詳細検索はこちら

大庭 賢二 オオバ ケンジ

所属部署名遺伝子治療研究部
職名講師(学内講師)ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    遺伝子治療, 免疫学, 癌, 分子生物学, 細胞競合, ウイルス学

研究分野

  • ゲノム科学 / ゲノム医科学 / 遺伝子治療
  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学)
  • 生物科学 / 細胞生物学
  • 生物科学 / 分子生物学
  • 基礎医学 / 免疫学
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 腫瘍学 / 腫瘍生物学
  • 基礎医学 / ウイルス学 / HIV, HTLV, Influenza virus, Flavivirus, Oncovirus, AAV

経歴

  • 2015年03月
    -
    2018年10月
    北海道大学 遺伝子病制御研究所 分子腫瘍分野(特任助教)
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    National University of Singapore Yong Loo Lin School of Medicine, Department of Microbiology(Research Fellow)
  • 2008年04月
    -
    2010年03月
    国立感染症研究所 エイズ研究センター(流動研究員 (ヒューマンサイエンス財団))
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医歯学総合研究科(医学)(博士)
  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    横浜市立大学 医学研究科(修士)

学歴

  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 医歯学博士課程 (医学専攻)
  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    横浜市立大学 医学研究科 医科学修士
  • 1998年04月
    -
    2002年03月
    立教大学 理学部 生命理学科

