研究者総覧

奥田 浩 (オクダ ヒロシ)

  • 数学 教授
メールアドレス: okudahirjichi.ac.jp
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ベイズの定理   ゲノム医療   数理遺伝学   Rh変異型   Rh genotyping法   組換え   Rh式血液型システム   分子進化   orthologous RH gene superfamily   染色体マッピング   塩基置換・gap   多型   RH superfamily   マイクロサテライト多型   自己免疫性溶血性貧血   ラットABOオーソログ   RH遺伝子   トランスジェニックラット   

研究分野

  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 総合診療
  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学
  • ライフサイエンス / 法医学
  • ライフサイエンス / 遺伝学
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学

経歴

  • 2010年04月 - 現在  自治医科大学 数学(兼)総合診療内科(兼)人類遺伝学医学部教授
  • 2009年09月 - 2010年03月  自治医科大学 数学(兼)総合診療内科(兼)人類遺伝学学内教授
  • 2005年04月 - 2009年08月  自治医科大学 数学(兼)法医学・人類遺伝学(兼)総合診療部
  • 2001年10月 - 2005年03月  自治医科大学 数学(兼)法医学・人類遺伝学(兼)総合診療部助教授
  • 2000年04月 - 2001年09月  自治医科大学 数学(兼)法医学・人類遺伝学助教授
  • 1999年04月 - 2000年03月  自治医科大学 法医学・人類遺伝学講師
  • 1996年04月 - 1999年03月  自治医科大学 法医学・人類遺伝学助手
  • 1994年04月 - 1995年03月  国保智頭病院内科勤務
  • 1993年04月 - 1994年03月  鳥取県立中央病院内科勤務
  • 1991年04月 - 1993年03月  国保赤碕診療所勤務
  • 1989年04月 - 1991年03月  国保岩美病院内科勤務
  • 1988年04月 - 1989年03月  鳥取県立中部健康増進センター勤務
  • 1986年04月 - 1988年03月  鳥取県立中央病院勤務(初期研修)
  • - 1986年05月  医師免許取得(1986年5月28日)
  • - 1986年03月  自治医科大学・卒業

研究活動情報

論文

  • Sho Sugiyama, Yong Hwa Chong, Masayuki Shito, Manami Kasuga, Tsuyoshi Kawakami, Chihiro Udagawa, Hiroshi Aoki, Makoto Bonkobara, Shuichi Tsuchida, Atsushi Sakamoto, Hiroshi Okuda, Atsushi Nagai, Toshinori Omi
    LEGAL MEDICINE 15 6 303 - 309 2013年11月 [査読有り][通常論文]
     
    To develop DNA markers for forensic analysis, we examined the hypervariable region 1 (HVR1) sequences of 447 pure-bred domestic dogs (Canis lupus familiaris) that had been bred and raised in Japan. HVR1 is a 660-bp stretch of mitochondrial (mt) DNA. Among the 447 HVR1 sequences examined, we identified 58 haplotypes from 47 single nucleotide polymorphisms (SNPs) and two insertion-deletion (InDel) polymorphisms. The haplotype diversity inferred from inter-breed analysis (N = 154, 88 breeds) was 0.929 +/- 0.011. Intra-breed analysis showed that the haplotype diversity of Golden Retrievers (N = 53), Labrador Retrievers (N = 67), Miniature Dachshunds (N = 61), Toy Poodles (N = 62), and Welsh Corgis (N = 50) was 0.624 +/- 0.052, 0.722 +/- 0.029, 0.922 +/- 0.010, 0.877 +/- 0.020, and 0.443 +/- 0.084, respectively. The results of this genotype analysis were used to construct a dataset consisting of dog mtDNA HVR1 sequences for use in forensic applications in Japan. (C) 2013 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 我が国で飼育されているイヌのmtDNA HV1ハプロタイプの検出(第1報)
    杉山 将, 鄭 英和, 市東 正幸, 河上 剛, 宇田川 智野, 近江 俊徳, 盆子原 誠, 奥田 浩, 土田 修一
    DNA多型 19 56 - 58 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Maki Kumada, Munkhtulga Lkhagvasuren, Nanami Utsumi, Toshinori Omi, Takaya Gotoh, Toyomi Kamesaki, Hiroshi Okuda, Eiji Kajii, Sadahiko Iwamoto
    COMMUNITY GENETICS 11 3 150 - 159 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: The aim of the study was to investigate genetic heterogeneity among local Japanese populations. Methods: We performed a single nucleotide polymorphism (SNP) study of four demographically distinct local populations (population 1: a large city; population 2: isolated islands; populations 3 and 4: rural areas). Seventy SNPs in a region spanning 5 Mb of chromosome 17 known to be a candidate region for essential hypertension were genotyped and linkage disequilibrium analyses were performed. Results: Statistical analyses of SNP allele frequencies and haplotype distribution showed significant divergence among the populations, mostly between population 2 and the other populations. Pairwise D' declined with increasing population size, and smaller populations retained a high linkage disequilibrium. Conclusion: Population 2 is likely to have a different ancestry from the majority of the Japanese population, whereas the heterogeneity among the other populations may result from differences in population size or geographic background. Copyright (C) 2008 S. Karger AG, Basel.
  • An intronic variable number of tandem repeat polymorphisms of the cold-induced autoinflammatory syndrome 1 (CIAS1) gene modifies gene expression and is associated with essential hypertension.
    Omi T, Kumada M, Kamesaki T, Okuda H, Munkhtulga L, Yanagisawa Y, Utsumi N, Gotoh T,Hata A, Soma M, Umemura S, Ogihara T, Takahashi N, Tabara Y,Shimada K, Mano H, Kajii E,Miki T,Iwamoto S.
    Eur J Hum Genet. 14 12 1295 - 1305 2006年 [査読有り][通常論文]
  • H Suganuma, M Kumada, T Omi, T Gotoh, M Lkhagvasuren, H Okuda, T Kamesaki, E Kajii, S Iwamoto
    FEBS JOURNAL 272 11 2696 - 2704 2005年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The rhesus (Rh) blood group antigens are of considerable importance in transfusion medicine as well as in newborn or autoimmune hemolytic diseases due to their high antigenicity. We identified a major DNaseI hypersensitive site at the 5' flanking regions of both RHD and RHCE exon 1. A 34 bp fragment located at -191 to -158 from a translation start position, and containing the TCCCCTCCC sequence, was involved in enhancing promoter activity, which was assessed by luciferase reporter gene assay. A biotin-labelled 34 bp probe isolated an mRNA transporter protein, Aly/REF. The specific binding of Aly/REF to RH promoter in erythroid was confirmed by chromatin immunoprecipitation assay. The silencing of Aly/REF by siRNA reduced not only the RH promoter activity of the reporter gene but also transcription from the native genome. These facts provide second proof of Aly/REF as a transcription coactivator, initially identified as a coactivator for the TCR alpha enhancer function. Aly/REF might be a novel transcription cofactor for erythroid-specific genes.
  • ヒトおよびブタで同定された新規のPPARGスプライシングバリアント
    近江俊徳, ルハクワスレン ムンフトルガ, 熊田真樹, 後藤孝也, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    DNA多型 13 263 - 265 2005年 [査読無し][通常論文]
  • ブタRhesus (RH)遺伝子のcDNAクローニング, マッピング, 多型性解析
    近江俊徳, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦, Voegeli P, Stranzinger G, Neuenshwander S
    DNA多型 12 262 - 263 2004年 [査読無し][通常論文]
  • ラットABO ホモログの遺伝子重複とその多型
    岩本禎彦, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩
    DNA 多型 11 38 - 41 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Sadahiko Iwamoto, Toyomi Kamesaki, Maki Kumada, Toshinori Omi, Hiroshi Okuda, Tsuyoshi Hasegawa, Shinji Sakurai, Eiji Kajii
    Legal Medicine 5 4 246 - 250 2003年 [査読有り][通常論文]
     
    We report a clinical mishap based on sample contamination of cytological specimens. Bronchial lavage fluid collected from three male patients was submitted to a pathological institute for cytological diagnosis and to the clinical laboratory in the hospital for tuberculosis screening. Cytological slides of two patients were diagnosed as lung adenocarcinoma and lobectomy was carried out on one patient. However, diagnosis of the surgical specimen was tuberculoma. To resolve the discrepancy, genome DNA was isolated from patients' blood, cytological slide glasses and the mycobacterial culture tubes. Analysis of mitochondrial hyper-variable sequence and microsatellite revealed sample contamination in the cytological slide of the tuberculoma patient. DNA from the mycobacterial culture tubes showed identical results with the cytological slides, suggesting that the contamination occurred at the bed-side. Preservation of part of cytological specimen will be a help to avoid dispute between pathological laboratory and hospital over responsibility of incident. © 2003 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • A novel mutation in the RHD gene in Japanese individuals with weak D, encoding an amino acid change in the 11th transmembranous domain of the RhD protein transmembranous portion of the RhD protein.
    Kamesaki T, Kumada M, Omi T, Okuda H, Iwamoto S, Takahashi J, Kimura K, Hirayama F, Kamata H, Obara K, Taniguchi M, Tani Y, Kajii E
    Vox Sang 84 141 - 141 2003年 [査読有り][通常論文]
  • S Iwamoto, M Kumada, T Kamesaki, H Okuda, E Kajii, T Inagaki, D Saikawa, K Takeuchi, S Ohkawara, R Takahashi, S Ueda, S Inoue, K Tahara, Y Hakamata, E Kobayashi
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 277 48 46463 - 46469 2002年11月 [査読有り][通常論文]
     
