詳細検索はこちら

宮下 洋 ミヤシタ ヒロシ

所属部署名健診センター
職名准教授ホームページURLhttp://square.umin.ac.jp/hrsm/

プロフィール

研究キーワード

    心血管動力学, 循環生理学, 循環器内科学, 脈波波形解析

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学) / 予防医学
  • 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学 / 血行動態計測
  • 電気電子工学 / 計測工学 / 血圧・血流計測と波形解析
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 心血管生理学
  • 内科系臨床医学 / 循環器内科学

経歴

  • 2010年02月
    自治医科大学(JMU) 健診センター(部長 / 准教授)
  • 1995年
    -
    1997年
    国立循環器病センター研究所 COE特別研究員 流動研究員
  • 1997年
    -
    2000年
    自治医科大学 助手
  • 2000年
    -
    2010年01月
    - 自治医科大学 講師

学歴

  • -
    1984年
    自治医科大学(JMU) 医学部(日本)

所属学協会

  • 日本総合健診医学会
  • 日本人間ドック学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本生理学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本臨床生理学会
  • 日本循環制御医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本総合健診医学会
  • 日本人間ドック学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本生理学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本臨床生理学会
  • 日本循環制御医学会

委員歴

  • 2015年
    -
    現在
    日本臨床生理学会 評議員
  • 2014年
    -
    現在
    日本総合健診医学会 審議員
  • 2009年
    日本生体医工学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2015年
    -
    現在
    日本臨床生理学会 評議員
  • 2014年
    -
    現在
    日本総合健診医学会 審議員
  • 2009年
    日本生体医工学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Differences in effects of age and blood pressure on augmentation index.
    Tomiyama H, Odaira M, Kimura K, Matsumoto C, Shiina K, Eguchi K, Miyashita H, Shimada K, Yamashina A
    American journal of hypertension 27(12) 1479-1485 2014年12月
  • Seasonal effects of the UCP3 and the RPTOR gene polymorphisms on obesity traits in Japanese adults.
    Nakayama K, Miyashita H, Iwamoto S
    Journal of physiological anthropology 33 38 2014年12月
  • Common variants of GIP are associated with visceral fat accumulation in Japanese adults.
    Nakayama K, Watanabe K, Boonvisut S, Makishima S, Miyashita H, Iwamoto S
    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology 307(11) ajpgi.00282.2014-14 2014年10月
  • TRIB1 downregulates hepatic lipogenesis and glycogenesis via multiple molecular interactions.
    Ishizuka Y, Nakayama K, Ogawa A, Makishima S, Boonvisut S, Hirao A, Iwasaki Y, Yada T, Yanagisawa Y, Miyashita H, Takahashi M, Iwamoto S, Jichi Medical University Promotion Team of Large-Scale Human Genome Bank for All over Japan
    Journal of molecular endocrinology 52(2) 145-158 2014年04月
  • Subservient relationship of the peripheral second systolic pressure peak to the central hemodynamic parameters is preserved, irrespective of atherosclerosis progression in hypercholesterolemic rabbits.
    Katsuda S, Miyashita H, Shimada K, Miyawaki Y, Kojima I, Shiogai Y, Hazama A
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 37(1) 19-25 2014年01月
  • Positive natural selection of TRIB2, a novel gene that influences visceral fat accumulation, in East Asia.
    Nakayama K, Ogawa A, Miyashita H, Tabara Y, Igase M, Kohara K, Miki T, Kagawa Y, Yanagisawa Y, Katashima M, Onda T, Okada K, Fukushima S, Iwamoto S
    Human genetics 132(2) 201-217 2013年02月
  • Seasonal effects of UCP1 gene polymorphism on visceral fat accumulation in Japanese adults.
    Nakayama K, Miyashita H, Yanagisawa Y, Iwamoto S
    PloS one 8(9) e74720 2013年
  • Basis of monitoring central blood pressure and hemodynamic parameters by peripheral arterial pulse waveform analyses.
