研究者総覧

亀井 潤 (カメイ ジュン)

  • 泌尿器科 講師
Last Updated :2021/11/23

研究活動情報

論文

  • Jun Kamei, Satoshi Yazawa, Shingo Yamamoto, Naoto Kaburaki, Satoru Takahashi, Masami Takeyama, Masayasu Koyama, Yukio Homma, Soichi Arakawa, Hiroshi Kiyota
    Neurourology and Urodynamics 37 3 1074 - 1081 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Aims: We conducted a nationwide survey on perioperative management and antimicrobial prophylaxis of transvaginal mesh surgeries for pelvic organ prolapse in Japan to understand the practice and risk factors for surgical site infection (SSI). Methods: Health records of women undergoing tension-free vaginal mesh (TVM) surgeries from 2010 to 2012 were obtained from 135 medical centers belonging to the Japanese Society of Pelvic Organ Prolapse Surgery. The questionnaire addressed hospital volume, perioperative management, and SSI. Risk factors for SSI were investigated by comparing cases with and without SSI. Results: The hospital volume among institutions varied from 0 to 248 per year (median 16.7). Preoperative hair removal, bowel preparation, and urine culture were routinely performed at 74 (55%), 66 (49%), and 24 (18%) hospitals, respectively. Prophylactic antimicrobials used were mostly first-generation (43%) or second-generation (42%) cephalosporin. SSI was reported in 86 of 9323 patients (0.92%). A multivariate analysis indicated lower hospital volume (odds ratio [OR], 0.995 [by 1-point increase] P < 0.001), preoperative bowel preparation (OR, 2.08 P = 0.013), non-routine urine culture (OR, 3.00 P = 0.0006), and the use of antibiotics other than first-generation cephalosporin (OR, 5.29 P = 0.0011) as significant risk factors for SSI. In contrast, the cut-off points of hospital volume for preventing SSI was 116.7 cases (area under curve: 0.61). Conclusion: The prevalence of SSI in TVM surgeries was 0.92% in Japan. Lower hospital volume, bowel preparation, non-routine preoperative urine culture, and prophylactic antibiotics other than first-generation cephalosporin significantly elevated the incidence of SSI.
  • Aya Niimi, Yasuhiko Igawa, Naoki Aizawa, Toshiki Honma, Akira Nomiya, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Yukio Homma
    Neurourology and urodynamics 37 3 1113 - 1119 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: To investigate the feasibility of chemokines and cytokines potentially elevated in the bladder tissue of Hunner type interstitial cystitis (HIC) as urinary markers for distinguishing HIC from non-Hunner type interstitial cystitis (NHIC) METHODS: Urine specimens were collected from 41 HIC patients, 25 NHIC patients, and 31 healthy volunteers (control). The supernatants of urine specimens were subjected to ELISA kits for measurements of 10 cytokines and chemokines, whose gene expression was known to be elevated in HIC bladder tissue. Urinary levels normalized by urinary creatinine (Cr) concentration were compared among three groups. Efficiency in differentiating IC and IC subtypes was explored by ROC analysis. The correlation of marker levels with symptom severity, assessed by O'Leary-Sant's symptom index (OSSI) and problem index (OSPI), was examined. RESULTS: The urinary levels of CXCL10 and NGF were significantly higher in HIC than NHIC. CXCL10 and NGF differentiated HIC against NHIC with AUC of 0.78 and 0.68, respectively. Combination of CXCL10 and NGF levels yielded an AUS of 0.81. The CXCL10 cut-off of 53.2 pg/mg Cr had sensitivity of 46.1%, specificity of 93.7%, positive predictive value of 97.7%, and negative predictive value of 60.0%. The urinary level of other cytokines showed no significant difference between HIC and NHIC. Significant correlation with symptoms was detected for CXCL10 alone. CONCLUSION: The results suggested that increased urinary level of CXCL10 combined with or without high NGF level could be a promising supplementary biomarker for differentiating HIC from NHIC with modest sensitivity and high specificity.
  • Jun Kamei, Hiroki Ito, Naoki Aizawa, Harumi Hotta, Toshio Kojima, Yasunori Fujita, Masafumi Ito, Yukio Homma, Yasuhiko Igawa
    Scientific reports 8 1 2089 - 2089 2018年02月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated age-related changes in in vivo and in vitro functions and gene expression of the bladder of male and female mice. Mature and aged (12 and 27-30 month old) C57BL/6 mice of both sexes were used. Frequency volume, conscious free-moving cystometry and detrusor contractile and relaxant properties in in vitro organ bath were evaluated. mRNA expression level of muscarinic, purinergic, and β-adrenergic receptors and gene expression changes by cDNA microarray analysis of the bladder were determined. Cystometry demonstrated storage and voiding dysfunctions with ageing in both sexes. Detrusor strips from aged mice showed weaker contractile responses particularly in the cholinergic component and weaker relaxant responses to isoproterenol. These age-related impairments were generally severer in males. mRNA expression of bladder tissue was decreased for M3 muscarinic receptors in aged males and β2-adrenoceptors in aged females. cDNA microarray analysis results, albeit substantial sex difference, indicated "cell-to-cell signaling and interaction" as the most common feature of age-related gene expression. In summary, aged mice demonstrated voiding and storage dysfunctions resembling to detrusor hyperactivity with impaired contractility (DHIC), which were more pronounced in males. Genomic changes associated with aging may contribute to the age-related bladder functional deterioration in mice.
  • Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Karl-Erik Andersson, Yukio Homma, Yasuhiko Igawa
    PAIN 158 8 1538 - 1545 2017年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Toll-like receptor 7 (TLR7) is associated with the pathophysiology of systemic lupus erythematosus and Sjo "gren syndrome, wellknown diseases accompanying interstitial cystitis (IC). We studied TLR7 expression in the bladder of patients with Hunner-type IC (HIC) and its functional roles in bladder inflammation and nociception using mice. Bladder biopsy specimens were obtained from patients with HIC. Specimens from the noncancerous portion of the bladder of patients with bladder cancer served as controls. The specimens were examined by immunohistochemistry and real-time polymerase chain reaction of TLR7. Loxoribine (LX), a TLR7 agonist, was instilled in the bladder of C57BL/6N female mice, and TLR7-mRNA expression and histological changes of the bladder, bladder pain-like licking behavior, voiding behavior, cystometry, and bladder afferent nerve activities were investigated. The effects of hydroxychloroquine, a TLR7 antagonist, on the LX-induced changes on cystometry and voiding behavior were studied. The number of TLR7 immuno-reactive cells and the mRNA expression of TLR7 were significantly increased in HIC specimens. Intravesical instillation of LX induced edema, congestion, inflammation, and significantly increased TLR7-mRNA expression in the mouse bladder. Loxoribine-instillation also significantly increased licking behavior, voiding frequency, and afferent nerve activities associated with decreased single-voided volume and intercontraction interval of micturitions. Hydroxychloroquine reversed the LXinduced cystometric and voiding behavioral changes. Toll-like receptor 7 was up-regulated in the bladder mucosa of patients with HIC, and activation of TLR7 in the mouse bladder induced cystitis with sensory hyperactivity of the bladder. Blocking the TLR7 pathway may be an innovative treatment target of HIC.
  • Jun Kamei, Yuka Yagihara, Haruki Kume, Takamasa Horiuchi, Tomoaki Sato, Tohru Nakagawa, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Kyoji Moriya, Yukio Homma
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 24 4 295 - 300 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    ObjectivesTo examine resistant Escherichia coli in rectal swab culture of Japanese men undergoing prostate biopsy, and to determine its prevalence, genotypic characteristics and carriage risk factors. MethodsRectal swabs of consecutive men undergoing transrectal ultrasound-guided prostate biopsy from April 2013 to March 2015 were cultured to isolate fluoroquinolone-resistant and extended-spectrum -lactamase-producing E. coli. The prevalence and antimicrobial susceptibility of these resistant E. coli strains and extended-spectrum -lactamase genotyping were examined. The risk factors of antimicrobial resistance carriage were also examined. ResultsThe cohort was 376 men with a mean age of 67.8 years. Fluoroquinolone-resistant E. coli and extended-spectrum -lactamase-producing E. coli were detected in 37 men (9.8%) and 22 men (5.9%), respectively, with fluoroquinolone-resistant and/or extended-spectrum -lactamase-producing E. coli in 48 men (13.0%). All 49 antimicrobial-resistant strains were susceptible to tazobactam/piperacillin, amikacin, fosfomycin, meropenem and faropenem. CTX-M-9 and CTX-M-1 group were detected in 14 (63.6%) and eight (36.4%) men, respectively. CTX-M-9 showed relatively higher susceptibility to LVFX and minocycline compared with CTX-M-1. Diabetes mellitus was a significant factor for carriage of resistance by multivariate analysis (odds ratio 2.12, P = 0.039). ConclusionsThe present study showed the fecal carriage of fluoroquinolone-resistant E. coli and extended-spectrum -lactamase-producing E. coli at 9.8% and 5.9%, respectively, with CTX-M-9 group of extended-spectrum -lactamase-producing E. coli comprising 63.6%, in Japanese men receiving prostate biopsy. The carriage of fluoroquinolone-resistant and/or extended-spectrum -lactamase-producing E. coli was significantly related to diabetes.
  • Hiroki Ito, Jun Kamei, Naoki Aizawa, Yasunori Fujita, Motofumi Suzuki, Hiroshi Fukuhara, Tetsuya Fujimura, Toshio Kojima, Yukio Homma, Yoshinobu Kubota, Masafumi Ito, Karl-Erik Andersson, Yasuhiko Igawa
    JOURNAL OF UROLOGY 196 5 1575 - 1583 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: We evaluated aging related bladder dysfunctions and biological changes in the bladder and dorsal root ganglia in rats. We also investigated whether long-term caloric restriction may have preventive effects on these changes. Materials and Methods: Male Fischer 344 rats were divided into a young group (age 6 months) and an old group (age 25 to 28 months), each with free access to normal food, and an old group (age 25 to 28 months) with food restricted to 3 days per week. Conscious cystometry, cDNA microarray analysis, immunohistochemistry and oxidative stress measurements of the bladder and dorsal root ganglia were performed. Results: The old group with free access to normal food showed higher threshold pressure, more nonvoiding contractions and lower bladder compliance than the young group with free access to food. Old rats with free access showed greater post-void residual volume and lower voiding efficiency than old rats with caloric restriction and young rats. In the old group with free access 83 genes in the bladder and 48 in the L6 dorsal root ganglia were up-regulated compared with old rats with caloric restriction and young rats. These genes were mostly related to immune and inflammatory responses. Immunohistochemistry showed stronger expression of the immune response protease Gzm (granzyme) B and the collagenase Mmp13 (matrix metalloproteinase-13) in the bladder of old rats with free access vs old rats with caloric restriction and young rats. The level of malondialdehyde, an oxidative stress marker, was higher in the bladder of old rats with free access than in young rats but there was no difference between old rats with caloric restriction and young rats with free access to food. Conclusions: In rats aging leads to storage and voiding dysfunctions associated with immune and inflammatory related responses in the bladder and dorsal root ganglia, and with increased oxidative stress in the bladder. Caloric restriction reduced these aging related changes.