    We cloned a rat ABO homologue and established human A- and B-transferase transgenic rats. A DNA fragment corresponding to exon 7 of the human ABO gene was amplified from Wistar rat genomic DNA and sequenced. Using the amplified fragments as a probe for Southern blotting, multiple hybridized bands appeared on both EcoRI- and BamHI-digested genomes of seven rat strains, which showed variations in the band numbers among the strains. Four cDNAs were cloned from a Wistar rat, three of which showed A-iransferase activity and one of which showed B-transferase activity. These activities were dependent on the equivalent residues at 266 and 268 of human ABO transferase. Wild Wistar rats expressed A-antigen in salivary gland, intestine, and urinary bladder tissue, but B-antigen was not stained in any organs studied, whereas a transcript from the ABO homologue with B-transferase activity was ubiquitous. Human A-transferase and B-transferase were transferred into Wistar rats. A-transgenic rats expressed A-antigen in ectopic tissue of the brain plexus, type II lung epithelium, pancreas, and epidermis. B-antigen in the B-transgenic rat was expressed in the same organs as A-transgenic rats. These results may shed light on the function and evolution of the ABO gene in primates.
  • 日本人Weak D 6例の分子遺伝学的解析
    亀崎豊実, 岩本禎彦, 奥田浩, 梶井英治, 高橋順子, 木村恵子, 平山文也, 谷慶彦, 鎌田博子, 小原健良, 谷口万里子
    DNA多型 10 186 - 190 2002年 [査読無し][通常論文]
  • The evolution and formation of RH genes.
    Okuda H, Kajii E
    Legal Medicine 4 139 - 155 2002年 [査読有り][通常論文]
  • Isolation, characterization, and family study of a novel partial D named DTI affecting the fourth external loop of the RhD polypeptides.
    Omi T, Takahashi J, Seno T, Tanaka M, Hirayama F, Matsuo M, Ueda, N, Ohar R, Okuda H, Iwamoto S, Tani Y, Kajii E
    Transfusion 42 481 - 489 2002年 [査読有り][通常論文]
  • T Kamesaki, S Iwamoto, M Kumada, T Omi, H Okuda, M Tanaka, J Takahashi, K Obara, T Seno, Y Tani, E Kajii
    VOX SANGUINIS 81 4 254 - 258 2001年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and Objectives Mutations detected in 161 weak D samples from Caucasians have been classified into 16 types. Because flow cytometry using monoclonal anti-D antibodies (mAbs) has shown that weak D red cells display type-specific antigen density, these mutations in transmembranous regions have been assigned weak D phenotypes. The present study attempts to confirm or refute this assignment. Materials and Methods We amplified DNA from four Japanese weak D samples using the polymerase chain reaction (PCR), and directly sequenced the amplified DNA. Using site-directed mutagenesis, we constructed three vectors expressing mutant RHDs - G212C, V270G (weak D type 1) and G358A (type 2) - in K562 cells. The expression of RhD antigens was examined by flow cytometry using mAbs. Results A new mutation resulting in a conversion at amino acid residue 212 (Gly to Cys) was detected in a Japanese weak D sample. K562 cells transduced with mutant RhD cDNA reacted weakly in a type-specific manner with mAbs. Conclusions The mutations - G212C (new weak D type), V270G (weak D type 1) and G358A (type 2) - in transmembranous regions had obvious effects on the D epitopes recognized by mAbs. The results of this study provide direct evidence that these mutations can account for weak D phenotypes.
  • S Iwamoto, T Kamesaki, T Oyamada, H Okuda, M Kumada, T Omi, J Takahashi, Y Tani, M Omine, E Kajii
    AMERICAN JOURNAL OF HEMATOLOGY 68 2 106 - 114 2001年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The specificity of autoantibodies in autoimmune hemolytic anemia (AlHA) has been studied using the serological procedure and immunoprecipitation technique with rare phenotype red cells. We attempted to analyze specificity using recombinant rhesus (Rh) blood group and band3 antigens expressed on erythroleukemic cell lines, KU812E. The autoantibody eluates were isolated by the acid elution procedure from the red cells of 20 ANA patients. The recombinant Rh antigens, RhD, cE, ce, CE, and chimera antigens CE-D and D-CE, were obtained by retroviral cDNA transduction into KU812E cells, and the cell line expressing the antigens was cloned. Band3 cDNA was also obtained and introduced into KU812E and cloned KU812 expressing RhcE. The reactivities of ANA eluates with recombinant Rh and band3 antigens were studied by flow cytometry. Fifteen eluates reacted with at least one of the RhcE, ce, or CE antigens, and four eluates reacted with RhD. Seven eluates with strong Rh specificity were studied further using chimera antigen. Five eluates showed reduced or lost reactivity, although two eluates reacted identically with the chimera antigens as wild type. These results indicated that conformational epitopes constituted by RhD or CE specific exofacial peptide loops are important for autoantibodies in most cases. Seven eluates reacted with band3, five exclusively, The coexpression study of RhcE and band3 did not enhance the expression of either antigen nor the reactivity with patient eluates, indicating that association of Rh and band3 was not involved in the appearance of autoantigen. Am. J. Hematol. 68:106-114, 2001. (C) 2001 Wiley-Liss, Inc.
  • Rh抗原発現制御メカニズムの解析
    梶井英治, 岩本禎彦, 小山田隆, 亀崎豊実, 奥田浩, 熊田真樹, 小峰光博
    厚生科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)特発性造血障害に関する研究班 平成12年度研究業績報告書 102 - 103 2001年 [査読無し][通常論文]
  • RH遺伝子の分子進化学的解析
    奥田浩, 菅沼弘, 津戸直樹, 熊田真樹, 亀崎豊実, 近江俊徳, 岩本禎彦,梶井英治
    DNA多型 9 220 - 225 2001年 [査読無し][通常論文]
  • S Iwamoto, H Suganuma, T Kamesaki, T Omi, H Okuda, E Kajii
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 275 35 27324 - 27331 2000年09月 [査読有り][通常論文]
     
    fRhesus-associated glycoprotein is a critical co-factor in the expression of rhesus blood group antigens. We identified and cloned an erythroid-specific major DNase I-hypersensitive site located about 10 kilobases upstream from the translation start site of the RHAG gene. A short core enhancer sequence of 195 base pairs that corresponded with the major hypersensitive site and possessed position- and orientation-independent enhancer activity in K562 cells. In vitro DNase I footprint analysis revealed four protected regions in the core enhancer; two GATA motifs, an Ets-like motif and an unknown motif. The GATA motifs bound GATA-1 and mutagenesis analysis revealed that the proximal one is critical for the enhancing activity. Homology plot analysis using the 5' sequence of the mouse RHAG gene revealed four homologous stretches and multiple insertions of repetitive sequences among them; four LINE/L1 and four Alu in the human and as well as one LINE/L1 and one LTR/MaLR in the mouse gene. The highly conservative enhancer region was flanked by SINE and LINE/L1 in both species. These results suggest that the 5'-flanking sequence of RHAG gene is a preferable target sequence for retroviral transposition and that the enhancer was inserted in the same manner, resulting in the acquisition of erythroid dominant expression.
  • H Okuda, H Suganuma, T Kamesaki, M Kumada, N Tsudo, T Omi, S Iwamoto, E Kajii
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 274 3 670 - 683 2000年08月 [査読有り][通常論文]
     
    dWe determined the entire nucleotide sequences of all introns within the RHD and RHCE genes by amplifying genomic DNA using long PCR methods. The RND and RHCE genes were 57,295 and 57,831 bp in length, respectively. Aligning both genes revealed 138 gaps (insertions and deletions) below 100 bp, 1116 substitutions in all introns and all exons (coding region), and 5 gaps of over 100 bp. Homologies (%) between the RH genes were 93.8% over all introns and coding exons and 91.7% over all exons and introns. Various short tandem repeats (STRs) and many interspersed nuclear elements were identified in both genes. The proportions of Alu sequences in the RHD and RHCE genes were 25.9 and 25.7%, respectively and these Alu sequences were concentrated in several regions. We confirmed multiple recombinations in introns 1 and 2, Such multiple recombination, which probably arose due to the concentrations of Alu sequences and the high level of the homology (%), is one of most important factors in the formation and evolution of RH gene. The variability of the Rh system may be generated because of these features of RH genes. Apparent mutational hotspots and regions with low of K values (the numbers of substitutions per nucleotide site) caused by recombinations as well as true mutational hotspots may be found in human genome. Accordingly, in searching for and identifying single nucleotide polymorphisms (SNPs) especially in noncoding regions, apparent mutational hotspots and areas of low K values by recombination should be noted since the unequal distribution of SNPs will reduce the power of SNPs as genetic maker. Combining the complete sequences' data of both RH genes with serological findings will provide beneficial information with which to elucidate the mechanism of recombination, mutation, polymorphism, and evolution of other genes containing the RH gene as well as to analyze Rh variants and develop new methods of Rh genotyping. (C) 2000 Academic Press.
  • M Kato-Yamazaki, H Okuda, M Kawano, T Omi, T Iwamoto, T Ishimori, H Hasekura, E Kajii
    TRANSFUSION 40 5 617 - 618 2000年05月 [査読有り][通常論文]
  • T Omi, H Okuda, S Iwamoto, E Kajii, J Takahashi, M Tanaka, Y Tani
    TRANSFUSION 40 2 256 - 258 2000年02月 [査読有り][通常論文]
  • DVa(Partial D)表現型のエピトープマッピング
    近江俊徳,高橋順子,瀬尾たい子,田中光信,亀崎豊実,奥田浩,岩本禎彦,谷 慶彦,梶井英治
    DNA多型 8 203 - 206 2000年 [査読無し][通常論文]
  • H Okuda, H Fujiwara, T Omi, S Iwamoto, M Kawano, T Ishida, S Nomura, S Fukuhara, A Nagai, Ohya, I, E Kajii
    JOURNAL OF HUMAN GENETICS 45 3 142 - 153 2000年 [査読有り][通常論文]
     
