研究者総覧

青山 泰子 (アオヤマ ヤスコ)

  • 社会学 准教授
Last Updated :2022/01/25

研究者情報

学位

  • 博士(行動科学)(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 地域資源   公衆衛生   地域医療   地域福祉   福祉社会学   Welfare Sociology   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会福祉学
  • 人文・社会 / 社会学

学歴

  •         - 2004年   北海道大学大学院   文学研究科行動科学専攻   博士課程修了 博士(行動科学)
  •         - 2004年   北海道大学   Graduate School, Division of Letters

所属学協会

  • 日本プライマリケア連合学会   日本在宅ケア学会   日本疫学会   日本公衆衛生学会   日本地域福祉学会   福祉社会学会   日本都市社会学会   日本社会福祉学会   老年社会科学会   北海道社会学会   日本社会学会   

研究活動情報

論文

  • 全国サーベイランスに基づくわが国のプリオン病の記述疫学(1999-2020)
    小佐見 光樹, 阿江 竜介, 中村 好一, 牧野 伸子, 青山 泰子, 松原 優里, 浜口 毅, 山田 正仁, 水澤 英洋
    Journal of Epidemiology 31 Suppl. 110 - 110 (一社)日本疫学会 2021年01月
  • 色素性乾皮症全国疫学調査
    石川 鎮清, 小佐見 光樹, 松原 優里, 阿江 竜介, 青山 泰子, 牧野 伸子, 錦織 千佳子, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 79回 411 - 411 日本公衆衛生学会 2020年10月
  • 松原 優里, 青山 泰子, 小佐見 光樹, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 石川 鎮清, 中村 好一
    日本小児科学会雑誌 124 8 1224 - 1233 (公社)日本小児科学会 2020年08月 
    栃木県の調査データを二次利用し、在宅医療的ケア児の生活状況について分析した。医療的ケア児は県内に約300人、20歳未満人口1000人対0.91みられ、年齢分布では6歳未満が50%を占め、寝たきりや座位の児が50%、歩行や走ることが可能な児が31%であった。サービスについては人工呼吸器使用者で「送迎がない」「利用できるサービスの量が不足」「費用負担が大きい」などの項目が有意に高かった。また、介護者で睡眠5時間未満の者は児に経管栄養がある場合において有意に高かった。以上、これらの結果からも、在宅医療的ケア児の運動・知的機能には個人差があり、個々に応じたサービスの提供が必要であると考えられた。
  • 地域剥奪指標と東京・大阪における川崎病発生率との関係(1993-1998)
    佐野 尭, 牧野 伸子, 青山 泰子, 小佐見 光樹, 松原 優里, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 78回 309 - 309 日本公衆衛生学会 2019年10月
  • 日本全国におけるPM2.5値と川崎病発生との関連(2011年4月-2016年3月)
    佐野 尭, 牧野 伸子, 青山 泰子, 阿江 竜介, 松原 優里, 小佐見 光樹, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 77回 318 - 318 日本公衆衛生学会 2018年10月
  • 栃木県における医療的ケア児の生活状況と課題
    松原 優里, 青山 泰子, 小佐見 光樹, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 77回 460 - 460 日本公衆衛生学会 2018年10月
  • 栃木県における医療的ケア児及び重症心身障害児を支える資源調査結果
    青山 泰子, 松原 優里, 小佐見 光樹, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 77回 460 - 460 日本公衆衛生学会 2018年10月
  • 中村 好一, 松原 優里, 笹原 鉄平, 古城 隆雄, 阿江 竜介, 青山 泰子, 牧野 伸子, 小池 創一, 石川 鎮清
    日本公衆衛生雑誌 65 2 72 - 82 日本公衆衛生学会 2018年02月 
    目的 地方紙における遺族の自己申告型死亡記事の記載事項を集計し、その地域での死亡やそれに伴う儀式の実態を明らかにするとともに、死亡記事のデータベースとしての利点と問題点を明らかにする。方法 栃木の地方紙である下野新聞の自己申告型死亡記事「おくやみ」欄に掲載された2011〜2015年の栃木県内の死亡者全員のデータを集計解析し、一部の結果は人口動態統計と比較した。観察項目は掲載年月日、市町村、住所の表示(市町村名のみ、町名・字まで、番地まで含めた詳細な住所)、氏名、性別、死亡年月日、死因、死亡時年齢、通夜・告別式などの名称、通夜などの年月日、告別式などの年月日、喪主と喪主の死亡者との続柄の情報である。結果 観察期間中の掲載死亡者数は69,793人で、同時期の人口動態統計による死亡者数の67.6%であった。人口動態統計と比較した掲載割合は男女で差がなく、小児期には掲載割合が低く、10歳代で高く、20歳代で低下し、以降は年齢とともに上昇していた。市町別の掲載割合は宇都宮市や小山市など都市化が進んだ地域では低く、県東部や北部で高い市町がみられた。最も掲載割合が高かったのは茂木町(88.0%)、低かったのは野木町(38.0%)であった。死亡日から通夜や告別式などの日数から、東京などで起こっている火葬場の供給不足に起因する火葬待ち現象は起こっていないことが判明した。六曜の友引の日の告別式はほとんどなく、今後、高齢者の増加に伴う死者の増加によって火葬場の供給不足が起こった場合には、告別式と火葬を切り離して友引に火葬を行うことも解決策の1つと考えられた。死亡者の子供、死亡者の両親、死亡者の子供の配偶者が喪主の場合には、喪主は男の方が多いことが判明した。老衰、自殺、他殺の解析から、掲載された死因の妥当性は低いことが示された。結論 栃木県の地方紙である下野新聞の自己申告型死亡記事「おくやみ」欄の5年分の観察を行い、実態を明らかにした。約3分の2に死亡が掲載されており、データベースとしての使用に一定の価値があると考えられたが、記載された死因の妥当性は低いことが判明した。(著者抄録)
  • Yosikazu Nakamura, Yuri Matsubara, Teppei Sasahara, Takao Kojo, Ryusuke Ae, Yasuko Aoyama, Nobuko Makino, Soichi Koike, Shizukiyo Ishikawa
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 65 2 72 - 82 2018年 
    Objectives To reveal the features of death and subsequent funeral services, we analyzed self-reported obituaries in The Shimotsuke, a local daily newspaper in Tochigi, Japan. In addition, the usefulness and disadvantages of such a database of deaths based on the obituaries were discussed.Method For a 5-year period, from January 2011 through December 2015, all the obituary columns in The Shimotsuke were computerized as a database and analyzed. Some results were compared with the vital statistics data in the corresponding period of time. Data analyzed were: dead persons' address (municipalities), name, sex, cause of death, age at death, date of death and funeral services, the chief mourner (Moshu), and so