詳細検索はこちら

高柳 友紀 タカヤナギ ユキ

所属部署名生理学講座神経脳生理学部門
職名講師ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/usr/pys1/admnpys1/index.html

プロフィール

研究キーワード

    バゾプレシン, セロトニン, 幼若期, トランスジェニックラット, 摂食, 酸素消費量, ジフテリア毒素受容体, 嗅球, 母子愛着, 不安行動, RFRP-1, オープンフィールド・テスト, ACTH, 社会記憶

研究分野

  • 生物科学 / 分子生物学
  • 基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 神経科学 / 神経科学一般

経歴

  • 2012年
    -
    現在
    自治医科大学 医学部(講師)
  • 2007年
    -
    2012年
    自治医科大学 医学部(助教)
  • 2005年
    -
    2007年
    自治医科大学 医学部(助手)

学位

  • 農学博士

研究活動

論文

  • Activation of hypothalamic oxytocin neurons following tactile stimuli in rats.
    Okabe S, Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Neuroscience letters 600 22-27 2015年05月
  • The medial amygdala-medullary PrRP-synthesizing neuron pathway mediates neuroendocrine responses to contextual conditioned fear in male rodents.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Endocrinology 155 2996-3004 2014年08月
  • Oxytocin receptor in the hypothalamus is sufficient to rescue normal thermoregulatory function in male oxytocin receptor knockout mice.
    Kasahara Y, Sato K, Takayanagi Y, Mizukami H, Ozawa K, Hidema S, So KH, Kawada T, Inoue N, Ikeda I, Roh SG, Itoi K, Nishimori K
    Endocrinology 154(11) 4305-4315 2013年09月
  • Involvement of prolactin releasing peptide in activation of oxytocin neurones in response to food intake.
    Yamashita M, Takayanagi Y, Yoshida M, Nishimori K, Kusama M, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 25(5) 455-465 2013年01月
  • Roles of oxytocin neurones in the control of stress, energy metabolism, and social behaviour.
    Onaka T, Takayanagi Y, Yoshida M
    Journal of neuroendocrinology 24 587-598 2012年04月
  • Effects of RFamide-related peptide (RFRP)-1 and RFRP-3 on oxytocin release and anxiety-related behaviour in rats.
    Kaewwongse M, Takayanagi Y, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 23 20-27 2011年01月
  • Roles of prolactin-releasing peptide and RFamide related peptides in the control of stress and food intake.
    Takayanagi Y, Onaka T
    The FEBS journal 277(24) 4998-5005 2010年12月
  • Impairment of social and emotional behaviors in Cadm1-knockout mice.
    Takayanagi Y, Fujita E, Yu Z, Yamagata T, Momoi MY, Momoi T, Onaka T
    Biochemical and biophysical research communications 396(3) 703-708 2010年05月
  • An intrinsic vasopressin system in the olfactory bulb is involved in social recognition.
    Tobin VA, Hashimoto H, Wacker DW, Takayanagi Y, Langnaese K, Caquineau C, Noack J, Landgraf R, Onaka T, Leng G, Meddle SL, Engelmann M, Ludwig M
    Nature 464(7287) 413-417 2010年03月
  • Metabolic and stress-related roles of prolactin-releasing peptide.
    Onaka T, Takayanagi Y, Leng G
    Trends in endocrinology and metabolism: TEM 21(5) 287-293 2010年01月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Activation of hypothalamic oxytocin neurons following tactile stimuli in rats.
    Okabe S, Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Neuroscience letters 600 22-27 2015年05月
  • The medial amygdala-medullary PrRP-synthesizing neuron pathway mediates neuroendocrine responses to contextual conditioned fear in male rodents.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Onaka T
    Endocrinology 155 2996-3004 2014年08月
  • Oxytocin receptor in the hypothalamus is sufficient to rescue normal thermoregulatory function in male oxytocin receptor knockout mice.
    Kasahara Y, Sato K, Takayanagi Y, Mizukami H, Ozawa K, Hidema S, So KH, Kawada T, Inoue N, Ikeda I, Roh SG, Itoi K, Nishimori K
    Endocrinology 154(11) 4305-4315 2013年09月
  • Involvement of prolactin releasing peptide in activation of oxytocin neurones in response to food intake.
    Yamashita M, Takayanagi Y, Yoshida M, Nishimori K, Kusama M, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 25(5) 455-465 2013年01月
  • Roles of oxytocin neurones in the control of stress, energy metabolism, and social behaviour.
    Onaka T, Takayanagi Y, Yoshida M
    Journal of neuroendocrinology 24 587-598 2012年04月