    In a family study of a Japanese propositus with the D-- phenotype, the serological data of her D-phenotype and those of her parents were discrepant. Gene analysis of the propositus showed a gross deletion of the RI-ICE gene and a new rearrangement of RHCE to yield the CE-D-CE hybrid. It was demonstrated that the hybrid CE-D-CE gene consisted of exon 1 from the RHCE gene, followed by exons 3 to 7 from the RHD gene and exons 8 to 10 from the RHCE gene. However, whether or not exon 2 of the RND or the RHCE gene was contained in the CE-D-CE gene remained unclear. Moreover, spacer analysis be tween both RN genes and the family study suggested that the D-- gene complex from the paternal and maternal sides consisted of only the CE-D-CE hybrid gene and a single RHD gene, respectively. For the purpose of confirming the parent-child relationship, a paternity test using DNA fingerprint and polymerase chain reaction (PCR) analysis at the D1S80 locus were performed, DNA fingerprints with two kinds of DNA minisatellite probes (33.15 and 33.6) confirmed that the parent-child relationship in the D-propositus was compatible. However, in the present case, at the D1S80 locus, the PCR product derived from the mother was lacking, thereby negating a parent-child relationship, it is probable that the RH genes and D1S80 locus exist in close proximity, because they are situated in chromosomes Ip 34.3-36.1 and Ip 36.1-36.3, respectively. These data suggested that at the stage of gametogenesis, both the RHCE gone and the D1S80 locus from the maternal side may have been deleted, thereby producing the D-- gene complex.
  • H Okuda, H Suganuma, N Tsudo, T Omi, S Iwamoto, E Kajii
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 263 2 378 - 383 1999年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Numerous variants of the Rh blood group system, discovered by Levine and Stetson in 1939, have been detected and more than forty antigens have been identified. By performing the molecular genetic analysis of the introns as well as the exons in both RH genes, it was elucidated that Rh variants were generated by gene conversion or recombination, deletions, or mutations. For understanding the generation of many Rh variants and Rh antigens in detail, it is necessary to analyze not only the RHCE and RHD genes but also the structure and the physical distance between both these RH genes. In order to achieve the aforesaid purpose, the spacer region between the RHD and RHCE genes were amplified by the long PCR method. Therefore the full spacer region was determined to be 12159 bp in length and contained the Alu consensus sequences and the putative CpG island. It was probable that the duplication of both RH genes occurred within about 12 kb region. Analysis of the spacer region provides new information for the research on the transcription-control region, the molecular evolution of RH genes, Rh variants, and the deletion of the RHD gene in Rh blood group system. (C) 1999 Academic Press.
  • H Fujiwara, H Okuda, T Omi, S Iwamoto, Y Tanaka, J Takahashi, Y Tani, H Minakami, S Araki, Sato, I, E Kajii
    HUMAN GENETICS 104 4 301 - 306 1999年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We identified simple-sequence repeat polymorphisms in intron 8 of the RHD and RHCE genes, both of which contained the 5-bp repeat unit (AAAAT)n. We analyzed the polymorphisms of this short tandem repeat (STR) in 104 Japanese RhD-positive and 124 RhD-negative (87 RHD gene negative and 37 nonfunctional RHD gene positive) donors by the polymerase chain reaction (PCR) and subsequent typing by electrophoresis and silver staining. We found five alleles (10, 11, 12, 13, and 14 repeats) in the RHD gene and four (7, 8, 9, and 10 repeats) in the RHCE gene. The Rh phenotypes were closely associated with polymorphisms of the STR. The Ce allele had 12 repeats in the RHD gene and 9 repeats in the RHCE gene at high frequency. The cE allele frequently had 10-12 repeats in the RHD gene and 10 repeats in the RHCE gene. The 10 repeats in the RHCE gene were identified exclusively in the 87 RHD gene-negative donors and 9 repeats were identified only in those with the RhC antigen. These results indicate that both haplotypes of dce and dcE arose from single RHD gene deletion and recombination events, respectively. In the 37 RhD-negative donors with a nonfunctional RHD gene, 12 repeats in the RHD gene and 9 repeats in the RHCE gene were frequently observed. Thus, the RhD-negative with a nonfunctional RHD gene combination might have arisen from the DCe haplotype via a mutation that abolished RHD gene expression. These findings suggest that the STR polymorphisms might shed light upon the molecular evolution of RH haplotypes.
  • T Omi, J Takahashi, N Tsudo, H Okuda, S Iwamoto, M Tanaka, T Seno, Y Tani, E Kajii
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 254 3 786 - 794 1999年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Within the Rh blood group, the partial D phenotype is a well known RhD variant, that induces Rh-incompatible blood transfusion and hemolytic diseases in the newborn. The partial D category D-Va phenotype (D-Va Kou.) results from a hybrid of RhD-CE-D transcript, We demonstrated a genomic organization of the hybrid RHD-CE-D gene leading to the D-Va phenotype, and showed that the D-Va gene were generated from gene conversion between the RHD and the RHCE genes in relatively small regions. This study also revealed that the presence of a new partial D associated with the D-Va phenotype, which we termed the D-Va-like phenotype, In this phenotype, five RHD-specific nucleotides were replaced with the corresponding RHCE-derived nucleotides on the exon 5 of the RHD gene. In addition, two variants of the mutated RHD genes at nucleotide 697 were revealed in the RhD variant samples. These results will provide useful information for future research into the diversification of the Rh polypeptides. (C) 1999 Academic Press.
  • Rh式---型とregulator typeのRhnull型の分子遺伝学的解析
    山崎 昌子, 奥田 浩, 河野 正樹, 近江 俊徳, 岩本 禎彦, 梶井 英治, 福田 さと子, 長谷川 倫子, 石森 崇平, 支倉 逸人.
    日本輸血学会雑誌 45 6 826 - 827 1999年 [査読有り][通常論文]
  • S Iwamoto, M Yamasaki, M Kawano, H Okuda, T Omi, J Takahashi, Y Tani, M Omine, E Kajii
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY 68 3 257 - 268 1998年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Rh blood group antigens are associated with non-glycosylated human erythrocyte membrane proteins encoded by two closely related genes, RHCE and RHD, and with a glycoprotein, a critical co-er;pressing factor encoded by the RH50 gene. The sequence analysis of RHCE transcripts has revealed that RhE/e and C/c serological phenotypes are associated with a nucleotide substitution in exon 5 and six substitutions in exons 1 and 2 of RHCE gene, respectively. Smythe et al, have shown that the full length transcript of RhcE gene expressed c and E antigens and the transcript of RhD gene expressed D and G antigens, using retroviral-mediated gene transduction into K562 cells. We performed an epitope analysis of Rh antigen by constructing retroviral gene coding six RH cDNAs, which contain RhcE, ce, CE and D cDNAs, and CE-D, D-CE chimera cDNAs. The cDNAs were introduced into KU812E cells and the expressed antigens were analyzed by flow cytometry. These studies revealed that the C/c and E/e associated substitutions actually participated in respective polymorphic epitopes. However, the C antigen was not detected on the KU812E cells introduced with CE cDNA, despite E antigen being expressed. The study with the chimera gene between CE and D cDNAs also indicated that the Rh epitopes were not constructed with short polymorphic exofacial peptide loops only but also with other peptide fragments and membrane components. Go-expression studies of Rh50 and RhD or cE gene in non-erythroid cells, 293, and expression studies of Rh50 in another erythroid cell, HEL, did not show any Rh antigens on the transduced cells, despite the Northern blot study showing both transcripts in the cells. It was suggested that at least a second co-expressing factor was needed to express RhCE or D antigens on the plasma membrane. (C) 1998 Elsevier Science Ireland Ltd. All rights reserved.
  • Rh血液型システムにおけるRhD(-)ならびにD--表現型の分子遺伝学的背景に関する研究.(医学博士論文)
    奥田浩
    1998年05月 [査読有り][通常論文]
  • M Kawano, S Iwamoto, H Okuda, S Fukuda, N Hasegawa, E Kajii
    ANNALS OF HUMAN GENETICS 62 107 - 113 1998年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Rh-null its a syndrome serologically characterized by the deficiency of all Rh antigens on human red blood cells. Rh-null is divided into two types: regulator and amorph. Recently, Cherif-Zahar et al. proposed:that the RHAG gene encoding the Rh50 glycoprotein is a candidate for inducing regulator type Rh-null. We investigated both the RH and RHAG genes in an Rh-null individual. The reticulocytes from the propositus had RHD, RHcE, and RHCe transcripts without any mutation. However, the sequence analysis of RHAG cDNA showed a deletion of 122 bp from nucleotide 946 to 1067. This deletion Tvas revealed to be due to a homozygous splicing mutation, which is a single base substitution at the consensus sequence of the splicing acceptor site (AG --> AT). The mutation appeared to break the 'GT-AG' splicing rule and to cause 122 bp exon skipping accompanied by a frameshift. This study confirms that the RHAG gene is the most likely candidate for the 'regulator' gene of Rh-null cases.
  • S Iwamoto, T Omi, M Yamasaki, H Okuda, M Kawano, E Kajii
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 243 1 233 - 240 1998年02月 [査読有り][通常論文]
     
