研究者総覧

宮戸 秀世 (ミヤト ヒデヨ)

  • 外科学講座(消化器一般移植外科学部門) 講師
メールアドレス: hideyomiyato3810icloud.com
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 1999年6月 東京大学医学部付属病院

    2017年4月 自治医科大学 地域医療学講座 講師

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

学歴

  • 2005年04月 - 2009年03月   東京大学大学院医学系研究科   Graduate School of Medicine
  • 1993年04月 - 1999年03月   1999年3月 東京大学医学部   医学科

所属学協会

  • 日本癌治療学会   日本癌学会   日本消化器外科学会   日本外科学会   

研究活動情報

論文

  • Akira Saito, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Heliyon 7 1 e05880  2021年01月 
    Aim: PD-1/PD-L1 blockade therapy is now widely used for the treatment of advanced malignancies. Although PD-L1 is known to be expressed by various host cells as well as tumor cells, the role of PD-L1 on non-malignant cells and its clinical significance is unknown. We evaluated cell type-specific expression of PD-L1 in colorectal cancer (CRC) specimens using multicolor flow cytometry. Methods: Single cell suspensions were made from 21 surgically resected CRC specimens, and immunostained with various mAbs conjugated with different fluorescent dyes. Tumor cells, stromal cells, and immune cells were identified as CD326(+), CD90(+) and CD45(+) phenotype, respectively. CD11b(+) myeloid cells, CD19(+) B cells and CD4(+) or CD8(+) T cells were also stained in different samples, and their frequencies in the total cell population and the ratio of PD-L1(+) cells to each phenotype were determined. Results: PD-L1 was expressed by all the cell types. The ratio of PD-L1(+) cells to CD326(+) tumor cells was 19.1% ± 14.0%, lower than those for CD90(+) stromal cells (39.6% ± 16.0%) and CD11b(+) myeloid cells (31.9% ± 14.3%). The ratio of PD-L1(+) cells in tumor cells correlated strongly with the ratio in stromal cells, while only weakly with that in myeloid cells. Tumor cells were divided into two populations by CD326 expression levels, and the PD-L1 positive ratios were inversely correlated with the rate of CD326 highly expressing cells as well as mean fluorescein intensity of CD326 in tumor cells, while positively correlated with the frequencies of stromal cells or myeloid cells in CRC. Conclusion: PD-L1 is differentially expressed on various cell types in CRC. PD-L1 on tumor cells may be upregulated together with CD326 downregulation in the process of epithelial mesenchymal transition. Quantification of cell type-specific expression of PD-L1 using multicolor flow cytometry may provide useful information for the immunotherapy of solid tumors.
  • Kazuya Takahashi, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Cytometry Part B: Clinical Cytometry 2020年12月
  • Shin Saito, Hironori Yamaguchi, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Rihito Kanamaru, Kentaro Kurashina, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of Surgical Oncology 2020年12月 
    Abstract Background Intraperitoneal (IP) administration of paclitaxel (PTX) has a great pharmacokinetic advantage to control peritoneal lesions and can be combined with various systemic chemotherapies. In this study, we evaluate the efficacy and tolerability of a combination of IP-PTX and systemic S-1/oxaliplatin (SOX) for induction chemotherapy for patients with peritoneal metastases (PM) from gastric cancer (GC). Patients and Methods Patients with GC who were diagnosed as macroscopic PM (P1) or positive peritoneal cytology (CY1) by staging laparoscopy between 2016 and 2019 were enrolled. PTX was IP administered at 40 mg/m2 on days 1 and 8. Oxaliplatin was IV administered at 100 mg/m2 on day 1, and S-1 was administered at 80 mg/m2/day for 14 consecutive days, repeated every 21 days. Survival time and toxicities were retrospectively explored. Results Forty-four patients received SOX + IP-PTX with a median (range) of 16 (1–48) courses, although oxaliplatin was suspended due to the hematotoxicity or intolerable peripheral neuropathy in many patients. The 1-year overall survival (OS) rate was 79.5% (95% CI 64.4–88.8%) with median survival time of 25.8 months. Gastrectomy was performed in 20 (45%) patients who showed macroscopic shrinkage of PM with a 1-year OS rate of 100% (95% CI 69.5–100%). Grade 2 and 3 histological responses was achieved in four (20%) and one (5%) patients. Grade 3/4 toxicities included neutropenia (11%), leukopenia (39%), and anemia (14%). There were no treatment-related deaths. Conclusions Combination chemotherapy using SOX + IP-PTX regimen is highly effective and recommended as induction chemotherapy for patients with PM from GC.
  • Hideyuki Ohzawa, Yuki Kimura, Akira Saito, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of surgical oncology 27 13 5057 - 5064 2020年12月 
    BACKGROUND: Repeat intraperitoneal (IP) chemotherapy has been successfully used for treatment of peritoneal metastases (PM) from gastric cancer (GC). Exosomes play important roles not only in tumor progression but also in chemoresistance via transfer of microRNAs (miRNAs). However, there is little evidence of an effect of miRNAs in peritoneal exosomes on chemosensitivity of peritoneal lesions. METHODS: In 74 patients with advanced GC who underwent staging laparoscopy, exosomes were isolated from peritoneal fluid and expression levels of miR-21-5p, miR-223-3p, and miR-29b-3p determined using TaqMan Advanced miRNA assays. In 43 patients with PM treated with combination chemotherapy, S-1 plus Oxaliplatin together with IP Paclitaxel, the relationship between their relative expression levels and outcomes was examined. RESULTS: The ratios of miR-21-5p/miR-29b-3p and miR-223-3p/miR-29b-3p were significantly upregulated in patients with PM, especially in patients with high serum CA125 levels. They showed a mild association with Peritoneal Cancer Index (PCI) score and ascites. More impressively, the ratios were significantly higher in 16 patients with progression of PM within 1 year compared with 27 patients with an excellent tumor response (miR-21-5p/miR-29b-3p: median 17.49, range 1.83-50.90 vs. median 4.64, range 0.40-38.96, p = 0.0015, miR-223-3p/miR-29b-3p: median 1.02, range 0.23-25.85 vs. median 0.21, range 0.01-50.07, p = 0.0006). Overall survival of patients with high miR-21/miR-29b or miR-223/miR-29b ratios was significantly worse than in patients with low ratios (p = 0.0117, p = 0.0021). CONCLUSIONS: The ratios of miRNAs in peritoneal exosome correlate with survival of the patients with PM from GC and suggest the possibility that they modify the chemosensitivity against IP chemotherapy.
  • Hideyuki Ohzawa, Yuko Kumagai, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of gastroenterological surgery 4 1 84 - 93 2020年01月 
    Aim: Peritoneal metastases (PM) frequently occur in patients with gastric cancer and result in a poor prognosis. Exosomes play pivotal roles in tumor metastasis through the transfer of microRNAs (miRNAs). We examined the exosomal miRNA profile in peritoneal fluids to identify novel biomarkers to reflect tumor burden in the peritoneum. Methods: Exosomes were isolated from peritoneal fluids of patients of gastric cancer with macroscopic (P1) or microscopic (P0CY1) peritoneal metastasis (PM) and comprehensive miRNA expression analysis was carried out. Expressions of candidate miRNAs were then validated in all 58 samples using TaqMan Advanced miRNA Assays. Results: In initial screening, we carried out comprehensive analysis of exosomal miRNA using peritoneal fluids from 11 and 14 patients with or without PM, respectively, and identified 11 dysregulated miRNAs in PM (+) samples. Validation analysis showed that four miRNAs (miR-21-5p, miR-92a-3p, miR-223-3p, and miR-342-3p) were significantly upregulated in 12 PM (+) samples, and their expression levels showed positive correlation with peritoneal cancer index. In contrast, miR-29 family were all downregulated in patients with PM (+) samples. Moreover, in 24 patients with pT4 tumor, miR-29 at gastrectomy tended to be lower in six patients with peritoneal recurrence with significant differences in miR-29b-3p (P = .012). Conclusion: Expression pattern of miRNAs in peritoneal exosomes well reflects the tumor burden in the peritoneal cavity and could be a useful biomarker in the treatment of PM.
  • Kumagai Y, Ohzawa H, Miyato H, Horie H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N, Kitayama J
    The Journal of surgical research 246 52 - 61 2019年09月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Low-density neutrophils (LDN) have been shown to be increased in peripheral blood in patients with various diseases and closely related to immune-mediated pathology. However, the frequency and function of LDN in circulating blood of the patients following abdominal surgery have not been well understood. METHODS: LDN were determined by CD66b(+) cells, which were copurified with mononuclear cells by density gradient preparations of peripheral blood of surgical patients. The effects of the purified LDN on T cell proliferation and tumor cell lysis were examined in vitro. Neutrophil extracellular traps (NETs) production was examined by extracellular nuclear staining. RESULTS: The number of LDN with an immature phenotype is markedly increased in peripheral blood samples in patients after abdominal surgery. The frequency of LDN correlated positively with operative time and intraoperative blood loss. The purified LDN significantly suppressed the proliferation of autologous T cells stimulated with anti-CD3 mAb coated on plate and partially inhibited the cytotoxicity of lymphocytes activated with recombinant interleukin-2 against a human gastric cancer cell, OCUM-1. The LDN also produced NETs after short-term culture in vitro, which efficiently trap many OCUM-1. These results suggest that surgical stress recruits immunosuppressive LDN in the circulation in the early postoperative period. CONCLUSIONS: The LDN may support the lodging of circulating tumor cells via NETs formation and inhibit T cell-mediated antitumor response in target organs, which may promote postoperative cancer metastases. Functional blockade of LDN might be an effective strategy to reduce tumor recurrence after abdominal surgery.
  • Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Shiro Matsumoto, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Hiroharu Yamashita, Yasuyuki Seto, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Scientific Reports 8 1 632  2018年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Many types of immune cells appear in peritoneal cavity after abdominal surgery. In patients who underwent laparotomy due to gastric cancer, peritoneal lavages were obtained before and after surgical procedure. Cells were recovered from intermediate layer after Ficoll-Hypaque centrifugation and analyzed for phenotypes and functions, especially focused on low density neutrophils (LDN). The number of CD66b (+) LDN with mature phenotype was markedly elevated in postoperative as compared with preoperative lavages. Short term culture of the purified LDN produced many threadlike structures positive for SYTOX, nucleic acid staining, as well as histone and myeloperoxidase, suggesting the NETs formation. Human gastric cancer cells, MKN45, OCUM-1 and NUGC-4, were selectively attached on the NETs, which was totally abolished by the pretreatment of DNAse I. Intraperitoneal (IP) co-transfer of the LDN with MKN45 in nude mice strongly augments the metastasis formation on peritoneum, which was strongly suppressed by the following IP administration of DNAse I. Many NETs-like structures were detected on the surface of human omental tissue resected by gastrectomy. NETs on peritoneal surface can assist the clustering and growth of free tumor cells disseminated in abdomen. Disruption of the NETs by DNAse might be useful to prevent the peritoneal recurrence after abdominal surgery.
  • Kanamaru R, Ohzawa H, Miyato H, Yamaguchi H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N, Kitayama J
    Journal of visualized experiments : JoVE 138 2018年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Activated neutrophils release neutrophil extracellular traps (NETs), which can capture and destroy microbes. Recent studies suggest that NETs are involved in various disease processes, such as autoimmune disease, thrombosis, and tumor metastases. Here, we show a detailed in vitro technique to detect NET activity during the trapping of free tumor cells, which grow after attachment to NETs. First, we collected low density neutrophils (LDN) from postoperative peritoneal lavage fluid from patients who underwent laparotomies. Short-term culturing of LDN resulted in massive NET formation that was visualized with green fluorescent nuclear and chromosome counterstain. After co-incubation of human gastric cancer cell lines MKN45, OCUM-1, and NUGC-4 with the NETs, many tumor cells were trapped by the NETs. Subsequently, the attachment was completely abrogated by the degradation of NETs with DNase I. Time-lapse video revealed that tumor cells trapped by the NETs did not die but instead grew vigorously in a continuous culture. These methods may be applied to the detection of adhesive interactions between NETs and various types of cells and materials.
  • Futo Y, Saito S, Miyato H, Sadatomo A, Kaneko Y, Kono Y, Matsubara D, Horie H, Lefor AK, Sata N
