詳細検索はこちら

布宮 伸 ヌノミヤ シン

所属部署名集中治療部
職名教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    集中治療医学

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 麻酔・蘇生学
  • 外科系臨床医学 / 救急医学

経歴

  • 1992年
    -
    1993年
     自治医科大学 助手
  • 1993年
    -
    2002年
     自治医科大学 講師
  • 2002年08月
    -
    2006年01月
    自治医科大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座集中治療医学部門(助教授)
  • 2006年02月
    -
    現在
    自治医科大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座集中治療医学部門(教授)

学歴

  • 1976年04月
    -
    1982年03月
    自治医科大学(JMU) 医学部 医学科(日本)

所属学協会

  • 日本集中治療医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本救急医学会
  • 日本蘇生学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本麻酔・薬理学会
  • 日本循環制御医学会
  • 日本集中治療医学会関東甲信越地方会
  • 日本ショック学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本集中治療医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本救急医学会
  • 日本蘇生学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本麻酔・薬理学会
  • 日本循環制御医学会
  • 日本集中治療医学会関東甲信越地方会
  • 日本ショック学会
  • 日本臨床モニター学会
  • European Society of Intensive Care Medicine

委員歴

  • 2005年
    日本麻酔科学会 代議員
  • 1998年
    日本集中治療医学会関東甲信越地方会 評議員
  • 2001年
    日本ショック学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2005年
    日本麻酔科学会 代議員
  • 1998年
    日本集中治療医学会関東甲信越地方会 評議員
  • 2001年
    日本ショック学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Delirium and coma evaluated in mechanically ventilated patients in the intensive care unit in Japan: a multi-institutional prospective observational study.
    Tsuruta R, Oda Y, Shintani A, Nunomiya S, Hashimoto S, Nakagawa T, Oida Y, Miyazaki D, Yabe S, Japanese Epidemiology of Delirium in ICUs (JEDI) Study Investigators
    Journal of critical care 29(3) 472.e1-5 2014年06月
  • [Case report: Hemophagocytic syndrome developed after drug eruption: report of two cases].
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Koyama K
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 103(8) 1931-1934 2014年08月
  • Combination of thrombin-antithrombin complex, plasminogen activator inhibitor-1, and protein C activity for early identification of severe coagulopathy in initial phase of sepsis: a prospective observational study.
    Koyama K, Madoiwa S, Nunomiya S, Koinuma T, Wada M, Sakata A, Ohmori T, Mimuro J, Sakata Y
    Critical care (London, England) 18(1) R13 2014年01月
  • Evaluation of hemostatic biomarker abnormalities that precede platelet count decline in critically ill patients with sepsis.
    Koyama K, Madoiwa S, Tanaka S, Koinuma T, Wada M, Sakata A, Ohmori T, Mimuro J, Nunomiya S, Sakata Y
    Journal of critical care 28(5) 556-563 2013年10月
  • Acquired hemophilia A caused by factor VIII inhibitors: report of a case.
    Hosoya Y, Matsumura M, Madoiwa S, Zuiki T, Matsumoto S, Nunomiya S, Lefor A, Sata N, Yasuda Y
    Surgery today 43(6) 670-674 2013年06月
  • Concurrent treatment with a tumor necrosis factor-alpha inhibitor and veno-venous extracorporeal membrane oxygenation in a post-hematopoietic stem cell transplant patient with idiopathic pneumonia syndrome: a case report.
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Koyama K, Suzuki T
    Journal of intensive care 2(1) 48 2014年
  • Hyperlactatemia caused by intra-venous administration of glycerol: A case study.
    Katayama S, Nunomiya S, Wada M, Misawa K, Tanaka S, Koyama K, Koinuma T
    Indian journal of critical care medicine : peer-reviewed, official publication of Indian Society of Critical Care Medicine 16(4) 241-244 2012年10月
  • Role of apheresis and dialysis in pediatric living donor liver transplantation: a single center retrospective study.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Koinuma T, Koyama K, Tanaka S, Misawa K, Wada M, Nunomiya S, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 16(4) 368-375 2012年08月
  • [Predictive analysis for myasthenic crisis after transsternal thymectomy in patients with myasthenia gravis].
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Misawa K, Tanaka S, Koyama K
    Masui. The Japanese journal of anesthesiology 61(2) 170-176 2012年02月
  • Plasminogen activator inhibitor 1 promotes a poor prognosis in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation.
    Madoiwa S, Nunomiya S, Ono T, Shintani Y, Ohmori T, Mimuro J, Sakata Y
    International journal of hematology 84(5) 398-405 2006年12月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Delirium and coma evaluated in mechanically ventilated patients in the intensive care unit in Japan: a multi-institutional prospective observational study.
    Tsuruta R, Oda Y, Shintani A, Nunomiya S, Hashimoto S, Nakagawa T, Oida Y, Miyazaki D, Yabe S, Japanese Epidemiology of Delirium in ICUs (JEDI) Study Investigators
    Journal of critical care 29(3) 472.e1-5 2014年06月
  • [Case report: Hemophagocytic syndrome developed after drug eruption: report of two cases].
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Koyama K
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 103(8) 1931-1934 2014年08月
  • Combination of thrombin-antithrombin complex, plasminogen activator inhibitor-1, and protein C activity for early identification of severe coagulopathy in initial phase of sepsis: a prospective observational study.
    Koyama K, Madoiwa S, Nunomiya S, Koinuma T, Wada M, Sakata A, Ohmori T, Mimuro J, Sakata Y
    Critical care (London, England) 18(1) R13 2014年01月
  • Evaluation of hemostatic biomarker abnormalities that precede platelet count decline in critically ill patients with sepsis.
    Koyama K, Madoiwa S, Tanaka S, Koinuma T, Wada M, Sakata A, Ohmori T, Mimuro J, Nunomiya S, Sakata Y
    Journal of critical care 28(5) 556-563 2013年10月
  • Acquired hemophilia A caused by factor VIII inhibitors: report of a case.
    Hosoya Y, Matsumura M, Madoiwa S, Zuiki T, Matsumoto S, Nunomiya S, Lefor A, Sata N, Yasuda Y
    Surgery today 43(6) 670-674 2013年06月
  • Concurrent treatment with a tumor necrosis factor-alpha inhibitor and veno-venous extracorporeal membrane oxygenation in a post-hematopoietic stem cell transplant patient with idiopathic pneumonia syndrome: a case report.
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Koyama K, Suzuki T
    Journal of intensive care 2(1) 48 2014年
  • Hyperlactatemia caused by intra-venous administration of glycerol: A case study.
    Katayama S, Nunomiya S, Wada M, Misawa K, Tanaka S, Koyama K, Koinuma T
    Indian journal of critical care medicine : peer-reviewed, official publication of Indian Society of Critical Care Medicine 16(4) 241-244 2012年10月
  • Role of apheresis and dialysis in pediatric living donor liver transplantation: a single center retrospective study.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Koinuma T, Koyama K, Tanaka S, Misawa K, Wada M, Nunomiya S, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 16(4) 368-375 2012年08月
  • [Predictive analysis for myasthenic crisis after transsternal thymectomy in patients with myasthenia gravis].
    Koinuma T, Nunomiya S, Wada M, Misawa K, Tanaka S, Koyama K
    Masui. The Japanese journal of anesthesiology 61(2) 170-176 2012年02月
  • Plasminogen activator inhibitor 1 promotes a poor prognosis in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation.
    Madoiwa S, Nunomiya S, Ono T, Shintani Y, Ohmori T, Mimuro J, Sakata Y
    International journal of hematology 84(5) 398-405 2006年12月
  • [Case of anaphylactic shock induced by an antibiotic after induction of anesthesia].
    Tanaka S, Satoh M, Hirabayashi Y, Nunomiya S, Seo N
    Masui. The Japanese journal of anesthesiology 55(10) 1270-1272 2006年10月
  • Immunohistochemical and electron-microscopic observation of beta-cells in pancreatic islets of spontaneously diabetic Goto-Kakizaki rats.
    Momose K, Nunomiya S, Nakata M, Yada T, Kikuchi M, Yashiro T
    Medical molecular morphology 39(3) 146-153 2006年09月