  • Yoshiyuki Akiyama, Daichi Maeda, Teppei Morikawa, Akira Nomiya, Yukio Yamada, Jun Kamei, Naoki Aizawa, Yasuhiko Lgawa, Masashi Fukayama, Yukio Homma
    JOURNAL OF UROLOGY 195 4 E952 - E952 2016年04月 [査読有り][通常論文]
  • Jun Kamei, Akira Furuta, Yoshiyuki Akiyama, Aya Niimi, Koji Ichihara, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Haruki Kume, Yukio Homma, Yasuhiko Igawa
    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 22 10 956 - 961 2015年10月 [査読有り][通常論文]
     
    ObjectivesTo investigate video-urodynamic effects of mirabegron, a (3)-adrenoceptor agonist, on low-compliance bladder. MethodsWe retrospectively reviewed nine patients (three men, six women, age 17-68years) who had been diagnosed with lower urinary tract dysfunction with low-compliance bladder, and who underwent video-urodynamic study before and during administration of mirabegron 50mg once daily. Urodynamic parameters were compared before and after treatment. ResultsMirabegron treatment significantly increased first desire to void and cystometric capacity with an average increment of 80mL (P=0.027) and 123mL (P=0.005), respectively. Bladder compliance also significantly increased (mean value 8.1mL/cmH(2)O before, 18.2mL/cmH(2)O after, P=0.024). In the six patients who had been taking anticholinergic agents at baseline video-urodynamic study and then switched to mirabegron, mean cystometric capacity and bladder compliance were also increased significantly from 208.3 to 346.8mL (P=0.015) and from 7.2 to 17.5mL/cmH(2)O (P=0.047), respectively. Vesicoureteral reflux grade was improved in three of the four patients who had shown vesicoureteral reflux on cystography before treatment. ConclusionsMirabegron improves cystometric capacity and bladder compliance, and it lowers vesicoureteral reflux grade in patients with low-compliance bladder. Thus, mirabegron might represent a good alternative drug for low-compliance bladder refractory to anticholinergic treatment.
  • Jun Kamei, Hiroshi Yabu
    ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS 25 27 4195 - 4201 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    In this work, on-demand control of liquids is realized by using elastic, patterned omniphobic surfaces. This paves the way for novel microfluidics, as well as liquid harvesting, transportation, and manipulation technologies. Inspired by the lubricating properties of pitcher plants, microstructured 1,2-polybutadiene honeycomb and pincushion films obtained by self-organization are fluorinated by the ene-thiol reaction and infused with fluorinated lubricant to obtain omniphobic liquid-repellent surfaces. Unlike conventional bioinspired omniphobic surfaces, the liquid repellency of the fabricated surface can be programmed by changing the surface microstructures via patterning of the film. Furthermore, the elasticity of the omniphobic film is suitable for controlling the repellency through external stimuli. The method presented here for the fabrication of lubricant-infused omniphobic microstructured surfaces is also simple, cost-effective, and can be scaled for large area fabrication.
  • Hiroki Ito, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Jun Kamei, Yoshiyuki Akiyama, Koji Ichihara, Yasunori Fujita, Toshio Kojima, Yukio Homma, Yoshinobu Kubota, Masafumi Ito, Karl-Erik Andersson, Yasuhiko Igawa
    JOURNAL OF UROLOGY 193 4 E75 - E75 2015年04月 [査読有り][通常論文]
  • Jun Kamei, Naoki Aizawa, Takayuki Nakagawa, Hiroki Ito, Rino Sugiyama, Yoshiyuki Akiyama, Koji Ichihara, Shuji Kaneko, Yukio Homma, Yasuhiko Igawa
    JOURNAL OF UROLOGY 193 4 E128 - E129 2015年04月 [査読有り][通常論文]
  • Toru Sugiahra, Hideo Yasunaga, Jun Kamei, Hiroki Matsui, Tohru Nakagawa, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Haruki Kume, Kiyohide Fushimi, Masaaki Tachibana, Yukio Homma
    JOURNAL OF UROLOGY 193 4 E230 - E230 2015年04月 [査読有り][通常論文]
  • Jun Kamei, Hiroaki Nishimatsu, Tohru Nakagawa, Motofumi Suzuki, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Yasuhiko Igawa, Haruki Kume, Yukio Homma
    INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY 46 3 493 - 497 2014年03月 [査読有り][通常論文]
     
    To assess the risk factors for septic shock in patients with acute obstructive pyelonephritis requiring emergency drainage of the upper urinary tract. We retrospectively reviewed the records of 48 patients who underwent emergency drainage of the upper urinary tract for sepsis associated with acute obstructive pyelonephritis at our institute. Univariate and multivariate analyses were performed to identify the risk factors. Among 54 events of sepsis, we identified 20 events of septic shock requiring vasopressor therapy. Cases with shock were more likely than those without shock to have ureteral stone (70 vs 38 %, p = 0.024) and positive blood culture results (81 vs 28 %, p = 0.006). They received drainage significantly earlier than those without shock (1.0 vs 3.5 days, p < 0.001). Univariate analysis demonstrated that acute obstructive pyelonephritis by ureteral stone, rapid progression (the occurrence of symptoms to drainage a parts per thousand currency sign1 day), positive blood culture, leukocytopenia (< 4,000/mm(3)), thrombocytopenia (< 120,000/mm(3)), and prothrombin time international normalized ratio a parts per thousand yen1.20 were correlated with septic shock. Multivariate logistic regression analysis identified thrombocytopenia (p = 0.005) and positive blood culture (p = 0.040) as independent risk factors for septic shock. Thrombocytopenia and positive blood culture were independent risk factors for septic shock in acute obstructive pyelonephritis requiring emergency drainage. Thrombocytopenia would be practically useful as a predictor of septic shock.
  • Jun Kamei, Yoko Kyono, Yukio Yamada, Mitsuru Shinohara, Yukio Homma
    Acta Urologica Japonica 58 7 361 - 364 2012年07月 [査読有り][通常論文]
     
    A 32-year-old man, who had been diagnosed with left testicular tumor and treated surgically at 30 years old, was diagnosed with recurrence of the testicular tumor by the elevation of tumor markers and para-aortic lymph node enlargement on computerized tomography. At the same time, creatine kinase was extremely elevated and he was diagnosed with polymyositis (PM). After systemic chemotherapy, the tumor markers improved. The symptoms of myopathy, however, became so severe that he developed aspiration pneumonia and required the temporary use of a ventilator. Using intravenous immunoglobulin and steroid pulse, the symptoms of PM improved. After the third chemotherapy session, the testicular tumor was in complete remission and he had no symptoms of polymyositis. After follow up for 7 years, there was no sign of recurrence of either testicular tumor or PM.