    The Rh blood group antigens are carried by two distinct but homologous membrane proteins encoded by two closely related genes, RHCE and RHD. Rh50 glycoprotein is the membrane protein tightly associated with Rh polypeptides and is critical for expression of Rh antigens. The amino acid sequence and predicted membrane topology of Rh50 glycoprotein are significantly homologous with those of the Rh proteins. Northern blot analysis of leukemic cell lines showed that expression of RH50 gene is restricted to cells with erythroid features. HEL and K562 cells showed a transcription levels ratio of 1 to 9.9 for Rh50, and 12.3 to 1 for Rh. The nucleotide sequence of 5' flanking region of RH50 gene and functional promoter assays also supported the erythroid-specific regulation of the gene, whereas the sequence had lower homology with the promoter sequence of RH genes. Seven GATAs, nine E-boxes, two CACCCs, one YY1, and one October motif were identified in the 1868bp 5' flanking sequence. The core promoter of RH50 gene was located within 68bp length from the translation start position, which included an inverse GATA motif, although obvious motifs for Sp1 or erythroid Kruppel-like factor were lacking. The inverse GATA motif was the target sequence of GATA-1 protein, and disruption of the motif abolished the transactivating activity of erythroid cells. These studies confirm the erythroid-specific expression of Rh antigens, but suggest distinct regulatory mechanisms for RH vs RH50 genes. (C) 1998 Academic Press.
  • リコンビナントRh抗原発現細胞を用いた抗赤血球自己抗体の特異性解析
    梶井英治, 亀崎豊実, 近江俊徳, 小山田隆, 奥田浩, 岩本禎彦
    厚生省特定疾患血液系疾患研究班・特発性造血障害分科会, 平成9年度研究業績報告書(分科会長 溝口秀昭) 68 - 69 1998年 [査読無し][通常論文]
  • へき地医療における突然死の発生状況ならびに背景因子に関する研究
    梶井英治, 岩本禎彦, 河野正樹, 奥田浩, 武富章, 津戸直樹
    平成9年度へき地住民の健康増進に関する研究等 (財団法人地域社会振興財団) 49 - 74 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Partial D におけるRHD遺伝子の解析 : DFR表現型とVa表現型について
    近江 俊徳, 奥田 浩, 津戸 直樹, 岩本 禎彦, 梶井 英治, 田中 光信, 岡本 衣久代, 高橋 順子, 瀬尾 たい子, 中出 亮, 谷 慶彦, 柴田 弘俊, 田口 俊夫
    DNA多型 6 32 - 35 1998年 [査読無し][通常論文]
  • H Okuda, M Kawano, S Iwamoto, M Tanaka, T Seno, Y Okubo, E Kajii
    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 100 2 373 - 379 1997年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Recent molecular studies on the Rh blood group system have shown that the Rh locus of each haploid RhD-positive chromosome is composed of two structural genes: RHD and RHCE, whereas the locus is made of a single gene (RHCE) on each haploid RhD-negative chromosome, We analyzed the presence or absence of the RHD gene in 130 Japanese RhD-negative donors using the PCR method, The RhD-negative phenotypes consisted of 34 ccEe, 27 ccee, 17 ccEE, 26 Ccee, 19 CcEe, 1 CcEE, and 6 CCee, Among them, 36 (27.7%) donors demonstrated the presence of the RHD gene, Others showed gross or partial deletions of the RHD gene, These results were confirmed by Southern blot analysis, Additionally, the RHD gene detected in the RhD-negative donors seemed to be intact through sequencing of the RhD polypeptide cDNA and the promoter region of RHD gene, The phenotypes of these donors with the RHD gene were CC or Cc, but not cc, It suggested that there is some relationship between the RHD gene and the RhC phenotypes in RhD-negative individuals, In Caucasian RhD-negative individuals, the RHD gene has not been found outside of the report of Hyland et al, (Hyland, C,A,, L,C, Welter, and A, Saul. 1994, Blood, 84:321-324), The discrepant data on the RHD gene in RhD-negative donors between Japanese and Caucasians appear to be derived from the difference of the frequency of RhD-negative and RhC-positive phenotypes. Careful attention is necessary for clinicians in applying RhD genotyping to clinical medicine.
  • 鳥取県漁村地域における胃疾患の疫学的および分子生物学的研究
    小谷和彦, 熊田真樹, 亀崎豊実, 渡辺賢司, 秋藤洋一, 中本周, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治
    平成8年度へき地住民の健康増進に関する研究等(財団法人地域社会振興財団) 117 - 143 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 農山村及び漁村などへき地集団における溶血性貧血の分類とその発生機序に関する分子生物学的研究(Ⅱ)
    梶井英治, 岩本禎彦, 奥田浩, 石田暁宏, 渡辺賢司, 秋藤洋一, 長田憲一, 田中孝幸, 那須博司, 上本宗唯, 亀崎豊実
    平成8年度へき地住民の健康増進に関する研究等(財団法人地域社会振興財団) 91 - 116 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Rh赤血球自己抗原の分子構造とエピトープ解析
    梶井英治, 岩本禎彦, 近江俊徳, 小山田隆, 奥田浩
    厚生省特定疾患血液系疾患研究班・特発性造血障害分科会, 平成8年度研究業績報告書(分科会長 溝口秀昭) 67 - 68 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 各種RhvariantにおけるRhgenotypingとその問題点.DNA多型
    奥田浩, 河野正樹, 近江俊徳, 岩本禎彦, 田中光信, 瀬尾たい子, 大久保康人, 梶井英治
    DNA多型 5 126 - 130 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Glycyrrhizin がLECラットの肝障害を防止する機序
    野見山 一生, 野見山 紘子, 亀田 直毅, 櫻井 弘, 辻 昭博, 岡山 明子, 梶井 英治, 岩本 禎彦, 奥田 浩, 政岡 俊夫, 和久井 信, 有薗 幸司
    Biomedical research on trace elements 8 3 89 - 90 1997年 [査読有り][通常論文]
  • Dinucleotide repeat in the 3' franking region provides a clue for molecular evolution of Duffy gene.
    Li J, Iwamoto S,Sugimoto N, Okuda H, Kajii E
    Human Genet. 99 573 - 577 1997年 [査読有り][通常論文]
  • M. Tanaka, T. Seno, H. Shibata, Y. Okubo, H. Okuda, E. Kajii, R. Utsumi
    Japanese Journal of Legal Medicine 51 1 32 - 38 1997年 [査読有り][通常論文]
     
    The Rh blood group system has five major antigens D, C/c, and E/e. These antigens are encoded in RHD and RHCE genes. In this report, we describe a systemic method for RhC/c and RhE/e genotyping by PCR using allele-specific oligonucleotide primers (ASO-PCR). The ASO-PCR was carried out to determine the RhC/c and RhE/e genotypes in DNA samples from 513 Japanese donors. Genotypes of RhC, RhE, and Rhe were in full concordance with serological phenotypes in 511 donors. However, in two cases with the phenotype of ccdee, the C-specific ASO-PCR product was also detected in addition to the c- specific one. This method is simple and quite useful for the RhC/c and RhE/c genotyping, although further investigation on the 2 exceptional ccdee cases is needed.
  • S Iwamoto, JP Li, N Sugimoto, H Okuda, E Kajii
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 222 3 852 - 859 1996年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We have previously identified a novel first exon of Duffy gene and two inverse GATA motifs in the 600 bp 5' flanking region. The proximal GATA is positioned downstream from the start position of endothelium and upstream from that of erythroid. One base substitution (-365T-->C) was found in the proximal GATA motif from three black Fy(a-b-) individuals, and was regarded as a common polymorphic mutation in black Fy(a-b-) individuals. The upstream sequence of the novel first exon was inserted in the upstream of chloramphenicol acetyltransferase (CAT) gene and transfected in human erythroleukemia cell line (HEL) and human microvascular endothelial cells (HMvEC). The black type mutation abolished the CAT transcription in HEL cells but not in HMvEC. Deletion mutagenesis study revealed that the proximal GATA motif represent the erythroid regulatory core region for Duffy gene. Gel shift assay showed that the proximal GATA motif is the target sequence of GATA-1. These studies indicate that the black type mutation abolishes Duffy gene expression in erythroid but not in postcapillary venule endothelium, which is compatible with the Northern blot and immunohistochemical observation in black Fy(a-b-) individuals. (C) 1996 Academic Press, Inc.
  • 医師とABO式血液型.
    小谷和彦, 奥田浩, 小山田隆, 梶井英治, 池本卯典
    自治医大紀要 18 139 - 146 1995年 [査読有り][通常論文]
  • IgG骨髄腫におけるIgG1値, IgG2値とZTT値の関連について.
    植木寿一, 秋藤洋一, 田中孝幸, 奥田浩, 松ノ谷真智子, 松本尚美, 石河健, 中本周他
    鳥取医学雑誌 21 290 - 293 1993年 [査読有り][通常論文]
  • 急性リンパ性白血病の第二寛解期に同種骨髄移植を行った一例.
    田中孝幸, 植木寿一, 安東吾郎, 大谷恭一, 奥田浩, 加藤一吉 他
    鳥取医学雑誌 16 112 - 117 1988年 [査読有り][通常論文]
  • 日本人のABO式およびMN式血液型表現型出現頻度と遺伝子頻度の再検討.
    奥田浩, 山本隆, 新鞍誠, 梶井英治, 土田修一, 池本卯典
    自治医大紀要 9 163 - 172 1986年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 医と知の航海(永井良三監修(自治医大総合教育 編))
    奥田浩 (担当:分担執筆範囲:医学を数学の言葉で考える)
    西村書店 2016年
  • 南山堂医学大辞典(19版)
    奥田浩:相川直樹ら(編) (担当:分担執筆)
    南山堂 2006年
  • リンパ節腫脹-悪性腫瘍によるもの(今月の治療 12:1169-1176)
    奥田浩, 梶井英治 (担当:分担執筆)
    総合医学社 2004年
  • 赤血球の血液型(Medical Technology31:1455-1466)
    奥田浩, 梶井英治 (担当:分担執筆)
    医歯薬出版 2003年
  • Rh式血液型の分子遺伝学(池田久實編集:輸血医学における分子生物学)
    梶井英治,奥田浩,近江俊徳,亀崎豊実,小山田隆,岩本禎彦 (担当:分担執筆)
    エフ・コピント富士書院 2001年
  • 最新血液型学
    梶井英治編著, 岩本禎彦, 奥田浩著 (担当:分担執筆)
    南山堂 1998年
  • 溶血性貧血(カレントテラピー14:13-17)
    奥田浩, 梶井英治 (担当:分担執筆)
    ライフメディコム 1996年