MISC

  • 臨床経験 重症筋無力症に対する胸腺摘出術後筋無力性クリーゼの予測因子についての検討
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸, 和田 政彦
    麻酔 61(2) 170-176 2012年02月
  • 症例 生後13日目の生体肝移植に成功した新生児劇症肝不全の1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦
    ICUとCCU : 集中治療医学 35(12) 1111-1116 2011年12月
  • 両側尿管結石と重症急性膵炎の同時発症を契機に診断された若年者原発性副甲状腺機能亢進症の1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 18(4) 617-622 2011年10月
  • 「だから、鎮静かけとけばよかったんだ……!」医師はそう言っていませんか? (特集 せん妄を見逃さない!--"なんとなく違う?"ナースのカンが決め手)
    布宮 伸
    エキスパートナース 27(9) 26-29 2011年07月
  • 成人重症呼吸不全に対する治療法としてのECMOについて (特集 呼吸管理に関する最近の話題)
    田中 進一郎, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(7) 553-559 2011年07月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第19回)鎮痛・鎮静薬(第7回)非ステロイド抗炎症薬--NSAIDs
    小山 寛介, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(7) 585-588 2011年07月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第18回)鎮痛・鎮静薬(第6回)フェンタニル,レミフエンタニル
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(6) 503-506 2011年06月
  • 「これからのICU鎮静-hypnotic based sedation から analgesia based sedation へ-」によせて
    布宮 伸, 貝沼 関志
    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 31(3) 2011年05月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第17回)鎮痛・鎮静薬(第5回)モルヒネ
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(5) 423-426 2011年05月
  • ショックの定義--病態と分類 (特集 ショックの病態と治療) -- (ショックの治療基盤)
    小山 寛介, 布宮 伸
    救急医学 35(4) 379-383 2011年04月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 臨床経験 重症筋無力症に対する胸腺摘出術後筋無力性クリーゼの予測因子についての検討
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸, 和田 政彦
    麻酔 61(2) 170-176 2012年02月
  • 症例 生後13日目の生体肝移植に成功した新生児劇症肝不全の1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦
    ICUとCCU : 集中治療医学 35(12) 1111-1116 2011年12月
  • 両側尿管結石と重症急性膵炎の同時発症を契機に診断された若年者原発性副甲状腺機能亢進症の1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 18(4) 617-622 2011年10月
  • 「だから、鎮静かけとけばよかったんだ……!」医師はそう言っていませんか? (特集 せん妄を見逃さない!--"なんとなく違う?"ナースのカンが決め手)
    布宮 伸
    エキスパートナース 27(9) 26-29 2011年07月
  • 成人重症呼吸不全に対する治療法としてのECMOについて (特集 呼吸管理に関する最近の話題)
    田中 進一郎, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(7) 553-559 2011年07月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第19回)鎮痛・鎮静薬(第7回)非ステロイド抗炎症薬--NSAIDs
    小山 寛介, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(7) 585-588 2011年07月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第18回)鎮痛・鎮静薬(第6回)フェンタニル,レミフエンタニル
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(6) 503-506 2011年06月
  • 「これからのICU鎮静-hypnotic based sedation から analgesia based sedation へ-」によせて
    布宮 伸, 貝沼 関志
    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 31(3) 2011年05月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第17回)鎮痛・鎮静薬(第5回)モルヒネ
    鯉沼 俊貴, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(5) 423-426 2011年05月
  • ショックの定義--病態と分類 (特集 ショックの病態と治療) -- (ショックの治療基盤)
    小山 寛介, 布宮 伸
    救急医学 35(4) 379-383 2011年04月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第16回)鎮痛・鎮静薬(第4回)ハロペリドール
    田中 進一郎, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(4) 337-339 2011年04月
  • 自治医科大学附属病院の食道癌手術成績1999-2009
    細谷 好則, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 斉藤 心, 瑞木 亨, 俵藤 正信, 佐藤 貴一, 山本 徳博, 菅野 健太郎, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 柴山 千秋, 中澤 聖則, 三澤 和秀, 和田 政彦, 布宮 伸, 平林 由広, 西野 宏, 宮崎 邦夫, 去川 俊二, 福嶋 敬宜, 仁木 利郎, 丹波 嘉一郎, 佐田 尚宏, 永井 秀雄, 安田 是和
    自治医科大学紀要 33 29-36 2011年03月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第15回)鎮痛・鎮静薬(第3回)デクスメデトミジン