  • Jun Kamei, Hiroaki Nishimatsu, Haruki Kume, Motofumi Suzuki, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Yutaka Enomoto, Akira Ishikawa, Yasuhiko Igawa, Yukio Homma
    JOURNAL OF UROLOGY 187 4 E369 - E370 2012年04月 [査読有り][通常論文]
  • Jun Kamei, Haruki Kume, Motofumi Suzuki, Tetsuya Fujimura, Hiroshi Fukuhara, Yutaka Enomoto, Hiroaki Nishimatsu, Akira Ishikawa, Yasuhiko Igawa, Yukio Homma
    Japanese Journal of Urology 103 1 18 - 21 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    A 76-year-old man underwent high orchiectomy due to a painless tumor in the left inguinal region. Pathological diagnosis was malignant fibrous histiocytoma (MFH) of the left spermatic cord. Because of positive surgical margins, additional resection of the left scrotal wall and left inguinal canal combined with retroperitoneal lymphadenectomy were performed, with the surgical margins negative. Adjuvant therapy was not administered. Eight years later he noticed a painful subcutaneous mass in the left inguinal region. CT showed local recurrence and metastases of MFH to mesenteric lymph nodes and the left adrenal gland. The tumor grew rapidly and the patient died 1 month after admission. Autopsy revealed local recurrence of MFH and metastases of MFH to liver, lung, left adrenal gland, bone and lymph nodes. Recurrence of MFH with an interval of 8 years is a rare event. © 2012 Japanese Urological Association.

MISC

  • ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の尿禁制回復に対する、経会陰超音波画像を用いた術前骨盤底リハビリテーションの有効性検証
    吉田 美香子, 松永 明子, 井川 靖彦, 藤村 哲也, 篠田 裕介, 佐藤 悠佑, 亀井 潤, 新美 彩, 相澤 直樹, 本間 之夫, 芳賀 信彦, 久米 春喜, 真田 弘美 日本排尿機能学会誌 29 (1) 198 -198 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • 排尿自立指導による排尿自立度と下部尿路機能障害の改善効果 泌尿器科以外の病棟における介入効果の検討
    亀井 潤, 小柳 礼恵, 佐々木 早苗, 河崎 明子, 松永 明子, 井川 靖彦, 久米 春喜 日本排尿機能学会誌 29 (1) 264 -264 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • 実践マニュアル 排尿自立指導料
    亀井 潤 Urology Today 25 (3) 182 -186 2018年08月 [査読無し][通常論文]
  • 埼玉県における小児在宅医療の病診連携 非小児科医が行う小児在宅医療の臨床的検討
    矢澤 聰, 奈倉 道明, 山中 崇, 関 茂樹, 亀井 潤, 金井 稔, 中原 仁 日本在宅医学会大会 20回 222 -222 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • なだらかな在宅緩和ケア移行を経て自宅で看取った独居の前立腺癌の1例
    矢澤 聰, 加藤 裕二, 山中 崇, 小川 一栄, 亀井 潤, 菊野 伸之, 中原 仁, 佐藤 聡 泌尿器外科 31 (4) 451 -451 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • ハンナ型間質性膀胱炎に対する神経障害性疼痛関連物質であるリゾリン脂質の関与
    新美 文彩, 竹村 光太郎, 山田 幸央, 亀井 潤, 秋山 佳之, 野宮 明, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 106回 OP -418 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるMRI-TRUS fusionガイド下前立腺生検の初期経験
    樋勝 政博, 中村 真樹, 大科 貴宏, 白川 昇英, 高橋 潤, 塩澤 迪夫, 亀井 潤, 熊谷 仁平, 山田 大介, 藤村 哲也, 福原 浩, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 106回 PP3 -181 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘出術後の尿禁制回復に対する、超音波画像を用いた術前骨盤底リハビリテーションの有効性検証
    吉田 美香子, 松永 明子, 藤村 哲也, 篠田 裕介, 新美 文彩, 亀井 潤, 相澤 直樹, 本間 之夫, 井川 靖彦, 真田 弘美 日本老年泌尿器科学会誌 30 51 -51 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【スペシャリストに学ぶ高齢者排尿ケア】 総論 高齢者の下部尿路機能障害とは 高齢者における下部尿路症状の疫学
    亀井 潤, 井川 靖彦 Modern Physician 37 (12) 1241 -1243 2017年12月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>下部尿路症状(LUTS)は、直接生命にかかわるものではないがQOLを著しく障害する。男女共に年齢の上昇に伴い、LUTSの頻度は増加する。60歳以上の約78%が何らかのLUTSを有している。高齢者に特徴的な尿失禁として、溢流性尿失禁や機能性尿失禁がある。尿失禁、おむつの使用は、70歳以降急激に増加しており、施設入所高齢者の尿失禁有病率は高い。(著者抄録)
  • ハンナ型間質性膀胱炎に対する神経障害性疼痛関連物質であるリゾフォスファチジルコリンの関与
    新美 文彩, 山田 幸央, 竹村 光太郎, 野宮 明, 秋山 佳之, 亀井 潤, 相澤 直樹, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 28 (1) 187 -187 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膀胱用超音波診断装置Liliumα-200による定時膀胱容量測定の妥当性 ビデオウロダイナミクス検査との比較検討
    亀井 潤, 秋山 佳之, 渡邉 大仁, 松井 甫雄, 藤村 哲也, 福原 浩, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 28 (1) 242 -242 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 間質性膀胱炎患者における細菌性膀胱炎に関する検討
    野宮 明, 田畑 真梨子, 山本 幸, 本田 圭, 依田 憲治, 亀井 潤, 秋山 佳之, 新美 文彩, 飯田 勝之, 榎本 裕, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 105回 OP09 -7 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 膀胱炎症性疼痛におけるTransient receptor potential(TRP)A1チャネルの役割 ノックアウトマウスを用いた検討