    Miyashita H, Katsuda S
    Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference 2013 221-224 2013年
  • Clinical Assessment of Central Blood Pressure.
    Miyashita H
    Current hypertension reviews 8(2) 80-90 2012年05月
  • Cross-sectional characterization of all classes of antihypertensives in terms of central blood pressure in Japanese hypertensive patients.
    Miyashita H, Aizawa A, Hashimoto J, Hirooka Y, Imai Y, Kawano Y, Kohara K, Sunagawa K, Suzuki H, Tabara Y, Takazawa K, Takenaka T, Yasuda H, Shimada K
    American journal of hypertension 23(3) 260-268 2010年03月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Differences in effects of age and blood pressure on augmentation index.
    Tomiyama H, Odaira M, Kimura K, Matsumoto C, Shiina K, Eguchi K, Miyashita H, Shimada K, Yamashina A
    American journal of hypertension 27(12) 1479-1485 2014年12月
  • Seasonal effects of the UCP3 and the RPTOR gene polymorphisms on obesity traits in Japanese adults.
    Nakayama K, Miyashita H, Iwamoto S
    Journal of physiological anthropology 33 38 2014年12月
  • Common variants of GIP are associated with visceral fat accumulation in Japanese adults.
    Nakayama K, Watanabe K, Boonvisut S, Makishima S, Miyashita H, Iwamoto S
    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology 307(11) ajpgi.00282.2014-14 2014年10月
  • TRIB1 downregulates hepatic lipogenesis and glycogenesis via multiple molecular interactions.
    Ishizuka Y, Nakayama K, Ogawa A, Makishima S, Boonvisut S, Hirao A, Iwasaki Y, Yada T, Yanagisawa Y, Miyashita H, Takahashi M, Iwamoto S, Jichi Medical University Promotion Team of Large-Scale Human Genome Bank for All over Japan
    Journal of molecular endocrinology 52(2) 145-158 2014年04月
  • Subservient relationship of the peripheral second systolic pressure peak to the central hemodynamic parameters is preserved, irrespective of atherosclerosis progression in hypercholesterolemic rabbits.
    Katsuda S, Miyashita H, Shimada K, Miyawaki Y, Kojima I, Shiogai Y, Hazama A
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 37(1) 19-25 2014年01月
  • Positive natural selection of TRIB2, a novel gene that influences visceral fat accumulation, in East Asia.
    Nakayama K, Ogawa A, Miyashita H, Tabara Y, Igase M, Kohara K, Miki T, Kagawa Y, Yanagisawa Y, Katashima M, Onda T, Okada K, Fukushima S, Iwamoto S
    Human genetics 132(2) 201-217 2013年02月
  • Seasonal effects of UCP1 gene polymorphism on visceral fat accumulation in Japanese adults.
    Nakayama K, Miyashita H, Yanagisawa Y, Iwamoto S
    PloS one 8(9) e74720 2013年
  • Basis of monitoring central blood pressure and hemodynamic parameters by peripheral arterial pulse waveform analyses.
    Miyashita H, Katsuda S
    Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference 2013 221-224 2013年
  • Clinical Assessment of Central Blood Pressure.
    Miyashita H
    Current hypertension reviews 8(2) 80-90 2012年05月
  • Cross-sectional characterization of all classes of antihypertensives in terms of central blood pressure in Japanese hypertensive patients.
    Miyashita H, Aizawa A, Hashimoto J, Hirooka Y, Imai Y, Kawano Y, Kohara K, Sunagawa K, Suzuki H, Tabara Y, Takazawa K, Takenaka T, Yasuda H, Shimada K