on.Results During the observed 5-year period, 69,793 deaths appeared in the columns, which were 67.6% of the all deaths in the vital statistics. No difference was observed in the proportions between the sexes in the published deaths in comparison with the vital statistics. In both sexes, the proportion was low in 0-9 years old, then high among 10-19 years, decreasing in 20s, and after then the proportion increased according to the age. The proportion was low in city areas, such as Utsunomiya and Oyama, and high in some cities and towns in the northern or eastern parts of Tochigi prefecture. The highest was in Motegi Town (88.0%), and the lowest was Nogi Town (38.0%), which is located in the southern-most part of the prefecture and is closest to the Tokyo metropolitan area. Almost all the funeral services were conducted within a week of the death, and no delays were observed to have been caused by the short supply of cremation services, which exists in large cities in Japan. In case where the chief mourner was a child, a parent, or a spouse of a child, the male sex was dominant. Analyses of death from senile decay, suicide, and homicide indicated that the accuracy of the published cause of death was low. The date of the funeral services was strongly influenced by superstitions in this country.Conclusions Observations of the self-reported obituaries in a local daily newspaper over five years revealed the situations of the deaths in the area that could not be observed using vital statistics. Despite limitations, the information was partially useful as a database.
  • Takashi Sano, Nobuko Makino, Yasuko Aoyama, Ryusuke Ae, Takao Kojo, Kazuhiko Kotani, Yosikazu Nakamura, Hiroshi Yanagawa
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58 11 1140 - 1145 2016年11月 
    BACKGROUND: Since 1987, no study has reported the municipal-level geographical clustering of Kawasaki disease (KD) in Japan. Therefore, the aim of the present study was to identify the temporal and municipal-level geographical clustering of KD. METHODS: The annual incidence rates of KD for each municipality were calculated using nationwide data from 73 758 patients with KD (2007-2012). To determine whether temporal and municipal-level clustering existed, we calculated the correlations of the annual incidence rates for each municipality during the study years, and compared these rates with those of the adjacent municipalities. Spatial scanning analysis was used to identify the geographical clusters for each year, and the incidence rates in those clusters were compared with the rates in the surrounding region. RESULTS: The annual national incidence rate of KD, adjusted for the prefecture-specific response rate, was 322.45 patients per 100 000 children aged 0-4 years. The correlation between the annual incidence rates during 2 consecutive years was significantly positive (coefficients, 0.149-0.428). On spatial scanning analysis, the most likely clusters were in the Tokyo metropolitan area during 2007-2010 and 2012, and in Kumamoto prefecture during 2011. CONCLUSION: Kawasaki disease exhibits temporal and municipal-level clustering.
  • 母乳中ダイオキシン類レベルの推移 1998年〜2013年(16年間)の観察
    阿江 竜介, 牧野 伸子, 佐野 尭, 古城 隆雄, 桑原 政成, 青山 泰子, 小谷 和彦, 中村 好一
    日本公衆衛生学会総会抄録集 74回 574 - 574 日本公衆衛生学会 2015年10月
  • Tsogzolbaatar Enkh-Oyun, Kazuhiko Kotani, Dambadarjaa Davaalkham, Yasuko Aoyama, Satoshi Tsuboi, Taeko Oguma, Yosikazu Nakamura
    Journal of community health 38 5 919 - 25 2013年10月 