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Cooperative Orthogonal Macromolecular Assemblies with Broad Spectrum Antiviral Activity, High Selectivity, and Resistance Mitigation
    Koji Ichiyama, Chuan Yang, Lakshmi Chandrasekaran, Shaoqiong Liu, Lijun Rong, Yue Zhao, Shujun Gao, Ashlynn Lee, Kenji Ohba, Youichi Suzuki, Yoshiyuki Yoshinaka, Kunitada Shimotohno, Kei Miyakawa, Akihide Ryo, James Hedrick, Naoki Yamamoto, Yi Yan Yang
    Macromolecules 2016年03月
  • Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication.
    Suzuki Y, Chin WX, Han Q, Ichiyama K, Lee CH, Eyo ZW, Ebina H, Takahashi H, Takahashi C, Tan BH, Hishiki T, Ohba K, Matsuyama T, Koyanagi Y, Tan YJ, Sawasaki T, Chu JJ, Vasudevan SG, Sano K, Yamamoto N
    PLoS pathogens 12(1) e1005357 2016年01月
  • Macrophage response to oncolytic paramyxoviruses potentiates virus-mediated tumor cell killing.
    Tan DQ, Zhang L, Ohba K, Ye M, Ichiyama K, Yamamoto N
    European journal of immunology 2016年01月
  • Cancellers - Exploring the Possibility of Receptor Decoy Traps As a Superior Anti-Retroviral Strategy.
    Jeremiah SS, Ohba K, Yamamoto N
    Current drug targets 17(6) 678-692 2016年
  • Combination of vaccine-strain measles and mumps virus synergistically kills a wide range of human hematological cancer cells: Special focus on acute myeloid leukemia.
    Zhang LF, Tan DQ, Jeyasekharan AD, Hsieh WS, Ho AS, Ichiyama K, Ye M, Pang B, Ohba K, Liu X, de Mel S, Cuong BK, Chng WJ, Ryo A, Suzuki Y, Yeoh KG, Toan NL, Yamamoto N
    Cancer letters 354(2) 272-280 2014年11月
  • In vivo and in vitro studies suggest a possible involvement of HPV infection in the early stage of breast carcinogenesis via APOBEC3B induction.
    Ohba K, Ichiyama K, Yajima M, Gemma N, Nikaido M, Wu Q, Chong P, Mori S, Yamamoto R, Wong JE, Yamamoto N
    PloS one 9(5) e97787 2014年
  • Effects of DNA binding of the zinc finger and linkers for domain fusion on the catalytic activity of sequence-specific chimeric recombinases determined by a facile fluorescent system.
    Nomura W, Masuda A, Ohba K, Urabe A, Ito N, Ryo A, Yamamoto N, Tamamura H
    Biochemistry 51(7) 1510-1517 2012年02月
  • Remodeling of dynamic structures of HIV-1 envelope proteins leads to synthetic antigen molecules inducing neutralizing antibodies.
    Nakahara T, Nomura W, Ohba K, Ohya A, Tanaka T, Hashimoto C, Narumi T, Murakami T, Yamamoto N, Tamamura H
    Bioconjugate chemistry 21(4) 709-714 2010年04月
  • BCA2/Rabring7 promotes tetherin-dependent HIV-1 restriction.
    Miyakawa K, Ryo A, Murakami T, Ohba K, Yamaoka S, Fukuda M, Guatelli J, Yamamoto N
    PLoS pathogens 5(12) e1000700 2009年12月
  • Follicular dendritic cells activate HIV-1 replication in monocytes/macrophages through a juxtacrine mechanism mediated by P-selectin glycoprotein ligand 1.
    Ohba K, Ryo A, Dewan MZ, Nishi M, Naito T, Qi X, Inagaki Y, Nagashima Y, Tanaka Y, Okamoto T, Terashima K, Yamamoto N
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 183(1) 524-532 2009年07月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Cooperative Orthogonal Macromolecular Assemblies with Broad Spectrum Antiviral Activity, High Selectivity, and Resistance Mitigation
    Koji Ichiyama, Chuan Yang, Lakshmi Chandrasekaran, Shaoqiong Liu, Lijun Rong, Yue Zhao, Shujun Gao, Ashlynn Lee, Kenji Ohba, Youichi Suzuki, Yoshiyuki Yoshinaka, Kunitada Shimotohno, Kei Miyakawa, Akihide Ryo, James Hedrick, Naoki Yamamoto, Yi Yan Yang
    Macromolecules 2016年03月
  • Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication.
    Suzuki Y, Chin WX, Han Q, Ichiyama K, Lee CH, Eyo ZW, Ebina H, Takahashi H, Takahashi C, Tan BH, Hishiki T, Ohba K, Matsuyama T, Koyanagi Y, Tan YJ, Sawasaki T, Chu JJ, Vasudevan SG, Sano K, Yamamoto N
    PLoS pathogens 12(1) e1005357 2016年01月
  • Macrophage response to oncolytic paramyxoviruses potentiates virus-mediated tumor cell killing.
    Tan DQ, Zhang L, Ohba K, Ye M, Ichiyama K, Yamamoto N
    European journal of immunology 2016年01月
  • Cancellers - Exploring the Possibility of Receptor Decoy Traps As a Superior Anti-Retroviral Strategy.
    Jeremiah SS, Ohba K, Yamamoto N
    Current drug targets 17(6) 678-692 2016年
  • Combination of vaccine-strain measles and mumps virus synergistically kills a wide range of human hematological cancer cells: Special focus on acute myeloid leukemia.
    Zhang LF, Tan DQ, Jeyasekharan AD, Hsieh WS, Ho AS, Ichiyama K, Ye M, Pang B, Ohba K, Liu X, de Mel S, Cuong BK, Chng WJ, Ryo A, Suzuki Y, Yeoh KG, Toan NL, Yamamoto N
    Cancer letters 354(2) 272-280 2014年11月
  • In vivo and in vitro studies suggest a possible involvement of HPV infection in the early stage of breast carcinogenesis via APOBEC3B induction.
    Ohba K, Ichiyama K, Yajima M, Gemma N, Nikaido M, Wu Q, Chong P, Mori S, Yamamoto R, Wong JE, Yamamoto N
    PloS one 9(5) e97787 2014年
  • Effects of DNA binding of the zinc finger and linkers for domain fusion on the catalytic activity of sequence-specific chimeric recombinases determined by a facile fluorescent system.