    American journal of hypertension 23(3) 260-268 2010年03月
  • Differential effects between a calcium channel blocker and a diuretic when used in combination with angiotensin II receptor blocker on central aortic pressure in hypertensive patients.
    Matsui Y, Eguchi K, O'Rourke MF, Ishikawa J, Miyashita H, Shimada K, Kario K
    Hypertension 54(4) 716-723 2009年10月
  • The influence of wave reflection on left ventricular hypertrophy in hypertensive patients is modified by age and gender.
    Matsui Y, Ishikawa J, Eguchi K, Hoshide S, Miyashita H, Shimada K, Kario K
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 31(4) 649-656 2008年04月
  • Adenoassociated virus-mediated prostacyclin synthase expression prevents pulmonary arterial hypertension in rats.
    Ito T, Okada T, Mimuro J, Miyashita H, Uchibori R, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Takahashi M, Ikeda U, Sakata Y, Shimada K, Ozawa K
    Hypertension 50 531-536 2007年09月
  • Mild hypertension in young Kurosawa and Kusanagi-hypercholesterolaemic (KHC) rabbits.
    Katsuda S, Miyashita H, Takazawa K, Machida N, Kusanagi M, Miyake M, Hazama A
    Physiological measurement 27(12) 1361-1371 2006年12月
  • Interleukin-10 expression mediated by an adeno-associated virus vector prevents monocrotaline-induced pulmonary arterial hypertension in rats.
    Ito T, Okada T, Miyashita H, Nomoto T, Nonaka-Sarukawa M, Uchibori R, Maeda Y, Urabe M, Mizukami H, Kume A, Takahashi M, Ikeda U, Shimada K, Ozawa K
    Circulation research 101 734-741 2007年09月
  • Mycophenolate mofetil attenuates pulmonary arterial hypertension in rats.
    Suzuki C, Takahashi M, Morimoto H, Izawa A, Ise H, Hongo M, Hoshikawa Y, Ito T, Miyashita H, Kobayashi E, Shimada K, Ikeda U
    Biochemical and biophysical research communications 349(2) 781-788 2006年10月
  • A prostacyclin receptor antagonist inhibits the sensitized release of substance P from rat sensory neurons.
    Nakae K, Saito K, Iino T, Yamamoto N, Wakabayashi M, Yoshikawa S, Matsushima S, Miyashita H, Sugimoto H, Kiba A, Gupta J
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 315(3) 1136-1142 2005年12月
  • [Reduced arterial compliance with advancing age].
    Miyashita H, Shimada K
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 63(6) 959-968 2005年06月
  • Reference values of arterial stiffness-related indexes derived from pulse wave analysis.
    Miyashita H
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 29 467-468 2006年07月
  • AAV-mediated VEGF gene transfer into skeletal muscle stimulates angiogenesis and improves blood flow in a rat hindlimb ischemia model.
    Shimpo M, Ikeda U, Maeda Y, Takahashi M, Miyashita H, Mizukami H, Urabe M, Kume A, Takizawa T, Shibuya M, Ozawa K, Shimada K
    Cardiovascular research 53(4) 993-1001 2002年03月
  • Change in the static rheological properties of the aorta in Kurosawa and Kusanagi-hypercholesterolemic (KHC) rabbits with progress of atherosclerosis.
    Katsuda S, Machida N, Hasegawa M, Miyashita H, Kusanagi M, Tsubone H, Hazama A
    Physiological measurement 25 505-522 2004年04月
  • Characteristic change in local pulse wave velocity in different segments of the atherosclerotic aorta in KHC rabbits.
    Katsuda S, Miyashita H, Hasegawa M, Machida N, Kusanagi M, Yamasaki M, Waki H, Hazama A