    Ischemic heart disease (IHD) remains one of the most important disorders associated with disability and mortality worldwide, and is one of the major causes of cardiovascular diseases in Mongolia. The objective of the current study was to determine the prevalence of IHD and its related factors in a general population in Mongolia. We conducted a nationwide cross-sectional survey between March and September, 2009. General participants were recruited from urban to rural regions in a multistage random cluster sampling method. The diagnosis of IHD was based on the Rose questionnaire (World Health Organization) and electrocardiographic findings. A total of 369 (16.2 %) subjects with IHD were diagnosed among 2,280 participants. The prevalence of subjects with IHD was significantly increased by age: from 9.9 % in individuals age 40-44 years compared to 17.7 % in those over 60 years. Smoking habits (former and current) and non-frequent intake of fruits and vegetables were significantly positively associated with IHD in men, while heavy alcohol drinking habits and lower education period of time were significantly positively associated with IHD in women. IHD was found to be prevalent, especially among people aged over 40 years, in Mongolia. Statistical factors related to IHD were found to be significantly different based on sex. The current data may provide relevant information to prevent IHD in the Mongolian population.
  • Yosikazu Nakamura, Eiko Aso, Mayumi Yashiro, Satoshi Tsuboi, Takao Kojo, Yasuko Aoyama, Kazuhiko Kotani, Ritei Uehara, Hiroshi Yanagawa
    Journal of epidemiology 23 6 429 - 34 2013年 
    BACKGROUND: The long-term outcomes of Kawasaki disease (KD) are unknown. METHODS: Fifty-two collaborating hospitals collected data on all patients who had received a new definite diagnosis of KD between July 1982 and December 1992. Patients were followed until December 31, 2009 or death. Standardized mortality ratios (SMRs) were calculated based on Japanese vital statistics data. RESULTS: Of the 6576 patients enrolled, 46 (35 males and 11 females) died (SMR: 1.00; 95% CI: 0.73-1.34). Among persons without cardiac sequelae, SMRs were not high after the acute phase of KD (SMR: 0.65; 95% CI: 0.41-0.96). Among persons with cardiac sequelae, 13 males and 1 female died during the observation period (SMR: 1.86; 95% CI: 1.02-3.13). CONCLUSIONS: In this cohort, the mortality rate among Japanese with cardiac sequelae due to KD was significantly higher than that of the general population. In contrast, the rates for males and females without sequelae were not elevated.
  • Yosikazu Nakamura, Mayumi Yashiro, Ritei Uehara, Atsuko Sadakane, Satoshi Tsuboi, Yasuko Aoyama, Kazuhiko Kotani, Enkh-Oyun Tsogzolbaatar, Hiroshi Yanagawa
    Journal of epidemiology 22 3 216 - 21 2012年 
    BACKGROUND: Although the number of patients and incidence rate of Kawasaki disease (KD) are increasing in Japan, the most recent epidemiologic features of KD are not known. METHODS: The 21st nationwide survey of KD was conducted in 2011 and included patients treated for the disease in 2009 and 2010. Hospitals specializing in pediatrics, and hospitals with a total of 100 or more beds and a pediatric department, were asked to report all patients with KD during the 2 survey years. RESULTS: A total of 1445 departments and hospitals reported 23,730 KD patients (10,975 in 2009 and 12,755 in 2010): 13,515 boys and 10 215 girls. The annual incidence rates were 206.2 and 239.6 per 100,000 children aged 0 to 4 years in 2009 and 2010, respectively; the 2010 rate was the highest ever reported in Japan. Monthly number of patients peaked during winter to spring months; lower peaks were noted during summer months. However, the seasonal patterns in 2009 and 2010 differed from those of previous years. The age-specific incidence rate had a monomodal distribution, with a peak during the latter half of the year of birth. The prevalences of cardiac lesions during acute KD and cardiac sequelae were higher among infants and older age groups. Despite a decrease in prevalence, the proportion of patients with giant coronary aneurysms-the most severe sequela of KD-did not substantially decrease. CONCLUSIONS: The incidence rate and number of patients with KD continue to increase in Japan.
