詳細検索はこちら

竹下 克志 タケシタ カツシ

所属部署名整形外科学講座
職名教授ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30262009.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    cystatin 10, 骨粗鬆症, 軟骨細胞, 変形性関節症, 骨, 骨代謝, 細胞・組織, 遺伝子操作マウス, cystain10, G蛋白, 軟骨代謝, 軟骨, 遺伝子解析, 再生医療, ヌクレオチドピロフォスファターゼ, 大腿骨頚部骨折, 骨折, ttwマウス, 膝関節, PPARγ, ヌクレオチドピロフォスファターゼ(NppS), 脂肪細胞, 軟骨損傷, 骨・軟骨代謝学, 石灰化, 脊椎骨折, 骨髄, 骨芽細胞, ゲノム, ポリモルフィズム

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 整形外科学

経歴

  • 2013年
    -
    2014年
    東京大学 医学部附属病院(准教授)

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Cervical Microendoscopic Interlaminar Decompression through a Midline Approach in Patients with Cervical Myelopathy: A Technical Note.
    Oshima Y, Takeshita K, Inanami H, Takano Y, Koga H, Iwahori T, Baba S, Tanaka S
    Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery 2014年05月
  • Morphological characteristics of cervical spine in patients with athetoid cerebral palsy and the accuracy of pedicle screw placement.
    Kato S, Shoda N, Chikuda H, Seichi A, Takeshita K
    Spine 39 E508-13 2014年04月
  • Mortality and morbidity after high-dose methylprednisolone treatment in patients with acute cervical spinal cord injury: a propensity-matched analysis using a nationwide administrative database.
    Chikuda H, Yasunaga H, Takeshita K, Horiguchi H, Kawaguchi H, Ohe K, Fushimi K, Tanaka S
    Emergency medicine journal : EMJ 31 201-206 2014年03月
  • Usefulness of QuickDASH in patients with cervical laminoplasty.
    Nakamoto H, Oshima Y, Takeshita K, Chikuda H, Ono T, Taniguchi Y, Tanaka S
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 19 218-222 2014年03月
  • Prevalence of low back pain as the primary pain site and factors associated with low health-related quality of life in a large Japanese population: a pain-associated cross-sectional epidemiological survey.
    Yamada K, Matsudaira K, Takeshita K, Oka H, Hara N, Takagi Y
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 24 343-348 2014年03月
  • An outcome measure for patients with cervical myelopathy: the Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): an average score of healthy volunteers.
    Tanaka N, Konno S, Takeshita K, Fukui M, Takahashi K, Chiba K, Miyamoto M, Matsumoto M, Kasai Y, Kanamori M, Matsunaga S, Hosono N, Kanchiku T, Taneichi H, Hashizume H, Kanayama M, Shimizu T, Kawakami M
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 19 33-48 2014年01月
  • Ischemic stroke after cervical spine injury: analysis of 11,005 patients using the Japanese Diagnosis Procedure Combination database.
    Chikuda H, Ohya J, Horiguchi H, Takeshita K, Fushimi K, Tanaka S, Yasunaga H
    The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2014年01月
  • Cervical canal stenosis caused by progressive fusion and enlargement of cervical vertebrae with features of Proteus syndrome and Klippel-Feil syndrome.
    Sugita S, Chikuda H, Ohya J, Taniguchi Y, Takeshita K, Haga N, Ushiku T, Tanaka S
    Skeletal radiology 42 1743-1746 2013年12月
  • Identification of risk factors for new-onset sciatica in Japanese workers: findings from the Japan epidemiological research of Occupation-related Back pain study.
    Matsudaira K, Kawaguchi M, Isomura T, Arisaka M, Fujii T, Takeshita K, Kitagawa T, Miyoshi K, Konishi H
    Spine 38 E1691-700 2013年12月
  • Use of C2 spinous process screw for posterior cervical fixation as substitute for laminar screw in a patient with thin laminae.
    Nagata K, Baba S, Chikuda H, Takeshita K
    BMJ case reports 2013 2013年06月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Cervical Microendoscopic Interlaminar Decompression through a Midline Approach in Patients with Cervical Myelopathy: A Technical Note.
    Oshima Y, Takeshita K, Inanami H, Takano Y, Koga H, Iwahori T, Baba S, Tanaka S
    Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery 2014年05月
  • Morphological characteristics of cervical spine in patients with athetoid cerebral palsy and the accuracy of pedicle screw placement.
    Kato S, Shoda N, Chikuda H, Seichi A, Takeshita K
    Spine 39 E508-13 2014年04月
  • Mortality and morbidity after high-dose methylprednisolone treatment in patients with acute cervical spinal cord injury: a propensity-matched analysis using a nationwide administrative database.
    Chikuda H, Yasunaga H, Takeshita K, Horiguchi H, Kawaguchi H, Ohe K, Fushimi K, Tanaka S
    Emergency medicine journal : EMJ 31 201-206 2014年03月
  • Usefulness of QuickDASH in patients with cervical laminoplasty.
    Nakamoto H, Oshima Y, Takeshita K, Chikuda H, Ono T, Taniguchi Y, Tanaka S
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 19 218-222 2014年03月
  • Prevalence of low back pain as the primary pain site and factors associated with low health-related quality of life in a large Japanese population: a pain-associated cross-sectional epidemiological survey.
    Yamada K, Matsudaira K, Takeshita K, Oka H, Hara N, Takagi Y
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 24 343-348 2014年03月
  • An outcome measure for patients with cervical myelopathy: the Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): an average score of healthy volunteers.
    Tanaka N, Konno S, Takeshita K, Fukui M, Takahashi K, Chiba K, Miyamoto M, Matsumoto M, Kasai Y, Kanamori M, Matsunaga S, Hosono N, Kanchiku T, Taneichi H, Hashizume H, Kanayama M, Shimizu T, Kawakami M
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 19 33-48 2014年01月
  • Ischemic stroke after cervical spine injury: analysis of 11,005 patients using the Japanese Diagnosis Procedure Combination database.
    Chikuda H, Ohya J, Horiguchi H, Takeshita K, Fushimi K, Tanaka S, Yasunaga H
    The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2014年01月
  • Cervical canal stenosis caused by progressive fusion and enlargement of cervical vertebrae with features of Proteus syndrome and Klippel-Feil syndrome.
    Sugita S, Chikuda H, Ohya J, Taniguchi Y, Takeshita K, Haga N, Ushiku T, Tanaka S
    Skeletal radiology 42 1743-1746 2013年12月
  • Identification of risk factors for new-onset sciatica in Japanese workers: findings from the Japan epidemiological research of Occupation-related Back pain study.
    Matsudaira K, Kawaguchi M, Isomura T, Arisaka M, Fujii T, Takeshita K, Kitagawa T, Miyoshi K, Konishi H
    Spine 38 E1691-700 2013年12月
  • Use of C2 spinous process screw for posterior cervical fixation as substitute for laminar screw in a patient with thin laminae.
    Nagata K, Baba S, Chikuda H, Takeshita K
    BMJ case reports 2013 2013年06月
  • Impact of age and comorbidity burden on mortality and major complications in older adults undergoing orthopaedic surgery: an analysis using the Japanese diagnosis procedure combination database.
    Chikuda H, Yasunaga H, Horiguchi H, Takeshita K, Sugita S, Taketomi S, Fushimi K, Tanaka S
    BMC musculoskeletal disorders 14 173 2013年05月
  • Risk factors for complications associated with growing-rod surgery for early-onset scoliosis.
    Watanabe K, Uno K, Suzuki T, Kawakami N, Tsuji T, Yanagida H, Ito M, Hirano T, Yamazaki K, Minami S, Kotani T, Taneichi H, Imagama S, Takeshita K, Yamamoto T, Matsumoto M
    Spine 38 E464-8 2013年04月
  • Prevalence of low back pain as the primary pain site and factors associated with low health-related quality of life in a large Japanese population: a pain-associated cross-sectional epidemiological survey.
    Yamada K, Matsudaira K, Takeshita K, Oka H, Hara N, Takagi Y
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 2013年04月
  • Validity, reliability and responsiveness of the Japanese version of the Neck Disability Index.
    Takeshita K, Hosono N, Kawaguchi Y, Hasegawa K, Isomura T, Oshima Y, Ono T, Oshina M, Oda T, Kato S, Yonenobu K
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 18 14-21 2013年01月
  • Validity and reliability of the Japanese version of the painDETECT questionnaire: a multicenter observational study.
