詳細検索はこちら

伊澤 祥光 イザワ ヨシミツ

所属部署名外科学講座消化器外科学部門
職名助教ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    外傷外科

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 外科学一般 / 外傷外科教育

経歴

  • 2008年
    -
    2017年03月
    自治医科大学 救急医学
  • 1996年
    -
    1998年
    自治医科大学附属病院(ジュニアレジデント(多科ローテーション))
  • 2005年
    -
    2008年
    那須南病院 外科(医員)
  • 2003年
    -
    2005年
    自治医科大学附属病院 消化器一般外科(後期研修医)
  • 2002年
    -
    2003年
    大田原赤十字病院 外科(医員)
  • 2000年
    -
    2002年
    栃木県立湯西川診療所(所長)
  • 1998年
    -
    2000年
    大田原赤十字病院 外科(後期研修医)
  • 2017年04月
    -
    現在
    済生会宇都宮病院 外科・救急科(医長)

学歴

  • 1990年04月
    -
    1996年03月
    自治医科大学

所属学協会

  • International Association for Trauma Surgery and Intensive Care
  • 日本救急医学会
  • 日本Acute Care Surgery 学会
  • 日本外傷学会
  • 日本外科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • International Association for Trauma Surgery and Intensive Care
  • 日本救急医学会
  • 日本Acute Care Surgery 学会
  • 日本外傷学会
  • 日本外科学会

委員歴

  • 2016年
    -
    現在
    日本外傷学会 トラウマレジストリー評価委員会
  • 2014年
    -
    現在
    日本外傷学会 外傷専門医専門委員会
  • 2009年
    -
    2010年
    厚労省科学研究 サージカルトレーニングのあり方に関する研究班
  • 2011年
    -
    現在
    日本外科学会 CST委員会
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2016年
    -
    現在
    日本外傷学会 トラウマレジストリー評価委員会
  • 2014年
    -
    現在
    日本外傷学会 外傷専門医専門委員会
  • 2009年
    -
    2010年
    厚労省科学研究 サージカルトレーニングのあり方に関する研究班
  • 2011年
    -
    現在
    日本外科学会 CST委員会

研究活動

論文

  • Ex-vivo and live animal models are equally effective training for the management of a penetrating cardiac injury.
    Yoshimitsu Izawa, Shuji Hishikawa, Tomohiro Muronoi, Keisuke Yamashita, Hiroyuki Maruyama, Masayuki Suzukawa, Alan Kawarai Lefor.
    World Journal of Emergency Surgery. 31;11:45, 2016. doi: 10.1186/s13017-016-0104-3.-jichiyoshi 2016年08月
  • Self-inflicted injuries are an important cause of penetrating traumatic injuries in Japan.
    Yoshimitsu Izawa, Masayuki Suzukawa, Alan K Lefor.
    Acute Medicine & Surgery. 2016, pages 305–309. Version of Record online: 28 MAR 2016 | DOI: 10.1002/ams2.186
  • Live trauma surgery demonstration with a porcine model is valuable training for physicians and nurses.
    Yoshimitsu Izawa, Yasumitsu Mizobata, Takashi Fujita, Hisashi Matsumoto, Michiaki Hata, Chikara Yonekawa, Takashi Nagata, Shuji Hishikawa, Yukitoshi Makimura, Satoshi Kunita, Keisuke Yamashita, Masayuki Suzukawa and Alan K. Lefor.
    Medical Education (Japan). 2015, 46(6): 497-502.
  • Ex-vivo porcine organs with a circulation pump are effective for teaching hemostatic skills.
    Izawa Y, Hishikawa S, Muronoi T, Yamashita K, Suzukawa M, Lefor AT.
    World J Emerg Surg. 9; 7(1):e5, 2012.
  • 十二指腸損傷の手術術式選択における近年の動向.
    伊澤祥光
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 3:10~14, 2013.
  • 当科での外傷手術手技off-the-job training.
    伊澤祥光、室野井智博、山下圭輔、鈴川正之、菱川修司、アラン・レフォー
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 1: 49〜54, 2012.
  • 当科における膵損傷の手術術式選択.
    伊澤祥光、山下圭輔、米川力、阿野正樹、鈴川正之、永井秀雄
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 1: 16~21, 2012.
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Ex-vivo and live animal models are equally effective training for the management of a penetrating cardiac injury.
    Yoshimitsu Izawa, Shuji Hishikawa, Tomohiro Muronoi, Keisuke Yamashita, Hiroyuki Maruyama, Masayuki Suzukawa, Alan Kawarai Lefor.
    World Journal of Emergency Surgery. 31;11:45, 2016. doi: 10.1186/s13017-016-0104-3.-jichiyoshi 2016年08月
  • Self-inflicted injuries are an important cause of penetrating traumatic injuries in Japan.
    Yoshimitsu Izawa, Masayuki Suzukawa, Alan K Lefor.
    Acute Medicine & Surgery. 2016, pages 305–309. Version of Record online: 28 MAR 2016 | DOI: 10.1002/ams2.186
  • Live trauma surgery demonstration with a porcine model is valuable training for physicians and nurses.
    Yoshimitsu Izawa, Yasumitsu Mizobata, Takashi Fujita, Hisashi Matsumoto, Michiaki Hata, Chikara Yonekawa, Takashi Nagata, Shuji Hishikawa, Yukitoshi Makimura, Satoshi Kunita, Keisuke Yamashita, Masayuki Suzukawa and Alan K. Lefor.
    Medical Education (Japan). 2015, 46(6): 497-502.
  • Ex-vivo porcine organs with a circulation pump are effective for teaching hemostatic skills.
    Izawa Y, Hishikawa S, Muronoi T, Yamashita K, Suzukawa M, Lefor AT.
    World J Emerg Surg. 9; 7(1):e5, 2012.
  • 十二指腸損傷の手術術式選択における近年の動向.
    伊澤祥光
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 3:10~14, 2013.
  • 当科での外傷手術手技off-the-job training.
    伊澤祥光、室野井智博、山下圭輔、鈴川正之、菱川修司、アラン・レフォー
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 1: 49〜54, 2012.
  • 当科における膵損傷の手術術式選択.
    伊澤祥光、山下圭輔、米川力、阿野正樹、鈴川正之、永井秀雄
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 1: 16~21, 2012.