    International journal of surgery case reports 53 358 - 361 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Duodenal gastrointestinal tumors (GISTs) are rare. Duodenal GISTs and pancreatic neuroendocrine tumors (NETs) may appear similar on imaging studies. GISTs arising from the second or third portions of duodenum may be incorrectly diagnosed as pancreatic NETs. PRESENTATION OF CASE: The patient is a 79-year-old man who was referred to our hospital with a history of tarry stools and loss of consciousness. Urgent upper digestive tract endoscopy revealed a bleeding submucosal duodenal lesion, which was controlled using endoscopic clips. Enhanced computed tomography scan showed a hyper-vascular mass 50 mm in diameter, at the pancreatic uncus. The patient underwent a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy. Histologically, the tumor was composed of spindle-shaped cells immunohistochemically positive for c-kit and CD34, and the lesion diagnosed as a duodenal GIST. DISCUSSION: Duodenal GISTs often present with gastrointestinal bleeding, which can necessitate emergency surgery. Surgical resection with regional lymph node dissection is the optimal treatment for pancreatic NETs. In contrast, GISTs are generally treated with a minimal resection and without lymph node dissection. Thus, establishing the diagnosis is important in the management of these tumors. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) is effective to establish the diagnosis of these lesions. CONCLUSION: A tumor located in the pancreatic head or mesenteric side of the duodenum cannot always be diagnosed based on imaging, and is ideally diagnosed histologically to guide the extent of resection. While EUS-FNA can establish the diagnosis, the complications of this procedure must be considered.
  • Kitayama J, Ishigami H, Yamaguchi H, Yamada J, Soma D, Miyato H, Kamei T, Lefor AK, Sata N
    Pleura and peritoneum 2 2 95 - 102 2017年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Repeated intraperitoneal (IP) administration of paclitaxel (PTX) with concurrent systemic chemotherapy is clinically effective for the treatment of peritoneal metastases (PM) from gastric cancer. However, it is unclear how biochemical modifications may affect the pharmacokinetics and bioavailability of IP administered PTX. Methods: In a xenograft PM model using human gastric cancer cells, MKN45, fluorescein-conjugated PTX (OG-PTX) was given IP and the intra-tumor distribution of PTX examined with fluorescein microscopy. Results: After IP injection, PTX was seen to directly infiltrate up to several hundred micrometers from the surface of the PM. Co-injection with 5 % non-animal stabilized hyaluronic acid increased PTX infiltration and suppressed the development of PM more efficiently than PTX alone. PTX solubilized with amphiphilic polymer composed of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) and n-butyl methacrylate (BMA) efficiently formed a micellar formation 50-100 nm in diameter. IP injection of the nanomicellar PTX (PTX-30W) also showed significantly enhanced tumor infiltration and further inhibition of the growth of PM compared with PTX solubilized with Cremophor-ethanol (PTX-Cre). Finally, IP administration of NK105, another nanomicellar PTX, inhibited the growth of subcutaneous tumors as well as PM, compared with conventional PTX-Cre in the same murine model. Conclusions: PTX administered IP directly infiltrates PM and are thus a useful strategy for the treatment of PM. Drug modification with nanotechnology may further enhance penetration of PM resulting in improved clinical efficacy.
  • Kita Y, Kobayashi R, Nogimura H, Hongo K, Miyato H, Ishihara Y, Takabayashi N, Hiramatsu T
    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery 70 5 397 - 399 2017年05月 [査読有り][通常論文]
  • Kita Y, Kobayashi R, Nogimura H, Koreyasu R, Yakuwa K, Nishino Y, Fukuhara N, Hongo K, Miyato H, Ishihara Y, Takabayashi N, Hiramatsu T
    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery 67 7 557 - 559 2014年07月 [査読有り][通常論文]
  • Hideyo Miyato, Nelson Hirokazu Tsuno, Joji Kitayama
    CANCER SCIENCE 103 11 1961 - 1966 2012年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Malignant tumors are often associated with denervation, suggesting the functional implication of axonal guidance molecules in tumor growth. Here, we assessed the role of semaphorin 3C (sema3C) in the progression of gastric cancer. Immunohistochemistry of human samples revealed that sema3C was strongly expressed in neoplastic cells, especially at the invasion front. Stable transfection of target sequences of sema3C miRNA did not affect the in vitro proliferative activity of human gastric cancer AZ-521 cells. However, when the tumor growth was examined in vivo using an orthotopic model in nude mice, primary stomach tumors as well as metastatic liver tumors were significantly suppressed by sema3C silencing with the reduction of microvessel density. Immunostaining of primary tumor indicated the rate of Ki-67 positive carcinoma cells was decreased, whereas that of apoptotic cells was significantly increased in sema3C-silenced tumor. In addition, capillary-like tubular formation was reduced by the addition of culture media of sema3C miRNA cells compared with the media of control miRNA cells. Semaphorin 3C is positively expressed in gastric cancer cells and may be involved in tumor progression, presumably through the stimulation of angiogenesis. (Cancer Sci 2012; 103: 1961-1966)
  • Hideyo Miyato, Joji Kitayama, Hirokazu Nagawa
    HEPATO-GASTROENTEROLOGY 59 116 1299 - 1301 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: Although preservation of the vaguas nerve is recommended in surgery for early-stage gastric cancer, the physiological effect of vagotomy on the postoperative course has not been well documented. We assessed the effect of vagotomy on the change in fat volume after gastrectomy. Methodology: Subcutaneous fat area (SFA) and visceral fat area (VFA) were separately measured in computed tomographic images taken before and more than 6 months after surgery, using Fat Scan software. The ratios of postoperative/preoperative values of these two fat areas as well as body weight were calculated in 45 patients who underwent DG with (n=24) or without (n=21) vagotomy. Results: Vagotomy did not affect the change in body weight (91.3 +/- 1.7% vs. 92.1 +/- 1.7%). In patients with vagotomy, VFA was reduced to 59.0 +/- 5.1%, which was significantly greater than the reduction in SFA (74.3 +/- 8.7%, p=0.042). In contrast, the reduction ratios of VFA and SFA were equal in vagus nerve-preserved patients (78.4 +/- 6.7% vs. 78.2 +/- 6.9%, p=0.97). Conclusions: The vagus nerve may have a function to locally regulate the intra-abdominal fat volume and preservation of the vagus nerve results in the maintenance of visceral fat after DG.
  • Hideyo Miyato, Joji Kitayama, Akio Hidemura, Hironori Ishigami, Shoichi Kaisaki, Hirokazu Nagawa
    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH 173 1 60 - 67 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background. Body weight loss is a well-known complication after gastrectomy, and is mainly due to reduced fat volume. The effect of vagotomy on the postoperative fat volume was investigated in patients with early stage gastric cancer who underwent gastrectomy. Methods. Subcutaneous fat area (SFA) and visceral fat area (VFA) were separately measured in a computed tomographic (CT) image at the level of the umbilicus using Fat Scan software. The changes in these two fat areas were determined by comparing CT images taken before and more than 6 mo after gastrectomy, and the ratio of postoperative to preoperative fat area was calculated in 77 patients. Results. VFA was reduced significantly greater after total gastrectomy (TG) than distal gastrectomy (DG) (P = 0.0003). In 63 patients who underwent DG, the reduction in VFA, but not in SFA, was significantly less in vagus nerve-preserved than in vagus nerve-nonpreserved cases (59.0% +/- 24.2% versus 74.9% +/- 28.2%, P = 0.027). If compared in each case, VFA showed a significantly greater decrease than did SFA in vagus-nonpreserving, but not in vagus-preserving, gastrectomy (68.2% +/- 37.0% versus 52.7% +/- 25.2%, P < 0.0001; 76.3% +/- 30.0% versus 74.9% +/- 28.2%, P = 0.79). Conclusions. The vagus nerve has a function to locally regulate the amount of intra-abdominal fat tissue, and selective vagotomy in gastrectomy results in a preferential reduction of visceral fat in gastrectomy. Surgical denervation of vagus may be reconsidered as a reasonable treatment for excessive obesity. (C) 2012 Published by Elsevier Inc.
  • Hideyo Miyato, Joji Kitayama, Hironori Ishigami, Shoichi Kaisaki, Hirokazu Nagawa
    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY 18 8 2281 - 2288 2011年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The role and clinical significance of the alteration of sympathetic nerve fibers (SNF) was assessed in gastric cancer. Loss of nerve fibers in malignant tumors has previously been described; however, how dysfunction of the nervous system is involved in cancer progression has not been clarified in clinical studies. The distribution of SNF was examined in 82 surgically resected gastric cancer specimens with immunohistochemical staining of tyrosine hydroxylase (TH), and the association with clinicopathological findings as well as the clinical outcome of the patients was retrospectively evaluated. Arterioles in the normal gastric wall were totally covered with SNF, while the immunoreactivity to TH was markedly reduced around arterioles in cancer tissue. The degree of loss of SNF was significantly correlated with the depth of invasion (P < .0001) and lymph node metastasis (P < .0001) as well as microvessel density (MVD) (P = .0043). Moreover, patients who had tumors with marked loss of SNF showed a markedly worse clinical outcome, with an independent association by multivariate analysis. Loss of periarteriolar SNF is associated with aggressive phenotype of gastric cancer possibly through enhanced angiogenesis and thus could be a useful marker to predict the clinical outcome.
  • Kensuke Otani, Joji Kitayama, Takao Kamei, Daisuke Soma, Hideyo Miyato, Toshimasa Yamauchi, Takashi Kadowaki, Hirokazu Nagawa
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 45 9 918 - 927 2010年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Background Adiponectin has been shown to have suppressive effects on tumor development, but the expression of adiponectin receptors in tumor tissue has not been fully elucidated. The purpose of this study was to quantitatively evaluate the expression of two adiponectin receptors, AdipoR1 and AdipoR2, in gastric cancer tissue. Methods The mRNA levels of AdipoR1 and AdipoR2 were evaluated by quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (RT-PCR) and immunohistochemical staining in 67 gastric cancer tissues and their normal counterparts. In addition, the effects of cytokines on AdipoR1 and AdipoR2 expression in cultured gastric cancer cells were examined. Results As compared to findings in the normal counterparts, AdipoR1 mRNA expression, standardized by beta-actin mRNA, tended to be lower (cancer 0.488 +/- 0.039, normal 0.955 +/- 0.281, p = 0.0726) and AdipoR2 expression was significantly lower (0.818 +/- 0.081, 1.500 +/- 0.222, p = 0.0035) in gastric cancer tissue. Immunohistochemical examination showed the same tendency for AdipoR1 and AdipoR2 expression in epithelial cells. Moreover, AdipoR2 was strongly expressed in interstitial cells. However, the expression levels of these receptors did not show a strong correlation with various pathological factors. An in vitro experiment using two gastric cancer cell lines, MKN-74 and NUGC-3, showed that the expression levels of AdipoR1 and AdipoR2 were significantly decreased by transforming growth factor (TGF)-beta in a dose-dependent manner. Conclusions Two major adiponectin receptors were decreased in gastric cancer as compared to findings in normal gastric epithelium. TGF-beta may be involved in this receptor downregulation. This downregulation may be an ideal strategy for cancer cells to escape the antiproliferative effects of adiponectin in the initial phase of tumor development.
  • H. Ishigami, J. Kitayama, S. Kaisaki, A. Hidemura, M. Kato, K. Otani, T. Kamei, D. Soma, H. Miyato, H. Yamashita, H. Nagawa
    ANNALS OF ONCOLOGY 21 1 67 - 70 2010年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Patients and methods: Gastric cancer patients with peritoneal dissemination and/or cancer cells on peritoneal cytology were enrolled. PTX was administered i.v. at 50 mg/m(2) and i.p. at 20 mg/m(2) on days 1 and 8. S-1 was administered at 80 mg/m(2)/day for 14 consecutive days, followed by 7 days rest. The primary end point was the 1-year overall survival (OS) rate. Secondary end points were the response rate, efficacy against malignant ascites and safety. Results: Forty patients were enrolled, including 21 with primary tumors with peritoneal dissemination, 13 with peritoneal recurrence and six with positive peritoneal cytology only. The median number of courses was 7 (range 1-23). The 1-year OS rate was 78% (95% confidence interval 65% to 90%). The overall response rate was 56% in 18 patients with target lesions. Malignant ascites disappeared or decreased in 13 of 21 (62%) patients. The frequent grade 3/4 toxic effects included neutropenia (38%), leukopenia (18%) and anemia (10%). Conclusion: Combination chemotherapy of i.v. and i.p. PTX with S-1 is well tolerated and active in gastric cancer patients with peritoneal metastasis.
  • Joji Kitayama, Hironori Ishigami, Shoichi Kaisaki, Akio Hidemura, Masahiro Kato, Kensuke Otani, Takao Kamei, Daisuke Soma, Hideyo Miyato, Hiroharu Yamashita, Hirokazu Nagawa
    ONCOLOGY 78 1 40 - 46 2010年 [査読有り][通常論文]
     