    小山 寛介, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(3) 253-255 2011年03月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第14回)鎮痛・鎮静薬(第2回)ミダゾラム
    田中 進一郎, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(2) 175-177 2011年02月
  • ICU・CCUにおける治療指針--病態にあった迅速・的確な診療のために(第13回)鎮痛・鎮痛薬(第1回)プロポフォール
    小山 寛介, 布宮 伸
    ICUとCCU 35(1) 93-95 2011年01月
  • 鎮痛・鎮静に関する評価と治療方針 (特集 ICU回診で学ぶ 全身管理の基本--重症患者への臓器系統別アプローチ)
    布宮 伸
    レジデントノ-ト 12(11) 1908-1917 2010年11月
  • 術後に肺性心の急性増悪を来して死亡した肺高血圧合併全身性エリテマトーデスの1例 : シルデナフィルの功罪
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 17(4) 525-530 2010年10月
  • 人工呼吸管理中の合併症の予防(3)せん妄,激越,不安,概日リズムの異常 (特集 呼吸管理プラクティカルガイド) -- (呼吸管理療法の維持)
    布宮 伸
    救急医学 34(10) 1346-1352 2010年09月
  • 大量の胸膜外血腫で発症した後天性血友病Aの1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介, 湯本 絢乃
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 17(3) 333-337 2010年07月
  • 重症患者に対する血糖管理におけるインスリン持続静注プロトコールの導入と評価
    小山 寛介, 布宮 伸, 和田 政彦
    ICUとCCU 34(6) 461-468 2010年06月
  • 下部消化管穿孔の合併症, 予後, 重症化の危険因子に関する検討
    小山 寛介, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 田中 進一郎, 鯉沼 俊貴
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 17(2) 163-172 2010年04月
  • 症例 治療抵抗性の多形性心室頻拍に塩酸ランジオロールの少量持続投与が著効した1救命例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦
    ICUとCCU 34(4) 329-334 2010年04月
  • 生後17日目に生体肝移植術を施行された新生児劇症肝不全の1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦, 三澤 和秀, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介, 水田 耕一, 安田 是和
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 17(1) 43-48 2010年01月
  • 上気道レベルの狭窄は迷わず頸部のX線写真・CT画像をチェック (呼吸ケアチーム必携 呼吸療法のための画像診断) -- (見逃せない陰影変化・基本的な異常陰影)
    小山 寛介, 布宮 伸
    呼吸器ケア 0(0) 104-108 2010年
  • 自治医科大学における急性期栄養管理の実際 (特集 急性期栄養管理の基本と実際) -- (急性期栄養管理の施設独自の工夫)
    小山 寛介, 布宮 伸
    救急医学 33(13) 1817-1820 2009年12月
  • 鎮痛・鎮静で注意したいこと (特集 重大事故を起こさない! チューブ・ライン事故抜去を防ぐコツ--せん妄 抑制 鎮痛・鎮静) -- (危険な事故抜去をどう防ぐ?)
    布宮 伸
    エキスパートナース 25(9) 79-84 2009年07月
  • 症例 肝膿瘍から進展した化膿性心膜炎に対しブラッドアクセスカテーテルを用いた持続洗浄が奏功した1例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 和田 政彦
    ICUとCCU 33(6) 503-508 2009年06月
  • 肝膿瘍に化膿性心膜炎を合併し敗血症性ショックと閉塞性ショックを来した1症例
    田中 進一郎, 布宮 伸, 鯉沼 俊貴, 小山 寛介, 湯本 絢乃
    Shock : 日本Shock学会雑誌 23(1) 2008年04月
  • ICUにおけるせん妄の予防と治療:デクスメデトミジンの適用とその限界 (特集 ICUにおけるよりよい鎮静・鎮痛を求めて)
    布宮 伸
    ICUとCCU 30(11) 939-946 2006年11月
  • 陽圧換気による生理学的変化 (特集 呼吸生理の基礎を学ぶ) -- (人工呼吸の生理と病理)
    布宮 伸
    救急医学 30(7) 840-844 2006年07月
  • ペニシリン系抗菌薬によるアナフィラキシーショックの1症例
    田中 進一郎, 布宮 伸
    Shock : 日本Shock学会雑誌 21(1) 2006年04月
  • 鎮静・鎮痛対策 (特集 Q&Aで理解する急性呼吸不全への呼吸ケア)
    布宮 伸
    呼吸器ケア 4(1) 79-86 2006年01月
  • overview クリティカルケアで不穏・せん妄,鎮痛・鎮静,抑制をどのように考えるか (焦点 クリティカルケアでの不穏・せん妄対策:鎮痛・鎮静,抑制)
    布宮 伸
    看護技術 51(1) 11-14 2005年01月
  • 血液製剤の投与 (特集 Surviving Sepsis Campaign Guidelinesを巡って)
    布宮 伸
    ICUとCCU 28(10) 839-842 2004年10月
  • 診断・治療に困惑した多臓器不全の1例
    布宮 伸, 大竹 一栄, 村田 克介, 和田 政彦
    Shock : 日本Shock学会雑誌 19(1) 2004年04月
  • 気管支拡張薬 (コメディカルのための呼吸療法マニュアル) -- (第4章 呼吸療法に必要な薬剤)
    布宮 伸
    呼吸器ケア 0(0) 202-207 2003年
  • 看護トピックス 人工呼吸中の"睡眠"について考える--概日リズム(体内時計)の重要性
    布宮 伸
    エキスパートナース 18(7) 20-23 2002年06月
  • 急性期における鎮痛・鎮静薬 (特集 ICU・CCUにおける鎮静対策)
    布宮 伸
    ハートナーシング 15(3) 310-315 2002年03月
  • 酸素運搬とその周辺 (特集 わかりやすい臨床呼吸生理学) -- (基礎編)
    布宮 伸
    救急医学 25(9) 1003-1009 2001年09月
  • 呼吸・循環・体液調整における麻酔管理と集中治療の論点 肝硬変合併肝悪性腫瘍に対する拡大肝切除術の周術期管理
    布宮 伸, 大江 恭司, 百瀬 和子, 窪田 達也, 大竹 一栄, 村田 克介, 和田 政彦, 丹野 英