MISC

  • Nonoperative management of hemodynamically unstable abdominal trauma patients with angioembolization and resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta.
    Ogura T, Lefor AT, Nakano M, Izawa Y, Morita H.
    J Trauma Acute Care Surg. 2015 Jan;78(1):132-5. 2015年
  • Analysis of risk classification for massive transfusion in severe trauma using the gray zone approach.
    Ogura T, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Lefor AT.
    Am J Emerg Med. 2015 Sep;33(9):1146-51. doi: 10.1016/j.ajem.2015.05.007. Epub 2015 May 15. 2015年
  • Global validation of the WSES Sepsis Severity Score for patients with complicated intra-abdominal infections: a prospective multicenter study (WISS Study).
    Sartelli M, Abu-Zidan FM, Catena F, et al.
    World J Emerg Surg. 2015 Dec 16;10:61. doi: 10.1186/s13017-015-0055-0. eCollection 2015. 2015年
  • Predicting the need for massive transfusion in trauma patients: the Traumatic Bleeding Severity Score.
    Ogura T, Nakamura Y, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Suzukawa M, Lefor AT.
    J Trauma Acute Care Surg. 2014 May; 76(5): 1243-50. 2014年
  • Complicated intra-abdominal infections worldwide: the definitive data of the CIAOW Study.
    Sartelli M, Catena F, Ansaloni L, et al.
    World J Emerg Surg. 2014 May 14; 9:37. eCollection 2014. 2014年
  • Takotsubo cardiomyopathy as a delayed complication with a herbicide containing glufosinate ammonium in a suicide attempt: a case report.
    Tominaga K, Izumi M, Suzukawa M, Shinjo T, Izawa Y, Yonekawa C, Ano M, Yamashita K, Muronoi T, Mochiduki R.
    Case Rep Med. 2012;2012:630468. doi: 10.1155/2012/630468. Epub 2012 Nov 19. 2012年
  • Successful management of aortic thrombi resulting in spinal cord infarction in a patient with antiphospholipid antibody syndrome and acute cholecystitis.
    Izumi M, Teraoka S, Yamashita K, Matsumoto K, Muronoi T, Izawa Y, Yonekawa C, Ano M, Suzukawa M.
    Int Med Case Rep J. 2011 Dec 22;4:93-6. doi: 10.2147/IMCRJ.S26618. 2011年
  • 胃過形成性ポリープ内胃癌の1例.
    伊澤 祥光, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斉藤 心, 荒井 渉, 横山 卓, 永井 秀雄.
    Progress of Digestive Endoscopy(1348-9844)67巻2号 Page82-83(2005.11)-jichiyoshi 2005年
  • 手術術式選択に苦慮した進行直腸癌に合併した後腹膜脂肪肉腫の1例.
    伊澤 祥光, 堀江 久永, 岡田 真樹, 瑞木 亨, 安田 是和, 永井 秀雄.
    自治医科大学医学部紀要(1348-8198)28巻 Page77-82(2005.12) 2005年
  • 急性虫垂炎症状で発症した急性骨髄性白血病虫垂浸潤の1例.
    伊澤 祥光, 田村 明彦, 大関 美穂, 松田 純一, 赤松 秀敏, 松井 淳一. 
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)64巻9号 Page2203-2206(2003.09) 2005年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Nonoperative management of hemodynamically unstable abdominal trauma patients with angioembolization and resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta.