  • Izumi Chihara, Ritei Uehara, Kazuhiko Kotani, Atsuko Sadakane, Yasuko Aoyama, Satoshi Tsuboi, Ryusuke Ae, Tsogzolbaatar Enkh-Oyun, Yosikazu Nakamura
    Archives of gynecology and obstetrics 284 5 1117 - 22 2011年11月 
    PURPOSE: Overweight or obesity is a known risk factor for cesarean delivery although there is minimal data among Japanese women. The aim of the study was to examine the effect of prepregnancy body mass index (BMI) on singleton cesarean delivery among term nulliparous women using a national sample from the Human Milk Survey. METHODS: Data from the Human Milk Survey between 1998 and 2008 were used for the secondary analysis. Women were categorized as underweight (BMI < 18.5 kg/m(2)), normal weight (18.5 ≤ BMI < 25.0), or overweight (BMI ≥ 25.0) based on their prepregnancy BMI. The association between maternal prepregnancy BMI and cesarean delivery was assessed using logistic regression models. RESULTS: A total of 915 women were included in the analysis. The proportion of cesarean section was 10.1%. Overall, 17.1% of the women were underweight while 6.0% were overweight. After adjusting for maternal age, smoking status, pregnancy complications, and infant birthweight, overweight women were 2.7 times more likely to have a cesarean delivery compared to normal weight women (adjusted odds ratio [adjusted OR] = 2.7, 95% confidence interval [CI] = 1.4-5.4), and underweight women were half as likely to have a cesarean delivery compared to normal weight women (adjusted OR = 0.5, 95% CI = 0.2-1.1). CONCLUSIONS: Being overweight before pregnancy more than doubled the risk of cesarean delivery independent of age, smoking, pregnancy complications, and infant birthweight among term nulliparous women. Overweight Japanese women should be advised to achieve normal prepregnancy BMI in their preconception period to prevent cesarean delivery.
  • Yosikazu Nakamura, Takeshi Ito, Izumi Chihara, Atsuko Sadakane, Kazuhiko Kotani, Yasuko Aoyama, Ritei Uehara
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 57 9 807 - 15 2010年09月 
    PURPOSE: To reveal the epidemiologic features of suicides in Tochigi Prefecture using police data, and to discuss critical points to improve suicide prevention and advantages and disadvantages of police data. METHODS: Individual data for suicides during a 2 year period of 2007 and 2008 provided by the Tochigi Police were analyzed. RESULTS: In the observed 2 years, there were 1166 cases of suicide (865 males and 301 females), a higher rate per population in Tochigi than that for the whole of Japan. The age-specific number was highest in the 50's among males, whereas the numbers were similar between the 30's and 70's among females. The age-specific number per population was higher than that for the whole of Japan for individuals in their 20's and 30's. The number was highest in early morning at around 10 o'clock in the weekdays. Of all cases, 58.1% committed suicides at home, and 58.0% were by hanging. As causes of suicides, selected as the 3 most common by the police, health problems were top (61.3%), followed by economic (22.7%) and familial (17.3%) difficulties. With health problems, physical and mental diseases each accounted for approximately half. Those committing suicides because of the economic problems were dominantly males aged 20-69 years, many of whom had multiple debts. One third of the deceased cases left testamentary letters, and 15.9% had experiences of attempted suicide in the past. According to these results, we consider that the following 6 points are important to prevent suicides in Tochigi (1) improvement of school and occupational health targeting males aged 20 to 39 years; (2) persons at high risk should be kept always under close observation by someone such as a family member; (3) those having experience of attempted suicides should be formally treated as high risk persons; (4) consultation