    亀井 潤, 相澤 直樹, 中川 貴之, 金子 周司, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本泌尿器科学会総会 105回 OP33 -4 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 上部尿路結石に伴う閉塞性腎盂腎炎の検討
    松澤 幸正, 安達 英輔, 亀井 潤, 西松 寛明 日本化学療法学会雑誌 65 (Suppl.A) 372 -372 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 亀井 潤, 本間 之夫 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine 94 (2) 142 -146 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 【高齢化社会で増加する排尿障害】 排尿と蓄尿のメカニズム
    亀井 潤, 本間 之夫 臨牀と研究 94 (2) 142 -146 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 頻尿を伴う炎症性膀胱痛に対するTransient receptor potential(TRP) M2およびTRPA1チャネルの役割 ノックアウトマウスを用いたLPS膀胱内注入による検討
    亀井 潤, 相澤 直樹, 中川 貴之, 秋山 佳之, 金子 周司, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 27 (1) 177 -177 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺全摘術患者における超音波検査装置を用いた骨盤底リハビリテーションのフィージビリティ検討
    松永 明子, 吉田 美香子, 藤村 哲也, 篠田 裕介, 新美 文彩, 亀井 潤, 相澤 直樹, 真田 弘美, 芳賀 信彦, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 27 (1) 207 -207 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 間質性膀胱炎粘膜におけるTRPC1、4発現の検討
    野宮 明, 新美 文彩, 秋山 佳之, 亀井 潤, 藤村 哲也, 福原 浩, 榎本 裕, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 27 (1) 217 -217 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 間質性膀胱炎の経過中に低容量膀胱となった症例の臨床的検討
    新美 文彩, 秋山 佳之, 亀井 潤, 野宮 明, 山田 幸央, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 27 (1) 219 -219 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺全摘出術後の尿失禁重症度と骨盤底の形態・機能の関係 症例検討
    吉田 美香子, 松永 明子, 藤村 哲也, 篠田 裕介, 新美 文彩, 亀井 潤, 相澤 直樹, 井川 靖彦, 本間 之夫, 真田 弘美 日本排尿機能学会誌 27 (1) 261 -261 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺癌の長期エストロゲン投与中に生じた膀胱子宮内膜症の1例
    田口 慧, 榎本 裕, 亀井 潤, 宮嵜 英世, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 西松 寛明, 石川 晃, 久米 春喜, 新谷 裕加子, 井川 靖彦, 本間 之夫 泌尿器外科 29 (6) 1055 -1055 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 井川 靖彦, 亀井 潤 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 70 (6) 390 -396 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 井川 靖彦, 亀井 潤 臨床泌尿器科 70 (6) 390 -396 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>前立腺肥大症に対する薬物療法の目的は,下部尿路症状の軽減を通したQOL障害の改善および合併症予防と外科治療の回避である.主症状が何であるか(排尿症状,蓄尿症状,夜間頻尿)や,前立腺体積により,個々の症例に適した薬物選択が必要である.近年,PDE5阻害薬が登場したことで,治療選択肢の幅が広がっている.(著者抄録)
  • 前立腺生検患者の直腸スワブ培養から分離されたフルオロキノロン耐性大腸菌およびESBL産生大腸菌の頻度とその薬剤感受性の検討
    亀井 潤, 佐藤 智明, 森屋 恭爾, 八木原 由佳, 堀内 崇真, 中川 徹, 久米 春喜, 本間 之夫 日本化学療法学会雑誌 64 (Suppl.A) 175 -175 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 亀井 潤, 井川 靖彦 泌尿器care & cure uro-lo : 治療と看護みんなつながるマガジン 21 (2) 179 -182 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 亀井 潤, 井川 靖彦 泌尿器care & cure uro-lo : 治療と看護みんなつながるマガジン 21 (2) 272 -274 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【まるごと下部尿路機能障害】 下部尿路機能障害のdiagnostics 下部尿路機能障害をきたす主な疾患 過活動膀胱
    亀井 潤, 井川 靖彦 Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure 21 (2) 179 -182 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【まるごと下部尿路機能障害】 下部尿路機能障害のQ&A よくある質問に答えます!過活動膀胱にまつわるエトセトラ
    亀井 潤, 井川 靖彦 Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure 21 (2) 272 -274 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • ここを狙え、排尿障害の基礎研究 膀胱知覚過敏に対する治療標的 TRPチャネル
    亀井 潤, 相澤 直樹, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本泌尿器科学会総会 104回 PPS21 -2 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺生検患者の直腸スワブ培養におけるフルオロキノロン耐性大腸菌およびESBL産生大腸菌の頻度とその関連因子
    堀内 崇真, 亀井 潤, 中川 徹, 久米 春喜, 松本 明彦, 宮嵜 英世, 藤村 哲也, 福原 浩, 佐藤 智明, 森屋 恭爾, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 104回 PP3 -341 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 松永 明子, 吉田 美香子, 横田 一彦, 亀井 潤, 新美 文彩, 相澤 直樹, 藤村 哲也, 篠田 裕介, 芳賀 信彦, 井川 靖彦, 本間 之夫 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌 37回 71 -75 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    骨盤リハビリテーションで2ヵ月間の骨盤底筋訓練を完遂した腹圧性尿失禁患者12名(平均年齢65.9歳、経産婦8名)を対象に、訓練に抵抗性を示す患者の特徴を解析した。訓練後24時間パッドテストを行い、1日当たりのパッド使用枚数が0〜1枚の治癒群5名(41.7%)、2枚以上の非治癒群7名(58.3%)に分けて比較した。治癒群では非治癒群に比べ訓練終了時の尿失禁頻度、1回失禁量が少なく、尿失禁QOL質問票得点が有意に高かった。訓練開始前の状況では、非治癒群は治癒群に比べ軽度肥満者(BMI>25)、経産婦者の割合が多く、尿失禁頻度が2回以上/日が多い傾向であった。