    Malignant ascites caused by gastric cancer are chemotherapy resistant and carry a poor prognosis. The efficacy of a regimen including intraperitoneal paclitaxel (PTX) was evaluated in 33 gastric cancer patients with ascetic fluid in the peritoneal cavity diagnosed with computed tomography (CT) scanning. Synchronous administration of intravenous (50 mg/m(2)) and intraperitoneal (20 mg/m(2)) PTX was performed via a subcutaneously placed intraperitoneal catheter on days 1 and 8, and S-1 was administered twice daily at 80 mg/m(2) /day for 14 consecutive days from day 1 to day 14, followed by 7 days of rest. The ascitic fluid volume was calculated with NIH Image J software using continuous CT images. After 2-4 treatment cycles, 23 (70%) patients showed reductions in their ascitic volumes of > 50%. Ascites disappeared completely in 8 patients and were markedly reduced (to <3% of the original volume) in 4 of the 9 patients (44%) who initially had massive (>2,500 ml) ascites. Median overall survival was significantly better in patients with ascitic reduction. Weekly intravenous and intraperitoneal PTX combined with S-1 was highly effective in gastric cancer with malignant ascites. The change in ascitic fluid volumes determined by CT image measurements is a useful predictor of outcome in these patients. Copyright (C) 2010 S. Karger AG, Basel
  • H. Ishigami, J. Kitayama, S. Kaisaki, A. Hidemura, M. Kato, K. Otani, T. Kamei, D. Soma, H. Miyato, H. Nagawa
    EJC SUPPLEMENTS 7 2 368 - 368 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • Shinichi Sameshima, Shinichiro Koketsu, Satomi Yoneyama, Hideyo Miyato, Toshio Kaji, Toshio Sawada
    INTERNATIONAL SURGERY 94 3 249 - 253 2009年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study was to retrospectively evaluate the outcome of stapled, functional, end-to-end anastomosis (FEEA) for the reconstruction of right hemicolectomy. We enrolled 204 patients who underwent a right hemicolectomy for colon carcinomas or adenomas by open surgery. One hundred two patients received an FEEA, and 102 patients received a conventional, handsewn anastomosis after a right hemicolectomy. We examined the postoperative complications, the duration of the operations, and the recurrences. The wound infection rate was lower in the FEEA group than in the handsewn group (4.9 % versus 13.7 %; P = 0.03). The duration of the operations was shorter in the FEEA group than in the handsewn group (134.4 mins versus 160.0 mins; P < 0.0001). There was no recurrence of anastomosis or stenosis in either group. The FEEA method is an easy and safe technique compared with the conventional handsewn anastomosis procedure.
  • Hideyo Miyato, Joji Kitayama, Hiroharu Yamashita, Daisuke Souma, Masahiro Asakage, Jun Yamada, Hirokazu Nagawa
    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH 155 1 40 - 47 2009年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Orally applicable Delta 9-tetrahydrocannabinol and its synthetic derivatives have been used as antiemetic drugs during chemotherapy in cancer patients. However, it is not well known how cannabinoids influence the effects of chemotherapeutic agents on malignant tumors. In this study, we investigated how the endogenous cannabinoid anandamide (AEA) changes the effect of paclitaxel on gastric cancer cell lines. In the human gastric cancer cell line, HGC-27, which express cannabinoid receptor 1 (CB1), AEA stimulated proliferation at concentrations under 1 mu M, while it strongly suppressed proliferation through the induction of apoptosis at 10 mu M. This bimodal effect was reproduced by a selective CB1 agonist, arachidonyl-2-chloroethylamide, although the effects were less marked. When AEA was used with paclitaxel, AEA at 10 mu M synergistically enhanced the cytotoxic effect of paclitaxel, whereas it showed no significant effect at lower concentrations. Flow cytometric analysis revealed that addition of 10 mu M AEA synergistically enhanced paclitaxel-induced apoptosis, possibly through the activation of caspase-3, -8, and -9. Our results suggest that cannabinoids could be a good palliative agent for cancer patients receiving paclitaxel. Crown Copyright (C) 2009 Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
  • H. Ishigami, J. Kitayama, S. Kaisaki, A. Hidemura, M. Kato, K. Otani, T. Kamei, D. Soma, H. Miyato, H. Yamashita, H. Nagawa
    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 27 15 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • Shinichi Sameshima, Shigeru Tomozawa, Shinichiro Koketsu, Toshiyuki Okada, Hideyo Miyato, Misa Iijima, Masaru Kojima, Toshio Kaji
    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 7 41  2009年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Small bowel adenocarcinomas (SBAs) are rare carcinomas. They are asymptomatic and usually neither endoscopy nor contrast studies are performed for screening Case presentation: A 72-year-old Japanese male had a positive fecal occult blood test at a regular check-up in 2006. He suffered appendicitis and received an ileosigmoidostomy in 1966. A colonoscopy revealed an irregular mucosal lesion with an unclear margin at the ileum side of the anastomosis. A mucosal biopsy specimen showed adenocarcinoma histopathologically. Excision of the anastomosis was performed for this patient. The resected specimen showed a flat mucosal lesion with a slight depression at the ileum adjacent to the anastomosis. Histological examination revealed a well differentiated intramucosal adenocarcinoma (adenocarcinoma in situ). Immunohistological staining demonstrated the overexpression of p53 protein in the adenocarcinoma. Conclusion: Adenocarcinoma of the ileum at such an early stage is a very rare event. In this case, there is a possibility that the ileosigmoidostomy resulted in a back flow of colonic stool to the ileum that caused the carcinogenesis of the small intestine.
  • H. Ishigami, J. Kitayama, S. Kaisaki, A. Hidemura, M. Kato, K. Otani, T. Kamei, D. Soma, H. Miyato, H. Yamashita, H. Nagawa
    ANNALS OF ONCOLOGY 20 82 - 83 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Hironori Ishigami, Joji Kitayama, Kensuke Otani, Takao Kamei, Daisuke Soma, Hideyo Miyato, Hiroharu Yamashita, Akio Hidemura, Shoichi Kaisaki, Hirokazu Nagawa
    ONCOLOGY 76 5 311 - 314 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives: A dose-escalation study of weekly intraperitoneal paclitaxel (PTX) combined with S-1 and intravenous PTX was performed to determine the maximum-tolerated dose (MTD) and recommended dose (RD) in gastric cancer patients. Patients and Methods: Nine gastric cancer patients with peritoneal dissemination and/or cancer cells on peritoneal cytology were enrolled. PTX was administered intravenously on days 1 and 8 at a fixed dose of 50 mg/m(2), and intraperitoneally with an initial dose of 20 mg/m(2), stepped up to 30 or 40 mg/m(2). S-1 was administered at a fixed dose of 80 mg/m(2)/day for 14 consecutive days, followed by 7 days of rest. A pharmacokinetic study of PTX was also performed. Results: The MTD was determined to be 30 mg/m(2), as 2 of 3 patients developed dose-limiting toxicities, grade 3 febrile neutropenia and diarrhea. Therefore, the RD was determined to be 20 mg/m(2). The intraperitoneal and serum PTX concentration remained effective for over 72 and 48 h, respectively. Conclusions: Combined chemotherapy of S-1 plus weekly intravenous and intraperitoneal PTX was shown to be a safe regimen that should be further explored in clinical trials. Copyright (C) 2009 S. Karger AG, Basel
  • Jun Yamada, Joji Kitayama, Nelson H. Tsuno, Hiroharu Yamashita, Hideyo Miyato, Daisuke Soma, Kensuke Otani, Takao Kamei, Hironori Ishigami, Akio Hidemura, Shoichi Kaisaki, Koki Takahashi, Hirokazu Nagawa
    CANCER LETTERS 272 2 307 - 315 2008年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and aim: Intra-peritoneal administration (i.p.) of Taxanes has recently been reported to be effective for the treatment of peritoneal dissemination, presumably because extremely high concentration of the drug is achievable onto the disseminated nodules as compared to intra-venous administration. Here, we aimed to investigate the ability of non-animal stabilized hyaluronic acid (NASHA) to retain the anti-cancer drugs in the peritoneal cavity, and, consequently, improve the efficacy of i.p. administration of paclitaxel. Methods: Mice were inoculated i.p. with MKN45P gastric cancer cells. The mice received i.p. administrations of paclitaxel, without or with NASHA, once a week for 3 consecutive weeks, and the intra-peritoneal nodules were counted after 4 weeks. The ability of NASHA to retain the i.p. administered liquid and paclitaxel in abdominal cavity was also investigated. Finally, the concentration of paclitaxel in metastatic nodule was measured with HPLC. Results: In the group receiving paclitaxel with NASHA, the number of disseminated nodules were significantly smaller than in those receiving paclitaxel without NASHA. The fluid volumes and concentration of paclitaxel recovered from the abdominal cavity as well as the concentrations of paclitaxel in metastatic nodule were significantly increased by the addition of NASHA. Conclusion: Our results indicate that NASHA improves the exposure time of i.p. administrated paclitaxel to disseminated nodules by retaining the drug in the abdominal cavity. Since the material is used in cosmetic surgery with few adverse effects, NASHA can be clinically used as the vehicle for the i.p. administration of anti-cancer agents for advanced gastric cancer with peritoneal dissemination. (c) 2008 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • Daisuke Soma, Joji Kitayama, Hiroharu Yamashita, Hideyo Miyato, Makoto Ishikawa, Hirokazu Nagawa
    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH 149 1 9 - 14 2008年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Excessive fat mass is a risk factor for postmenopausal breast cancer. Leptin, a fat cell-derived peptide hormone, elicits a growth-stimulating effect in breast cancer cells with leptin receptor expression, although the leptin-induced signal in malignant cells is not fully understood. Here, we found that exogenous leptin induced tyrosine phosphorylation of HER2 in SKBR3 cells, which showed marked overexpression of HER2. Phosphorylation of HER2 was detected at 2 min and continued up to 120 min after the start of stimulation. Leptin-induced HER2 phosphorylation was partially reduced by an epidermal growth factor receptor inhibitor, AG1478, or a Janus-activated kinase inhibitor, AG490. Leptin also induced phosphorylation of extracellular signal-regulated kinase 1/2, which was mostly abrogated by a HER2 tyrosine kinase inhibitor, AG825. In a proliferation assay, addition of 500 ng/mL leptin increased the proliferation of SKBR3, which was totally inhibited by AG825. Collectively, our data suggest that leptin can transactivate HER2 through both epidermal growth factor receptor and Janus-activated kinase 2 activation, which can cause the growth of breast cancer cells with HER2 overexpression. (c) 2008 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Makoto Ishikawa, Joji Kitayama, Toshimasa Yamauchi, Takashi Kadowaki, Toshiyuki Maki, Hideyo Miyato, Hiroharu Yamashita, Hirokazu Nagawa
    CANCER SCIENCE 98 7 1120 - 1127 2007年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Adiponectin, a circulating peptide hormone produced in adipose tissue, has been shown to be reduced in the plasma of patients with cancer, suggesting that this adipokine may be mechanically involved in the pathogenesis of adiposity-related carcinogenesis. In this study, we examined the expression of adiponectin receptors (AdipoR1 and AdipoR2) and assessed the function of adiponectin in gastric cancer. All of the six gastric cancer cell lines significantly expressed mRNA and protein of both receptors with variable levels. Addition of 30 mu g/mL adiponectin potently induced apoptosis and inhibited the proliferation of AZ521 and HCG27. Down-regulation of either AdipoR1 or AdipoR2 by specific siRNA significantly suppressed the growth inhibitory effects of adiponectin in both cell lines. Moreover, a local injection of adiponectin markedly inhibited the growth of AZ521 inoculated subcutaneously in nude mice. Similarly, the continuous intraperitoneal infusion of adiponectin effectively suppressed the development of peritoneal metastasis of AZ521. Adiponectin negatively regulates the progression of gastric cancer cells possibly through both AdipoR1 and AdipoR2. Although adiponectin was already reported to have antiangiogenic effects, our results suggest that the antitumor effect of adiponectin was, at least partially, dependent on the direct effects on tumor cells.
  • Joji Kitayama, Hironori Ishigami, Makoto Ishikawa, Hiroharu Yamashita, Daisuke Soma, Hideyo Miyato, Hirokazu Nagawa
    SURGERY 141 6 815 - 820 2007年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Background. We assessed whether a mixture of hyaluronic acid (HA) and dye can facilitate dye-guided sentinel node (SN) mapping in gastric surgery. Although dye-guided, SN-navigated surgery is clinically applied for the treatment of early gastric cancer, there are still some practical problems. Because dyes are carried out from the SN within 20 to 30 minutes, it is sometimes difficult to detect SNs accurately, especially when they are located in a deep area in obese patients. Methods. Patent blue or ferumoxides, superparamagnetic iron nanocolloids, with or without HA, were injected into the gastrointestinal tract of the pig, and the time course of dye transfer through the lymphatic system of the pig mesentery was assessed. Results. When a mixture of HA and patent blue at a volume ratio of 1:4 was injected into the submucosal layer, the time to stain the SN did not differ from that with patent blue alone; however, HA markedly prolonged the time the blue dye was retained in the SN. Patent blue alone stained the efferent lymphatics of the SN and spread to other lymph nodes within 20 minutes after submucosal injection. At the same time point, in contrast, blue stain was restricted to a part of the SN, and the efferent lymphatics were not stained for 2 hours when patent blue was mixed with HA. When a mixture of HA and ferumoxides was used as the tracer, the ferumoxides were still observed in the mesenteric SN even at 2 days after injection. Iron staining showed that Fe was trapped primarily in cells in the peripheral sinus of the SN, suggesting that the iron nanoparticles were mostly incorporated by phagocytic macrophages in the SN within a few hours. Conclusions. Our data indicate that a mixture with HA prolongs the stay of a dye tracer in the SN and thus enables easy and accurate detection of the SN. HA may be a useful tool to develop a more sophisticated SN mapping technique.
  • H. Yamashita, J. Kitayama, H. Ishigami, J. Yamada, H. Miyato, S. Kaisaki, H. Nagawa
    DIGESTIVE AND LIVER DISEASE 39 4 389 - 391 2007年04月 [査読無し][通常論文]

