詳細検索はこちら

柳澤 健 ヤナギサワ ケン

所属部署名生化学講座構造生化学部門
職名教授ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/biochem/byotai/ken/yanagisawa.html

プロフィール

研究キーワード

    細胞増殖制御

研究分野

  • 生物科学 / 分子生物学
  • 基礎医学 / 医化学一般

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本生化学会
  • 日本癌学会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • ST2 gene products critically contribute to cellular transformation caused by an oncogenic Ras mutant.
    Tago K, Ohta S, Kashiwada M, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    Heliyon 3(10) e00436 2017年10月
  • STAT3 and ERK pathways are involved in cell growth stimulation of the ST2/IL1RL1 promoter.
    Tago K, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Aoki-Ohmura C, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    FEBS open bio 7(2) 293-302 2017年02月
  • ARIH2 Ubiquitinates NLRP3 and Negatively Regulates NLRP3 Inflammasome Activation in Macrophages.
    J Immunol 199(10) 3614-3622 2017年
  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Anti-inflammatory activity of flavonoids in Nepalese propolis is attributed to inhibition of the IL-33 signaling pathway.
    Funakoshi-Tago M, Okamoto K, Izumi R, Tago K, Yanagisawa K, Narukawa Y, Kiuchi F, Kasahara T, Tamura H
    International immunopharmacology 25(1) 189-198 2015年03月
  • NLRP3 regulates neutrophil functions and contributes to hepatic ischemia-reperfusion injury independently of inflammasomes.
    Inoue Y, Shirasuna K, Kimura H, Usui F, Kawashima A, Karasawa T, Tago K, Dezaki K, Nishimura S, Sagara J, Noda T, Iwakura Y, Tsutsui H, Taniguchi S, Yanagisawa K, Yada T, Yasuda Y, Takahashi M
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 192(9) 4342-4351 2014年05月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430(3) 969-974 2013年01月
  • YM-175 induces apoptosis of human native monocyte-lineage cells via inhibition of prenylation.
    Miwa A, Takezako N, Hayakawa H, Hayakawa M, Tominaga S, Yanagisawa K
    American journal of hematology 87(12) 1084-1088 2012年12月
  • Soluble ST2 protein inhibits LPS stimulation on monocyte-derived dendritic cells.
    Nagata A, Takezako N, Tamemoto H, Ohto-Ozaki H, Ohta S, Tominaga S, Yanagisawa K
    Cellular & molecular immunology 9(5) 399-409 2012年09月
  • ST2 gene expression is proliferation-dependent and its ligand, IL-33, induces inflammatory reaction in endothelial cells.
    Aoki S, Hayakawa M, Ozaki H, Takezako N, Obata H, Ibaraki N, Tsuru T, Tominaga S, Yanagisawa K
    Molecular and cellular biochemistry 335(1-2) 75-81 2010年02月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • ST2 gene products critically contribute to cellular transformation caused by an oncogenic Ras mutant.
    Tago K, Ohta S, Kashiwada M, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    Heliyon 3(10) e00436 2017年10月
  • STAT3 and ERK pathways are involved in cell growth stimulation of the ST2/IL1RL1 promoter.
    Tago K, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Aoki-Ohmura C, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    FEBS open bio 7(2) 293-302 2017年02月
  • ARIH2 Ubiquitinates NLRP3 and Negatively Regulates NLRP3 Inflammasome Activation in Macrophages.
    J Immunol 199(10) 3614-3622 2017年
  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Anti-inflammatory activity of flavonoids in Nepalese propolis is attributed to inhibition of the IL-33 signaling pathway.
    Funakoshi-Tago M, Okamoto K, Izumi R, Tago K, Yanagisawa K, Narukawa Y, Kiuchi F, Kasahara T, Tamura H
    International immunopharmacology 25(1) 189-198 2015年03月
  • NLRP3 regulates neutrophil functions and contributes to hepatic ischemia-reperfusion injury independently of inflammasomes.
    Inoue Y, Shirasuna K, Kimura H, Usui F, Kawashima A, Karasawa T, Tago K, Dezaki K, Nishimura S, Sagara J, Noda T, Iwakura Y, Tsutsui H, Taniguchi S, Yanagisawa K, Yada T, Yasuda Y, Takahashi M
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 192(9) 4342-4351 2014年05月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430(3) 969-974 2013年01月
  • YM-175 induces apoptosis of human native monocyte-lineage cells via inhibition of prenylation.