    Nomura W, Masuda A, Ohba K, Urabe A, Ito N, Ryo A, Yamamoto N, Tamamura H
    Biochemistry 51(7) 1510-1517 2012年02月
  • Remodeling of dynamic structures of HIV-1 envelope proteins leads to synthetic antigen molecules inducing neutralizing antibodies.
    Nakahara T, Nomura W, Ohba K, Ohya A, Tanaka T, Hashimoto C, Narumi T, Murakami T, Yamamoto N, Tamamura H
    Bioconjugate chemistry 21(4) 709-714 2010年04月
  • BCA2/Rabring7 promotes tetherin-dependent HIV-1 restriction.
    Miyakawa K, Ryo A, Murakami T, Ohba K, Yamaoka S, Fukuda M, Guatelli J, Yamamoto N
    PLoS pathogens 5(12) e1000700 2009年12月
  • Follicular dendritic cells activate HIV-1 replication in monocytes/macrophages through a juxtacrine mechanism mediated by P-selectin glycoprotein ligand 1.
    Ohba K, Ryo A, Dewan MZ, Nishi M, Naito T, Qi X, Inagaki Y, Nagashima Y, Tanaka Y, Okamoto T, Terashima K, Yamamoto N
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 183(1) 524-532 2009年07月
  • Requirement for microtubule integrity in the SOCS1-mediated intracellular dynamics of HIV-1 Gag.
    Nishi M, Ryo A, Tsurutani N, Ohba K, Sawasaki T, Morishita R, Perrem K, Aoki I, Morikawa Y, Yamamoto N
    FEBS letters 583(8) 1243-1250 2009年04月
  • Fluorogenically active leucine zipper peptides as tag-probe pairs for protein imaging in living cells.
    Tsutsumi H, Nomura W, Abe S, Mino T, Masuda A, Ohashi N, Tanaka T, Ohba K, Yamamoto N, Akiyoshi K, Tamamura H
    Angewandte Chemie (International ed. in English) 48(48) 9164-9166 2009年
  • Structure-activity relationship study of CXCR4 antagonists bearing the cyclic pentapeptide scaffold: identification of the new pharmacophore.
    Tanaka T, Tsutsumi H, Nomura W, Tanabe Y, Ohashi N, Esaka A, Ochiai C, Sato J, Itotani K, Murakami T, Ohba K, Yamamoto N, Fujii N, Tamamura H
    Organic & biomolecular chemistry 6(23) 4374-4377 2008年12月
  • Fluorophore labeling enables imaging and evaluation of specific CXCR4-ligand interaction at the cell membrane for fluorescence-based screening.
    Nomura W, Tanabe Y, Tsutsumi H, Tanaka T, Ohba K, Yamamoto N, Tamamura H
    Bioconjugate chemistry 19(9) 1917-1920 2008年09月
  • SOCS1 is an inducible host factor during HIV-1 infection and regulates the intracellular trafficking and stability of HIV-1 Gag.
    Ryo A, Tsurutani N, Ohba K, Kimura R, Komano J, Nishi M, Soeda H, Hattori S, Perrem K, Yamamoto M, Chiba J, Mimaya J, Yoshimura K, Matsushita S, Honda M, Yoshimura A, Sawasaki T, Aoki I, Morikawa Y, Yamamoto N
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105(1) 294-299 2008年01月
  • Efficient induction of HIV-1 replication in latently infected cells through contact with CD4+ T cells: involvement of NF-kappaB activation.
    Qi X, Koya Y, Saitoh T, Saitoh Y, Shimizu S, Ohba K, Yamamoto N, Yamaoka S, Yamamoto N
    Virology 361(2) 325-334 2007年05月
  • Mutant influenza A virus nucleoprotein is preferentially localized in the cytoplasm and its immunization in mice shows higher immunogenicity and cross-reactivity.
    Ohba K, Yoshida S, Zahidunnabi Dewan M, Shimura H, Sakamaki N, Takeshita F, Yamamoto N, Okuda K
    Vaccine 25(21) 4291-4300 2007年05月
  • A fused gene of nucleoprotein (NP) and herpes simplex virus genes (VP22) induces highly protective immunity against different subtypes of influenza virus.
    Saha S, Yoshida S, Ohba K, Matsui K, Matsuda T, Takeshita F, Umeda K, Tamura Y, Okuda K, Klinman D, Xin KQ, Okuda K
    Virology 354(1) 48-57 2006年10月
  • Mouse serum factor(s) down-modulate the CD4 and CXCR4 molecules on human T cells conferring resistance to HIV infection in NOG mice.
    Dewan MZ, Terashima K, Ahmed S, Ohba K, Taruishi M, Yamamoto N
    Medical microbiology and immunology 194(4) 175-180 2005年08月
  • Stromal cell-derived factor-1 and CXCR4 receptor interaction in tumor growth and metastasis of breast cancer.
    Dewan MZ, Ahmed S, Iwasaki Y, Ohba K, Toi M, Yamamoto N
    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 60(6) 273-276 2006年07月
  • Natural killer cells in breast cancer cell growth and metastasis in SCID mice.
    Dewan MZ, Terunuma H, Ahmed S, Ohba K, Takada M, Tanaka Y, Toi M, Yamamoto N
    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 59 Suppl 2 S375-9 2005年10月
  • Immunogenicity and protective efficacy of orally administered recombinant Lactococcus lactis expressing surface-bound HIV Env.
    Xin KQ, Hoshino Y, Toda Y, Igimi S, Kojima Y, Jounai N, Ohba K, Kushiro A, Kiwaki M, Hamajima K, Klinman D, Okuda K
    Blood 102(1) 223-228 2003年07月
  • Contribution of the rev gene to the immunogenicity of DNA vaccines targeting the envelope glycoprotein of HIV.
    Jounai N, Okuda K, Kojima Y, Toda Y, Hamajima K, Ohba K, Klinman D, Xin KQ
    The journal of gene medicine 5(7) 609-617 2003年07月
  • A DNA vaccine containing inverted terminal repeats from adeno-associated virus increases immunity to HIV.
    Xin KQ, Ooki T, Jounai N, Mizukami H, Hamajima K, Kojima Y, Ohba K, Toda Y, Hirai S, Klinman DM, Ozawa K, Okuda K
    The journal of gene medicine 5(5) 438-445 2003年05月

