研究者総覧

柏浦 正広 (カシウラ マサヒロ)

  • 内科系診療部 救急科 講師
Last Updated :2021/09/23

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 救急医学

研究活動情報

論文

  • Toshinobu Yamagishi, Masahiro Kashiura, Yuji Shindo, Kenichi Yamanaka, Ken Tsuboi, Hakuei Shinhata
    Medicine 100 8 e24736  2021年02月 
    ABSTRACT: In diverticular bleeding, extravasation detected by computed tomography indicates active bleeding. It is unclear whether an endoscopic procedure is the best method of hemostasis for diverticular bleeding. This retrospective study was conducted to examine the effectiveness of endoscopic hemostasis in preventing diverticular rebleeding with extravasation visualized by contrast-enhanced computed tomography.This single-center, retrospective, the observational study utilized data from an endoscopic database. Adult patients admitted to our hospital due to diverticular bleeding diagnosed by colonoscopy were included. We compared the data between the extravasation-positive and extravasation-negative groups. The primary outcome was the proportion of successful hemostasis without rebleeding within 1 month after the first endoscopic procedure. Altogether, 69 patients were included in the study (n = 17, extravasation-positive group; n = 52, extravasation-negative group). The overall rebleeding rate was 30.4% (21/69). The rebleeding rate was higher in the extravasation-positive group than in the extravasation-negative group, although without a statistically significant difference. However, among the patients who underwent endoscopic hemostasis, the rebleeding rate was significantly higher in the extravasation-positive group than in the extravasation-negative group (50% [8/16] vs 10.5% [2/19], p = .022). In the extravasation-positive group, all 8 patients with rebleeding underwent repeat colonoscopy. Of these, 5 patients required additional clips; bleeding was controlled in 3 patients, while arterial embolization or surgery was required for hemostasis in 2 patients. None of the remaining 3 patients with rebleeding in the extravasation-positive group required clipping; thus, their conditions were only observed.Many patients with diverticular bleeding who exhibited extravasation on computed tomography experienced rebleeding after endoscopic hemostasis. However, bleeding in more than half of these patients could be stopped by 2 endoscopic procedures, without performing transcatheter arterial embolization or surgery even if rebleeding occurred. Some serious major complications due to such invasive interventions are reported in the literature, but colonoscopic complications did not occur in our patients. Endoscopic hemostasis may be the preferred and effective first-line therapy for patients with diverticular bleeding who have extravasation, as visualized by contrast-enhanced computed tomography.
  • Yutaka Kondo, Tatsuma Fukuda, Ryo Uchimido, Masahiro Kashiura, Soichiro Kato, Hiroshi Sekiguchi, Yoshito Zamami, Toru Hifumi, Kei Hayashida
    Frontiers in medicine 8 660367 - 660367 2021年 
    Background: Advanced Life Support (ALS) is regarded to be associated with improved survival in pre-hospital trauma care when compared to Basic Life Support (BLS) irrespective of lack of evidence. The aim of this study is to ascertain ALS improves survival for trauma in prehospital settings when compared to BLS. Methods: We searched PubMed, EMBASE, and the Cochrane Central Register of Controlled Trials for published controlled trials (CTs), and observational studies that were published until Aug 2017. The population of interest were adults (>18 years old) trauma patients who were transported by ground transportation and required resuscitation in prehospital settings. We compared outcomes between the ALS and BLS groups. The primary outcome was in-hospital mortality and secondary outcomes were neurological outcome and time spent on scene. Results: We identified 2,502 studies from various databases and 10 studies were included in the analysis (two CTs, and eight observational studies). The outcomes were not statistically significant between the ALS and BLS groups (pooled OR 1.14; 95% CI 0.95 to 1.36 for mortality, pooled OR 1.12; 95% CI 0.88 to 1.42 for good neurological outcomes, pooled mean difference -0.96; 95% CI-6.64 to 4.72 for on-scene time) in CTs. In observational studies, ALS prolonged on-scene time and increased mortality (pooled OR 1.56; 95% CI: 1.31 to 1.86 for mortality, and pooled mean difference, 1.26; 95% CI: 0.07 to 2.45 for on-scene time). Conclusions: In prehospital settings, the present study showed no advantages of ALS on the outcomes in patients with trauma compared to BLS.
  • Ibuki Kurihara, Masahiro Kashiura, Takashi Moriya, Hitoshi Sugawara
    Journal of general and family medicine 21 5 188 - 190 2020年09月 [査読有り][通常論文]
     
    An 82-year-old man with untreated diabetes mellitus (DM) had anterior chest wall swelling and ulcers 2 years following blunt chest trauma. Contrast-enhanced computed tomography revealed sternal fracture with osteolytic change and subcutaneous abscess. Blood and sternal cultures were positive for methicillin-susceptible Staphylococcus aureus (MSSA). Transesophageal echocardiogram showed vegetation on the right coronary cusp and moderate aortic regurgitation. The patient received a diagnosis of infective endocarditis associated with chronic sternal osteomyelitis complicated by subcutaneous abscess because of MSSA. This case report showed that trivial trauma in patients with uncontrolled DM can cause chronic sternal osteomyelitis resulting in infective endocarditis.
  • Masahiro Kashiura, Shunsuke Amagasa, Takashi Moriya, Atsushi Sakurai, Nobuya Kitamura, Takashi Tagami, Munekazu Takeda, Yasufumi Miyake
    The Journal of emergency medicine 59 2 227 - 237 2020年08月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The influence of institutional volume of out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) cases on outcomes remains unclear. OBJECTIVES: This study evaluated the relationship between institutional volume of adult, nontraumatic OHCA cases and 1-month favorable neurologic outcomes. METHODS: This study retrospectively analyzed data between January 2012 and March 2013 from a prospective observational study in the Kanto area of Japan. We analyzed adult patients with nontraumatic OHCA who underwent cardiopulmonary resuscitation by emergency medical service personnel and in whom spontaneous circulation was restored. Based on the institutional volume of OHCA cases, we divided institutions into low-, middle-, or high-volume groups. The primary and secondary outcomes were 1-month favorable neurologic outcomes and 1-month survival, respectively. A multivariate logistic regression analysis adjusted for propensity score and in-hospital variables was performed. RESULTS: Of 2699 eligible patients, 889, 898, and 912 patients were transported to low-volume (40 institutions), middle-volume (14 institutions), and high-volume (9 institutions) centers, respectively. Using low-volume centers as the reference, transport to a middle- or high-volume center was not significantly associated with a favorable 1-month neurologic outcome (adjusted odds ratio [OR] 1.21 [95% confidence interval {CI} 0.84-1.75] and adjusted OR 0.77 [95% CI 0.53-1.12], respectively) or 1-month survival (adjusted OR 1.10 [95% CI 0.82-1.47] and adjusted OR 0.76 [95% CI 0.56-1.02], respectively). CONCLUSIONS: Institutional volume was not significantly associated with favorable 1-month neurologic outcomes or 1-month survival in OHCA. Further investigation is needed to determine the association between hospital characteristics and outcomes in patients with OHCA.
  • Masayasu Horibe, Eisuke Iwasaki, Yoshihisa Tsuji, Masamitsu Sanui, Toshihiko Mayumi, Takaaki Eguchi, Katsuya Kitamura, Kazuhiro Minami, Tsukasa Ikeura, Nobutaka Chiba, Junko Izai, Hidetaka Suzuki, Satoshi Yamamoto, Masahiro Kashiura, Ken Emoto, Yoshifumi Takeyama, Kazuichi Okazaki, Takanori Kanai
    GASTROENTEROLOGY 158 6 S328 - S328 2020年05月 [査読有り][通常論文]
     
    0
  • Mioko Kobayashi, Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Yuichi Hamabe
    CRITICAL CARE MEDICINE 48 2020年01月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Fumihito Fukushima, Hiroyuki Tamura, Takashi Moriya
    Oxford medical case reports 2019 9 omz095 - 411 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Noritaka Yada, Kazuma Yamakawa
    BMJ open 9 8 e028172  2019年08月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Over the past decades, the treatment for blunt splenic injuries has shifted from operative to non-operative management. Interventional radiology such as splenic arterial embolisation generally increases the success rate of non-operative management. However, the type of intervention, such as the first definitive treatment for haemostasis (interventional radiology or surgery) in blunt splenic injuries is unclear. Therefore, we aim to clarify whether interventional radiology improves mortality in patients with blunt splenic trauma compared with operative management by conducting a systematic review and meta-analysis. METHODS AND ANALYSIS: We will search the following electronic bibliographic databases to retrieve relevant articles for the literature review: Medline, Embase and the Cochrane Central Register of Controlled Trials. We will include controlled trials and observational studies published until September 2018. We will screen search results, assess the study population, extract data and assess the risk of bias. Two review authors will extract data independently, and discrepancies will be identified and resolved through a discussion with a third author where necessary. Data from eligible studies will be pooled using a random-effects meta-analysis. Statistical heterogeneity will be assessed by using the Mantel-Haenszel χ² test and the I² statistic, and any observed heterogeneity will be quantified using the I² statistic. We will conduct sensitivity analyses according to several factors relevant for the heterogeneity. ETHICS AND DISSEMINATION: Our study does not require ethical approval as it is based on the findings of previously published articles. This systematic review will provide guidance on selecting a method for haemostasis of splenic injuries and may also identify knowledge gaps that could direct further research in the field. Results will be disseminated through publication in a peer-reviewed journal and presentations at relevant conferences. PROSPERO REGISTRATION NUMBER: CRD42018108304.
  • Masahiro Kashiura, Shunsuke Amagasa, Hiroyuki Tamura, Hidenori Sanayama, Motoshige Yamashina, Masashi Ikota, Yoshio Sakiyama, Yoshikazu Yoshino, Takashi Moriya
    Oxford medical case reports 2019 6 omz042  2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Acute ischemic stroke (AIS) caused by major vessel occlusion has potentially poor outcomes. Early successful recanalization after symptom onset is an important factor for favorable outcomes of AIS. We present the case of a 74-year-old man with AIS who underwent the entire process from diagnosis to thrombolysis and endovascular treatment in a hybrid emergency room (ER) equipped with a multidetector computed tomography (CT) scanner and an angiography suite set-up. A hybrid ER can facilitate evaluation and definitive interventions in patients with AIS more quickly and safely and in one place, without the requirement for transfer to a CT scanner or angiography suite set-up. In the present case, the door-to-puncture time and door-to-reperfusion time were 85 and 159 min, respectively, which were shorter than those in the group conventionally treated for stroke in our institution. Further study is needed to confirm the effect of the hybrid ER system.
  • Shunsuke Amagasa, Masahiro Kashiura, Takashi Moriya, Satoko Uematsu, Naoki Shimizu, Atsushi Sakurai, Nobuya Kitamura, Takashi Tagami, Munekazu Takeda, Yasufumi Miyake
    Resuscitation 137 161 - 167 2019年04月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: To evaluate volume-outcome relationship in paediatric out-of-hospital cardiac arrest (OHCA). METHODS: This post hoc analysis of the SOS-KANTO 2012 study included data of paediatric OHCA patients <18 years old who were transported to the 53 emergency hospitals in the Kanto region of Japan between January 2012 and March 2013. Based on the paediatric OHCA case volume, the higher one-third of institutions (more than 10 paediatric OHCA cases during the study period) were defined as high-volume centres, the middle one-third institutions (6-10 cases) were defined as middle-volume centres and the lower one-third of institutions (less than 6 cases) were defined as low-volume centres. The primary outcome measurement was survival at 1 month after cardiac arrest. Multivariate logistic regression analysis for 1-month survival and paediatric OHCA case volume were performed after adjusting for multiple propensity scores. To estimate the multiple propensity score, we fitted a multinomial logistic regression model, which fell into one of the three groups as patient demographics and prehospital factors. RESULTS: Among the eligible 282 children, 112, 82 and 88 patients were transported to the low-volume (36 institutions), middle-volume (11 institutions) and high-volume (6 institutions) centres, respectively. Transport to a high-volume centre was significantly associated with a better 1-month survival after adjusting for multiple propensity score (adjusted odds ratio, 2.55; 95% confidence interval, 1.05-6.17). CONCLUSION: There may be a relationship between institutional case volume and survival outcomes in paediatric OHCA.
  • Masahiro Kashiura, Shunsuke Amagasa, Hiroyuki Tamura, Akira Shimoyama, Takashi Moriya
    Acute medicine & surgery 6 1 87 - 88 2019年01月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Haruka Taira, Shunsuke Amagasa, Takashi Moriya
    Journal of general and family medicine 19 4 141 - 142 2018年07月 [査読有り][通常論文]
     