    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 21(2) 94-98 2001年03月
  • 分娩後に発症した産科的ショックの2例
    中村 豪, 窪田 達也, 布宮 伸, 大竹 一栄, 村田 克介, 和田 政彦, 松山 尚弘, 百瀬 和子, 宮地 圭祐, 猪狩 典俊
    Shock : 日本Shock学会雑誌 14(1) 1999年04月
  • 食道癌症例における術直後のステロイド単回投与の術後管理における有用性について - 血漿サイトカインの変動からの検討
    大江 恭司, 村田 克介, 窪田 達也, 大竹 一栄, 布宮 伸, 和田 政彦
    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 4(3) 207-213 1997年07月
  • 脱水が持続陽圧換気時の循環動態に及ぼす影響
    布宮 伸, 堀川 秀男, 酒井 道子
    日本臨床麻酔学会誌 11(5) 580-590 1991年
  • Clinical evaluation of a new continuous intraarterial blood gas monitoring system in the intensive care setting.
    NUNOMIYA S, TSUJIMOTO T, TANNO M, MATSUYAMA N, OHTAKE K, KUBOTA T
    Journal of Anesthesia 10(3) 163-169 1996年
  • The role of antithrombin III replacement therapy.
    Bulletin of Intensive and Critical Care 4(3) 9-12 1997年
  • 敗血症におけるantithrombinIIIとplasminogen activator inhibitor-1の変動
    日本臨床麻酔学会誌 18(1) 33-36 1998年
  • 敗血症患者における血中トロンボモジュリンの変動
    ICUとCCU 22(9) 663-668 1998年
  • A prospective study of plasma procalcitonin for monitoring critically ill patients in general ICU.
    Intensive Care Medicine 25 s75 1999年
  • ICU患者の睡眠障害と概日リズム;ICUにおける日内変動をつけた鎮静法と血清メラトニンの変動
    ICUとCCU 24(6) 407-412 2000年
  • 肝硬変合併肝悪性腫瘍に対する拡大肝切除の周術期管理
    布宮 伸, 大江 恭司, 百瀬 和子, 窪田 達也, 大竹 一栄, 村田 克介, 和田 政彦, 丹野 英
    日本臨床麻酔学会誌 21(2) 94-98 2001年
  • A nationwide survey on the practice of young Japanese anaesthesiologist-intensivists working in intensive care.
    Clinical Intensive Care 2002
  • 低体温麻酔時の炭酸ガス分圧操作―循環動態への影響―.
    麻酔 34,S398 1985年
  • 左右肺分離独立換気法の麻酔管理への応用.-その有用性と問題点-.(共著)
    山形県立病院医学雑誌 20(1) 26-33 1986年
  • 全身麻酔患者の血漿膠質浸透圧.
    山形県立病院医学雑誌 20(1) 34-39 1986年
  • Nitroglycerinによる低血圧麻酔中の血液ガスの変化.
    山形県立病院医学雑誌 21(1) 1-6 1987年
  • CPPV時の循環系の変動に及ぼす急性脱水の影響.
    麻酔 36,S355 1987年
  • パンクロニウム前処置がサクシニルコリンの作用時間に及ぼす影響
    臨床麻酔 11(4) 453-456 1987年
  • CPPV時の循環系の変動に及ぼす脱水の影響―絶食による脱水状態―.
    麻酔 37,S192 1988年
  • 胸部大動脈瘤圧迫による両側主気管支狭窄-気道確保の問題-
    布宮 伸, 天笠 澄夫, 鏡 勲
    日本臨床麻酔学会誌 8(4) 333-338 1988年
  • 長期人工呼吸を要した重症破傷風の2例(共著)
    ICUとCCU 12(12) 1105-1110 1988年
  • Bartter症候群の麻酔経験.
    麻酔 37,1557 1988年
  • 頸動脈洞過敏症候群の麻酔経験
    日本臨床麻酔学会誌 8 s125 1988年
  • Inversed ratio ventilationが開心術後のガス交換に及ぼす影響(共著)
    人工呼吸 6,102-106 1989年
  • 向精神薬による悪性症候群の一重症例(共著)
    麻酔と蘇生 25(4) 399-404 1989年
  • CPPV時の循環系の変動に及ぼす脱水の影響-利尿による急性脱水と絶食による亜急性脱水の比較-
    麻酔 38,S546 1989年
  • 麻酔導入後に頻脈・呼吸性アシドーシス・ミオグロビン尿症を認めた1例.(共著)
    麻酔と蘇生 26,83-87 1990年
  • 透過性亢進型肺水腫に対しステロイドパルス療法とウリナスタチンとの大量投与が著効した1例(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 12 s387 1992年
  • 抗生剤が原因と考えられる薬剤性骨髄抑制をG-CSF併用により治癒しえた1症例(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 12 s295 1992年
  • 特集 慢性閉塞性肺疾患の急性増悪 機械的呼吸管理(共著)
    ICUとCCU 16(8) 719-728 1992年
  • 呼吸不全-ベッドサイドマネージメント 陽圧呼吸管理中の合併症
    診断と治療 80(11) 2118-2123 1992年
  • 低体温麻酔時の酸塩基操作(共著)
    山形医学 10(2) 143-155 1992年
  • 小児意識障害に対するglycerol療法中の高Na血症.
    蘇生 11,96 1993年
  • 特集 ハイテク集中治療の課題 人工呼吸器-過去・現在・未来
    新医療 20(2) 87-89 1993年
  • ユーザーレポート アコマ人工呼吸器ART-1000と呼吸終末陽圧装置CF-PEEPの組合せ
    人工呼吸 10(2) 258 1993年
  • CHF用ダイアライザーにおけるNafamostat mesilate(FUT)の吸着性の検討(共著)
    集中治療 5(別) 129-130 1993年
  • 片肺患者における肺高血圧症と術後呼吸不全(共著)
    臨床呼吸生理 25 29-35 1993年
  • MRSAおよび緑膿菌の混合感染により肺炎,膿胸を併発して入院した1症例(共同研究)
    ICUとCCU 17(増) 265 1993年
  • 横紋筋隔解症の2症例(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 13 457 1993年
  • 上腹部手術後の呼吸不全における胸壁コンプライアンスの意義(共同研究)
    麻酔 42 S111 1993年
  • 薬剤性高ビリルビン血症に対するステロイド・パルス療法(共同研究)
    ICUとCCU 17(増) 253 1993年