  • Effects of RFamide-related peptide (RFRP)-1 and RFRP-3 on oxytocin release and anxiety-related behaviour in rats.
    Kaewwongse M, Takayanagi Y, Onaka T
    Journal of neuroendocrinology 23 20-27 2011年01月
  • Roles of prolactin-releasing peptide and RFamide related peptides in the control of stress and food intake.
    Takayanagi Y, Onaka T
    The FEBS journal 277(24) 4998-5005 2010年12月
  • Impairment of social and emotional behaviors in Cadm1-knockout mice.
    Takayanagi Y, Fujita E, Yu Z, Yamagata T, Momoi MY, Momoi T, Onaka T
    Biochemical and biophysical research communications 396(3) 703-708 2010年05月
  • An intrinsic vasopressin system in the olfactory bulb is involved in social recognition.
    Tobin VA, Hashimoto H, Wacker DW, Takayanagi Y, Langnaese K, Caquineau C, Noack J, Landgraf R, Onaka T, Leng G, Meddle SL, Engelmann M, Ludwig M
    Nature 464(7287) 413-417 2010年03月
  • Metabolic and stress-related roles of prolactin-releasing peptide.
    Onaka T, Takayanagi Y, Leng G
    Trends in endocrinology and metabolism: TEM 21(5) 287-293 2010年01月
  • Evidence that oxytocin exerts anxiolytic effects via oxytocin receptor expressed in serotonergic neurons in mice.
    Yoshida M, Takayanagi Y, Inoue K, Kimura T, Young LJ, Onaka T, Nishimori K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29 2259-2271 2009年02月
  • Endogenous prolactin-releasing peptide regulates food intake in rodents.
    Takayanagi Y, Matsumoto H, Nakata M, Mera T, Fukusumi S, Hinuma S, Ueta Y, Yada T, Leng G, Onaka T
    The Journal of clinical investigation 118 4014-4024 2008年12月
  • Oxytocin receptor-deficient mice developed late-onset obesity.
    Takayanagi Y, Kasahara Y, Onaka T, Takahashi N, Kawada T, Nishimori K
    Neuroreport 19 951-955 2008年06月
  • Infusion of oxytocin induces successful delivery in prostanoid FP-receptor-deficient mice.
    Kawamata M, Yoshida M, Sugimoto Y, Kimura T, Tonomura Y, Takayanagi Y, Yanagisawa T, Nishimori K
    Molecular and cellular endocrinology 283 32-37 2008年02月
  • New aspects of oxytocin receptor function revealed by knockout mice: sociosexual behaviour and control of energy balance.
    Nishimori K, Takayanagi Y, Yoshida M, Kasahara Y, Young LJ, Kawamata M
    Progress in brain research 170 79-90 2008年
  • Oxytocin and appetite.
    Leng G, Onaka T, Caquineau C, Sabatier N, Tobin VA, Takayanagi Y
    Progress in brain research 170 137-151 2008年
  • Impaired thermoregulatory ability of oxytocin-deficient mice during cold-exposure.
    Kasahara Y, Takayanagi Y, Kawada T, Itoi K, Nishimori K
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 71(12) 3122-3126 2007年12月
  • Impact of cyclosporine upon emotional and social behavior in mice.
    Sato Y, Takayanagi Y, Onaka T, Kobayashi E
    Transplantation 83 1365-1370 2007年05月
  • Paclitaxel-2'-Ethylcarbonate prodrug can circumvent P-glycoprotein-mediated cellular efflux to increase drug cytotoxicity.
    Tanino T, Nawa A, Kondo E, Kikkawa F, Daikoku T, Tsurumi T, Luo C, Nishiyama Y, Takayanagi Y, Nishimori K, Ichida S, Wada T, Miki Y, Iwaki M
    Pharmaceutical research 24 555-565 2007年03月
  • Salt loading reduces hypothalamic noradrenaline release after noxious stimuli.
    Takayanagi Y, Nishimori K, Onaka T
    Neuroscience letters 391 22-27 2005年12月
  • Pervasive social deficits, but normal parturition, in oxytocin receptor-deficient mice.
    Takayanagi Y, Yoshida M, Bielsky IF, Ross HE, Kawamata M, Onaka T, Yanagisawa T, Kimura T, Matzuk MM, Young LJ, Nishimori K
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102(44) 16096-16101 2005年11月
  • Vasopressin-induced contraction of uterus is mediated solely by the oxytocin receptor in mice, but not in humans.
    Kawamata M, Mitsui-Saito M, Kimura T, Takayanagi Y, Yanagisawa T, Nishimori K
    European journal of pharmacology 472 229-234 2003年07月
  • Activation of Supraoptic Oxytocin Neurons by Secretin Facilitates Social Recognition.
    Takayanagi Y, Yoshida M, Takashima A, Takanami K, Yoshida S, Nishimori K, Nishijima I, Sakamoto H, Yamagata T, Onaka T
    Biological psychiatry 81(3) 243-251 2017年02月