    Miwa A, Takezako N, Hayakawa H, Hayakawa M, Tominaga S, Yanagisawa K
    American journal of hematology 87(12) 1084-1088 2012年12月
  • Soluble ST2 protein inhibits LPS stimulation on monocyte-derived dendritic cells.
    Nagata A, Takezako N, Tamemoto H, Ohto-Ozaki H, Ohta S, Tominaga S, Yanagisawa K
    Cellular & molecular immunology 9(5) 399-409 2012年09月
  • ST2 gene expression is proliferation-dependent and its ligand, IL-33, induces inflammatory reaction in endothelial cells.
    Aoki S, Hayakawa M, Ozaki H, Takezako N, Obata H, Ibaraki N, Tsuru T, Tominaga S, Yanagisawa K
    Molecular and cellular biochemistry 335(1-2) 75-81 2010年02月
  • ST2 suppresses IL-6 production via the inhibition of IkappaB degradation induced by the LPS signal in THP-1 cells.
    Takezako N, Hayakawa M, Hayakawa H, Aoki S, Yanagisawa K, Endo H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 341(2) 425-432 2006年03月
  • Functional SNPs in the distal promoter of the ST2 gene are associated with atopic dermatitis.
    Shimizu M, Matsuda A, Yanagisawa K, Hirota T, Akahoshi M, Inomata N, Ebe K, Tanaka K, Sugiura H, Nakashima K, Tamari M, Takahashi N, Obara K, Enomoto T, Okayama Y, Gao PS, Huang SK, Tominaga S, Ikezawa Z, Shirakawa T
    Human molecular genetics 14(19) 2919-2927 2005年10月
  • T-helper type 2 cell-specific expression of the ST2 gene is regulated by transcription factor GATA-3.
    Hayakawa M, Yanagisawa K, Aoki S, Hayakawa H, Takezako N, Tominaga S
    Biochimica et biophysica acta 1728(1-2) 53-64 2005年04月
  • Molecular cloning of the chicken ST2 gene and a novel variant form of the ST2 gene product, ST2LV.
    Iwahana H, Hayakawa M, Kuroiwa K, Tago K, Yanagisawa K, Noji S, Tominaga S
    Biochimica et biophysica acta 1681(1) 1-14 2004年11月
  • A novel splice variant of mouse interleukin-1-receptor-associated kinase-1 (IRAK-1) activates nuclear factor-kappaB (NF-kappaB) and c-Jun N-terminal kinase (JNK).
    Yanagisawa K, Tago K, Hayakawa M, Ohki M, Iwahana H, Tominaga S
    The Biochemical journal 370(Pt 1) 159-166 2003年02月
  • Opposite regulation of the expression of cyclin-dependent kinase inhibitors during contact inhibition.
    J Biochem 125(1) 36-40 1999年
  • Studies on natural ST2 gene products in the human leukemic cell line UT-7 using monoclonal antihuman ST2 antibodies.
    Hybridoma 14(5) 419-427 1995年
  • The existence of a growth-specific DNA binding factor for the promoter region of mouse ST2 gene.
    FEBS Lett 354(3) 311-314 1994年
  • Guanosine diphosphatase is required for protein and sphingolipid glycosylation in the Golgi lumen of Saccharomyces cerevisiae.
    J Cell Biol 122(2) 307-323 1993年
  • Presence of a novel primary response gene ST2L, encoding a product highly similar to the interleukin 1 receptor type 1.
    FEBS Lett 318(1) 83-87 1993年
  • Identification of the product of the murine ST2 gene.
    Biochim Biophys Acta 1178(2) 194-200 1993年
  • Different factors bind to the regulatory region of the Na+,K(+)-ATPase alpha 1-subunit gene during the cell cycle.
    335(2) 251-254 1993年
  • Nucleotide sequence of a complementary DNA for human ST2.
    Biochim Biophys Acta 1171(2) 215-218 1992年
  • Murine ST2 gene is a member of the primary response gene family induced by growth factors.
    FEBS Lett 302(1) 51-53 1992年
  • A guanosine diphosphatase enriched in Golgi vesicles of Saccharomyces cerevisiae. Purification and characterization.
    J Biol Chem 265(31) 19351-19355 1990年
  • Purification and properties of GM2 synthase, UDP-N-acetylgalactosamine: GM3 beta-N-acetylgalactosaminyltransferase from rat liver.
    Biochim Biophys Acta 919(3) 213-220 1987年
  • Purification and properties of rat liver globotriaosylceramide synthase, UDP-galactose:lactosylceramide alpha 1-4-galactosyltransferase.
    J Biol Chem 260(8) 4908-4913 1985年
  • Globoside and Forssman synthases in human lymphocytes exposed to Epstein-Barr virus and mitogens.
    J Natl Cancer Inst 74(3) 563-568 1985年
  • Glycosphingolipids of equine erythrocytes membranes: complete characterization of a fucoganglioside.
    Adv Exp Med Biol 174 111-117 1984年