  • DIC及びpre-DIC患者におけるNafamostat mesilateの血中濃度(共同研究)
    ICUとCCU 17(増) 247 1993年
  • メシル酸ナファモスタットによる高カリウム血症に代謝性アシドーシスを合併した2例(共同研究)
    ICUとCCU 17(増) 254 1993年
  • 薬剤性骨髄抑制による好中球減少症に対するG-CSFの効果(共同研究)
    ICUとCCU 17(増) 264 1993年
  • ICU症例におけるウリナスタチンの有効性-分割投与法と特続投与法との比較-.(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 13 255 1993年
  • 重症嚥下性肺炎の血行動態について(共同研究)
    蘇生 12 S81 1993年
  • ICU入室患者における連続心拍出量測定システム(CCOM)の使用経験-第2報-.(共同研究)
    臨床モニター 4(増) 46 1994年
  • 集中治療室における連続血管内動脈血液ガスモニターの適用について(共同研究)
    臨床モニター 5 S136 1994年
  • Septic ARDS-病態に関する最近の考え方と治療法-.
    集中治療 6(2) 169-180 1994年
  • ショック
    看護技術 40(2(増)) 129-132 1994年
  • 低ナトリウム血症による意識障害4例の検討(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 1 S207 1994年
  • 末梢血白血球数による誤嚥性肺炎の重症度評価(共同研究)
    Journal of Anesthesia 8(S8) 295 1994年
  • 呼吸不全における胸部CTの有用性と問題点
    日本集中治療医学会雑誌 1 S94 1994年
  • ARDSに対するサーファクタント補充療法の治療経験(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 1 S131 1994年
  • Prognostic diagnosis of aspiration pneumonia based on the degree of peripheral leukocyte reduction.(共同研究)
    1994年
  • 超小型ポータブル血液分析器(i-STAT)の動脈血液における有用性について(共同研究)
    臨床モニター 5(増) 133-134 1994年
  • 集中治療管理を要した膠原病患者の検討
    日本集中治療医学会雑誌 2 S129 1995年
  • 動脈内連続血液ガスモニター パラトレンド7とPB3300の比較検討
    日本集中治療医学会雑誌 2 S189 1995年
  • 敗血症における末梢血顆粒球の活性酸素種産生能 -fMLP刺激による比較-(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 2 S144 1995年
  • 薬剤性顆粒球減少症におけるG-CSF使用下での活性酸素種産生能 -症例報告-(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 2 S147 1995年
  • カーディオフローによる持続血奨交換の試み(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 2 S205 1995年
  • 当施設の血液浄化法の現状と評価(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 2 S206 1995年
  • 血管内血液ガス連続モニタリングシステム パラトレンド7の精度について.
    臨床モニター 6 S51 1995年
  • 敗血症におけるサイトカインの変動と臓器障害
    Journal of Anesthesia 9 S235 1995年
  • 敗血症性臓器障害と血中サイトカイン
    Shock 10(1) 31 1995年
  • 急性肺傷害スコア分類による末梢血顆粒球の活性酸素種産生能(共同研究)
    Journal of Anesthesia 9 S435 1995年
  • 透過性亢進型肺水腫により死亡した全身性エリテマトーデスの1例
    ICUとCCU 19(4) 357-361 1995年
  • 完全静脈栄養中の代謝性アシドーシス
    月刊地域医学 9(5) 328-331 1995年
  • パラコート中毒
    臨床医 21(7) 1819-1822 1995年
  • 血管内血液ガス連続モニタリングシステム パラトレンド7の臨床的精度について
    人工呼吸 12(2) 236 1995年
  • 自治医科大学ICUで経験した破傷風4例の検討.(共著)
    ICUとCCU 19 435-439 1995年
  • IMV,PSVウィニングにおける呼吸筋エネルギー消費の比較検討(共同研究)
    人工呼吸 12(2) 206 1995年
  • こんな症例,こんな画像
    集中治療 8(4) 349 1996年
  • こんな症例.こんな画像
    集中治療 8(7) 701 1996年
  • 敗血症性DIC患者における血中AT-III値とPAI-1濃度の変動
    日本集中治療医学会雑誌 3 S180 1996年
  • 敗血症性肺障害(Septic ARDS)とサイトカインとの相関について(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 3 S137 1996年
  • 誤嚥性肺炎における血中,肺胞中サイトカインと多臓器不全との関係(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 3 S184 1996年
  • 敗血症におけるplasminogen activator inhibitor-1(PAI-1)とantithrombinIII(AT-III)の変動
    日本臨床麻酔学会誌 16 S121 1996年
  • 敗血症における血中トロンボモジュリンの変動
    日本集中治療医学会雑誌 4 S199 1997年
  • Time courses of plasminogen activator inhibitor-1 and antithrombin III in patients with sepsis: The role of antithrombin III replacement therapy.
    1997年
  • Inflammatory cytokines and multiple organ dysfunction syndrome in septic patients. -which organ is initially affected?(共同研究)
    1997年
  • 食道癌症例における術直後のステロイド単回投与の術後管理における有用性について-血漿サイトカインの変動からの検討-(共著)
    日本集中治療医学会雑誌 4(3) 207-213 1997年
  • 自治医科大学ICUにおける農薬中毒治療の経験.(共著)
    集中治療 9 475-477 1997年
  • Plasma thrombomodulin in patients with sepsis.
    1998年