講演・口頭発表等

  • 膵内多発腫瘤の1例
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 松原 大祐, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 2021年08月 (一社)日本膵臓学会
  • 消化器癌患者の術直後末梢血中の低比重好中球の割合は侵襲度と相関し、術後再発の予測因子となりうる
    熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 山口 博紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2021年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • イマチニブにより縮小を得て根治切除し得た胃GISTの1例
    及川 修平, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2021年07月 日本消化器病学会-関東支部
  • 抗がん剤の薬物動態に及ぼす好中球細胞外トラップ(NETs)の影響の解明
    田村 昂平, 大澤 英之, 宮戸 秀世, 高橋 和也, 竹井 裕二, 嵯峨 泰, 小柳 貴裕, 佐田 尚宏, 藤原 寛行, 北山 丈二
    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2021年06月 日本DDS学会
  • 癌腹膜播種治療のガイドライン 膵癌腹膜播種診療ガイドライン
    山口 博紀, 里井 壯平, 伊佐山 浩通, 高原 楠昊, 辻 靖, 藤井 努, 宮戸 秀世, 山田 豪, 島田 英昭, 北山 丈二
    日本外科系連合学会誌 2021年05月 日本外科系連合学会
  • 癌腹膜播種治療のガイドライン 膵癌腹膜播種診療ガイドライン
    山口 博紀, 里井 壯平, 伊佐山 浩通, 高原 楠昊, 辻 靖, 藤井 努, 宮戸 秀世, 山田 豪, 島田 英昭, 北山 丈二
    日本外科系連合学会誌 2021年05月 日本外科系連合学会
  • 間葉系幹細胞由来エクソソーム内包miR-29bはヒト由来腹膜中皮細胞の中皮間葉転換を抑制する
    木村 有希, 大澤 英之, 金子 勇希, 風當 ゆりえ, 田村 昂平, 高橋 和也, 齋藤 晶, 東條 峰之, 熊谷 裕子, 宮戸 秀世, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2021年04月 (一社)日本外科学会
  • 正常膵に対する連続した膵体尾部切除22例の定型化膵離断
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 下平 健太郎, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2020年12月 (一社)日本消化器外科学会
  • マウス胃癌腹膜播種モデルにおける抗PD-1抗体の効果と腹腔内免疫細胞の動態について
    熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 2020年10月 (一社)日本癌学会
  • 大腸癌細胞株LuM1肺転移モデルにおけるMetformin併用放射線治療
    東條 峰之, 津久井 秀則, 齋藤 晶, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 2020年10月 (一社)日本癌学会
  • マウス胃癌腹膜播種モデルにおける抗PD-1抗体の効果と腹腔内免疫細胞の動態について
    熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 2020年10月 (一社)日本癌学会
  • 大腸癌細胞株LuM1肺転移モデルにおけるMetformin併用放射線治療
    東條 峰之, 津久井 秀則, 齋藤 晶, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 2020年10月 (一社)日本癌学会
  • Growing teratoma syndromeの診断で外科的切除を行った1例
    篠田 祐之, 吉田 淳, 篠原 翔一, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2020年09月 日本臨床外科学会
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2020年09月 日本消化器病学会-関東支部
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2020年09月 日本消化器病学会-関東支部
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術における定型化膵離断20例の治療成績
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 吉田 淳, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2020年08月 (一社)日本外科学会
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2020年08月 (一社)日本外科学会
  • 急性膵炎に対する局所合併症治療 左側感染性Walled-off necrosis(WON)に対する小切開Videoscope補助下ネクロセクトミー
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 2020年07月 (一社)日本膵臓学会
  • 膵全摘術の現状と展望 膵全摘の治療成績と周術期血糖・栄養管理に関する検討と今後の課題
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 2020年07月 (一社)日本膵臓学会
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 2020年07月 (一社)日本膵臓学会
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 2020年07月 (一社)日本膵臓学会
  • 当院でのABTHERドレッシングキットの使用経験と工夫について
    篠原 翔一, 笹沼 英紀, 篠田 祐之, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 2020年02月 (一社)日本腹部救急医学会
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内分泌学会雑誌 2020年02月 (一社)日本内分泌学会
  • CTで術前診断できた左鼠径ヘルニア合併、S状結腸魚骨穿通の1例
    金子 勇貴, 佐田友 藍, 高橋 大二郎, 宮戸 秀世, 齋藤 心
    日本消化器外科学会雑誌 2019年11月 (一社)日本消化器外科学会
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2019年10月 日本臨床外科学会
  • 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用療法
    宮戸 秀世, 山口 博紀, 齋藤 心, 細谷 好則, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会学術集会抄録集 2019年10月 (一社)日本癌治療学会
  • 部分的脾動脈塞栓後に残胃血流を考慮し幽門側胃切除術および脾臓摘出術を施行したITP合併胃癌
    金子 勇貴, 齋藤 心, 高橋 大二郎, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2019年02月 (一社)日本胃癌学会
  • 短期間に2度の腹腔鏡下手術を施行した腸管子宮内膜症の1例
    金子 勇貴, 齋藤 心, 佐田友 藍, 宮戸 秀世, 佐藤 宗勝, 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例  [通常講演]
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2018年10月 日本臨床外科学会
  • 東條 峰之, 小泉 大, 齋藤 晶, 目黒 由行, 田口 昌延, 三木 厚, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    胆道 2018年08月 日本胆道学会
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義  [通常講演]
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 小泉 大, 斎藤 晶, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 2018年05月 (一社)日本膵臓学会
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 胃切除後胆道結石症の検討(Biliary tract stone after gastrectomy)
    木村 有希, 細谷 好則, 小泉 大, 金丸 理人, 松本 史郎, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 健太郎, 宮戸 秀世, 齋藤 心, 佐久間 康成, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2017年10月 日本臨床外科学会
  • 腹膜転移が疑われた原発性肺癌の1例
    鴨崎 貴大, 宮野 涼至, 田中 駿, 岡本 憲明, 名木田 明幸, 早阪 誠, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年09月 日本臨床外科学会
  • 痔核切除にて診断された肛門管悪性黒色腫の一例
    宮野 涼至, 鴨崎 貴大, 岡本 憲明, 田中 駿, 名木田 明幸, 早阪 誠, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年09月 日本臨床外科学会
  • 開腹術後の腹膜再発における腹腔滲出性低比重好中球の意義
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 松本 志朗, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事 2017年09月 日本癌学会
  • 神経症状を伴い、小腸穿孔をきたしたdiffuse large B cell lymphomaの一例
    重橋 孝洋, 名木田 明幸, 田中 駿, 岡本 憲明, 早坂 誠, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年07月 日本臨床外科学会
  • S-1併用化学放射線療法後mFOLFOX6+P-mab療法が奏功した著明な膀胱浸潤を伴う局所進行直腸癌の1例
    溪 智司, 重橋 孝洋, 岡本 憲明, 田中 駿, 名木田 明幸, 早阪 誠, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年07月 日本臨床外科学会
  • 自然気胸の術式変遷と術後再発予防のための工夫
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 名木田 明幸, 田中 駿, 岡本 憲明, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2017年04月 (一社)日本外科学会
  • 単純子宮全摘術、両側付属器切除術から20年を経て、片側の下肢浮腫を契機に発見された後腹膜平滑筋肉腫の一例
    加島 有紀, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年03月 日本臨床外科学会
  • 繰り返す尿路感染のため原発巣切除を行った、多発肺転移を伴う著明な膀胱浸潤を認めたS状結腸癌の1例
    小川 悠樹, 北村 智恵子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 森本 裕彦, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2017年03月 日本臨床外科学会
  • 胸腔鏡下肺生検術後に気胸を合併した再手術症例
    北 雄介, 小林 亮, 石原 行雄, 高林 直記, 本郷 久美子, 宮戸 秀世
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 傍ストーマヘルニアにより回腸導管に捻転が生じ、水腎症と腎盂腎炎を来した一例
    橘 昌利, 栗原 啓輔, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 太田 信隆
    日本臨床外科学会雑誌 2016年11月 日本臨床外科学会
  • 術前診断に苦慮した無症候性褐色細胞腫の1例
    志田 龍太郎, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 本郷 久美子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智惠子, 惟康 良平, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 寺澤 康之, 久力 権, 深谷 哲昭
    日本臨床外科学会雑誌 2016年11月 日本臨床外科学会
  • 特発性血気胸に対し胸腔鏡下手術を施行した1例
    佐藤 沙希, 本郷 久美子, 北 雄介, 早坂 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2016年09月 日本臨床外科学会
  • mFOLFOX6療法施行中に高アンモニア脳症を呈した2例
    早阪 誠, 佐藤 沙希, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 長谷川 聡, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2016年09月 日本臨床外科学会
  • 胃癌の進展と脾臓体積の関連性についての検討  [通常講演]
    宮戸 秀世, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2016年04月 (一社)日本外科学会