講演・口頭発表等

  • 自治医科大学における学習支援体制の構築
    岡崎仁昭,武藤弘行,奥田浩,神田健史,石川鎮清
    第46回日本医学教育学会大会 2014年 ポスター発表
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入  [通常講演]
    松儀実広,原田三男,菊地元史,黒岩憲二,淺田義和,輿水崇鏡,奥田浩,遠藤仁司,野田泰子,岡崎仁昭
    第46回日本医学教育学会大会 2014年 ポスター発表
  • 医学部低学年生からの学生指導方法-自治医科大学Faculty development -  [通常講演]
    佐藤 正章,渥美 一弥,野田 泰子,松儀 実広,板井 美浩,奥田 浩,岡崎 仁昭
    第43回日本医学教育学会大会 2011年07月
  • ゲノムが診療にもたらしたもの  [招待講演]
    奥田浩
    医療法人相生会どうどうクリニック 2007年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • トルコ鞍部・下垂体出血によって受傷約2週間後に急変・死亡したと 推定される1例  [通常講演]
    坂本敦司,小山田隆,岩本禎彦,熊田真樹,後藤孝也,村田一素,奥田浩,梶井英治
    第91次日本法医学会総会 2007年05月
  • 当部門における医療事故関連解剖事例の概要と医療過誤事案への取り組 み
    後藤孝也,熊田真樹,近江俊徳,小山田隆,亀崎豊実,奥田浩,岩本禎彦,坂本敦司
    第90次日本法医学会総会
  • 法医学部門における医療事故関連解剖事例の概要  [通常講演]
    後藤孝也, 熊田真樹, 近江俊徳, 小山田隆, ルハグワスレン ムンフトルガ, 宇津見七海, 亀崎豊実, 奥田浩, 岩本禎彦, 坂本敦司
    第4回自治医科大学シンポジウム 2005年09月
  • Characterization of a novel variable number of tandem repeats(VNTR)polymorphism in CIAS1 gene.  [通常講演]
    Omi,T.,Kumada,M.,Okuda,H.,Kamesaki,T.,Kajii,E.,Sakamoto,A.,
    21th International society of forensic medicine 2005年09月
  • PYAF1遺伝子の連鎖不平衡,ハプロタイプ解析  [通常講演]
    近江俊徳, 熊田真樹, ルハグワスレン ムンフトルガ, 後藤孝也, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 坂本敦司, 岩本禎彦
    第89次日本法医学会総会
  • モンゴルと日本人集団間における生活習慣病関連遺伝子多型の比較解析  [通常講演]
    ルハグワスレン ムンフトルガ, 熊田真樹, 近江俊徳, 後藤孝也, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 坂本敦司, 岩本禎彦
    第89次日本法医学会総会
  • ブタPPARgの遺伝子解析  [通常講演]
    近江俊徳, ルハグワスレンムンフトルガ, 熊田真樹, 後藤孝也, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    日本DNA多型学会第13回学術集会 2004年12月
  • 日本国内の人口統計学的背景の異なる集団間におけるハプロタイプブロックの比較解析  [通常講演]
    熊田真樹, ムンフトルガハグバスレン, 柳沢佳子, 近江俊徳, 後藤孝也, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    日本人類遺伝学会第49回大会 2004年10月
  • クームス陰性自己免疫性溶血性貧血患者における赤血球結合IgGサブクラス定量  [通常講演]
    亀崎豊実, 小山田隆, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 坂本敦司, 岩本禎彦, 梶井英治
    第66回46回日本血液学会・日本臨床血液学会回総会 2004年09月
  • Angiotensin Vasopressin Receptor (AVR)-like 遺伝子のVNTR多型と遺伝子発現  [通常講演]
    近江俊徳, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    第88 次日本法医学会総会 2004年06月
  • 日本国内の人口統計学的背景の異なる集団間におけるハプロタイプブロックの比較解析  [通常講演]
    熊田真樹, 近江俊徳, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    第88次日本法医学会総会 2004年06月
  • ブタRhesus (RH)遺伝子のcDNAクローニング, マッピング, 多型性解析  [通常講演]
    近江俊徳, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田 浩, 梶井英治, 岩本禎彦, Peter Vogeli, Gerald, Stranzinger, Stefan Neuenshwander
    日本DNA多型学会第12回学術集会 2003年11月
  • 本態性高血圧症に対するヒト第17 番染色体長腕の疾患候補遺伝子領域におけるSNP 解析.  [通常講演]
    熊田真樹, 近江俊徳, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    日本人類遺伝学会第48 回大会 2003年10月
  • アンギオテンシンバソプレッシンレセプター様(AVP-like)遺伝子内に見出されたVNTR
    近江俊徳, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田 浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    第72 回日本法医学会関東地方会 2003年10月
  • 抗Rh 抗体mimotope同定へのアプローチ  [通常講演]
    亀崎豊実, 小山田隆, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治
    第51回日本輸血学会総会 2003年05月
  • RH 遺伝子発現調節領域結合タンパク質のプロテオーム解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 熊田真樹, 近江俊徳, 亀崎豊実, 梶井英治
    第87次日本法医学会総会 2003年04月
  • 骨髄移植後の免疫性溶血性貧血における赤血球抗原の由来/STR多型による分析  [通常講演]
    亀崎豊実, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治
    第87次日本法医学会総会 2003年04月
  • 医療機関内で集団発生した腸管出血性大腸菌感染症の剖検例  [通常講演]
    熊田真樹, 近江俊徳, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治, 岩本禎彦
    第87回次日本法医学会総会 2003年04月
  • WNK4遺伝子におけるSNPスクリーニングとプロモータ領域のSNP(rSNP)の転写活性解析  [通常講演]
    熊田真樹, 岩本禎彦, 亀崎豊実, 近江俊徳, 奥田浩, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第47回大会 2002年11月
  • 覚醒剤中毒が疑われ,剖検にてびまん性心筋出血を認めた一例  [通常講演]
    亀崎豊実, 熊田真樹, 岩本禎彦, 奥田浩, 梶井英治
    第71回日本法医学会関東地方会 2002年10月
  • ラットABOホモログの遺伝子重複とその多型  [通常講演]
    岩本禎彦, 熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 梶井英治
    日本DNA多型学会第11回学術集会 2002年10月
  • RH遺伝子間における塩基置換, gap, 組み換え領域のmapping解析  [通常講演]
    奥田浩, 熊田真樹, 亀崎豊実, 近江俊徳, 岩本禎彦, 高橋順子, 田中光信, 瀬尾たい子, 谷慶彦, 梶井英治
    第86次日本法医学会総会 2002年04月
  • ラットABOホモログのクローニング  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 熊田真樹, 亀崎豊実, 梶井英治
    第86次日本法医学会総会 2002年04月
  • 解離性大動脈瘤術後破裂肺穿破の一症例  [通常講演]
    熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治
    第86次日本法医学会総会 2002年04月
  • 自己免疫性溶血性貧血の自己抗原群mimotope の解析  [通常講演]
    梶井英治, 亀崎豊実, 小山田隆, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦
    厚生労働科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)特発性造血障害に関する研究班(班長 小峰光博)および骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班(班長 平井久丸)平成15 年度第1 回 合同班会議総会 2002年
  • 日本人Weak D 6例の分子遺伝学的解析  [通常講演]
    亀崎豊実, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦, 高橋順子, 田中光信, 鎌田博子, 小原健良, 瀬尾たい子, 谷慶彦, 梶井英治
    日本DNA多型学会第10回学術集会 2001年11月
  • パパニコロウ染色標本における細胞コンタミネーションの鑑別例  [通常講演]
    岩本禎彦, 亀崎豊実, 熊田真樹, 奥田浩, 梶井英治
    第70回日本法医学会関東地方会 2001年10月
  • マウスRh1l遺伝子の塩基配列の決定とその構造解析  [通常講演]
    熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第46回大会 2001年10月
  • A糖転移酵素遺伝子トランスジェニックラットの作製とA抗原の臓器発現  [通常講演]
    岩本禎彦, 亀崎豊実, 熊田真樹, 奥田浩, 袴田陽二, 小林英司, 梶井英治
    第49回日本輸血学会 2001年05月
  • RHAG遺伝子解析  [通常講演]
    亀崎豊実, 岩本禎彦, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 高橋順子, 瀬尾たい子, 田中光信, 木村恵子, 中出亮, 平山文也, 谷慶彦, 山野孟, 梶井英治
    第49回日本輸血学会総会 2001年05月
  • RHD遺伝子転写調節領域の機能解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 菅沼弘, 奥田浩, 熊田真樹, 亀崎豊実, 梶井英治
    第85次日本法医学会総会 2001年04月
  • Weak DにおけるD抗原活性の低下機序  [通常講演]
    亀崎豊実, 岩本禎彦, 熊田真樹, 高橋順子, 田中光信, 鎌田博子, 小原健良, 瀬尾たい子, 谷慶彦, 近江俊徳, 奥田浩, 梶井英治
    第85次日本法医学会総会 2001年04月
  • 交通外傷後に発症し死亡した解離性大動脈瘤破裂の一例  [通常講演]
    熊田真樹, 亀崎豊実, 奥田浩, 岩本禎彦, 梶井英治, 徳留省悟
    第85次日本法医学会総会 2001年04月
  • 抗赤血球自己抗体のmimotope 同定へのアプローチ  [通常講演]
    梶井英治, 亀崎豊実, 小山田隆, 熊田真樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦
    厚生労働科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)特発性造血障害に関する研究班(班長 小峰光博)および骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班(班長 平井久丸)平成14 年度第2 回 合同班会議総会 2001年
  • RH遺伝子の分子進化学的解析  [通常講演]
    奥田浩, 菅沼 弘, 津戸直樹, 熊田真樹, 亀崎豊実, 近江俊徳, 岩本禎彦, 梶井英治
    日本DNA多型学会第9回学術集会 2000年12月
  • RHAG遺伝子DNaseI高感受性領域の転写調節活性  [通常講演]
    岩本禎彦, 亀崎豊実, 熊田真樹, 奥田浩, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第45回大会 2000年10月
  • Rh複合体構成遺伝子におけるヒトとマウスの比較遺伝学的解析  [通常講演]
    近江俊徳, 奥田浩, 亀崎豊実, 岩本禎彦, 梶井英治
    第48回日輸血学会総会 2000年05月
  • 自己免疫性溶血性貧血における解離抗体とリコンビナント赤血球抗原との反応性  [通常講演]
    岩本禎彦, 亀崎豊実, 小山田隆, 近江俊徳, 奥田浩, 梶井英治
    第48回日本輸血学会 2000年04月
  • RHAG遺伝子5'上流域の赤芽球特異的DNaseI高感受性領域の同定  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 山崎昌子, 近江俊徳, 梶井英治
    第84次日本法医学会総会 2000年04月
  • 川崎病後の虚血心を伴った急死の一剖検例  [通常講演]
    亀崎豊実, 岩本禎彦, 奥田浩, 近江俊徳, 梶井英治
    第84次日本法医学会総会 2000年04月
  • Weak D症例におけるRHD遺伝子発現量の解析  [通常講演]
    亀崎豊実, 岩本禎彦, 近江俊徳, 奥田浩, 田中光信, 高橋順子, 瀬尾たい子,谷慶彦, 梶井英治
    第48回日本輸血学会総会 2000年04月
  • RH遺伝子座の全構造解析とその意義  [通常講演]
    奥田浩, 菅沼 弘, 津戸直樹, 亀崎豊実, 近江俊徳, 岩本禎彦, 梶井英治
    第84次日本法医学会総会 2000年04月
  • 自己免疫性溶血性貧血の主要自己抗原Rhポリペプチドの発現制御機構に関する検討(マウスRhced遺伝子の塩基配列の決定とその構造解析)  [通常講演]
    梶井英治, 熊田真樹, 亀崎豊実, 小山田隆, 奥田浩, 岩本禎彦
    厚生科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)特発性造血障害に関する研究班(班長 小峰光博)および骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班(班長 平井久丸)平成13年度 第2回合同班会議総会 2000年
  • RH遺伝子座におけるAlu配列の解析とその意義  [通常講演]
    奥田浩, 菅沼弘, 津戸直樹, 亀崎豊実, 近江俊徳, 山崎昌子, 岩本禎彦, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第44回大会 1999年11月
  • Rh weak D例の遺伝子解析  [通常講演]
    亀崎豊実, 近江俊徳, 奥田浩, 田中光信, 高橋順子, 瀬尾たい子, 谷慶彦, 岩本禎彦, 梶井英治
    第68回日本法医学会関東地方会 1999年10月
  • 自己免疫性溶血性貧血について  [通常講演]
    梶井英治, 亀崎豊実, 小山田隆, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦, 小峰光博
    厚生省特定疾患血液系疾患研究班・特発性造血障害に関する研究班, 平成11年度第1回班会議総会 1999年07月
  • レトロウイルスベクターを用いたRHD遺伝子の発現解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 山崎昌子, 近江俊徳, 梶井英治
    第83次日本法医学会総会 1999年05月
  • Amorph Rh alleleの分子遺伝学的解析  [通常講演]
    山崎昌子, 奥田浩, 近江俊徳, 河野正樹, 津戸直樹, 菅沼弘, 小山田隆, 岩本禎彦, 石森崇平, 支倉逸人, 梶井英治
    第83次日本法医学会総会 1999年05月
  • 親子鑑定例に見い出されたvWAアリル21の同定  [通常講演]
    近江俊徳, 永井淳, 奥田浩, 岩本禎彦, 大谷勲, 梶井英治
    第83次日本法医学会総会 1999年05月
  • RHAG遺伝子の発現調節機構の解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 近江俊徳, 山崎昌子, 奥田浩, 梶井英治
    第47回日本輸血学会総会 1999年05月
  • アリル特異的プライマーを用いたPCR法によるPartial D(Ⅵ)遺伝子型の同定法について  [通常講演]
    近江俊徳, 津戸直樹, 奥田浩, 岩本禎彦, 田中光信, 高橋順子, 谷慶彦, 瀬尾たい子, 梶井英治
    第47回日本輸血学会総会 1999年05月
  • The sequence analysis of the spacer region between the RHD and RHCE genes.  [通常講演]
    Okuda H, Omi T, Iwamoto S, Kajii E
    6th Indo Pacific Congress on Legal Medicine and Forensic Sciences 1998年07月
  • 新たに見い出されたDⅤa遺伝子とその構造  [通常講演]
    近江俊徳, 奥田浩, 津戸直樹, 岩本禎彦, 田中光信, 高橋順子, 瀬尾たい子, 中出亮, 谷慶彦, 冨田忠夫, 柴田弘俊, 村瀬隆治, 梶井英治
    第46回日本輸血学会総会 1998年05月
  • RH遺伝子の多型解析による分子進化へのアプローチ  [通常講演]
    藤原寛行, 佐藤郁夫, 奥田浩, 近江俊徳, 岩本禎彦, 梶井英治
    第46回日本輸血学会総会 1998年05月
  • RH遺伝子におけるイントロン構造の多様性について  [通常講演]
    奥田浩, 近江俊徳, 藤原寛行, 山崎昌子, 津戸直樹, 河野正樹, 岩本禎彦, 梶井英治
    第82次日本法医学会総会 1998年04月
  • 僻地医療における検死状況の調査  [通常講演]
    奥田浩, 近江俊徳, 河野正樹, 津戸直樹, 小山田隆, 岩本禎彦, 梶井英治
    第82次日本法医学会総会 1998年04月
  • Partial DにおけるRHD遺伝子  [通常講演]
    近江俊徳, 奥田浩, 津戸直樹, 岩本禎彦, 田中光信, 岡本衣久子, 高橋順子, 瀬尾たい子, 谷慶彦, 柴田弘俊, 梶井 英治
    日本DNA多型学会第5回学術集会 1997年12月
  • 2つのRh血液型遺伝子(RHD及びRHCE)間をつなぐスペーサー領域の解析とその意義  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 近江俊徳, 山崎昌子, 藤原寛行, 岩本禎彦, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第42回大会 1997年10月
  • RHCe遺伝子とRHce遺伝子のハイブリッドが疑われる1例  [通常講演]
    津戸直樹, 近江俊徳, 奥田浩, 岩本禎彦, 田中光信, 高橋順子, 瀬尾たい子
    第66回日本法医学会関東地方会 1997年10月
  • RHD, RHCE遺伝子の構造解析  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 山崎昌子, 津戸直樹, 岩本禎彦, 梶井英治
    第81次日本法医学会総会 1997年04月
  • レトロウィルスベクターを用いたRHCE遺伝子の発現解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 梶井英治
    第81次日本法医学会総会 1997年04月
  • Rhシステム血液型とD1S80型に不一致を認めた母子例  [通常講演]
    河野正樹, 奥田浩, 小山田隆, 岩本禎彦, 梶井英治
    第81次日本法医学会総会 1997年04月
  • 各種Rh variantにおけるRh genotypingとその問題点  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 近江俊徳, 岩本禎彦, 田中光信, 瀬尾たい子, 大久保康人, 梶井英治
    日本DNA多型学会第5回学術集会 1996年12月
  • RHCE遺伝子欠失とCE-D-CEハイブリッド遺伝子を認めた-D-の1例  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 石田萌子, 野村昌作, 福原資郎, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第41回大会 1996年10月
  • Rhnull 症候群におけるRH関連遺伝子の解析  [通常講演]
    岩本禎彦, 奥田浩, 梶井英治
    日本人類遺伝学会第41回大会 1996年10月
  • チューインガム試料における血液型判定の可能性-genotypingを通して  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 岩本禎彦, 梶井英治
    第65回日本法医学会関東地方会 1996年10月
  • RHD gene in RhD-negative Japanese donors.  [通常講演]
    Okuda H, Kawano M, Oyamada T, Iwamoto S, Tanaka M, Seno T, Okubo Y, Kajii E
    International Society for Forensic Haemogenetics, Hakone Symposium on DNA Polymorphisms 1996年08月
  • RH遺伝子におけるイントロン4の構造解析とその意義  [通常講演]
    奥田浩, 河野正樹, 田中光信, 瀬尾たい子, 大久保康人, 梶井英治
    第80次日本法医学会総会 1996年04月
  • 肝硬変の経過中, Torsarde de pointesをきたした一症例  [通常講演]
    奥田浩, 亀崎豊実, 徳山直美, 吉田泰之
    肝硬変研究会 1994年11月
  • 造血器腫瘍に対するAra−CとG−CSFの併用療法の検討  [通常講演]
    奥田浩, 秋藤洋一, 植木寿一, 中本周
    第41回山陰血液同好会 1993年10月
  • 溶血性貧血の一例  [通常講演]
    秋藤洋一, 奥田浩, 植木寿一, 中本周
    第11回鳥取血液研究会 1993年10月
  • 高齢者の白血病治療の工夫  [通常講演]
    奥田浩, 秋藤洋一, 植木寿一, 中本周
    平成5年度鳥取県医師会秋季医学会 1993年10月
  • 同種骨髄移植後,ヒトパルボウイルスB19が持続感染した一例  [通常講演]
    奥田浩, 田中孝幸, 秋藤洋一, 植木寿一
    第15回山陰感染症化学療法研究会 1993年06月
  • CMMoLと思われる一例  [通常講演]
    奥田浩, 秋藤洋一, 植木寿一, 中本周 他
    第29回山陰血液同好会 1988年03月
  • 病原大腸菌感染によると考えられる心合併症を伴った川崎病の一乳児例  [通常講演]
    奥田浩, 大谷恭一, 奈良井栄, 赤松由美子, 安東吾郎
    第18回山陰地区感染症懇話会集会 1987年06月
  • 急性膵炎に続発したMOF症例の検討  [通常講演]
    奥田浩, 加藤一吉, 岸清志, 水本清
    山陰MOF研究会 1987年05月
  • 電気水圧衝撃波による胆道鏡下砕石術の経験  [通常講演]
    岸清志, 加藤一吉, 山本洋之, 那須博司, 奥田浩
    第7回鳥取消化器疾患研究会 1987年02月
  • 腸閉塞症状を呈した小児の結腸悪性リンパ種の一例  [通常講演]
    奥田浩, 加藤一吉, 山本洋之, 岸清志, 那須博司
    山陰外科集談会 1986年12月
  • 多発性骨髄腫治療中に発症した急性骨髄性白血病の一例  [通常講演]
    奥田浩, 那須博司, 秋藤洋一, 塩宏, 田村公平, 植木寿一, 中本周
    第28回山陰血液同好会 1986年10月
  • 十二指腸腫瘍の一例  [通常講演]
    奥田浩, 那須博司, 秋藤洋一, 宮崎博実, 田村公平, 岡本公男, 植木寿一, 佐藤 徹, 岸清志, 井上雅勝, 山本洋之, 加藤一吉, 中本周
    第6回鳥取消化器疾患研究会 1986年07月