MISC

  • 免疫と疾患 (前篇)―自然・獲得免疫と疾患 HIV感染症における治療と研究
    大庭賢二, 山本直樹, 山岡昇司
    最新医学 60 651-660 2005年03月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 免疫と疾患 (前篇)―自然・獲得免疫と疾患 HIV感染症における治療と研究
    大庭賢二, 山本直樹, 山岡昇司
    最新医学 60 651-660 2005年03月

講演・口頭発表

  • 変異細胞または正常/変異細胞の境界を認識する膜表面分子の探索
    大庭 賢二、酒向 宏明、藤田 恭之
    第5回 新学術領域班会議ー細胞競合ー 2018年06月14日
  • ファージ抗体ライブラリを利用した細胞競合制御因子の探索
    大庭 賢二、酒向 宏明、掛布 真愛、藤田 恭之
    第7回 細胞競合コロキウム 2018年03月08日
  • Elimination of oncoviral factor-expressing cells via cell competition
    大庭 賢二、藤田 恭之
    3rd International Symposium on Cell Competition 2017年08月29日
  • 正常細胞との細胞競合によるアポトーシスを介した ウイルス性がん細胞排除機構の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第6回 細胞競合コロキウム 2017年03月16日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第6回 六甲医学研究会 2016年10月28日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第4回 新学術領域班会議 –細胞競合− 2016年08月30日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第5回 細胞競合コロキウム 2016年03月17日
  • 乳癌初期におけるHuman papilloma virus (HPV)感染を介したAPOBEC3B高発現による新たな癌誘導メカニズムの可能性
    大庭 賢二、山本 直樹、藤田 恭之
    第4回 細胞競合コロキウム 2015年03月12日
  • インターフェロン誘導性新規抗デングウイルス因子(RyDEN)の同定とその抑制機構の解明
    鈴木陽一, HAN Qi’En, CHIN Wei Xin, LEE Ching Hua, WEN Eyo Zhi, 蝦名博貴, 市山浩二, TAN Beng Hui, 日紫喜隆行, 大庭賢二, HANN Chu Jang, TAN Yee Joo, 小柳義夫, VASUDEVAN Subhash, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2014年10月
  • Human Papilloma Virus (HPV) as a Possible Cause of Breast Carcinoma.
    大庭 賢二
    2nd Microbiology Students’ Symposium: Infection & Immunity. 2014年05月24日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 変異細胞または正常/変異細胞の境界を認識する膜表面分子の探索
    大庭 賢二、酒向 宏明、藤田 恭之
    第5回 新学術領域班会議ー細胞競合ー 2018年06月14日
  • ファージ抗体ライブラリを利用した細胞競合制御因子の探索
    大庭 賢二、酒向 宏明、掛布 真愛、藤田 恭之
    第7回 細胞競合コロキウム 2018年03月08日
  • Elimination of oncoviral factor-expressing cells via cell competition
    大庭 賢二、藤田 恭之
    3rd International Symposium on Cell Competition 2017年08月29日
  • 正常細胞との細胞競合によるアポトーシスを介した ウイルス性がん細胞排除機構の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第6回 細胞競合コロキウム 2017年03月16日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第6回 六甲医学研究会 2016年10月28日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第4回 新学術領域班会議 –細胞競合− 2016年08月30日
  • ウイルス性癌細胞に対する細胞競合現象の解析
    大庭 賢二、藤田 恭之
    第5回 細胞競合コロキウム 2016年03月17日
  • 乳癌初期におけるHuman papilloma virus (HPV)感染を介したAPOBEC3B高発現による新たな癌誘導メカニズムの可能性
    大庭 賢二、山本 直樹、藤田 恭之
    第4回 細胞競合コロキウム 2015年03月12日
  • インターフェロン誘導性新規抗デングウイルス因子(RyDEN)の同定とその抑制機構の解明
    鈴木陽一, HAN Qi’En, CHIN Wei Xin, LEE Ching Hua, WEN Eyo Zhi, 蝦名博貴, 市山浩二, TAN Beng Hui, 日紫喜隆行, 大庭賢二, HANN Chu Jang, TAN Yee Joo, 小柳義夫, VASUDEVAN Subhash, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2014年10月
  • Human Papilloma Virus (HPV) as a Possible Cause of Breast Carcinoma.
    大庭 賢二
    2nd Microbiology Students’ Symposium: Infection & Immunity. 2014年05月24日
  • ウイルスゲノムを標的としたジンクフィンガーヌクレアーゼの構築戦略