  • 難治性気胸に対する局所麻酔下胸腔鏡手術
    北 雄介, 小林 亮, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2016年04月 (一社)日本外科学会
  • 胃癌に対する術後補助化学療法(S-1 vs S-1+α)についての検討(A comparison of adjuvant chemotherapy for gastric cancer (S-1 vs S-1 + alfa (CDDP, DTX, L-OHP)))
    宮戸 秀世, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本胃癌学会総会記事 2016年03月 (一社)日本胃癌学会
  • S状結腸癌術後に発症したTrousseau症候群の1例
    植村 祐公, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 酒井 直樹, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2016年02月 日本臨床外科学会
  • 腹膜に発生した孤在性線維性腫瘍の切除後、再発を認めなかった1例
    名木田 明幸, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2016年02月 日本臨床外科学会
  • バルーン拡張術にて大腸穿孔を来したクローン病の1例
    北村 智恵子, 植村 祐公, 名木田 明幸, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 小平 誠, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2016年02月 日本臨床外科学会
  • 高齢の胃癌患者に対するEPA配合栄養剤の術前投与の有用性の検討
    淺沼 千晶, 平松 毅幸, 宮戸 秀世, 徳田 ひふみ, 平野 恭子, 野田 千保子, 田村 大輔, 小野田 聖子
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 2016年01月 (株)ジェフコーポレーション
  • Arg、Gln含有アミノ酸製剤(アバンド)摂取がBUN、Creatinine、Albumin値に及ぼす影響
    平松 毅幸, 淺沼 千晶, 野田 千保子, 田村 大輔, 平野 恭子, 徳田 ひふみ, 宮戸 秀世
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 2016年01月 (株)ジェフコーポレーション
  • 副腎褐色細胞腫および腎癌に合併したS状結腸癌の一例
    村山 史朗, 佐藤 沙希, 早坂 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅行, 天野 祐之, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年12月 日本臨床外科学会
  • 魚骨による小腸穿孔を認めた1例
    佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年12月 日本臨床外科学会
  • 両側膿胸に対し局所麻酔下胸腔鏡手術が有用であった1例
    北 雄介, 小林 亮, 高林 直記, 石原 行雄, 宮戸 秀世, 本郷 久美子
    日本内視鏡外科学会雑誌 2015年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 局所麻酔下胸腔鏡手術における鎮静除痛法の検討
    北 雄介, 小林 亮, 高林 直記, 石原 行雄, 宮戸 秀世, 本郷 久美子
    日本内視鏡外科学会雑誌 2015年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • デスモイド腫瘍と合併した脾仮性動脈瘤破裂の一例
    村山 史朗, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • Crohn病との鑑別に苦慮した腸結核の1例
    名木田 明幸, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • 産褥期の急性膿胸に対し局所麻酔下胸腔鏡手術を施行した1例
    北 雄介, 小林 亮, 平松 毅幸, 高林 直記, 石原 行雄, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 惟康 良平, 北村 智恵子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 長谷川 聡
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • Solitary Fibrous Tumor of the Pleura(SFTP)の胸腔鏡手術時に偶然診断された微小な乳癌胸膜転移
    北 雄介, 小林 亮, 平松 毅幸, 高林 直記, 石原 行雄, 長谷川 聡, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 北村 智恵子, 惟康 良平, 佐藤 沙希, 早阪 誠
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • 右自然気胸に合併した横隔膜ヘルニアの同時手術例
    北村 智恵子, 北 雄介, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • 遅発性外傷性横隔膜ヘルニアの1手術症例
    惟康 良平, 北 雄介, 小林 亮, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • 結腸直腸癌肺転移切除20症例の検討
    本郷 久美子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • イレウス管留置により横行結腸胃瘻を合併した下行結腸癌の1例
    則内 友博, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年09月 日本臨床外科学会
  • 直腸癌を合併した横行結腸間膜原発デスモイド腫瘍の1例
    皆川 英之, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年09月 日本臨床外科学会
  • 神経線維腫症1型に2ヶ所の小腸GIST合併を認めた1例
    名木田 明幸, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年09月 日本臨床外科学会
  • 化学療法施行中に無症候性の高アンモニア血症を来した2例
    本郷 久美子, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本消化器外科学会総会 2015年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 乳癌の進展と脾臓体積の関連性に関する検討
    宮戸 秀世, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸, 内田 惠博
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015年07月 (一社)日本乳癌学会
  • 当院におけるトモシンセシスの初期経験
    長谷川 聡, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 深谷 哲昭, 平松 毅幸
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015年07月 (一社)日本乳癌学会
  • 早期大腸癌手術症例の遠隔成績の検討
    北村 智恵子, 石原 行雄, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本大腸肛門病学会雑誌 2015年05月 (一社)日本大腸肛門病学会
  • 巨大肺嚢胞内に出血した特発性血気胸の1手術症例
    惟康 良平, 北 雄介, 小林 亮, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸, 久力 権
    日本呼吸器外科学会雑誌 2015年04月 (NPO)日本呼吸器外科学会
  • 下部消化管 転移性大腸癌でのmFOLFOX6による高アンモニア脳症
    早阪 誠, 佐藤 沙希, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 鈴木 洋司
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2015年04月 (一社)日本外科学会
  • 呼吸器 局所麻酔下胸腔鏡手術における肋間神経ブロック、硬膜外麻酔の有用性
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 坪井 文香, 北村 智恵子, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸, 久力 権
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2015年04月 (一社)日本外科学会
  • 胃癌の進展と脾臓体積の関連性の検討
    宮戸 秀世, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 北村 智恵子, 坪井 文香, 本郷 久美子, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本胃癌学会総会記事 2015年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 腹壁膿瘍を契機に発見された盲腸癌の1例
    北村 智恵子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 反復する腸閉塞で発症した単純性小腸潰瘍の1例
    惟康 良平, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅行, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 術後大腿神経障害を合併した単発性後腹膜神経線維腫の一例
    鳥山 紗由子, 西野 純史, 惟康 良平, 北村 智恵子, 八鍬 一貴, 坪井 文香, 福原 菜摘, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅行, 鮫島 慎, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 胸壁サルモネラ蜂窩織炎をきたした1例
    高原 健太, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 重症腹部外傷に対し集学的治療を行い救命し得た一例
    西野 純史, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 朔 伊作, 天野 裕之, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 筋ジストロフィー患者に虫垂切除術を施行した1例
    大谷 洋揮, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2015年02月 日本臨床外科学会
  • 膵尾部悪性リンパ腫の一例  [通常講演]
    古屋 恵美, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • 著明な嚢胞状腫大を認めたLow-grade appendiceal mucinous neoplasm(LAMN)の1例
    坪井 文香, 栗原 啓輔, 惟康 良平, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • S状結腸憩室穿孔に合併した腹壁膿瘍の一例
    栗原 啓輔, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • S状結腸癌を合併した成人腸回転異常症の1例
    西野 純史, 惟康 良平, 坪井 文香, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • 急性腎不全を伴う内科治療抵抗性潰瘍性大腸炎の一例
    八鍬 一貴, 石原 行雄, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 小平 誠, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • 短期間に再発した脱分化型後腹膜脂肪肉腫の一例
    脇水 郁紀子, 武内 大, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 山口 教宗, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • 神経線維腫症1型に合併した空腸動脈瘤破裂の1例
    武内 大, 脇水 郁紀子, 惟康 良平, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 山口 教宗, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸, 深谷 哲昭
    日本臨床外科学会雑誌 2014年12月 日本臨床外科学会
  • 腹膜播種、腋窩リンパ節転移をともなう原発不明癌に対してホルモン療法が奏功した一例
    北村 智恵子, 本郷 久美子, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 惟康 良平, 坪井 文香, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 久力 権, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 後期高齢者乳癌手術症例の検討
    長谷川 聡, 早坂 誠, 佐藤 紗希, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 長谷川 聡, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 宮戸 秀世, 和田 夏季, 興津 佑里, 大森 加奈子, 深谷 哲昭, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本乳癌検診学会誌 2014年10月 (NPO)日本乳癌検診学会