MISC

  • M Kumada, S Iwamoto, T Kamesaki, H Okuda, E Kajii GENE 299 (1-2) 165 -172 2002年10月 [査読無し][通常論文]
     
    The mouse genomic sequence of the region containing the gene Rhced, the orthologue to the human gene RH30, was determined to elucidate the structure of Rhced and its flanking regions and to compare these with the corresponding human genomic region. Two genes, Smpl and AK003528 (an orthologue of FLJ10747), flank Rhced. Neither sequences homologous to the characteristic nucleotide elements flanking the RHD gene in humans (rhesus boxes) nor an additional Rh gene were found within the mouse region sequenced. This result and that of a previous report demonstrate that this chromosomal region of the mouse comprises five genes (FLJI0747-RHCE-SMP1-NPD014-P29) that exhibit syntenic homology with the corresponding human region, which suggests that the RHD gene and rhesus boxes were inserted later. Evaluations of tissue distribution and subcellular localization of these genes indicate that the SMPI orthologue has a ubiquitous tissue distribution and cytoplasmic localization, whereas AK003528 is expressed slightly higher in testis with a strong subcellular localization in the nucleus. Despite the steady improvements in the draft sequence of the human genome, this study demonstrates the continuing benefits of comparative genetic analyses in increasing our understanding of human genomic structure. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • A糖転移酵素遺伝子トランスジェニックラットの作製とA抗原の臓器発現
    岩本 禎彦, 亀崎 豊実, 熊田 真樹, 奥田 浩, 袴田 陽二, 小林 英司, 梶井 英治 日本輸血学会雑誌 47 (2) 200 -200 2001年04月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2000年12月 日本DNA多型学会 第2回DNA多型学会優秀研究賞
     RH遺伝子の分子遺伝学的解析 
    受賞者: 奥田 浩、菅沼 弘、津戸 直樹、熊田 真樹、亀崎 豊実、 近江 俊徳、岩本 禎彦、梶井 英治

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 遺伝子改変動物を用いたABO血液型物質に対する抗体産生機序の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 岩本 禎彦, 亀崎 豊実, 奥田 浩, 熊田 真樹, 近江 俊徳, 福井 えみ子
     