    野村渉, 近藤麻美, 卜部亜里沙, 大庭賢二, 増田朱美, 山本直樹, 梁明秀, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2012年03月05日
  • Use of zinc finger nuclease or recombinase technologies to eradicate HIV infectio - an exciting new concept-
    大庭 賢二
    Tan Tock Seng Hospital invited seminar 2012年01月20日
  • ジンクフィンガー融合DNA組換え酵素の反応効率最適化
    増田朱美, 野村渉, 大庭賢二, 卜部亜里沙, 山本直樹, 玉村啓和
    日本化学会バイオテクノロジー部会シンポジウム講演要旨集 2011年09月12日
  • HIV‐1侵入過程の動的超分子機構を基にした新規エイズワクチンの創製
    橋本知恵, 鳴海哲夫, 野村渉, 中原徹, 田中智博, 大庭賢二, 相馬晃, 長谷山正樹, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本エイズ学会誌 2010年11月20日
  • HIV侵入の動的超分子機構を模倣した立体構造特異的人工抗原分子の創製
    野村渉, 中原徹, 橋本知恵, 相馬晃, 田中智博, 鳴海哲夫, 玉村啓和, 大庭賢二, 山本直樹
    反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 2010年10月12日
  • HIV‐gp41の三量体構造に特異的な中和抗体を誘導する人工抗原ペプチド
    野村渉, 相馬晃, 中原徹, 大庭賢二, 田中智博, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会関東支部大会講演要旨集 2010年10月02日
  • エイズワクチンを指向した宿主受容体CXCR4由来抗原分子の創製
    橋本知恵, 野村渉, 田中智博, 中原徹, 鳴海哲夫, 大庭賢二, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2010年03月05日
  • 合成抗原ペプチドによるHIV‐1 gp41の三量体構造を認識する抗体の誘導
    野村渉, 中原徹, 大矢亜紀, 大庭賢二, 田中智博, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2010年03月05日
  • 標的配列特異的DNA組換え酵素の構築を目指した亜鉛フィンガータンパク質の応用
    増田朱美, 野村渉, 大庭賢二, 奥田毅, 奥田毅, CARLOS F. Barbas III, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2010年03月05日
  • HIV‐1第二受容体CXCR4を基にした合成抗原分子の開発
    橋本知恵, 野村渉, 田中智博, 鳴海哲夫, 大庭賢二, 山本直樹, 玉村啓和
    メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集 2009年11月10日
  • HIV‐gp41の三量体構造に特異的な中和抗体を誘導する人工抗原ペプチド
    大矢亜紀, 中原徹, 野村渉, 大庭賢二, 田中智博, 橋本知恵, 鳴海哲夫, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集 2009年11月10日
  • HIV-1 protease cleaves folkhead box P3 (FoxP3): a possible mechanism of autoimmune condition induced in HIV-1-infected individuals.
    Kenji Ohba, Akihide Ryo, Naoki Yamamoto
    The 4th Asian Congress on Autoimmunity 2009年09月11日
  • HIV‐1コレセプターCXCR4を基にした人工設計型抗原分子の開発
    橋本知恵, 野村渉, 田中智博, 中原徹, 鳴海哲夫, 大庭賢二, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2009年07月11日
  • 配列特異的DNA組換え酵素におけるDNA結合親和性が及ぼす組換え反応効率への影響
    野村渉, 増田朱美, 加藤舞, 大庭賢二, BARBAS Carlos F.,III, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2009年07月11日
  • CXCR4特異的蛍光プローブの開発と薬剤スクリーニングへの応用
    田中智博, 野村渉, 田部泰明, 鳴海哲夫, 糸谷恭子, 大庭賢二, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2009年07月11日
  • 配列特異的DNA組換え酵素におけるDNA結合親和性が及ぼす組み換え反応効率への影響
    野村渉, 増田朱美, 加藤舞, 大庭賢二, BARBAS Carlos III, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2009年03月05日
  • HIV‐1コレセプターCXCR4を基にした人工設計型抗原分子の開発
    橋本知恵, 堤浩, 田中智博, 中原徹, 野村渉, 大庭賢二, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2009年03月05日
  • 蛍光性CXCR4特異的リガンドの開発:スクリーニング及びイメージングへの展開
    田中智博, 野村渉, 田部泰章, 堤浩, 糸谷恭子, 大庭賢二, 村上努, 山本直樹, 玉村啓和
    日本薬学会年会要旨集 2009年03月05日
  • RINGフィンガー蛋白質BCA2はHIV‐1粒子産生を阻害する
    宮川敬, 梁明秀, 大庭賢二, 村上努, 山本直樹
    日本エイズ学会誌 2008年11月20日