    Matsubayashi Y, Takeshita K, Sumitani M, Oshima Y, Tonosu J, Kato S, Ohya J, Oichi T, Okamoto N, Tanaka S
    PloS one 8 e68013 2013年
  • Pyogenic discitis due to Abiotrophia adiacens.
    Uehara K, Chikuda H, Higurashi Y, Ohkusu K, Takeshita K, Seichi A, Tanaka S
    International journal of surgery case reports 4 1107-1109 2013年
  • Normative score and cut-off value of the Neck Disability Index.
    Kato S, Takeshita K, Matsudaira K, Tonosu J, Hara N, Chikuda H
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 17 687-693 2012年11月
  • Factors affecting the occurrence of pulmonary embolism after spinal surgery: data from the national administrative database in Japan.
    Masuda K, Chikuda H, Yasunaga H, Hara N, Horiguchi H, Matsuda S, Takeshita K, Kawaguchi H, Nakamura K
    The spine journal : official journal of the North American Spine Society 12 1029-1034 2012年11月
  • Natural course and prognostic factors in patients with mild cervical spondylotic myelopathy with increased signal intensity on T2-weighted magnetic resonance imaging.
    Oshima Y, Seichi A, Takeshita K, Chikuda H, Ono T, Baba S, Morii J, Oka H, Kawaguchi H, Nakamura K, Tanaka S
    Spine 37 1909-1913 2012年10月
  • The normative score and the cut-off value of the Oswestry Disability Index (ODI).
    Tonosu J, Takeshita K, Hara N, Matsudaira K, Kato S, Masuda K, Chikuda H
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 1596-1602 2012年08月
  • Potential risk factors for new onset of back pain disability in Japanese workers: findings from the Japan epidemiological research of occupation-related back pain study.
    Matsudaira K, Konishi H, Miyoshi K, Isomura T, Takeshita K, Hara N, Yamada K, Machida H
    Spine 37 1324-1333 2012年07月
  • Neurological recovery after posterior decompression surgery for anterior dural compression in paralytic spinal metastasis.
    Kato S, Hozumi T, Takeshita K, Kondo T, Goto T, Yamakawa K
    Archives of orthopaedic and trauma surgery 132 765-771 2012年06月
  • Mortality and morbidity in dialysis-dependent patients undergoing spinal surgery: analysis of a national administrative database in Japan.
    Chikuda H, Yasunaga H, Horiguchi H, Takeshita K, Kawaguchi H, Matsuda S, Nakamura K
    The Journal of bone and joint surgery. American volume 94 433-438 2012年03月
  • Ossification of the posterior atlantoaxial membrane associated with an os odontoideum: a case report.
    Ohya J, Chikuda H, Sugita S, Ono T, Oshima Y, Takeshita K, Kawaguchi H, Nakamura K
    Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong) 19 392-394 2011年12月
  • Is a right pedicle screw always away from the aorta in scoliosis?
    Takeshita K, Maruyama T, Sugita S, Oshima Y, Morii J, Chikuda H, Ono T, Nakamura K
    Spine 36 E1519-24 2011年11月
  • Outcomes of fusion surgery for ossification of the posterior longitudinal ligament of the thoracic spine: a multicenter retrospective survey: clinical article.
    Matsumoto M, Toyama Y, Chikuda H, Takeshita K, Kato T, Shindo S, Abumi K, Takahata M, Nohara Y, Taneichi H, Tomita K, Kawahara N, Imagama S, Matsuyama Y, Yamazaki M, Okawa A
    Journal of neurosurgery. Spine 15 380-385 2011年10月
  • Acute cervical spinal cord injury complicated by preexisting ossification of the posterior longitudinal ligament: a multicenter study.
    Chikuda H, Seichi A, Takeshita K, Matsunaga S, Watanabe M, Nakagawa Y, Oshima K, Sasao Y, Tokuhashi Y, Nakahara S, Endo K, Uchida K, Takahata M, Yokoyama T, Yamada K, Nohara Y, Imagama S, Hosoe H, Ohtsu H, Kawaguchi H, Toyama Y, Nakamura K
    Spine 36 1453-1458 2011年08月
  • Neurological complications of cervical laminoplasty for patients with ossification of the posterior longitudinal ligament-a multi-institutional retrospective study.
    Seichi A, Hoshino Y, Kimura A, Nakahara S, Watanabe M, Kato T, Ono A, Kotani Y, Mitsukawa M, Ijiri K, Kawahara N, Inami S, Chikuda H, Takeshita K, Nakagawa Y, Taguchi T, Yamazaki M, Endo K, Sakaura H, Uchida K, Kawaguchi Y, Neo M, Takahashi M, Harimaya K, Hosoe H, Imagama S, Taniguchi S, Ito T, Kaito T, Chiba K, Matsumoto M, Toyama Y
    Spine 36 E998-1003 2011年07月
  • Use of Doppler ultrasonography to detect an elusive communication of a spinal extradural arachnoid cyst.
    Kanetaka M, Sugita S, Chikuda H, Takeshita K, Ono T, Oshima Y, Kawaguchi H, Nakamura K
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia 18 863-864 2011年06月
  • Aorta movement in patients with scoliosis after posterior surgery.
    Takeshita K, Maruyama T, Nakao Y, Ono T, Taniguchi Y, Chikuda H, Shoda N, Oshima Y, Higashikawa A, Nakamura K
    Spine 35 E1571-6 2010年12月
  • Predictors of residual symptoms in lower extremities after decompression surgery on lumbar spinal stenosis.
    Hara N, Oka H, Yamazaki T, Takeshita K, Murakami M, Hoshi K, Terayama S, Seichi A, Nakamura K, Kawaguchi H, Matsudaira K
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 1849-1854 2010年11月
  • Correlation between pyramidal signs and the severity of cervical myelopathy.
    Chikuda H, Seichi A, Takeshita K, Shoda N, Ono T, Matsudaira K, Kawaguchi H, Nakamura K
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 1684-1689 2010年10月
  • Intraoperative ultrasonographic evaluation of posterior decompression via laminoplasty in patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: correlation with 2-year follow-up results.
    Seichi A, Chikuda H, Kimura A, Takeshita K, Sugita S, Hoshino Y, Nakamura K
    Journal of neurosurgery. Spine 13 47-51 2010年07月
  • New parameters to represent the position of the aorta relative to the spine for pedicle screw placement.
    Takeshita K, Maruyama T, Ono T, Ogihara S, Chikuda H, Shoda N, Nakao Y, Matsudaira K, Seichi A, Nakamura K
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 815-820 2010年05月
  • Long-term follow-up of the progression of ossification of the posterior longitudinal ligament.
    Murakami M, Seichi A, Chikuda H, Takeshita K, Nakamura K, Kimura A
    Journal of neurosurgery. Spine 12 577-579 2010年05月
  • [Updates on ossification of posterior longitudinal ligament. Symptoms in patients with ossification of posterior longitudinal ligament].
    Takeshita K
    Clinical calcium 19 1421-1424 2009年10月
  • [Updates on ossification of posterior longitudinal ligament. Quality of life (QOL) of patients with OPLL].
    Fujiwara N, Takeshita K
    Clinical calcium 19 1449-1456 2009年10月
  • Sleep apnea in rheumatoid arthritis patients with occipitocervical lesions: the prevalence and associated radiographic features.
    Shoda N, Seichi A, Takeshita K, Chikuda H, Ono T, Oka H, Kawaguchi H, Nakamura K
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 18 905-910 2009年06月
  • Modified fenestration with restorative spinoplasty for lumbar spinal stenosis.
    Matsudaira K, Yamazaki T, Seichi A, Hoshi K, Hara N, Ogiwara S, Terayama S, Chikuda H, Takeshita K, Nakamura K
    Journal of neurosurgery. Spine 10 587-594 2009年06月
  • JOA Back Pain Evaluation Questionnaire (JOABPEQ)/JOA Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ). The report on the development of revised versions. April 16, 2007. The Subcommittee of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Yonenobu K, Wada E, Tanaka T, Hirota Y, Subcommittee of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 14 348-365 2009年05月
  • Diameter, length, and direction of pedicle screws for scoliotic spine: analysis by multiplanar reconstruction of computed tomography.
    Takeshita K, Maruyama T, Chikuda H, Shoda N, Seichi A, Ono T, Nakamura K
    Spine 34 798-803 2009年04月
  • Radiographic analysis of the cervical spine in patients with retro-odontoid pseudotumors.
    Chikuda H, Seichi A, Takeshita K, Shoda N, Ono T, Matsudaira K, Kawaguchi H, Nakamura K
    Spine 34 E110-4 2009年02月
  • The efficacy of prostaglandin E1 derivative in patients with lumbar spinal stenosis.