    American journal of hypertension 17 181-187 2004年02月
  • Increased brain angiotensin receptor in rats with chronic high-output heart failure.
    Yoshimura R, Sato T, Kawada T, Shishido T, Inagaki M, Miyano H, Nakahara T, Miyashita H, Takaki H, Tatewaki T, Yanagiya Y, Sugimachi M, Sunagawa K
    Journal of cardiac failure 6 66-72 2000年03月
  • A novel servo-control system that imposes desired aortic input impedance on in situ rat heart.
    Miyashita H, Sugimachi M, Sato T, Kawada T, Shishido T, Nakahara T, Yoshimura R, Takaki H, Miyano H, Sunagawa K
    American journal of physiology. Heart and circulatory physiology 278 H998-H1007 2000年03月
  • Development of a servo-controller of heart rate using a treadmill.
    Kawada T, Sunagawa G, Takaki H, Shishido T, Miyano H, Miyashita H, Sato T, Sugimachi M, Sunagawa K
    Japanese circulation journal 63(12) 945-950 1999年12月
  • Neuronal uptake affects dynamic characteristics of heart rate response to sympathetic stimulation.
    Nakahara T, Kawada T, Sugimachi M, Miyano H, Sato T, Shishido T, Yoshimura R, Miyashita H, Inagaki M, Alexander J Jr, Sunagawa K
    The American journal of physiology 277 R140-6 1999年07月
  • Simultaneous identification of static and dynamic vagosympathetic interactions in regulating heart rate.
    Kawada T, Sugimachi M, Shishido T, Miyano H, Sato T, Yoshimura R, Miyashita H, Nakahara T, Alexander J Jr, Sunagawa K
    The American journal of physiology 276 R782-9 1999年03月
  • Acute effect of tumor necrosis factor-alpha is minimal on mechanics but significant on energetics in blood-perfused canine left ventricles.
    Miyano H, Shishido T, Kawada T, Miyashita H, Sato T, Sugimachi M, Sunagawa K
    Critical care medicine 27 168-176 1999年01月
  • Accumulation of cAMP augments dynamic vagal control of heart rate.
    Nakahara T, Kawada T, Sugimachi M, Miyano H, Sato T, Shishido T, Yoshimura R, Miyashita H, Inagaki M, Alexander J Jr, Sunagawa K
    The American journal of physiology 275 H562-7 1998年08月
  • Dynamic sympathetic regulation of left ventricular contractility studied in the isolated canine heart.
    Miyano H, Nakayama Y, Shishido T, Inagaki M, Kawada T, Sato T, Miyashita H, Sugimachi M, Alexander J Jr, Sunagawa K
    The American journal of physiology 275 H400-8 1998年08月
  • Cholinesterase affects dynamic transduction properties from vagal stimulation to heart rate.
    Nakahara T, Kawada T, Sugimachi M, Miyano H, Sato T, Shishido T, Yoshimura R, Miyashita H, Sunagawa K
    The American journal of physiology 275 R541-7 1998年08月
  • ESPVR of in situ rat left ventricle shows contractility-dependent curvilinearity.
    Sato T, Shishido T, Kawada T, Miyano H, Miyashita H, Inagaki M, Sugimachi M, Sunagawa K
    The American journal of physiology 274 H1429-34 1998年05月
  • Dynamic transduction properties of in situ baroreceptors of rabbit aortic depressor nerve.
    Sato T, Kawada T, Shishido T, Miyano H, Inagaki M, Miyashita H, Sugimachi M, Knuepfer MM, Sunagawa K
    The American journal of physiology 274 H358-65 1998年01月
  • Closed-loop identification of carotid sinus baroreflex open-loop transfer characteristics in rabbits.
    Kawada T, Sugimachi M, Sato T, Miyano H, Shishido T, Miyashita H, Yoshimura R, Takaki H, Alexander J Jr, Sunagawa K
    The American journal of physiology 273 H1024-31 1997年08月