  • Significances of Plasminogen Activator Inhibitor-1 and Antithrombin III Activity in patients with sepsis: Effect of Antithrombin III Replacement Therapy on Plasminogen Activotor Inhibitor-1 Concentration.(共同研究)
    1998年
  • 本院ICUにおける経皮的心肺補助装置(PCPS)の使用状況と問題点(共同研究)
    蘇生 17 184 1998年
  • 「法に規定する脳死判定」の無呼吸テストの実施にあたっての問題点(共同研究)
    蘇生 17 206 1998年
  • 集中治療領域における最新の医療機器.(共著)
    学会新報 19 5-9 1998年
  • 救急・応急のための基本手技 人工呼吸法(共著)
    Medical Practice 15 206-214 1998年
  • 集中治療中の合併症 血液・凝固障害
    ICUとCCU 22(12) 917-923 1998年
  • 頭蓋咽頭腫全摘出術後に発症した激烈な横紋筋融解症の1症例(共著)
    日本集中治療医学会雑誌 5(3) 217-220 1998年
  • 術前または術直後のステロイド単回投与の食道癌術後管理における有用性について.(共著)
    ICUとCCU 22 367-373 1998年
  • 食道癌術後の呼吸管理 サイトカインとステロイド投与について.(共著)
    臨床呼吸生理 30 15-18 1998年
  • 本学集中治療部におけるMRSA感染対策の現状と問題点(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 6 s116 1999年
  • 敗血症患者における血管内皮障害の指標としての血中トロンボモジュリンの変動と臓器障害 -AT-III補充療法の効果-.
    日本集中治療医学会雑誌 6 s115 1999年
  • 救命が因難であった呼吸不全症の検討(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 6 s122 1999年
  • CHDF中の抗生剤の血中濃度に関する考察(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 6 s162 1999年
  • 分娩後に発症した産科的ショックの2例(共同研究)
    Shock 14(1) 71 1999年
  • 頚椎前方固定術後に挿入骨片によりspinal shockを呈した1症例(共同研究)
    Journal of Anesthesia 13 s218 1999年
  • ICUにおけるHRV(heart rate variability)の有用性 -脳組織傷害と持続鎮静時との比較-(共同研究)
    Journal of Anesthesia 13 s283 1999年
  • Sepsis and DIC: Role of antithrombin III replacement therapy. -Significance of plasminogen activator inhibitor-1 and antithrombin III activity in patients with sepsis-.(共同研究)
    Acta Anaesthesiologica Sinica 37 s23 1999年
  • 低カリウム血症による心肺停止の一例(共同研究)
    蘇生 18(3) 195 1999年
  • アマトキシン類きのこ中毒による3症例の比較検討(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 19(8) s155 1999年
  • 肝硬変合併肝悪性腫瘍に対する拡大肝切除術の周術期管理
    日本臨床麻酔学会誌 19(8) s131 1999年
  • 調節換気中の吸気呼吸抵抗値の周波数特性(共同研究)
    人工呼吸 16(2) 185 1999年
  • アマニタトキシン群毒キノコ中毒(ア群毒キノコ中毒)6症例の検討(共同研究)
    日本救急医学会雑誌 10(9) 554 1999年
  • 多臓器不全の基礎と臨床 多臓器不全をいかに予防するか
    Medical Practice 17(2) 263-266 2000年
  • NOはARDS症例での肺酸素化能を改善するか-メタ分析による検討(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 7 s143 2000年
  • ICUにおける人工呼吸療法下の夜間睡眠補助薬としてのプロポフォールの反復投与の効果
    日本集中治療医学会雑誌 7 s148 2000年
  • プロポフォールによる長期間の夜間鎮静が血中脂質と細胞性免疫に与える影響(共同研究)
    Journal of Anesthesia 14 s37 2000年
  • 新世紀にのぞむ集中治療 若年専門医の期待と展望.
    Journal of Anesthesia 14 s41 2000年
  • 術後肺梗塞にたいするt-PAの至適投与法の検討(共同研究)
    Journal of Anesthesia 14 s100 2000年
  • 「より良い鎮静・鎮痛を目指して-鎮静深度調節の重要性を考える-」
    Human Contact 5 4 2000年
  • 人工呼吸下の患者の夜間睡眠補助薬としてのプロポフォールの反復投与の効果
    人工呼吸 17(2) 150 2000年
  • プロポフォールによる長時間の鎮静が血中脂質と細胞性免疫に与える影響 -持続鎮静と間欠的持続投与の比較-(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 20 s384 2000年
  • プロポフォールによる長期間の間欠的反復投与が食道癌術後患者の血中脂質と細胞性免疫に与える影響.(共著)
    丹野 英, 大江 恭司, 布宮 伸, 村田 克介, 大竹 一栄, 窪田 達也
    日本臨床麻酔学会誌 20(7) 449-453 2000年
  • プロポフォールによる夜間鎮静が概日リズムに与える影響.(共著)
    ICUとCCU 24(11) 837-841 2000年
  • ICUでの鎮静・ミダゾラムとプロポフォール -プロポフォール派の立場から
    pharmacoanesthesiology 12(2) 61-64 2000年
  • プロポフォールによる鎮静が概日リズムに与える影響について -終日投与と間欠的持続投与の比較-(共同研究)
    Journal of Anesthesia 15 s72 2001年
  • 酸素運搬とその周辺.
    救急医学 25(9) 1003-1009 2001年
  • 人工呼吸管理が必要となった百日咳肺炎 -3症例の検討-(共同研究)
    日本集中治療医学会雑誌 9 s127 2002年
  • 食道癌術後患者における,血液中のエンドトキシンとβグルカン値の検討 -食道癌術後に高エンドトキシン血症をきたすか?-(共同研究)
    Journal of Anesthesia 16 s269 2002年
  • 鎮静深度に日内変動をつけることの重要性.
    Human Contact 10: 3 2002年
  • 急性期における鎮静・鎮痛薬.
    HEART nursing 15(3) 310-315 2002年
  • 人工呼吸中の“睡眠”について考える -概日リズム(体内時計)の重要性-.
    Expert Nurse 18(7) 20-23 2002年
  • 看護に生かす輸液ライン管理とモニタリングの知識.