    (A) Computed tomography of the brain showing no abnormal finding. (B) Magnetic resonance imaging of the brain showing a T1-weighted area of hyperintensity in the left putamen, caudate nucleus, and globus pallidum with sparing of the internal capsule (arrow). (C) T2*-weighted image showing hypointensity in the left putamen, caudate nucleus, and globus pallidum (arrowhead). (D) T2-weighted image showing no abnormal finding.
  • Toshinobu Yamagishi, Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Kazuha Nakamura, Takuto Ishida, Takahiro Yukawa, Kazuki Miyazaki, Takahiro Tanabe, Yuichi Hamabe
    Journal of medical case reports 11 1 318 - 318 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Cardiopulmonary resuscitation-related bleeding, especially internal mammary artery injuries, can become life-threatening complications after initiating venoarterial extracorporeal membrane oxygenation owing to the frequent involvement of concomitant anticoagulant treatment, antiplatelet treatment, targeted temperature management, and bleeding coagulopathy. We report the cases of five patients who experienced this complication and discuss their management. CASE PRESENTATION: We retrospectively evaluated five patients with cardiopulmonary resuscitation-related internal mammary artery injuries who were treated between February 2011 and February 2016 at our institution. All five patients were Asian men, aged 56 to 68-years old, who had received concomitant intravenously administered unfractionated heparin (3000 units) with antiplatelet therapy. Four patients received targeted temperature management. The injuries and hematomas were detected using contrast-enhanced computed tomography in all cases. Three patients were treated using transcatheter arterial embolization within 6 hours following cardiopulmonary arrest, and two were resuscitated and received appropriate treatment following early recognition of their injuries. Two patients died of hemorrhagic shock with delayed intervention. Four of the five patients had excessively prolonged activated partial thromboplastin times before their interventions. CONCLUSIONS: Computed tomography should be performed as soon as possible after the return of spontaneous circulation to identify injuries and consider appropriate treatments for patients who have experienced cardiac arrest. Delayed bleeding may develop after treating hypovolemic shock and relieving arterial spasms; therefore, transcatheter arterial embolization should be performed aggressively to prevent delayed bleeding even in the absence of extravasation. This approach may be superior to thoracotomy because it is less invasive, causes less bleeding, and can selectively stop arterial bleeding sooner. A 3000-unit intravenous bolus of unfractionated heparin may be redundant; heparin-free extracorporeal cardiopulmonary resuscitation may be a more appropriate alternative. Unfractionated heparin treatment can commence after the bleeding has stopped.
  • Keita Shibahashi, Kazuhiro Sugiyama, Masahiro Kashiura, Yoshihiro Okura, Hidenori Hoda, Yuichi Hamabe
    World neurosurgery 106 185 - 192 2017年10月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Rapid decompression with trepanation and drainage in an emergency room has been proposed as a potentially effective initial intervention for early-stage acute subdural hemorrhage; however, the actual safety and efficacy of the procedure remain unclear. The aim of this study was to evaluate the feasibility of emergency trepanation as an initial treatment for acute subdural hemorrhage. METHODS: We investigated patients with thick subdural hemorrhages who had undergone craniotomy between 2004 and 2015 in Japan using a nationwide trauma registry (the Japan Trauma Data Bank). The endpoint was survival at discharge. We compared patients who underwent trepanation in an emergency room with those who did not undergo trepanation, and adjusted for potential confounders using a multivariate logistic regression model. RESULTS: During the study period, 236,698 patients were registered in the Japan Trauma Data Bank. Of the 1391 patients who were eligible for analysis, 305 had undergone trepanation in an emergency room. The survival rate was 37.7% in patients who had undergone emergency trepanation and 59.3% in those who had not. Performing emergency trepanation was significantly associated with decreased survival even after adjusting for possible confounders (adjusted odds ratio, 0.55; 95% confidence interval, 0.40-0.76; P < 0.001). CONCLUSIONS: Our results indicate that performing trepanation in an emergency room is associated with a decreased survival rate.
  • Takahiro Yukawa, Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Takahiro Tanabe, Yuichi Hamabe
    Scandinavian journal of trauma, resuscitation and emergency medicine 25 1 95 - 95 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: We investigated the relationship between neurological outcomes and duration from cardiac arrest (CA) to the initiation of extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) (CA-to-ECMO) in patients with out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) treated with extracorporeal cardiopulmonary resuscitation (ECPR) and determined the ideal time at which ECPR should be performed. METHODS: During the time period in which this study was conducted, 3451 patients experienced OHCA. This study finally included 79 patients aged 18 years or older whose OHCA had been witnessed and who underwent ECPR in the emergency room between January 2011 and December 2015. Our primary endpoint was survival to hospital discharge with good neurological outcomes (a cerebral performance category of 1 or 2). RESULTS: Of the 79 patients included, 11 had good neurological outcomes. The median duration from CA-to-ECMO was significantly shorter in the good neurological outcome group (33 min, interquartile range [IQR], 27-50 vs. 46 min, IQR, 42-56: p = 0.03). After controlling for potential confounders, we found that the adjusted odds ratio of CA-to-ECMO time for a good neurological outcome was 0.92 (95% confidence interval: 0.87-0.98, p = 0.007). The area under the receiver operating characteristic curve of CA-to-ECMO for predicting a good neurological outcome was 0.71, and the optimal CA-to-ECMO cutoff time was 40 min. The dynamic probability of survival with good neurological outcomes based on CA-to-ECMO time showed that the survival rate with good neurological outcome decreased abruptly from over 30% to approximately 15% when the CA-to-ECMO time exceeded 40 min. DISCUSSION: In this study, CA-to-ECMO time was significantly shorter among patients with good neurological outcomes, and significantly associated with good neurological outcomes at hospital discharge. In addition, the probability of survival with good neurological outcome decreased when the CA-to-ECMO time exceeded 40 minutes. The indication for ECPR for patients with OHCA should include several factors. However, the duration of CPR before the initiation of ECMO is a key factor and an independent factor for good neurological outcomes in patients with OHCA treated with ECPR. Therefore, the upper limit of CA-to-ECMO time should be inevitably included in the indication for ECPR for patients with OHCA. In the present study, there was a large difference in the rate of survival to hospital discharge with good neurological outcome between the patients with a CA-to-ECMO time within 40 minutes and those whose time was over 40 minutes. Based on the present study, the time limit of the duration of CPR before the initiation of ECMO might be around 40 minutes. We should consider ECPR in patients with OHCA if they are relatively young, have a witness and no terminal disease, and the initiation of ECMO is presumed to be within this time period. CONCLUSIONS: The duration from CA-to-ECMO was significantly associated with good neurological outcomes. The indication for patients with OHCA should include a criterion for the ideal time to initiate ECPR.
  • Akiko Akashi, Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Yuichi Hamabe, Atsushi Sakurai, Yoshio Tahara, Naohiro Yonemoto, Ken Nagao, Arino Yaguchi, Naoto Morimura, Tagami Takashi, Dai Miyazaki, Tomoko Ogasawara, Kei Hayashida, Masaru Suzuki, Mari Amino, Nobuya Kitamura, Tomohisa Nomura, Naoki Shimizu, Sadaki Inokuchi, Yoshihiro Masui, Kunihisa Miura, Haruhiko Tsutsumi, Kiyotsugu Takuma, Ishihara Atsushi, Minoru Nakano, Hiroshi Tanaka, Keiichi Ikegami, Takao Arai, Shigeto Oda, Kenji Kobayashi, Takayuki Suda, Kazuyuki Ono, Ryosuke Furuya, Yuichi Koido, Fumiaki Iwase, Shigeru Kanesaka, Yasusei Okada, Kyoko Unemoto, Tomohito Sadahiro, Masayuki Iyanaga, Asaki Muraoka, Munehiro Hayashi, Shinichi Ishimatsu, Yasufumi Miyake, Hideo Yokokawa, Yasuaki Koyama, Asuka Tsuchiya, Tetsuya Kashiyama, Munetaka Hayashi, Kiyohiro Oshima, Kazuya Kiyota, Hiroyuki Yokota, Shingo Hori, Shin Inaba, Tetsuya Sakamoto, Naoshige Harada, Akio Kimura, Masayuki Kanai, Yasuhiro Otomo, Manabu Sugita, Kosaku Kinoshita, Takatoshi Sakurai, Mitsuhide Kitano, Kiyoshi Matsuda, Kotaro Tanaka, Katsunori Yoshihara, Kikuo Yoh, Junichi Suzuki, Hiroshi Toyoda, Kunihiro Mashiko, Naoki Shimizu, Takashi Muguruma, Tadanaga Shimada, Yoshiro Kobe, Tomohisa Shoko, Kazuya Nakanishi, Takashi Shiga, Takefumi Yamamoto, Kazuhiko Sekine, Shinichi Izuka
    JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE 53 3 345 - 352 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The American Heart Association and European Resuscitation Council guidelines for cardiopulmonary resuscitation present rules for termination of resuscitation (TOR) in cases of out-of-hospital cardiac arrest (OHCA). In Japan, only doctors are legally allowed TOR in OHCA cases. Objective: This study aimed to develop a new TOR rule that suits the actual situations of the Japanese emergency medical services system. Methods: Five different combinations of the TOR rule criteria were compared regarding specificity and positive predictive value (PPV) for 1-month survival with unfavorable neurologic outcomes. The criteria were unwitnessed by emergency medical service personnel, unwitnessed by bystanders, initial unshockable rhythm in the field, initial asystole in the field, no shock delivered, no prehospital return of spontaneous circulation, unshockable rhythm at hospital arrival, and asystole at hospital arrival. Results: A total of 13,291 cases were included. The following combination provided the highest specificity and PPV for predicting 1-month unfavorable neurologic outcomes and death: unwitnessed by bystanders, initial asystole in the field, and asystole at hospital arrival. The specificity and PPV for the combination of the three criteria for predicting 1-month unfavorable neurologic outcomes were 0.992 and 0.999, and for predicting death at 1 month after OHCA were 0.986 and 0.998, respectively. Conclusions: OHCA patients fulfilling the criteria unwitnessed by bystanders and asystole in the field and at hospital arrival had universally poor outcomes. Termination of resuscitation after hospital arrival for these patients may decrease unwarranted treatments. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier Inc.
  • Toshinobu Yamagishi, Masahiro Kashiura, Kazuya Nakata, Kazuki Miyazaki, Takahiro Yukawa, Takahiro Tanabe, Kazuhiro Sugiyama, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    Acute medicine & surgery 4 3 322 - 325 2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Case: Sometimes it is difficult to diagnose circumferential aortic dissection with enhanced computed tomography alone. A 58-year-old woman presented with sudden-onset chest discomfort and loss of consciousness. Transthoracic echocardiogram showed mild aortic regurgitation. Enhanced computed tomography scans showed no obvious intimal tear or flap at the proximal ascending aorta, but an intimal flap was observed from the aortic arch to both common iliac arteries. Stanford type B dissection was tentatively diagnosed. Repeat detailed transthoracic echocardiography examination showed an intimal tear and flap at the ascending aorta; prolapse into the left ventricle caused severe aortic regurgitation. Type A aortic dissection was definitively diagnosed; emergent operation showed a circumferential intimal tear originating from the ascending aorta. Outcome: The ascending aorta was replaced; aortic regurgitation disappeared. The patient was discharged in a good condition 58 days postoperatively. Conclusion: Dynamic evaluations with transthoracic echocardiography should be carried out to diagnose circumferential aortic dissection.
  • Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe, Akiko Akashi, Atsushi Sakurai, Yoshio Tahara, Naohiro Yonemoto, Ken Nagao, Arino Yaguchi, Naoto Morimura
    BMC anesthesiology 17 1 59 - 59 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The duration of cardiopulmonary resuscitation (CPR) is an important factor associated with the outcomes for an out-of-hospital cardiac arrest. However, the appropriate CPR duration remains unclear considering pre- and in-hospital settings. The present study aimed to evaluate the relationship between the CPR duration (including both the pre- and in-hospital duration) and neurologically favorable outcomes 1-month after cardiac arrest. METHODS: Data were utilized from a prospective multi-center cohort study of out-of-hospital cardiac arrest patients transported to 67 emergency hospitals between January 2012 and March 2013 in the Kanto area of Japan. A total of 3,353 patients with out-of-hospital cardiac arrest (age ≥18 years) who underwent CPR by emergency medical service personnel and achieved the return of spontaneous circulation in a pre- or in-hospital setting were analyzed. The primary outcome was a 1-month favorable neurological outcome. Logistic regression analysis was performed to estimate the influence of cardiopulmonary resuscitation duration. The CPR duration that achieved a cumulative proportion >99% of cases with a 1-month neurologically favorable outcome was determined. RESULTS: Of the 3,353 eligible cases, pre-hospital return of spontaneous circulation was obtained in 1,692 cases (50.5%). A total of 279 (8.3%) cases had a 1-month neurologically favorable outcome. The CPR duration was significantly and inversely associated with 1-month neurologically favorable outcomes with adjustment for pre- and in-hospital confounders (adjusted odds ratio: 0.911, per minute, 95% CI: 0.892-0.929, p < 0.001). After 30 min of CPR, the probability of a 1-month neurologically favorable outcome decreased from 8.3 to 0.7%. At 45 min of CPR, the cumulative proportion for a 1-month neurologically favorable outcome reached >99%. CONCLUSIONS: The CPR duration was independently and inversely associated with 1-month neurologically favorable outcomes after out-of-hospital cardiac arrest. The CPR duration required to achieve return of spontaneous circulation in >99% of out-of-hospital cardiac arrest patients with a 1-month favorable neurological outcome was 45 min, considering both pre- and in-hospital settings.
  • Toshinobu Yamagishi, Tomoko Sakatani, Yukihiro Kitamura, Masahiro Kashiura
    Critical Care Medicine 45 2 e240 - e241 2017年02月 [査読有り][通常論文]
  • Toshinobu Yamagishi, Tomoko Sakatani, Yukihiro Kitamura, Masahiro Kashiura
    Critical care medicine 45 2 e240-e241 - E241 2017年02月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Takahiro Tanabe, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    BMC anesthesiology 17 1 4 - 4 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: It remains unclear which cannulation method is best in cases of extracorporeal cardiopulmonary resuscitation (ECPR) for out-of-hospital cardiac arrest. We assessed the effect of ultrasound- and fluoroscopy-guided percutaneous cannulation on complication incidence, compared with that using only ultrasound guidance. METHODS: This single-center retrospective observational study was conducted between February 2011 and December 2015. In the comparison group, cannulation was performed percutaneously using only ultrasound guidance. In the exposure group, cannulation was performed percutaneously using fluoroscopy and ultrasound guidance. The primary outcome assessed was whether complications were associated with cannulation. The secondary outcome assessed was the duration from hospital arrival to extracorporeal circulation start. In addition to univariate analysis, multivariate logistic-regression analysis for cannulation complications was performed to adjust for several presumed confounders. RESULTS: Of the patients who underwent ECPR, 73 were eligible; the comparison group included 50 cases and the exposure group included 23 cases. Univariate analysis showed that the complication incidence of the exposure group was significantly lower than that of the comparison group (8.7 vs. 36.0%, p = 0.022). Duration from hospital arrival to extracorporeal circulation start was almost the same in both groups (median, 17.0 min vs. 17.0 min, p = 0.92). After multivariate logistic regression analysis, cannulation using fluoroscopy and ultrasound was independently associated with a lower complication incidence (adjusted odds ratio, 0.14; p = 0.024). CONCLUSIONS: Ultrasound- and fluoroscopy-guided cannulation may reduce the complication incidence of cannulation without delaying extracorporeal circulation start.