MISC

  • メンタルストレスの基礎と臨床 2 不安・恐怖とオキシトシン
    尾仲達史, 吉田匡秀, 高柳友紀
    アンチ・エイジング医学 11(1) 024-033 2015年02月
  • 幼若期ストレスによる情動障害:オキシトシン‐セロトニン神経回路の可塑的変容
    高柳友紀
    ストレス科学研究 29 120-121 2014年10月
  • 肥満・肥満症の調節,発症に関わる因子 摂食調節因子とその作用機序 摂食抑制因子 脳由来 オキシトシンとウロコルチンによる摂食制御
    高柳友紀, 尾仲達史
    日本臨床 72 224-230 2014年05月
  • 妊娠と出産を巡る精神科臨床―何を理解し,どう関わるか?―II 母性行動と下垂体ホルモン
    尾仲達史, 高柳友紀
    精神科治療学 28(6) 777-784 2013年06月
  • ニューロペプチド―update 食欲制御 プロラクチン放出ペプチド(PrRP)
    高柳友紀, 尾仲達史
    Clin Neurosci 30(2) 176-177 2012年02月
  • ニューロペプチド―update 社会性 オキシトシンとストレス緩和作用
    尾仲達史, 高柳友紀, 吉田匡秀
    Clin Neurosci 30(2) 212-215 2012年02月
  • 脳内ホルモンと行動--オキシトシンとバゾプレシンの働き (特集 ホルモンのおべんきょう)
    尾仲達史, 高柳友紀
    アンチ・エイジング医学 5(1) 47-53 2009年02月
  • オキシトシンと情動
    西森克彦, 吉田匡秀, 笠原好之, 高柳友紀
    分子精神医学 8(3) 221-229 2008年07月
  • オキシトシン受容体遺伝子の生理機能 : 本能行動制御から体恒常性維持
    西森克彦, 高柳友紀, 吉田匡秀, 笠原好之
    化学と生物 45(12) 826-833 2007年12月
  • オキシトシン/オキシトシン受容体の抗ストレス作用とその作用機序の解析(平成18年度自治医科大学医学部研究奨励金研究成果報告)
    高柳友紀
    自治医科大学紀要 30 2007年12月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • メンタルストレスの基礎と臨床 2 不安・恐怖とオキシトシン
    尾仲達史, 吉田匡秀, 高柳友紀
    アンチ・エイジング医学 11(1) 024-033 2015年02月
  • 幼若期ストレスによる情動障害:オキシトシン‐セロトニン神経回路の可塑的変容
    高柳友紀
    ストレス科学研究 29 120-121 2014年10月
  • 肥満・肥満症の調節,発症に関わる因子 摂食調節因子とその作用機序 摂食抑制因子 脳由来 オキシトシンとウロコルチンによる摂食制御
    高柳友紀, 尾仲達史
    日本臨床 72 224-230 2014年05月
  • 妊娠と出産を巡る精神科臨床―何を理解し,どう関わるか?―II 母性行動と下垂体ホルモン
    尾仲達史, 高柳友紀
    精神科治療学 28(6) 777-784 2013年06月
  • ニューロペプチド―update 食欲制御 プロラクチン放出ペプチド(PrRP)
    高柳友紀, 尾仲達史
    Clin Neurosci 30(2) 176-177 2012年02月
  • ニューロペプチド―update 社会性 オキシトシンとストレス緩和作用
    尾仲達史, 高柳友紀, 吉田匡秀
    Clin Neurosci 30(2) 212-215 2012年02月
  • 脳内ホルモンと行動--オキシトシンとバゾプレシンの働き (特集 ホルモンのおべんきょう)
    尾仲達史, 高柳友紀
    アンチ・エイジング医学 5(1) 47-53 2009年02月
  • オキシトシンと情動
    西森克彦, 吉田匡秀, 笠原好之, 高柳友紀
    分子精神医学 8(3) 221-229 2008年07月
  • オキシトシン受容体遺伝子の生理機能 : 本能行動制御から体恒常性維持
    西森克彦, 高柳友紀, 吉田匡秀, 笠原好之
    化学と生物 45(12) 826-833 2007年12月
  • オキシトシン/オキシトシン受容体の抗ストレス作用とその作用機序の解析(平成18年度自治医科大学医学部研究奨励金研究成果報告)
    高柳友紀
    自治医科大学紀要 30 2007年12月
  • シクロスポリンによる情動障害
    尾仲達史,佐藤友紀,高柳友紀,小林英司
    今日の移植 19 643-646 2006年
  • 遺伝子欠損マウスが語る生殖関連GPCRの生体機能解析 : 最も"古い"ホルモン, オキシトシンとその受容体, そして最も新しい orphan 受容体LGR4の生体に於ける機能について
    西森克彦, 加藤成樹, 川又理樹, 高柳友紀
    臨床化学 33(3) 154-162 2004年12月
  • 食塩摂取による脳内下垂体後葉ホルモン放出の生理的役割:ストレス修飾仮説の検証
    尾仲達史, 高柳友紀
    財団法人ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2004 137-145 2004年
  • 遺伝子欠損マウスによるオキシトシン・オキシトシン受容体システムの機能解析
    西森克彦, 川又理樹, 高柳友紀
    日本農芸化学会誌 76(11) 1086-1089 2002年11月
  • S1-4. オキシトシン受容体OTR遺伝子欠損マウスの解析
    西森克彦, 高柳友紀, 川又理樹, 斉藤みの里, 柳澤輝行, LarryYang, ThomasInsel, 木村正
    Journal of smooth muscle research. Japanese section 6(1) 2002年04月