    Matsudaira K, Seichi A, Kunogi J, Yamazaki T, Kobayashi A, Anamizu Y, Kishimoto J, Hoshi K, Takeshita K, Nakamura K
    Spine 34 115-120 2009年01月
  • Identification of the core element responsive to runt-related transcription factor 2 in the promoter of human type X collagen gene.
    Higashikawa A, Saito T, Ikeda T, Kamekura S, Kawamura N, Kan A, Oshima Y, Ohba S, Ogata N, Takeshita K, Nakamura K, Chung UI, Kawaguchi H
    Arthritis and rheumatism 60 166-178 2009年01月
  • Surgery for idiopathic scoliosis: currently applied techniques.
    Maruyama T, Takeshita K
    Clinical medicine. Pediatrics 3 39-44 2009年
  • Milwaukee brace today.
    Maruyama T, Takeshita K, Kitagawa T
    Disability and rehabilitation. Assistive technology 3 136-138 2008年05月
  • Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire. Part 3. Validity study and establishment of the measurement scale : Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Ort
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Wada E, Yonenobu K, Tanaka T, Hirota Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 13 173-179 2008年05月
  • Surgical treatment of scoliosis: a review of techniques currently applied.
    Maruyama T, Takeshita K
    Scoliosis 3 6 2008年04月
  • Surgical results and related factors for ossification of posterior longitudinal ligament of the thoracic spine: a multi-institutional retrospective study.
    Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y, Takeshita K, Seichi A, Nakamura K, Arimizu J, Fujibayashi S, Hirabayashi S, Hirano T, Iwasaki M, Kaneoka K, Kawaguchi Y, Ijiri K, Maeda T, Matsuyama Y, Mikami Y, Murakami H, Nagashima H, Nagata K, Nakahara S, Nohara Y, Oka S, Sakamoto K, Saruhashi Y, Sasao Y, Shimizu K, Taguchi T, Takahashi M, Tanaka Y, Tani T, Tokuhashi Y, Uchida K, Yamamoto K, Yamazaki M, Yokoyama T, Yoshida M, Nishiwaki Y
    Spine 33 1034-1041 2008年04月
  • Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): part 4. Establishment of equations for severity scores. Subcommittee on low back pain and cervical myelopathy, evaluation of the clinical outcome committee of the Jap
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Yonenobu K, Wada E, Tanaka T, Hirota Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 13 25-31 2008年01月
  • Side-shift exercise and hitch exercise.
    Maruyama T, Takeshita K, Kitagawa T
    Studies in health technology and informatics 135 246-249 2008年
  • Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire. Part 2. Verification of its reliability : The Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association.
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Yonenobu K, Wada E, Tanaka T, Hirota Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 12 526-532 2007年11月
  • JOA back pain evaluation questionnaire: initial report.
    Clinical Outcomes Committee of the Japanese Orthopaedic Association,Subcommittee on Evaluation of Back Pain and Cervical Myelopathy, Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Clinical Outcome Committe of the Japanese Orthopaedic Association, Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Wada E, Yonenobu K, Tanaka T, Hirota Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 12 443-450 2007年09月
  • Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire: part 3. Determination of reliability.
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Yonenobu K, Wada E, Tanaka T, Hirota Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 12 321-326 2007年07月
  • An outcome measure for patients with cervical myelopathy: Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): Part 1.
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Wada E, Yonenobu K, Tanaka T, Hirota Y, Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 12 227-240 2007年05月
  • Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): Part 2. Endorsement of the alternative item.
    Fukui M, Chiba K, Kawakami M, Kikuchi S, Konno S, Miyamoto M, Seichi A, Shimamura T, Shirado O, Taguchi T, Takahashi K, Takeshita K, Tani T, Toyama Y, Wada E, Yonenobu K, Tanaka T, Hirota Y, Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 12 241-248 2007年05月
  • Distinct association of gene polymorphisms of estrogen receptor and vitamin D receptor with lumbar spondylosis in post-menopausal women.
    Koshizuka Y, Ogata N, Shiraki M, Hosoi T, Seichi A, Takeshita K, Nakamura K, Kawaguchi H
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 15 1521-1528 2006年10月
  • Bezier surface reformation: an original visualization technique of cervical nerve roots on myelographic CT.
    Yoshioka N, Hayashi N, Akahane M, Yoshikawa T, Takeshita K, Ohtomo K
    Radiation medicine 24 600-604 2006年10月
  • Fusionless surgery for scoliosis: 2-17 year radiographic and clinical follow-up.
    Maruyama T, Kitagawa T, Takeshita K, Seichi A, Kojima T, Nakamura K, Kurokawa T
    Spine 31 2310-2315 2006年09月
  • Analysis of patients with nonambulatory neuromuscular scoliosis surgically treated to the pelvis with intraoperative halo-femoral traction.
    Takeshita K, Lenke LG, Bridwell KH, Kim YJ, Sides B, Hensley M
    Spine 31 2381-2385 2006年09月
  • Neurologic level diagnosis of cervical stenotic myelopathy.
    Seichi A, Takeshita K, Kawaguchi H, Matsudaira K, Higashikawa A, Ogata N, Nakamura K
    Spine 31 1338-1343 2006年05月
  • Vertebral hemangioma compressing the thoracic spinal cord: application of computer-aided navigation and intraoperative spinal sonography for surgery through anterior and posterior approaches.
    Sakanishi H, Hoshi K, Nakajima S, Akune T, Takeshita K, Yamamoto M, Kawaguchi H, Nakamura K, Seichi A
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 11 294-297 2006年05月
  • Multiple vertebral wedge osteotomy for adolescent idiopathic scoliosis.
    Maruyama T, Takeshita K, Seichi A, Kitagawa T, Kojima T, Nakamura K, Kurokawa T
    Studies in health technology and informatics 123 283-288 2006年
  • Validity and reliability of SRSI and SF-36 in Japanese patients with scoliosis.
    Takeshita K, Maruyama T, Matsudaira K, Murakami M, Higashikawa A, Nakamura K
    Studies in health technology and informatics 123 337-342 2006年
  • Correction of scoliosis using segmental pedicle screw instrumentation versus hybrid constructs with hooks and screws.
    Takeshita K, Maruyama T, Murakami M, Higashikawa A, Hashimoto H, Hara N, Seichi A, Nakamura K
    Studies in health technology and informatics 123 571-576 2006年
  • Image-guided surgery for thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament. Technical note.
    Seichi A, Takeshita K, Kawaguchi H, Kawamura N, Higashikawa A, Nakamura K
    Journal of neurosurgery. Spine 3 165-168 2005年08月
  • Revision cervical spine surgery using transarticular or pedicle screws under a computer-assisted image-guidance system.
    Seichi A, Takeshita K, Nakajima S, Akune T, Kawaguchi H, Nakamura K
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 10 385-390 2005年07月
  • Can laminoplasty maintain the cervical alignment even when the C2 lamina is contained?
    Takeshita K, Seichi A, Akune T, Kawamura N, Kawaguchi H, Nakamura K
    Spine 30 1294-1298 2005年06月
  • Spinal stenosis in grade I degenerative lumbar spondylolisthesis: a comparative study of outcomes following laminoplasty and laminectomy with instrumented spinal fusion.
    Matsudaira K, Yamazaki T, Seichi A, Takeshita K, Hoshi K, Kishimoto J, Nakamura K
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 10 270-276 2005年05月
  • Spatial relations between the vertebral body and the thoracic aorta in adolescent idiopathic scoliosis.
    Maruyama T, Takeshita K, Nakamura K, Kitagawa T
    Spine 29 2067-2069 2004年09月
  • The nuchal ligament restrains cervical spine flexion.
    Takeshita K, Peterson ET, Bylski-Austrow D, Crawford AH, Nakamura K
    Spine 29 E388-93 2004年09月
  • Postoperative expansion of intramedullary high-intensity areas on T2-weighted magnetic resonance imaging after cervical laminoplasty.
    Seichi A, Takeshita K, Kawaguchi H, Nakajima S, Akune T, Nakamura K
    Spine 29 1478-82; discussion 1482 2004年07月
  • Measurement of occipitocervical angle.
    Shoda N, Takeshita K, Seichi A, Akune T, Nakajima S, Anamizu Y, Miyashita M, Nakamura K
    Spine 29 E204-8 2004年05月
  • Image-guided resection for thoracic ossification of the ligamentum flavum.