  • Masahiro Kashiura, Kazuya Tateishi, Taro Yokoyama, Mioko Jujo, Takahiro Tanabe, Kazuhiro Sugiyama, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    ACUTE MEDICINE & SURGERY 4 1 119 - 122 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    CaseTwo cases of cardiogenic unilateral pulmonary edema are reported. Both patients presented to the emergency department with dyspnea, and chest radiography revealed unilateral infiltration, which mimics pulmonary disease. However, the patients were diagnosed with cardiogenic pulmonary edema, because echocardiography showed severe mitral regurgitation with an eccentric jet.OutcomeThe patients underwent mitral valve replacement and were discharged without complications.ConclusionUnilateral cardiogenic pulmonary edema is rare, and early diagnosis and treatment are difficult. Delayed treatment leads to high mortality. The major cause of unilateral pulmonary edema is acute mitral regurgitation, and the direction of the jet is suggested as a mechanism of laterality.
  • Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Yuichi Hamabe
    Journal of intensive care 5 1 37 - 37 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Patients with water intoxication may develop rhabdomyolysis. Existing studies suggest a relationship between the serum sodium correction rate and rhabdomyolysis. The aim of the present study was to determine the association between the sodium correction rate and rhabdomyolysis in patients with water intoxication. METHODS: Medical records from all cases of water intoxication presenting to the emergency department and admitted to a single tertiary emergency hospital between September 2012 and August 2016 were examined retrospectively. Serum sodium correction rate was defined as the difference in serum sodium levels at admission and approximately 24 h after admission, divided by time. The primary outcome was rhabdomyolysis, defined as peak creatine kinase level ≥ 1500 IU/L. Logistic regression analysis was used to calculate the adjusted odds ratio of the serum sodium correction rate controlling for age, sex, convulsion, lying down for >8 h before admission to the emergency department, and serum sodium level on admission. RESULTS: A total of 56 cases of water intoxication were included in the study. The median serum sodium correction rate was 1.02 mEq/L/h, and 32 patients (62.5%) had rhabdomyolysis. Logistic regression analysis showed that serum sodium correction rate was an independent risk factor of rhabdomyolysis (adjusted odds ratio, 1.53 per 0.1 mEq/L/h; 95% confidence interval, 1.18-1.97). CONCLUSIONS: Rapid correction of serum sodium was associated with rhabdomyolysis in patients with water intoxication. Therefore, strict control of serum sodium levels might be needed in such patients.
  • Keita Shibahashi, Kazuhiro Sugiyama, Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe
    Journal of intensive care 5 1 8 - 8 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Older patients account for the majority of patients with sepsis. The objective of this study was to determine if decreased skeletal muscle mass is associated with outcomes in elderly patients with sepsis. METHODS: Patients (60 years and older) who were admitted to a tertiary medical center intensive care unit with a primary diagnosis of sepsis between January 2012 and February 2016 were included. Patients who had not undergone abdominal computed tomography on the day of admission, had cardiopulmonary arrest on arrival, or had iliopsoas abscess were excluded from the analyses. Cross-sectional muscle area at the 3rd lumber vertebra was quantified, and the relation to in-hospital mortality was analyzed. Multivariable logistic regression analysis that included sex and APACHE II score as explanatory variables was performed. The optimal cutoff value to define decreased muscle mass (sarcopenia) was calculated using receiver operating characteristic curve analysis, and the odds ratio for in-hospital mortality was determined. RESULTS: There were 150 elderly patients with sepsis (median age, 75 years) enrolled; in-hospital mortality and median APACHE II score were 38.7 and 24%, respectively. The skeletal muscle area of deceased patients was significantly lower than that of the survival group (P < 0.001). The multivariable logistic regression analysis demonstrated that decreased muscle mass was significantly associated with increased mortality (odds ratio = 0.94, 95% confidence interval = 0.90 to 0.97, P < 0.001). The optimal cutoff value of skeletal muscle area to predict in-hospital mortality was 45.2 cm2 for men and 39.0 cm2 for women. With these cutoff values, the adjusted odds ratio for decreased muscle area was 3.27 (95% CI, 1.61 to 6.63, P = 0.001). CONCLUSIONS: Less skeletal muscle mass is associated with higher in-hospital mortality in elderly patients with sepsis. The results of this study suggest that identifying patients with low muscularity contributes to better stratification in this population.
  • Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    ACUTE MEDICINE & SURGERY 3 4 404 - 406 2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Case: A 59-year-old Asian man presented to our emergency department with hypogastrium pain, loss of appetite, and diarrhea. On admission, he was hypotensive and jaundiced. Laboratory test results revealed thrombocytopenia, hypercreatininemia, and hyperbilirubinemia. Color Doppler sonography showed no blood flow in the right and left branches of the portal vein, which seemed similar to biliary obstruction. Enhanced computed tomography showed portal vein thrombi, consistent with pylephlebitis; a broad-spectrum antibiotic and an anticoagulant were administered.Outcome: The patient died of multiple organ failure 22 h post-admission. An autopsy revealed suppurative thrombi in the portal vein, multiple liver abscesses, and diverticulitis in the sigmoid colon.Conclusion: Pylephlebitis, a rare complication of intra-abdominal infections, is associated with high rates of morbidity and mortality. Ultrasonography findings mimic those of biliary obstruction. Enhanced computed tomography is useful for diagnosing this condition.
  • Masahiro Kashiura, Toshinobu Yamagishi, Yukihiro Kitamura, Tomoko Sakatani
    ANNALS OF EMERGENCY MEDICINE 68 4 525 - 526 2016年10月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura
    JOURNAL OF THORACIC DISEASE 8 10 E1435 - E1437 2016年10月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Kazuki Miyazaki, Hidenobu Fujita, Yuichi Hamabe
    INTENSIVE CARE MEDICINE 42 9 1498 - 1499 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kazuhiro Sugiyama, Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe
    JOURNAL OF THORACIC DISEASE 8 8 E791 - E793 2016年08月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Yuichi Hamabe
    RESUSCITATION 104 E1 - E1 2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Hiroshi Fujita, Kazuhiro Sugiyama, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    ACUTE MEDICINE & SURGERY 3 2 132 - 134 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    CaseAn 82-year-old man taking dabigatran was admitted with syncope. Computed tomography showed extravasation from the stomach. Laboratory data revealed renal insufficiency and prolonged activated partial thromboplastin time. The gastric endoscopy showed a gastric ulcer with an exposed vessel. However, an endoscopic hemostatic procedure failed to completely stop the bleeding. The patient experienced cardiac arrest from hypotensive shock. Spontaneous circulation returned after 5min of resuscitation. After endoscopy, computed tomography showed a gastric perforation. For dabigatran removal, the patient underwent a 6-h hemodialysis session. Thrombin activity and thrombin-antithrombin complex increased during hemodialysis, while activated partial thromboplastin time decreased.OutcomeGood recovery was observed after dialysis and the following gastrectomy.ConclusionHemodialysis should be considered for dabigatran removal in cases of life-threatening hemorrhage. The thrombin-antithrombin complex may be useful for monitoring the plasma dabigatran level.
  • Kazuhiro Sugiyama, Masahiro Kashiura, Akiko Akashi, Takahiro Tanabe, Yuichi Hamabe
    JOURNAL OF INTENSIVE CARE 4 1 25 - 25 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The early prediction of neurological outcomes in postcardiac arrest patients treated with therapeutic hypothermia (TH) remains challenging. Amplitude-integrated electroencephalography (aEEG) is a type of quantitative EEG. A particular cutoff time from the return of spontaneous circulation (ROSC) to the recovery of a normal aEEG trace for predicting a good neurological outcome has not yet been established. The purpose of the present study was to examine the relation between neurological outcomes and the continuous normal voltage (CNV) recovery time in adult comatose survivors of cardiac arrest treated with TH and identify the recovery time cutoff for predicting a good neurological outcome.Methods: We retrospectively evaluated adult survivors of cardiac arrest with initial shockable rhythm treated with TH and monitored with aEEG. A good outcome was defined as a cerebral performance category (CPC) of 1 or 2 at hospital discharge. A CNV trace was considered as the normal aEEG trace, and the CNV recovery time was defined as the time from ROSC to the initial CNV trace.Results: The study included 30 patients, and of these patients, 22 had recovery of CNV trace. The median CNV recovery time was shorter among patients with a good outcome than that among those with a poor outcome (10.7 h [interquartile range (IQR), 7.4-15.8 h] vs. 28.6 h [IQR, 26.9-29.3 h]; p = 0.003). The area under the receiver operating characteristic curve of the CNV recovery time for predicting a good neurological outcome was 0.95 (95 % CI 0.86-1; p = 0.003), and the optimal cutoff was 23 h. The recovery of CNV trace within 23 h had a sensitivity of 89 %, specificity of 100 %, positive predictive value of 100 %, and negative predictive value of 86 % for predicting a good neurological outcome in all the patients, including the eight patients without recovery of CNV trace.Conclusions: A CNV recovery time cutoff of 23 h might help predict a good neurological outcome in adult survivors of cardiac arrest treated with TH.
  • Masahiro Kashiura, Hiroshi Uno, Junji Kumasawa
    CHEST 149 4 1105 - 1106 2016年04月 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe, Akiko Akashi, Atsushi Sakurai, Yoshio Tahara, Naohiro Yonemoto, Ken Nagao, Arino Yaguchi, Naoto Morimura
    CRITICAL CARE 20 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The 2015 American Heart Association Guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation recommend Basic Life Support (BLS) and Advanced Life Support (ALS) rules for termination of resuscitation (TOR). However, it is unclear whether the TOR rules are valid for out-of-hospital cardiac arrests (OHCAs) of both cardiac and non-cardiac etiologies. In this study, we validated the TOR rules for OHCA resulting from both etiologies.Methods: This was a prospective multicenter observational study of OHCA patients transported to 67 emergency hospitals between January 2012 and March 2013 in the Kanto region of Japan. We calculated the specificity and positive predictive value (PPV) for neurologically unfavorable outcomes at one month in patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiologies.Results: Of 11,505 eligible cases, 6,138 and 5,367 cases were of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. BLS was performed on 2,818 and 2,606 patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. ALS was performed on 3,320 and 2,761 patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. The diagnostic accuracy of the TOR rules for predicting unfavorable outcomes in patients with OHCA of cardiac etiology who received BLS included a specificity of 0.985 (95 % confidence interval [CI]: 0.956-0.997) and a PPV of 0.999 (95 % CI: 0.996-1.000). In patients with OHCA from cardiac etiologies who received ALS, the TOR rules had a specificity of 0.963 (95 % CI: 0.896-0.992) and a PPV of 0.997 (95 % CI: 0.991-0.999). In patients with OHCA from non-cardiac etiologies who received BLS, the specificity was 0.915 (95 % CI: 0.796-0.976) and PPV was 0.998 (95 % CI: 0.995-0.999). For patients with OHCA from non-cardiac etiologies who received ALS, the specificity was 0.833 (95 % CI: 0.586-0.964) and PPV was 0.996 (95 % CI: 0.988-0.999).Conclusions: Both TOR rules have high specificity and PPV in patients with OHCA from cardiac etiologies. For patients with OHCA from non-cardiac etiologies, the rules had a high PPV, but relatively low specificity. Therefore, TOR rules are useful in patients with OHCA from cardiac etiologies, but should be applied with caution to patients with OHCA from non-cardiac etiologies.
  • Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe, Akiko Akashi, Atsushi Sakurai, Yoshio Tahara, Naohiro Yonemoto, Ken Nagao, Arino Yaguchi, Naoto Morimura
    Critical care (London, England) 20 49 - 49 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The 2015 American Heart Association Guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation recommend Basic Life Support (BLS) and Advanced Life Support (ALS) rules for termination of resuscitation (TOR). However, it is unclear whether the TOR rules are valid for out-of-hospital cardiac arrests (OHCAs) of both cardiac and non-cardiac etiologies. In this study, we validated the TOR rules for OHCA resulting from both etiologies. METHODS: This was a prospective multicenter observational study of OHCA patients transported to 67 emergency hospitals between January 2012 and March 2013 in the Kanto region of Japan. We calculated the specificity and positive predictive value (PPV) for neurologically unfavorable outcomes at one month in patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiologies. RESULTS: Of 11,505 eligible cases, 6,138 and 5,367 cases were of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. BLS was performed on 2,818 and 2,606 patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. ALS was performed on 3,320 and 2,761 patients with OHCA of cardiac and non-cardiac etiology, respectively. The diagnostic accuracy of the TOR rules for predicting unfavorable outcomes in patients with OHCA of cardiac etiology who received BLS included a specificity of 0.985 (95% confidence interval [CI]: 0.956-0.997) and a PPV of 0.999 (95% CI: 0.996-1.000). In patients with OHCA from cardiac etiologies who received ALS, the TOR rules had a specificity of 0.963 (95% CI: 0.896-0.992) and a PPV of 0.997 (95% CI: 0.991-0.999). In patients with OHCA from non-cardiac etiologies who received BLS, the specificity was 0.915 (95% CI: 0.796-0.976) and PPV was 0.998 (95% CI: 0.995-0.999). For patients with OHCA from non-cardiac etiologies who received ALS, the specificity was 0.833 (95% CI: 0.586-0.964) and PPV was 0.996 (95% CI: 0.988-0.999). CONCLUSIONS: Both TOR rules have high specificity and PPV in patients with OHCA from cardiac etiologies. For patients with OHCA from non-cardiac etiologies, the rules had a high PPV, but relatively low specificity. Therefore, TOR rules are useful in patients with OHCA from cardiac etiologies, but should be applied with caution to patients with OHCA from non-cardiac etiologies.
  • Akiko Akashi, Masahiro Kashiura, Manabu Mikami, Yuichi Hamabe
    Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology 29 1 21 - 5 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The intoxication caused by "kiken" drugs (law-evading drugs), such as synthetic cannabinoids, cathinones, and methoxetamine, has recently increased in Japan. We retrospectively examined the characteristics of patients poisoned with the "kiken" drugs. We included patients who presented at the emergency department at the Tokyo Metropolitan Bokutoh Hospital from January 2011 to December 2014. Eighteen patients admitted between January 2011 and December 2013 were included in the early period group and 10 patients admitted between January and December 2014 were categorized into the late period group. The number of the patients transported to our emergency department between 2011 and 2014 increased annually. Patients were mainly admitted between May and October 2014; no patients were admitted after November 2014. The patients' age, history of previous mental disease, habitual use, Triage DOA results, serum creatinine values on admission, and respiratory management differed significantly between the groups. However, the median serum creatinine values of both groups on admission were within the normal level. Patients poisoned with the "kiken" drugs showed more severe symptoms, higher rate of habitual use, and higher average age. The annual increase in the number of the patients observed thus far is expected to decrease in the future. Maintenance of the law and expansion of medical institutions that treat patients addicted to the "kiken" drugs are warranted.
  • Masahiro Kashiura, Yuichi Hamabe
    INTERNAL MEDICINE 55 23 3543 - 3544 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Ken-ichiro Kobayashi, Mayu Hikone, Naoya Sakamoto, Sentaro Iwabuchi, Masahiro Kashiura, Tomohiko Takasaki, Hiroshi Fujita, Kenji Ohnishi
    JOURNAL OF TRAVEL MEDICINE 22 1 64 - 66 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Hemophagocytic syndrome (HPS) can develop as a complication of dengue in rare cases, but its relationship with dengue is not well known. We report a case of dengue-associated HPS with liver involvement and coagulopathy. The patient, a Japanese female traveler who had recently returned from Thailand, had severe complications of dengue infection, but she recovered fully with symptomatic treatment.
  • Masahiro Kashiura, Kazuhiro Sugiyama, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    INTERNAL MEDICINE 53 21 2557 - 2557 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Masahiro Kashiura, Takahiro Tanabe, Akiko Akashi, Yuichi Hamabe
    INTERNAL MEDICINE 53 24 2829 - 2829 2014年 [査読有り][通常論文]