  • 大腸穿孔患者における慢性腎不全透析患者の検討  [通常講演]
    宮戸 秀世, 惟康 良平, 坪井 文香, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    エンドトキシン血症救命治療研究会誌 2014年10月 (株)自然科学社
  • 重症筋無力症に対し胸腔鏡下胸腺摘除術を施行した3症例の治療成績
    小林 亮, 北 雄介, 高林 直記, 石原 行雄, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 鈴木 一也
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 気腫性肺嚢胞切除に吸収性クリップを使用した1例
    坪井 文香, 北 雄介, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 難治性気胸手術における肺被覆法の工夫
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 坪井 文香, 北村 智恵子, 佐藤 沙希, 鈴木 一也
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 間質性肺炎合併気胸に対する胸腔鏡手術
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 坪井 文香, 北村 智恵子, 佐藤 沙希, 鈴木 一也
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹部大動脈瘤術後の直腸癌に対して腹腔鏡下低位前方切除を施行した一例
    本郷 久美子, 高林 直記, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 北 雄介, 小林 亮, 久力 権, 小西 毅, 平松 毅幸
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腎癌術後20年目に孤立性転移巣を切除した腎癌肺転移、原発性肺癌同時合併例
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 大腸イレウスを契機に発症した縦隔気腫の一例
    佐藤 沙希, 早坂 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 右肺上葉切除後の中葉無気肺に対してNPPVが有効であった1例
    北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 佐藤 沙希, 早阪 誠, 北村 智恵子, 惟康 良平, 坪井 文香, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 長谷川 聡, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸, 久力 権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 急性汎発性腹膜炎における術前リスク評価とその対応 大腸穿孔における予後規定因子に関する検討
    福原 菜摘, 平松 毅幸, 小林 亮, 高林 直記, 石原 行雄, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 惟康 良平
    日本消化器外科学会総会 2014年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 当院における虫垂腫瘍21例の臨床病理学的検討
    惟康 良平, 石原 行雄, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 高林 直紀, 小林 亮, 平松 毅幸, 久力 権
    日本消化器外科学会総会 2014年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 乳癌の進展と脾臓の体積の関連性に関する検討
    宮戸 秀世, 平松 毅幸
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014年07月 (一社)日本乳癌学会
  • 北 雄介, 小林 亮, 惟康 良平, 西野 純史, 坪井 文香, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 野木 村宏, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 一般社団法人日本外科学会
  • 宮戸 秀世, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 一般社団法人日本外科学会
  • 本郷 久美子, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 一般社団法人日本外科学会
  • 八鍬 一貴, 石原 行雄, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 野木村 宏, 平松 毅幸, 深谷 哲昭
    日本外科学会雑誌 2014年03月 一般社団法人日本外科学会
  • 胃癌の進展と脾臓体積の関連性に関する検討
    宮戸 秀世, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本胃癌学会総会記事 2014年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 宮戸 秀世, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 (一社)日本外科学会
  • 北 雄介, 小林 亮, 惟康 良平, 西野 純史, 坪井 文香, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 野木村 宏, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 (一社)日本外科学会
  • 八鍬 一貴, 石原 行雄, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 野木村 宏, 平松 毅幸, 深谷 哲昭
    日本外科学会雑誌 2014年03月 (一社)日本外科学会
  • 本郷 久美子, 惟康 良平, 坪井 文香, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 北 雄介, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2014年03月 (一社)日本外科学会
  • 直腸全周性狭窄で発見された前立腺癌直腸浸潤の1例
    惟康良平, 坪井文香, 西野純史, 八鍬一貴, 福原菜摘, 山口教宗, 本郷久美子, 宮戸秀世, 北雄介, 石原行雄, 高林直記, 小林亮, 平松毅行, 杉山和隆, 太田信隆, 久力権
    日本臨床外科学会雑誌 2014年 日本臨床外科学会
  • 直腸癌に対する腹腔鏡下高位前方切除術施行時に経験した下腸間膜動脈分岐異常の一例
    宮戸 秀世, 本郷 久美子, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本内視鏡外科学会雑誌 2013年11月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 扁平上皮癌と多形癌よりなる同時多発癌の1例
    福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 北 雄介, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本臨床外科学会雑誌 2013年10月 日本臨床外科学会
  • 当院における超高齢者腹部救急手術の臨床的特徴
    本郷 久美子, 西野 純史, 八鍬 一貴, 福原 菜摘, 山口 教宗, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 小林 亮, 平松 毅幸
    日本消化器外科学会総会 2013年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • Indocyanine Green静注後、Photodynamic Eyeビデオ・システムによる乳癌原発病変の経時的観察  [通常講演]
    宮戸 秀世, 内田 惠博, 桑山 明子, 白川 一男, 加地 利雄, 辻 英一, 多田 敬一郎, 小川 利久
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013年06月 (一社)日本乳癌学会
  • 進行・転移・再発乳癌に対するベバシズマブ+パクリタキセル療法の検討
    平松 毅幸, 北 雄介, 宮戸 秀世, 久力 権
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013年06月 (一社)日本乳癌学会
  • 北 雄介, 小林 亮, 野木 村宏, 八鍬 一貴, 山口 教宗, 福原 菜摘, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2013年03月 一般社団法人日本外科学会
  • 北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 八鍬 一貴, 山口 教宗, 福原 菜摘, 宮戸 秀世, 本郷 久美子, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸
    日本外科学会雑誌 2013年03月 (一社)日本外科学会
  • Photodynamic Hyperthermia(PHT、光線温熱療法)による治療抵抗性進行性局所性再発病変の治療 局所QOLの改善をめざして(Will Photodynamic Hyperthermia be able to improve QOL of the patient with locally progressed lesions of breast)  [通常講演]
    宮戸 秀世, 内田 惠博, 小川 利久, 多田 敬一郎
    日本癌学会総会記事 2012年08月 日本癌学会
  • CNB洗浄細胞診の有用性の検討  [通常講演]
    宮戸 秀世, 内田 惠博, 西岡 琴江, 辻 英一, 多田 敬一郎, 小川 利久, 加地 利雄, 吉岡 均
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012年05月 (一社)日本乳癌学会
  • 再発乳癌の新たな治療戦略をめざして 症例をもとに
    内田 惠博, 宮戸 秀世, 西岡 琴江, 辻 英一, 多田 敬一郎, 小川 利久
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012年05月 (一社)日本乳癌学会
  • 赤外観察カメラシステム(PDE)を用いた炎症性乳癌の乳房切除術時の皮膚切除範囲の決定法の試み  [通常講演]
    宮戸 秀世, 内田 恵博, 甲斐崎 祥一, 加地 利雄
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011年09月 (一社)日本乳癌学会
  • 局所麻酔下(日帰り)センチネルリンパ節生検+乳房部分切除、その手法と今後
    内田 惠博, 宮戸 秀世, 佐貫 潤一, 西岡 琴江, 辻 英一, 多田 敬一郎, 小川 利久
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011年09月 (一社)日本乳癌学会
  • 傍乳輪切開で乳房部分切除を行うための乳腺切離線マーキングの工夫
    甲斐崎 祥一, 佐貫 潤一, 加藤 昌弘, 宮戸 秀世, 内田 恵博, 北山 丈二
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011年09月 (一社)日本乳癌学会
  • 胃癌組織内細動脈周囲の交感神経線維の消失は生物学的悪性度と相関する(Loss of sympathetic nerve fibers around intratumoral arterioles reflects the malignant potential of gastric cancer)  [通常講演]
    宮戸 秀世, 北山 丈二, 山口 博紀, 石神 浩徳, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2010年08月 日本癌学会
  • マンモグラフィで両側のび漫性微細円形・多形性石灰化を示し、針生検で非浸潤癌と診断された1例
    宮戸 秀世, 内田 惠博, 甲斐崎 祥一, 佐貫 潤一, 小川 利久, 多田 敬一郎, 坂元 吾偉
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010年05月 (一社)日本乳癌学会
  • 腹腔内化学療法 胃癌腹膜播種に対するパクリタキセル腹腔内投与100例の経験  [通常講演]
    石神 浩徳, 北山 丈二, 甲斐崎 祥一, 秀村 晃生, 加藤 昌弘, 川崎 普司, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 山下 裕玄, 名川 弘一
    日本癌治療学会誌 2009年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 胃癌組織におけるAdiponectin受容体発現の検討(Adiponectin Receptors are Down-regulated in Gastric Cancer)  [通常講演]
    大谷 研介, 北山 丈二, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 石神 浩徳, 秀村 晃生, 加藤 昌弘, 山口 博紀, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2009年08月 日本癌学会
  • 腹膜播種を伴う胃癌に対するS-1+Paclitaxel経静脈・腹腔内併用療法