    Seichi A, Nakajima S, Takeshita K, Kitagawa T, Akune T, Kawaguchi H, Nakamura K
    Journal of neurosurgery 99 60-63 2003年07月
  • Conservative treatment for adolescent idiopathic scoliosis: can it reduce the incidence of surgical treatment?
    Maruyama T, Kitagawa T, Takeshita K, Mochizuki K, Nakamura K
    Pediatric rehabilitation 6 215-219 2003年07月
  • Side shift exercise for idiopathic scoliosis after skeletal maturity.
    Mamyama T, Kitagawal T, Takeshita K, Nakainura K
    Studies in health technology and informatics 91 361-364 2002年

MISC

  • 基礎科学 脊椎疾患のアウトカム研究
    竹下克志
    脊椎脊髄ジャーナル 27(4) 275-280 2014年04月
  • 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)健常者基準値作成のための調査報告
    橋爪洋, 橋爪洋, 紺野愼一, 竹下克志, 高橋和久, 宮本雅史, 松本守雄, 笠井裕一, 金森昌彦, 松永俊二, 細野昇, 寒竹司, 種市洋, 田中信弘, 金山雅弘, 清水敬親, 川上守
    J Spine Res 5(3) 204 2014年03月
  • 脊椎手術の術後脳卒中発生リスク因子の検討―DPC大規模データベースを用いた脊椎手術160,000例の解析―
    大谷隼一, 筑田博隆, 康永秀生, 大島寧, 谷口優樹, 相馬一仁, 加藤壮, 杉田守礼, 竹下克志, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 492 2014年03月
  • 腰椎変性側弯症における脊柱変形パラメータ計測の信頼性
    竹内大作, 種市洋, 種市洋, 稲見聡, 並川崇, 司馬洋, 大江真人, 竹下裕次郎, 小野貴司, 平尾雄二郎, 松林嘉孝, 馬場聡史, 竹下克志, 竹下克志, 紺野愼一
    J Spine Res 5(3) 203 2014年03月
  • 日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票(JOACMEQ)健常者基準値作成のための調査報告
    田中信宏, 田中信宏, 紺野愼一, 竹下克志, 川上守, 高橋和久, 宮本雅史, 松本守雄, 笠井裕一, 金森昌彦, 松永俊二, 細野昇, 寒竹司, 種市洋, 橋爪洋, 金山雅弘, 清水敬親
    J Spine Res 5(3) 204 2014年03月
  • 日本整形外科学会頚髄症治療成績判定基準(JOAスコア)とmodified JOAスコアの比較研究
    加藤壯, 大島寧, 竹下祐次郎, 三好光太, 河村直洋, 増田和浩, 久野木順一, 東成一, 原慶宏, 山崎隆志, 竹下克志
    J Spine Res 5(3) 468 2014年03月
  • 頚椎椎弓形成術の手術成績に立位矢状面アライメントは影響するか?
    大島寧, 竹下克志, 筑田博隆, 谷口優樹, 土肥透, 大谷隼一, 相馬一仁, 加藤壮, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 527 2014年03月
  • 頚椎椎弓形成術の患者満足度と患者立脚型アウトカムの関係
    大谷隼一, 大島寧, 竹下克志, 岡敬之, 筑田博隆, 谷口優樹, 相馬一仁, 加藤壮, 杉田守礼, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 303 2014年03月
  • Ranawat3B関節リウマチ患者に対する頚椎固定手術は有効である
    筑田博隆, 星地亜都司, 杉田守礼, 谷口優樹, 大島寧, 正田修己, 小野貴司, 竹下克志, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 299 2014年03月
  • 早期発症側弯症に対するGrowing Rod法の適切な開始時期―多施設研究―
    渡辺航太, 松本守雄, 宇野耕吉, 川上紀明, 辻太一, 柳田晴久, 平野徹, 山崎健, 南昌平, 伊東学, 種市洋, 今釜史郎, 竹下克志, 山元拓哉
    J Spine Res 5(3) 429 2014年03月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 基礎科学 脊椎疾患のアウトカム研究
    竹下克志
    脊椎脊髄ジャーナル 27(4) 275-280 2014年04月
  • 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)健常者基準値作成のための調査報告
    橋爪洋, 橋爪洋, 紺野愼一, 竹下克志, 高橋和久, 宮本雅史, 松本守雄, 笠井裕一, 金森昌彦, 松永俊二, 細野昇, 寒竹司, 種市洋, 田中信弘, 金山雅弘, 清水敬親, 川上守
    J Spine Res 5(3) 204 2014年03月
  • 脊椎手術の術後脳卒中発生リスク因子の検討―DPC大規模データベースを用いた脊椎手術160,000例の解析―
    大谷隼一, 筑田博隆, 康永秀生, 大島寧, 谷口優樹, 相馬一仁, 加藤壮, 杉田守礼, 竹下克志, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 492 2014年03月
  • 腰椎変性側弯症における脊柱変形パラメータ計測の信頼性
    竹内大作, 種市洋, 種市洋, 稲見聡, 並川崇, 司馬洋, 大江真人, 竹下裕次郎, 小野貴司, 平尾雄二郎, 松林嘉孝, 馬場聡史, 竹下克志, 竹下克志, 紺野愼一
    J Spine Res 5(3) 203 2014年03月
  • 日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票(JOACMEQ)健常者基準値作成のための調査報告
    田中信宏, 田中信宏, 紺野愼一, 竹下克志, 川上守, 高橋和久, 宮本雅史, 松本守雄, 笠井裕一, 金森昌彦, 松永俊二, 細野昇, 寒竹司, 種市洋, 橋爪洋, 金山雅弘, 清水敬親
    J Spine Res 5(3) 204 2014年03月
  • 日本整形外科学会頚髄症治療成績判定基準(JOAスコア)とmodified JOAスコアの比較研究
    加藤壯, 大島寧, 竹下祐次郎, 三好光太, 河村直洋, 増田和浩, 久野木順一, 東成一, 原慶宏, 山崎隆志, 竹下克志
    J Spine Res 5(3) 468 2014年03月
  • 頚椎椎弓形成術の手術成績に立位矢状面アライメントは影響するか?
    大島寧, 竹下克志, 筑田博隆, 谷口優樹, 土肥透, 大谷隼一, 相馬一仁, 加藤壮, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 527 2014年03月
  • 頚椎椎弓形成術の患者満足度と患者立脚型アウトカムの関係
    大谷隼一, 大島寧, 竹下克志, 岡敬之, 筑田博隆, 谷口優樹, 相馬一仁, 加藤壮, 杉田守礼, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 303 2014年03月
  • Ranawat3B関節リウマチ患者に対する頚椎固定手術は有効である
    筑田博隆, 星地亜都司, 杉田守礼, 谷口優樹, 大島寧, 正田修己, 小野貴司, 竹下克志, 田中栄
    J Spine Res 5(3) 299 2014年03月
  • 早期発症側弯症に対するGrowing Rod法の適切な開始時期―多施設研究―
    渡辺航太, 松本守雄, 宇野耕吉, 川上紀明, 辻太一, 柳田晴久, 平野徹, 山崎健, 南昌平, 伊東学, 種市洋, 今釜史郎, 竹下克志, 山元拓哉
    J Spine Res 5(3) 429 2014年03月
  • 腰椎除圧術で腰痛は改善するか?