MISC

  • 自然免疫と臨床疾患 ST2遺伝子と病気
    富永 眞一, 早川 裕子, 早川 盛禎, 柳沢 健
    補体シンポジウム講演集 45 89-89 2008年07月
  • IL-1のシグナル伝達系におけるIRAK1-Sの機能
    柳沢 健, 早川 盛禎, 富永 眞一
    生化学 74(8) 930-930 2002年08月
  • ニワトリST2遺伝子のゲノム構造とその発現について
    岩花 弘之, 早川 盛禎, 多胡 憲治, 柳沢 健, 富永 眞一
    生化学 73(8) 1056-1056 2001年08月
  • マウスT細胞におけるST2遺伝子の発現調節
    早川 盛禎, 柳沢 健, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 73(8) 706-706 2001年08月
  • IRAK-1の選択的スプライシングバリアントの発現と機能
    柳沢 健, 多胡 憲治, 早川 盛禎, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 73(8) 731-731 2001年08月
  • ST2LV:ST2遺伝子産物の新しいバリアントについて
    岩花 弘之, 早川 盛禎, 柳沢 健, 多胡 憲治, 黒岩 憲二, 芳賀 靖, 増沢 紀男, 野地 澄晴, 冨永 眞一
    生化学 72(8) 1031-1031 2000年08月
  • ST2の新規splicing variant,ST2Vは細胞膜表面に局在する
    多胡 憲治, 黒岩 憲二, 李 紅杰, 柳沢 健, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 72(8) 1030-1030 2000年08月
  • 増殖刺激時のBALB/c-3T3細胞における血管内皮細胞増殖因子のprimary responseによる発現
    柳沢 健, 黒岩 憲二, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 内田 広夫, 富永 眞一
    自治医科大学紀要 22 87-94 1999年12月
  • 【T細胞機能と細胞内分子】 ST2遺伝子産物とhelper T細胞
    柳沢 健, 富永 眞一
    臨床免疫 32(5) 513-517 1999年11月
  • ヒト膜在型ST2 cDNAのクローニングと組織における発現
    李 紅杰, 柳沢 健, 黒岩 憲二, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 新井 孝夫, 富永 眞一
    生化学 71(8) 1058-1058 1999年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 自然免疫と臨床疾患 ST2遺伝子と病気
    富永 眞一, 早川 裕子, 早川 盛禎, 柳沢 健
    補体シンポジウム講演集 45 89-89 2008年07月
  • IL-1のシグナル伝達系におけるIRAK1-Sの機能
    柳沢 健, 早川 盛禎, 富永 眞一
    生化学 74(8) 930-930 2002年08月
  • ニワトリST2遺伝子のゲノム構造とその発現について
    岩花 弘之, 早川 盛禎, 多胡 憲治, 柳沢 健, 富永 眞一
    生化学 73(8) 1056-1056 2001年08月
  • マウスT細胞におけるST2遺伝子の発現調節
    早川 盛禎, 柳沢 健, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 73(8) 706-706 2001年08月
  • IRAK-1の選択的スプライシングバリアントの発現と機能
    柳沢 健, 多胡 憲治, 早川 盛禎, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 73(8) 731-731 2001年08月
  • ST2LV:ST2遺伝子産物の新しいバリアントについて
    岩花 弘之, 早川 盛禎, 柳沢 健, 多胡 憲治, 黒岩 憲二, 芳賀 靖, 増沢 紀男, 野地 澄晴, 冨永 眞一
    生化学 72(8) 1031-1031 2000年08月
  • ST2の新規splicing variant,ST2Vは細胞膜表面に局在する
    多胡 憲治, 黒岩 憲二, 李 紅杰, 柳沢 健, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 72(8) 1030-1030 2000年08月
  • 増殖刺激時のBALB/c-3T3細胞における血管内皮細胞増殖因子のprimary responseによる発現