MISC

  • アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いたVEGF遺伝子導入―虚血性心疾患・末梢動脈疾患に対する遺伝子治療への応用―(共著)
    心筋の構造と代謝 3: 279-285 2001年
  • 非侵襲的大動脈圧モニターの開発に関する検討
    21(1) 176-181 2000年
  • 末梢動脈波形による大動脈圧推定法の検討.
    日本ME学会誌 38(Suppl) 148 2000年
  • ランダム圧発生装置によるfluid-filled血圧計測系の周波数特性評価と波形歪みの補正.(共著)
    日本ME学会誌 38(Suppl) 146 2000年
  • 大動脈スティッフネスと駆出早期の動的な左室-動脈干渉の関係.
    65(suppl (]G0001[)) 432 1999年
  • 動脈圧波形の左室後負荷としての意義-in situラット心での実験的検討-
    宮下洋, 杉町勝, 佐藤隆幸, 川田徹, 宍戸稔聡, 吉村亮一, 高木洋, 宮野博史, 砂川賢二
    Ther Res 19(2) 341-345 1998年
  • In Situ Rat Heartに任意の大動脈入力インピーダンスを負荷する制御装置の開発
    宮下洋, 杉町勝, 佐藤隆幸, 川田徹, 宍戸稔聡, 吉村亮一, 高木洋, 宮野博史, 砂川賢二
    Ther Res 18(3) 775-778 1997年
  • In Situ Rat Heartに任意の大動脈入力インピーダンスを負荷する制御装置の開発
    第11回生体・生理工学シンポジウム論文集 381 1996年
  • 高齢者高血圧の血行動態
    日本老年医学会雑誌 31(12) 916-920 1994年
  • 心拍出量の求め方
    臨床医 24(5) 716-718 1998年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを用いたVEGF遺伝子導入―虚血性心疾患・末梢動脈疾患に対する遺伝子治療への応用―(共著)
    心筋の構造と代謝 3: 279-285 2001年
  • 非侵襲的大動脈圧モニターの開発に関する検討
    21(1) 176-181 2000年
  • 末梢動脈波形による大動脈圧推定法の検討.
    日本ME学会誌 38(Suppl) 148 2000年
  • ランダム圧発生装置によるfluid-filled血圧計測系の周波数特性評価と波形歪みの補正.(共著)
    日本ME学会誌 38(Suppl) 146 2000年
  • 大動脈スティッフネスと駆出早期の動的な左室-動脈干渉の関係.
    65(suppl (]G0001[)) 432 1999年
  • 動脈圧波形の左室後負荷としての意義-in situラット心での実験的検討-
    宮下洋, 杉町勝, 佐藤隆幸, 川田徹, 宍戸稔聡, 吉村亮一, 高木洋, 宮野博史, 砂川賢二
    Ther Res 19(2) 341-345 1998年
  • In Situ Rat Heartに任意の大動脈入力インピーダンスを負荷する制御装置の開発
    宮下洋, 杉町勝, 佐藤隆幸, 川田徹, 宍戸稔聡, 吉村亮一, 高木洋, 宮野博史, 砂川賢二
    Ther Res 18(3) 775-778 1997年
  • In Situ Rat Heartに任意の大動脈入力インピーダンスを負荷する制御装置の開発
    第11回生体・生理工学シンポジウム論文集 381 1996年
  • 高齢者高血圧の血行動態
    日本老年医学会雑誌 31(12) 916-920 1994年
  • 心拍出量の求め方
    臨床医 24(5) 716-718 1998年
  • 加齢の指標としての動脈硬化
    循環器科 42(6) 521-528 1997年
  • ACE阻害薬とCa拮抗薬の比較
    1995年
  • 筋ジストロフィーの心筋病変
    循環器NOW(南江堂) 6 149 1994年
  • 心不全における末梢循環
    内科 71 822-826 1993年
  • 血行動態波形情報の解析による大動脈粥状硬化早期病変の検出
    宮下洋, 勝田新一郎, 清水強, 挾間章博, 島田和幸, 矢田俊彦
    循環制御 24(4) 360-370 2003年
  • 高血圧による動脈硬化度を評価する:血圧波形解析(Augmentation Index)
    宮下洋, 杉町勝, 砂川賢二
    血圧 10(6) 584-591 2004年
  • 高血圧による標的臓器障害評価ハンドブック:Augmentation Indexによる動脈硬化度の評価
    宮下洋
    循環器科 56(3) 257-266 2004年
  • 血管年齢と臓器障害:加齢と動脈圧波形-Augmentation Indexについて-
    宮下洋, 杉町勝, 砂川賢二
    Modern Physician 24(11) 1699-1704 2004年
  • Arterial Stiffnessと心機能:Back to the Future
    宮下洋, 砂川賢二
    Arterial Stiffness 7 4-5 2005年
  • 高齢者高血圧━病態と診断・治療の進歩━:加齢による動脈コンプライアンスの低下
    宮下洋, 島田 和幸
    日本臨牀 63(6) 959-968 2005年
  • [講座] PWA
    宮下洋
    循環制御 27(2) 136-144 2006年
  • 橈骨動脈Augmentation indexの心拍数依存性
    宮下洋, 鴛海 明, 生方 聡, 庭山 秀毅, 宮脇 義徳, 島田 和幸
    Arterial Stiffness 10 24-28 2006年
  • 特定健診・特定保健指導の実際:脳血管障害
    宮下洋,島田和幸
    綜合臨牀 57(5) 1563-1569 2008年