受賞

  • 2009年11月 平成21年度自治医科大学医学部最優秀論文賞
  • 2008年02月 (財)井上科学振興財団 井上研究奨励賞 「オキシトシン受容体機能の分子遺伝学的解析」
  • 2007年09月 The 7th World Congress on Neurohypophysial Hormones "Armin Ermisch Memorial Award 2007" 「Effects of secretin upon oxytocin release」
  • 1999年06月 東北大学 ヨシ・エス・クノ奨学賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2009年11月 平成21年度自治医科大学医学部最優秀論文賞
  • 2008年02月 (財)井上科学振興財団 井上研究奨励賞 「オキシトシン受容体機能の分子遺伝学的解析」
  • 2007年09月 The 7th World Congress on Neurohypophysial Hormones "Armin Ermisch Memorial Award 2007" 「Effects of secretin upon oxytocin release」
  • 1999年06月 東北大学 ヨシ・エス・クノ奨学賞

特許

  • オキシトシン受容体欠損マウス及びその利用方法
    西森 克彦, 高柳 友紀
    特願2001-2673592001年09月04日

外部的資金

  • 共感性の神経内分泌制御
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2013年 - 2017年 代表者 : 尾仲 達史
  • 幼少期ストレスによる肥満発症のメカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 高柳 友紀
  • 幼若期ストレスによる情動障害:オキシトシン―セロトニン神経回路の可塑的変容
    公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター:パブリックヘルス科学研究助成金
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 高柳 友紀
  • 摂食とストレスの接点分子:PrRP−オキシトシン系の働きの解明
    サントリー生命科学財団:SUNBOR GRANT
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 高柳 友紀
  • セクレチンーオキシトシン系が担う社会的記憶の神経基盤の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 高柳 友紀
  • 摂食と社会行動の相互作用の神経機構:神経ペプチド仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 尾仲 達史
  • 幼若期ストレスによる食欲制御メカニズムの破綻
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 高柳 友紀
  • 社会行動を担う神経基盤の形成:幼若期オキシトシンの働き
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 高柳 友紀
  • ストレスと社会行動におけるPrRP-オキシトシン系の働き
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 尾仲 達史
  • ストレス脆弱性の分子機構:PrRPニューロン仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 尾仲 達史
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 共感性の神経内分泌制御
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2013年 - 2017年 代表者 : 尾仲 達史
  • 幼少期ストレスによる肥満発症のメカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 高柳 友紀
  • 幼若期ストレスによる情動障害:オキシトシン―セロトニン神経回路の可塑的変容
    公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター:パブリックヘルス科学研究助成金
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 高柳 友紀
  • 摂食とストレスの接点分子:PrRP−オキシトシン系の働きの解明
    サントリー生命科学財団:SUNBOR GRANT
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 高柳 友紀
  • セクレチンーオキシトシン系が担う社会的記憶の神経基盤の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 高柳 友紀
  • 摂食と社会行動の相互作用の神経機構:神経ペプチド仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 尾仲 達史
  • 幼若期ストレスによる食欲制御メカニズムの破綻
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 高柳 友紀
  • 社会行動を担う神経基盤の形成:幼若期オキシトシンの働き
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 高柳 友紀
  • ストレスと社会行動におけるPrRP-オキシトシン系の働き
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 尾仲 達史
  • ストレス脆弱性の分子機構:PrRPニューロン仮説の検証
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 尾仲 達史
  • 母子愛着行動の形成機序:幼若期オキシトシン受容体活性化の働き
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 高柳 友紀
  • 母子愛着行動の形成と表出にオキシトシン系が果たす役割の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 高柳 友紀
  • 母子親和行動にオキシトシン/オキシトシン受容体システムが果たす役割の解析
    農芸化学研究奨励会:第33回 農芸化学会研究奨励金
    研究期間 :2005年 代表者 : 高柳 友紀
  • 遺伝子欠損マウスを用いたオキシトシン/オキシトシン受容体システムの解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 高柳 友紀


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.