systems for various problems, especially for multiple debts, should be prepared and appropriately advertised; (5) mental health care should be provided for patients with physical disorders; and (6) treatment and management for patients with mental illness should be comprehensive. In addition, we noted that the causes of suicides in the police data were based on inferences of police officers investigating the suicide cases so that the validity was poorer than that of psychological autopsy. However, the advantage of the police data was that there was less selection bias because police data covered all the suicides in the area. CONCLUSIONS: Using police data, the epidemiologic features of suicide in Tochigi Prefecture could here be demonstrated, and guidelines for prevention are indicated. Utility of police data for revealing the epidemiologic features of suicides to provide information for suicide prevention was confirmed.
  • Yosikazu Nakamura, Mayumi Yashiro, Ritei Uehara, Atsuko Sadakane, Izumi Chihara, Yasuko Aoyama, Kazuhiko Kotani, Hiroshi Yanagawa
    Journal of epidemiology 20 4 302 - 7 2010年 
    BACKGROUND: The most recent epidemiologic features of Kawasaki disease (KD) are unknown. METHODS: The 20th nationwide survey of KD was conducted in 2009, and included patients treated for the disease in 2007 and 2008. Hospitals specializing in pediatrics, and hospitals with pediatric departments and 100 or more beds, were asked to report all patients with KD during the 2 survey years. RESULTS: From a total of 1540 departments and hospitals, 23,337 patients (11 581 in 2007 and 11 756 in 2008) were reported: 13,523 boys and 9814 girls. The annual incidence rates were 215.3 and 218.6 per 100,000 children aged 0-4 years in 2007 and 2008, respectively. These were the highest annual KD incidence rates ever recorded in Japan. The monthly number of patients peaked during the winter months; smaller increases were noted in the summer months. The age-specific incidence rate showed a monomodal distribution with a peak at age 9-11 months. The prevalences of both cardiac lesions during the acute phase of the disease and cardiac sequelae were higher among infants and older age groups. CONCLUSIONS: The incidence rate and number of patients with KD in Japan continue to increase.
  • Yosikazu Nakamura, Mayumi Yashiro, Ryusuke Ae, Izumi Chihara, Atsuko Sadakane, Yasuko Aoyama, Kazuhiko Kotani, Ritei Uehara, Shohei Harada
    Journal of epidemiology 20 6 429 - 32 2010年 
    BACKGROUND: Although regular nationwide surveys of Kawasaki disease (KD) are conducted in Japan, there is no system for detecting the real-time epidemic status of this disease. METHODS: A web-based surveillance system for KD was developed. After consideration of the number of patients reported by prefecture to the 19th nationwide survey, 355 pediatric departments were asked to participate in the surveillance, and 225 agreed. Since January 2008, pediatricians in these 225 hospitals have reported KD patient data immediately after diagnosis. The daily numbers of patients are available to the public via the internet at http://www.kawasaki-disease.net/kawasakidata/. The validity of the data in 2008 was evaluated using the Japanese 20th nationwide survey of KD as the gold standard. RESULTS: A total of 3376 patients were reported to the web-based surveillance system from the 1st week through 52nd week of 2008. The number of patients reported to the nationwide survey during the same period was 11 680: a total of 4950 patients from the hospitals participating in the web-based surveillance and 6730 from other hospitals. The epidemic curves were similar, and the correlation coefficient between the web-based surveillance and the total numbers in the nationwide survey was 0.806 (P < 0.01). CONCLUSIONS: The web-based surveillance system for Kawasaki disease in Japan demonstrated good validity.