MISC

  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020
    江木 盛時, 小倉 裕司, 矢田部 智昭, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 山川 一馬, 原 嘉孝, 大下 慎一郎, 青木 善孝, 稲田 麻衣, 梅村 穣, 河合 佑亮, 近藤 豊, 斎藤 浩輝, 櫻谷 正明, 對東 俊介, 武田 親宗, 寺山 毅郎, 東平 日出夫, 橋本 英樹, 林田 敬, 一二三 亨, 廣瀬 智也, 福田 龍将, 藤井 智子, 三浦 慎也, 安田 英人, 阿部 智一, 安藤 幸吉, 飯田 有輝, 石原 唯史, 井手 健太郎, 伊藤 健太, 伊藤 雄介, 稲田 雄, 宇都宮 明美, 卯野木 健, 遠藤 功二, 大内 玲, 尾崎 将之, 小野 聡, 桂 守弘, 川口 敦, 川村 雄介, 工藤 大介, 久保 健児, 倉橋 清泰, 櫻本 秀明, 下山 哲, 鈴木 武志, 関根 秀介, 関野 元裕, 高橋 希, 高橋 世, 高橋 弘, 田上 隆, 田島 吾郎, 巽 博臣, 谷 昌憲, 土谷 飛鳥, 堤 悠介, 内藤 貴基, 長江 正晴, 長澤 俊郎, 中村 謙介, 西村 哲郎, 布宮 伸, 則末 泰博, 橋本 悟, 長谷川 大祐, 畠山 淳司, 原 直己, 東別府 直紀, 古島 夏奈, 古薗 弘隆, 松石 雄二朗, 松山 匡, 峰松 佑輔, 宮下 亮一, 宮武 祐士, 森安 恵実, 山田 亨, 山田 博之, 山元 良, 吉田 健史, 吉田 悠平, 吉村 旬平, 四本 竜一, 米倉 寛, 和田 剛志, 渡邉 栄三, 青木 誠, 浅井 英樹, 安部 隆国, 五十嵐 豊, 井口 直也, 石川 雅巳, 石丸 剛, 磯川 修太郎, 板倉 隆太, 今長谷 尚史, 井村 春樹, 入野田 崇, 上原 健司, 生塩 典敬, 梅垣 岳志, 江川 裕子, 榎本 有希, 太田 浩平, 大地 嘉史, 大野 孝則, 大邉 寛幸, 岡 和幸, 岡田 信長, 岡田 遥平, 岡野 弘, 岡本 潤, 奥田 拓史, 小倉 崇以, 小野寺 悠, 小山 雄太, 貝沼 関志, 加古 英介, 柏浦 正広, 加藤 弘美, 金谷 明浩, 金子 唯, 金畑 圭太, 狩野 謙一, 河野 浩幸, 菊谷 知也, 菊地 斉, 城戸 崇裕, 木村 翔, 小網 博之, 小橋 大輔, 齊木 巌, 堺 正仁, 坂本 彩香, 佐藤 哲哉, 志賀 康浩, 下戸 学, 下山 伸哉, 庄古 知久, 菅原 陽, 杉田 篤紀, 鈴木 聡, 鈴木 祐二, 壽原 朋宏, 其田 健司, 高氏 修平, 高島 光平, 高橋 生, 高橋 洋子, 竹下 淳, 田中 裕記, 丹保 亜希仁, 角山 泰一朗, 鉄原 健一, 徳永 健太郎, 富岡 義裕, 冨田 健太朗, 富永 直樹, 豊崎 光信, 豊田 幸樹年, 内藤 宏道, 永田 功, 長門 直, 中村 嘉, 中森 裕毅, 名原 功, 奈良場 啓, 成田 知大, 西岡 典宏, 西村 朋也, 西山 慶, 野村 智久, 芳賀 大樹, 萩原 祥弘, 橋本 克彦, 旗智 武志, 浜崎 俊明, 林 拓也, 林 実, 速水 宏樹, 原口 剛, 平野 洋平, 藤井 遼, 藤田 基, 藤村 直幸, 舩越 拓, 堀口 真仁, 牧 盾, 増永 直久, 松村 洋輔, 真弓 卓也, 南 啓介, 宮崎 裕也, 宮本 和幸, 村田 哲平, 柳井 真知, 矢野 隆郎, 山田 浩平, 山田 直樹, 山本 朋納, 吉廣 尚大, 田中 裕, 西田 修, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会 日本救急医学会雑誌 32 (S1) S1 -S411 2021年02月 
    日本集中治療医学会と日本救急医学会は,合同の特別委員会を組織し,2016年に発表した日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2016の改訂を行った。本ガイドライン(J-SSCG2020)の目的は,J-SSCG2016と同様に,敗血症・敗血症性ショックの診療において,医療従事者が患者の予後改善のために適切な判断を下す支援を行うことである。改訂に際し,一般臨床家だけでなく多職種医療者にも理解しやすく,かつ質の高いガイドラインとすることによって,広い普及を目指した。J-SSCG2016ではSSCG2016にない新しい領域[ICU-acquircd weakness(ICU-AW)とpost-intensive care syndrome(POCS),体温管理など]を取り上げたが,J-SSCG2020では新たに注目すべき4領域(Patient-and Family-Centered Care, sepsis treatment system,神経集中治療,ストレス潰瘍)を追加し,計22領域とした。重要な118の臨床課題(clinical question:CQ)をエビデンスの有無にかかわらず抽出した。これらのCQには,本邦で特に注目されているCQも含まれる。多領域にわたる大規模ガイドラインであることから,委員25名を中心に,多職種(看護師,理学療法士,臨床工学技士,薬剤師)および患者経験者も含めたワーキンググループメンバー,両学会の公募によるシステマティックレビューメンバーによる総勢226名の参加・協力を得た。また,中立的な立場で横断的に活躍するアカデミックガイドライン推進班をJ-SSCG2016に引き続き組織した。将来への橋渡しとなることを企図して,多くの若手医師をシステマティックレビューチーム・ワーキンググループに登用し,学会や施設の垣根を越えたネットワーク構築も進めた。作成工程においては,質の担保と作業過程の透明化を図るために様々な工夫を行い,パブリックコメント募集は計2回行った。推奨作成にはGRADE方式を取り入れ,修正Delphi法を用いて全委員の投票により推奨を決定した。結果,118CQに対する回答として,79個のGRADEによる推奨,5個のGPS(good practice statement),18個のエキスパートコンセンサス,27個のBQ(background question)の解説,および敗血症の定義と診断を示した。新たな試みとして,CQごとに診療フローなど時間軸に沿った視覚的情報を取り入れた。J-SSCG2020は,多職種が関わる国内外の敗血症診療の現場において,ベッドサイドで役立つガイドラインとして広く活用されることが期待される。なお,本ガイドラインは,日本集中治療医学会と日本救急医学会の両機関誌のガイドライン増刊号として同時掲載するものである。(著者抄録)
  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020
    江木 盛時, 小倉 裕司, 矢田部 智昭, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 山川 一馬, 原 嘉孝, 大下 慎一郎, 青木 善孝, 稲田 麻衣, 梅村 穣, 河合 佑亮, 近藤 豊, 斎藤 浩輝, 櫻谷 正明, 對東 俊介, 武田 親宗, 寺山 毅郎, 東平 日出夫, 橋本 英樹, 林田 敬, 一二三 亨, 廣瀬 智也, 福田 龍将, 藤井 智子, 三浦 慎也, 安田 英人, 阿部 智一, 安藤 幸吉, 飯田 有輝, 石原 唯史, 井手 健太郎, 伊藤 健太, 伊藤 雄介, 稲田 雄, 宇都宮 明美, 卯野木 健, 遠藤 功二, 大内 玲, 尾崎 将之, 小野 聡, 桂 守弘, 川口 敦, 川村 雄介, 工藤 大介, 久保 健児, 倉橋 清泰, 櫻本 秀明, 下山 哲, 鈴木 武志, 関根 秀介, 関野 元裕, 高橋 希, 高橋 世, 高橋 弘, 田上 隆, 田島 吾郎, 巽 博臣, 谷 昌憲, 土谷 飛鳥, 堤 悠介, 内藤 貴基, 長江 正晴, 長澤 俊郎, 中村 謙介, 西村 哲郎, 布宮 伸, 則末 泰博, 橋本 悟, 長谷川 大祐, 畠山 淳司, 原 直己, 東別府 直紀, 古島 夏奈, 古薗 弘隆, 松石 雄二朗, 松山 匡, 峰松 佑輔, 宮下 亮一, 宮武 祐士, 森安 恵実, 山田 亨, 山田 博之, 山元 良, 吉田 健史, 吉田 悠平, 吉村 旬平, 四本 竜一, 米倉 寛, 和田 剛志, 渡邉 栄三, 青木 誠, 浅井 英樹, 安部 隆国, 五十嵐 豊, 井口 直也, 石川 雅巳, 石丸 剛, 磯川 修太郎, 板倉 隆太, 今長谷 尚史, 井村 春樹, 入野田 崇, 上原 健司, 生塩 典敬, 梅垣 岳志, 江川 裕子, 榎本 有希, 太田 浩平, 大地 嘉史, 大野 孝則, 大邉 寛幸, 岡 和幸, 岡田 信長, 岡田 遥平, 岡野 弘, 岡本 潤, 奥田 拓史, 小倉 崇以, 小野寺 悠, 小山 雄太, 貝沼 関志, 加古 英介, 柏浦 正広, 加藤 弘美, 金谷 明浩, 金子 唯, 金畑 圭太, 狩野 謙一, 河野 浩幸, 菊谷 知也, 菊地 斉, 城戸 崇裕, 木村 翔, 小網 博之, 小橋 大輔, 齊木 巌, 堺 正仁, 坂本 彩香, 佐藤 哲哉, 志賀 康浩, 下戸 学, 下山 伸哉, 庄古 知久, 菅原 陽, 杉田 篤紀, 鈴木 聡, 鈴木 祐二, 壽原 朋宏, 其田 健司, 高氏 修平, 高島 光平, 高橋 生, 高橋 洋子, 竹下 淳, 田中 裕記, 丹保 亜希仁, 角山 泰一朗, 鉄原 健一, 徳永 健太郎, 富岡 義裕, 冨田 健太朗, 富永 直樹, 豊崎 光信, 豊田 幸樹年, 内藤 宏道, 永田 功, 長門 直, 中村 嘉, 中森 裕毅, 名原 功, 奈良場 啓, 成田 知大, 西岡 典宏, 西村 朋也, 西山 慶, 野村 智久, 芳賀 大樹, 萩原 祥弘, 橋本 克彦, 旗智 武志, 浜崎 俊明, 林 拓也, 林 実, 速水 宏樹, 原口 剛, 平野 洋平, 藤井 遼, 藤田 基, 藤村 直幸, 舩越 拓, 堀口 真仁, 牧 盾, 増永 直久, 松村 洋輔, 真弓 卓也, 南 啓介, 宮崎 裕也, 宮本 和幸, 村田 哲平, 柳井 真知, 矢野 隆郎, 山田 浩平, 山田 直樹, 山本 朋納, 吉廣 尚大, 田中 裕, 西田 修, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会 日本集中治療医学会雑誌 28 (Suppl.) S1 -S411 2021年02月 
    日本集中治療医学会と日本救急医学会は,合同の特別委員会を組織し,2016年に発表した日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2016の改訂を行った。本ガイドライン(J-SSCG2020)の目的は,J-SSCG2016と同様に,敗血症・敗血症性ショックの診療において,医療従事者が患者の予後改善のために適切な判断を下す支援を行うことである。改訂に際し,一般臨床家だけでなく多職種医療者にも理解しやすく,かつ質の高いガイドラインとすることによって,広い普及を目指した。J-SSCG2016ではSSCG2016にない新しい領域[ICU-acquircd weakness(ICU-AW)とpost-intensive care syndrome(POCS),体温管理など]を取り上げたが,J-SSCG2020では新たに注目すべき4領域(Patient-and Family-Centered Care, sepsis treatment system,神経集中治療,ストレス潰瘍)を追加し,計22領域とした。重要な118の臨床課題(clinical question:CQ)をエビデンスの有無にかかわらず抽出した。これらのCQには,本邦で特に注目されているCQも含まれる。多領域にわたる大規模ガイドラインであることから,委員25名を中心に,多職種(看護師,理学療法士,臨床工学技士,薬剤師)および患者経験者も含めたワーキンググループメンバー,両学会の公募によるシステマティックレビューメンバーによる総勢226名の参加・協力を得た。また,中立的な立場で横断的に活躍するアカデミックガイドライン推進班をJ-SSCG2016に引き続き組織した。将来への橋渡しとなることを企図して,多くの若手医師をシステマティックレビューチーム・ワーキンググループに登用し,学会や施設の垣根を越えたネットワーク構築も進めた。作成工程においては,質の担保と作業過程の透明化を図るために様々な工夫を行い,パブリックコメント募集は計2回行った。推奨作成にはGRADE方式を取り入れ,修正Delphi法を用いて全委員の投票により推奨を決定した。結果,118CQに対する回答として,79個のGRADEによる推奨,5個のGPS(good practice statement),18個のエキスパートコンセンサス,27個のBQ(background question)の解説,および敗血症の定義と診断を示した。新たな試みとして,CQごとに診療フローなど時間軸に沿った視覚的情報を取り入れた。J-SSCG2020は,多職種が関わる国内外の敗血症診療の現場において,ベッドサイドで役立つガイドラインとして広く活用されることが期待される。なお,本ガイドラインは,日本集中治療医学会と日本救急医学会の両機関誌のガイドライン増刊号として同時掲載するものである。(著者抄録)
  • 柏浦 正広 Intensivist 13 (1) 141 -157 2021年01月 
    <文献概要>肺血栓塞栓症(PTE)は,無症状から心停止に至るまで幅広い重症度を含んだ疾患であり,治療方針決定には患者背景,血行動態の把握に加えて,バイオマーカーや画像検査による右室機能障害の評価,出血性合併症リスクを総合的に勘案したリスク層別化が必須である。また,抗凝固療法,血栓溶解療法,カテーテル治療,外科的治療など,さまざまな治療オプションがあり,複雑化している。pulmonary embolism response team(PERT)を各施設で組織することにより,より迅速で適切な臨床判断ができる可能性がある。ICUは今後も肺血栓塞栓症管理において,重要な役割を果たすことになろう。
  • 交代性T波に続発した多形性心室性頻拍の一例
    竹内 彬, 柏浦 正広, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 55 (1) np21 -np21 2021年01月
  • Klebsiella oxytocaによる抗菌薬関連腸炎の1例
    杉崎 健一, 中村 雅人, 柏浦 正広, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 55 (1) np22 -np22 2021年01月
  • 横田 美帆, 海老原 貴之, 谷口 慎一, 鈴木 涼平, 田村 洋行, 天笠 俊介, 柏浦 正広, 千々和 剛, 下山 哲, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 41 (4) 452 -457 2020年12月 
    症例は85歳女性で、約2週間前に自宅で転倒し、前医で右大腿骨骨幹部骨折、Th10圧迫骨折と診断され入院した。術後13日目、CTおよびMRIでび漫性特発性骨増殖症を伴うTh10チャンス骨折の転位による胸髄不全損傷と診断され、手術目的に当院へ転院となった。Th10不全麻痺と確定診断し、緊急後方除圧固定術を施行した。術後1ヵ月時点のMMTは腸腰筋2/2、大腿四頭筋4/4、前脛骨筋4/5まで改善したが、立位重度介助の状態が続き第34病日に転院となった。症例2は88歳女性で、自宅で前方に転倒して受傷し、当院救命救急センターへ搬送となった。CT画像にてTh12チャンス骨折を認め、造影CT画像にて骨折部周囲からの活動性出血が確認されたため、緊急で経カテーテル的動脈塞栓術を施行した。第5病日には両下肢不全麻痺が出現しており、入院経過中に遅発性神経麻痺が生じた可能性が考えられた。立位および歩行練習を開始し、第19病日、両下肢不全麻痺は改善傾向にあった。
  • 救急活動時間の短縮に関するGPSデータを用いたシミュレーションに関する研究
    福島 史人, 遠藤 成晃, 波多野 裕理, 平良 悠, 安田 英人, 田村 洋行, 柏浦 正広, 田戸 雅宏, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 31 (11) 1751 -1751 2020年11月
  • ハイムリッヒ法によると思われる肝損傷を早期発見、治療できた1例
    遠藤 成晃, 柏浦 正広, 江川 裕子, 鈴木 源, 加藤 駿一, 金 泰秀, 勅使河原 勝伸, 田口 茂正 日本救急医学会雑誌 31 (11) 2089 -2089 2020年11月
  • 高齢者へのメトホルミン増量で乳酸アシドーシスを来たした一例 リスク因子の検討
    小島 柊, 田村 洋行, 柏浦 正広, 田戸 雅宏, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 31 (11) 2187 -2187 2020年11月
  • 脱毛症・白斑用剤のカルプロニウム塩化物外用液服用によるコリン作動性クリーゼの1例
    遠藤 啓之, 天笠 俊介, 柏浦 正広, 窪田 友紀, 守谷 俊 中毒研究 33 (2) 144 -144 2020年09月
  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020;PAD・神経集中治療を知る PADのEvidence解説 PADISを日本の敗血症管理に適合する診療ガイドラインを目指して
    青木 善孝, 土井 松幸, 鶴田 良介, 櫻谷 正明, 鈴木 武志, 布宮 伸, 武田 親宗, 米倉 寛, 對東 俊介, 大内 玲, 櫻本 秀明, 金畑 圭太, 壽原 朋宏, 加藤 弘美, 藤村 直幸, 鈴木 佑二, 牧 盾, 柏浦 正広, 田中 裕記, 藤田 基, 金谷 明浩, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会PAD班 日本集中治療医学会雑誌 27 (Suppl.) 263 -263 2020年09月
  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020;PAD・神経集中治療を知る 痛み、不穏、せん妄管理の推奨解説
    土井 松幸, 鶴田 良介, 櫻谷 正明, 青木 善孝, 鈴木 武志, 布宮 伸, 武田 親宗, 米倉 寛, 對東 俊介, 大内 玲, 櫻本 秀明, 金畑 圭太, 壽原 朋宏, 加藤 弘美, 藤村 直幸, 鈴木 佑二, 牧 盾, 柏浦 正広, 田中 裕記, 藤田 基, 金谷 明浩, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン特別委員会PAD管理班 日本集中治療医学会雑誌 27 (Suppl.) 263 -263 2020年09月
  • ECPRの効果:現状と今後の方向性 ECPRにおける迅速かつ安全なカニュレーション方法の検討
    杉山 和宏, 宮崎 紀樹, 石田 琢人, 小林 未央子, 彦根 麻由, 桑原 典祐, 中村 一葉, 田邊 真樹, 柏浦 正広, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 27 (Suppl.) 268 -268 2020年09月
  • 守谷 俊, 柏浦 正広, 坪井 謙, 天笠 俊介 新医療 47 (8) 34 -37 2020年08月 
    我々は世界で今まで報告されていないAIによる市民に対する救急相談システムを作り上げた。同システムは、AIを活用したチャットボット形式により、医療施設への受診の緊急度が判断される。AI救急相談システムの進歩は、切迫した救急医療の負担を軽減させるかもしれない。(著者抄録)
  • 守谷 俊, 福島 史人, 田村 洋行, 田戸 雅宏, 柏浦 正広, 天笠 俊介, 坪井 謙 日本臨床救急医学会雑誌 23 (3) 346 -346 2020年08月
  • 心室性不整脈によるショックで救急搬送されたトリカブト中毒
    笹井 史也, 柏浦 正広, 松井 崇頼, 平良 悠, 福島 史人, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 海老原 貴之, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 54 (1) np9 -np9 2019年12月
  • 腹部大動脈瘤による胆道圧排から肝膿瘍をきたした1例
    佐藤 杏美, 田村 洋行, 松井 崇頼, 平良 悠, 中村 雅人, 福島 史人, 波多野 裕理, 笹井 史也, 喜久山 和貴, 天笠 俊介, 柏浦 正広, 小山 洋史, 下山 哲, 海老原 貴之, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 54 (1) np39 -np39 2019年12月
  • 腹部大動脈瘤による総胆管圧排から肝膿瘍をきたした1例
    佐藤 杏美, 田村 洋行, 松井 崇頼, 平良 悠, 笹井 史也, 喜久山 和貴, 天笠 俊介, 柏浦 正広, 海老原 貴之, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 54 (1) 224 -227 2019年12月 
    85歳女性。自宅にて体動困難となり、訪問した支援センター職員が救急要請した。来院時、右季肋部に拍動性腫瘤が触れられ、血液検査では肝胆道系酵素の上昇が認められた。腹部造影CT所見から、腹部大動脈瘤の胆道圧迫で胆汁うっ滞が生じ、急性胆管炎および肝膿瘍をきたしたものと診断され、治療は手術適応であったが、高侵襲であることと、患者が手術を希望しないことから、抗菌薬のみの加療となった。メロペネム、バンコマイシンの投与が行なわれたが、第5病日の血液培養の結果でKlebsiella pneumoniaが検出され、セフメタゾールに変更して第25病日まで投与したところ、胆管炎、肝膿瘍は共に治癒できた。
  • 当院における重症軟部組織感染症に対する高気圧酸素療法の検討
    小林 未央子, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 54 (4) 272 -272 2019年12月
  • Hybrid ERで変わる救急医療 Hybrid ERで行うall-in-oneの急性期虚血性脳卒中治療
    柏浦 正広, 田村 洋行, 伊古田 雅史, 山科 元滋, 吉野 義一, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 30 (9) 558 -558 2019年09月
  • AIを用いた救急医療の展開 全国初のチャットボットによる「埼玉県AI救急相談」における今後の展開
    守谷 俊, 柏浦 正広, 天笠 俊介 日本救急医学会雑誌 30 (9) 566 -566 2019年09月
  • 日本救急医学会誌:その役割と執筆から採用までの問題点-日本救急医学会誌にどんどん投稿しましょう 論文執筆に重要な「時間」と「指導者」の見つけ方
    柏浦 正広, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 30 (9) 571 -571 2019年09月
  • 塩化ナトリウム大量摂取による高度胃粘膜障害の1例
    田村 洋行, 柏浦 正広, 松井 崇頼, 福島 史人, 中村 雅人, 平良 悠, 笹井 史也, 天笠 俊介, 下山 哲, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 30 (9) 803 -803 2019年09月
  • 小林 未央子, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 16 (2) 134 -134 2019年06月
  • 当院における重症軟部組織感染症に対する高気圧酸素療法の検討
    小林 未央子, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 54 (Suppl.) O5 -1 2019年06月
  • 三次救急医療の事象発生から来院までの時間短縮に関するICTを用いた解析とシミュレーションに関する研究
    福島 史人, 鈴木 涼平, 天笠 俊介, 田村 洋行, 柏浦 正広, 小山 洋史, 下山 哲, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本臨床救急医学会雑誌 22 (2) 325 -325 2019年04月
  • 皆でsystematic reviewをやろう! メタ解析論文を書こう!
    近藤 豊, 福田 龍将, 内御堂 亮, 柏浦 正広, 加藤 聡一郎, 一二三 亨, 林田 敬 日本集中治療医学会雑誌 26 (Suppl.) [SY15 -4] 2019年02月
  • 異物による上気道閉塞の解除後に生じた遅発性上気道狭窄
    大石 高稔, 天笠 俊介, 細野 茂春, 平良 悠, 福島 史人, 笹井 史也, 喜久山 和貴, 田村 洋行, 柏浦 正広, 小山 洋史, 下山 晢, 海老原 貴之, 市橋 光, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 40 (1) 129 -129 2019年02月
  • 茶葉 里美, 中原 梓, 曽根原 里沙, 福島 史人, 柏浦 正広, 海老原 貴之, 守谷 俊 Japanese Journal of Disaster Medicine 23 (3) 455 -455 2019年02月
  • 鈴木 涼平, 曽根原 里沙, 茶葉 里美, 中原 梓, 福島 史人, 柏浦 正広, 海老原 貴之, 守谷 俊 Japanese Journal of Disaster Medicine 23 (3) 456 -456 2019年02月
  • 中原 梓, 曽根原 里沙, サハ 里美, 福島 史人, 柏浦 正広, 海老原 貴之, 守谷 俊 Japanese Journal of Disaster Medicine 23 (3) 456 -456 2019年02月
  • 当施設における高気圧酸素療法の現状と課題 高気圧酸素治療装置設置から3年半
    小林 未央子, 柏浦 正広, 大橋 景子, 山川 潤, 大倉 淑寛, 三上 学, 濱邊 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 53 (4) 271 -271 2018年12月