    Wistar系ラットへヒトAおよびB糖転移酵素遺伝子を導入して、Aトランスジェニックならびにトランスジェニックラットを樹立したが、ラット臓器のなかで最も著明にABH抗原の発現を認めた小腸を移植片として、これらのラットとwild Wistarの3系統間で、移植実験を行った。その結果、wild Wistarをドナーとし、AおよびBトランスジェニックラットをレシピエントとした場合に最も激しい移植片の拒絶が起こることが判明した。また、合成A糖鎖抗原に対する抗体産生の上昇も起こることを認め、AおよびB抗原ならびにAおよびB糖転移酵素遺伝子の異所性発現に伴う新規抗原が、ラットにおいて強力な移植片拒絶抗原として機能していることを窺わせる結果となり、作成したAおよびBトランスジェニックラットは、ABOミスマッチ移植のモデル動物として極めて有用な動物になりうることが明らかになった。また、トランスジェニックラットでは合成A抗原に対する自然抗体を保有していることが明らかになり、この抗体産生機序を明らかにするために、wildおよびBトランスジェニックラットにおける胎生期におけるABH抗原発現の免疫組織学的解析を行った。さらに、以前明らかにしたラットの4種類のABOオーソログcDNAを昨年明らかになったラットゲノムシークエンスにマッピングした結果、ラットでは、1番染色体に1クローン、3番染色体に3クローンがマッピングされた。従って、ヒトと異なりラットではABOホモログが多重遺伝子として機能していたことが明らかになり、ヒトにおけるABO血液型多型の起源を推定するための重要な足がかりとなった。これらの経験に基づき、現在、他の遺伝子多型を示す遺伝子についても遺伝子改変動物を作製するため、高血圧関連候補遺伝子の過剰発現マウスとノックアウトマウスを作成する目的でベクターを開発した。
  • 各種生物におけるRH類似遺伝子群の分子進化とRh分子機能の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 奥田 浩, 梶井 英治, 岩本 禎彦, 亀崎 豊実, 近江 俊徳, 熊田 真樹
     
    1939年、LevineとStetsonによって発見されたRh血液型システムは、輸血医学においてABO血液型とならび最も重要な位置をしめている。Rh血液型システムは、RHCE, RHDの互いによく似た2つの遺伝子(ともに10個のエクソンで構成)によって支配され、複雑な抗原系を形成しているだけでなく,数多くの変異型を有することを特徴としている。我々は、RHCE遺伝子およびRHD遺伝子の大きさがそれぞれ57831bp,57295bpとなることを明らかにするとともに、両RH遺伝子間の塩基配列を比較・検討し、マイクロサテライト多型、Alu配列に代表される分散型繰り返し配列、塩基置換、nucleotide gaps(欠失と挿入を含む)(以下、gapsと略す)、組換え領域などの分布状況のデータを得ていた、これらの知見を基に、weak DなどのRh変異型の分子遺伝学的背景を具体的に明らかにした。さらに、これらRh変異型の分子遺伝学的データを基にして、Rh抗原(ポリペプチド)の発現メカニズムについての考察をおこなっている。 近年、RH遺伝子には、superfamily(RHAG遺伝子,RHBG遺伝子,RHCG(RHGK)遺伝子)が存在していることが明らかにされた。生化学的データやGenbank検索により、RH superfamilyとammonium transporterとの関連が示唆されるようになってきている。申請者らによる分子系統樹を用いた解析によると、RH遺伝子、RHAG遺伝子、RHBG遺伝子、RHCG(RHGK)遺伝子は、すべてにおいて独立に進化していることが示唆されており、RH superfamilyの中には、ammonium transporter以外の機能を有しているものが存在する可能性も考えられている。 最近では、ヒトゲノムのみならず他の動植物・細菌・ウイルスなどのゲノムの構造が明らかにされてきている。ヒトにおけるRh血液型分子の機能の推定には、各種生物におけるorthologous RH gene superfamilyの同定解析が必要であると考えられる。我々は、PigにおけるRH遺伝子homologueのcDNAを同定し、ヒトRh cDNAと比較検討をおこなった。さらに、Pigにおける染色体マッピング解析により、RH遺伝子とRHBG遺伝子のhomologueが、それぞれ、Pig染色体上の6q22-q23と4q21-q22に位置していることも明らかにした。
  • 自己免疫性溶血性貧血における自己抗体産生メカニズムの解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 亀崎 豊実, 熊田 真樹, 近江 俊徳, 奥田 浩, 岩本 禎彦, 梶井 英治
     
    自己免疫性溶血性貧血(autoimmune hemolytic anemia : AIHA)における自己抗原として、Rh血液型蛋白、特にRhCcEeポリペプチド上には、主要な共通エピトープが存在している。また、Rh血液型蛋白は、赤血球膜を12回貫通し、6個の細胞外ペプチドループの3次元構造の組み合わせにより、Rh血液型ならびに自己抗原エピトープを表現している。自己抗原構造解析を目指して、ファージディスプレイランダムペプチド(7アミノ酸)ライブラリーを用いた自己抗原エピトープレプリカ(mimotope)の同定を行った。 1.Rh抗原性の解析を目的に、抗Rh(抗D・抗E)の2種類のモノクローナル抗体によるバイオパンニングを行い、capture ELISA法により抗体との反応性を示すペプチド配列を同定した。抗D、抗E抗体それぞれにおいてコンセンサス配列を持ったクローン(Rh mimotope)が12クローン得られたことから、各抗体特異性配列の存在が示唆された。 2.同様な方法にてAIHA患者由来抗赤血球自己抗体との反応性を示すペプチド配列(自己抗原群mimotope)を複数同定した。 3.AIHA患者赤血球より解離した抗赤血球自己抗体とRh mimotopeの反応性を検討すると8例中6例に反応性を認めたことより、今回同定したRh mimotopeは自己抗原群mimotopeの一部であることが推測された。 4.今回、複数のRh mimotopeおよび自己抗原群mimotopeを同定できたことから、自己抗体同定・解析のためのパネル作製、自己抗原エピトープマッピング、自己抗体の新たな分類法開発が期待できる。また、AIHAの病因仮説における分子相同性を有する外来抗原物質の同定へのアプローチが可能となった。
  • RHシステムの全容解明へ向けて:発現調節機構の同定と抗原エピトープマップの作成
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 梶井 英治, 亀崎 豊実, 奥田 浩, 岩本 禎彦, 熊田 真樹
     
    Rhシステムの各種variantの分子遺伝学的解析,ならびにヒトのRH遺伝子座の構造を明らかにするためにマウスのオーソログであるRhced遺伝子を含むゲノム領域の分析を行った。 Rh variant解析は,partial Dとweak Dを対象として検討を行った。RHD遺伝子のエクソン5に変異を有する各種partial D遺伝子のハイブリッドサイトを同定した結果、イントロン4の3'末端に存在する286bpの領域が、RHDからRHCE遺伝子の遺伝子組換えホットスポットの一つであることを明らかにすることができた。一方、イントロン5に存在するRHCEからRHD遺伝子の換え領域は、partial Dのタイプにより異なっていることも判明した。また,weak Dの遺伝子解析により,RHD遺伝子の変異部位を明らかにすることができた。同変異がRhポリペプチドが有する複数の細胞外ループを変化させることにより,RhD抗原の質的異常を引き起こしていること,さらに膜内安定性もしくは膜への組込みを減弱させ,Rhポリペプチドの量的異常をも誘導していることを示唆する成績を得た。 マウスのRhced遺伝子および周辺のゲノム領域の塩基配列を決定し,ヒトの相同領域と比較した。その結果,RH遺伝子を含むヒトの第1番染色体短腕の領域と,マウスのRhced遺伝子を含む第4番染色体の領域はシンテニーが強く保存されており,またRHCE遺伝子がオリジナルの遺伝子の位置に存在し,後にRHD遺伝子およびRhesus boxが導入されたことが推測された。
  • RH遺伝子における一塩基多型とマイクロサテライト多型の分子遺伝学的解析とその応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 奥田 浩, 亀崎 豊実, 岩本 禎彦, 梶井 英治, 近江 俊徳, 熊田 真樹
     
    1939年、LevineとStetsonによって発見されたRh血液型システムは、RHCE,RHDの互いによく似た2つの遺伝子(ともに10個のエクソンで構成)によって支配され、複雑な抗原系を形成しているだけでなく,数多くの変異型を有することを特徴としている。我々は、RHCE遺伝子およびRHD遺伝子の大きさがそれぞれ57831bp,57295bpとなることを明らかにするとともに、両RH遺伝子間の塩基配列を比較・検討し、マイクロサテライト多型、Alu配列に代表される分散型繰り返し配列、塩基置換、nucleotide gaps(欠失と挿入を含む)(以下、gapsと略す)、組換え領域などの分布状況のデータを得ていた。これらの知見を基に、partial D,Rhmod,weak DなどのRh変異型の分子遺伝学的背景を具体的に明らかにした。これらRh変異型の分子遣伝学的データを基にして、Rh抗原(ポリペプチド)の発現メカニズムについての考察をおこない、輸血医学に貢献することができた。 ヒトRH遺伝子のマウスにおけるオーソログであるRhced遺伝子を含むゲノム領域の塩基配列を決定し、ヒトの相同領域と比較・検討し、RH遺伝子の分子進化について新たな知見を得た。これらの結果からRH遺伝子を含むヒトの第一番染色体短腕の領域と、マウスのRhced遺伝子を含む第4番染色体の領域はシンテニーが強く保存されていることを明らかにすることができた。Rhced遣伝子においてもヒトRH遺伝子と同様に種々多様なマイクロサテライト多型が同定された。 複雑な特徴を示すRh式血液型システムがいかに構成され進化してきたのかを解明するためにバイオインフォマティクスの手法を用いて、ヒトRH遺伝子の分子進化についての考察を行った。RH遺伝子は、塩基置換とgapsに加え、組換えによって多様な構造を獲得することが明らかになった。さらに、RH遺伝子においては、祖先遺伝子からの進化の過程で祖先遣伝子の機能とは異る新しい機能を得ている可能性が示唆された。 現在、4種類のRHCE遺伝子(RHce,RHcE,RHCe,RHCE遺伝子)などのそれぞれの塩基配列の相違点について解析をおこない、両RH遺伝子間の一塩基多型(single nucleotide polymorphisms : SNPs)の同定を進めている。 以上の知見を基にして、新しいRh genotyping法の開発を予定している。
  • トランスジェニック動物を用いたABO血液型物質に対する抗体産生機序の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 岩本 禎彦, 熊田 真樹, 奥田 浩, 亀崎 豊実, 梶井 英治
     