書籍

  • 計画化と公共性
    青山 泰子 (担当:分担執筆範囲:健康増進計画と公衆衛生学的アプローチ)
    ミネルヴァ書房 2017年03月
  • 医と知の航海
    青山 泰子 (担当:共著範囲:情報社会に生きる)
    西村書店 2016年07月
  • アンビシャス社会学
    青山 泰子 (担当:共著範囲:第12章少子高齢社会)
    北海道大学出版会 2014年05月
  • 高齢者の生活保障
    青山 泰子 (担当:共著範囲:第8章地域医療の展開と医療過疎、第14章介護予防とリーダー養成)
    放送大学教育振興会 2011年03月
  • 地域医療テキスト
    青山 泰子 (担当:共著範囲:介護と保健)
    医学書院 2009年03月

講演・口頭発表等

  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山泰子
    令和元年度栃木県相談支援従事者現任研修 2019年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 地域剥奪指標と東京・大阪における川崎病発生率との関係(1993-1998)
    佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 小佐見光樹, 松原優里, 中村好一
    第78回日本公衆衛生学会総会 2019年10月
  • PDCA展開方法 -日頃の活動にいかす視点-  [招待講演]
    青山泰子
    令和元年度栃木県地域保健新任期職員研修 2019年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 地域診断について学ぶー日頃の活動から地域・住民をみてみよう  [招待講演]
    青山泰子
    令和元年度栃木県地域保健新任期職員研修 2019年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 保健師教育で身につけてほしい基礎的能力  [招待講演]
    青山泰子
    令和元年度 一般社団法人全国保健師教育機関協議会 北海道・東北ブロック会議および研修会 2019年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 調査・研究の実際(1) 社会調査の実際を中心に  [招待講演]
    青山泰子
    公益財団法人地域社会振興財団 第40回保健活動研修会 2019年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 資源の把握と活用のための地域診断  [招待講演]
    青山泰子
    公益財団法人地域社会振興財団, 健康福祉プランナー養成塾 2019年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山泰子
    平成30年度栃木県相談支援従事者現任研修 2018年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 市町村境界と川崎病罹患率の関係(1978-2016)
    佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 阿江竜介, 松原優里, 中村好一
    第38回日本川崎病学会学術集会 2018年11月
  • 日本全国におけるPM2.5値と川崎病発生との関連(2011年4月-2016年3月)
    佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 阿江竜介, 松原優里, 小佐見光樹, 中村好一
    第77回日本公衆衛生学会総会
  • 栃木県における医療的ケア児の生活状況と課題
    松原優里, 青山泰子, 小佐見光樹, 阿江竜介, 牧野伸子, 中村好一
    第77回日本公衆衛生学会総会 2018年10月
  • 栃木県における医療的ケア児及び重症心身障害児を支える資源調査結果
    青山泰子, 松原優里, 小佐見光樹, 阿江竜介, 牧野伸子, 中村好一
    第77回日本公衆衛生学会総会 2018年10月
  • PDCA展開方法-日頃の活動にいかす視点-  [招待講演]
    青山泰子
    平成30年度地域保健新任期職員研修 2018年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 地域診断について学ぶー日頃の活動から地域・住民をみてみよう  [招待講演]
    青山泰子
    平成30年度地域保健新任期職員研修 2018年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 調査・研究の実際(1) 社会調査の実際を中心に  [招待講演]
    青山泰子
    公益財団法人地域社会振興財団, 第39回保健活動研修会 2018年08月
  • Relationship between Tropospheric Weather and Incidences of Kawasaki Disease in Japan’s Nine Major cities(1990-2014)
    Sano,T, Makino N, Aoyama Y, Ae R, Matsubara Y, Kojo T, Nakamura Y
    The 12th International Kawasaki Disease Symposium 2018年06月
  • 川崎病罹患率に対するSIR モデルの妥当性
    佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 阿江竜介, 松原優里, 中村好一, 柳川洋
    第28回日本疫学会学術総会 2018年02月
  • 日本における食物アレルギーの疫学調査の現状と課題
    松原優里, 阿江竜介, 青山泰子, 牧野伸子, 中村好一
    第28回日本疫学会学術総会 2018年02月
  • サーベイランスデータに基づくわが国のプリオン病の疫学像(1999-2016)
    阿江竜介, 中村好一, 牧野伸子, 青山泰子, 松原優里, 浜口毅, 山田正仁, 水澤英洋
    第28回日本疫学会学術総会 2018年02月
  • 地域医療を支える福祉の心と技術  [招待講演]
    青山 泰子
    活水女子大学文学部人間関係学科特別講演会 2017年10月
  • 地域診断について学ぶー日頃の活動から地域・住民をみてみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    平成29年度栃木県地域保健新任期職員研修 2017年08月
  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    平成29年度栃木県相談支援従事者現任研修 2017年08月
  • 相談支援体制の充実に向けて、地域を見える化しよう!~数値や資源、住民の声からの地域診断第2回~  [招待講演]
    青山 泰子
    平成28年度栃木県相談支援従事者専門コース別研修 2016年12月
  • 運動指導者対象のワールドカフェで導出した共通項:栃木県身体を動かそうプロジェクト  [通常講演]
    青山泰子,牧野伸子,阿江竜介,古城隆雄,佐野尭,山下眞穗,小谷和彦,高村寿子,中村好一
    第75回日本公衆衛生学会総会 2016年10月