  • 前立腺生検患者の直腸スワブ培養によるフルオロキノロン耐性大腸菌およびESBL産生大腸菌の頻度
    亀井 潤, 中川 徹, 久米 春喜, 松本 明彦, 宮嵜 英世, 藤村 哲也, 福原 浩, 佐藤 智明, 森屋 恭爾, 本間 之夫 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌 24 (1) 73 -74 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 雄性下部尿路閉塞ラットにおける膀胱伸展受容一次求心性神経活動の解析 膀胱微小収縮との関連性の検討
    杉山 梨乃, 相澤 直樹, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 26 (1) 138 -138 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • β3作動薬ミラベグロンは低コンプライアンス膀胱に対してビデオウロダイナミクス所見を改善する
    亀井 潤, 古田 昭, 秋山 佳之, 新美 文彩, 市原 浩司, 藤村 哲也, 福原 浩, 久米 春喜, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 26 (1) 141 -141 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 女性骨盤底障害患者に対する短期集中骨盤底筋訓練プログラムの成績
    松永 明子, 吉田 美香子, 藤村 哲也, 緒方 直史, 篠田 裕介, 新美 文彩, 亀井 潤, 相澤 直樹, 真田 弘美, 芳賀 信彦, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 26 (1) 210 -210 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • Toll-like receptor(TLR)7の活性化はマウスにおいて頻尿・膀胱痛・膀胱炎を惹起しうる
    市原 浩司, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 舛森 直哉, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 26 (1) 213 -213 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • ラット膀胱伸展受容一次求心性神経のAδおよびC線維の活動性に及ぼすresiniferatoxin脱感作の直接作用
    相澤 直樹, 伊藤 悠城, 杉山 梨乃, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 26 (1) 216 -216 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • ハンナ型間質性膀胱炎の一部はB細胞のクローナル増殖を伴う慢性炎症・免疫疾患群である
    秋山 佳之, 前田 大地, 森川 鉄平, 新美 文彩, 野宮 明, 山田 幸央, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 亀井 潤, 伊藤 悠城, 市原 浩司, 藤村 哲也, 中川 徹, 福原 浩, 久米 春喜, 井川 靖彦, 深山 正久, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 26 (1) 219 -219 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 亜急性期下部尿路閉塞雄性ラットの膀胱機能におけるTRPA1チャネルの役割
    杉山 梨乃, 相澤 直樹, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (2) 349 -350 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 除脳マウスにおいてToll like receptor(TLR)7刺激薬イミキモドの膀胱内注入は頻尿を誘発する
    市原 浩司, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 舛森 直哉, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (2) 353 -353 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 尿路感染症治療のベスト・プラクティスを提案する 排尿障害に伴う尿路感染症治療のベスト・プラクティスは?
    亀井 潤, 中川 徹, 久米 春喜, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本化学療法学会雑誌 63 (Suppl.A) 112 -112 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 除脳マウスにおいてToll like receptor(TLR)7刺激薬イミキモドの膀胱内注入は頻尿を誘発する
    市原 浩司, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 舛森 直哉, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本泌尿器科学会総会 103回 477 -477 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 加齢に伴うラット排尿動態の変化と長期カロリー制限による予防効果 排尿行動測定(FV測定)および膀胱内圧測定(CMG)による検討
    亀井 潤, 伊藤 悠城, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 秋山 佳之, 市原 浩司, 藤田 泰典, 伊藤 雅史, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本泌尿器科学会総会 103回 552 -552 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎 重症尿路感染症への対応を考える 閉塞性腎盂腎炎の重症化を予測する危険因子を探る
    亀井 潤, 中川 徹, 西松 寛明, 宮嵜 英世, 東 剛司, 藤村 哲也, 福原 浩, 久米 春喜, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本化学療法学会雑誌 63 (2) 225 -225 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎 重症尿路感染症への対応を考える 閉塞性腎盂腎炎の重症化を予測する危険因子を探る
    亀井 潤, 中川 徹, 西松 寛明, 宮嵜 英世, 東 剛司, 藤村 哲也, 福原 浩, 久米 春喜, 井川 靖彦, 本間 之夫 感染症学雑誌 89 (2) 299 -300 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【90疾患の臨床推論!診断の決め手を各科専門医が教えます】 (第5章)腰背部痛 腎盂腎炎
    亀井 潤, 中川 徹, 本間 之夫 レジデントノート 16 (14) 2622 -2623 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • ラット膀胱の加齢性収縮能減弱とそれに対する長期カロリー制限による予防効果の背景因子の検討 脂質酸化ストレスおよび線維化の関与
    伊藤 悠城, 相澤 直樹, 杉山 梨乃, 亀井 潤, 秋山 佳之, 鈴木 基文, 市原 浩司, 小島 俊男, 藤田 泰典, 伊藤 雅史, 本間 之夫, 窪田 吉信, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (1) 149 -149 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • Transient receptor potential melastatin 2(TRPM2)チャネルの膀胱機能調節における生理的意義 ノックアウトマウスを用いた機能解析