    Expert Nurse 18(12) 102 2002年
  • ICUにおける鎮痛・鎮静 プロポフォールの有用性 
    Journal of Anesthesia 17 s166 2003年
  • 人工呼吸管理を要した膠原病患者の検討(共同研究)
    Journal of Anesthesia 17 s391 2003年
  • 誤嚥における病態解析 -血中,肺水腫液中のサイトカイン動態-(共同研究)
    人工呼吸 20:181 2003年
  • 食道癌術後管理に対する新鮮凍結血漿投与の効果について(共同研究)
    日本臨床麻酔学会誌 23 s429 2003年
  • 人工呼吸とはどんなものですか?
    看護技術 49(1) 78-79 2003年
  • 酸素化能の障害と人工呼吸の適応は?
    看護技術 49(2) 168-169 2003年
  • 換気能の障害と人工呼吸の適応は?
    看護技術 49(3) 256-257 2003年
  • 人工呼吸の適応となる酸素化能・換気能の障害以外の病態について教えてください
    看護技術 49(4) 344-345 2003年
  • 人工呼吸が生体に及ぼす影響について教えてください
    看護技術 49(6) 562-563 2003年
  • 人工呼吸の換気モードについて教えてください
    看護技術 49(7) 648-649 2003年
  • 主に呼吸管理の初期に用いられる換気モードについて教えてください
    看護技術 49(8) 736-737 2003年
  • 自発呼吸主体の換気モードについて教えてください
    看護技術 49(9) 824-825 2003年
  • PEEPとは何ですか?
    看護技術 49(10) 912-913 2003年
  • PEEPを付加する方法と副作用について教えてください
    看護技術 49(11) 1004-1005 2003年
  • トリガーとは何ですか?
    看護技術 49(13) 1218-1219 2003年
  • 人工呼吸の換気モードで,量規定や圧規定というのは何ですか?
    看護技術 49(14) 1302-1303 2003年
  • シベレスタットナトリウムが有効であった敗血症性ARDS 4症例.(共同研究)
    日集中医誌 11:s180 2004年
  • 本学集中治療部におけるMRSA感染対策の現状と問題点 -新病棟の感染対策とその有効性-.(共同研究)
    日集中医誌 11:s184 2004年
  • 診断・治療に困惑した多臓器不全の1例
    Shock 19:56 2004年
  • How does direct hemoperfusion with a polymyxin B immobilized column improve septic ARDS?
    Intensive Care Med 30:s109 2004年
  • 人工呼吸器のアラームへの対処について教えてください
    看護技術 50(1:74-75) 2004年
  • 人工呼吸器関連肺炎はどうして起こるのでしょうか?
    看護技術 50(2:166-167) 2004年
  • 人工呼吸器関連肺炎は予防できますか?
    看護技術 50(3:254-255) 2004年
  • 人工呼吸器の回路交換が不要というのは本当ですか?
    看護技術 50(4:340-341) 2004年
  • 人工呼吸中の気道管理について教えてください
    看護技術 50(6:558-559) 2004年
  • 人工呼吸管理中の気管吸引について教えてください
    看護技術 50(7:646-647) 2004年
  • 気管吸引は閉鎖式が望ましいのですか?
    看護技術 50(8:736-737) 2004年
  • 気管チューブの自己抜去を予防するにはどうすればいいのでしょうか?
    看護技術 50(9:824-825) 2004年
  • 人工呼吸中の精神的ケアと持続鎮静について教えてください
    看護技術 50(10:912-913) 2004年
  • 人工呼吸中の鎮静薬投与について教えてください
    看護技術 50(11:1000-1001) 2004年
  • 酸素を用いた心肺蘇生法
    酸素蘇生法テキスト:非医療従事者のための酸素を用いた心肺蘇生法,財団法人日本救急医療財団 39-51 2004年
  • 持続鎮静と概日リズムについて教えてください
    看護技術 50(13:1220-1221) 2004年
  • Surviving Sepsis Campaign Guidelinesを巡って 血液製剤の投与
    ICUとCCU 28(10:839-842) 2004年
  • パルスオキシメータの使い方について教えてください
    看護技術 50(14:1300-1301) 2004年
  • 気道閉塞をきたした巨大縦隔腫瘍の一例(共同研究)
    日集中医誌 12:s182 2005年
  • 敗血症性RDSに対するエンドトキシン吸着療法による肺酸素化能改善機序の検討(共同研究)
    日集中医誌 12:s190 2005年
  • 二型糖尿病モデルであるGKラットのラ氏島におけるconnexin36(Cx36)の発現解析(共同研究)
    解剖学雑誌 80:s203 2005年
  • Protective lung strategyは有効である
    人工呼吸 22:146 2005年
  • 自治医科大学ICUにおいてSivelestat sodium hydrateが投与された症例の検討(共著)
    臨床呼吸生理 37:9-13 2005年
  • クリティカルケアで不穏・せん妄,鎮痛・鎮静,抑制をどのように考えるか
    看護技術 51(1:11-14) 2005年
  • 不穏・せん妄に対する薬物療法(共著)
    看護技術 51(1:41-44) 2005年
  • カプノメータについて教えてください
    看護技術 51(1:76-77) 2005年
  • 症例とQ&Aで学ぶNPPV -適応,限界とそのEBM- 適応と開始時期,中止の判定法
    救急・集中治療 17(1:47-49) 2005年
  • カプノメータはどう使えばいいのですか?
    看護技術 51(2:166-167) 2005年
  • グラフィックモニタはどう見ればいいのですか?
    看護技術 51(3:254-255) 2005年
  • 気管チューブの管理について教えてください
    看護技術 51(4:344-345) 2005年
  • 気管チューブの定期的な交換は必要ですか?
    看護技術 51(5:562-563) 2005年
  • 肺保護戦略とは何ですか?
    看護技術 51(7:650-651) 2005年
  • NPPVについて教えてください
    看護技術 51(8:738-739) 2005年
  • NPPVを成功させるコツはありますか?
    看護技術 51(9:828-829) 2005年
  • ウィーニングについて教えてください
    看護技術 51(10:914-915) 2005年
  • 鎮痛・鎮静(共著)
    呼吸器ケア 3(10:1020-1026) 2005年
  • ウィーニング中の観察ポイントについて教えてください
    看護技術 51(11:1002-1003) 2005年
  • 抜管について教えてください
    看護技術 51(13:1226-1227) 2005年
  • 抜管したら呼吸管理は終了ですか?
    看護技術 51(14:1310-1311) 2005年
  • 鎮静・鎮痛対策
    呼吸器ケア 4(1:79-86) 2006年