  • 相談支援体制の充実に向けて、地域を見える化しよう!~数値や資源、住民の声からの地域診断~  [招待講演]
    青山 泰子
    平成28年度栃木県相談支援従事者専門コース別研修 2016年09月
  • 地域診断について学ぶー日頃の活動から地域・住民をみてみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    栃木県地域保健新任期職員研修 2016年08月
  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    平成28年度栃木県相談支援従事者現任研修 2016年07月
  • 良いとこ発見!仲間とともに、活動を発展させるワールドカフェ  [招待講演]
    青山 泰子
    健康長寿とちぎづくり県民運動、身体を動かそうプロジェクト研修会 2016年07月
  • 身体を動かそうプロジェクト現況調査の結果報告  [招待講演]
    青山 泰子
    栃木県県民会議総会 2016年05月
  • 障がい者福祉計画の重点目標を評価する-PDCAサイクルに乗せて-  [招待講演]
    青山 泰子
    下野市地域自立支援協議会 2016年02月
  • 参加するだけで元気が出るワールドカフェの実践  [招待講演]
    青山 泰子
    栃木県「身体を動かそうプロジェクト」研修会 2015年12月
  • 地域を診る視点を持っていますか?-疑問を言語化し情報を収集する  [招待講演]
    青山 泰子
    平成27年度栃木県地域保健新任期職員研修 2015年08月
  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    平成27年度栃木県相談支援従事者現任研修 2015年07月
  • 保健師活動にいかせる社会調査と研究の実際  [招待講演]
    青山 泰子
    平成26年度三重県市町保健師協議会研修会 2015年02月 口頭発表(招待・特別)
  • 身につけよう!地域を診る視点  [招待講演]
    青山 泰子
    平成26 年度市町相談支援体制充実・強化研修 2015年01月
  • 数値や資源の分類から自分たちの地域を診てみよう  [招待講演]
    青山 泰子
    平成26年度栃木県相談支援現任研修 2014年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 発災時の母子保健事業における地域組織の役割と課題 岩手、宮城、福島5地域調査結果  [通常講演]
    青山 泰子
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • 若年無業者に対する集団活動メニュー作成の背景-とちぎユースワークカレッジの取組  [通常講演]
    青山 泰子
    第72回日本公衆衛生学会総会 2013年10月
  • 若年無業者を対象とした集団活動の効果と支援組織の課題  [通常講演]
    青山 泰子
    第27回日本地域福祉学会大会 2013年06月
  • 地域福祉・高齢者福祉の現場で~民生委員へ期待すること~  [通常講演]
    青山 泰子
    鎌ヶ谷市民生委員児童委員協議会講演 2012年01月 口頭発表(基調)
  • 青山 泰子
    第70回日本公衆衛生学会 2011年10月 ポスター発表
  • 青山 泰子
    第84回日本社会学会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 青山 泰子
    第2回日本プライマリ・ケア連合学会 2011年07月 ポスター発表
  • 一人暮らし高齢者の健康を支える地域条件  [通常講演]
    青山 泰子
    日本公衆衛生学会 2009年10月
  • 看取りのできるまちづくりとインフォーマルケアの可能性  [通常講演]
    青山 泰子
    日本在宅ケア学会 2009年03月
  • 看取りのできるまちづくりと住民意識―鳥取県大山町の調査結果から―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本公衆衛生学会 2008年11月
  • 実習生からみた介護職に対する役割期待と利用者の視点―ホームヘルパー養成課程への参与観察を通して―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会福祉学会 2008年10月
  • 農村部高齢者の個別生活と市町村保健師の地区活動  [通常講演]
    青山 泰子
    日本公衆衛生学会 2007年10月
  • 農村部における一人暮らし高齢者の生活と保健・福祉資源の活用―北海道石狩市浜益区を事例として―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会学会 2006年10月
  • 農村部における一人暮らし高齢者の生活とコミュニティ資源  [通常講演]
    青山 泰子
    韓国社会福祉学会 2006年04月
  • 農村部における一人暮らし高齢者の生活と福祉医療資源の活用  [通常講演]
    青山 泰子
    アジア太平洋社会学会 2005年
  • 子育て支援サービスに対する意識形成と政策的課題  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 2004年
  • IT活用型在宅高齢者支援システム構築の試み  [通常講演]
    青山 泰子
    日本老年社会科学会 2004年
  • 在宅高齢者支援システムのIT活用と世代間協力―北海道富良野市の取り組みを事例として―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会学会 2004年
  • 配食サービスを事例とした在宅高齢者の支援体制 ―5年間の参与観察データに基づいて―  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 2002年
  • 在宅高齢者の地域支援システム―配食サービスを事例とした5年間の参与観察から―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会福祉学会 2002年
  • 農村部における育児支援システムと福祉資源の活用  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 2001年
  • 在宅高齢者の生活と福祉資源の活用―北海道千歳市および沖縄県宜野湾市の調査データに基づいて  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 2000年
  • 在宅高齢者と福祉資源の活用―沖縄県宜野湾市における調査に基づいて―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会学会 2000年
  • 高齢期の共同生活と自立の維持  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 1999年
  • 北海道農村部の育児支援システム―十勝管内芽室町を事例として―  [通常講演]
    青山 泰子
    日本社会学会 1999年
  • 高齢者と地域福祉活動  [通常講演]
    青山 泰子
    北海道社会学会 1998年