    大島寧, 竹下克志, 稲波弘彦, 高野裕一, 馬場聡史, 岩堀智之
    J Spine Res 5(3) 272 2014年03月
  • 透析患者の脊椎術後感染の鑑別における好中球CD64値の有用性
    土肥透, 松井利浩, 小宮明子, 當間重人, 河村直洋, 増田和浩, 藤井賢吾, 鄭在夏, 西野仁樹, 竹下克志, 田中栄, 久野木順一
    J Spine Res 5(3) 645 2014年03月
  • 早期発症側弯症に対するgrowing rod法の矯正不良因子―多施設研究―
    渡辺航太, 松本守雄, 宇野耕吉, 川上紀明, 辻太一, 柳田晴久, 平野徹, 山崎健, 南昌平, 伊東学, 種市洋, 今釜史郎, 竹下克志, 山元拓哉
    日本整形外科学会雑誌 88(3) S593 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症の保存治療
    竹下克志
    日本整形外科学会雑誌 88(3) S927 2014年03月
  • 特発性側弯症の胸椎椎弓根スクリュー設置における術前CTナビゲーションの正確性―連続80例の術後CTによる検討―
    竹下祐次郎, 竹下克志, 小野貴司, 田中栄
    日本整形外科学会雑誌 88(3) S757 2014年03月
  • 早期発症側弯症に対するgrowing rod法治療中のproximal junctional kyphosis発生危険因子―多施設研究―
    渡辺航太, 松本守雄, 宇野耕吉, 川上紀明, 辻太一, 柳田晴久, 平野徹, 山崎健, 南昌平, 伊東学, 種市洋, 今釜史郎, 竹下克志, 山元拓哉
    日本整形外科学会雑誌 88(2) S119 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における脊柱管狭窄の意義
    相馬一仁, 竹下克志, 原慶宏, 藤井朋子, 山下敏彦, 竹林庸雄, 永田見生, 佐藤公昭
    日本整形外科学会雑誌 88(2) S188 2014年03月
  • 腰椎変性側弯症における脊柱変形パラメータの計測信頼性
    竹内大作, 種市洋, 種市洋, 竹下裕次郎, 竹下克志, 竹下克志, 紺野愼一
    日本整形外科学会雑誌 88(2) S156 2014年03月
  • 多施設間リウマチ性疾患データベースNinJaを用いた関節リウマチ患者の頚椎手術群の臨床的特徴の解析
    杉田守礼, 筑田博隆, 西野仁樹, 竹下克志, 大島寧, 當間重人, 田中栄
    日本整形外科学会雑誌 88(2) S40 2014年03月
  • 腰痛診療最前線 2)慢性腰痛に対する薬物療法はどのように行うか
    住谷昌彦, 住谷昌彦, 松林嘉孝, 筑田博隆, 竹下克志, 山田芳嗣
    モダンフィジシャン 34(3) 299-303 2014年03月
  • 新しい難治性慢性痛治療薬の使い方とピットフォール プレガバリン(リリカ)
    住谷昌彦, 住谷昌彦, 松平浩, 筑田博隆, 竹下克志
    ペインクリニック 35(3) 330-336 2014年03月
  • 腰痛診療最前線《知っておきたい腰痛の知識UP date》8)非特異的腰痛とはなにか
    竹下克志
    モダンフィジシャン 34(3) 284-287 2014年03月
  • 早期発症側弯症に対するGrowing Rod法の合併症発生危険因子
    渡辺航太, 松本守雄, 宇野耕吉, 川上紀明, 辻太一, 柳田晴久, 平野徹, 山崎健, 南昌平, 伊東学, 種市洋, 今釜史郎, 竹下克志, 山元拓哉
    関東整形災害外科学会雑誌 45 138 2014年03月
  • 側彎症後方手術
    竹下克志
    関東整形災害外科学会雑誌 45 57 2014年03月
  • 日本語版painDETECTのカットオフ値
    竹下克志, 住谷昌彦, 松林嘉孝, 加藤壯, 大谷隼一, 尾市健, 大島寧, 唐司寿一, 筑田博隆
    J Spine Res 5(2) 118-121 2014年02月
  • 神経障害性疼痛の概念と臨床評価
    住谷昌彦, 緒方徹, 竹下克志
    東京都医師会雑誌 67(1) 17-23 2014年01月
  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 脊柱管狭窄を伴う非骨傷性頚髄損傷に対する早期手術と待機治療のランダム化比較試験
    竹下克志, 筑田博隆
    脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 88-90 2014年
  • 小児の痛みについて考える II.小児疼痛症候群 9.小児の脊柱変形と痛み―特発性側彎症とScheuermann病―
    竹下克志
    小児科臨床 66(12) 2471-2476 2013年12月
  • 小児の痛みについて考える III.小児神経と痛み 3.複合性局所疼痛症候群(CRPS)とその診療上の問題点
    住谷昌彦, 緒方徹, 竹下克志
    小児科臨床 66(12) 2487-2495 2013年12月
  • 日本版側弯症QOL質問票(SJ27)の標準値調査
    唐司寿一, 竹下克志, 新井康久, 白土修, 土肥徳秀
    J Spine Res 4(11) 1612-1616 2013年11月
  • 頚椎椎弓形成術が腰痛に及ぼす影響についての検討
    平尾雄二郎, 竹下克志, 岡敬之, 大島寧, 小野貴司, 大谷隼一, 相馬一仁, 加藤壯, 筑田博隆
    日本運動器疼痛学会誌 5(3) S68 2013年11月
  • 非特異的腰痛の病態と治療―腰痛診療ガイドラインを踏まえて 薬物療法
    竹下克志
    整形・災害外科 56(12) 1459-1465 2013年11月
  • 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ),日本整形外科学会頚髄症評価質問票(JOACMEQ)の認知度調査
    榊原紀彦, 笠井裕一, 紺野愼一, 高橋和久, 千葉一裕, 福井充, 宮本雅史, 種市洋, 加藤圭彦, 金森昌彦, 金山雅弘, 細野昇, 竹下克志, 田中信弘, 橋爪洋, 松永俊二, 川上守
    J Spine Res 4(9) 1388-1392 2013年09月
  • 頚椎腫瘍切除,前方固定術後長期経過中に脊髄ヘルニアを発症した1例
    杉村遼太, 相馬一仁, 小野貴司, 大島寧, 筑田博隆, 竹下克志, 田中栄
    東日本整形災害外科学会雑誌 25(3) 328 2013年08月
  • 頚椎症に対する内視鏡手術
    大島寧, 竹下克志, 稲波弘彦, 高野裕一, 筑田博隆, 田中栄
    東日本整形災害外科学会雑誌 25(3) 340 2013年08月
  • 成人の脊柱変形 3.胸椎後弯―Scheuermann病
    竹下克志
    整形外科 64(8) 853-856 2013年07月
  • 偽関節化した移植骨が頚髄症の再悪化の原因となった脳性麻痺の1例
    望月貴夫, 田崎亮, 武冨修治, 安井哲郎, 筑田博隆, 伊藤英也, 竹下克志, 田中栄
    関東整形災害外科学会雑誌 44(3) 113 2013年06月
  • 非整復性の頭蓋頚椎移行部後弯変形に対してCTナビゲーションを用いて経口的前方解離術を行った1例
    宮原潤也, 武冨修治, 安井哲郎, 筑田博隆, 伊藤英也, 竹下克志, 田中栄
    関東整形災害外科学会雑誌 44(3) 112-113 2013年06月
  • 脊椎脊髄難治性疼痛に対するさまざまな治療 脊椎脊髄疾患の難治性疼痛に対する薬物療法
    住谷昌彦, 筑田博隆, 竹下克志, 山田芳嗣
    脊椎脊髄ジャーナル 26(5) 591-596 2013年05月
  • 整形外科関連疾患での慢性の痛み II.客観的評価方法 1.スクリーニングツール 1)疼痛スクリーニングツール
    住谷昌彦, 小暮孝道, 東賢志, 松林嘉孝, 竹下克志, 山田芳嗣
    ペインクリニック 34 S85-S96 2013年04月
  • 腰椎疾患に対する診断・評価の進歩 2.疼痛の評価と病態の検討 腰椎椎間板ヘルニア手術に対する患者の満足度と日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)における評価
    金森昌彦, 福井充, 千葉一裕, 川上守, 宮本雅史, 中井定明, 嶋村正, 田口敏彦, 竹下克志, 田中靖久, 谷俊一, 谷口愼一郎, 和田英路, 米延策雄, 紺野愼一, 高橋和久