  • 平良 悠, 柏浦 正広, 中村 雅人, 福島 史人, 笹井 史也, 鈴木 涼平, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 海老原 貴之, 千々和 剛, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (2) 323 -325 2018年12月 
    50歳女。一過性の運動性失語と右上肢麻痺を主訴に前医を受診し、TIAの診断で入院したが、血液生化学検査で汎血球減少を認められ、当院へ転院となった。血小板減少と溶血性貧血を認め、第3病日に頭痛が出現し、第5病日に見当識障害をきたした。直接クームス試験陽性であり、破砕赤血球が第5病日までみられず、TTPとAIHA+ITPの鑑別に難渋した。第5病日からプレドニゾロン投与を開始し、第6病日から血漿交換を開始した。第10病日にADAMTS13活性低下が判明し、後天性TTPと診断した。変動する意識障害が続き、第14病日に強直性痙攣が出現し、第15病日に死亡した。近年、TTPの早期診断・治療を目的としたPLASMICスコアの有用性が報告されており、本例に同スコアを当てはめると全7項目中6項目を満たしていたことから、同スコアを用いていれば早期診断が可能であったと考えられた。
  • 肺炎球菌莢膜抗原迅速キットでしか診断し得なかった肺炎球菌性髄膜炎の1例
    長岡 毅, 柏浦 正広, 田村 洋行, 天笠 俊介, 下山 哲, 海老原 貴之, 千々和 剛, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 53 (1) np24 -np24 2018年11月
  • 圧迫骨折として保存治療されていた胸椎チャンス骨折による遅発性下肢麻痺の1例
    横田 美帆, 海老原 貴之, 柏浦 正広, 千々和 剛, 下山 哲, 田村 洋行, 天笠 俊介, 鈴木 涼平, 谷口 慎一, 守谷 俊 埼玉県医学会雑誌 53 (1) np25 -np25 2018年11月
  • 当施設における高気圧酸素療法の現状と課題 高気圧酸素治療装置設置から4年
    小林 未央子, 柏浦 正広, 大橋 景子, 山川 潤, 大倉 淑寛, 三上 学, 渡邊 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 53 (Suppl.) 68 -68 2018年11月
  • 急性期脳梗塞治療におけるIVR-CT救急治療室(Hybrid ER)の有用性
    柏浦 正広, 吉野 義一, 山科 元滋, 伊古田 雅史, 眞山 英徳, 崎山 快夫, 草鹿 元, 杣 夏美, 天笠 俊介, 田村 洋行, 守谷 俊 脳血管内治療 3 (Suppl.) S139 -S139 2018年11月
  • 山田 直樹, 柏浦 正広, 片岡 裕貴, 熊澤 淳史, 清水 さやか, 耒海 美穂, 小淵 岳恒, 木村 哲也, 林 寛之 日本臨床救急医学会雑誌 21 (5) 633 -637 2018年10月 
    目的:搬送困難に対し2011年に受け入れ実施基準が改訂された。夜間受け入れ病院数と救急車の現場滞在時間の関連を検証した。方法:47都道府県を対象とし、2014年度の厚生労働省と消防庁の資料を用いた。主要因を人口10万人対の夜間受け入れ病院数、アウトカムを重症・死亡例の現場滞在時間30分以上の割合とした。交絡因子は高齢者割合、急病割合、救命救急センター数、全搬送数、療養病床数とし重回帰分析を行った。結果:夜間受け入れ病院数は中央値1.90[四分位範囲1.29〜2.50]施設/10万人、現場滞在時間30分以上の割合は中央値2.38[四分位範囲1.62〜4.52]%であった。単回帰、重回帰分析における主要因の回帰係数は各々-2.03[95%信頼区間-2.89、-1.17]、-1.98[95%信頼区間-3.54、-0.42]であった。結語:夜間受け入れ病院数と重症・死亡例の現場滞在時間30分以上の割合は逆相関する。(著者抄録)
  • 急性期脳梗塞におけるHybrid ER systemの有用性
    柏浦 正広, 天笠 俊介, 田村 洋行, 伊古田 雅史, 山科 元滋, 吉野 義一, 守谷 俊 蘇生 37 (3) 229 -229 2018年10月
  • 救急現場における教育の工夫 救急初療の行動規範における新たな概念の提案と導入の試み
    下山 哲, 海老原 貴之, 柏浦 正広, 天笠 俊介, 田村 洋行, 福島 史人, 笹井 史也, 平良 悠, 中村 雅人, 遠藤 成晃, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 29 (10) 383 -383 2018年10月
  • 交通事故の原因として睡眠時呼吸障害が隠れていませんか
    守谷 俊, 海老原 貴之, 柏浦 正広, 下山 哲 日本救急医学会雑誌 29 (10) 473 -473 2018年10月
  • 外傷性くも膜下出血様の画像所見を呈した脳静脈洞血栓症を伴う硬膜動静脈瘻
    笹井 史也, 柏浦 正広, 松井 崇頼, 平良 悠, 喜久山 和貴, 田村 洋行, 天笠 俊介, 海老原 貴之, 下山 哲, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 29 (10) 535 -535 2018年10月
  • ドクターカーでのモバイル12誘導心電図伝送システムにより、迅速かつ確実に診断しえた特発性冠動脈解離の1例
    田村 洋行, 柏浦 正広, 松井 崇頼, 笠井 史也, 喜久山 和貴, 天笠 俊介, 鈴木 涼平, 下山 哲, 海老原 貴之, 藤田 英雄, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 29 (10) 599 -599 2018年10月
  • ワーファリン内服中の頭蓋内出血に対して4因子含有トロンビン複合体を使用した7症例の報告
    平良 悠, 天笠 俊介, 鈴木 涼平, 田村 洋行, 柏浦 正広, 海老原 貴之, 下山 哲, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 29 (10) 632 -632 2018年10月
  • 小児院外心停止患者の施設の搬送数が生命予後にもたらす影響
    天笠 俊介, 柏浦 正広, 守谷 俊, 植松 悟子, 清水 直樹, 櫻井 淳, 北村 伸哉, 田上 隆, 武田 宗和, 三宅 康史, SOS-KANTO 2012 Study Group 日本救急医学会雑誌 29 (10) 512 -512 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 成人院外心停止における施設毎の搬送数と神経学的転帰との関係
    柏浦 正広, 天笠 俊介, 守谷 俊, 櫻井 淳, 北村 伸哉, 田上 隆, 武田 宗和, 三宅 康史, SOS-KANTO 2012 Study Group 日本救急医学会雑誌 29 (10) 611 -611 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 脳神経蘇生の最前線-ECPR、体温管理療法、モニタリング、予後評価など 心停止蘇生後症候群に対する新しい誘発電位測定を用いた神経学的予後予測の可能性
    守谷 俊, 柏浦 正広, 下山 哲, 海老原 貴之 脳死・脳蘇生 31 (1) 25 -25 2018年06月
  • 非痙攣性てんかん重積と診断された成人連続56症例の臨床的特徴
    守谷 俊, 柏浦 正広, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲 脳死・脳蘇生 31 (1) 36 -36 2018年06月
  • 柏浦 正広, 伊古田 雅史, 山科 元滋, 吉野 義一, 守谷 俊 Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care 31 (1) 46 -46 2018年06月
  • セフトリアキソンによる胆砂形成から重症急性膵炎に至った1例
    中村 雅人, 守谷 俊, 千々和 剛, 海老原 貴之, 下山 哲, 柏浦 正広, 田村 洋行, 天笠 俊介, 鈴木 涼平 日本臨床救急医学会雑誌 21 (2) 319 -319 2018年04月
  • 原因不明の急性腹症として開腹術を要した肝円索膿瘍
    笹井 史也, 柏浦 正広, 鈴木 涼平, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 海老原 貴之, 千々和 剛, 守谷 俊 日本臨床救急医学会雑誌 21 (2) 380 -380 2018年04月
  • 二回目の尿中レジオネラ抗原検査で診断し得たレジオネラ肺炎の一例
    平良 悠, 柏浦 正広, 中村 雅人, 福島 史人, 笹井 史也, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 守谷 俊 日本臨床救急医学会雑誌 21 (2) 382 -382 2018年04月
  • 胸部外傷受傷2年後に発症した胸骨骨髄炎から感染性心内膜炎に至った1例
    栗原 維吹, 柏浦 正広, 福島 史人, 平良 悠, 千々和 剛, 海老原 貴之, 下山 哲, 守谷 俊 日本臨床救急医学会雑誌 21 (2) 383 -383 2018年04月
  • 前立腺肥大による尿閉から左自然尿管破裂をきたした1例
    吉村 一樹, 柏浦 正広, 睦好 裕子, 植田 裕一郎, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 千々和 剛, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本臨床救急医学会雑誌 21 (2) 440 -440 2018年04月
  • 初期診療における医師、薬剤師のコラボレーション 救急におけるチーム医療の展開
    守谷 俊, 海老原 貴之, 千々和 剛, 下山 哲, 柏浦 正広, 天笠 俊介 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 95 -95 2018年01月
  • 転倒による外傷でチャンス骨折を引き起こし、麻痺を生じた後期高齢者の2例
    横田 美帆, 海老原 貴之, 柏浦 正広, 千々和 剛, 下山 哲, 田村 洋行, 天笠 俊介, 鈴木 涼平, 谷口 慎一 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 125 -125 2018年01月
  • 心原性CPA蘇生後に墓石型ST上昇を認めた冠動脈攣縮性狭心症の1例
    松本 直己, 下山 哲, 柏浦 正広, 天笠 俊介, 田村 洋行, 鈴木 涼平, 笹井 史也, 平良 悠, 福島 史人, 中村 雅人, 長岡 毅, 横田 美帆, 千々和 剛, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 129 -129 2018年01月
  • 右足舟状骨剥離骨折に対するスプリント固定後に発症した急性肺血栓塞栓症の一例
    下山 哲, 松本 直己, 柏浦 正広, 天笠 俊介, 田村 洋行, 鈴木 涼平, 笹井 史也, 平良 悠, 福島 史人, 中村 雅人, 長岡 毅, 横田 美帆, 千々和 剛, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 129 -129 2018年01月
  • 階段からの着地を機に胸髄神経根不全引き抜き損傷をきたした1例
    笹井 史也, 海老原 貴之, 眞山 英徳, 中村 雅人, 鈴木 涼平, 田村 洋行, 天笠 俊介, 柏浦 正広, 千々和 剛, 下山 哲, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 132 -132 2018年01月
  • 一過性脳虚血発作と血小板減少から早期に診断に至ることのできなかった血栓性血小板減少性紫斑病の一例
    平良 悠, 柏浦 正広, 中村 雅人, 福島 史人, 笹井 史也, 谷口 慎一, 鈴木 涼平, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 千々和 剛, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本救急医学会関東地方会雑誌 39 (1) 135 -135 2018年01月
  • 非痙攣性てんかん重積状態を呈したMarchiafava-Bignami病の一例
    窪田 雅之, 柏浦 正広, 鈴木 涼平, 増山 智之, 天笠 俊介, 田村 洋行, 下山 哲, 海老原 貴之, 千々和 剛, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 28 (9) 553 -553 2017年09月
  • 外傷症例における来院時低体温は腎機能低下を示唆する
    福島 史人, 千々和 剛, 鈴木 涼平, 増山 智之, 天笠 俊介, 田村 洋行, 柏浦 正広, 下山 哲, 海老原 貴之, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 28 (9) 610 -610 2017年09月
  • 動的な生理学的評価を主眼においた救急初期診療コースの開発と開催報告
    下山 哲, 柏浦 正広, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 28 (9) 645 -645 2017年09月
  • イダルシズマブを用いてダビガトランを拮抗した多発外傷の一例
    長岡 毅, 柏浦 正広, 鈴木 涼平, 増山 智之, 田村 洋行, 天笠 俊介, 下山 哲, 海老原 貴之, 千々和 剛, 守谷 俊 日本救急医学会雑誌 28 (9) 654 -654 2017年09月
  • 院外心肺停止における蘇生施行時間と神経学的転帰との関連
    柏浦 正広, 明石 暁子, 櫻井 淳, 田原 良雄, 米本 直裕, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登 日本救急医学会雑誌 28 (9) 668 -668 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 柏浦 正広 日本救急医学会雑誌 28 (8) 333 -334 2017年08月
  • 柏浦 正広, 湯川 高寛, 大橋 景子, 大倉 淑寛, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 14 (2) 84 -84 2017年05月
  • 柏浦 正広, 片山 優希, 亀崎 真, 明石 暁子, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 14 (1) 16 -19 2017年04月 
    症例は51歳女性。小笠原村父島にて2日間で深度約22mの潜水を計6回行った。最終潜水時に急浮上した直後に卒倒し、心停止と判断され船上で心肺蘇生が行われた。数分の心肺蘇生の後に意識改善し診療所に搬送され、肺型減圧症の疑いで高度約6,000m、約4時間の航空機搬送を経て当センターに転送された。来院時、両側肺野にcoarse cracklesを聴取し、CTではびまん性すりガラス陰影がみられた。肺型減圧症と診断し米海軍酸素再圧治療表6にて再圧治療を行った。1回目の治療後に臨床所見は改善し、計3回の治療後にすりガラス陰影は消失したため第14病日に独歩退院した。肺型減圧症は稀ではあるが重症の減圧症である。本症例では高高度・長時間の搬送を余儀なくされたが、航空機内気圧を1.0ATAに保つことで症状の悪化なく搬送できた。遠隔離島で発症した減圧症では搬送にあたり関連各機関との緊密な連携が重要である。(著者抄録)
  • 重症・死亡例の救急搬送における現場滞在時間と夜間受入れ病院数の関連
    山田 直樹, 柏浦 正広, 河野 通大, 竹之下 博正, 茂木 千明, 片岡 裕貴, 熊澤 淳史, 清水 さやか, 耒海 美穂 日本臨床救急医学会雑誌 20 (2) 324 -324 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 水中毒患者におけるNa補正速度と横紋筋融解症の関連
    柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) DP45 -2 2017年02月
  • CTを用いたTraumatic Bleeding Severity Scoreの検討
    山岸 利暢, 杉山 和宏, 西村 健, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 加藤 雅也, 藤田 英伸, 大倉 淑寛, 三上 学, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) DP127 -6 2017年02月
  • capnocytophaga canimorsusによる敗血症性ショックの一例
    中田 一弥, 石田 琢人, 湯川 高寛, 宮崎 紀樹, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邉 祐一, 吉田 謙一 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) DP86 -3 2017年02月
  • 集中治療におけるPCAS 今一度考える 当院における心停止蘇生後のNonconvulsive status epilepiticusの検討
    杉山 和宏, 柏浦 正広, 山岸 利暢, 田邉 孝大, 湯川 高寛, 宮崎 紀樹, 石田 琢人, 中村 一葉, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) SY24 -1 2017年02月
  • Masahiro Kashiura, Yukihiro Kitamura, Tomoko Sakatani, Toshinobu Yamagishi CHEST 150 (3) 756 -757 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • 岡田 昌彦, 濱邉 祐一, 三上 学, 明石 暁子, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 北村 友喜宏 日本救急医学会雑誌 27 (9) 332 -332 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 田邉 孝大, 湯川 高寛, 宮崎 紀樹, 中田 一弥, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 575 -575 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宮崎 紀樹, 中田 一弥, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 418 -418 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 濱邊 祐一, 明石 暁子, 櫻井 淳, 田原 良雄, 米本 直裕, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, SOS-KANTO 2012 study group 日本救急医学会雑誌 27 (9) 430 -430 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 湯川 高寛, 杉山 和宏, 田邊 孝大, 柏浦 正広, 山岸 利暢, 中田 一弥, 宮崎 紀樹 日本救急医学会雑誌 27 (9) 459 -459 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 英伸, 西村 健, 宮崎 紀樹, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 三上 学, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 505 -505 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 湯川 高寛, 杉山 和宏, 田邊 孝大, 柏浦 正広, 山岸 利暢, 中田 一弥, 宮崎 紀樹 日本救急医学会雑誌 27 (9) 459 -459 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宮崎 紀樹, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 山岸 利暢, 湯川 高寛, 中田 一弥, 明石 暁子, 田邉 孝大, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 337 -337 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 中田 一弥, 宮崎 紀樹, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 552 -552 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 430 -430 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • メディカルコントロールにおいて、救急医学会指導医、専門医、後期研修医が果たすべき役割は何か? MCの未来への挑戦 初期臨床研修医から始めるメディカルコントロール教育への取り組み
    岡田 昌彦, 濱邉 祐一, 三上 学, 明石 暁子, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 北村 友喜宏 日本救急医学会雑誌 27 (9) 332 -332 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 救急医に求められる肺血栓塞栓症への包括的アプローチ Hybrid ERで行う肺血栓塞栓症診療
    宮崎 紀樹, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 山岸 利暢, 湯川 高寛, 中田 一弥, 明石 暁子, 田邉 孝大, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 337 -337 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当院3次救急症例における緊急PCIの検討 IVR-CT導入前後の比較
    宮崎 紀樹, 中田 一弥, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 418 -418 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • Extracorporeal cardiopulmonary resuscitationにおける最適なカニュレーション方法は何か?
    柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 430 -430 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 非心原性心停止に対する病院前蘇生中止基準の有用性
    柏浦 正広, 濱邊 祐一, 明石 暁子, 櫻井 淳, 田原 良雄, 米本 直裕, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, SOS-KANTO, study group 日本救急医学会雑誌 27 (9) 430 -430 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 院外心停止に対するECPR導入基準の妥当性の検討
    湯川 高寛, 杉山 和宏, 田邊 孝大, 柏浦 正広, 山岸 利暢, 中田 一弥, 宮崎 紀樹 日本救急医学会雑誌 27 (9) 459 -459 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるECPRを施行した院外または院内心停止の神経学的予後とその予後因子の検討
    湯川 高寛, 杉山 和宏, 田邊 孝大, 柏浦 正広, 山岸 利暢, 中田 一弥, 宮崎 紀樹 日本救急医学会雑誌 27 (9) 459 -459 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 初療室へのIVR-CT導入が整形外傷の初療を変える(2)
    藤田 英伸, 西村 健, 宮崎 紀樹, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 三上 学, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 505 -505 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 発症から1日で死亡したStreptococcus suisによる電撃性紫斑病の一例
    中田 一弥, 宮崎 紀樹, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 552 -552 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 衝心脚気により、肺高血圧、心停止に至った症例
    田邉 孝大, 湯川 高寛, 宮崎 紀樹, 中田 一弥, 山岸 利暢, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (9) 575 -575 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 湯川 高寛, 柏浦 正広, 重城 未央子, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 27 (8) 277 -283 2016年08月 [査読無し][通常論文]
     