    Ogura T, Lefor AT, Nakano M, Izawa Y, Morita H.
    J Trauma Acute Care Surg. 2015 Jan;78(1):132-5. 2015年
  • Analysis of risk classification for massive transfusion in severe trauma using the gray zone approach.
    Ogura T, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Lefor AT.
    Am J Emerg Med. 2015 Sep;33(9):1146-51. doi: 10.1016/j.ajem.2015.05.007. Epub 2015 May 15. 2015年
  • Global validation of the WSES Sepsis Severity Score for patients with complicated intra-abdominal infections: a prospective multicenter study (WISS Study).
    Sartelli M, Abu-Zidan FM, Catena F, et al.
    World J Emerg Surg. 2015 Dec 16;10:61. doi: 10.1186/s13017-015-0055-0. eCollection 2015. 2015年
  • Predicting the need for massive transfusion in trauma patients: the Traumatic Bleeding Severity Score.
    Ogura T, Nakamura Y, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Suzukawa M, Lefor AT.
    J Trauma Acute Care Surg. 2014 May; 76(5): 1243-50. 2014年
  • Complicated intra-abdominal infections worldwide: the definitive data of the CIAOW Study.
    Sartelli M, Catena F, Ansaloni L, et al.
    World J Emerg Surg. 2014 May 14; 9:37. eCollection 2014. 2014年
  • Takotsubo cardiomyopathy as a delayed complication with a herbicide containing glufosinate ammonium in a suicide attempt: a case report.
    Tominaga K, Izumi M, Suzukawa M, Shinjo T, Izawa Y, Yonekawa C, Ano M, Yamashita K, Muronoi T, Mochiduki R.
    Case Rep Med. 2012;2012:630468. doi: 10.1155/2012/630468. Epub 2012 Nov 19. 2012年
  • Successful management of aortic thrombi resulting in spinal cord infarction in a patient with antiphospholipid antibody syndrome and acute cholecystitis.
    Izumi M, Teraoka S, Yamashita K, Matsumoto K, Muronoi T, Izawa Y, Yonekawa C, Ano M, Suzukawa M.
    Int Med Case Rep J. 2011 Dec 22;4:93-6. doi: 10.2147/IMCRJ.S26618. 2011年
  • 胃過形成性ポリープ内胃癌の1例.
    伊澤 祥光, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斉藤 心, 荒井 渉, 横山 卓, 永井 秀雄.
    Progress of Digestive Endoscopy(1348-9844)67巻2号 Page82-83(2005.11)-jichiyoshi 2005年
  • 手術術式選択に苦慮した進行直腸癌に合併した後腹膜脂肪肉腫の1例.
    伊澤 祥光, 堀江 久永, 岡田 真樹, 瑞木 亨, 安田 是和, 永井 秀雄.
    自治医科大学医学部紀要(1348-8198)28巻 Page77-82(2005.12) 2005年
  • 急性虫垂炎症状で発症した急性骨髄性白血病虫垂浸潤の1例.
    伊澤 祥光, 田村 明彦, 大関 美穂, 松田 純一, 赤松 秀敏, 松井 淳一. 
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)64巻9号 Page2203-2206(2003.09) 2005年
  • 平成22年度厚生労働科学研究,「サージカルトレーニングのあり方に関する研究班」:「臨床医学の教育研究における死体解剖のガイドライン案」とその解説.
    七戸俊明, 近藤哲, 井出千束, 樋口範雄, 相磯貞和, 坂井建雄, 松村讓兒, 吉田一成, 小林英司, 辰巳治之, 八木沼洋行, 菱川修司, 杉本真樹, 伊澤祥光, 今西宣晶
    日本外科学会雑誌112(4):267-272,2011. 2011年
  • 「サージカルトレーニングのあり方に関する研究」についての報告.
    七戸俊明, 近藤哲, 河瀬斌, 小林英司, 坂井建雄, 杉本真樹, 伊澤祥光, 菱川修司, 樋口範雄
    日本外科学会雑誌112(1):55-60,2011. 2011年