    別冊整形外科(63) 50-54 2013年04月
  • 高度の脊髄圧迫と神経症状を有する先天性後弯症の手術経験
    西村健, 武冨修治, 伊藤英也, 竹下克志, 田中栄
    関東整形災害外科学会雑誌 44(2) 63 2013年04月
  • 術前頚部痛に対する頚椎椎弓形成術の効果
    大島寧, 竹下克志, 馬場聡史, 小野貴司, 原慶宏, 筑田博隆, 川口浩
    J Spine Res 4(3) 687 2013年03月
  • 日本語版painDETECTのカットオフ値
    竹下克志, 住谷昌彦, 松林嘉孝, 加藤壮, 大谷隼一, 尾市健
    J Spine Res 4(3) 211 2013年03月
  • 後縦靭帯骨化症―基礎・臨床の最新動向 後縦靭帯骨化症と神経障害性疼痛
    竹下克志
    脊椎脊髄ジャーナル 26(3) 175-180 2013年03月
  • C2棘突起は頚椎後方固定のアンカーとして利用し得るか
    馬場聡史, 永田向生, 大島寧, 小野貴司, 原慶宏, 筑田博隆, 竹下克志
    J Spine Res 4(3) 634 2013年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する多施設コホート研究
    原慶宏, 竹下克志, 竹林庸雄, 井田和功, 山下敏彦, 佐藤公昭, 永田見生
    J Spine Res 4(3) 535 2013年03月
  • 日本語版Neuropathic Pain Symptom Invetoryの信頼性と妥当性
    松林嘉孝, 竹下克志, 住谷昌彦, 加藤壯, 大谷隼一, 田中栄
    J Spine Res 4(3) 657 2013年03月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症患者のCTによる頚椎の形態学的評価と,椎弓根スクリュー挿入正確性の検討
    加藤壯, 正田修己, 星地亜都司, 筑田博隆, 竹下克志
    J Spine Res 4(3) 638 2013年03月
  • 腰椎手術の効果に対するJOABPEQの評価と患者満足度との整合性について
    金森昌彦, 福井充, 千葉一裕, 川上守, 宮本雅史, 中井定明, 島村正, 田口敏彦, 竹下克志, 谷俊一, 谷口愼一郎, 和田英路, 米延策雄, 高橋和久, 紺野愼一, 金山雅弘
    J Spine Res 4(3) 500 2013年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における脊柱管狭窄とアウトカム
    竹下克志, 竹林庸雄, 佐藤公昭, 原慶宏, 藤井朋子, 山下敏彦, 永田見生, 高橋和久
    J Spine Res 4(3) 376 2013年03月
  • マルファン症候群の脊柱変形
    小野貴司, 竹下克志, 谷口優樹, 筑田博隆, 原慶宏, 大島寧, 竹下祐次郎, 平尾雄二郎, 松林嘉孝, 杉田守礼, 川口浩, 田中栄
    J Spine Res 4(3) 715 2013年03月
  • 特発性側弯症の胸椎椎弓根スクリュー設置における術前CTナビゲーションの正確性―連続80例の術後CTによる検討―
    竹下祐次郎, 小野貴司, 竹下克志, 田中栄
    J Spine Res 4(3) 521 2013年03月
  • 日本版特発性側弯症QOL評価尺度の妥当性検証
    竹下克志, 新井康久, 白土修, 土肥徳秀, 山崎健, 宇野耕吉, 柳田晴久, 赤居正美, 岩谷力
    日本整形外科学会雑誌 87(3) S649 2013年03月
  • 急性非特異的腰痛の治療戦略
    竹下克志
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S135 2013年03月
  • EuroQOL‐5Dを用いた頚部圧迫性脊髄症における頚椎椎弓形成術のhealth‐related quality of life調査および費用効用分析
    小野貴司, 竹下克志, 岡敬之, 筑田博隆, 原慶宏, 大島寧, 唐司寿一, 竹下祐次郎, 松林嘉孝, 馬場聡史, 田中栄
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S49 2013年03月
  • 頚髄症術後の軸性痛は背部・腰部にも生じる
    竹下克志, 馬場聡史, 唐司寿一, 小山友里江, 大島寧, 松林嘉孝, 竹下祐次郎, 小野貴司, 原慶宏, 筑田博隆, 川口浩
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S338 2013年03月
  • 日本語版painDETECTの妥当性と再現性
    松林嘉孝, 竹下克志, 住谷昌彦, 加藤壮, 大谷隼一, 尾市健, 田中栄
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S398 2013年03月
  • 頚椎椎弓形成術の満足度に影響する因子
    竹下克志, 馬場聡史, 唐司寿一, 小山友里江, 大島寧, 松林嘉孝, 竹下祐次郎, 小野貴司, 原慶宏, 筑田博隆, 川口浩
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S342 2013年03月
  • 新・痛みのマネジメント―包括的な疼痛治療と鎮痛薬の選択基準を考える―5.各運動器疾患における疼痛治療方針(薬物療法(特に新規鎮痛薬の位置づけと使い方),運動療法,手術などのタイミング)3)慢性腰痛
    竹下克志
    Prog Med 33(1) 57-59 2013年01月
  • 日本版特発性側弯症QOL評価尺度の開発と検証
    白土 修, 土肥 徳秀, 新井 康久, 竹下 克志, 赤居 正美, 岩谷 力
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 21(4) 381-384 2010年12月
  • 側弯症での後方矯正手術による大動脈移動
    竹下 克志, 丸山 徹, 小野 貴司, 中尾 祐介, 筑田 博隆, 正田 修己, 中村 耕三
    Journal of spine research 1(11) 1998-2000 2010年11月
  • 勤労者における「仕事に支障をきたす非特異的腰痛」の危険因子
    松平 浩, 小西 宏昭, 三好 光太, 内田 毅, 竹下 克志, 原 慶宏, 町田 秀人
    日本整形外科學會雜誌 84(7) 452-457 2010年07月
  • 脊柱靱帯骨化症 : 厚生労働省班研究・ガイドラインを中心に
    中村 耕三, 竹下 克志
    日本整形外科學會雜誌 84(2) 212-217 2010年02月
  • 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)の特徴と使用法について
    宮本 雅史, 福井 充, 紺野 愼一, 白土 修, 高橋 和久, 竹下 克志, 菊地 臣一
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 20(4) 823-833 2009年12月
  • 椎弓根スクリュー設置に有用な新しい座標系 : 大動脈の位置把握
    竹下 克志, 丸山 徹, 小野 貴司, 正田 修己, 筑田 博隆, 杉田 守礼, 中尾 裕介, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 24(1) 61-64 2009年12月
  • 圧迫性頚髄症の痛みとしびれ
    正田 修己, 竹下 克志, 藤原 奈佳子, 星地 亜都司, 中村 耕三
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 20(2) 2009年06月
  • 頸椎疾患患者の医師-患者関係に及ぼす要因分析
    藤原 奈佳子, 竹下 克志, 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究班
    社会医学研究 26(1) 41-52 2008年12月
  • 腰部脊柱管外側部神経根障害の診断における感覚神経活動電位の役割
    原 由紀則, 松平 浩, 原 慶宏, 荻原 哲, 森井 太郎, 竹下 克志, 中村 耕三
    関東整形災害外科学会雑誌 39(3) 104-109 2008年06月
  • 頚髄症での錐体路徴候の感度および運動機能障害との関連 Babinski 徴候は麻痺の重症度を反映するか?