書籍等出版物

  • 循環器の構造と機能 In 島田和幸, 宗村美江子(編): 新体系看護学全書16巻 循環器疾患. pp 3-32
    メヂカルフレンド社, 東京 2007年
  • AI ―PWVとの類似点と相違点― In: 宗像正徳(編): Hands-on Book PWVを知るPWVで診る
    中山書店、東京 2006年
  • PWVおよび中心血圧(AI)の心不全への応用 In 小澤利男(監修), 臨床血圧脈波研究会(編): 新しい血圧測定と脈波解析マニュアル
    Medical View、東京 2008年
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 循環器の構造と機能 In 島田和幸, 宗村美江子(編): 新体系看護学全書16巻 循環器疾患. pp 3-32
    メヂカルフレンド社, 東京 2007年
  • AI ―PWVとの類似点と相違点― In: 宗像正徳(編): Hands-on Book PWVを知るPWVで診る
    中山書店、東京 2006年
  • PWVおよび中心血圧(AI)の心不全への応用 In 小澤利男(監修), 臨床血圧脈波研究会(編): 新しい血圧測定と脈波解析マニュアル
    Medical View、東京 2008年

外部的資金

  • 拍動性メカニカルストレスの心血管に対する病態生理学的効果に関する研究
    研究期間 :1996年 - 2010年
  • 非侵襲的大動脈圧モニターシステムの開発と実用化研究
    :共同研究
    研究期間 :1999年 - 2010年
  • Fluid-filled血圧計測系における周波数依存波形歪みの実用的補正法の開発
    研究期間 :2000年 - 2010年
  • 血行動態波形情報の高度解析による糖尿病性大血管症および粥状動脈硬化の早期検出と評価
    研究期間 :2002年 - 2010年
  • 大動脈反射波、Augmentation Indexに関する基礎的および臨床的検討
    研究期間 :2003年 - 2010年
  • 降圧治療と撓骨動脈トノメトリーにより推定した中心血圧に関する国内多施設横断研究(ABC-J)
    :共同研究
    研究期間 :2006年 - 2011年
  • 末梢血圧脈波形成機序に関する実証的研究
    研究期間 :2006年 - 2010年
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 拍動性メカニカルストレスの心血管に対する病態生理学的効果に関する研究
    研究期間 :1996年 - 2010年
  • 非侵襲的大動脈圧モニターシステムの開発と実用化研究
    :共同研究
    研究期間 :1999年 - 2010年
  • Fluid-filled血圧計測系における周波数依存波形歪みの実用的補正法の開発
    研究期間 :2000年 - 2010年
  • 血行動態波形情報の高度解析による糖尿病性大血管症および粥状動脈硬化の早期検出と評価
    研究期間 :2002年 - 2010年
  • 大動脈反射波、Augmentation Indexに関する基礎的および臨床的検討
    研究期間 :2003年 - 2010年
  • 降圧治療と撓骨動脈トノメトリーにより推定した中心血圧に関する国内多施設横断研究(ABC-J)
    :共同研究
    研究期間 :2006年 - 2011年
  • 末梢血圧脈波形成機序に関する実証的研究
    研究期間 :2006年 - 2010年

Works

  • 末梢動脈疾患に対するVEGF遺伝子治療
    発表年 : 2000年-2001年
  • 高脂血症ウサギの脈波波形解析による大動脈粥状硬化の評価
    発表年 : 2002年
Worksを全て表示する
  • 末梢動脈疾患に対するVEGF遺伝子治療
    発表年 : 2000年-2001年
  • 高脂血症ウサギの脈波波形解析による大動脈粥状硬化の評価
    発表年 : 2002年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.