講演・口頭発表

  • 下大静脈/肝静脈損傷を伴う肝損傷に対する一時的止血デバイスの開発.
    伊澤祥光
    第116回日本外科学会定期学術集会. 2016年04月16日
  • Ex-vivo training with a pump is useful for training of repair of cardiac injury: Evaluated with Objective Structured Assessment of Technical Skills (OSATS).
    Yoshimitsu Izawa
    10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS. 2016年04月09日
  • ハイブリッド手術
    箕輪良行、他
    Medical Torch座談会 2015年01月21日
  • Acute Care Surgery における外傷手術simulationトレーニング.
    伊澤祥光
    日本Acute Care Surgery 学会学術集会 2014年09月21日
  • 重症体幹外傷における周術期集中治療
    伊澤祥光
    北海道Acute Care Academy 2014年09月06日
  • 特別企画 外傷手術ライブ開催
    藤田尚、溝端康光、松本尚、畑倫明、永田高志、室野井智博、松本健司、新庄貴文、秋山由美子、舘野佐知子、米川力、伊澤祥光.
    第17回臨床救急医学会総会 2014年05月31日
  • Live tissue training for trauma surgery is effective for senior residents.
    7th Asian Conference on Emergency Medicine 2013年10月25日
  • Thromboelastometry(ROTEM®)による凝固線溶系モニタリングは従来検査よりも迅速で病態把握に役立つ.
    伊澤祥光
    第41回日本救急医学会総会 2013年10月21日
  • Acute Care Surgeryで最も力を入れるべき領域は出血性ショックを伴う体幹部外傷手術である.
    伊澤祥光
    第16回日本臨床救急医学会総会 2013年07月13日
  • Suicide attempt makes up a large proportion of penetrating trauma cases underwent surgery in neck, chest, or abdomen: three-year experience in a Japanese tertiary emergency center.
    2nd World Society of Emergency Surgery 2013年07月09日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 下大静脈/肝静脈損傷を伴う肝損傷に対する一時的止血デバイスの開発.
    伊澤祥光
    第116回日本外科学会定期学術集会. 2016年04月16日
  • Ex-vivo training with a pump is useful for training of repair of cardiac injury: Evaluated with Objective Structured Assessment of Technical Skills (OSATS).
    Yoshimitsu Izawa
    10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS. 2016年04月09日
  • ハイブリッド手術
    箕輪良行、他
    Medical Torch座談会 2015年01月21日
  • Acute Care Surgery における外傷手術simulationトレーニング.
    伊澤祥光
    日本Acute Care Surgery 学会学術集会 2014年09月21日
  • 重症体幹外傷における周術期集中治療
    伊澤祥光
    北海道Acute Care Academy 2014年09月06日
  • 特別企画 外傷手術ライブ開催
    藤田尚、溝端康光、松本尚、畑倫明、永田高志、室野井智博、松本健司、新庄貴文、秋山由美子、舘野佐知子、米川力、伊澤祥光.
    第17回臨床救急医学会総会 2014年05月31日
  • Live tissue training for trauma surgery is effective for senior residents.
    7th Asian Conference on Emergency Medicine 2013年10月25日
  • Thromboelastometry(ROTEM®)による凝固線溶系モニタリングは従来検査よりも迅速で病態把握に役立つ.
    伊澤祥光
    第41回日本救急医学会総会 2013年10月21日
  • Acute Care Surgeryで最も力を入れるべき領域は出血性ショックを伴う体幹部外傷手術である.
    伊澤祥光
    第16回日本臨床救急医学会総会 2013年07月13日
  • Suicide attempt makes up a large proportion of penetrating trauma cases underwent surgery in neck, chest, or abdomen: three-year experience in a Japanese tertiary emergency center.
    2nd World Society of Emergency Surgery 2013年07月09日
  • 人口200万人の医療圏に1つの外傷センター ~ 胸腹部外傷手術症例数の視点から.
    伊澤祥光
    第27回日本外傷学会総会 2013年05月24日
  • 重症体幹外傷手術を行うためにはMedical Control(MC)や院内体制整備が必要
    伊澤祥光
    第49回腹部救急医学会学術集会 2013年03月14日
  • Ex-vivo training with circulation pump for trauma surgery.
    World Society of Emergency Surgery 2010年07月07日
  • 特別企画1 Master’s Film Reading.
    伊澤祥光
    第53回日本腹部救急医学会総会 2017年03月02日