    患者は67歳の女性。約6ヵ月前からの左低音性耳鳴を主訴に近医耳鼻咽喉科を受診し、左滲出性中耳炎と診断され、左鼓膜切開術を施行された。切開時に静脈性出血があり、直後に呼吸困難を訴え、意識が低下し救急要請された。救急隊接触時に室内大気下SpO2が80%であり、当科へ搬送された。当院到着時は意識清明で、高流量酸素投与下でSpO2 99%であった。経胸壁心臓超音波にて両心室内の微小気泡を認めた。頭部CTにて左内頸動脈内の気泡、左鼓室底の形成不全ならびに高位頸静脈球を認め、胸腹部造影CTにて肺動脈主幹部内の気泡、両側肺野に多発するすりガラス影を認めた。12誘導心電図で右心負荷所見を認めた。動静脈空気塞栓症と診断し、緊急で高気圧酸素治療を行い、その後は高濃度酸素投与や輸液療法を中心とした全身管理を行った。治療開始後速やかに呼吸状態は改善した。第3病日に施行した全身CTでは、動脈内空気塞栓像は消失し、第11病日に独歩退院した。高位頸静脈球は耳鼻咽喉科領域において比較的よくみられる解剖学的破格であるが、その損傷による動静脈空気塞栓症の報告はなく、非常に稀な合併症である。救急診療において、この解剖学的破格の認知および稀ではあるが、動静脈空気塞栓症を合併し得ることを認識すべきである。また、空気塞栓症に対し高気圧酸素治療が有効であり、専門施設への早期搬送も念頭において診療にあたる必要がある。(著者抄録)
  • 山岸 利暢, 柏浦 正広 日本救急医学会雑誌 27 (7) 248 -248 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 片山 優希, 柏浦 正広, 明石 暁子, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 13 (2) 68 -68 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 救急初療における画像診断の進歩 Hybrid ER 内因性疾患に対する展開
    杉山 和宏, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 小林 未央子, 山岸 利暢, 横山 太郎, 湯川 高寛, 明石 暁子, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 238 -238 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 鈍的胸部外傷受傷後1ヵ月で心嚢液貯留を呈した心外傷後症候群の1例
    柏浦 正広, 金子 奏一朗, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 347 -347 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 薬剤性の自己免疫性貧血の合併により心停止に至ったと考えられた潜在性閉塞型肥大型心筋症
    山岸 利暢, 中田 一弥, 湯川 高寛, 横山 太郎, 重城 未央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 362 -362 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田 昌彦, 明石 暁子, 北村 友喜宏, 林 史恵, 三上 学, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 288 -288 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 中田 一弥, 湯川 高寛, 宮崎 紀樹, 横山 太郎, 重城 未央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邉 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 363 -363 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山和宏, 田邉孝大, 柏浦正広, 小林未央子, 山岸利暢, 横山太郎, 湯川高寛, 明石暁子, 三上学, 濱邊祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 238 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦正広, 金子奏一朗, 田邉孝大, 杉山和宏, 明石暁子, 濱邊祐一 日本臨床救急医学会雑誌 19 (2) 347 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 曉子, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 中毒研究 29 (1) 21 -25 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    この数年,危険ドラッグ中毒症例が増加している。2011年1月1日〜2014年12月31日までの4年間に東京都立墨東病院救命救急センター(三次救急のみ)に搬送された危険ドラッグ中毒症例を,前期群(2011年1月1日〜2013年12月31日)の18例と後期群(2014年1月1日〜2014年12月31日)の10例の2群に分けて,診療録をもとに後方視的に調査し比較検討を行うことで,最近の危険ドラッグ中毒症例の特徴を検討した。症例数は2011年から年々増加し,2014年でもっとも多い10症例となっている。2014年の症例数を月別でみると,主に5〜10月にかけて搬送されており,11月以降は1例も搬送されていない。2群間において統計学的に有意差を認めたのは,年齢,精神疾患の有無,常用の有無,トライエージ陽性の有無,来院時血清クレアチニン値,人工呼吸管理の有無,であった。ただし,来院時血清クレアチニン値は両群ともに中央値が正常値であった。最近の危険ドラッグ中毒症例の特徴として,重症化,常用化,高年齢化が示唆された。症例数は増加傾向を認めていたが,法の整備に伴い新規の危険ドラッグ中毒症例は減少する兆しをみせている。今後は法のさらなる整備とともに,危険ドラッグ依存症に陥った患者を治療する医療機関の拡充が必要であると考える。(著者抄録)
  • 杉山和宏, 柏浦正広, 明石暁子, 田邉孝大, 重城未央子, 山岸利暢, 横山太郎, 湯川高寛, 濱邊祐一 日本集中治療医学会学術集会(Web) 43rd SY23‐4 (WEB ONLY) 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • Post Cardiac Arrest Syndrome 心停止蘇生後におけるaEEGを用いた神経学的予後予測モデルの検討
    杉山 和宏, 柏浦 正広, 明石 暁子, 田邉 孝大, 重城 未央子, 山岸 利暢, 横山 太郎, 湯川 高寛, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 269 -269 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 中田 一弥, 湯川 高寛, 横山 太郎, 重城 未央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 555 -555 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 太郎, 明石 暁子, 宮崎 紀樹, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 重城 美央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 629 -629 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 重城 未央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 825 -825 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 452 -452 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦正広, 重城未央子, 明石暁子, 三上学, 濱邉祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (4) 314 -314 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 重城未央子, 柏浦正広, 明石暁子, 三上学, 手島太郎, 濱邉祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (4) 300 -300 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 重城 未央子, 柏浦 正広, 明石 暁子, 三上 学, 手島 太郎, 濱邉 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (4) 300 -300 2015年12月
  • 柏浦 正広, 重城 未央子, 明石 暁子, 三上 学, 濱邉 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (4) 314 -314 2015年12月
  • 山岸 利暢, 柏浦 正広, 横山 太郎, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 26 (12) 719 -723 2015年12月 [査読無し][通常論文]
     