書籍等出版物

  • レジデントノート 2011年8月号 Vol.13 No.7 どう対応する? 処方する? 第1特集 入院患者の不眠/第2特集 急性期のせん妄
    (担当:共編者 範囲:)
    羊土社 2011年07月 ISBN:4758105189
  • 見てわかる医療スタッフのための痰の吸引 基礎と技術
    布宮 伸, 茂呂 悦子(担当:共著 範囲:)
    学研メディカル秀潤社 2010年07月 ISBN:4780908299
  • クリティカルケアにおける鎮静・鎮痛
    (担当:編者 範囲:)
    克誠堂出版 2009年08月 ISBN:4771903581
  • よくわかる!人工呼吸管理
    布宮 伸(担当:単著 範囲:)
    メヂカルフレンド社 2007年07月 ISBN:4839213453
  • ポケット版 最新ケアにいかす看護数値の事典
    布宮 伸, 菊池 睦子, 中村 好一(担当:共著 範囲:)
    照林社 2003年04月 ISBN:4796527230
  • ポケット版 クリティカルケアマニュアル―ICU・CCUでの看護のポイント
    (担当:共編者 範囲:)
    照林社 2000年10月 ISBN:4796527192
  • クリティカルケアと生体侵襲理論
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 肝不全患者での薬の使い方.
    研修医のための麻酔科領域薬剤の使い方,克誠堂出版 1995年
  • 代謝性(非呼吸性)アシドーシス.
    クリティカルケア・マニュアル 集中治療管理指針,秀潤社 1995年
  • 代謝性(非呼吸性)アルカローシス.
    クリティカルケア・マニュアル 集中治療管理指針,秀潤社 1995年
著書を全て表示する
著書閉じる
  • レジデントノート 2011年8月号 Vol.13 No.7 どう対応する? 処方する? 第1特集 入院患者の不眠/第2特集 急性期のせん妄
    (担当:共編者 範囲:)
    羊土社 2011年 07月 ISBN:4758105189
  • 見てわかる医療スタッフのための痰の吸引 基礎と技術
    布宮 伸, 茂呂 悦子(担当:共著 範囲:)
    学研メディカル秀潤社 2010年 07月 ISBN:4780908299
  • クリティカルケアにおける鎮静・鎮痛
    (担当:編者 範囲:)
    克誠堂出版 2009年 08月 ISBN:4771903581
  • よくわかる!人工呼吸管理
    布宮 伸(担当:単著 範囲:)
    メヂカルフレンド社 2007年 07月 ISBN:4839213453
  • ポケット版 最新ケアにいかす看護数値の事典
    布宮 伸, 菊池 睦子, 中村 好一(担当:共著 範囲:)
    照林社 2003年 04月 ISBN:4796527230
  • ポケット版 クリティカルケアマニュアル―ICU・CCUでの看護のポイント
    (担当:共編者 範囲:)
    照林社 2000年 10月 ISBN:4796527192
  • クリティカルケアと生体侵襲理論
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 肝不全患者での薬の使い方.
    研修医のための麻酔科領域薬剤の使い方,克誠堂出版 1995年
  • 代謝性(非呼吸性)アシドーシス.
    クリティカルケア・マニュアル 集中治療管理指針,秀潤社 1995年
  • 代謝性(非呼吸性)アルカローシス.
    クリティカルケア・マニュアル 集中治療管理指針,秀潤社 1995年
  • モニタリング.(共著)
    最新麻酔科学改訂第2版,克誠堂出版 1995年
  • COPDにおける人工呼吸管理.
    新版 人工呼吸療法 -各種人工呼吸器の特徴・適応・保守管理-,秀潤社 1996年
  • プロポフォールの長期投与と日内変動について
    実践プロポフォール鎮静Q&A,メディカス(株) 2000年
  • 末梢静脈カニュレーション
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 中心静脈カニュレーション
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 中心静脈圧モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 観血的動脈圧モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 肺動脈カテーテル挿入
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 肺動脈圧モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 左心房圧モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 混合静脈血酸素飽和度モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 心拍出量モニタリング
    クリティカルケアマニュアル,照林社 2000年
  • 周術期管理 肺外科
    集中治療医学,秀潤社 2001年
  • 人工呼吸器装着患者のケアのための知識・技術 感染予防.
    最新人工呼吸ケア,メヂカルフレンド社 2001年
  • 人工呼吸器装着患者のケアのための知識・技術 起こりやすい精神症状と精神的ケア.
    最新人工呼吸ケア,メヂカルフレンド社 2001年
  • 慢性呼吸不全と急性増悪.
    呼吸管理,医学図書出版 2002年
  • 麻酔.
    コア・カリキュラム対応 診療の基本,金芳堂 2002年
  • 日常生活援助のための看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 診療に伴う看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 成人看護に必要な看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 老年看護に必要な看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 小児疾患患者に必要な看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 母性看護に必要な看護数値(共著)
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 救急看護に必要な看護数値
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 主な単位記号(略号)と意味
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 臨床検査基準値
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 院内感染対策
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 略語・英和用語集
    最新 ケアにいかす看護数値の事典,照林社 2003年
  • 気管支拡張薬
    コメディカルのための呼吸療法マニュアル,メディカ出版 2003年
  • 総合的ICUにおける鎮静 -術後,外傷ならびに一般的な内科の患者-.
    ディプリバン鎮静の手引き,Excerpta Medica 2003年
  • 化学物質吸入による急性肺水腫
    ARDSのすべて,医歯薬出版 2004年

外部的資金

  • エンドトキシン肺障害
  • 敗血症性血液凝固・線溶障害
  • 人工呼吸下の至適鎮静
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • エンドトキシン肺障害
  • 敗血症性血液凝固・線溶障害
  • 人工呼吸下の至適鎮静

Works

  • 血液ガスの基礎と臨床 酸塩基平衡の実際
    発表年 : 1992年
  • ARDSの概念・発生機序と新薬開発のポイント
    発表年 : 1995年
  • ARDS(成人呼吸窮迫症候群)の概念
    発表年 : 1995年
  • Permissive Hypercapnia.
    発表年 : 1997年
  • 痛みの基礎知識と対処法.
    発表年 : 1998年
  • 特別講演 人工呼吸中の睡眠を考える-日内リズム(体内時計)の重要性
    発表年 : 2000年
  • 人工呼吸中の睡眠を考える -日内リズム(体内時計)の重要性
    発表年 : 2001年
  • 看護に生かす輸液ライン管理とモニタリングの知識.
    発表年 : 2002年
  • 集中治療の実際.
    発表年 : 2002年
  • 集中治療部の日常業務
    発表年 : 2003年
Worksを全て表示する
  • 血液ガスの基礎と臨床 酸塩基平衡の実際
    発表年 : 1992年
  • ARDSの概念・発生機序と新薬開発のポイント
    発表年 : 1995年
  • ARDS(成人呼吸窮迫症候群)の概念
    発表年 : 1995年
  • Permissive Hypercapnia.
    発表年 : 1997年
  • 痛みの基礎知識と対処法.
    発表年 : 1998年
  • 特別講演 人工呼吸中の睡眠を考える-日内リズム(体内時計)の重要性
    発表年 : 2000年
  • 人工呼吸中の睡眠を考える -日内リズム(体内時計)の重要性
    発表年 : 2001年
  • 看護に生かす輸液ライン管理とモニタリングの知識.
    発表年 : 2002年
  • 集中治療の実際.
    発表年 : 2002年
  • 集中治療部の日常業務
    発表年 : 2003年
  • 菌血症とカテーテル敗血症の起因菌の変遷
    発表年 : 2005年
  • 集中治療と総合医学
    発表年 : 2005年
  • 敗血症性ARDSに対するETX吸着療法の意義
    発表年 : 2005年
  • 呼吸管理の実際と最近の話題
    発表年 : 2005年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.