    筑田 博隆, 星地 亜都司, 竹下 克志, 正田 修己, 川口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(1) 2008年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症患者の重症度判定 : 妥当性の検討
    松平 浩, 山崎 隆志, 小山 友理江, 原 慶宏, 森井 太郎, 荻原 哲, 星 和人, 岡 敬之, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(2) 2008年03月
  • RA上位頚椎病変に対する手術症例における睡眠時無呼吸症候群
    正田 修己, 星地 亜都司, 竹下 克志, 筑田 博隆, 川口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(2) 2008年03月
  • 歯突起後方偽腫瘍の発生には隣接椎間(O-C1, C2-C3)の強直が重要である
    筑田 博隆, 星地 亜都司, 竹下 克志, 正田 修己, 川口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(2) 2008年03月
  • 側弯症でのロール撮影法による可撓性評価
    竹下 克志, 丸山 徹, 筑田 博隆, 正田 修己, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(2) 2008年03月
  • 日本整形外科学会 腰痛評価質問票 : 日本整形外科学会 頚部脊髄症評価質問票作成報告書(平成19年4月16日)
    川上 守, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 嶋村 正, 白土 修, 星地 亜都司, 高橋 和久, 田口 敏彦, 田中 隆, 谷 俊一, 千葉 一裕, 戸山 芳昭, 廣田 良夫, 福井 充, 宮本 雅史, 米延 策雄, 竹下 克志, 和田 英路
    日本整形外科學會雜誌 82(1) 62-86 2008年01月
  • 脊柱変形に対する椎弓根スクリュー刺入におけるナビゲーション支援とフリーハンド法との比較
    竹下 克志, 丸山 徹, 筑田 博隆, 村上 元昭, 原慶 宏, 星地 亜都司, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 22(1) 157-161 2007年12月
  • 日本整形外科学会頚部脊髄症質問票(JOACMEQ) : パート3 : 信頼性の検証
    福井 充, 千葉 一裕, 川上 守, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 宮本 雅史, 星地 亜都司, 嶋村 正, 白土 修, 田口 敏彦, 高橋 和久, 竹下 克志, 谷 俊一, 戸山 芳昭, 和田 英路, 米延 策雄, 田中 隆, 廣田 良夫
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 81(9) 2007年09月
  • 日本整形外科学会頚髄症評価質問票 : パート1 : 質問項目の抽出
    福井 充, 千葉 一裕, 川上 守, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 宮本 雅史, 星地 亜都司, 嶋村 正, 白土 修, 田口 敏彦, 高橋 和久, 竹下 克志, 谷 俊一, 戸山 芳昭, 和田 英路, 米延 策雄, 田中 隆, 廣田 良夫
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 81(7) 2007年07月
  • 日本整形外科学会頚髄症評価質問票 : パート2 : 代替項目の確認
    福井 充, 千葉 一裕, 川上 守, 菊地 臣一, 紺野 愼一, 宮本 雅史, 星地 亜都司, 嶋村 正, 白土 修, 田口 敏彦, 高橋 和久, 竹下 克志, 谷 俊一, 戸山 芳昭, 和田 英路, 米延 策雄, 田中 隆, 廣田 良夫
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 81(7) 2007年07月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対するMED法における超音波骨メスの使用経験
    原 慶宏, 松平 浩, 竹下 克志, 筑田 博隆, 星 和人, 河村 直洋, 荻原 哲, 星地 亜都司, 中村 耕三
    関東整形災害外科学会雑誌 38 2007年03月
  • 頚椎椎弓形成術における頭尾側の部分椎弓切除について
    竹下 克志, 筑田 博隆, 東川 晶郎, 石山 典幸, 星地 亜都司, 川口 浩, 中村 耕三
    関東整形災害外科学会雑誌 38 2007年03月
  • 側弯矯正後に両下肢近位筋の遅発性麻痺をきたした Marfan 症候群の1例
    田中 洋平, 筑田 博隆, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三
    関東整形災害外科学会雑誌 38 2007年03月
  • 頚椎椎弓形成術による全頚椎のアライメントと可動域の変化
    竹下 克志, 星地 亜都司, 正田 修己, 腰塚 裕, 川崎 洋介, 中村 耕三
    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 18(4) 426-428 2006年12月
  • 脊柱変形手術におけるナビゲーションによる椎弓根スクリュー設置
    竹下 克志, 丸山 徹, 村上 元昭, 橋本 整, 星地 亜都司, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 21(1) 116-119 2006年12月
  • 術中超音波法からみた頸椎後縦靭帯骨化症に対する椎弓形成術の限界
    星地 亜都司, 竹下 克志, 川口 浩, 村上 元昭, 橋本 整, 緒方 直史, 岡 敬之, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 17(1) 51-52 2006年03月
  • コンピュータナビゲーションガイド下の頸椎スクリュー挿入手術 : 有用性と限界
    星地 亜都司, 竹下 克志, 川口 浩, 村上 元昭, 橋本 整, 緒方 直史, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 17(1) 2006年03月
  • 患者立脚型日本整形外科学会頚部脊髄症治療成績判定基準の妥当性の検証
    竹下 克志, 星地 亜都司, 松平 浩, 村上 元昭, 橋本 整, 緒方 直史, 原 慶宏, 川口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 17(1) 2006年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対するリマプロストの効果の検討 : 無作為比較試験
    松平 浩, 山崎 隆志, 久野木 順一, 小林 篤樹, 穴水 依人, 星 和人, 岡 敬之, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 17(1) 2006年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における症状悪化の予測因子の検討
    松平 浩, 山崎 隆志, 星 和人, 岡 敬之, 森井 太郎, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 17(1) 2006年03月
  • 平成17年度 JOA-AOA Traveling Fellow 印象記
    竹下 克志
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 80(1) 66-68 2006年01月
  • 関節リウマチによる頚椎多椎間病変 : 病態とナビゲーション手術の成績
    星地 亜都司, 竹下 克志, 東川 晶郎, 川口 浩, 中村 耕三
    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 17(4) 623-627 2005年12月
  • ロール撮影法 (fulcrum bending) による側彎症の flexibility 評価
    竹下 克志, 丸山 徹, 村上 元昭, 東川 晶郎, 橋本 整, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 20(1) 16-19 2005年12月
  • Scheuermann 病におけるハイブリッド後方固定による前後方手術と椎弓根スクリュー固定術のレントゲン比較
    竹下 克志, LOWE Thomas G
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 20(1) 69-73 2005年12月
  • 術中 Halo-femoral 牽引による麻痺性側彎症患者における骨盤傾斜の矯正
    竹下 克志, LENKE Lawrence G, BRIDWELL Kexth H, KIM Yongjung J
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 20(1) 88-90 2005年12月
  • コンピュータ支援イメージガイダンスによる経椎弓根および経環軸椎関節間スクリューを用いた頚椎固定再手術
    星地 亜都司, 竹下 克志, 中島 勧, 阿久根 徹, 川口 浩, 中村 耕三
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 79(9) 2005年09月
  • 頸髄症の運動機能評価
    中村 耕三, 竹下 克志, 田中 太郎, 星地 亜都司
    リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 41(9) 625-627 2004年09月
  • 胸椎後縦靱帯骨化症に対するナビゲーション手術
    星地 亜都司, 竹下 克志, 阿久根 徹, 川口 浩, 河村 直洋, 中村 耕三
    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 16(2) 235-238 2004年06月
  • 棘突起縦割法椎弓形成術後の軸性疼痛と可動域
    星地 亜都司, 竹下 克志, 河村 直洋, 東川 晶郎, 川崎 洋介, 正田 修己, 川口 浩, 腰塚 裕, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 15(1) 2004年05月
  • Simple Walking Test(30mテスト)の有用性
    竹下 克志, 星地 亜都司, 田中 太郎, 阿久根 徹, 河村 直洋, 川口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 15(1) 2004年05月
  • 胸椎部脊柱靱帯骨化症に対するコンピュータ支援手術
    星地 亜都司, 竹下 克志, 阿久根 徹, 川口 浩, 中島 勧, 筑田 博隆, 河村 直洋, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 15(1) 2004年05月
  • 腰椎変性すべり症の手術と腰痛  第4腰椎変性すべり症に対する固定・非固定からみた成績の考察
    松平 浩, 山崎 隆志, 星 和人, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三
    日本腰痛学会雑誌 10(1) 60-68 2004年
  • コンピュータナビゲーションシステムを用いた頚椎インストルメンテーション再手術
    星地 亜都司, 中島 勧, 北川 知明, 竹下 克志, 阿久根 徹, 築田 博隆, かわぐち 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 14(1) 2003年02月
  • 頚椎椎弓形成術後にみられるMRI髄内変化の拡大 : 前向き研究
    星地 亜都司, 竹下 克志, 川口 浩, 中島 勧, 阿久根 徹, 築田 博隆, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 14(1) 2003年02月
  • 器質的要因の関与を確定できない腰・下肢の慢性疼痛に対するうつ状態・心理的要因の評価と三環系抗うつ薬の効果
    松平 浩, 星 和人, 竹下 克志, 星地 亜都司, 中村 耕三, 山崎 隆志
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 14(1) 2003年02月
  • 脊椎固定術後5年以上経過した特発性側弯症症例における腰痛 : 非手術例との比較
    竹下 克志, 丸山 徹, 松平 浩, 北川 知明, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 14(1) 2003年02月