    62歳の男性。自宅を出た直後に路上で倒れ、目撃者によって胸骨圧迫が開始された。救急隊現着時よりモニター波形は心室細動であり、計4回の除細動後も心室細動が持続し、当センターに搬送された。難治性の心室細動であったため、経皮的心肺補助を導入し、自己心拍が再開した。造影computed tomography(CT)で右多発肋骨骨折と胸骨骨折、胸骨右背側に縦隔内血腫と右内胸動脈から造影剤の血管外漏出像を認めた。冠動脈造影検査を施行したが有意狭窄はなく、続けて行った右内胸動脈造影で血管外漏出像を確認し、同部位にゼラチンスポンジ、マイクロコイルにより塞栓術を施行した。第5病日の胸部CTでは縦隔内血腫は消失した。循環補助からも離脱することができ、不整脈の精査目的に心筋生検も行ったが診断には至らず、植え込み型除細動器を留置し、第58病日にリハビリ目的に転院となった。心肺停止時の胸骨圧迫の合併症として、血胸や胸壁血腫などの出血性合併症は10%以上でみられるが、出血源の頻度は明らかとなっておらず、内胸動脈損傷の報告は少ない。心停止後の治療として、冠動脈ステント留置術後には抗血小板薬、機械的循環補助下では抗凝固薬の使用が必要となるため、出血を助長する可能性がある。したがって、早期診断、早期治療のため造影CTによる血胸や胸壁血腫の有無やその出血源検索が必要と考えられる。抗血小板薬、抗凝固薬使用下の出血に対する治療は周術期の出血リスクも勘案して、まずは経皮的動脈塞栓術を検討し、必要に応じて開胸手術を考慮すべきと考える。(著者抄録)
  • 重城 未央子, 柏浦 正広, 長尾 剛至, 明石 暁子, 三上 学, 手島 太郎 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (Suppl.) 64 -64 2015年10月
  • 柏浦 正広, 重城 未央子, 明石 暁子, 三上 学, 濱邉 祐一 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 50 (Suppl.) 71 -71 2015年10月
  • 外傷性膀胱破裂に対する診断・治療アプローチの現状と問題点
    長尾 剛至, 柏浦 正広, 加藤 雅也, 大倉 淑寛, 三上 学, 濱邉 祐一 Japanese Journal of Acute Care Surgery 5 (2) 234 -234 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦正広, 重城未央子, 明石暁子, 三上学, 濱邉祐一 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会予稿集(Web) 50th (Suppl.) 7-4 (WEB ONLY) -71 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 重城未央子, 柏浦正広, 長尾剛至, 明石暁子, 三上学, 手島太郎 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会予稿集(Web) 50th (Suppl.) 5-1 (WEB ONLY) -64 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 湯川 高寛, 柏浦 正広, 立石 和也, 渡邊 睦房, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 26 (10) 632 -637 2015年10月 [査読無し][通常論文]
     
    患者は43歳の女性。外出中に卒倒し救急要請された。救急隊接触時は心室細動による心停止状態であり、電気的除細動を含む心肺蘇生を実施しながら当院へ搬送となった。心室細動は持続しており、extracorporeal cardiopulmonary resuscitationを導入開始し、心停止から73分後に経皮的人工心肺補助装置を作動させた。入院後に集学的治療を施行し一命をとり留めた。心室細動の原因疾患を検索したが、心臓超音波検査や冠動脈造影検査を含む諸検査では器質的異常は認められず、また蘇生後に延長していたQTc時間は経時的に正常化した。一方で、患者は突然死の家族歴を有し、四肢の筋萎縮が目立つ痩身体型で、西洋斧様顔貌といった特徴的な身体所見を呈していた。筋強直性ジストロフィーを疑い、分子遺伝学的検査を施行した結果、1型筋強直性ジストロフィー(DM1)と確定診断された。今回の心室細動の原因はDM1に起因するものと推察された。若年者の心室細動症例では、その背景に遺伝性疾患が存在する可能性も考慮すべきである。逆に、遺伝性疾患を有する患者においては、突然死の原因となる致死性不整脈の発症リスクを評価し、予防的ペースメーカーまたは植込み型除細動器の植込みを考慮すべきである。(著者抄録)
  • 柏浦 正広, 湯川 高寛, 明石 曉子, 三上 学, 濱邉 祐一 中毒研究 28 (3) 316 -316 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 曉子, 湯川 高寛, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 中毒研究 28 (3) 312 -312 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 明石暁子, 宮崎紀樹, 湯川高寛, 山岸利暢, 横山太郎, 重城未央子, 柏浦正広, 田邉孝大, 杉山和宏, 三上学, 濱邊祐一 日本救急医学会雑誌 26 (8) 351 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • "キケン"ドラッグへの対応を語ろう 危険ドラッグ撲滅に向けた救急医の役割
    明石 暁子, 宮崎 紀樹, 湯川 高寛, 山岸 利暢, 横山 太郎, 重城 未央子, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 三上 学, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 26 (8) 351 -351 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 立石 和也, 湯川 高寛, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 黒木 識敬, 杉山 和宏, 明石 暁子, 三上 学, 岩間 徹, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 26 (8) 402 -402 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 明石 暁子, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 26 (8) 401 -401 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 明石暁子, 湯川高寛, 柏浦正広, 三上学, 濱邊祐一 中毒研究 28 (2) 118 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 暁子, 湯川 高寛, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 中毒研究 28 (2) 118 -118 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦正広, 明石暁子, 三上学, 濱邊祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 12 (2) 81 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 明石 暁子, 三上 学, 濱邊 祐一 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌 12 (2) 81 -81 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 湯川 高寛, 横山 太郎, 小林 未央子, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 田邊 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 416 -416 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 明石 暁子, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 三上 学, 大倉 淑寛, 長尾 剛志, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 326 -326 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 413 -413 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸利暢, 湯川高寛, 横山太郎, 小林未央子, 阿部裕之, 柏浦正広, 田邊孝大, 杉山和宏, 明石暁子, 濱邊祐一 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 416 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 未央子, 柏浦 正広, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 419 -419 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾 学, 横山 太郎, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 22 (1) 51 -52 2015年01月 
    26歳男。1年前より発作性心房細動に対してコハク酸シベンゾリン(CIB)内服が開始され、今回、ストレスを機にCIB 50mg錠を計73錠内服したところ吐気が出現した。当センター搬送時、意識レベルはJCS I-1で、CIB過量服薬によるショック状態を呈しており、細胞外液1000ml急速投与、気管挿管による人工呼吸管理を開始した。カテコラミン投与を開始するも高度頻脈となり、経皮ペーシングを開始し、胃洗浄後に活性炭100gを投与した。その後もショック状態は持続し、IABP、経静脈ペーシング、肺動脈カテーテル留置を行い、来院2時間後にICU入室となった。血液吸着療法を開始したところ、循環動態は徐々に改善傾向を示し、治療終了後も循環動態は悪化せず、IABPは開始後12時間で離脱し、カテコラミンも第3病日には中止となり同日抜管した。CIBによる薬剤性低血糖に対しブドウ糖投与による補正を行い、その後は全身状態の安定が得られ、第8病日に独歩退院した。
  • 杉山 和宏, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 小林 未央子, 明石 暁子, 横山 太郎, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 22 (Suppl.) [DO28 -6] 2015年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 明石 暁子, 米本 直裕, 田原 良雄, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, 櫻井 淳, SOS-KANTO 2012 study group 日本集中治療医学会雑誌 22 (Suppl.) [DO29 -2] 2015年01月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾学, 横山太郎, 小林未央子, 柏浦正広, 阿部裕之, 田邉孝大, 明石暁子, 濱邉祐一 日本集中治療医学会雑誌(Web) 22 (1) 51-52 (J-STAGE) -52 2015年01月 [査読無し][通常論文]
     
    26歳男。1年前より発作性心房細動に対してコハク酸シベンゾリン(CIB)内服が開始され、今回、ストレスを機にCIB 50mg錠を計73錠内服したところ吐気が出現した。当センター搬送時、意識レベルはJCS I-1で、CIB過量服薬によるショック状態を呈しており、細胞外液1000ml急速投与、気管挿管による人工呼吸管理を開始した。カテコラミン投与を開始するも高度頻脈となり、経皮ペーシングを開始し、胃洗浄後に活性炭100gを投与した。その後もショック状態は持続し、IABP、経静脈ペーシング、肺動脈カテーテル留置を行い、来院2時間後にICU入室となった。血液吸着療法を開始したところ、循環動態は徐々に改善傾向を示し、治療終了後も循環動態は悪化せず、IABPは開始後12時間で離脱し、カテコラミンも第3病日には中止となり同日抜管した。CIBによる薬剤性低血糖に対しブドウ糖投与による補正を行い、その後は全身状態の安定が得られ、第8病日に独歩退院した。
  • 柏浦 正広, 齋藤 一之, 横山 太郎, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 曉子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 17 (6) 794 -799 2014年12月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は70歳代男性。気分障害にて入院加療中であったが、一時外出中に自宅のメッキ工場でメッキ加工に使用する無水クロム酸を服毒し、その3時間後に当院救命救急センターに搬送された。来院時、口腔内はびらんが強く、一部粘膜は剥離しており、上部消化管内視鏡検査では食道や胃の粘膜表層が剥離していた。血清クロム濃度は842.6μg/dLであった。ジメルカプロールとアスコルビン酸を投与したが、ショック状態となった。集学的管理を行うも、入院36時間後には肝不全、播種性血管内凝固症候群も併発し52時間後に死亡した。剖検では口腔から食道まで粘膜は剥離しており、凝固壊死がみられた。六価クロムは強い酸化剤であり、容易に吸収され腐食性の損傷を生じる。またその細胞毒性から肝・腎障害を生じることが知られている。本症例でも高度の腐食性の化学損傷を起こし、肝・腎不全の悪化から多臓器不全を生じたものと考えられた。(著者抄録)
  • 明石 曉子, 柏浦 正広, 三上 学, 濱邊 祐一 中毒研究 27 (3) 276 -277 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山和宏, 亀崎真, 大倉淑寛, 長尾剛至, 柏浦正広, 明石暁子, 三上学, 田邉孝大, 阿部裕之, 小林未央子, 濱邊祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 367 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 重症外傷におけるMassive Transfusionのあり方 重症外傷におけるクリオプレシピテートの有効性の検討
    杉山 和宏, 亀崎 真, 大倉 淑寛, 長尾 剛至, 柏浦 正広, 明石 暁子, 三上 学, 田邉 孝大, 阿部 裕之, 小林 未央子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 367 -367 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 柏浦 正広, 湯川 高寛, 横山 太郎, 小林 未央子, 阿部 裕之, 田邊 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 571 -571 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 未央子, 杉山 和宏, 横山 太郎, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 607 -607 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 明石 暁子, 米本 直裕, 田原 良雄, 長尾 建, 矢口 有乃, 森本 尚登, 櫻井 淳, SOS-KANTO 2012 study group 日本救急医学会雑誌 25 (8) 391 -391 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田 昌彦, 濱邉 祐一, 明石 暁子, 三上 学, 亀崎 真, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 杉山 彩子, 照屋 陸 日本救急医学会雑誌 25 (8) 482 -482 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 黒木 識敬, 立石 和也, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 岩間 徹, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 525 -525 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 裕之, 湯川 高寛, 横山 太郎, 山岸 利暢, 小林 未央子, 柏浦 正広, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 石川 進, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 624 -624 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田 昌彦, 濱邉 祐一, 明石 暁子, 三上 学, 亀崎 真, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 杉山 彩子, 照屋 陸 日本救急医学会雑誌 25 (8) 494 -494 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 太郎, 山岸 利暢, 小林 未央子, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 550 -550 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 亀崎 真, 横山 太郎, 長尾 剛至, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 加藤 雅也, 杉山 和宏, 大倉 淑寛, 山川 潤, 三上 学, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 398 -398 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 曉子, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 米本 直裕, 田原 良雄, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, 櫻井 淳, SOS-KANTO 2012 study group 日本救急医学会雑誌 25 (8) 391 -391 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 彦根 麻由, 小林 未央子, 横山 太郎, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 25 (8) 597 -597 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 太郎, 杉山 和宏, 山岸 利暢, 小林 未央子, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邉 祐一 中毒研究 27 (2) 194 -194 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 横山 太郎, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 17 (2) 248 -248 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 藤田 浩 日本輸血細胞治療学会誌 60 (2) 378 -378 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 心肺脳蘇生の進歩 院外救急医療 我が国における院外心肺停止患者の蘇生中止基準
    明石 曉子, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 田原 良雄, 矢口 有乃, 森村 尚人, SOS-KANTO 2012 study group 日本救急医学会関東地方会雑誌 35 (1) 67 -67 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 明石曉子, 柏浦正広, 杉山和宏, 濱邊祐一, 田原良雄, 矢口有乃, 森村尚人 日本救急医学会関東地方会雑誌 35 (1) 67 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 田邉 孝大, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [DP -4] 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 柏浦 正広, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邉 孝大, 明石 暁子, 横山 太郎, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [O -3] 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾 学, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [DP -6] 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 未央子, 杉山 和宏, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [DP -5] 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 藤田 浩, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [DP -5] 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (9) 767 -773 2013年09月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】精神科領域、特に統合失調症患者において病的多飲を誘因とする水中毒がしばしばみられる。また水中毒の経過中に横紋筋融解症(rhabdomyolysis、RML)を併発することがある。しかし、その発症機序やリスクについては解明されているとは言い難い。水中毒患者におけるRML発症要因と予後について検討した。【対象・方法】2006年1月から2012年8月までに東京都立墨東病院救命救急センターに搬送され、水中毒と診断した症例を対象として診療録を後方視的に検討した。RML非発症例を対照群としてRML発症例の患者背景、入院時の検査値、検査値の推移、救命救急センター在室日数、入院日数、合併症、予後を比較した。【結果】水中毒と診断された患者は33例で、そのうちRML発症例は18例(55%)であった。最大血清creatin kinase(CK)値の中央値は22,640 IU/l(四分位範囲6,652-55,020 IU/l)だった。RMLの合併例と非合併例において入院時血清Na値や血漿浸透圧値では有意差を認めなかった(p=0.354、p=0.491)が、血清Na値の補正速度に有意差を認めた(p=0.001)。経過中に急性腎傷害(acute kidney injury:AKI)の合併は5例あったが、腎代替療法を要した症例や腎障害が遷延した症例はなかった。橋中心性髄鞘崩壊症候群(central pontine myelinolysis:CPM)を合併した症例や死亡例はなかった。【結語】水中毒においてRMLの合併は少なくない。RML合併には急速な血清Na値の補正が関連している可能性があり、CPMと併せて注意すべき合併症である。(著者抄録)
  • 杉山和宏, 柏浦正広, 阿部裕之, 小林未央子, 石井桂輔, 亀崎真, 神尾学, 明石暁子, 三上学, 濱邊祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 494 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷性血液凝固障害への挑戦 外傷における凝固障害 第13因子に着目した検討
    杉山 和宏, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 小林 未央子, 石井 桂輔, 亀崎 真, 神尾 学, 明石 暁子, 三上 学, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 494 -494 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾 学, 阿部 裕之, 小林 未央子, 柏浦 正広, 黒木 識敬, 田邊 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 696 -696 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 明石 暁子, 田原 良雄, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, SOS-KANTO 2012 study group 日本救急医学会雑誌 24 (8) 513 -513 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 利暢, 柏浦 正広, 小林 未央子, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 628 -628 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 大野 睦記, 阿部 裕之, 小林 未央子, 柏浦 正広, 神尾 学, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 630 -630 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 靱負 耕史, 石井 桂輔, 重城 保之, 東 夏奈子, 佐藤 亮, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 明石 暁子, 亀崎 真, 三上 学, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 660 -660 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 曉子, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 24 (8) 665 -665 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 小林 未央子, 田邉 孝大, 黒木 識敬, 神尾 学, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 286 -286 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 暁子, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邊 祐一, 田原 良雄, 長尾 建, 矢口 有乃, 森村 尚登, <解析班10班>Termination of Resuscitation(TOR)Group 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 296 -296 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 明石暁子, 柏浦正広, 杉山和宏, 濱邊祐一, 田原良雄, 長尾建, 矢口有乃, 森村尚登 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 296 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山和宏, 柏浦正広, 阿部裕之, 小林未央子, 田邊孝大, 黒木識敬, 神尾学, 明石暁子, 濱邊祐一 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 286 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 田邊 孝大, 神尾 学, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 20 (2) 273 -274 2013年04月 [査読無し][通常論文]
     