    亀井 潤, 相澤 直樹, 中川 貴之, 伊藤 悠城, 杉山 梨乃, 秋山 佳之, 市原 浩司, 新美 文彩, 金子 周司, 藤村 哲也, 鈴木 基文, 福原 浩, 久米 春喜, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (1) 150 -150 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • ラット膀胱伸展受容一次求心性神経のC線維の活動性に対する膀胱ムスカリン受容体の促進的寄与
    相澤 直樹, 伊藤 悠城, 杉山 梨乃, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 藤村 哲也, 鈴木 基文, 福原 浩, 久米 春喜, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (1) 177 -177 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • ラット膀胱伸展受容求心性神経活動制御における膀胱アドレナリンα1D受容体の生理的役割
    相澤 直樹, 伊藤 悠城, 杉山 梨乃, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 藤村 哲也, 鈴木 基文, 福原 浩, 久米 春喜, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (1) 177 -177 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • ハンナ型間質性膀胱炎と非ハンナ型間質性膀胱炎は別の病態か Tissue Studioを用いた病理組織の定量的解析
    秋山 佳之, 前田 大地, 山田 幸央, 新美 文彩, 野宮 明, 亀井 潤, 相澤 直樹, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 中川 徹, 福原 浩, 久米 春喜, 井川 靖彦, 深山 正久, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 25 (1) 180 -180 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膀胱出口部閉塞後亜急性期の雄性ラットの尿流動態に対するTRPA1およびTRPV1チャネルの関与
    杉山 梨乃, 相澤 直樹, 伊藤 悠城, 亀井 潤, 秋山 佳之, 市原 浩司, 藤村 哲也, 鈴木 基文, 福原 浩, 久米 春喜, 本間 之夫, 井川 靖彦 日本排尿機能学会誌 25 (1) 199 -199 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 難治性間質性膀胱炎に対するボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法の効果予測因子の検討 当院における無作為化比較試験結果から
    秋山 佳之, 野宮 明, 新美 文彩, 山田 幸央, 亀井 潤, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 中川 徹, 福原 浩, 久米 春喜, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 25 (1) 212 -212 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • ハンナ病変凝固術の効果持続期間に影響を与える因子の検討
    新美 文彩, 山田 幸央, 野宮 明, 秋山 佳之, 亀井 潤, 藤村 哲也, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 25 (1) 263 -263 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における筋層浸潤性膀胱癌に対する根治的膀胱全摘除術の治療成績
    松本 明彦, 京野 陽子, 亀井 潤, 前川 滋克, 市川 寛樹, 福島 啓司, 横山 みなと, 古賀 文隆, 比島 恒和, 本間 之夫, 篠原 充 泌尿器外科 27 (臨増) 757 -757 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 豊島区前立腺がん検診(第一報) 初年度の追跡調査結果
    辻井 俊彦, 高沢 亮治, 北山 沙知, 篠原 充, 山田 幸央, 亀井 潤, 松本 明彦, 京野 陽子, 吉川 哲夫 泌尿器外科 27 (臨増) 769 -769 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 難治性尿路結石の治療戦略 難治性尿路結石における腹腔鏡下手術の可能性
    西松 寛明, 新美 彩美, 宮嵜 英世, 村田 高史, 亀井 潤, 杉原 亨, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 中川 徹, 久米 春喜, 平野 美和, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 102回 356 -356 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • ベータ3作動薬ミラベグロンの低コンプライアンス膀胱に対する有効性の検討
    亀井 潤, 古田 昭, 新美 文彩, 秋山 佳之, 吉田 美香子, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 久米 春喜, 真田 弘美, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本泌尿器科学会総会 102回 567 -567 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 尿管狭窄を伴った腸間膜線維腫症の1例
    松本 明彦, 京野 陽子, 亀井 潤, 前川 滋克, 市川 寛樹, 堀口 慎一郎, 五嶋 孝博, 本間 之夫, 篠原 充 泌尿器外科 26 (10) 1589 -1592 2013年10月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は45歳、男性。近医の超音波検査で偶然右水腎症を指摘され、当科を受診した。CTにて尿管周囲の軟部組織による尿管狭窄が疑われたため、腫瘍切除術および右尿管部分切除術を行った。病理診断にて腸間膜線維腫症を認め、その壁外性圧迫により尿管狭窄をきたしていた。術後水腎症は改善したが、腫瘍の切除断端が陽性であったため、再発予防目的にトラニラストの投与を行い、3年間再発なく経過している。(著者抄録)
  • ミラベグロンが低コンプライアンス膀胱の改善に有効であった神経因性下部尿路機能障害の2例
    亀井 潤, 井川 靖彦, 古田 昭, 吉田 美香子, 久米 春喜, 本間 之夫 日本排尿機能学会誌 24 (1) 275 -275 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺肥大症に対する5α還元酵素阻害薬デュタステリド単独投与の治療効果
    辻井 俊彦, 高沢 亮治, 北山 沙知, 篠原 充, 山田 幸央, 亀井 潤, 京野 陽子, 吉川 哲夫, 有澤 千鶴, 飯村 康正, 河村 尚子, 山本 秀伸 泌尿器外科 26 (臨増) 725 -725 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 多発性嚢胞腎に腎細胞癌が合併し、積極的治療を行う過程で維持透析導入に至った症例
    松本 明彦, 京野 陽子, 亀井 潤, 岩佐 悠子, 安藤 稔 日本透析医学会雑誌 46 (Suppl.1) 799 -799 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 前立腺肥大症に対する5α還元酵素阻害薬デュタステリド単独投与の治療効果(第2報)
    辻井 俊彦, 高沢 亮治, 北山 沙知, 篠原 充, 松本 明彦, 亀井 潤, 京野 陽子, 吉川 哲夫, 有澤 千鶴, 飯村 康正, 河村 尚子 日本泌尿器科学会雑誌 104 (2) 329 -329 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 治療前PSAが1000ng/m以上の転移性前立腺癌の予後
    市川 寛樹, 京野 陽子, 亀井 潤, 松本 明彦, 篠原 充 日本泌尿器科学会雑誌 104 (2) 477 -477 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 化学療法で部分寛解を得た尿管原発large cell neuroendocrine carcinomaの1例