書籍等出版物

  • 15章 外傷における低侵襲手術,16章 外傷放射線医学.
    伊澤祥光(担当:単著 範囲:)
    DSTC外傷外科手術マニュアル [Web動画付] 医学書院 2016年
  • 外傷外科トレーニングコース.
    伊澤祥光(担当:共著 範囲:第2章外傷外科.特集/消化器・一般外科医のための 最新 救急・集中治療のすべて.)
    臨床外科. 第71 巻第11号(2016年 増刊号)医学書院 2016年
  • ハイブリッド手術の変遷
    伊澤祥光(担当:共著 範囲:「ハイブリッド手術」)
    Medical Torch. フォレストプリンコム.2015; Vol.11. No.2. 20-21. 2015年
  • 横隔膜損傷.
    伊澤祥光(担当: 範囲:)
    胸部外傷. 救急医学4月号 へるす出版472-476, 2014年 2014年
  • シンナー シンナー経口摂取に対する血液透析.
    伊澤祥光,鈴川正之,柳場悟,草野英二(担当: 範囲:)
    救急医学33(4);465-468, 2009. 2009年
  • 緊急血液・尿検査.
    伊澤祥光、鈴川正之(担当: 範囲:)
    今日の救急治療指針 第2版.医学書院, 873-875, 2011. 2011年
  • 骨盤外傷.
    伊澤祥光(担当: 範囲:)
    今日の臨床サポート. エルゼビア・ジャパン,2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/ 2013年
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 15章 外傷における低侵襲手術,16章 外傷放射線医学.
    伊澤祥光(担当:単著 範囲:)
    DSTC外傷外科手術マニュアル [Web動画付] 医学書院 2016年
  • 外傷外科トレーニングコース.
    伊澤祥光(担当:共著 範囲:第2章外傷外科.特集/消化器・一般外科医のための 最新 救急・集中治療のすべて.)
    臨床外科. 第71 巻第11号(2016年 増刊号)医学書院 2016年
  • ハイブリッド手術の変遷
    伊澤祥光(担当:共著 範囲:「ハイブリッド手術」)
    Medical Torch. フォレストプリンコム.2015; Vol.11. No.2. 20-21. 2015年
  • 横隔膜損傷.
    伊澤祥光(担当: 範囲:)
    胸部外傷. 救急医学4月号 へるす出版472-476, 2014年 2014年
  • シンナー シンナー経口摂取に対する血液透析.
    伊澤祥光,鈴川正之,柳場悟,草野英二(担当: 範囲:)
    救急医学33(4);465-468, 2009. 2009年
  • 緊急血液・尿検査.
    伊澤祥光、鈴川正之(担当: 範囲:)
    今日の救急治療指針 第2版.医学書院, 873-875, 2011. 2011年
  • 骨盤外傷.
    伊澤祥光(担当: 範囲:)
    今日の臨床サポート. エルゼビア・ジャパン,2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/ 2013年

受賞

  • 2016年 10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS Travel Grant
  • 2013年 第49回日本腹部救急医学会 会長賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2016年 10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS Travel Grant
  • 2013年 第49回日本腹部救急医学会 会長賞

特許

  • 止血シャントデバイス
    伊澤祥光
    特願2014-1608812014年08月06日

外部的資金

  • 献体による効果的医療教育システムの普及に関する研究
    厚生労働省:地域医療基盤開発推進研究事業
    研究期間 :2016年 代表者 : 近藤 丘
  • 地域における重症外傷患者の救命率改善を目指した新規DCSトレーニングコースの開発
    文部科学省:基盤研究C
    研究期間 :2016年 代表者 : 村上壮一
  • マウスからヒトへ:大型動物を利用する橋渡し研究
    文部科学省:戦略的研究基盤形成支援事業
    研究期間 :2013年 代表者 : 永井良三
  • テラヘルツ計測、代謝物計測を用いた腸管虚血壊死の新たな早期診断方法の確立
    文部科学省:基盤研究C
    研究期間 :2015年 代表者 : 佐藤格夫
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 献体による効果的医療教育システムの普及に関する研究
    厚生労働省:地域医療基盤開発推進研究事業
    研究期間 :2016年 代表者 : 近藤 丘
  • 地域における重症外傷患者の救命率改善を目指した新規DCSトレーニングコースの開発
    文部科学省:基盤研究C
    研究期間 :2016年 代表者 : 村上壮一
  • マウスからヒトへ:大型動物を利用する橋渡し研究
    文部科学省:戦略的研究基盤形成支援事業
    研究期間 :2013年 代表者 : 永井良三
  • テラヘルツ計測、代謝物計測を用いた腸管虚血壊死の新たな早期診断方法の確立
    文部科学省:基盤研究C
    研究期間 :2015年 代表者 : 佐藤格夫

その他

  • 2011年
    助成金
その他を全て表示する
その他の活動閉じる
  • 2011年
    助成金


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.