  • Follicular dendritic cells activate HIV-1 replication through a juxtacrine mechanism mediated by P-selectin glycopotein ligand-1
    Kenji Ohba, Akihide Ryo, Kazuo Terashima and Naoki Yamamoto
    9th Kumamoto AIDS Seminar 2008年09月18日
  • Follicular dendritic cells activate HIV-1 replication through a juxtacrine mechanism mediated by P-selectin glycopotein ligand-1
    Kenji Ohba, Akihide Ryo, Kazuo Terashima and Naoki Yamamoto
    The 8th Awaji International Forum on Infection and Immunity 2008年09月07日
  • 蛍光性アンタゴニストを用いたCXCR4のイメージングと阻害剤のスクリーニング法の確立
    田部泰章, 野村渉, 堤浩, 田中智博, 大庭賢二, 駒野淳, 山本直樹, 藤井信孝, 玉村啓和
    日本化学会講演予稿集 2008年03月12日
  • 濾胞樹状細胞(FDC)によるHIV-1潜伏感染細胞からのウイルス複製刺激機構: P-selectin/PSGL-1とSyk pathwayの関与の可能性
    大庭 賢二、梁 明秀、寺嶋一夫、山本直
    第21回日本エイズ学会学術集会 2007年11月28日
  • 濾胞樹状細胞(FDC)によるHIV‐1潜伏感染細胞からのウイルス複製刺激機構:P‐selectin/PSGL‐1とSyk pathwayの関与の可能性
    大庭賢二, 梁明秀, 寺嶋一夫, 山本直樹
    日本エイズ学会誌 2007年11月20日
  • Follicular Dendritic cells (FDC) and HIV-1
    Kazuo Terashima, Satoru Watanabe, Kenji Ohba, Dewan Zahidunnabi, Midori Taruishi, Yoko Mochimaru, Shuji Matsuoka, Norio Shimizu and Naoki Yamamoto
    13th International Congress of Immunology 2007年08月21日
  • プロリルイソメラーゼPin1はHIV-1複製を負に制御する
    大庭 賢二、梁 明秀、MZ Dewan、山本直樹
    第20回日本エイズ学会学術集会 2006年11月30日
  • プロリルイソメラーゼPin1はHIV‐1の複製を負に制御する
    大庭賢二, 梁明秀, ZAHIDUNNABI Dewan Md., 山本直樹
    日本エイズ学会誌 2006年11月20日
  • 濾胞樹状細胞(FDC)はHIV-1感染細胞を刺激し、HIV-1の産生を促進する。
    大庭 賢二、MZ Dewan、寺嶋一夫、山岡昇司、山本直樹
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月19日
  • ジドブジン(AZT)はHIV-1潜伏感染細胞からのウイルス産生をNF-kB非依存的に促進する。
    志村裕美、大庭賢二、山岡昇司、山本直樹
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月19日
  • CCR5を含むdetergent-insoluble microdomains(DIM)/raftを免疫原とした抗HIV効果を有する抗体誘導の試み
    松原千尋、大庭賢二、瀧 孝雄、稲垣好雄、山岡昇司、山本直樹
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月19日
  • HIV感染細胞傷害性を示すNK細胞活性化の条件検討について
    酒巻 望、大庭賢二、MZ Dewan、稲垣好雄、山岡昇司、森川祐子、山本直樹
    2006年11月19日
  • ジドブシン(AZT)はHIV‐1潜伏感染細胞からのウイルス産生をNF‐κB非依存的に促進する
    志村裕美, 大庭賢二, MD. ZAHIDUNNABI Dewan, MD. ZAHIDUNNABI Dewan, 山岡昇司, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2006年11月01日
  • 濾胞樹状細胞(FDC)はHIV‐1感染細胞を刺激し,HIV‐1の産生を促進する
    大庭賢二, ZAHIDUNNABI Dewan Md., 寺嶋一夫, 山岡昇司, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2006年11月01日
  • HIV感染細胞傷害性を示すNK細胞活性化の条件検討について
    酒巻望, 大庭賢二, ZAHIDUNNABI Dewan Md., 稲垣好雄, 山岡昇司, 森川裕子, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2006年11月01日
  • CCR5を含むdetergent‐insoluble microdomains(DIM)/raftを免疫原とした抗HIV効果を有する抗体誘導の試み
    松原千尋, 大庭賢二, 瀧孝雄, 稲垣好雄, 山岡昇司, 山本直樹
    日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集 2006年11月01日
  • Follicular dendritic cells enhance HIV-1 replication through stimulation of latently infected cells both in vitro and in vivo.
    大庭 賢二, MZ Dewan、Qi Xiaohua、小屋美博、寺嶋一夫、山本直樹
    第18回日本エイズ学会学術集会 2004年12月09日
  • HIV‐1慢性感染細胞株J22HL‐60とT細胞株MOLT‐4の共培養時におけるHIV‐1複製の増強機構
    斉暁華, 小屋美博, 清水佐紀, 和田学, 大庭賢二, 山本直樹
    日本エイズ学会誌 2004年11月20日