    臓器移植の実験が可能な実験動物として最も小型なラットにヒトABO糖転移酵素を遺伝子導入することによって,AあるいはB型の発現のみが遺伝的に異なるトランスジェニック動物を作製し、ABO式血液型に対する自然抗体産生と輸血移植医療におけるABO抗原の不一致のモデルとなりうるかどうかを検討した。まず、ラットのABOオーソログをクローニングするとともに、ABH抗原のラット各臓器における発現を免疫染色によって明らかにした結果、Wistar系ラットは、四つのパラロガス遺伝子群としてABOオーソログをゲノムにコードしており、そのうち3つはA型の糖転移酵素活性を、1つはB型糖転移酵素活性を持つことが判明した。また、ラット7系統は、ストレイン間でABOオーソログの遺伝子数が異なっていることが明らかになった。このことから、不等交差やパラロガス遺伝子間での組み替えによって多彩な対立遺伝子や遺伝子数の変異が生じた可能性が示され、ヒトのAおよびB遺伝子の進化を考える上で重要な示唆を与えうる発見であると考えられた。免疫染色ではwild Wistarラットの唾液腺、腸管、膀胱の上皮のみにA型抗原を認め、B型抗原は全ての臓器で認めることはできなかった。そこで、pCAGGSペクターに挿入したヒトのAあるいはB糖転移酵素を遺伝子導入し、免疫染色によってABH抗原の発現を検討した。その結果、ヒトA型遺伝子を導入したラットは、唾液腺、小腸、膀胱に加えて、脳、肺、膵臓外分泌腺、表皮に新たにA抗原の発現を認めた。また、ヒトB型遺伝子を導入したラットは、唾液腺、小腸、膀胱、脳、肺、膵臓外分泌腺、表皮にB抗原の発現を認めた。これらの事実から、ラットではABO糖転移酵素の基質となるH抗原の発現は、ヒトと異なり、上皮系のみに限られていることが判った。現在、これらのトランスジェニック動物間での移植実験で、AおよびB抗原はラットにおいても移植片拒絶抗原として機能しうることが判明しつつある。
  • Rh血液型抗原エピトープ群の分子遺伝学的解析とRh遺伝子診断システムの確立
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 梶井 英治, 近江 俊徳, 奥田 浩, 岩本 禎彦, 熊田 真樹, 亀崎 豊実
     
    RHDとRHCE両遺伝子の全塩基配列を決定し,遺伝子構造に関する詳細な検討を行った。その結果,両遺伝子内にAlu配列をはじめとする多数の分散型繰り返し配列ならびに様々なSTRの存在を確認することが出来た。また,両遺伝子のアライメント解析により,イントロン1,2などに2〜3kbの範囲で多重組換えを起こしていると考えられる領域が同定された。イントロン2については,塩基置換,gaps数と組換え領域の解析により,c型とD型が2回組換えを起こした後に,1つのAlu-Sx配列が挿入されたC型のイントロン2が生じたことが推測された。 Rhポリペプチドとコンプレックスを形成するRh50糖蛋白(RhAG)は,赤血球系細胞に特異的に発現することが示唆された。RHAG遺伝子の発現調節メカニズムを明らかにすることを目的として,赤芽球系細胞株特異的なDNaseI感受性領域の同定とクローニングを行った。その結果,-10kb付近にDNaseI高感受性領域を見出したが,同部位には強いエンハンサー活性が認められた。マウスのrhag遺伝子の上流をクローニングし,コンピューターによるマッチング解析を行った結果,この領域は高度に保存されていることも明らかになった。このエンハンサー配列に結合し,アンカーとなる転写因子はGATA-1であることも判明し,RhAG発現のコントロール機序の一端を明らかにすることが出来た。 Rhシステムにかかわる各種variantの分子遺伝学的解析も順調に進展した。Partial Dについては,新たなタイプを同定することが出来た。また,weak Dの解析を進め,質的ならびに量的なRhD抗原の変化によることを証明した。
  • Rh抗原の発現に関与する分子群のクローニングとその変異解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 岩本 禎彦, 近江 俊徳, 梶井 英治, 奥田 浩
     
    Rh抗原は、RHCEとRHD遺伝子にコードされているが、Rh抗原をすべて欠損するRhnull表現型の中には、RHCEとRHD遺伝子両方の異常に起因するものと、RH遺伝子とは別の坐位に存在するRH50糖蛋白遺伝子の異常に起因するものとが存在することを明らかにした。このことによって、Rh50糖蛋白はRh抗原が赤血球膜に発現するために不可欠の因子であることが明確になった。この事実に基づいて、Rh抗原発現細胞系の樹立を試みた。その結果、Rh50糖蛋白をもともと発現する赤白血病細胞株は、Rh cDNAを遺伝子導入するだけでRh抗原を発現するのに対し、Rh50糖蛋白を補どんど発現していない非造血細胞系の細胞株にRh50 cDNAとともにRh cDNAを遺伝子導入しても、Rh抗原は発現してこないことを明らかにした。この非造血細胞系を用い、免疫組織化学的解析を行った結果、この細胞株では小胞体などの細胞内小器官への抗原の発現は認められるものの細胞表面への発現はわずかであることが判明し、赤芽球系細胞特異的なRh抗原発現に係わる第4、第5番目の遺伝子の存在がさらに示唆される結果となった。しかし、この細胞株にヒト骨髄由来のcDNAライブラリーを遺伝し導入しRh抗原の発現を指標にスクリーニングを行っているが、現在までのところ新たな遺伝子を手に入れるまでには至っていない。一方で、Rh50遺伝子5'非翻訳領域をクローニングし、そのプロモーター解析を行い、Rh50遺伝子の発現調節機構の解析も同時に行った。その結果、RH50遺伝子は赤芽球系細胞特異的に発現する機構を明らかにすることができた。現在、そのエンハンサー領域のクローニングを行い、さらに詳細な転写調節機構の解明に向けデータを蓄積しつつある。
  • Rhシステム血液型遺伝子の全構造決定と遺伝子型タイピング法の確立
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 梶井 英治, 河野 正樹, 近江 俊徳, 奥田 浩, 岩本 禎彦
     
    Rhシステム血液型遺伝子にかかわる種々の解析を行い,以下のような成績を得た。 (1) RHD遺伝子,RHCE遺伝子の全塩基配列をほぼ決定した。 (2) RHDとRHCE両遺伝子を結ぶスペーサー領域の全塩基配列をほぼ決定した。 (3) RH遺伝子イントロン8内のshort tandem repeat(STR)多型を解析し,non-functional RHD遺伝子及びRhハプロタイプの特徴を明らかにした。この結果はRhハプロタイプの発生過程やRH遺伝子の分子進化を解析する重要な手がかりとなる。 (4) 先天性及び後天性Rh抗原欠失例の分子遺伝学解析を行い,前者(Rhnull)においては,RH50遺伝子の異常に起因することを明らかにした。一方,後者においては,骨髄異形成症候群の発症に伴うDCEハプロイドの欠失を証明した。 (5) 種々のD^の分子遺伝学的解析により,遺伝子レベルでの分類法と遺伝子診断法を考案した。 なお,(1),(2)の結果は,今後Rhシステムにかかわる種々の解析を実施する際に,大いに威力を発揮するものと期待される。
  • 自己免疫性溶血性貧血における自己抗原の特定とエピトープ解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 梶井 英治, 近江 俊徳, 奥田 浩, 岩本 禎彦
     
    自己免疫性溶血性貧血(AIHA)における自己抗体の特異性を同定し,抗原分子のエピトープを決定することは,臓器特異的自己免疫性疾患における特定の生体構成成分に対する免疫寛容の破綻機序を探るために重要なアプローチである。そこで,申請者らは,自己抗原の特異性を特定する目的で,リコンビナントRhcEならびにRhD発現細胞を作成し,これらを用いて,フローサイトメトリーで抗赤血球自己抗体の特異性解析を試みた。解析した21例の自己抗体中9例はRhcEとも反応した。3例の自己抗体はRhDとの反応が認められたが,2例はRhcEとも反応した。また,3例のCoombs陰性AIHAのうち1例において,RhcEパネルセルとの反応性が認められた。さらに,アルドメットによる薬剤性AIHAと診断された症例の自己抗体もRhcEと特異的に反応した。21例中10例(47.6%)の自己抗体にRhポリペプチドとの反応性が認められたことになり,温式AIHAの主要自己抗原としてRhポリペプチド,とりわけRhcEポリペプチドが重要な役割を演じていることが明らかになった。また,他のRh抗原発現細胞を加えた解析の結果,これらの自己抗体の認識エピトープは,Rh抗原特異的エピトープではなく,Rhポリペプチドに共通するエピトープであることが示唆された。
  • Duffy式血液型遺伝子の発現と調節に関する人類遺伝学的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 岩本 禎彦, 梶井 英治, 奥田 浩, 土田 修一
     
    1993年にクローニングされたDuffy cDNAは、5′および3′の非翻訳領域を含めて1エキソンで構成されていたが(Blood 85:622-626,1995)、Duffy遺伝子転写物について5′末端の再検討を行ったところ、従来のcDNAとは5′側の202塩基が異るcDNAを見いだした。置き換わった配列が本来の第一エキソンとして同定され、従来のcDNAにおいて転写開始部位とされていた場所より約300塩基上流に位置していた。Duffy遺伝子は赤芽球系細胞だけでなく血管内皮細胞にも発現していることが明らかにされたが、それぞれの主な転写開始部位は約60塩基離れて存在し、その中間に、赤血球特異的遺伝子制御領域に共通して存在するシス配列であるGATA配列が見いだされた(Blood 87:378-385,1996)。アフリカ系民族に高頻度で見いだされるDuffy陰性者は赤血球上のDuffy抗原を欠損するが、血管内皮には発現を認める。Duffy陰性者では、GATA配列内に一塩基置換が見いだされ、このことが赤血球特異的な抗原欠損のメカニズムであろうと予想された。そこで、新たな第一エキソンの上流の配列をCATプラスミドに挿入し、Duffy遺伝子の発現制御機構について検討を行った。その結果、Duffy陰性者に見いだされた変異を導入したCATプラスミドは赤芽球系細胞における転写活性をほぼ完全に失ったが、血管内皮細胞では転写活性は保たれ(Biochem Biophys Res Commun 222:852-859,1996)、Duffy陰性者における抗原発現の結果を裏付けた。さらに、Duffy遺伝子の3′側、約400塩基下流にマイクロサテライト多型を見いだし、Duffy遺伝子の多型との関連についても検討を加えた。その結果、ヒトDuffy遺伝子の分岐経路を予想することが可能となり、Duffy陰性の遺伝子は比較的早い時期に分岐したことが明らかとなった(Hum Genet:in press)。このことは、この遺伝子産物の機能を考える上でも興味深い結果と考えられ、今後はこの点についても検討を重ねていきたいと考えている。

担当経験のある科目

  • 医学における微分方程式自治医科大学
  • 医学における確率・統計学自治医科大学
  • 臨床医学と数学自治医科大学
  • 遺伝医学における数学自治医科大学
  • 数理遺伝学演習自治医科大学
  • 医学・医療における数学自治医科大学
  • 法医学自治医科大学
  • 人類遺伝学(集団遺伝学)自治医科大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.