MISC

  • 栃木県における医療的ケア児の生活状況と課題
    松原 優里, 青山 泰子, 小佐見 光樹, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 中村 好一 日本公衆衛生学会総会抄録集 77回 460 -460 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 栃木県における医療的ケア児及び重症心身障害児を支える資源調査結果
    青山 泰子, 松原 優里, 小佐見 光樹, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 中村 好一 日本公衆衛生学会総会抄録集 77回 460 -460 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 松原優里, 阿江竜介, 青山泰子, 牧野伸子, 中村好一 日本疫学会学術総会講演集(Web) 28th 106 (WEB ONLY) 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 阿江竜介, 松原優里, 屋代真弓, 長谷部圭亮, 南孝臣, 中村好一 日本川崎病学会学術集会抄録集 37th 112 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 佐野尭, 牧野伸子, 青山泰子, 阿江竜介, 小谷和彦, 古城隆雄, 高村寿子, 中村好一 Journal of Epidemiology (Web) 26 (Supplement 1) 96 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 青山泰子, 牧野伸子, 阿江竜介, 佐野尭, 小谷和彦, 古城隆雄, 高村寿子, 中村好一 日本公衆衛生学会総会抄録集 74th 507 -507 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 青山泰子, 高村寿子, 鑓溝和子, 牧野伸子, 坪井聡, 阿江竜介, 小谷和彦, 中村好一 日本公衆衛生学会総会抄録集 73rd 480 -480 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 自殺死亡の地域格差 保健所管轄区域と市町村を基本単位とした疾病地図の描出と比較
    坪井 聡, 古城 隆雄, 阿江 竜介, 牧野 伸子, 青山 泰子, 小谷 和彦, 中村 好一 日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 234 -234 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 震災時の教訓を母子保健事業、地域組織活動に生かして
    青山 泰子 地域母子保健福祉情報誌 (227) 2 -4 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 東日本大震災被災市町村における母子保健事業と地域組織活動実態調査
    青山 泰子 「避難家族に対するリフレッシュママ教室」事業報告書 33 -62 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 地域福祉・高齢者福祉の現場で~民生委員へ期待すること~
    青山 泰子 平成23年度鎌ヶ谷市民生委員児童委員協議会・研修会講演記録 1 -25 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 少子化対応のまちづくりと地域福祉―北海道伊達市を事例として
    青山 泰子 都市の少子化対策とコミュニティ共生の比較社会学的研究 113 -123 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 複合施設を拠点とした保健・福祉サービス供給を支える条件-北海道静内町における保健師活動を事例として
    青山 泰子 現代社会の社会学的地平 176 -188 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 農村部における複合施設設立と保健・福祉システムの見直し
    青山 泰子 財団法人日本健康開発財団研究年報 23 30 -36 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者のインフォーマルな福祉資源に対する意識形成
    青山 泰子 都市における高齢者福祉文化の比較研究報告書 71 -88 2000年 [査読無し][通常論文]

委員歴

  • 2020年04月 - 現在   下野市障がい者福祉計画策定委員会   会長
  • 2014年04月 - 現在   栃木県都市計画課   都市計画審議会委員
  • 2013年05月 - 現在   栃木県健康増進課   とちぎ健康21プラン推進協議会委員
  • 2013年04月 - 現在   栃木県障害福祉課   自立支援協議会相談支援部会委員

社会貢献活動

  • 下野市障がい者福祉計画策定委員会
    期間 : 2020年04月01日 - 現在
    役割 : 司会
  • 栃木県相談支援従事者現任研修
    期間 : 2014年11月21日 - 現在
    役割 : 司会
  • 栃木県地域保健新任期職員研修
    期間 : 2013年07月11日 - 現在
    役割 : 講師
  • 公益財団法人地域社会振興財団 保健活動研修会
    期間 : 2008年04月01日 - 現在
    役割 : 講師
  • 公益財団法人地域社会振興財団, 健康福祉プランナー養成塾
    期間 : 2007年04月01日 - 現在
    役割 : 講師
  • 栃木県調査研究支援研修
    期間 : 2007年04月01日 - 現在
    役割 : 司会
    主催者・発行元 : 栃木県医療政策課


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.