    柳沢 健, 黒岩 憲二, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 内田 広夫, 富永 眞一
    自治医科大学紀要 22 87-94 1999年12月
  • 【T細胞機能と細胞内分子】 ST2遺伝子産物とhelper T細胞
    柳沢 健, 富永 眞一
    臨床免疫 32(5) 513-517 1999年11月
  • ヒト膜在型ST2 cDNAのクローニングと組織における発現
    李 紅杰, 柳沢 健, 黒岩 憲二, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 新井 孝夫, 富永 眞一
    生化学 71(8) 1058-1058 1999年08月
  • ニワトリST2遺伝子の胎生期における発現
    岩花 弘之, 柳沢 健, 多胡 憲治, 黒岩 憲二, 芳賀 靖, 増沢 紀男, 野地 澄晴, 富永 眞一
    生化学 71(8) 942-942 1999年08月
  • Donor Specific Transfusion(DST)による免疫寛容誘導のメカニズム(I) alpha-2 macroglobulinの同定とその免疫抑制効果
    内田 広夫, 小林 英司, 鬼頭 康彦, 水田 耕一, 藤村 昭夫, 河原崎 秀雄, 橋都 浩平, 柳沢 健, 富永 眞一
    移植 33(総会臨時) 163-163 1998年10月
  • ヒトST2遺伝子の2つのプロモーターの細胞株による使い分け
    岩花 弘之, 柳沢 健, 小坂 明子, 黒岩 憲二, 小松 則夫, 富永 眞一
    生化学 70(8) 1077-1077 1998年08月
  • マウス線維芽細胞BALB/c-3T3におけるVEGFの発現様式
    柳沢 健, 多胡 憲治, 岩花 弘之, 富永 眞一
    生化学 70(8) 977-977 1998年08月
  • エリスロマイシン長期投与ラット肺胞マクロファージからのサイトカイン産生の変化
    51(Suppl.A) 128-130 1998年
  • 接触阻止へのCyclin dependent kinase inhibitorsの関与
    柳沢 健
    生化学 69(7) 734-734 1997年07月
  • 血液系細胞,特にヘルパーT細胞におけるST2(L)(IL-1受容体類似orphan receptor)の発現
    柳沢 健
    生化学 67(7) 779-779 1995年07月
  • IL-1受容体類似のorphan receptor,ST2Lに関する研究
    柳沢 健
    生化学 66(7) 991-991 1994年07月
  • 受容体型ST 2;細胞増殖開始過程で特異的に発現されるIL-1受容体類似のcDNAのクローニング
    柳沢 健
    生化学 64(8) 904-904 1992年08月
  • 糖代謝におけるヌクレオチドの意義;糖ヌクレオチドの輸送と代謝
    蛋白質核酸酵素 37(11) 1992年
  • 細胞増殖開始過程におけるマウスST2遺伝子の発現様式
    柳沢 健
    生化学 63(8) 744-744 1991年08月
  • ラット寒天肉芽腫大顆粒画分の蛋白質生合成について
    柳沢 健
    生化学 59(8) 941-941 1987年08月
  • ガングリオシドGM2合成酵素(UDP-N-アセチルガラクトサミン:GM3β1→4N-アセチルガラクトサミン転移酵素)の精製と諸性質
    柳沢 健
    北海道医学雑誌 60(5) 662-670 1985年09月
  • Ganglioside GM2合成酵素(UDP-GalNAc, GM3, B1→4:N-アセチルガラクトサミン転移酵素)の精製と諸性質
    柳沢 健
    生化学 56(9) 1204-1204 1984年09月
  • Ganglioside GM2合成酵素(UDP-Gal NAc:GM3 β 1→4 Gal NAc転移酵素)の精製と諸性質
    柳沢 健
    生化学 56(8) 871-871 1984年08月

外部的資金

  • IL-1受容体I型に類似するorphan receptor,ST2Lの生物的機能について.
  • 接触阻害に関与するサイクリン依存性キナーゼ阻害因子
  • 接触阻害、 ST2
  • 接触阻害、ST2
  • 接触阻害、ST2
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • IL-1受容体I型に類似するorphan receptor,ST2Lの生物的機能について.
  • 接触阻害に関与するサイクリン依存性キナーゼ阻害因子
  • 接触阻害、 ST2
  • 接触阻害、ST2
  • 接触阻害、ST2


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.