    亀井 隆雄, 石神 浩徳, 北山 丈二, 甲斐崎 祥一, 秀村 晃生, 加藤 昌弘, 大谷 研介, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2009年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 石神 浩徳, 北山 丈二, 甲斐崎 祥一, 秀村 晃生, 加藤 昌弘, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2009年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • Tumescent solutionを用いた直視下傍乳輪切開乳房温存術の経験
    甲斐崎 祥一, 佐貫 潤一, 内田 恵博, 加藤 昌弘, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 北山 丈二, 名川 弘一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009年06月 (一社)日本乳癌学会
  • マンモグラフィ石灰化病変の局在推定法 検診後精査効率を高めるための検討
    佐貫 潤一, 内田 恵博, 甲斐崎 祥一, 加藤 昌弘, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 北山 丈二, 名川 弘一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009年06月 (一社)日本乳癌学会
  • 石神 浩徳, 北山 丈二, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 加藤 昌弘, 秀村 晃生, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2009年02月 (一社)日本外科学会
  • がん性胸腹水に対する治療方針 胃癌癌性腹水に対するS-1+Paclitaxel経静脈・腹腔内反復併用療法  [通常講演]
    北山 丈二, 石神 浩徳, 甲斐崎 祥一, 秀村 晃生, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 亀井 隆雄, 名川 弘一
    日本癌治療学会誌 2008年10月 (一社)日本癌治療学会
  • 胃癌組織における動脈周囲の神経分布についての検討(The immunohistochemical analysis of perivascular nerve distribution in human gastric cancer tissues)  [通常講演]
    宮戸 秀世, 北山 丈二, 相馬 大介, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2008年09月 日本癌学会
  • 大谷 研介, 北山 丈二, 石神 浩徳, 秀村 晃生, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 亀井 隆雄, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2008年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 石神 浩徳, 北山 丈二, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 山田 純, 秀村 晃生, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2008年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 山田 純, 相馬 大介, 大谷 研介, 亀井 孝雄, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2008年04月 一般社団法人日本外科学会
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 山田 純, 相馬 大介, 大谷 研介, 亀井 孝雄, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2008年04月 (一社)日本外科学会
  • 相馬 大介, 北山 丈二, 石神 浩徳, 甲斐崎 祥一, 秀村 晃生, 宮戸 秀世, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 矢冨 裕, 横田 浩充, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2008年04月 (一社)日本外科学会
  • 抗癌剤腹腔内投与療法の現状 進行・再発胃癌に対するS-1+Paclitaxel経静脈・腹腔内併用療法の第I相臨床試験  [通常講演]
    石神 浩徳, 北山 丈二, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 山田 純, 山下 裕玄, 秀村 晃生, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本癌治療学会誌 2007年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 腹腔内又は静脈内投与後のパクリタキセル分布動態の違い(Different kinetics of Paclitaxel distribution after the intraperitoneal or intravenous administration)
    相馬 大介, 北山 丈二, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2007年08月 (一社)日本癌学会
  • 腹腔内出血は腹膜播種の発達に影響を及ぼす(Intraabdominal bleeding enhances the development of peritoneal dissemination)
    亀井 隆雄, 北山 丈二, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2007年08月 (一社)日本癌学会
  • パクリタキセルは低酸素条件下でも抗癌活性を維持する(Paclitaxel Maintains Anti-Cancer Activity even under Hypoxic Condition)
    上 奈津子, 北山 丈二, 宮戸 秀世, 相馬 大介, 出口 順夫, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2007年08月 (一社)日本癌学会
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 山下 裕玄, 山田 純, 相馬 大介, 大谷 研介, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2007年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 亀井 隆雄, 北山 丈二, 相馬 大介, 宮戸 秀世, 山田 純, 山下 裕玄, 秀村 晃生, 石神 浩徳, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2007年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 山田 純, 北山 丈二, 山下 裕玄, 大谷 研介, 宮戸 秀世, 相馬 大介, 石神 浩徳, 秀村 晃生, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本消化器外科学会雑誌 2007年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • LeptinのHER2を介した乳癌細胞に対する影響の検討  [通常講演]
    相馬 大介, 北山 丈二, 山下 裕玄, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007年06月 (一社)日本乳癌学会
  • 相馬 大介, 北山 丈二, 山下 裕玄, 石川 誠, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    成人病と生活習慣病 2007年05月 (株)東京医学社
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 山下 裕玄, 相馬 大介, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2007年03月 (一社)日本外科学会
  • 相馬 大介, 北山 丈二, 山下 裕玄, 石川 誠, 宮戸 秀世, 大谷 研介, 亀井 隆雄, 山田 純, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2007年03月 (一社)日本外科学会
  • 乳癌におけるMetalloprotease(MMP)-2発現とHER2リン酸化の関連  [通常講演]
    相馬 大介, 北山 丈二, 山下 裕玄, 石川 誠, 宮戸 秀世, 名川 弘一
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2007年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • パクリタキセルの抗癌作用に対するカンナビノイドの影響  [通常講演]
    宮戸 秀世, 北山 丈二, 山下 裕玄, 相馬 大介, 朝蔭 正宏, 石川 誠, 山田 純, 名川 弘一
    日本癌学会総会記事 2006年09月 日本癌学会
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 相馬 大介, 山田 純, 山下 裕玄, 朝蔭 正宏, 石川 誠, 秀村 晃生, 石神 浩徳, 甲斐崎 祥一, 名川 弘一
    日本外科学会雑誌 2006年03月 (一社)日本外科学会
  • 金古 康, 高橋 稔, 古郡 大樹, 鮫島 伸一, 宮戸 秀世, 澤田 俊夫
    日本消化器外科学会雑誌 2005年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 鮫島 伸一, 宮戸 秀世, 金古 康, 澤田 俊夫
    日本消化器外科学会雑誌 2005年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 乳癌におけるGalNac-T3の発現と臨床病理学因子との検討  [通常講演]
    宮戸 秀世, 北山 丈二, 石川 誠, 河野 公俊, 名川 弘一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005年05月 (一社)日本乳癌学会
  • 頻回手術後の創し開に続発した小腸瘻の治療経験
    大谷 研介, 田中 信孝, 風間 義弘, 宮戸 秀世, 遠藤 大昌, 永井 祐吾, 古屋 隆俊, 野村 幸博, 重松 邦宏, 永井 元樹, 西蔭 誠二, 脊山 泰治, 山形 幸徳, 藤崎 正之, 西川 武司, 高本 健史, 石井 仁平
    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集 2003年12月 (一社)日本創傷治癒学会
  • 小切開によるS状結腸軸捻転根治術の3例
    前田 久美子, 長嶺 寿秋, 宮戸 秀世, 桑原 公亀, 岡田 典倫, 横山 勝, 石田 秀行, 橋本 大定
    日本臨床外科学会雑誌 2003年10月 日本臨床外科学会
  • 腹部大動脈・腸骨動脈瘤術後遠隔死因における悪性疾患
    重松 邦広, 古屋 隆俊, 大谷 研介, 西川 武司, 藤崎 正之, 山形 幸徳, 宮戸 秀世, 遠藤 大昌, 永井 元樹, 野村 幸博, 永井 祐吾, 田中 信孝
    日本心臓血管外科学会雑誌 2003年04月 (NPO)日本心臓血管外科学会
  • 超高齢者(80歳以上)における腹部大動脈瘤・総腸骨動脈瘤手術の成績
    古屋 隆俊, 田中 信孝, 登 正和, 永井 祐吾, 野村 幸博, 重松 邦広, 永井 元樹, 遠藤 大昌, 宮戸 秀世, 藤崎 正之, 山形 幸徳, 大谷 研介, 西川 武司
    日本心臓血管外科学会雑誌 2003年04月 (NPO)日本心臓血管外科学会
  • 古屋 隆俊, 田中 信孝, 登 正和, 永井 祐吾, 野村 幸博, 重松 邦広, 永井 元樹, 遠藤 大昌, 宮戸 秀世, 藤崎 正之, 山形 幸徳, 大谷 研介, 西川 武司
    日本外科学会雑誌 2003年04月 (一社)日本外科学会
  • 胃潰瘍穿通による胃心膜瘻・心膜膿気腫
    藤崎 正之, 田中 信孝, 登 政和, 古屋 隆俊, 野村 幸博, 永井 元樹, 中澤 達, 和田 郁雄, 遠藤 大昌, 坂田 宏樹, 風間 義弘, 宮戸 秀世, 山形 幸徳
    日本腹部救急医学会雑誌 2003年03月 (一社)日本腹部救急医学会
  • 山形 幸徳, 田中 信孝, 永井 祐吾, 古屋 隆俊, 野村 幸博, 重松 邦広, 永井 元樹, 遠藤 大昌, 宮戸 秀世, 藤崎 正之, 大谷 研介, 西川 武司
    千葉医学雑誌 2003年02月 千葉医学会
  • 坂田 宏樹, 田中 信孝, 登 政和, 古屋 隆俊, 野村 幸博, 永井 元樹, 和田 郁雄, 中澤 達, 田中 裕次郎, 風間 義弘, 高橋 千尋, 宮戸 秀世, 鈴木 良夫
    千葉医学雑誌 2002年10月 千葉医学会
  • ヘパリン非投与による腹部大動脈瘤手術
    中澤 達, 古屋 隆俊, 田中 信孝, 登 政和, 野村 幸博, 永井 元樹, 和田 郁夫, 風間 義弘, 坂田 宏樹, 宮戸 秀世
    日本血管外科学会雑誌 2002年04月 (NPO)日本血管外科学会
  • 田中 信孝, 古屋 隆俊, 野村 幸博, 永井 元樹, 和田 郁雄, 中澤 達, 風間 義弘, 坂田 宏樹, 高橋 千尋, 宮戸 秀世
    日本外科学会雑誌 2002年03月 (一社)日本外科学会
  • 胃癌のクリニカルパスの評価について 主に医療費の面から
    野村 幸博, 田中 信孝, 古屋 隆俊, 永井 元樹, 和田 郁雄, 中沢 達, 風間 義弘, 高橋 千尋, 坂田 宏樹, 宮戸 秀世
    千葉県医師会雑誌 2002年02月 (公社)千葉県医師会
  • 人工血管移植15年後,鼠径部に吻合部瘤を合併した人工血管瘤を生じた1例
    宮戸 秀世, 齋藤 健人, 小山 博之, 大城 秀巳, 宮田 哲郎, 重松 宏
    日本臨床外科学会雑誌 2000年08月 日本臨床外科学会

