類 : EGFR変異とMET増幅との関連(分子標的治療1(基礎),第49回日本肺癌学会総会号)
    松原 大祐, 石川 俊平, 深山 正久, 仁木 利郎
    肺癌 48(5) 2008年10月

講演・口頭発表

  • Molecular and phenotypic diversity of lung adenocarcinomas
    松原大祐
    The 14th Nikko International Symposium 2017 Molecular Target Therapy and Diagnostics 2017年10月27日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Molecular and phenotypic diversity of lung adenocarcinomas
    松原大祐
    The 14th Nikko International Symposium 2017 Molecular Target Therapy and Diagnostics 2017年10月27日

書籍等出版物

  • 1.「癌診療指針のための病理診断プラクティス肺癌」中山書店
    松原大祐(担当:分担執筆 範囲:)
  • 2.標準臨床検査学「病理学・病理検査学」病理学各論 医学書院
    松原大祐(担当:分担執筆 範囲:)
  • 胸部の原発不明がんの鑑別
    松原大祐(担当:単著 範囲:)
    病理と臨床 2017年02月
  • クロマチンリモデリング因子と癌
    仁木利郎、松原大祐(担当:共著 範囲:)
    病理と臨床 2012年09月
  • 病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 解説編
    松原大祐、仁木利郎(担当:共著 範囲:)
    2012年04月
  • 病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 診断編
    松原大祐、仁木利郎(担当:共著 範囲:)
    2012年04月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 1.「癌診療指針のための病理診断プラクティス肺癌」中山書店
    松原大祐(担当:分担執筆 範囲:)
  • 2.標準臨床検査学「病理学・病理検査学」病理学各論 医学書院
    松原大祐(担当:分担執筆 範囲:)
  • 胸部の原発不明がんの鑑別
    松原大祐(担当:単著 範囲:)
    病理と臨床 2017年 02月
  • クロマチンリモデリング因子と癌
    仁木利郎、松原大祐(担当:共著 範囲:)
    病理と臨床 2012年 09月
  • 病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 解説編
    松原大祐、仁木利郎(担当:共著 範囲:)
    2012年 04月
  • 病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 診断編
    松原大祐、仁木利郎(担当:共著 範囲:)
    2012年 04月

受賞

  • 2014年11月 国際病理アカデミー(IAP)日本支部 病理診断学術奨励賞
  • 2010年04月 日本病理学会 学術奨励賞
  • 2009年11月 日本肺癌学会 優秀ポスター賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2014年11月 国際病理アカデミー(IAP)日本支部 病理診断学術奨励賞
  • 2010年04月 日本病理学会 学術奨励賞
  • 2009年11月 日本肺癌学会 優秀ポスター賞

外部的資金

  • 上皮間葉転換形質を示す肺癌における分子標的の同定とその診断・治療への展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2012年 代表者 : 仁木 利郎
  • 肺腺癌におけるc-Met遺伝子の増幅、過剰発現と機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2010年 代表者 : 松原 大祐
  • 細胞接着分子群の解析に基づく、がんの個性診断法の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 村上 善則
  • 肺腺癌の上皮間葉系転換におけるクロマチンリモデリング分子の機能異常の関与
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 松原 大祐
  • 微小乳頭癌における分子標的の同定と治療への応用
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 仁木 利郎
  • 肺腺癌におけるCADM1過剰発現による悪性形質獲得機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 松原 大祐
  • 骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索
    文部科学省:基盤研究(A)
    研究期間 :2016年 - 2021年 代表者 : 松田浩一
  • 肺癌におけるHippo pathwayのエピゲノム制御への関わり
    文部科学省:基盤研究(C)
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 松原大祐
  • IgSF分子群の網羅的スクリーニングによる新規免疫チェックポイント分子及びそのリガンドの同定
    日本医療研究開発機構(AMED) :次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 伊東 剛
  • 細胞コンテクスト依存的細胞接着分子機能の解析に基づく、固形がんの個性診断法の開発
    文部科学省:基盤研究(B)
    研究期間 :2013年 - 2016年 代表者 : 村上 善則
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 上皮間葉転換形質を示す肺癌における分子標的の同定とその診断・治療への展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2012年 代表者 : 仁木 利郎
  • 肺腺癌におけるc-Met遺伝子の増幅、過剰発現と機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2009年 - 2010年 代表者 : 松原 大祐
  • 細胞接着分子群の解析に基づく、がんの個性診断法の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 村上 善則
  • 肺腺癌の上皮間葉系転換におけるクロマチンリモデリング分子の機能異常の関与
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 松原 大祐
  • 微小乳頭癌における分子標的の同定と治療への応用
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 仁木 利郎
  • 肺腺癌におけるCADM1過剰発現による悪性形質獲得機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 松原 大祐
  • 骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索
    文部科学省:基盤研究(A)
    研究期間 :2016年 - 2021年 代表者 : 松田浩一
  • 肺癌におけるHippo pathwayのエピゲノム制御への関わり
    文部科学省:基盤研究(C)
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 松原大祐
  • IgSF分子群の網羅的スクリーニングによる新規免疫チェックポイント分子及びそのリガンドの同定
    日本医療研究開発機構(AMED) :次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 伊東 剛
  • 細胞コンテクスト依存的細胞接着分子機能の解析に基づく、固形がんの個性診断法の開発
    文部科学省:基盤研究(B)
    研究期間 :2013年 - 2016年 代表者 : 村上 善則
  • 肺腺癌、悪性中皮腫におけるCADM1 によるHippo pathway 制御機構の解明
    文部科学省科学研究費新学術領域研究:がん研究分野の特性を等を踏まえた支援活動
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 松原大祐


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.