書籍等出版物

  • HIV感染症における治療と研究
    大庭 賢二、山本 直樹、 山岡 昇司(担当:共著 範囲:最新医学60巻3月増刊号 特集 免疫と疾患(前篇)-自然・獲得免疫と疾患 p.651-660)
    最新医学 2005年
著書を全て表示する
著書閉じる
  • HIV感染症における治療と研究
    大庭 賢二、山本 直樹、 山岡 昇司(担当:共著 範囲:最新医学60巻3月増刊号 特集 免疫と疾患(前篇)-自然・獲得免疫と疾患 p.651-660)
    最新医学 2005年

特許

  • A diagnostic and prognostic method of cancer progression in patients with breast and other non-genital cancers in human subjects by the detection of high-risk Human papilloma viruses (HR-HPV) employing DNA microarray analysis and short fragment (sf) –PCR, and the monitoring expression level of one or more of estrogen receptor (ER), progesterone receptor (PR), cytidine deaminase family genes (for example APOBEC/AID family) and gamma Histone 2A member X protein (γH2AX: phosphorylated H2AX).
    大庭 賢二、山本 直樹、東芝メディカルシステムズ
    特願PCT/SG2013/000522

外部的資金

  • 細胞競合を介した新たな癌ウイルス排除機構の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 :2017年 - 2020年 代表者 : 大庭 賢二
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 細胞競合を介した新たな癌ウイルス排除機構の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 :2017年 - 2020年 代表者 : 大庭 賢二


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.