MISC

  • 北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸 胸部外科 70 (5) 397 -399 2017年05月 
    71歳女。胸部異常陰影を主訴とした。縦隔腫瘍にて紹介受診し、頸部超音波検査は慢性甲状腺炎の所見であり、胸部CTでは前縦隔に境界明瞭で内部不均一な充実性腫瘤(7×5×3cm)を認め、左腕頭静脈を著明に圧排していた。PET-CTでは腫脹した甲状腺全体に強い集積がある一方、その尾側の縦隔病変に淡い集積を認め、頸部甲状腺と腫瘍の境界は明瞭であった。胸骨正中切開で縦隔病変を胸腺と一塊に切除し、病理組織所見では大小の濾胞構造や小血管の介在した類洞構造を呈する癌細胞増殖がみられ、被膜内や被膜近傍の静脈内に浸潤を認めたが、被膜外への浸潤はなかった。免疫染色では甲状腺転写因子-1、サイログロブリン、サイトケラチン7に陽性、サイトケラチン20に陰性であり、異所性甲状腺濾胞癌と診断した。本症例は迷入性縦隔内甲状腺腫に由来した濾胞癌と考えられ、術後4年経過時点で問題なく経過観察中である。
  • 北 雄介, 小林 亮, 野木村 宏, 惟康 良平, 八鍬 一貴, 西野 純史, 福原 菜摘, 本郷 久美子, 宮戸 秀世, 石原 行雄, 高林 直記, 平松 毅幸 胸部外科 67 (7) 557 -559 2014年07月 
    74歳男。車を運転中、衝突時にエアバックが作動し、直後より前胸部痛が生じて救急搬送された。翌日(受傷から15時間後)、「急に黄色や赤色の影やリング状の模様が見えたり消えたりする様になってしまった」と突然の左眼視覚異常を訴え、頭部MRIやMRAで異常は認めなかったが、眼底検査で左眼に後極部の軟性白斑と網膜浮腫を認めた。Purtscher網膜症と診断し、ステロイド内服治療をプレドニゾロン30mgから開始し、1週間毎に5mgずつ減量した。2ヵ月間の内服治療中に症状は徐々に改善傾向となったが、受傷6ヵ月後の左眼視力は0.6と受傷前の1.2に劣っていた。また、視野に入るリング状の異常影は薄くぼやけた感じに軽減したが、傍中心暗点の遺残など、受傷前のレベルには回復しなかった。現在も外来通院中である。
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 名川 弘一 日本臨床 別冊 (消化管症候群(上)) 74 -76 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 宮戸 秀世, 北山 丈二, 名川 弘一 日本臨床 66 (増刊5 胃癌) 103 -108 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 古屋 隆俊, 田中 信孝, 登 政和, 野村 幸博, 永井 元樹, 和田 郁夫, 中澤 達, 風間 義弘, 坂田 宏樹, 宮戸 秀世, 山形 幸徳, 藤崎 正之 脈管学 42 (11) 907 -912 2002年11月 
    最近9年9ヵ月間に受診した254例の非跛裂性腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤で,非手術となった18例を除く連続236例(92.9%)の手術症例を対象とし,80歳以上(43例)と未満(193例)に分けて検討した.術前因子・術中因子・術後因子は両群で有意差はなかった.高齢者群で1例を脳梗塞で失ったが,残る97.7%の症例は平均2.7日で歩行,4.3日で食事を開始,10.5日で退院し,非高齢者群と全く同等であった.特に2日以内に離床できた患者は,3日以上要した者より有意に早く食事が開始され,かつ早期退院となり,高齢者群ほどその傾向は顕著であった.禁煙の徹底,手術侵襲の低減化,及び早期離床は術後合併症予防に繋がり,安全な治療が可能であった.跛裂時の高い死亡率を考慮すると,高齢者でも積極的に待機的手術をすべきであると考えた


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.