    京野 陽子, 前田 義治, 亀井 潤, 山田 幸央, 篠原 充 泌尿器外科 25 (11) 2193 -2196 2012年11月 [査読無し][通常論文]
     
    77歳男。2011年1月の健診にて右水腎症、腎機能障害(SCr:1.6mg/dl)を指摘された。尿細胞診positive(small cell carcinoma susp.)であり、画像所見で一部膀胱浸潤を伴う右下部尿管腫瘍と周囲リンパ節腫大が認められた。腫瘍マーカーはLDHのみ上昇を認めた。3月TUR-BT施行。組織学的にCD56(+)、synaptophisin(-)、Chromogranin(-)、NSE(-)より、WHO肺癌組織分類に準じてlarge cell neuroendocrine carcinomaと診断した。4月〜当院化学療法科入院しCPT-11+CBDCA併用療法開始した。短期的にはPRが得られていたが、総合効果はPD、加療開始6ヵ月後に癌死した。(著者抄録)
  • 6年間の無治療経過観察で他臓器転移を認めなかった両側腎細胞癌の1例
    亀井 潤, 小林 史岳, 赤羽 伸一, 佐藤 滋則, 太田 信隆 泌尿器外科 25 (9) 1915 -1915 2012年09月 [査読無し][通常論文]
  • 重症多発筋炎を合併した精巣腫瘍の1例
    亀井 潤, 京野 陽子, 山田 幸央, 篠原 充, 本間 之夫 泌尿器科紀要 58 (7) 361 -364 2012年07月 [査読無し][通常論文]
     
    32歳男性。左精巣腫大を主訴に来院となり左高位精巣摘除術を施行、病理組織学的にはembryonal cell carcinoma with intratubular germ cell neoplasia(stage 1)のnon-seminomaであった。今回、経過観察から1年3ヵ月後、腫瘍マーカーの上昇ほか、CTにて傍大動脈リンパ節腫大が確認され、精巣腫瘍の再発が疑われた。また、あわせてCKの著明な上昇も認めて入院となった。腹部CTでは左傍大動脈リンパ節に腫大したリンパ節が多数認められ、アレルギー膠原病科にコンサルトしたところ、MRIおよび筋電図、筋生検で筋原性の炎症が疑われ、病理組織学的にも多発筋炎の筋組織像が確認された。以上より、本症例は精巣腫瘍に合併した多発性筋炎と診断され、まず精巣腫瘍の治療としてBEPの2コースが施行された。しかし、腫瘍マーカーの低下やリンパ節の縮小は認められたものの、CKは依然高値であり、加えて近位筋の萎縮進行、嚥下困難、構音障害、頭部支持困難等が出現したため、筋炎治療への方針へ一旦変更することとなった。そこで、アレルギー膠原病科にてγグロブリン大量療法(IVIG)が開始されたが、当夜に呼吸不全と誤嚥性肺炎を発症した。誤嚥性肺炎の改善をみてからIVIGが再開されたが、CKの高値は持続し、ステロイドパルス療法を行うことで低下が認められた。以後、精巣腫瘍に対してPE療法を1コース施行することとなり、その結果、腫瘍マーカーの正常化とリンパ節腫大の消失によりCRが得られた。尚、化学療法後7年経過現在、腫瘍ならびに筋炎の再発は認められていない。
  • 亀井 潤, 篠原 充, 本間 之夫 臨床泌尿器科 66 (7) 514 -516 2012年06月 [査読無し][通常論文]
  • 病理学的にstageIIIと診断された腎癌症例の検討
    山田 幸央, 京野 陽子, 亀井 潤, 篠原 充, 本間 之夫 泌尿器外科 25 (臨増) 1090 -1090 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 重症多発筋炎を合併し救命しえた精巣腫瘍の1例
    亀井 潤, 京野 陽子, 山田 幸央, 篠原 充, 本間 之夫 泌尿器外科 25 (臨増) 1103 -1103 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 右尿管原発large cell neuroendocrine carcinomaの1例
    京野 陽子, 前田 義治, 山田 侑子, 船田 信顕, 亀井 潤, 山田 幸央, 篠原 充 泌尿器外科 25 (臨増) 1115 -1115 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 臨床的に腎癌stageIと診断された症例の治療成績 腎摘除と腎部分切除、無治療経過観察の比較
    山田 幸央, 京野 陽子, 亀井 潤, 篠原 充, 本間 之夫 日本泌尿器科学会雑誌 103 (2) 265 -265 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • D2前立腺癌の予後因子についての臨床的検討
    市川 寛樹, 京野 陽子, 亀井 潤, 山田 幸央, 篠原 充 日本泌尿器科学会雑誌 103 (2) 276 -276 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するデキサメサゾン治療の副作用による耐糖能の悪化に対する検討
    亀井 潤, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 西松 寛明, 榎本 裕, 石川 晃, 久米 春喜, 井川 靖彦, 京野 陽子, 山田 幸央, 篠原 充, 本間 之夫 日本泌尿器科学会雑誌 103 (2) 297 -297 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 亀井 潤, 久米 春喜, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 榎本 裕, 西松 寛明, 石川 晃, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本泌尿器科学会雑誌 103 (1) 18 -21 2012年01月 [査読無し][通常論文]
     
    76歳男性。8年前に左鼠径部の無痛性腫大を主訴に当科受診。左高位精巣摘除術を施行し、精索悪性線維性組織球腫(MFH)と診断された。断端陽性のため追加切除および後腹膜リンパ節郭清を施行し断端陰性を得たので、追加治療は行わなかった。術後8年後に左鼠径部に有痛性の皮下腫瘤が出現し入院した。CTにてMFHの局所再発、肝・副腎転移を認めた。その後、局所再発巣、転移巣は急速な増大を認め、入院28日目に死亡した。剖検にて、MFHの再発、肺・肝・左副腎・椎体骨・リンパ節転移が確認された。MFHの再発・転移のほとんどは早期に出現する。8年後に再発・転移した本症例は、極めて稀であると考えられる。(著者抄録)
  • 無治療で7年間転移なく経過した両側腎細胞癌の1例
    亀井 潤, 小林 文岳, 赤羽 伸一, 佐藤 滋則, 太田 信隆, 久米 春喜, 本間 之夫 泌尿器外科 24 (9) 1541 -1544 2011年09月 [査読無し][通常論文]
     
    81歳女性。高血圧の精査中に偶然両側性腎腫瘍が発見され、Dynamic CT、MRIにて両側腎細胞癌(右:6.0cm、左7.0cm)と診断された。他臓器浸潤・転移を認めなかったが、積極的な治療を希望されず、無治療経過観察となった。その後7年間経過するも腫瘍の増大は認めるが(右:7.0cm、左:10.1cm)、明らかな他臓器浸潤・転移は認められていない。(著者抄録)
  • 当院での尿路上皮癌スクリーニングにおける尿中NMP-22測定の検討
    小林 史岳, 亀井 潤, 森本 裕彦, 赤羽 伸一, 佐藤 滋則, 太田 信隆 泌尿器外科 24 (臨増) 529 -529 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 尿路性敗血症をきたした重症急性腎盂腎炎の検討
    亀井 潤, 西松 寛明, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 榎本 裕, 石川 晃, 久米 春喜, 井川 靖彦, 本間 之夫 日本泌尿器科学会雑誌 102 (2) 564 -564 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 亀井 潤, 本間 之夫, 西松 寛明, 鈴木 基文, 藤村 哲也, 福原 浩, 榎本 裕, 石川 晃, 久米 晴喜, 井川 靖彦 日本泌尿器科学会雑誌 102 (2) 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 原発性アルドステロン症にプレクリニカルクッシング症候群を合併し、副腎部分切除術を施行した一例
    佐藤 滋則, 亀井 潤, 小林 史岳, 赤羽 伸一, 太田 信隆 日本内分泌外科学会総会プログラム・抄録集 22回 119 -119 2010年04月 [査読無し][通常論文]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.