  • 上位頚椎アライメント測定(OC2角)には McGregor 法が適当である
    正田 修己, 竹下 克志, 星地 亜都司, 阿久根 徹, 中島 勧, 穴水 依人, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 14(1) 2003年02月
  • RA 上位頚椎病変に対するコンピュータ支援手術
    星地 亜都司, 中島 勧, 岩崎 元重, 竹下 克志, 大西 五三男, 山口 浩, 中村 耕三
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 13(1) 2002年04月
  • 頚椎椎弓形成術における軟部組織温存の意義 : 変形性頚椎症との関係
    竹下 克志, 中村 耕三, AUSTROW Donita Bylski, PETERSON Erik, CRAWFORD Alvin
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 13(1) 2002年04月
  • 頚椎椎弓形成術における項靱帯温存の意義 : 生体力学的検証
    竹下 克志, 中村 耕三, BYLSKI-AUSTROW Donita, PETERSON Erik, CRAWFORD Alvin
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 13(1) 2002年04月
  • 頚椎における終板隣接骨髄MRI信号変化の臨床的意義
    東 成一, 星地 亜都司, 竹下 克志, 岩崎 元重, 中島 勧, 中村 耕三
    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 14(1) 5-10 2002年03月
  • King type III 特発性側彎に対する胸腔鏡視下前方解離術併用後方矯正固定術
    丸山 徹, 竹下 克志, 北川 知, 中村 耕三, 大塚 俊哉
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 16(1) 106-109 2001年12月
  • 乳児期横紋筋肉腫の治療後に生じた内反股の1例
    中村 大輔, 高取 吉雄, 永井 一郎, 竹下 克志, 飛田 健治, 岡崎 裕司, 五嶋 孝博
    関東整形災害外科学会雑誌 32(6) 368-370 2001年12月
  • 上腕軟部腫瘤と鼡径リンパ節腫脹で発症した木村病の1例
    古宮 慶太, 五嶋 孝博, 竹下 克志, 岩本 真徳, 来田 吉弘, 岡崎 裕司, 高取 吉雄, 元井 紀子, 遠藤 久子, 丹下 剛
    関東整形災害外科学会雑誌 32(6) 388-392 2001年12月
  • 広範な壊死を伴った脂肪腫の1例
    榊原 精一郎, 五嶋 孝博, 永井 一郎, 竹下 克志, 永瀬 雄一, 岡崎 裕司, 高取 吉雄, 元井 紀子, 遠藤 久子, 村上 俊一, 丹下 剛
    関東整形災害外科学会雑誌 32(5) 293-296 2001年10月
  • 磁気センサー式3次元空間計測装置を用いたサイドシフト運動のモニタリング
    丸山 徹, 竹下 克志, 北川 知明, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 15(1) 49-52 2000年12月
  • サイドシフトによる思春期特発性側彎の治療 : 指導方法による治療成績の相違について
    丸山 徹, 竹下 克志, 北川 知明, 中村 耕三
    脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 15(1) 53-56 2000年12月
  • 低用量エストロゲン(E3)療法による骨粗鬆症治療の効果
    朴 英, 竹下 克志, 永井 一郎, 村上 元昭, 倉茂 聡徳, 小林 聡, 中村 千行
    日本整形外科學會雜誌 74(2) 2000年02月
  • 棘突起縦割法頸椎椎弓形成術の長期成績
    星地 亜都司, 中村 耕三, 大西 五三男, 川口 浩, 竹下 克志, 阿久根 徹, 穴水 依人
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 10(1) 1999年04月
  • 手挙大に突出した鵞足滑腋包炎の1例
    村上 元昭, 高取 吉雄, 黒島 永嗣, 竹下 克志, 下赤 隆, 苅田 達郎, 門野 夕峰, 長野 昭
    関東整形災害外科学会雑誌 30(2) 117-120 1999年04月
  • エストロゲン受容体およびビタミンD受容体遺伝子のエクソンにおける多型の検討
    緒方 直史, 阿久根 徹, 竹下 克志, 星野 真二郎, 細井 孝之, 大内 尉義, 白木 正孝, 中村 耕三, 黒川 高秀, 川口 浩
    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism 16(2) 1998年07月
  • 脊髄係留症候群に対する脊椎短縮術
    中村 耕三, 竹下 克志, 阿久根 徹, 川口 浩, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 頚椎後縦靭帯骨化症を合併する慢性関節リウマチ症例の臨床的検討
    腰塚 裕, 中村 耕三, 織田 弘美, 大西 五三男, 川口 浩, 竹下 克志, 阿久根 徹, 緒方 直史, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 胸腰椎後縦靭帯骨化と年齢との関係
    阿久根 徹, 中村 耕三, 川口 浩, 竹下 克志, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 高齢者の頚髄症に対する脊柱管拡大術の成績
    緒方 直史, 中村 耕三, 腰塚 裕, 三浦 俊樹, 阿久根 徹, 竹下 克志, 川口 浩, 大西 五三男, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 脊柱管拡大術成績が良好でなかった頚椎症性脊髄症症例の解析
    竹下 克志, 中村 耕三, 大西 五三男, 川口 浩, 阿久根 徹, 緒方 直史, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 横突起分割式還納型胸椎椎弓形成術
    中村 耕三, 阿久根 徹, 竹下 克志, 川口 浩, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 胸腰椎移行部破裂骨折に対する還納式椎弓切除による前方除圧
    中村 耕三, 竹下 克志, 阿久根 徹, 川口 浩, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1) 1998年05月
  • 後縦靭帯骨化の発現、進展にはインスリン分泌反応性の亢進が関与している
    阿久根 徹, 川口 浩, 中村 耕三, 竹下 克志, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 72(3) 1998年03月
  • Achondroplasia の脊柱管狭窄による神経障害
    阿久根 徹, 中村 耕三, 川口 浩, 竹下 克志, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 72(3) 1998年03月
  • 脊柱管拡大術成績が良好でなかった頚椎症性脊髄症症例の検討
    竹下 克志, 中村 耕三, 川口 浩, 阿久根 徹, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 72(2) 1998年02月
  • 脊椎後縦靱帯骨化症における骨代謝調節因子および受容体の遺伝子多型の検討
    緒方 直史, 川口 浩, 三浦 俊樹, 真鍋 典世, 細井 孝之, 大内 尉義, 竹下 克志, 中村 耕三, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 71(8) 1997年08月
  • 脊椎後縦靱帯骨化症における骨代謝調節因子およびその受容体の遺伝子多型性
    三浦 俊樹, 川口 浩, 緒方 直史, 細井 孝之, 大内 尉義, 白木 正孝, 竹下 克志, 中村 耕三, 黒川 高秀
    日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism 15(2) 1997年06月
  • 頚髄後弯を伴う頚髄症に対する脊柱管拡大術の成績
    堀 達之, 中村 耕三, 竹下 克志, 川口 浩, 田森 圭一, 阿久根 徹, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 71(3) 1997年03月
  • 外傷を契機に発症または増悪した頚椎後縦靭帯骨化症の手術症例の検討
    東 成一, 中村 耕三, 川口 浩, 竹下 克志, 緒方 直史, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 71(3) 1997年03月
  • 頚髄腫瘍手術における神経根切除後の上肢神経障害
    三浦 俊樹, 中村 耕三, 竹下 克志, 川口 浩, 北川 知明, 緒方 直史, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 71(3) 1997年03月
  • 脊柱靱帯骨化症の osteocalcin と deoxypyridinoline
    竹下 克志, 中村 耕三, 川口 浩, 田森 圭一, 阿久 根徹, 堀 達之, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 8(1) 1997年03月
  • 上肢の筋力低下を主訴とする頸髄症に対する椎弓形成術の効果と予後の予測
    平林 茂, 浅井 春雄, 丸山 徹, 熊野 潔, 竹下 克志, 中村 耕三, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 8(1) 1997年03月
  • 脊髄係留症候群の成人期手術例の術後経過
    田森 圭一, 中村 耕三, 川口 浩, 竹下 克志, 阿久根 徹, 堀 達之, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 8(1) 1997年03月
  • 棘突起縦割法椎弓形成術後の長期経過
    税田 和夫, 黒川 高秀, 中村 耕三, 川口 浩, 竹下 克志
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 7(1) 1996年04月
  • 脊椎疾患の変遷と現状
    竹下 克志, 中村 耕三, 真鍋 馨, 黒川 高秀, 川口 浩, 税田 和夫
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 7(1) 1996年04月
  • MRIによる頚椎症性筋萎縮症の病態の検討
    税田 和夫, 黒川 高秀, 中村 耕三, 三好 光太, 竹下 克志, 井口 浩一
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 70(3) 1996年03月
  • 胸椎後縦靭帯骨化症の除圧範囲と術後成績
    税田 和夫, 中村 耕三, 三好 光太, 竹下 克志, 井口 浩一, 堀 達之, 星 和人, 穴水 依人, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 6(1) 1995年04月
  • 胸椎黄色靭帯骨化症に対する開窓術による骨化巣摘出
    井口 浩一, 中村 耕三, 星野 雄一, 税田 和夫, 三好 光太, 竹下 克志, 黒川 高秀
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 6(1) 1995年04月
  • 多発性脊柱管狭窄による脊髄障害の臨床像と狭窄因子間の相互作用
    中村 耕三, 黒川 高秀, 税田 和夫, 竹下 克志, 三好 光太, 井口 浩一, 星野 雄一, 田中 弘美
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 6(1) 1995年04月
  • 頸髄 Neurenteric cyst の前方侵入による摘出 : 4例の報告
    三好 光太, 黒川 高秀, 中村 耕三, 星野 雄一, 栗林 善昭, 税田 和夫, 竹下 克志, 井口 浩一
    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 6(1) 1995年04月
  • 頚椎前方固定術後の長期経過
    税田 和夫, 中村 耕三, 三好 光太, 竹下 克志, 井口 浩一, 緑川 剛, 堀 達之, 星 和人, 穴水 依人, 黒川 高秀
    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 69(2) 1995年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.