    Extracorporeal cardiopulmonary resuscitationが行われた院外心肺停止症例を対象に、エコーガイド下でカニュレーションした群6例(US群)と非エコーガイド群8例(non-US群)に分け、来院から経皮的心肺補助法(PCPS)開始までの時間を比較検討した。その結果、来院からPCPS開始までの時間は、US群で11(8.8〜13)min、non-US群で26(21〜34)minと、US群で有意な短縮が示された。non-US群の1例で送血管の誤挿入が認められた。穿刺部からの出血の頻度はUS群で低い傾向にあった。以上より、エコーガイド下のカニュレーションは院外心肺停止症例に対してより迅速なPCPSの導入を可能とし、またカニュレーションに伴う合併症の軽減につながる可能性が示唆された。
  • 田邉 孝大, 小林 未央子, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 黒木 識敬, 神尾 学, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 368 -368 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 未央子, 杉山 和宏, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 348 -348 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 黒木 識敬, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 田邊 孝大, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 428 -428 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 杉山 和宏, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 379 -379 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部裕之, 小林未央子, 柏浦正広, 黒木識敬, 田辺孝大, 杉山和宏, 明石暁子, 濱邊祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 631 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 急性期に特徴的な脳MRI所見を呈したリチウム中毒の一例
    阿部 裕之, 小林 未央子, 柏浦 正広, 黒木 識敬, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 631 -631 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 明石 暁子, 神尾 学, 三上 学, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 黒木 識敬, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 529 -529 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 小林 未央子, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 685 -685 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 509 -509 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 583 -583 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾 学, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 黒木 識敬, 田邊 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 553 -553 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 大倉 淑寛, 黒木 識敬, 亀崎 真, 三上 学, 山川 潤, 柏浦 正広, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 691 -691 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 田邊 孝大, 明石 暁子, 杉山 和宏, 黒木 識敬, 神尾 学, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 小林 未央子, 濱邊 裕一 日本救急医学会雑誌 23 (10) 684 -684 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 神尾 学, 小林 未央子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 15 (2) 224 -224 2012年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 齋藤 一之, 山川 潤, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本臨床救急医学会雑誌 15 (2) 271 -271 2012年04月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 田邉 孝大, 黒木 識敬, 明石 暁子, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 濱邊 祐一, 神尾 学 日本集中治療医学会雑誌 19 (Suppl.) 310 -310 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 阿部 裕之, 神尾 学, 黒木 識敬, 田邊 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 19 (Suppl.) 227 -227 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 阿部 裕之, 山本 豊, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 22 (8) 599 -599 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 田村 洋行, 柏浦 正広, 大倉 淑寛, 山本 豊, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 山川 潤, 亀崎 真, 三上 学, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 22 (8) 621 -621 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 立石 和也, 黒木 識敬, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 山本 豊, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 蕨 雅大, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 22 (8) 588 -588 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 松岡 夏子, 柏浦 正広, 山本 豊, 田邊 孝大, 安田 睦子, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 22 (6) 271 -276 2011年06月 [査読無し][通常論文]
     
    腎性尿崩症とは腎集合管の抗利尿ホルモンへの感受性低下により多尿を来す疾患である。我々は外傷での入院と緊急手術を契機に腎性尿崩症を指摘された症例を経験したので報告する。症例は27歳の男性。バイクで転倒し救急搬送され、左足関節開放骨折の診断で入院し緊急手術となった。術前から絶食とし、術中、術後と細胞外液の投与を行ったが、来院時から多尿であり、来院後に血清ナトリウム濃度の上昇を認め、来院18時間後にNa 161mEq/lとなった。この時点で多量の希釈尿と高浸透圧血漿から尿崩症を疑い、飲水を開始し輸液を5%ブドウ糖液に変更し高ナトリウム血症は緩徐に補正された。desmopressin(DDAVP)に不応であり、後に水制限試験で腎性尿崩症と診断された。多飲は幼児期からであることが判明し、また母方の親族に同様の症状の者が複数いることがわかり、先天性腎性尿崩症が疑われた。腎性尿崩症では、手術等にあたり通常通り絶食とし細胞外液の投与を行うと高ナトリウム血症、高浸透圧血症が急速に進行し重篤な場合には神経学的後遺症を残しうるため、救急での対応には注意を要する。また、抗利尿ホルモンの投与により尿量がコントロールされず、腎から大量に排泄される自由水を全て輸液で補正しなければならず、周術期の対応には格別の配慮が必要となる。腎性尿崩症は稀な疾患ではあるが、その存在に気づかずに治療を行うと重篤な転帰を招く可能性があり、患者の既往歴が必ずしもわからない状況で診療を余儀なくされる救急医にとって銘記すべき疾患である。(著者抄録)
  • 石井桂輔, 田中祐治, 伊沢直広, 豊岡青海, 松岡夏子, 安野雅統, 山川潤, 柏浦正広, 杉山和宏, 濱邉祐一 日本外傷学会雑誌 25 (2) 240 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 寛骨臼骨折に合併した下臀動脈仮性動脈瘤の一例
    石井 桂輔, 田中 祐治, 伊沢 直広, 豊岡 青海, 松岡 夏子, 安野 雅統, 山川 潤, 柏浦 正広, 杉山 和宏, 濱邉 祐一 日本外傷学会雑誌 25 (2) 240 -240 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 田邉 孝大, 黒木 識敬, 山本 豊, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 302 -302 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 下園 麻衣, 山本 豊, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 324 -324 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 裕之, 柏浦 正広, 山本 豊, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 317 -317 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山本 豊, 藤田 浩, 杉山 和宏, 田邉 孝大, 黒木 識敬, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 303 -303 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 阿部 裕之, 山本 豊, 黒木 識敬, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邉 祐一 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 303 -303 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 松岡 夏子, 柏浦 正広, 山本 豊, 田邊 孝大, 安田 睦子, 濱邉 祐一 日本救急医学会雑誌 22 (6) 271 -276 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    腎性尿崩症とは腎集合管の抗利尿ホルモンへの感受性低下により多尿を来す疾患である。我々は外傷での入院と緊急手術を契機に腎性尿崩症を指摘された症例を経験したので報告する。症例は27歳の男性。バイクで転倒し救急搬送され,左足関節開放骨折の診断で入院し緊急手術となった。術前から絶食とし,術中,術後と細胞外液の投与を行ったが,来院時から多尿であり,来院後に血清ナトリウム濃度の上昇を認め,来院18時間後にNa 161mEq/lとなった。この時点で多量の希釈尿と高浸透圧血漿から尿崩症を疑い,飲水を開始し輸液を5%ブドウ糖液に変更し高ナトリウム血症は緩徐に補正された。desmopressin(DDAVP)に不応であり,後に水制限試験で腎性尿崩症と診断された。多飲は幼児期からであることが判明し,また母方の親族に同様の症状の者が複数いることがわかり,先天性腎性尿崩症が疑われた。腎性尿崩症では,手術等にあたり通常通り絶食とし細胞外液の投与を行うと高ナトリウム血症,高浸透圧血症が急速に進行し重篤な場合には神経学的後遺症を残しうるため,救急での対応には注意を要する。また,抗利尿ホルモンの投与により尿量がコントロールされず,腎から大量に排泄される自由水を全て輸液で補正しなければならず,周術期の対応には格別の配慮が必要となる。腎性尿崩症は稀な疾患ではあるが,その存在に気づかずに治療を行うと重篤な転帰を招く可能性があり,患者の既往歴が必ずしもわからない状況で診療を余儀なくされる救急医にとって銘記すべき疾患である。
  • 山本 豊, 杉山 和宏, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 明石 暁子, 濱邊 祐一 プレホスピタル・ケア 23 (6) 48 -51 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 濱本 耕平, 榎本 真也, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 坪井 謙, 松浦 克彦, 桜井 正, 藤原 俊文 日本救急医学会関東地方会雑誌 31 110 -111 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文, 鈴木 浩一 日本救急医学会関東地方会雑誌 31 142 -143 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広 プレホスピタル・ケア 23 (5) 56 -61 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 和宏, 松岡 夏子, 田邉 孝大, 黒木 識敬, 山本 豊, 柏浦 正広, 阿部 裕之, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 21 (8) 690 -690 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 坪井 謙, 榎本 真也, 八坂 剛一, 藤原 俊文, 柏浦 正広 日本救急医学会雑誌 21 (8) 568 -568 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 山本 豊, 杉山 和宏, 黒木 識敬, 田邉 孝大, 阿部 裕之, 柏浦 正広, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 21 (8) 572 -572 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 阿部 裕之, 黒木 識敬, 柏浦 正広, 山本 豊, 田邉 孝大, 杉山 和宏, 明石 暁子, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 21 (8) 576 -576 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本救急医学会雑誌 21 (8) 672 -672 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 八坂 剛一, 田村 洋行, 榎本 真也, 柏浦 正広, 中山 祐介, 坪井 謙, 藤原 俊文, 大塚 祐史, 村山 隆紀 蘇生 29 (3) 154 -154 2010年08月 [査読無し][通常論文]
     
    PDFファイルをご覧下さい。
  • 八坂 剛一, 榎本 真也, 柏浦 正広, 坪井 謙, 藤原 俊文 日本臨床救急医学会雑誌 13 (3) 369 -374 2010年06月 [査読無し][通常論文]
     
    高齢化、疾病増加に伴い入院適応の救急患者は増加しており、二次救急病院でも出口問題は、救急医療需要に応えるための重要課題である。当院救急部は、開設当初より、限られた病床数で集中治療を除く時間外緊急入院患者に対応してきた。入院病床を確保するために、以下の方策をとっている。(1)患者搬送・入院時にあらかじめ転院となる可能性があることを患者に承知いただく。(2)毎日2回のカンファレンスを行い、各診療科と協議し治療方針を決定する。(3)他院でも対応可能症例では、患者・家族と相談し医師同士の情報交換で積極的に紹介転院している。2008年は入院患者2087人、転院率18.6%、転院患者の病棟滞在日数平均2.9日と早期転院を実現して、救急車の受け入れ増加につながっている。医療機関ごとの医療スタッフ、救急病床確保の困難な今日、地域に救急後方病床を求めることは、出口問題の1つの解決策と考える。(著者抄録)
  • 柏浦 正広, 榎本 真也, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文, 佐々木 純一 日本臨床救急医学会雑誌 13 (2) 211 -211 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 坪井 謙, 田村 洋行, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 藤原 俊文, 陣内 博行, 林 武邦, 久保 典史, 百村 伸一 日本臨床救急医学会雑誌 13 (2) 214 -214 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 八坂 剛一, 榎本 真也, 柏浦 正広, 坪井 謙, 藤原 俊文 日本臨床救急医学会雑誌 13 (2) 245 -245 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広 レジデントノート 11 (10) 1448 -1452 2010年01月 [査読無し][通常論文]
     
    <Point(1)>アナフィラキシーを早期に認知して初期治療を開始できる(2)アナフィラキシーショックの治療の基本はエピネフリンと大量輸液(3)エピネフリン投与方法をマスターする(4)二相性反応のリスクを考えた経過観察を行う(5)アナフィラキシー患者を適切に専門医に紹介できる(著者抄録)
  • 坪井 謙, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本救急医学会関東地方会雑誌 30 68 -69 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本救急医学会関東地方会雑誌 30 58 -58 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 松林 洋志, 岩井 悠希, 石井 彰, 新藤 雄二, 柏浦 正広, 渡辺 珠美, 三輪 千尋, 菅原 斉, 松浦 克彦, 川上 正舒 日本内科学会関東地方会 567回 27 -27 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 明石 暁子, 山本 豊, 黒木 識敬, 田辺 孝大, 杉山 和宏, 濱邊 祐一 日本救急医学会雑誌 20 (8) 665 -665 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 八坂 剛一, 榎本 真也, 柏浦 正広, 坪井 謙, 藤原 俊文 日本救急医学会雑誌 20 (8) 708 -708 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 坪井 謙, 榎本 真也, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 藤原 俊文, 岩城 孝明, 宮谷 博幸, 吉田 行雄 日本救急医学会雑誌 20 (8) 465 -465 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 坪井 謙, 榎本 真也, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本臨床救急医学会雑誌 12 (2) 261 -261 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 藤原 俊文, 坪井 謙, 八坂 剛一, 柏浦 正広 日本臨床救急医学会雑誌 12 (2) 212 -212 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 八坂 剛一, 柏浦 正広, 坪井 謙, 藤原 俊文 日本臨床救急医学会雑誌 12 (2) 274 -274 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本臨床救急医学会雑誌 12 (2) 211 -211 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 坪井 謙, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本救急医学会雑誌 19 (8) 806 -806 2008年08月 [査読無し][通常論文]
  • 坪井 謙, 柏浦 正広, 八坂 剛一, 藤原 俊文 日本救急医学会雑誌 19 (8) 687 -687 2008年08月 [査読無し][通常論文]
  • 青木 厚, 菅原 斉, 柏浦 正広, 出光 俊郎, 税田 和夫, 豊島 秀男, 河野 幹彦, 加計 正文, 石川 三衛, 川上 正舒 糖尿病 51 (7) 662 -662 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 柏浦 正広, 清崎 浩一, 斎藤 正昭, 高田 理, 吉田 卓義, 小西 文雄 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 1141 -1141 2007年11月 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 新型救急初療室Hybrid ERを用いた急性期脳梗塞診療の多施設研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 柏浦 正広


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.